ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

トクサツガガガ 第7話 最終回 小芝風花、松下由樹、倉科カナ、寺田心… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ10 トクサツガガガ(7)[終]「スキナモノハスキ」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 仲村
  2. エマージェイソン
  3. ダミアン
  4. お母ちゃん
  5. 大人
  6. 彼氏
  7. 吉田
  8. ジュウショウワン
  9. 大丈夫
  10. 自分
  11. 友達
  12. 映画
  13. デッキ
  14. 一緒
  15. 気持
  16. 記憶
  17. 特撮
  18. オモチャ
  19. シシレオー
  20. 電話

f:id:dramalog:20190302074412p:plain

『ドラマ10 トクサツガガガ(7)[終]「スキナモノハスキ」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ10 トクサツガガガ(7)[終]「スキナモノハスキ」[解][字]

小芝風花が特撮オタクOLを演じるコメディードラマ!日常に直面する「あるある!」な壁を、特撮からの教えをヒントに葛藤しつつも奮闘切り抜ける。新たなヒロイン登場!

詳細情報
番組内容
仲村叶(小芝風花)は大切なフィギュアをお母ちゃん(松下由樹)に壊され、大げんかをしてしまう。その上、吉田さん(倉科カナ)とは気まずくなり、ダミアン(寺田心)にはうそつきと呼ばれ落ち込む。そんなある日、兄ちゃん(渡部豪太)から渡された古いエマージェイソンのビデオを見て、叶は自分が幼い頃からどんなに特撮が好きだったかを思い出す。北代さん(木南晴夏)の計らいで吉田さんとも仲直りする。残るはお母ちゃんだが
出演者
【出演】小芝風花倉科カナ木南晴夏松下由樹寺田心竹内まなぶ森永悠希本田剛文,武田玲奈,内山命渡部豪太,吉田美佳子,海原はるか宮内洋,岡元次郎,森博嗣,【語り】鈴村健一
原作・脚本
【原作】丹羽庭,【脚本】田辺茂範

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(望)お母ちゃん そっち行った。
(仲村)えっ!?

<その電話は おとそ気分も吹っ飛ぶ

予期せぬ お母ちゃんの上京を
告げるものだった>

(志)まだ こんなん持ってたん?

お母ちゃん 家 入ったん…?

<秘密を知ってしまった お母ちゃんは

厳しく仲村を責めるのであった>

いいかげんにしなさい!

こんなもん大事にして 何になるのよ!

じゃかましい! クソババア!

あんた… 親に向かって…。

親じゃないよ。 だから 鍵 返して。

育ててもらった恩とか
大学のお金とか いくら?

一生かかってでも返すから。

それで もう家族じゃない。

関わらんとって!

そうかもね…。
私 これから独りになるんかもね。

でもさ
お母ちゃん なんで 兄ちゃんも私も

お母ちゃんとこ
寄りつかへんかったんか分かる?

あんたのこと嫌いだからだよ!

鍵 返して!

ずっと そんなふうに思ってたん?

私は あんたのために…。

もう親じゃないから
私のためとか いらん。

♬~

♬~

ほな お母ちゃん こんまま うち帰るわな。

♬~

で その日は そんな感じで…。

(北代)なかなか
ヘビーな お正月だったわね。

もう… 私のほうが
ひどいことされたのに

こっちが悪者みたいだし。

で そのあと
周りに ドン引きされながら

2人分の料理 一人で食べて。

あなたも なかなかの つわものね。

いや だって
キャンセルできないって言うし。

まあ 相手に そこまでされたら
遅かれ早かれ

そうなるしかなかったのかも。

<理解し合えると思ったのが
間違いだったんだ…>

♬~

あれ 効いてんのか?
助けてくれ~!

<怪獣と人だって
それが できたら 争ったりしない…>

特撮嫌いとは聞いてたけど
まさか そこまでだったとはね~。

まあ あまり
ベラベラ話すことでもないですし。

いろいろモヤモヤするわね。

いろいろ?
吉田さんのこととか。

<吉田さんか…。

そういえば メールもらってるけど
返事してないな…>

<そりゃ 彼氏優先だよな。

考えてみれば 私と吉田さん
会って1年も たってないわけだし

友達ってほどでもなかったのかな。

お母ちゃん 周りが結婚して
子どもができたら

独りになるって言ってたけど…>

(ユキ)仲村さん? あっ すいません…。
どうかしたんですか?

ユキちゃん。
もしかして

この前の コピー機の営業の人のこと
考えてました?

ウオオォォーッ!

まさか。
それより 仲村さん ちょっと。

聞きました? マイさんのこと。
マイさん?

