ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

刑事ゼロ 第8話 かとうかず子、小倉久寛、沢村一樹、瀧本美織、寺島進… ドラマのキャスト・主題歌など…

『刑事ゼロ #8』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 金戸
  2. 三宅
  3. 佐相
  4. 逮捕
  5. 年前
  6. 刑事
  7. 写真
  8. 回顧録
  9. 吉原
  10. 京極硝子産業
  11. 自分
  12. お父さん
  13. 依頼
  14. 原稿
  15. 時矢
  16. 彼女
  17. 被害者
  18. 駄目
  19. 当時
  20. 不起訴

f:id:dramalog:20190228211148p:plain

『刑事ゼロ #8』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

刑事ゼロ #8[字]

沢村一樹主演、20年間の記憶をなくした刑事が難事件に挑む!
第8話は…「相棒の父が殺人容疑者!?」タイムリミットが迫る中、事件のカギを握る“謎の美女”探しに奔走!

詳細情報
◇番組内容
ガラスメーカーの元専務が殺害され、元部下の金戸直実(小倉久寛)が逮捕された。なんと金戸は、時矢暦彦(沢村一樹)の相棒刑事・佐相智佳(瀧本美織)の実の父親だった!父親が殺人罪で起訴されれば、智佳も刑事を辞めなければならないだろう。金戸は、バーで相席になった女性が自分のアリバイを証明できる、というが…。送検までのタイムリミットが迫る中、果たして時矢は“謎の美女”を見つけて、金戸の無実を証明できるのか!?
◇出演者
時矢暦彦…沢村一樹
佐相智佳…瀧本美織
福知市郎…寺島進
内海念也…横山だいすけ
根本留夫…渡辺いっけい
奥畑記子…財前直見
【ゲスト】
佐相貴和子…かとうかず子
金戸直実…小倉久寛
◇脚本
戸田山雅司
◇監督
及川拓郎
◇音楽
横山克、Evan Call
◇主題歌
THE YELLOW MONKEY『I don't know』(ワーナーミュージック・ジャパン
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英テレビ朝日
【プロデューサー】川島誠史(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、望月卓(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/keiji-0/
☆Twitter
 https://twitter.com/keiji_zero2019

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(念仏)

♬~

(佐相智佳)待ちなさい!

(時矢暦彦)ハア ハア…
ちょっと待って! 待って!

(郷田東吉)どけ! お前…。
(悲鳴)

ごめんなさい…。

ああ…! ごめんなさい。
すいません。

よし 捕まえた! 捕まえた!

♬~

すっげえ…。

あっ いた!

ああっ…!

♬~

郷田東吉…。

…だよね?
しつこいんじゃ お前ら!

離せ!

まだ逃げるの!? ちょっと…。

1 2 3!

おい…! はいはい はいはい…。

窃盗容疑で緊急逮捕

俺じゃない。
俺は やってない!

こ… 今回は無実や!

えっ!? そうなの?
いいえ。

特殊なピッキング道具を使って
侵入する方法は

2年前 ここにいる時矢刑事が
強盗傷害で逮捕した時と

まるで同じ手口であり
あなたの犯行です。

違うって…!
なんだよ。

違うーっ!
(刑事)ありがとうございます。

お願いします。
ああ… はい。

ちょっと… もう。
(郷田)違う! 言うとんねん。

お前ら 覚えとけよ ホンマ!
痛っ…。

(刑事)うるさい!
(郷田)離せ…。

転んじゃったんだよ
さっき 俺。

前に逮捕した男の顔も
覚えてないんじゃ

応援要請されても
意味ありません。

ねえ… だよねえ。

刑事にまつわる記憶が
一切 出てこないんだから

役に立つわけないよね。
フフフッ…。

ディスられてるのに
のんきに納得しないでください。

そういうの 私 嫌なんです。

なんで?

