ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ブシメシ!2 第5話 草刈正雄、笠原秀幸、瀬戸康史、萩原みのり、酒井若菜… ドラマの原作・キャストなど…

『土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(5)「きのこまんぢうこわい」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 書状
  2. 大食
  3. お常
  4. お主
  5. 桔梗屋
  6. 惨助
  7. 試合
  8. 南海藩
  9. 父上
  10. エゲレス様
  11. 高野藩
  12. 失礼
  13. 清之助
  14. 伴四郎
  15. 面白
  16. 与一
  17. お徳
  18. 一大事
  19. 蹴落
  20. 新八

f:id:dramalog:20190223190553p:plain

『土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(5)「きのこまんぢうこわい」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(5)「きのこまんぢうこわい」[解][字]

ほのぼの時代劇「ブシメシ!2」の第五話。殿が原田に襲われ瀕死の重体に。自分一人で密書の奪還を余儀なくされた伴四郎の前に、エゲレス公使の妾となったお常が現れる。

詳細情報
番組内容
殿(草刈正雄)が原田(笠原秀幸)に襲われ瀕死の重傷を負う。その知らせを聞いた伴四郎(瀬戸康史)は、一人で密書を奪還しなければならなくなったことに恐れおののく。そんな時賄い方をやめたはずのお常(萩原みのり)が、エゲレス公使の妾となって戻ってくる。父が浪人で明日の食事も事欠く境遇では、他に生きる術がなかったのだ。自暴自棄になったお常は「男が蹴落とし合う姿が見たい」と大食い大会を開くことを要求する。
出演者
【出演】瀬戸康史三吉彩花酒井若菜桐山漣笠原秀幸,萩原みのり,若山耀人,クロちゃん,厚切りジェイソンボビー・オロゴン徳井優国広富之平田満草刈正雄,【語り】櫻井孝宏
原作・脚本
【原作】土山しげる,【脚本】櫻井剛
音楽
【音楽】辻陽

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


<時は幕末 所はお江戸。
南海藩邸に潜入し

お常との料理勝負に勝利した
酒田伴四郎。

賄方として南海藩に残り
いよいよ高野藩の跡継ぎ

松平清之助の出自にまつわる
書状を捜し出そうという その時!

中間 惨助こと 高野藩主 松平茂照は

清之助の側用人 原田宗太郎に
襲われてしまう>

≪(物音)

(お菊)与一。
(与一)へい!

惨助さん!

(すず)何があったのです!?

与一 お医者を連れてきて。
へい!

あっ それと 高野藩に伝えて。

藩の一大事だって。

ならん。
でも あんた。

ならん。

与一 とりあえず中へ。
へい!

勝負!

(笑い声)

こら 参った。

(大田垣)
これ 柴田 これで もう一発いっとけ。

おい!
おい。 よし もう一勝負だ。

さあ 張った 張った。
あの~。

惨助おりませんか?

惨助?
あ~ 妙に引きの強い中間がおったのう。

今夜は見ておらん。
そうですか。

(アーロン)つまらねえ。

あいつがいないんじゃあ つまらねえ。

ハハッ。 何を言う
今夜の主役は あの男だ。

やった~!
与一!

いた! 伴四郎さん!

斬られた? 傷は? 命に関わるのか?

それが医者も呼んじゃいけないって。
だから詳しくは分からないんです。

斬ったのは誰なのだ?
それも言おうとしないまま

店に運んで すぐに気を失ってしまって…。

これを エゲレス様のところに。
はい。

どうされたのです?

エゲレス様が新しい女子を
連れてきたらしい。

妾よ。 あの色狂いが。

失礼。 失礼。

失礼します。

お待たせしました。

お常さん!?

(一同)お常!?

(新八)どうした?
何を集まっておる? ん?

お常…。

♬~

おお~ すばらしい。 ベリー セクシーね。

あの… あまり無理をして食べると
腹を壊しますゆえ もう少し…。

(お常)明日は カツレツが食べたいです。

そのようなもの
賄方では手に負えませんよ。

そちらの都合は聞いておりません。
お徳。

お徳?
ぶどう酒を。

き… 聞こえたら返事しろ!

