ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ブシメシ!2 第6話 瀬戸康史、三吉彩花、酒井若菜、桐山漣、萩原みのり… ドラマの原作・キャストなど…

『土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(6)「大蒜あられで鬼もタイサン」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 吸血鬼
  2. エゲレス様
  3. お常
  4. 桔梗屋
  5. 伴四郎
  6. 美人
  7. キャ
  8. 南海藩
  9. お常さん
  10. 歓声
  11. アボット
  12. 清之助
  13. 大食
  14. 伴四郎様
  15. 伴様
  16. お主
  17. 試合
  18. 書状
  19. 千代
  20. 父上

f:id:dramalog:20190302184505p:plain

『土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(6)「大蒜あられで鬼もタイサン」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(6)「大蒜あられで鬼もタイサン」[解][字]

ほのぼの時代劇「ブシメシ!2」の第六話。愛する妻・すずが何者かにさらわれた!ちまたには若い娘の生血をすする吸血鬼の噂も。果たしてすずの運命は?どうする伴四郎!

詳細情報
番組内容
ようやく書状を奪還した伴四郎(瀬戸康史)であったが、愛する妻・すず(三吉彩花)が行方不明に。その頃江戸の町では、若い娘の生血をすする吸血鬼の噂で持ちきりに。もしやすずは吸血鬼に襲われたのでは?伴四郎は、手がかりを求めて夜の町に探索に出る。しかしかえって吸血鬼に間違えられ、番屋に連行される始末。そこで考えたのが“大江戸美人比べ”そこに吸血鬼をおびき寄せる作戦だ。しかしすずは、暗い地下のろうの中にいた
出演者
【出演】瀬戸康史三吉彩花酒井若菜桐山漣,萩原みのり,若山耀人,クロちゃん,厚切りジェイソンボビー・オロゴン徳井優戸田恵子国広富之平田満草刈正雄,【語り】櫻井孝宏
原作・脚本
【原作】土山しげる,【脚本】櫻井剛
音楽
【音楽】辻陽

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


<時は幕末 所はお江戸。

エゲレス公使の妾となって戻ってきた
お常から

伴四郎は 大食い試合を催すように
申しつけられる。

戸惑う伴四郎であったが

高野藩の世継ぎ 清之助の出自の秘密が
書かれた書状を手に入れたお常から

その書状を
大食い試合の褒美にすると言われ

自分も出ることを決意する。

一方 その書状を再び奪おうとする
桔梗屋も大食い試合に参戦。

伴四郎と桔梗屋の戦いの幕が
切って落とされた。

負けられない両者の
意地と意地とが ぶつかり合う

策士の桔梗屋
お徳に毒まんじゅうを仕込ませ

伴四郎を陥れようとする。

だが 間一髪
中間 惨助が現れ 形勢は逆転。

桔梗屋は 敗れ ようやく
書状を取り返した伴四郎であったが

今度は 別の窮地が待ち受けていた>

すず…。

すず! 今 帰ったぞ!

伴四郎様…。

すずは?

(与一)それが 戻ってないんです。

昼間 惨助と一緒に南海藩に出向いたきり
帰ってこないんだよ。

えっ…。

すず! すず~!

♬~

すず!

♬~

(悲鳴)

すず…。

♬~

(お羽)キャ~! やめて~!
すず! すず!

♬~

大丈夫ですか?
キャ~!

「キャ~」?

お羽…。

すず…
どこへ消えてしまったのだ すず!

♬~

すず… すず…。

何があったのです?
ああ…。

江戸の町に 若い女ばかりを狙う
化け物が現れたのよ。

化け物?
ああ。

ここ最近の神隠しは
こいつの仕業って話よ。
ええ…。

ひっ あっ!
あっ!

どうしたのさ
化け物でも見たような声出して。

見たんです。
は? それって 私のこと…。

いや 違います 違います。 違います…。

すずさんには会えたのかい?

吸血鬼?
ええ。 西洋の化け物だそうだ。

怖~い!