似てるから…。

ちょっと ちょっと
機嫌 直してよ。

俺が刑事でいられるのは
佐相さんのおかげなんだからさ。

あの… あっ
ご飯行こうよ 一緒に。

ねえ 俺 おごるから。
いえ。

今夜は 先約がありますので
お先に失礼します。

♬~(三味線と琴)

(佐相貴和子)左。

さっき 逃走犯 逮捕したから…。

ごめん。 ありがとう。

「女らしく しとやかに」なんて

そんな 性差別的な事
言わないわ。

でも 自分の身は
自分で大事にしなさい。

やっぱり 私が刑事になった事
反対なんだ。

裁判官や 私たち検察官のように
個人が法を司る法廷と違い

日本の警察は
組織捜査を重んじるあまり…。

腐敗を生みやすい
構造になっている。

聞き飽きた…。

じゃあ
家族の話でもしましょうか。

お父さんの事とか。

あの人の話はいい。

(ため息)
(携帯電話の振動音)

失礼。

言霊ってあるのね。

彼が逮捕されたそうよ。

えっ…。

♬~

(根本留夫)被害者は

精密ガラス加工
京極硝子産業の元取締役

三宅鎮男 65歳。

昨夜9時頃 付近の公衆電話より

被害者宅から
言い争う声を聞いたと

匿名の110番通報があり

最寄りの警官が
駆けつけたところ…。

おい!

殺人容疑で現行犯逮捕された。

(内海念也)
被害者の後頭部の傷と

凶器に使われた置物の形状は一致。

金戸の指紋も検出されました。

(根本)状況から見て 所轄署で
十分処理できるヤマなんだがな

烏丸署から応援要請が来たから
対応しないわけにいかないんだよ。

だったら 俺が行ってきますよ。
佐相さんと一緒に…。

あれ? 佐相さんは?

佐相は駄目だ!
えっ…。

このヤマからは外す。
なんで?

あっ… 逮捕された金戸って人は

佐相ちゃんの
実の父親らしいんです。

実の父親!?

だったら…。

(福知市郎)時矢。
うん?

往年の名コンビ 復活だなあ!

なあ? なあ? うん?

〈20年間の刑事の経験と知識
全てを失う事は

刑事としての死を意味する
悲劇だ〉

〈しかし それは 同時に

新たな刑事の
誕生でもあったのだ〉

よっしゃー! 俺に任せとけ。

大丈夫… 一人でもやれる。

まず 昨日の夜7時以降
どこで 何をしていたか

聞かせて頂けますか?

(金戸直実)
昨日は 本当なら

午後7時に 三宅さんのご自宅に
お邪魔する予定でしたが

直前になって
メールが届きまして…。

(本田)こちらです。

「金戸くん 申し訳ないが
自宅ではなく

駅前のプレイヤーズラボという
バーで待っていてくれ。 三宅」

(金戸)はい。
それで 言われたとおり

7時前に その店に向かいました。

(店員)ご案内致します。
こちらへどうぞ。

(金戸の声)ボックス席が
空いていたので そこに座って。

9時頃まで
三宅さんを待ったのですが

お見えになりませんでした。

(金戸の声)店を出て
自宅を訪ねたら

あのような事に…。

夜7時から9時までは
アリバイがあるって事か。

(本田)ええ… ですが 昨夜は
京都サンガF.C.の試合で

客も多く 店員は
誰も覚えていませんでした。

あっ 店員ではありませんが

私が その店にいた事を
証明してくれる方なら

心当たりが…。

誰です?

はい… 確か
7時過ぎだったと思います。

(女性)ここ いいですか?

立ちっぱなしで
足 疲れちゃって。

ああ… どうぞ どうぞ。

その女性を見つけて頂ければ

私が その店にいた事を
証明できるはずですが…。

根本係長。

未整理だった昨年度の調書の整理
終わりました。

ああ~ ああ…。
お願いします。

ありがとう。

仕事 速い…。

何か?