まだか…。
えっ なんかあったの?

本人から聞くまで 言わないで下さいね。

マイさん 来月で寿退社するらしいです。

えっ うそ!? 赤ちゃんが できたって。
えっ…!?

あっ そうなんだ。 驚き。

あれですよね こういう時って
一番下の私か 小野田くんあたりが

送別会の準備とか しないとですよね。

まあ そうだね。
あっ でも 私も一緒にやるよ。

いいです いいです。 なんか 仲村さん
年明けから大変そうですし。

大変そう?
(ユキ)はい。

(チャラ彦)あっ 仲村ちゃん めっけ。
ちょっと ちょっと。

これ作ったの 仲村ちゃんでしょ。
全部 同じページ。

ほら ほら ほら!
わっ… すいません!

このまま 小野田が先方に渡しちゃったよ。

(小野田)渡す前に 僕が ちゃんと
チェックすれば よかったんですけど。

私 作り直して届けてきます。
ほんとに すいません。

(老婦人)渡れますかねぇ。
(老紳士)渡れないねぇ。

<あれは…>

向こうから行きますか。

<声 かけてあげるべきなんだろうけど…>

遠くなるなぁ…。

(チャイム)

お~い。

お邪魔します。
は~い。

あ~ 疲れた。

これ お土産。

お母ちゃん どんな感じ?

落ち込んどる。

♬~

(望)ただいま。

ただいま お母ちゃん。
お帰り…。

♬~

(望)叶だけやのうて 俺らも お母ちゃん
のけ者にしてたとこあるから

同罪かもな。

これ あのあと
お母ちゃんから来たメール。

♬~

う~わ
心配させて プレッシャーかけるやつ。

お母ちゃんの常とう手段やん。

まあ 今回は
相当 こたえとるみたいやけどなぁ。

ていうか グッズ また増えてへん?

ああ… どうしても 欲しくなると
ついつい買ってしもて…。

まあ その気持ち
分からんでもないけど。

懐かしい!

お母ちゃんのこと どうしようかな…。

ずっと このまんまってわけにも
いかへんし。

なあ どう思う?

それは自分で決めること。
人に頼らず決めなさい。

えっ? いや 兄ちゃん 私の心配して
来てくれたんちゃうの?

違うわ。 絶対 行きたい
ライブがあるからに決まっとるやろ。

は~っ もう… 兄ちゃん!

ええで ここで。 あっ うん。
あっ そうや。

これ。
エマージェイソン?

すっかり忘れてたけど
兄ちゃん預かったまんまやったわ。

ああ! これ 引っ越しん時 渡した
アレやわ 多分。

でも 今もらっても
うち VHSのデッキないんやけど。

(望)じゃ もっぺん持って帰って
DVDに…。

ええ ええ。 いつになるか分からんし。

ほなな。
うん 気ぃ付けて。

これ 確か 高校卒業した時に…。

♬~

うん バイバーイ。

♬~

それ 前 レンタルしてたビデオ
1本 100円でええよ。

うち デッキないから。

♬~

エマージェイソン…。

♬~

<あの時は 特撮 見てなくても
平気だった。

ないなら ないで
平気なのかなと思ってた…>

(ダミアン)仲村さん。

ダミアン。

(ダミアン)仲村さん。
うん?

ダゴンvsバジリコッケス」
見たことある?

えっ? なに いきなり。

バジリコッケスは 空も飛ぶ超強敵。

人類が苦戦をしていると
ダゴンが やっつけてくれるんだ!

ずいぶん前の映画だよね。
見たは見たけど なんで?

僕 気付いちゃったんだ。

怪獣には怪獣を。
大人には 大人をぶつけるんだよ!

うん… 話が見えないね。
実は この前 おばあちゃんと

ジュウショウワンの映画 見に行ったこと
お父さんと お母さんに バレちゃって。

あっちゃ~。

で もう小3だし
これからは中学の受験もあるし

そろそろ卒業だねって。

小3だと 特撮 卒業しなきゃダメかな?

いや そんなこと言ったら 私なんて…。

だよね! そうだよね!
うん。

でもさ 多分 それを言っても
勝てないんだよね。

大人は強いもん。 かないっこないよ。

まあ… そうだよね。

だからさ ねえ 仲村さん

僕の お父さんと お母さんを
説得してくれないかな!

えっ… 私が!?
うん!

ちょ ちょ ちょ… ちょっと待って!
なんで そうなった?

だから 大人には 大人をぶつけるの!

