ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ブシメシ!2 第4話 瀬戸康史、草刈正雄、桐山漣、酒井若菜、三吉彩花… ドラマの原作・キャストなど…

『土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(4)▽栗(くり)の五目煮でびっクリ』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 賄方
  2. お主
  3. 酒宴
  4. 南海藩
  5. お常
  6. 父上
  7. 清之助
  8. 伴四郎
  9. 役立
  10. 本当
  11. 若造
  12. 料理
  13. 高野
  14. 高野藩
  15. お常さん
  16. 一人
  17. 罪人
  18. 書状
  19. 勝手
  20. 勝負

f:id:dramalog:20190216184424p:plain

『土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(4)▽栗(くり)の五目煮でびっクリ』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

土曜時代ドラマ 幕末グルメ ブシメシ!2(4)▽栗(くり)の五目煮でびっクリ[解][字]

ほのぼの時代劇「ブシメシ!2」の第四話。めでたく賄い方に昇格したのもつかの間、財政難で使えないものを首にすることに。そして候補に挙がったのが伴四郎とお常だった。

詳細情報
番組内容
伴四郎(瀬戸康史)は賄方に昇格するが、南海藩では「召し放ち総選挙」が行われることに。財政難のため、不要な者をやめさせるというのだ。しかしその裏では、陰謀が画策されていた。のんきな伴四郎は召し放たれようとするが、殿(草刈正雄)から叱責される。密書を取り戻さねば、清之介が危機に陥る。そう聞かされた伴四郎は、心を改めるが、召し放ちの候補に挙がってしまう。そしてもう一人の候補は伴四郎を慕うお常だった。
出演者
【出演】瀬戸康史桐山漣酒井若菜三吉彩花,萩原みのり,厚切りジェイソンボビー・オロゴン徳井優戸田恵子国広富之平田満草刈正雄,【語り】櫻井孝宏
原作・脚本
【原作】土山しげる,【脚本】櫻井剛
音楽
【音楽】辻陽

 

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


<時は幕末 所はお江戸。
南海藩に売り飛ばされ

成り行きで賄方にまで
出世してしまった酒田伴四郎。

高野藩の跡継ぎ 清之助の出自に
まつわる書状を奪い返し

高野藩に戻ることは かなうのか?>

♬~

新入り。 (伴四郎)はい。
大皿をここへ。 はい。

新入り!
はい! まきを足しておけ。

ま… はい。
おい 新入り! しっかりせい!

もういい邪魔だ!
その辺で見ておれ!

勝手が分からないのですから

まだ 力になれずとも
しかたがありません。

落ち着いて下さい。

これまで
料理はしたことがあるのですが

下働きの経験はないもので…。

(新八)調子に乗るなよ。

どうだ? お常。
ずうずうしいとは思わんか?

思いません!
あぁ…。

だって 伴四郎様の腕は
ピカイチではありませんか!

先日のオムレットも
麦飯にのせた辛味噌だって

大評判だったんですよ。
しかし このような男に

賄方が務まるとは思えんが。
私が協力します。

共に頑張りましょう。
そう言ってもらえると ありがたい。

♬~

(平三)発表いたします。

(お常)「召し放ち」。
「総入れ札」。

(お徳)そう。 これより 第1回
召し放ち 総入れ札を開催いたします。

どういう意味でしょう?

要するに 藩の財政難を解消する
一案として

賄方をお役御免とし
給金を浮かせようというのだ。

あ~ なるほど。
それで「召し放ち」ですか。

(一同)え~っ!?

うるさ~い!
静まれ 静まれぃ!

黙ってなどいられません!
藩から お払い箱にされたら

明日から どうやって生きていくのです?
知るか!

そんなことより
藩の財政難の方が一大事じゃろ。

お徳さん! 我々勘定方は
そんな話 聞いておりませんが。

言ってないもの。
言って下さい。 うるさいねえ。

なにも全員を一気に
召し放ちするわけじゃないよ。

とりあえず 入れ札により
最も能力の低い者を選び

その者を召し放ちするのさ。
あっ…。

どうして そんな急に…。

[ 回想 ] (桔梗屋)お徳さん。

近頃 何やら
炊事場の方が賑やかなようですが…。

ええ。 人足から一人
賄方に引き上げましたので。

酒田伴四郎という男ですが。

そうですか。

南海藩の財政が破綻するのも
間近と聞いておりましたが…。

賄方の方には
まだ余裕があるようなんですね。

…と申されますと?