えっ えっ… 何?
なんでもないんだけど。

えっ 何? 何? なんでもない…。
なんでもないんだけど。

ねえねえ ねえねえ ねえねえ!

烏丸署が逮捕した
この金戸直実って人

佐相ちゃんの親父さんだよね?
なんで 名字違うの?

(根本)内海! く… 空気 読めよ。
(内海)えっ?

お前 ビックリするよ…。
いえ!

無理に事件の話題を
避けないでください。

根本係長の
「気を使ってるんだオーラ」は

逆に 痛いですから。

痛い?
痛いですって。

父と母は 17年前に離婚して
私は 母に引き取られたので

母方の佐相の姓に変わりました。

17年前って事は
佐相ちゃんは まだ小学生か。

当時 父は 京極硝子産業の
研究室に勤務していて

離婚の直後にも
一度 逮捕されているんです。

逮捕?

(智佳の声)
当時 副室長だった父は

機密情報にも
自由にアクセスできる立場にあり

社内調査の結果 機密流出に
関与した証拠が見つかり

京極硝子産業が
父を背任で告訴したんです。

(内海)えっ 逮捕って…
前歴者データにないけど?

結果的には 証拠不十分で
不起訴になったそうです。

でも 結局 京極硝子産業は
辞める事になってしまって…。

不起訴になったのに…
どうして 辞めちゃったの?

父が会社を辞めたのは

上司だった研究室長が原因だと
母から聞いたような…。

当時の研究室長って…

殺された三宅鎮男さん!?

17年前に辞めさせられた事を
恨んで 殺害したのか?

係長!

空気 読んでください…!

ねえねえ ねえねえ!
うん?

これさ パソコン持って
いかれちゃったんじゃないの?

ああ 本当だ。
ほら。

あっ! 回顧録だって。
なんか わかるかも。

あれ? 真っ白だ。

これ 見本だろ。 ほら

引退したサラリーマンとかがよ
過去を振り返るやつ。

ああ。
被害者の三宅鎮男さんは

去年 京極硝子産業を
退職したばかりだからな。

原稿も なんにも残ってないよ。

この将棋盤も
随分 使い込んでるねえ。

ねえ これって その時のまんま?
そうだよ うん。

被害者は 将棋が趣味で

亡くなった時に
歩の駒を握っていたと。

それって…

ダイイングメッセージなんじゃ
ないの?

何がダイイングメッセージだよ
お前。

…っていうかよ
被害者は 歩を握っていたから

名前が
「フ」の付く奴が犯人だとか?

フクチ。

指さすな この野郎!

あっ… ちょっと貸して。

えーっと…
歩は 成れば 金になるから

と金。 と…。

被疑者の名字は 金戸。 金に戸。

ひっくり返せば と金。

被害者は 犯人が金戸さんだと
示したってわけか。

社長の畠山です。

彼女が 人事部長の国村。

そちらは 研究室長の吉原です。

研究室長という事は

亡くなった三宅さんや
金戸さんと一緒に お仕事を?

はい。 金戸さんが退職した当時

三宅さんが室長で
金戸さんは副室長でしたから

私は その下で。

あの… 金戸さんって
どんな感じの方だったんですか?

正直 地味な方でした。

社員の何人かは 名前をもじって

トキンさんと呼んで
からかったりしていましたから。

えっ…? ほらほら! じゃあ
やっぱり あの将棋の駒は

と金だったのかも…。
そんな金戸さんが

県警の機密情報を なんでまた
外部に流したんでしょうね?

発端は 下請け業者からの
一件の問い合わせでした。

問い合わせ?
ええ…。

当社が特許を持つ製法と
同様の製法での発注が

国外の企業から来ているが

うちは認知しているのか?
という内容でした。

それを受け 社内で
調査チームが立ち上げられ

流出した製法は

研究室の ごく限られた幹部しか
知り得ない情報だと判明しました。

それで
金戸さんが疑われたんだ…。

(畠山)実は 社内調査だけでは
不十分と判断した

当時の上層部は 外部にも
調査を依頼していたようで…。

外部って?

