ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ワカコ酒 Season4 第8話 武田梨奈、山田キヌヲ、渡部瑞貴… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

ワカコ酒 Season4【第8夜「酒のつまみに絶品カレー」】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. カレー
  2. お酒
  3. レバーフライ
  4. ビール
  5. お店
  6. 今日
  7. チャッピー
  8. ハハハ
  9. レモン
  10. レモン酢
  11. レモン酢ドリンク
  12. 元気
  13. アベ
  14. メニュー
  15. レバー
  16. 焼酎
  17. お客さん
  18. お疲れさ
  19. ハチミツ
  20. レバカツ

f:id:dramalog:20190226023909p:plain

ワカコ酒 Season4【第8夜「酒のつまみに絶品カレー」】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ワカコ酒 Season4【第8夜「酒のつまみに絶品カレー」】[字]

残業でクタクタのワカコは、軽めに一杯と、よさげなお店に。レバーフライにビール系飲料のチャッピーを飲んで元気復活。そして、ようやく残業月間が終わったワカコは…?

詳細情報
番組内容
忙しくて殺気立つ社内。残業でクタクタのワカコ(武田梨奈)は中休みにちょっと一杯。入ったのは、下町のよさげなお店。オニオンスライスと生ビールでさっぱりしたワカコは、名物のレバーフライとビールの焼酎割りのチャッピーをオーダー。元気とスタミナを回復させる。そして、やっと終わった残業月間。心おきなく飲めると向かった先は、カウンターだけの小さな居酒屋。メニューに自家製カレーを見つけたワカコ。合わせるのは…?
出演者
村崎ワカコ(26)…武田梨奈
みぃさん/会社の同僚…山田キヌヲ
アベちゃん/会社の同僚…渡部瑞貴
オカダ主任/会社の上司…しおつかこうへい
『味の王道』の主…政修二郎
『里』の店主…九十九一
『里』の常連客…久ヶ沢徹
原作・脚本・監督
【原作】新久千映ワカコ酒
月刊コミックゼノン/ノース・スターズ・ピクチャーズ刊)
【脚本】岩渕崇
【監督】岩渕崇
音楽
【主題歌】バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI「さけっぱらだい酒(しゅ)☆」
番組概要
村崎ワカコ(武田梨奈)は酒と料理が何より大好きな26歳。偶然見つけた店でも、勇気を出して一歩足を踏み入れる呑兵衛女子である。ワカコは職場での出来事に想いを巡らせたり、他のお客さんたちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場での独り呑みの楽しみを満喫している。時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓をうち、時にはまったりと旬の料理とお酒を嗜みーそんなワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、
番組概要つづき
行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。酒と料理がぴったりと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。ワカコ、至福の瞬間である。
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/wakako_zake/

【公式Twitter
@wakakozake_tv

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


あっ はい すみません。

あっ はい すぐ折り返します。

はい 失礼します。

あ~っ 終わんない。

なんで この時期って
いっつも忙しいんですかね~。

そうだよね~。
アベちゃん これ お願い。

は~い。

《季節の変わり目は忙しい》

もう 毎日 残業で
嫌になっちゃいますよね。

あ~
おいしいもの食べにいきたい。

アベちゃん ごめん 先 あがるね。

お疲れさま。
お疲れさまです。

お疲れさまで~す。

はぁ~。

《忙しすぎて
最近 外で飲んでないな~》

村崎くん ちょっと!
はい!

まだ 報告書 出てないよ。

こっちはさ もう 猫の手も
借りたいほど忙しいんだからさ

もうちょっと頼みますよ!
んん~っ!

《クタクタだ~。

来月まで もうひと踏ん張り
頑張るとしますか。

でも 残業続きで
お酒飲むどころじゃなかったな~。

季節の変わり目とはいえ
まだまだ蒸し暑い この時期。

中休みに ちょっと1杯
行きたいところだけど…。

遅いけど 1杯だけなら》

《おっ いいじゃないですか!

ここなら
きっと間違いないはず!》

いらっしゃい! どこでも どうぞ。

はい。

《なかなか いい感じのお店。

軽めで おいしいもので
お酒が飲みたいな~》

《水分補給に
すぐ出るメニューで オニオンスライス。

飲み物は… ビールってことで》

すみません。
はい。

オニオンスライスと 生 ください。

オニスラと 生で。
はい。
お待ちくださいね。

《まずは とりあえずメニューどうしで
さっぱり いただくとしますか》

お待たせしました~。

生と オニスラです。

ごゆっくりどうぞ。
ありがとうございます。

《早っ!

この早さも
とりあえず メニューの魅力だよね》

いただきます。

《おぉ~
みずみずしい玉ねぎちゃんよ》

《う~ん
さっぱりサクサクで おいしい!