実は この桔梗屋も 少しばかり
こちらにお貸ししているのですが…。

一向に 返済のめども立たず…。

お恥ずかしい話ですが
このままでは 桔梗屋

南海藩と共倒れになるかと。
それは いけません。

私に 何か お手伝いできることは?

私のような者が
差し出がましいとは思うのですが

財政を立て直すにあたり

まず第一に手をつけるのは 藩士の給金。

余裕のあるところから
削っていくのが定石かと。

なるほど。 それで 少しでも
桔梗屋様のお役に立てるのなら…。

ありがとう。 これを お徳さんに。

お徳と そうお呼び下さい。

では お徳。

きれいだよ。

♬~

お徳。 お徳さん?

どうされました? お徳さん。
うるさい! 気安く呼ぶな!

私が賄方に残された暁には

独自のつてを使い
鮮魚の仕入れを充実させます!

本当に そんなことができるのかねぇ。
次。

誰よりも早起きし 皆の者が集まる前に

この炊事場の掃除を
入念に済ませておきます!

調子のいいこと 言うんじゃないよ!
次。

私が賄方に残された暁には…

エゲレス様に喜んで頂けるような

新たな献立の創作に
力を入れようと思います!

オムレットで しくじったあんたに
できるとは思えないけどね。

(平三)次!

私が賄方に残された暁には…。

次!
まだ何も約束しておりませんが。

今 考えてるようじゃ話になんないよ。
次!

何が「召し放ち 総入れ札」だ。
バカバカしい。

ほれ。 食え食え。

たらふく食っていいのだぞ。 ほれ。
あ~ そうだ そうだ。

取った。
え?

新八殿 ごめん!

(清之助)母上 お呼びでしょうか?

エゲレス公使を招いての
酒宴よりこちら

一層 荒れてるそうですね。
友を失ったのです。

荒れて当然ではありませんか。
友を?

いえ…。 とにかく
ここ最近の父上の行いは

納得のいかぬことばかり。

辟易しております。
清之助!

同感です。

フッと姿を消すことも しばしば。

かねてより雲隠れの癖は
あったものの

ここ最近のそれは
尋常ではありません。

身勝手で わがままで
周囲は振り回されてばかり。

いつか本当に消えてしまうようで
気が気ではない。

ならば 直接
咎めになってはいかがですか?

咎めることなどできません。

それらは全て
いつも誰かのためなのですから。

己ではなく ほかの誰かの。

あきれたことに あなたの父は
そういうお方なのです。

しかし それは余のためではない。

奪うことはあっても

父上が 余のために
何かしてくれたことなどありません。

ただの一度も。

「召し放ち 総入れ札」?
ええ。

私が お役御免となれば
すずと共に江戸を去り

郷里のはな坊を連れて
誰の目も届かぬ場所で

新たな生活を送ることとなりましょう。

でも それも しかたのないこと。
ええ しかたのないことなのです。

お主 本当は 召し放たれたいのか?

バ… バカなことを!
私は ここに残り

例の書状を奪い返さなければ
ならないと

心より そう思っております。
しかし 召し放たれちゃったら

まあ それは しかたないでしょ? ねっ。
ならん!

お主に抜けられては困るのだ。

今や 事は 例の書状に限らん。

独自に探りを入れた結果
南海藩には 何やら裏がある。

[ 回想 ] 勝負! 五 二の半!

ハハッ ア~ハハハハ。

おや もう
お引き揚げなさるんで?

(大田垣)今日は ツイておらん。
そう言わず もう一勝負どうです?

南海藩は これから
景気がよくなると聞いてますが。

どこで そんな話を?
エゲレス公使を藩邸に招き

異国相手の商売をなさるそうですね。

エゲレス様が何だって? 商売?

貿易? そんなわけがあるか。

あやつらは 我が藩に住み着き
好き勝手に食い潰しておるだけよ。

では なぜ放っておくので?

何も知らぬのなら
首を突っ込むのはやめろ。

生きて国元へは帰れんぞ。

どけ。

南海藩は エゲレスと
何をしようというのです?

書状が奪われたことと
関係があるやもしれん。

お主は引き続き
目を光らせておいてくれ。

くれぐれも 召し放たれるなよ。
はい。

おっ? おっ 惨助?

おっ これは…。
お主 こんな所で何をしておる?