(結子)調査専門のリサーチ会社に

疑わしい社員の素行調査を
ひそかに依頼して その結果…。

(結子)金戸副室長…?

この相手の方は?

(荒巻寛司)名前は不明ですが
仲介屋と呼ばれる職種の男です。

仲介屋って まさか…。

でも 金戸さんは
不起訴になったんですよね?

(結子)
リサーチ会社の情報は不確かで

一緒に写った人物が
特定できなかった事が

不起訴の一因だったそうです。

あの…
金戸さんは 不起訴になったのに

会社に残らず 退社したのは
なんでなんですか?

それに関しては

上司だった三宅さんと
何度も話し合いが行われ

最終的に
自主退職という形を選んだと

聞いていますが…。

じゃあ 三宅さんが 因果を含めて
辞めさせたって事ですか?

だったら やばいぞ。

金戸さんには 殺害の動機があった
って事になるね。

うん…。 次 行くぞ。

(香川)
やっぱり 覚えてないですね。

ああ… そうですか。
サッカーの試合の時は

あっちのボックス席には
誰も近寄りませんから。

あれ?

あの… この写真って 全部
このお店で撮った写真ですか?

(香川)あっ はい。
常連さんの中に

インスタントカメラ
持ってる人がいて

試合の度に撮ってもらって…。

だったら
昨日の夜の写真もあるだろ?

はい。 あっ これですね。

これ1枚だけかよ この野郎!
(香川)すいません… はい。

ええっ?

駄目だな…。 ボックス席のほうは
写ってねえぞ これ。

(ため息)

マジで やべえぞ これ。 ええ?

逮捕が
ゆうべの9時過ぎって事はよ

送検のリミットは
明日の夜9時までだ。

それまでに なんとか

謎のユニホーム美人を
見つけ出さねえとな…。

もし その美人が この金戸さんの
作り話じゃないとしたらだよ

なんか目的があったのかも
しれないよね。

目的…。

(金戸)刑法169条。

うーん… 偽証罪

正解!

じゃあ 次は… 130条!

住居侵入罪!

ええ~! 智佳は すごいなあ!

(電話)

(内海)はい 13係。 はい…。

佐相ちゃん
弁護士の奥畑って人から 2番。

えっ…?

(奥畑記子)
私にできる事があったら

力になるわ。

ですが 奥畑先生に
迷惑をおかけするわけには…。

お父様とは
17年間 疎遠だったとしても

父親は父親でしょ。

あなたの本当の気持ちを聞かせて。

あっ 佐相さん。

あっ…。
あっ…。

どうして この方と…?

この方って…。
元妻をつかまえておいて

随分 他人行儀ね!

そんな事より 烏丸署の捜査状況
どうなってるの?

アリバイの証人を
探してるんだけどさ…。

駄目です!
えっ?

捜査情報を話したら
守秘義務違反です。

いや でも… 知りたくないの?

それとこれとは 話が別です。

職務があるので戻らないと…。
失礼します。

優等生っていうより 杓子定規ね。

ああ… さすが

ミズ・コールドブラッドの
娘さんだけの事はあるわ。

ミズ・コールド…?

彼女の母親の佐相貴和子さんは
京都地検の公判検事よ。

へえ~。
感情を一切挟まず

冷静に かつ 冷徹に
事件に取り組む

その態度から付いた あだ名が
ミズ・コールドブラッド。

佐相さんのお母さんって
そんなすごい人だったんだ。

だからかもね…。
彼女 お父さんが逮捕されても

素直に
SOSも出せないなんて…。

あっ…。
ん?

「噂をすれば影」よ。

♬~

あの人が 佐相貴和子検事?