うん…。
仲村さん 大人でしょ。

(人々の悲鳴)

きょ… 巨人だ~! 2匹だ~!

うわ~!

こっちも でかいぞ~!

それは無理だ。

なんで?
なんでじゃないよ!

家庭問題に
よその大人は介入できないから!

じゃあ 電話でもいいよ!
僕 電話かけるから

仲村さん 途中で代わって。
いや~ 出ないから 出ないから!

(ダミアン)そんなこと言わないでよ!
助けてよ!

仲村さんだって
親に 特撮 反対されてたんでしょ!

仲村さん… お願い!

あの… 私もね この前
お母ちゃんと ケンカしたまま

仲直りできてないんだ…。

だから まして
ダミアンのうちのことなんて…。

大人って そう単純じゃないっていうか

むしろ どうにもならないことのほうが
いっぱいあるし…。

大人は なんでも できるんじゃないの?

今は 誰に なんの文句も言われずに
好きなものに浸ってられる。

大人って すばらしいと思うよ。

ごめん ダミアン…。

(ダミアン)なんだよ…。

結局 仲村さんも お父さんと お母さんと
一緒じゃないか…。

仲村さんの うそつき!

♬~

(テレビ)

 

(テレビ)

北代さん…。

仲村さん。

(吉田)彼氏です。
(2人)えっ!?

ごめんなさい!
あっ…!

♬~

あの… 北代さん どうして…?

どうしてって あなたが
メール返さないから

吉田さんに頼まれたの。
ごめんなさい。

何を話していいのか 分からなくて。

あと 私も いろいろあったりで
そのまま ずるずる…。

この間は すいませんでした。

それで あの…。 彼氏のことですか?
そうなんです!

彼氏のこと
言っておきたくて! はい…。

彼氏…

ジュウショウワンの次のシリーズの

ユニコーン役の俳優に似てません?
はい?

すごく そのこと 仲村さんに言いたくて!

<分かる!
確かに 私も そういうことあった>

<あったけど!>

えっ… ちょっと待って下さい。
言いたいことって それですか?

はい。 そのこと言いたかったのに

仲村さん なかなか
電話に出てくれないし。

えっ… だって あの映画館で 突然
私たちの前から逃げ出しちゃったから…。

ああ… あれは…

私 子どもが苦手で…。

彼氏です。
(2人)えっ!?

2人とも
ジュウショウワン好きなんですか?

2人ともじゃないんですか?

ごめんなさい!

ダミアンくんが 急に話しかけてくるから
もう 私 どうしていいか分からなくて…。

じゃあ 最近 忙しくて なかなか
会えなかったのは 彼氏が原因じゃ…。

それは 写真の学校があったから。

言いませんでした?

言いましたね…。

でも てっきり
彼氏のカムフラージュかと。

だって 映画は 彼氏と行ってたし…。

映画は 彼氏とだけじゃなくて
何回でも見ます!

じゃあ… なんで 私 吉田さんのことで
こんなにモヤモヤしてたんでしょう…?

さあ?

なんか お互い勘違いがあったみたいね。

ほんとは あの時 彼氏にも
友達 紹介したかったんですけど。

友達…。
あっ ごめんなさい。

あの… 知り合いっていうのも
変だと思うし

オタク仲間って紹介…。
大丈夫です 大丈夫です!

いや だって…
仲村さんとは いろいろ遊びに行ったし。

ほら 私 仲村さんと会うまで
一人で行動してたし。

大人になって こういうことないから
分かんないですけど…。

会って1年も たってないけど

私は 勝手に 仲村さんのこと…

友達だと思ってました。

♬~

モジモジしない。
すいません…。

ああ… 彼氏って言うより
友達って言うほうが 恥ずかしいですね。

あっ 北代さんも友達ですよ。
ついでみたいに言わないでくれる?

あの…!

私も… ずっと 友達だと思ってました。

はい!

なら よかったんじゃない。
じゃ チケットのほう よろしく。

チケット?
仲村さんに会わせるかわりに

チケット取るの
手伝ってもらう約束してたの。

それが目当てだったんですか?
じゃ 行こっか。

あっ! ここは 私に出させて下さい。
そう? じゃ ごちそうになろうかな。

はい。

♬~

あっ VHS!
ああ…。

これ 当時のCMが入ってる
レアものじゃないですか!

この間 兄が来た時に 返してくれて。

まあ うち デッキないから
見られないんですけど。

デッキないんだ 仲村さんのところ。

ふ~ん。 へぇ~。

♬~

(トライガー)「待て シシレオー!」。

(シシレオー)「まだ やつは生きている。
とどめを刺さないと」。

(チェルダ)行くんだね シシレオー。

ああ! これが 俺の宿命だ!