はい。 承知しました。

≪(新八)失礼します。

遅れて申し訳ありません。

仰せのとおり
見積もりを組み直しておったのですが

やはり 藩邸での
相撲試合というのは厳しいかと。

相撲って あの相撲ですか?
そう。 お相撲です。

ここは退屈で しかたありません。

この前まで あ~んなに忙しかったのに。

指相撲じゃ駄目ですか?
駄目です。

じゃあ 腕相撲。
駄目です! うちは勝負事が見たいのです。

大の男が 互いに蹴落とし合うような
そんな勝負事。

分かったら さっさと
お相撲の段取りして下さいな。

お常。

お主 どうして
そう変わってしまったのだ?

私の知るお常は 一体どこに?

あのころの お常ちゃんは
もう どこにもいませんよ。

正気のままじゃ エゲレス様の相手なんか
できませんから。

ん? 何?
何でもありません。

残念でしたね。

これでは足りん。
また量が減ったのではないか?

すみません。 お常さんの方に
賄いの費用がかかっておりますゆえ。

おい 白ネギ。 なんとかしろ。
元はといえば…。

私が料理勝負に
勝ってしまったから… ですよね?

そのとおりよ。
お主に負けたせいで

お常は エゲレス様に拾われたのだ。

タガが外れてしまったんであろう。

見苦しいぞ。
白ネギには 一度助けられておるはず。

それを また なんとかしてもらおうなどと
甘ったれたことを。

私だって なんとかしたいですよ
できるもんなら。

お常は 人が変わってしまったようだ。

賄方も 振り回されております。

あいつのわがままに つきあうほど
財政にも余裕はない。

追い落としたのは 私です。
しかし 物には限りがある。

あれでは 手に負えませんよ。

だがな 伴四郎。

それでも 私は
お常の願いをかなえてやりたいのだ。

お常は 落ち込むと
いつも ここでジッと考えておったな。

ええ。
あやつが ここから何を見ておったのか

今 分かった。

♬~

この世は残酷だ。

互いに蹴落とし合う姿が見たいなど…

あれは もう お常ではない。

あの食い方は やけくそも同じです。
大食い試合ではないのだから。

あっ… いっそのこと
大食い試合でも開きましょうか!

そうすれば 人足衆も
たらふく飯を食うことができる。

分かっています。

その食い物がないという話ですからね。

悪くないな。
えっ?

それなら 問題が全て解決する。
いや しかし 食材は…。

当てならある。

桔梗屋様に お願いがあります。

(桔梗屋)
山下様 どうか 頭をお上げ下さいませ。

エゲレス様の新たな女子
お常の願いをかなえるために

都合して頂きたいものがあります。

はて 困りましたな~。

これ以上 そちらに お金をお貸ししても

返して頂くめどが立たないのでは。

いえ 金ではありません。

はて ほかに
私にできるものといえば…

ああ! 蔵に山積みになっている
古い食材ぐらいなものですか。

それです。

それを都合して頂きたいのです。

殿の行方は?
依然 どこへか知れぬ。

このままでは 藩外に知れるのは時の道理。

さすれば 幕府から
どのようなご沙汰があるか。

どうなさいますか 若!

これは前代未聞。 藩の一大事ですぞ。

前代未聞は 若様も同じです。

たやすく答えが出るわけはありません。

しかし 殿が消えた今

跡継ぎである清之助様に
指示を仰ぐほかないではないか!

はあ… 情けない。

いざという時に
矢面に立てぬ ご家老衆を相手に

どのような指示ができましょうか!

おい 先の筆頭家老 原田様の
ご子息だと思って黙って聞いとれば

随分 生意気を申すでないか。

あまり出過ぎたまねをすると お主も
父上と同じ末路をたどることになるぞ。

(清之助)ならん! 宗太郎は
お主らよりも よほど頼りになる。

消えるとなれば お主らの方だ。

席を外して頂けますか。

助かった…。
しかし 父上は どこに行かれたのか。

傷が まだ塞がっておりません。

安静にして下さい。 お殿様。

お菊さんから聞きました。

中間に化けるなんて
随分と むちゃをなさるのですね。

本当に 藩邸にお伝えしなくて
よいのですか?