ええ。 川原屋の使いで
豆腐を届けに上がりました。

仕出し屋の下働きとは
本当に暇な男じゃのう。

わしか? わしはのう。
何も聞いておりませんが。

聞けい! わしは この南海藩にて
出世の道を着実に歩んでおるところよ。

さすが わしじゃ! アハハハハハッ。
さすが わしじゃ! アハハ…。

まだ起きているのですか?
伴四郎様。

早く寝た方がいい。
明日も早いのですから。

眠れないのです。

このままでは恐らく
召し放ちとなるのは私。

そうなれば 父と2人
路頭に迷うこととなりましょうね。

お父上と…。

偏屈で 面倒な奴だと思ったでしょ?
あっ いえ…。

でも 幼き頃より私を守ってくれた
ただ一人の父です。

父上! しっかりして下さい!

耳元で やかましい。

寝るなら布団へ。

(お常)母が亡くなってから
父一人 子一人で生きてきました。

父が年老いた今

次は 私が しっかりしなければ
いけないのに…。

(泣き声)

あの… 大丈夫ですか?

私も 訳あって
賄方を降りるわけにはまいりません。

しかし お常さんが召し放ちになるなど
あってはならぬこと!

互いに力を合わせ
召し放ちを免れましょう!

はい!

よろしくお願いします!

お常 野菜を持ってきてくれ。
はい。

♬~

お常! 皿を準備してくれ。
はい。

おい。 この野菜を鍋に入れてくれ。
はい。

♬~

これはこれは 高野の狐殿。

本日も お上の機嫌を
伺いに来たようですな。

南海殿こそ また南方の風に乗り
よからぬ噂を吹聴に来たようで。

高野の殿様は 狐であると。

狐めは 己の跡目について
幕府を欺こうとしておるという。

南方より吹く風に乗り
この耳に届いた噂よ。

迷惑な話ですな。
何のために事を荒だてておられるのか。

他意はござらん。

場が退屈であったがゆえに
ちょいと 賑やかしただけのこと。

たちの悪い。

そう 目くじらを お立てになるな。

こちらに敵意のない証しとして
酒宴を開こうかと思うております。

以前 エゲレス公使と共に
家老衆が招かれた返礼として。

承知した。 楽しみに伺わせて頂きます。

あっ そうだ。
清之助殿も ご一緒にいかがですかな?

共に楽しみましょうぞ。

それとも 今は まだ
表に出せぬ理由でもおありか?

残念ですなぁ。

くっついたと。
結果が出たぞ!

あ…。

お常さん?

私も お常さんも
立派に務めたではありませんか!

どうして我々が?
(新八)役立たずは 伴四郎一人でしょう。

お常まで札を集めたのは
納得がいきません。

厳正なる入れ札の結果さ。
同じ札数なんだから しかたないだろ。

でも どう考えても 役立たずは
伴四郎の方ではありませんか!

確かに伴四郎の方が役立たずではある。
ただ この男には実績があるからねぇ。

でも 役立たずは 役立たずでしょう。

あぁ 役立たずだよ!
そんな言い方…。

ひどいと思いませんか お常さん。 おわ…。

新八様の言うとおり!

召し放ちは この男だけにして下さい。
えっ?

職を失えば
親子で路頭に迷うことになります。

そんな… お常さん 2人で
力を合わせましょうって…。

お黙り! こんな どこの馬の骨だか
分からない男と共倒れじゃあ

男手一つ私を育ててくれた父に
申し訳が立ちません。

共に頑張りましょうって…。
黙れ! いや…。

黙れ 黙れ 黙れ~!
(お徳)落ち着きなさい!

期せず 同じ札数となっちまったが

そもそも お役御免は
たった一人の予定だった。

従って 賄方らしく
お常と伴四郎 2名で料理勝負を行い

敗者1名を召し放ちとする。
料理勝負?

近々 高野の殿様を招き
酒宴を開くことになったのさ。

座興として2人に
もてなし料理を作らせようじゃないか。

しかし お常さんとでは
気が進みません。

勝っても負けても 腹に一物が残る。
やります!

私の料理で この役立たずを
打ち負かしてやります。

その意気だ お常!
私も助太刀しようではないか。

その後 高野藩からの働きかけは
あったか?

茂照の様子では 少なからず
心の内は波立っておったようだが。

じかにはございませんが
気になる男が 1人おりまして。

高野からの間者かもしれず

あぶり出すため
賄方をつついておるところですが…。

まあ しかし 役立たずと評判の男。

藩から召し放ち
排除することも容易かと。

間者まで仕込んでおるとは
茂照 やはり狐よのう。

そこで もう一押し。

子狐の方も つついてみようかと。

≪(宗太郎)若!

何があった 騒々しい。

これを。

たった今
藩邸を訪れた者に手渡されました。

(宗太郎)中には 何と?