<1年 続いた 特撮シリーズ
ジュウショウワンが

終わりを迎えようとしていたころ…>

♬~

(任侠さんの「蛍の光」の鼻歌)

(任侠さん)恐らく これが
最後の入荷です。

ジュウショウワンの放送
2月で終わっちゃうんで

もう次のシリーズの商品が
出始めてるんです。

もう 終わっちゃうんですね…。

オモチャだったら
昔の作品も置いとけますけど

食玩は さすがに 賞味期限があるので。

これを集めてしまったら

もう ジュウショウワンの商品は
出なくなると思うと…。

♬~

 

あっ もしもし。
仲村さん 今 忙しいですか?

いえ どうしたんですか?

今 ちょうど…
仲村さんちの最寄り駅に来てて。

急なんですけど
ちょっと寄ってもいいですか?

♬~

吉田さ~ん!

どうも。
どうも。

なんか 吉田さんが 自分ちにいるって
なんか変な感じですね。

すぐ帰りますんで。
大丈夫ですか?

仲村さんに これ届けたくて…。

えっ なんですか?

よいしょ!
えっ! ビデオデッキ?

はい。 これ わざわざ
持ってきたんですか?

うち ずっと2台あって邪魔だったんで
1台 どうぞ。

えっ… でも うち VHSって
1本しかないんで これ もらっても…。

断られると… また持って帰るの

そこそこ大変なんですよね。

あっ… ですよね。
あっ じゃあ せっかくなんで。

ありがとうございます。

♬~

♬~

「エマージェンシー エマージェンシー。

応答せよ 鋼鉄のヒーロー!」。

「たとえ フリーズしようとも
オペーレーションは譲らない!

システム起動!

救急機 エマージェイソン!」。

<これ そうだ… 高校で…。

そういえば 私 高校まで
特撮を忘れて フツーに生きてきた。

いらないって思ってた>

♬~

やばい! ラブレター!
え~!?

こら 廊下 走るな!

♬~

エマージェイソン…。

♬~

それ 買うんけ?

買っても デッキないから。

なあ 兄ちゃん。
うん?

エマージェイソンの最終回って
どんなやったっけ?

え~? どんなやったっけ?

エマージェイソンが
自分をつくった悪い博士を倒して…。

やっぱ いいや。 お休み。

出かけるんか?
うん。

部室に私物とか置いたまんまやし。
行ってきま~す。 行っちょいで。

(シャッターが開く音)
うわぁ~!

あっ おはようさん。
どうも…。

あれ? あんた この間
なんか買おうとしてた…。

あっ いえ…。
あっ ちょっと待ってね。

これだろ。

あっ いや…。

♬~

あの… これです。

エマージェイソン…?
はい。

これ 仏像かなんかの映画かな?
エマージェイソン。 ロボットです。

これ 機械。
詳しいんだね。

いえ 別に…
さいころ好きで見てただけで。

今は こんなん見てないです。
なんで? なんで見ないの?

だから 好きやったのは小さいころの話で
今は もう高3ですし。

なんか 途中で
嫌いになることがあったの?

私はね 小さいころから映画が大好きで

70年も大好きで 店まで開いちゃった。

好きって そんな
なくなっちゃうもんなんかな?

うん…?

うん? どうした?

あっ いや…
聞き覚えあること言われたなぁって。

ふ~ん そっか。

ほい。
えっ? あげるよ。

3年生だろ? 卒業祝いに。

あっ いえ でも…。
いいんだよ 300円だから。

面白くなかったら
返してくれたらいいんだよ。

300円だし。

そう そう。
それで あのあと部室で見たんだ。

<リアタイで見ていた
あのころ以来だった>

♬~

(子どもたち)エマージェイソン!

大丈夫?

(エマージェイソン)あっ…!

僕は もう ここを去ろうと思う。

もともと 僕は
博士に つくられた 殺人マシーン。

自分のことを よく思わない人も
たくさんいるし

争いの火種になりたくない。

こんな つらい終わり方やったっけ?
どうなるんや…?

(少年)エマージェイソンは
僕たちを助けてくれたじゃないか!

でも 僕をつくった博士は もういない。

もし 僕が壊れて暴走しても
直せる人は もういないんだ…。

僕は どこか遠くに身を隠す。

それが 君たちにも 僕にも
一番いいことだと思う。

みんな… さよならだ。

♬~

(少年)待っててよ!

エマージェイソンは 僕たちに
待っててって言ったじゃん。

僕たち ちゃんと待ってただろ。
今度は エマージェイソンが待っててよ!