噂だろう?
瓦版のいうことなんて当てにならないよ。

だから見たんですって!

ちょうど 「きじや」のお羽が
襲われているところで…。

やめて~! キャ~!

もう 歯がギラリと…。

それじゃあ すずさんも吸血鬼に?

縁起でもないこと 言うんじゃないよ!
痛っ!

すず… すず…。

ほ~ら~。

伴四郎様 私たちも協力する。
今夜も すずさんを捜しに出よう。

いや 俺は ちょっと…
仕込みがありますから。

痛っ! ごめんなさい!

だったら 私一人でも協力する。

いや 女子を危ない目に
遭わせるわけにはいきません。

私一人で 十分…。

じゃあ 気を付けるんだよ。

行ってまいります。

すず… すず…。

すず…。

(猫の鳴き声)

♬~

あ…。

♬~

あの この辺りで
すずという名の女子を…。

キャ~!
また「キャ~」?

キャ~!

(新八)一人か?

(お常)エゲレス様も
私などには飽きたのでしょう。

やっと 解き放たれました。

大食い試合を経て
憑き物が取れたようだな。

何やら顔つきが違う。

本当に… 昨日の大食いは恐ろしかった。

妾となってからの
自らの姿を見るようでした。

しかし この生活も残り僅かであろう。

あと幾日かすれば
エゲレスからの船が来る。

エゲレス様が帰れば お主は…。
それでは遅いのです。

(左平次)ハハハ やっと起きたか
この悪党め。 えっ 何です? 悪党?

妙ちきりんな格好しやがって。

江戸を騒がせた人さらいは
おめえだろって言ってんだよ!

ハハハ… バカな。
私は消えた妻を捜そうと…。

おい シラ 切んじゃねえよ!
本当だ!

こうしてる間にも すずは… 私の妻は

危険な目に遭うておるかもしれん。
私は帰る。

おい ちょちょちょ 待て待て待て。
駄目だ どこ行くんだよ 駄目だ…。

もう 何だ お前は!

左平次さん! あぁ?
また やられましたよ。

今朝方です。
あぁ?

また女子がさらわれたか。
ほら見ろ! 犯人は ほかにいる!

うそだろ お前 だって そんな…。

もう貴様には用はない。 帰っていいぞ。

この役立たずめが。
えっ?

チッ。
あぁ? おい!

(お徳)おかしいね…。

ああ… あんた
お常を知らないかい?

おらんのですか?
ああ。

エゲレス様は 「散歩にでも
出たんだろう」と言うのですが

朝飯も食わずに
散歩なんて出ますかねぇ。

こんなこと 初めてだからねぇ。

ああ お徳さん その膳
私が炊事場に下げておきましょう。

あんた 食う気だね?

いけませんか?

焼き魚など しばらく
口にしておりませんので。

いけませんか?
好きにおしよ。

意地汚い男だねぇ。

お常のことは頼んだよ。
あぁ 心当たりをあたってみます。

すず… すず…。

伴四郎?
新八殿。

お主 お常を知らぬか?
お常さん? おらんのですか?

昨晩までは おったのだが…。
まただ。 やはり吸血鬼の仕業か。

吸血鬼?
恐らくですが

西洋の化け物に連れ去られたのです。

フンッ バカバカしい。
お常は長屋に戻っただけだ。

これから様子を見に行く。

お常は元気にやっておるのか?

お会いになっていないのですか?

ああ。 ここ しばらくは顔を見せておらん。

賄方の下働きとして… フフッ
手いっぱいやっておるのだろう。

お常に何かあったのか?

いや 今 巷を賑わす吸血…。
いえ!

もちろん元気にやっております。

そうか。 わしも 酒をやめたところだ。

お常にばかり 頼ってはおれんからな。

復帰されるのを心待ちにしております。
あぁ?