ビールで とりあえず マイナス1℃》

《涼しげな玉ねぎで
更に マイナス1℃!》

《さっぱりメニューどうしの
抜群の相性。

この組み合わせって

酒飲みのために
あるんじゃないだろうか?》

《みずみずしく浸透する
玉ねぎのおいしさでリフレッシュ!》

《暑さ和らぐ このうまみ。

今日一日の疲れを
冷たいビールで洗い流す》

ぷしゅしゅーい。

何か 別のものを
お持ちしますか?

少し考えます。

《んっ? レバーフライ?》

すみません。
はい?
レバーフライって 何ですか?

あっ それはね
レバカツのことなんだけどね

月島のレバーフライは もともと
この辺りが発祥なんですよ。

へぇ~。

もちろん もんじゃ焼き
有名なんですけどね

隠れたソウルフード
昔から食べられてるんですよ。

じゃあ それを お願いします。

うん 少々 お待ちくださいね。

《たまたま入ったお店で
地元のソウルフードと出会えるなんて

ラッキーだな~》

お待たせしました レバーフライです。

ソース味がついてるから
そのままどうぞ。

ありがとうございます。

《へぇ~ そうなんだ。

ほぉ~ これが 元祖レバカツ。

素朴だけど ボリューム満点。

では 冷めないうちに…》

いただきます。

《ほぉ~》

《頑張った自分に
わかりやすいご褒美。

元気が出るレバカツ!》

《揚げて
食べやすくなってるけど

風味が消えることなく
むしろ ギュッと閉じ込められて

体中を巡る この香り。

口が待っているビール》

ぷしゅぁー。

《これがなければ 何のために
働いているか わかりゃしないよ》

《お次は からしをつけて》

《ほぉ~
レバーの臭みもなくて食べやすい。

おっ。

次は
趣向を変えて キャベツと一緒に…》

《う~ん ドレッシングとキャベツも
揚げ物に よく合う。

もう ビールどんどんいけちゃう
このうまさ!

レバーフライ なんて おいしいんだろう。

元祖レバカツで 元気とスタミナ回復!》

《んっ?

チャッピーって 何だろう?

ビールが合うなら
ビール系飲料も合うはず。

初めての料理に 初めてのお酒。

今日は 挑戦してみますか!》

すみませ~ん。
はい。

チャッピー ください。
チャッピー1丁ね。
ありがとうございます。

じゃあ お待ちくださいね。
はい。

《フフン まだ残ってるけど
気になって頼んじゃった》

はい チャッピーね お待たせしました。

ありがとうございます。

《へぇ~ おいしそう。

ビールの焼酎割りって
どんな味なんだろう?

いただきます》

《う~ん。

この独特の濃い味が
下町気分を盛り上げる》

いや~ お客さん

おいしそうに食べてくれるから
うれしいよ~。

かわいいから これ サービスしちゃう。
えっ?

形は似てるんだけどね

こっちが ポン酢味で
レバポン っていうんですよ。

いいんですか?
う~ん!

ありがとうございます。

ごゆっくり召し上がれ。
はい。

《レバーのカツだから レバカツちゃん》

《下町の隠れ名物 レバーフライ。

温かくて おいしいな~。

下町って おなかにも人にも
やさしいんだよね》

今日のレバーフライ いいでしょ?

やっぱ うまいな。

最高だよ ここのレバーフライは。

《楽しく元気に飲めるのが
いちばんだよね》

あっ そういえば
レバーっていえば あの

肝臓
今年入ってから大丈夫ですか?

もうね すごい調子いい…。

顔色… あっ
よくなってるかもしれないですね。

でしょ? 鍛えてるしね。

《今日も一日 お疲れさまでした。

レバーフライで 元気 出ちゃった!

おいしい夜が
今日も元気にしてくれる》

あの… 金沢で お会いしました?
だよね~?

アハハ!
懐かしくない?
あ~ ビックリしました。

いや~ 乾杯。
お久しぶりです。

ん~っ! んぁ~っ!

よし 今月のキャンペーン目標達成!

残業月間 終了!

よしっ!
やった~!

よくやった よくやったよ!

やったね ワカコ。

バンザーイ! バンザーイ!

すばらしいよ アベちゃん!
すばらしい!
(アベ)イエーイ!

《はぁ~ 今日は
心おきなく飲めるじゃないか。

んっ?

こんな所に お店あったっけ?

やきとり もつ煮こみ。

自家製カレーって 珍しいな~。

う~ん いい匂い。

相手にとって 不足はない》

家に あるんだって。

じゃあ 取ってきてよ。
いやいや いや。

あぁ いらっしゃい。
今度 今度。
どうぞ。
はい。

へい。
はいはい。

焼き鳥とカレーね。
はい。

いつもの辛さにしといたから。
はい どうも。

じゃあ 卵ちょうだい。
はい 卵1丁 はいよ。

はい どうも~。

うぅ~。
にしても 好きだね。
アハハ!

《酒飲みは
カレーも ツマミになると聞くが

ホントに あるんだ》
う~ん うん いいね~ この辛さ。

《しかも このお手頃価格。

カレーって
お酒のアテとしても ありなんだ》

はい お通しね。
ありがとうございます。

いただきます。

《はっ おいしい!