僕たちが その間に 修理する方法とか
見つければいいじゃん!

見つけるよ!
大丈夫だよ!

絶対に見つけるから!

お母さんとか みんなにも ロボットに
意地悪しないでって言っておく!

みんな…。 人の… 何より君たちの記憶は
バグや消失が多い。

少しの間でも 記憶の更新がなければ
自動的に削除していく。

それが人間の記憶だ。
(少年)そんなこと…!

「忘れないよ!」。
「大丈夫だよ!」。

僕らだって 自分たちのデータは
完璧ではないんだ。

僕たちは思い出せるよ!

記憶…。

データは なくなってしまうけど
ただ それが なくなっても…。

みんなを好きな気持ちは…

消えて なくなるわけじゃない。

人の記憶は不安定だけど とても不思議だ。

何かの きっかけがあれば
何度だって思い出せる。

だから また…

きっと 僕らは また会おう。

♬~

<このシーンを見た時

私 思い出したんだ…>

あんた いくつよ?

<どんなに怒られても…>

<取り上げられて…>

♬~

<離れて… 忘れてしまっても…>

[ 回想 ] (ビデオ店店主)好きって そんな
なくなっちゃうもんなんかな?

♬~

好きな気持ちは…。

♬~

なくならない。

♬~

また… 会えてよかった。

♬~

ダミアン!

♬~

ダミアン!

待って 待って 待って 待って 待って!

何?

ダミアン お父さん お母さんと
仲直りできた?

仲村さんには関係ないでしょ。
私は まだ できてなくて…。

でも… お母ちゃんに会ってみようと思う。

僕には関係ない。
あっ… そんなことない。

ダミアンも仲直りできるよ。
できないよ。

できるよ…。

♬~

私は ジュウショウワンに
諦めないってことを教わった。

ダミアンは どう?

♬~

私 うまくいく方法 考えるよ。

吉田さんも私も 一緒に考えるし
いろんな方法 知ってるから

みんなで一緒に 強くなろう。

ダミアン。

好きな気持ちは 誰にも奪えないよ。

♬~

これ 最後の入荷のお菓子。 はい。

仲村さん そうやって よそんちの子に
お菓子あげるの よくないよ。

あっ 大丈夫ですか? ゆっくり。

<私は 特撮が好き>

尊敬です!

おぉ~!

<あのころから 好きな気持ちは
ず~っと変わらない>

(みやび)お久しぶりなす~!

<この先 忘れたとしても
また あの時みたいに思い出す>

うん 分かった。

もし アレやったら
兄ちゃん 一緒に行っちゃるけど。

ううん 大丈夫。
そうけ。 分かった。

♬~

ここ…。

ちっちゃいころ ここで
エマージェイソンのオモチャ

よく眺めてたっけ。

えっ…?

叶 また そんなん見て。 おいで。

おいで。
こっちに かわいいオモチャあるよ。

お母ちゃん…。

♬~

ほ~ら かわいいなぁ。

誕生日プレゼント これにしよけ? はい。

どないしたん?

これ 嫌や。

そうけ…。

<自分が好きなものを否定され続けて
感じていた思いを…

私も お母ちゃんに感じさせていたんだ…>

ケーキ買って帰ろか。
うん!

♬~

(チャイム)

入り。
うん…。

(志)仕事 忙しいんか?

う~ん… 普通かな。

そうけ…。

あのさ…。
うん?

これ…。

♬~

シシレオー!

お前 毒濁刀…。

♬~

(セロトル)おい!

♬~

俺たちには もう… 必要ないんだ。

♬~

ありがとう。

♬~

うん。

♬~

<大人になって買うのは
これが初めてか…>

<「テレビきっず」。 それは

子ども向け番組や
オモチャなどの情報を

キッズたちに 最速で お届けする
児童向けバイブル>

<いくつになっても
いや 年を取るほどに

これをレジに持っていくのは

恥ずかしさ極まりない。

でも 商品自体は
恥ずかしいものでもなんでもないのだ。

ならば…!>

<そこに 甥っ子がいるとイメージすれば

恥ずかしさなど
みじんもない。

隠れオタの
奥義である!>

ジュウショウワン
大好きだもんね。

しかたないなぁ
おばさんが買ってあげるね。

<彼女の名前は 仲村 叶。

彼女が特撮オタクであることは
一部の人間しか知らない>

すいません。

いらっしゃい。
これ プレゼント用で。

♬~

<もちろん 自分への!>

獅風怒闘 ジュウショウワン!

♬~