あの… 府警本部捜査一課の
時矢といいます。 はじめまして。

2年前
郷田東吉 強盗傷害事件の時に

検察側の証人として出廷して頂き
ご足労をおかけ致しました。

あっ… そ… そうでしたよね。
ええ…。 うっかりしてた。

あの… 我々は 今

元ご主人の
金戸直実さんの無罪を信じて

必死で アリバイの証人を
探しているんですが

これが なかなか…。

そういう
バイアスのかかった捜査は

検察として 正直 看過できません。

あっ… じゃあ
佐相検事は あれですか?

金戸さんは殺人を犯した

そう思ってらっしゃる
って事ですか?

♬~

私は 予断を排し
どんな結論も受け入れる覚悟です。

覚悟?

彼が 検察送致になり
起訴が決まった時点で

私は このバッジを外します。

…と同時に 娘も 警察の職を
辞する事になると思います。

♬~

(根本)どうやら 事件が
マスコミに嗅ぎ付けられたらしい。

いや でも あの…

金戸さんは
容疑を否認してるんでしょ?

なんとか 起訴だけは
食い止められないのかな?

けどよ…

唯一のアリバイ証人の…。

ユニホーム美人が
まだ正体不明で 見つかってない。

(根本)せめて
その女が店にいた事だけでも

証明できたらな…。
(内海)ちょっと ちょっと…!

むちゃくちゃ 捜査情報を
佐相ちゃんに見せてますよ!

そんな事 今 気にしてる場合じゃ
ねえんだよ この野郎!

あれ? ちょっと待って…。

証明できるかも…。

ねえ 福知! もう一度
あのスポーツバー行ってみようよ。

時矢。
ん?

肝心なものを忘れてるぞ。

えっ…?

大事な相方 置いていく気か?

♬~

頑張れよ。

♬~

この写真ですね。
うん。

やっぱり
ボックス席 写ってません…。

いやいや そうじゃなくて…。

スマホを持ってる この彼… ほら。
はい。

この写真って ほら
こっちから撮ってるんだよ こう。

ねっ? だから 彼のスマホには…。
あっ…。

ボックス席が
写ってるかもしれない。

あっ 店長 店長!
ちょっといいですか?

このスマホを持ってる この彼って
常連さん?

(香川)うちのバイトの… 大迫。

(大迫)はい。
どこかで聞いた事ある名前だな…。

大迫さん…。
あの… あのね

この時に撮った この写真
まだ携帯に残ってるかな?

(大迫)ああ… これです。

ちょっと ちょっと ちょっと…
大きくして。 大きく。

あっ…!
お父さん…。

女性のほうは
横顔しか確認できません。

うん。 でも お父さんが言った事は
間違いなかったんだよ。

幻のユニホーム美人は
ちゃんと存在したんだよ!

ひとつ聞いていいかな?

17年前 お父さんが
背任で逮捕される直前に

お母さんと離婚したのは…
どうして?

母が決めたんだと思います。

結果的には不起訴でしたが
刑事事件の被疑者と検察官が

夫婦ではいられないと
判断するのは当然ですから。

そっか…。

強い人だもんね。

この間…
似てるって言いましたよね?

ああ… なんか言ってたね。

誰に似てるの?

父です。
えっ…?

子供の頃の記憶ですけど

母は気が強くて
父の欠点を いつも指摘して

それでも 父は
全く気にする様子もなくて。

そういうとこ
今のモダン時矢刑事に。

俺に似てるんだ…。

それに引き換え 母は
何があっても毅然としていて

記憶を失う前の
クラシック時矢刑事に似てる気が…。

これ食べ終わったらさ

もうちょっと
範囲 広げてみようか。 ねっ。

もう… いいです。

えっ?

これ以上 皆さんに
迷惑かけるわけには…。

そもそも 被疑者の肉親が
捜査するのは問題が…。

あのさ… こんな時くらい
法律とか規則とか

そんなの
どうでもいいんじゃないかな。

俺は 佐相さんの
本音が聞きたいんだよ

相棒なんだから。

♬~

…父が殺人を犯すなんて
私には信じられません。

信じたくありません。

絶対に。

よし。

じゃあ なんとしても
あの女の人を見つけ出さないとね。

背番号0…
ヨシミ選手のファンなんだね。

京都サンガF.C.
「ヨシミ」なんて選手

聞いた事ありません。
えっ?