復帰されるのを
心待ちにしております。

では 本日は これで失礼します。 おい。

これは?
あっ。

(新八)おい。
それが今 巷を賑わせる吸血鬼です。

ほほう~ バンパイアーか。
やはり ご存じですか。

読んで字の如く
若い娘の生き血をすする化け物。

♬~

(アーロン)イエス サー。

♬~

お願いがあります。

この寒さでは 皆 凍えてしまいます。

布団の支度をして下さい。

(グラスを投げつける音)

すず…。

本当に吸血鬼が犯人なら
早く助け出さないと。

やっぱり うちが
おとりになるしかないのかねぇ。

お菊さん…。
分かってるよ。 確かに危ない。

でも 誰かが おとりにならなきゃ…。

吸血鬼が狙っているのは若い娘です。
えっ?

はあ すず~。

だったら 若い娘を片っ端から
おとりにでもすりゃあいいだろ。

わっかい娘をね!

いや 片っ端からって
そんなこと どうや…。

あっ。 それでいきましょう!

お江戸美人比べ?
ええ 江戸中の若い美人を集めて

美人比べを催し
吸血鬼をおびき出します。

分かった。 すずさんのためだ。

藩に話を通し
早急に江戸美人比べを催そうではないか。

かたじけない。

お主には 返しきれんほどの恩が
あるからな。

どうだ? このまま晴れて
高野藩に復帰しては。

いや すずの行方が分かるまでは…。

落ち着かんか。

はい。

殿は どうされておるのです?
随分と無理をさせてしまった。

(清之助)私が罪人の子だからですか?

ここ最近の父上の行いは
納得のいかぬことばかり。

辟易しております。

だから父上は
余に つらく あたっておったのだ。

(千代)フッと姿を消すことも しばしば。

身勝手で わがままで
周囲は振り回されてばかり。

(清之助)ならば 直接
咎めになってはいかがですか?

(千代)咎めることなどできません。

それらは全て
いつも誰かのためなのですから。

己ではなく ほかの誰かの。

父上!

しばらくは
安静にしてもらわねばならん。

♬~

いや~ 心配をかけたな。

どこで何をしていたのですか?
ええ… うん…。

…などと
野暮なことを聞く気はありません。

しかし もう これ以上

あなたの身を案じて
時を過ごすのも 真っ平ごめん。

今後 お一人で雲隠れはしないと
約束して下さい。

いや~ それはどうかな。 わしにも…。

殿!
いや…。 いや~ それは…。

何です?
はい。

≪殿 清之助様から
お話があるとのことで。

清之助が?
(千代)なりません。

殿は静養中の身 話など
あとにするよう伝えなさい。

それが 時を急ぐのだそうです。
「白ネギの件について伝えよ」と。

何? 直ちに清之助を連れてまいれ。

≪はっ。

ほう お江戸美人比べか。

ええ。 伴四郎の奥方が
何者かに連れ去られたらしく

その犯人をおびき寄せよう
という作戦です。

何? すずがか?

これは 事を急ぐな。 よきに計らえ。

此度は父に代わり 余が町に出ようかと。

分かった。 よきに計らえ!

どうされたのです?

やはり 父上自ら
様子を見に行きたいのでしょう。

しかし 今は慎重になった方が
よろしいか…。

(襖が開く音)

全て聞かせて頂きました。

コソコソ コソコソと
何をしているのかと思えば…。

母上 これには事情がありまして。
お黙りなさい!

おめえら聞いたか?
高野藩の主催で催される お江戸美人…。

美人比べだろ?
何だ 知ってんのかよ。

当たりめえよ
こちとら美人には飢えてんだ。

うさぎを狙う たかの目で
お江戸の美人を比べてやるつもりだ。

頼もしいじゃねぇか。
しかし いくら たかの目でも

八の器量じゃあ 美人を
取って食えることはなさそうだがな。

違ぇねぇ 八の器量は
たかじゃなくて タコだ。

えぇ…。

あの夜は逃げたりして
申し訳ありませんでした。

まさか 伴四郎様だとは思わず…。

構わん。 こちらにも事情があってな。

頼んだぞ。
皆が お前たちの美貌を待ちわびておる。

はい。 こんな きれいなお着物
初めてです。

♬~

あら いけない。

美人比べには
若い娘しか出られないんだったね。

いや… ご出場下さい。

まず最初の美人は
鶏鍋「きじや」の看板娘 お羽!