よい。

安心せい。 伴四郎は わしが助ける。

高野の殿様が中間に化けていたと?

中間姿で
南海藩を探っておったのだろう。

殿様自ら 隠密まがいに動いていたとは…
フンッ。

おとなしくしていれば
死なずに済んだものを。

どうかなさいましたか?

亡骸が上がったとの報告がない。

傷は 十分なはずだが…。

まさか とどめを刺さずに
その場を離れたと?

まっ しかたがありません。

己が仕えた藩主
情けが湧いて当然でしょう。

そうではない!

あやつは 父の敵。

殿に目の敵にされた父は失脚し

その後 病を患い…。

そうそう お父上の薬を。

(桔梗屋)持ちつ持たれつでございます。

心配するな。 あの傷では
堀から はい上がることなどできん。

もう 生きてはおらんだろう。
ええ ええ。

これで 例の書状を返してもらおうか。

殿が消えたことで 私の悲願も
お主らの もくろみも達せられたはず。

書状をお返しするわけにはまいりません。

まだ 使いみちが残っておりますので。

話が違うぞ。 お主 裏切るつもりか!

人聞きが悪い。

裏切るなどと…
初めから そのつもりだったのですから。

書状があれば
南海藩に取り入るだけではなく

高野藩を直接ゆすることも
かなうのですから。

だましたな。

よろしいのですか?

私を消せば この薬は
二度と 手に入らなくなりますよ。

お父上の病には

この エゲレスから取り寄せた薬が
なければ…。

せっかく 刀に手をかけたのです。

さる男を もう一人
始末してもらえませんか?

何があったんだい?

≪(すず)惨助さん むちゃです!

惨助!

わしが行かねば…。
言うことをお聞き!

何だ 騒々しい。

清之助。

父上! 父上!

父上?

お主の出自が南海藩に漏れた。

事が公になる前に
その書状を奪い返すつもりだったが

ハハッ このザマよ。

私のために…。

ハハッ 大事な跡継ぎだからな。

泣いておる場合ではない。

例の書状を奪い返すために
伴四郎も同じく南海藩へ潜入しておる。

今は あやつを信じよう。

そして 我々に何ができるか
策を練るのだ。

ええ。

ほれ。 ん~?

うまかったか?

お主に恨みはないが
こうするしかないのだ。

ちょっと! ちょ… ちょっと!
ちょっと! ちょっと待って!

♬~

ひい~!

余から 親も郷里も
そして 友まで奪おうとは…。

♬~

はぁ…。

若様の友を斬ることはできん。

あなたは…。

清之助様の側用人の…。

何をしておられるのです?
どうして こんな…。

頼む 助けてくれ。

では あなたが…。

よくも殿を!
やむをえなかったのだ!

父の薬を餌にされ…
ほかに手段はなかった。

しかし 父を追い落とした殿に
恨みがあったのも事実。

打ち首は覚悟しておる。

だが その前に
奪われた書状を奪い返さねば…

藩の行く末はない!

はっ… 桔梗屋の口車に乗り
愚かなことをした。

では やはり書状は
桔梗屋が持っておるのですね?

♬~

ああ もへい。
へい。 これで おしまいだね?

へい そうです。
さっさと入れてしまいなさい。

あ~ バカバカしい
大食いなどとは。 フンッ。

こんなもの 南海藩の連中じゃなきゃ
ねずみも口にしませんよ。 フフフ…。

ハッハ 何か 御用で?
書状を返してもらおう。

役に立たない男だ。

殺し損じただけじゃなく
全て白状してしまうとは。

このままでは 高野の跡継ぎに傷がつく。

そのようなこと
断じて許すわけにはいかん!