…あれ?

(店長)ええ これ
うちで前に作ったやつですね。

誰がオーダーしたか
わかりますか?

「武藤良美」さん…。

ここだ。

荒巻リサーチ事務所って
なんか聞いた事あるな…。

武藤良美さんですね?

あの… あの

この写真なんですけど…
これって あなたですよね?

(武藤良美)やだ…
バレちゃったの?

バレちゃいましたね。
フフフ…。

私は 社長に言われて
やっただけよ。

このおじ様が
7時に このお店にいるから…。

ここ いいですか?
(金戸)ああ… どうぞ どうぞ。

(良美の声)ホテルに
連れ出すように言われたんだけど

このおじ様
全然乗ってくれなくて…。

タイムアーップ。
ああ… なるほどね。

あなた 縁切り屋?

通常の調査より
少々お高くなります。

ただいま。 あら お客さん?

24日の夜
スポーツバーにいた金戸さんを

彼女に口説くように指示したのは
あなたですね?

法的にはグレーゾーンで
問題ないはずですが。

殺人事件のアリバイ作りに
加担したとなれば

違法行為の可能性が
十分あります。

殺人…?

なんの話ですか?

私は ただ この人を口説いて

ホテルでもどこでも
連れ出すようにという

依頼を受けただけです。

依頼って 誰からです?

隠すなら売春斡旋 もしくは

殺人の共同正犯の疑いで
令状を取りますよ。

勘弁してください。
匿名の依頼ですってば。

(良美)ポストに着手金と
その写真が入ってたの。

本当です。 うちはね
そういった犯罪に関わるような

いかがわしい事務所じゃ
ないんです。

昔から
一流企業の信用調査が専門の

真っ当な事務所なんです。
…あっ!

(結子)調査専門のリサーチ会社に

疑わしい社員の素行調査を
ひそかに依頼して…。

あった あった あった…。
ちょ ちょっと…!

2002年… 2002年の…。
ああっ これ これ これ…!

駄目 駄目…!
いやいや… 大丈夫ですから。

ほら ほら ほら!
あった あった!

京極硝子産業からの
社員の調査依頼?

うん。
お父さん…!

17年前 佐相さんのお父さんは
この写真が原因で

京極硝子産業を
辞める羽目になっちゃったんだ。

この相手の方は…?

どういう事です?

あれ?

♬~

もしもし 福知?

あの 亡くなった三宅さん
回顧録を書こうとしてたよね?

回顧録
「うん」

その原稿がさ
どこかに残ってないか

大至急 探してくれないかな?
「原稿?」

こんな事なら… 亡くなる前に

原稿も ちゃんと読んであげれば
よかった…!

ちょっと 奥さん。
あの… 原稿って?

(すすり泣き)

時矢! 原稿 あったぞ!

♬~

♬~

(荒巻)なんで
俺らも呼ばれるんだろうな。

あっ… わざわざ ご足労頂いて
ありがとうございます。

三宅くんを殺害した犯人が
わかったって どういう事です?

金戸さんじゃ
なかったんですか?

ええ。 金戸さんは犯行の夜
午後7時から9時の間

こちらの女性と一緒にいた事が
証明されました。

犯人ではありません。

別に隠してたんじゃないよ。
聞かれなかっただけ。

被害者の三宅さんは
会社を辞めたあと

回顧録を出版しようとしていた。

これが その原稿だ。

回顧録って
三宅さんは 一体 何を…?

17年前の機密流出事件の真相です。

真相…?

金戸さんは 確かに

当時 京極硝子産業が開発中だった
導電性ガラスの製法を

知り得る立場にありました。

でも もう一人

機密情報に自由にアクセスできる
幹部がいたんです。

それって… まさか 三宅くん?