この漬け加減 間違いない》

お客さん 注文は?

んっ… 豚バラカレーと…。

辛さは 普通ね?
はい。

飲み物は?
えっと…。

《カレーって 何が合うんだろう?

ごはんがついてたら
シメって感じだけど

お酒で飲むんだったら…》

あの… レモン酢ドリンクって 何ですか?

あぁ これね。

マスターのオリジナルだから
一度 飲んでみなよ。

へぇ~
じゃあ それ お願いします。

はい。
レモンとハチミツの酢漬けのシロップと

焼酎は金宮だから うまいよ~。
エヘヘ。

ちょっと待ってな。

《カレーとレモン酢って
確かに おいしそうな組み合わせ》

はい お待たせ。

レモン酢ドリンクと

はい 自家製カレーね。

ありがとうございます。
はい。

乾杯。
乾杯。

《まずは
レモン酢ドリンクを飲んで 心の準備を》

《スッキリして 酸味も
ちょうどいいじゃないですか。

準備万端!

そして お待ちかねの自家製カレー。

よく煮込まれた あめ色のルーが

なんとも
食欲を誘うじゃないですか。

ん~ 豚肉プルプル。

濃厚なルーも キラキラ輝いてるみたい》

いただきます。

《辛い! でも おいしい!

奥深い辛みの中に広がる
懐かしい味わい。

初めて食べるのに
舌になじんでいる日常の味。

じっくり煮込んだ具材も
どっぷりカレーの一部》

《はてさて
この甘みは 玉ねぎの甘みかしら?

うまみを引き出す 甘みと辛み。

濃厚な香りが たまらん!》

《お酒と頼んでも

カレーって
どこまでいっても カレーなんだ》

ぷしゅー。

《あとから かすかに
辛さが効いてきたところに

そこに レモンの さわやかさ!》

《スパイスとカレーと
焼酎とレモン風味の飲料。

この 初めての取り合わせが
たまらなくいい。

カレーで お酒を飲むって
こういうことだったのか。

やっぱり
カレーって 大衆の味方なんだね。

嫌いな人が
いるはずないじゃないか》

相変わらず うまいね~
マスターのカレー。
んっ?

カレーで 酒が飲めるのは
ここだけだよ。
フフフフ。

もう1杯 もらおうかな~
おかわりね~。

ったく 飲み過ぎんじゃねえよ。

俺の売り上げのおかげで
この店は成り立ってんでしょ?

なに 言ってるんだか ハハハ。
ハハハ。

すみません
こっちも おかわり お願いします。

レモン酢ドリンクを おかわりね?
はい。
はい。

同じでしょ?
レモンの量が違う。

どんなドリンクなんだよ。

はい おかわりね。
ありがとうございます。

いただきます。

はぁ~。
うまいだろ~?

レモンとハチミツだから 体にもいいし
二日酔いにも なりづらいから。

もう お客さんに
干渉するんじゃねえよ。

仲よくなりたくて。
ウフフ。

《スパイスの魔法にかかって
ちょっと飲み過ぎちゃったかも》

お客さん お酒 強いね。

いえいえ…。

あの ありがとうございました。

カレー すっごくおいしかったです。

あぁ そりゃあ よかった。
また 来てな。

はい。
じゃあ 指切り… は
まぁ いいか ハハハ。

ハハハ。
ハハハハ!

干渉するからね。
ハハハ!

ごちそうさまでした。
またね。
おやすみなさい。

《カレーで
お酒を飲むなんて思ってなかった。

幸せは 胃から染み入る。

いいよね おいしいんだから》

《ああ 家のカレーとも違う
お酒も飲めるカレー。

やさしい味だったな~。

おいしいお酒で
今日もリフレッシュしちゃった。

店長さん
ありがとうございました》

<本日のお店は
月島にある 味の王道さん。

レバーフライが名物のお店で

豚肉を使ったレバーはクセも少なく
女性にもオススメです。

もんじゃ焼き
オリジナルメニューも充実していて

個性的な店主の創作料理も
楽しめますよ>

いらっしゃい!

<2軒目は
高田馬場にある 里さん。

時間をかけて
丁寧に仕込まれたカレーが

特徴のお店で

有名レストランで修業をした
店主が作るカレーは

まさに 絶品のひと言。

いつものお店のように
くつろげる居心地のよさも

魅力のお店です>

はい いらっしゃい!

<今夜 ワカコがいただいたお酒は

味の王道さんのチャッピー。

ビール飲料風の変わったお酒で

ビールに焼酎を足した
オリジナリティーあふれるドリンクです。

アルコールは強めなので
飲み過ぎには注意してくださいね。

2杯目は 里さんのレモン酢ドリンク。

レモンとハチミツを漬け込んだ
自家製シロップと焼酎で作る

オリジナルドリンクです。

スッキリした味わいが楽しめるお酒で
体にもいいので オススメですよ。

今夜も ごちそうさまでした>

ぷしゅー。