バカなことを言わんで下さい。

書状を返して 私に何の利がある?

返さねば お主の悪事を全て公にする。

そうなれば 堅気の商売など続けられまい。

参りましたな。

こうなったら 書状を幕府に差し出して

高野を道連れに地獄へ落ちていきますか。

ハッハハハハハ…。

書状はどこだ?
さて どこにありますかね~。

ハハハハハ!

必ず奪い返す。

(お徳)平三。 桔梗屋様が
いらっしゃってるって?

(平三)ええ。 何でも 大食い試合用の
食材を運び入れるとかで。

行ってよし。

しかし あの桔梗屋というのも

何を考えておるのか
さっぱり分かりませんな。

まあ 確かに ほんの少しばかり
よい男ではございますが。

いや このわしも若い頃は…。
行ってよし!

失礼します。

(お徳)♬「桔梗屋様は」

♬~

きれいな包み。

これ うちに下さいませ。

ちょっと お常さん それは困ります。

いいでしょう?
はい… 包みだけなら。

♬~

(お徳)あ… ちょっと! 困ります!

へえ~。
お返し下さい。

どうして そんなにムキになるのです?

とんだ大物が釣れましたね。
アッハハハ。

この きれいな包みが
欲しかっただけなのに。

では 包みは
お常さんに差し上げましょう。

中の書状は お返し下さい。
嫌です。

しかし お常さんにとって
その書状 何の意味もないものですよ。

意味ならあります。

あの桔梗屋源次が
こうして ひれ伏すのですから。

気分がいい。
アッハハハハ。 いや こりゃ参った。

あなたが エゲレス様の
太鼓持ちをしてるのは知っております。

おかげで 女中の頃は
無理もさせられました。
アッハハ…。

返してほしいですか?
はい。

ああ… 望みは 何でも聞き入れましょう。

豪華な食事 美しい着物。
要りません!

では 何をご所望かな?

あなたも出て下さい。 大食い試合に。

この書状を 1等の褒美にします。

私は 男どもが
蹴落とし合う姿が見たいんです。

桔梗屋源次 あなたも同じ。

≪失礼します。

(桔梗屋)伴四郎殿。

お常さん
私も大食い試合に参加させて頂きたい。

大食いには 少々自信があります。

ふ~ん お好きにどうぞ。

どうして書状が お常の手元にある?
ただの紙切れではないのだぞ。

預けた相手が まぬけだったんですよ。

あ~あ~! あ~あ~! あ~あ~!

聞いたか?
南海藩邸で大食い試合があるんだってよ。

大食いだぁ? 品のねえことを。

いや それも
ただの大食いじゃねえのよ。

エゲレスのお妾さんが
むちゃを言いだしたらしい。

大食いってだけで 十分 むちゃだろうに。

二人羽織だと。
二人羽織!?

それでは話が違います!

ただ食べている姿を見たって
面白くも何ともありません。

私は 男どもが蹴落とし合い 罵り合う
ぶざまな姿が見たいんです。

ぶざまって… そこまで申すか?

その方が面白いでしょう?

ただの大食いなら却下。
お相撲の方が面白いもの。

いや 面白いとか面白くないの問題では
ありません。

ゴタゴタ言う間に さっさと
相棒を探した方が身のためですよ。

どうして大食いに相棒が必要になるのだ。

そもそも どうして お主まで
大食いに参加する必要があるのだ?

それは清之助…
いや とある事情で。

ああ!

何ですって?

お徳との関係も
これで終わりだと申したのだ。

捨てないで! 私にできることなら
何でもいたします。

あなたの力になりたいのです。

ならば 此度の大食いで

何が何でも
酒田伴四郎を勝たせるわけにはいかん。

そこでだ。

(太鼓の音)

これより
二人羽織 大食い試合を開催いたす。

(歓声)

よ~し 絶対に勝~つ!

よし いくぞ!
助太刀頂き かたじけない。

な~にを言う。
お主からの便りを待っておったのだ。

このことが公になれば一大事ですが。

な~に 今の私は青井若造よ。

ハッハハ。

では 大食い試合 始め!