三宅さんは 17年前

情報を流出させてしまったのは
金戸さんではなく

自分だったんだと この回顧録
告白しようとしてたんです。

ほら ここです。

(三宅鎮男)ひと月前の夜
タクシーにカバンを忘れて

その中に
機密資料を入れてたんだ。

(金戸)えっ… まさか それが

産業スパイの手に
渡ったって事ですか?

はあ…。 こうなった以上

調査チームに自分の非を…
全てを

包み隠さず話すつもりだ。

あっ いえ…。

そんな事をしたら
研究室にいられなくなります!

だからといって
流出の責任を取らないわけには…。

責任は… 私が取ります。

自分が何を言っているのか
わかってるのか?

自分を捨て駒にしろと
言ってるようなもんじゃないか!

もし 室長が私に すまないという
気持ちがおありなら

勝ってください。

難局を乗りきり
勝つために取られるなら

歩だって
喜んで捨て駒になります。

これは 私が望んで やる事です。

全ては 新技術の開発と
研究室のために…。

三宅さんは 金戸さんを
犠牲にしてしまった事を

長年 ずっと
後悔し続けていました。

そこで 会社を退職したあと
この回顧録を書いて

真実を告白しようとしてたんです。

金戸くんへの
贖罪の気持ちでですか…。

だからこそ 亡くなる直前に

薄れゆく意識の中
最後の力を振り絞って

金戸さんは
決して 捨て駒ではなかったと

伝えようとしたんです。

それが ダイイングメッセージの
意味だったのか…。

実は 17年前

機密情報流出とは無関係だった
金戸さんに罪を着せた人物が

この中にいるんです。

♬~

おい おい おい…。

誰なんだよ? 犯人は 時矢。

お前 わかってんだったら
早く言えよ! お前。

今… 今 言うから
ちょっと… ちょっと待ってて。

えーっと… 17年前

副室長だった金戸さんが
研究室を追われる事で

一番得をする人物は
一体 誰なのか?

それは…。

あなたです 吉原さん。

あなたは 金戸さんの後釜として
三宅さんの右腕となって

その後 研究室長の椅子まで
手に入れちゃいましたもんね。

待ってください。

私には なんの事だか…。

まあまあ…。 あなたは
金戸さんに罪を着せようと

リサーチ会社の荒巻さんと
縁切り屋の彼女を使って

金戸さんを店から連れ出すよう
指示して

金戸さんに
アリバイがなくなるように

工作したでしょ?

でも 金戸さんは… ねえ。

残念だけど 失敗しちゃった。

あのおじ様 堅物だから。

(時矢の声)
三宅さんを殺害したあと

あなたは 彼女が 金戸さんを

ちゃんと連れ出したかどうかを
確認するために

あの店へ向かった。

でも 金戸さんは まだ店にいて
9時が近づいた頃

三宅さんが現れない事に
しびれを切らして…。

(時矢の声)金戸さんが

三宅さんの自宅に入るのを見た
あなたは…。

110番通報して

駆け付けた警察官に
金戸さんを逮捕させた。

待ってください!
全て 想像でしょ?

うん…
あなたは 本当に用心深い方です。

リサーチ会社への依頼も

正体を隠して
証拠は 一切残してません。

でも あの夜の110番通報だけは
計算外で…。

とっさの行動だったんです。

♬~

(吉原の声)
「もしもし 警察ですか?」

木屋町2丁目5番地の

三宅さんの家から
言い争う声や悲鳴が聞こえて…」

これ 声紋を鑑定すれば

あなたの声だという事が
明らかにできるはずです。

(畠山)吉原…!

退職直前

三宅さんから
回顧録の話を聞きました。

(吉原の声)週末の夜 金戸さんを
自宅に招くという話を聞いて

金戸さんに罪をなすりつける事を
思い付きました。

(三宅)コーヒーでいいかな?
はい。

(吉原の声)金戸さんを

スポーツバーに行くように
仕向けて…。

♬~

そもそも 17年前…。

なんで お前は… ん?