♬~

(歓声)

続きまして 蕎麦屋の看板娘 お光!

♬~

お前たち 舞台から
怪しい男が見えなかったか?

いえ 気が付きませんでしたけど。

目が ギョロッと鋭くて
歯が こう ギラリと…。

どうだ? 例の者は姿を現したのか?
若造。 いや まだ。

あっ…。

なぜ お千代の方様が?
余と父上の町遊びが

母上に気付かれてしまったのだ。
えぇ!?

「私も連れていけ」と言って聞かんのだ。
いや しかし…。

伴四郎!

惨助も若造も
あなたが たぶらかしたらしいですね。

あ… 申し訳ございません!
お気を付けなさい。

今の私は たかが町人。
平伏などしては怪しまれます。

そう… ですね。

(歓声)

(歓声)

さあ 会場が あたたまったところで
最後の美人に登場して頂きましょう。

川原屋の女将 お菊!

(歓声)

♬~

頂戴 頂戴 頂戴。

(歓声)

♬~

以上をもちまして お江戸美人比べを
終わりとさせて頂きます。

これより 各自
入れ札を用意して頂いてですね…。

(不満の声)

どうしましょう。

♬~

(歓声)

♬~

あれは?
お千代の方様です。

お千代の方って…
高野の殿様の奥方かい?
ええ。

ありゃ 大したタマだね。

♬~

母上が あんなに はしゃぐとは…。
肝が縮みました。

待たされる者の気持ちが
少しは分かったでしょ?

はい。

これで 伴四郎の役に立てたのかしら。

ええ。 吸血鬼を捕らえることが
かなえばよいのですが…。

どうだい?
私も捨てたもんじゃないだろ?

はい。

お主 ちゃんと見ておったのか?
美人ではなく吸血鬼をだぞ。

当然だろ! 人相書きをもとに
会場を捜したけど

うう 疑わしい奴は おらんかったよな?

へい。
信用ならん奴だ。

大丈夫。 今夜は
私が おとりになろうじゃないか。

この お江戸一の美人
川原屋 お菊がね!

オホホホホ!
(3人)よっ! 日本一! よっ!

オホホホホ! オ~ッホホホホ!

あの… 分かりました。
私も 力になります。

♬~

伴四郎様 何か作ろうってのかい?

精をつけてもらおうと思いまして。

お菊さん ニンニクを使った料理を
何か指南して頂けませんか?

ニンニク? ええ。 英語学者の
須藤仁左衛門様によると

これが 吸血鬼の弱点だそうです。

ニンニク…。
ええ。

そうだねぇ…。

♬~

どうした? 気が散っておるようだな。

いえ 何もありません。

愛しいお常が姿を消したのが つらいか。
ひと言の挨拶もないとはのう。

それが お常の気持ちなら
私は 何の文句もありません。

吸血鬼に捕らわれてなければよいが。

♬~

(桔梗屋)さあ 皆さん
食事をお持ちしましたよ。

(桔梗屋)さあさ。 はい。

♬~

すずさん あなたもお食べなさい。

あなたは アボット様の
一番のお気に入りなのですから

健康なまま引き渡したい。

はあ 強情な方だ。

お常さん ここで何をしているんですか?

アボット様が心配されてましたよ。

どうして姿を消したのですか。

いつまでも
エゲレス様の思いどおりにはなりません。

いつまでも あなたたちの
思いどおりにはさせません。

あなたとエゲレス様のお話は
ずっと耳にしておりました。

ミスター アボット

(英語)

だが 何を話していたかまでは
分からないでしょう?

(英語で)

私は 英語学者の娘です。
見くびりましたね。

間もなく あなたたちの悪事は
世にさらされることとなりましょう。

どのようにですか?