父上。
おうおう よいところに来た。

南海藩にて 酒宴が開かれることになった。

我が藩が催した酒宴の返礼だそうだ。

お主も共にと申しておるが
遠慮することにした。

今の南海藩は ちと きな臭くてな。
それは… 私が罪人の子だからですか?

罪人の子が 晴れの席に出席しては
具合が悪いと そう言うのですか?

なぜ それを?

これで分かりました。

まるで汚点を隠すかのように
目を背けるかのように

父上が私を避けておられた訳が。
そうではない。

言い訳は無用です。

私も 藩の汚点になど
なりとうございません。

いっそ 私をお見捨て下さい。

あ~ん。
あ~ん。

うん! これは うまい!
本当ですか?

ああ。 完璧じゃ。

どうした? はかどっておらんようだが。

料理勝負など 気が進まんのです。

余裕で勝てると
たかをくくっておられるのでしょう。

その油断が命取りになりましょうね。

親子の絆を危うくするなんて…。

私は 人を不幸にするための料理など
一度もしたことがないのです。

ならば こちらに手を貸してくれんか?

南京とサツマイモを買い出しに出てくれ。

それで お常が幸せになるのなら
お主も本望であろう。

行ってまいります。

はい お待たせ。
ご苦労であった。

生意気な若造だね。

若造ではない!

何だい あんた 飲めないのかい?

若造が粋がるんじゃないよ。

飲めない酒に頼るなんて
何かあったのかい?

自分が何者なのか 分からんのだ。

だから 若造だろ。

もうよいわ!

お菊さん どうされたんです?

何でもないよ。

あの若造のお代 伴四郎様に付けときな。
へい。

伴四郎?

あっ 清之助… あっ 若造。

お主 腹を切ったのでは なかったのか?

シ~ッ。 バカ 静かに こっち。
黙ってなどいられるか!

お主 腹を! どうして生きておる?

どこで何をしておるのだ?
それが… 切腹は免れたのですが

何かの間違いで南海藩に売られ

今は 賄方として働いております。
南海に?

くれぐれも ご内密に。

どうされたのです?

あ…。
よかった よかった。

(清之助)物心付いた時 既に父はおらず

生みの母とも 八つの時に引き離された。

育ての父とは馬が合わず

そして 先ほど 実の父が
罪人であるということを知らされたのだ。

誰が こんなものを…。
分からん。

しかし これが本当かどうか…

でたらめが
書かれておるのかもしれません。

恐らく本当であろう。

だから父上は
余に つらく あたっておったのだ。

そう考えれば つじつまが合う。

違います。
かつては こんなこともあった。

生みの母が余のために
郷里より送りよこした好物の栗を

父上が取り上げ
一人で食ってしまったのだ。

「郷里など忘れろ」。
そういうわけであろう。

そうやって 当てつけがましく取り上げた。

そして この度は
お主という友まで取り上げて。

違う。
私など 目障りでしかなかったのだ。

邪魔者でしか…。 そうではない!
お主に何が分かる!?

分かりません。

しかし 子のためなら
自らを危険にさらすことも

傷つくことも いとわぬのが親です。

たとえ血のつながりがなくとも
子を疎む父など あろうはずがない。

ただの子ではない。 罪人の子なのだ。

南海藩においての酒宴も「遠慮せよ」と。

酒宴を…?

こちらから願い下げよ。

入ります。

さあ 張った。

半。

(アーロン)丁。

勝負!

二 六の丁!

(一同)おお~。

おい。 もうやめんか。 見ておれん。

♬~

まだ勝負は ついとらんぞ。

つまらねえ。

勝つ気のない相手と博打を打っても
後味が悪いだけですからね。

やけくそにもなるわ。

はあ…。 清之助自身に出自が知られた。

あやつは 汚点だと思うなら
見捨てろという。

はあ~ 容易にはいかんな
親子というのは。

何故 心を擦れ違わせねばならないのか…。

世話が焼けますな 殿も清之助様も。

殿 私より提案がございます。

此度の酒宴に
清之助様もお連れして下さい。

いや しかし…。 想うだけではなく
伝えることも 親の愛でしょう。

それと もう一つ。

おめえら聞いたか?
高野と南海の小競り合い。

狐とたぬきの化かし合いか?