♬~

次 持ってこい!

♬~

[ 回想 ]
(桔梗屋)私が合図を送ったら

これを 伴四郎の料理に混ぜてほしい。

こ… これは?
な~に ただの笑い茸だ。

ただのね。

♬~

次!

♬~

ちょっと 清之助… 若造。
しっかりして下さい。

しっかりと言われても
藩邸で二人羽織などしたことがない。

これだから若様は…。

何だ? 何か文句があるのか?

そもそも あなたの書状でしょう?

もっと上手にやりなさいよ 若造が。

誰が若造だ!

お茶… お茶。

次!

次!

次!

次!

♬~

南無三。

♬~

次!

♬~

早く。

♬~

(一同)あ~っ!

何をする!?
勝負の邪魔をするな!

いや 勝負ありだ。

あれを ご覧下さい!

これは どういうことかな?

私は何も…。
お徳さん! あなた まさか

伴四郎殿を殺めようと?

あ~ 恐ろしや 恐ろしや。

私ではありません!

この男です。 この男に…
この野郎に指示されてしかたなく。

何を言うんだい!
えぇ? あ~ 恐ろしや 恐ろしや。

あ~ 恐ろしや…。 待たれよ。
待て。

桔梗屋組は不正により失格。

(桔梗屋)そんな…。

(新八)優勝は 酒田伴四郎!

♬~

父上 もう傷はよいのですか?

高野藩の一大事に寝てばかりもおれまい。

♬~

楽しんで頂けましたか?
足りません。

本当は もっともっと
ぶざまな姿をさらしてほしかった。

♬~

すず!

どうしてもと言うんでな
わしが連れてきた。 アハッ すず!

焦るな。 後で ゆっくり話せばよい。

♬~

お主 我が藩の者に
毒を盛ろうとしたのか?

いい度胸をしているな。

南海魂を見くびるなよ?

(新八)いくら貧しいといっても

人殺しから金を借りるのも
どうかと思います。

このことは
上役に報告させて頂きますので。

どうぞ よろしくお伝え下さい。

これで終わったと思うなよ。

はあ~。

これで全て終わった。

やっと 心休まる時が過ごせる。

しかし どうして
毒が盛られていると分かったのです?

平三よ。
叔父上?

こ… これは?
ただの笑い茸だ。

あっ。
できるね?

お主の身に危険が迫ってると知り
川原屋へ駆け込んできおった。

頼みがある!

お主らのことは
極秘の任を成し遂げた者として

改めて高野藩に迎え入れる
段取りをしておる。

ありがとうございます。
では また会おう。

♬~

もう済んだのか?
極秘の任とやらは。

ええ。

わしを のけ者にしおって。

命を助けて頂き ありがとうございました。

叔父上 帰りましょう。

わしは残る。
残る? なぜです? 一緒に帰りましょう。

嫌じゃ。 わしは帰らん。
高野藩へ帰っても

どうせ また あの惨めな日々が
繰り返されるだけじゃろう?

それは そうでしょうが…。

ほらな。 しかし ここでは

瞬く間に 女中頭 お徳の右腕にまで
出世することができた。

このまま お徳のもとにおれば
より高みを目指せる。

さすが わしじゃ!
さすが わしじゃ! ハハハハハ!

そうですか。

♬~

食われるんじゃないぞ。

♬~

逃げるつもりか?

いや。

こそこそせず 堂々と出ていけばよい。

お主には世話になったな。

此度も お主の策により
お常の願いをかなえ

人足衆の腹も満たされた。

とうに身売り代金分は働いてもらったわ。

新八殿…。

かたじけない。

♬~

お世話になりました。

♬~

すず… すず~ 待っておれよ~。

すず! 今 帰ったぞ!

伴四郎様。
すずは?

それが 戻ってないんです。

昼間 惨助と一緒に南海藩に出向いたきり
帰ってこないんだよ。

えっ…。

すず!

すず!

すず~! すず~!

♬~