もう手は打ってあります。

早急に手を打って下さい。

町で噂の吸血鬼とは
エゲレス様のことであると

この密書に記してあります。
出どころは恐らく お常でしょう。

手を打たねば 娘たちは
エゲレスに連れ去られてしまう。

新八 そのことなら忘れろ。

それが南海藩のためだ。

なぜです?

南海藩が今後 何をなさんとしているか
承知しておるな?

そのために
エゲレス様の助けが必要なことも。

幕府を倒し 南海藩を
この貧しさから救い出す。

倒幕には エゲレスの武器がいる。
桔梗屋の口利きがなければ

エゲレス様は 南海藩に力添えなどしない。

そのエゲレス様の最後の条件が…。

娘たちですか。

全ては 南海魂をよみがえらせるため。

今は 目をつむるしかあるまい。

南海藩なら動きませんよ。

我々に従うしかないのですから。

それどころか
アボット様は密告を耳にして

あなたは すぐに
連れ戻されることになるでしょう。

南海藩にとって

エゲレス様も 間を取り持つ この私も

決して手放すことは できないのですから。

ハハハハハ!

また一つ
アボット様のお土産が増えましたね。

ハハハハハ!

♬~

♬~

こうしていれば 少しは暖かいでしょう。

話は聞いていました。
どうして逃げなかったのです?

私は エゲレス様に弄ばれる日々が
どんなに惨めか知っています。

ならば なおさら…。

ほかの誰にも
同じ思いはさせたくはありません。

お優しいのですね あなた様は。

きっと 報われる時が訪れます。

この牢の中でですか?

はい。

♬~

(アボット)おはようございます!

♬~

ハァ~!

くっさ!

♬~

驚いたか 吸血鬼。
これが お主の弱点 ニンニク攻撃だ!

ハァ~!

ああ… あ… くっさ…。

♬~

おいしい!

本当に こんなもので
吸血鬼を倒すことなんて かなうのかねぇ。

伴四郎様が
そう おっしゃってたじゃありませんか。

お菊さんも食べてみて下さい。
臭い!

痛っ。

お常。

迎えに来ましたよ お常さん。

お常さんは下がって。 私が行きます。

どうして?

あなた一人が
不幸を背負う必要はありません。

私なら大丈夫。
伴様が必ず助けに来てくれます。

伴様?

頼りないのに 頼りになる旦那様。

手を切らないよう 気を付けて。
分かっておる。

なあ すず。 すずよ。

すず~。

すずよ~。 力を借りるぞ。

アッハハハ…。 すず。

勝手をされちゃ困りますよ。

アボット様は お常さん
あなたをご所望なんですから。

お常さんは
牢の寒さで具合を悪くしています。

エゲレス様に 病をうつしても
構わないというのですか?

熱でもあるのか?

(すず)はい。
はあ…。

アーロン…。

(英語)

≪すず!

すず!

伴様!

すずを… 離せ!

邪魔立てするな!

邪魔をしているのは
あなたの方でしょう 酒田伴四郎。

あなたがいなければ
事は よりうまく進んでいたんですよ。

オーケー。

伴様!
すず!

すず! すず…。

そうはいきませんよ。

桔梗屋
お主 どこまで道を外れるつもりだ!

気の抜けた武士なんかにゃあ
分からないでしょうねぇ。

諦めて下さい。

すずさんも あの娘たちも
エゲレス様の女。

勝手をされちゃ困るんですよ。
お常さん…。

さあ あなたも一緒に入りなさい。

ハァ~!
うわ~!

臭~い!

鍵を! 牢の鍵を!

♬~

おらっ!

♬~

お常さん! お常さん!

♬~

(お常)早く!

♬~

(桔梗屋)ウエイト ウエイト!

ミスター アボット
オーケー! レッツ ゴー! ハリー!

♬~

すず…。 すず!

すず! すず!

伴様!

すず~!

♬~