金戸さんを
罠に はめようとしたんだ?

(吉原)俺…

嫌いだったんですよ
金戸さんみたいなタイプ。

(吉原)ああいう 滅私奉公全開で

自分よりも 会社や同僚の事を
第一に考えてて…。

そのくせ
ろくに仕事もできない人間が…。

てめえ…!

何 言ってんだ この野郎!
おい!

福知…! 福知 やめろって…
やめろって。

何? 何? 何…?
どうしたんですか?

大きくなったな…。

…座るか?

…うん。

ごめんなさい…。

私は ずっと

お父さんは
罪を犯したと思ってた。

いいんだ そんな事は もう…。

でも…。

本当に言いたかったのは…。

どうして 突然いなくなったの?

あんなに大好きだったのに…。

あんなに仲良しだったのに…。

どうして…

なんにも言わないで
私を置いていったの…?

すまなかったな。

(貴和子)智佳。

お母さん…。

あんまり 彼の事
責めないであげてくれる?

もう…。

離婚に関してはね
私も 共同正犯なんだから。

共同正犯…?

どういう事?

17年前

この人が やってもいない罪を
かぶろうとした事

私が知らないとでも思ってたの?

何 考えてるの?

僕にできる ささやかな事で
みんなが幸せになれるんなら

それは 僕が一番望む事なんだ。

だけど…。

そんな理由で
離ればなれになるなんて…。

そんな時間も もう終わるけどね。

もうって…?

知ってるでしょ?
検察官の定年は63。

あと1年よ。

もう この人の期待を
裏切らないように 社会に尽くす。

かなり しんどかったわ。

でも 今度は 私が返す番。

えっ…?

その話は もう いいじゃないか。

(貴和子)駄目よ。

あなたが犠牲にした人生を
私たちが分けてもらった分

これから ゆっくり 時間をかけて
私がお返しします。

覚悟しなさい。

ほどほどに頼むよ。 フフ…。

はあ…。

フフフ…。

ねえ…。

ひとつだけ お願いがあるの。

何?
なんだ?

しばらく

このままでいさせて。 お願い。

♬~

フフフ…。

ほら。
もう…。

♬~

馬鹿!

♬~

(貴和子)フフフ…。
フフフ…。

(記子)自分の人生を
誰に支えられているのかを

常に
心に深く刻み続けてきたからこそ

絶対に後悔しないように生きる。

それが 彼女の強さだったのね。

うん…
それを17年も続けるなんて

あのご夫婦は
目先の幸せには こだわらない

人とは違う時間を
生きてたんだろうな。

それで?
ん?

あなたの時間は
どれだけ失っちゃったの?

うん…
まあ 刑事になってからだから

ジャスト20年?

ええっ!?
えっ…?

やっぱり 記憶喪失だったのね?
そんな事だろうと思った…。

なんの事かなあ?
(ため息)

要するに 記憶喪失を隠して
刑事を続けてるってわけね?

いや ちょっと… 何 言ってるのか
よくわかんない。

弁護士会を通して
府警本部に抗議させてもらうわ。

えっ? ちょっと ちょっと…!

そんな事されたら
刑事でいられなくなっちゃうよ。

法に携わる人間として

こんな重大問題
看過するわけにはいかないわ。

(記子のため息)

1週間だけ待ってあげる。

それまでに
身辺整理をしておいて。

いいわね?

♬~

バレちゃった…。

「LOVERS」… 恋人?

タロットカードと
同じ図柄にしたって事?

この手口は…。
俺を殺そうとした あの能見?

(藤林経子)刑事責任能力
問う事は不可能である。

俺が その時の記憶を取り戻せば
止められるはずなんだ。

最後の事件なんだから。
時矢刑事!?