上っ面は 仲よしこよし。
だが 腹の中じゃあ斬り合いよ。

うちも同じ。
かかぁとは 腹の中じゃ殴り合いだ。

上っ面でも殴り合いだろ。
顔が腫れてらぁ。

これぁ お前 元からよ。

どうするつもりです?
こんなに たくさん。

伴四郎が支度しろと言うのだ。

へえ~ 何をしようってのかねぇ。

それと これを
すず殿に見せるようにと申しつけられた。

では 頂いてまいる。

(すず)お待ち下さい。

それでは まだ支度が済んでおりません。

痛っ… あっ…。

栗の皮は硬いのです。
気を付けないと けがをしますよ。

こんな苦労までして
栗など食わずとも…。

あ~ もう そんなに むいては
実が無くなってしまいます。
ええ…。

コツを教えましょうか?
ああ 頼む。

このままでは栗の前に
手の皮が全て むけてしまうわ。

栗を食べる誰かのことを
じっと想いながら むくのです。

心持ちの話か…。
もっと目に見えるコツはないのか?

ありません!

私も こうして 伴様の喜ぶ顔を
想いながら むいたものです。

♬~

[ 回想 ]
殿 私より提案がございます。

此度の酒宴に
清之助様もお連れして下さい。

なるほど。

あっ…。

高野藩より 栗の差し入れを賜りました。
どうです? そちらでも。

産地は どちらです?
丹波ですか? 小布施ですか?

ああ
そういった類いのものではありません。

ただ 想いは詰まっています。
遠慮します。

旬を過ぎた栗など使いません。

それに 何だ
この不格好な むき栗は。 ん?

傷だらけではないか。
足を引っ張るのはよせ。

そうですか…。

すず… 力を借りるぞ。

♬~

「来るな」と おっしゃったり
「来い」と おっしゃったり。

私を人形か何かと
勘違いされておるようですね。

勘違いではない。

人形になってでも 酒宴を共にせよと
そう言っておる。

お断りします。

清之助。

頼む。
勝手な…。

父上の勝手も これで最後にして頂きたい。

そのつもりだ。

ならば 承知いたしました。

お誘いのとおり
清之助を連れてまいりました。

これはこれは お主が清之助殿か。
はっ。

なるほど 松平殿に よう似ておるな。

あっ いや 養子であったな。

フフッ。

(庄兵衛)御免 厠は どちらに?

厠でしたら そこを曲がって すぐに見える
中庭を突っ切った奥にございます。

なるほど。 近頃は
小用が近くなってかなわん。 ハハハハ…。

(2人)では。

食事を持てい!

(俊成)本日は趣向を凝らし

賄方の召し放ちをかけた
料理勝負となります。

各々 後がない状況での決死の勝負。

さぞや
気合いの入った料理となりましょう。

楽しみですな。 ハッハハハハ…。

趣味の悪い。

本日は 晴れの酒宴とのこと。

こちらも できる限りの華やかさで
支度させて頂きました。

では 次を。
はっ。

本日の料理は
高野藩より差し入れを賜った

栗を使用させて頂きました。

(俊成)産地はどこだ?
さぞや名のある栗なのであろうな。

いえ 名もなき栗と存じます。

名もなき栗とは…
ハッハハ 高野殿らしい。

しかし これだけの量を
全て むくとなると

多くの手間がかかったことでしょう。
まことに感謝いたします。

♬~

しかし それにしても
不格好な栗であるな。

うまい!

うまい。

不格好な むき栗ではありますが

傷が多い分 味が よく しみております。

栗をむいた者の不器用さが
かえって味をよくすることもあると。

思いも寄らぬ発見でありました。

産地も知れぬ名もなき栗も

その想い一つで立派に姿を変える。

我が藩も そうなりたいと願っておる。

♬~

「お常」。 「伴四郎」。

「お常」。 「お常」。

「伴四郎」。 「お常」。

新八様 お世話になりました。

お常… 行くな。
私が なんとかしてみせる。

もう いいのです。 覚悟はできました。

(戸が開く音)

お常さん あの…。

去る者にかける言葉など
必要ありません。

しかし 私のせいで
お常さんと お父上は…。

おやめ下さい。

父と路頭に迷うことになろうと

親子の縁が切れるわけではありません。

生きてみせます。

例の栗ですが 父上が
むいたのではありませんか?

ハハッ まさか。 いつ どこで
栗などをむくことが かなうというのだ?

それはそうですが…
ふと 気になったもので。

フフッ しかし コツは知っておるぞ。

それを食す者のことを想いながら
むくのだそうだ。

清之助 腹は大丈夫か?

栗を食い過ぎては
よく腹を壊しておったろう。

誰の言いつけも聞かぬと知り
わしが取り上げてやった。

しかし ふるさとの味を
取り上げることになってしまった。

お主が望むなら あの時の分
ここで むいてみせようか?

いえ。 これ以上 けがをされては困ります。
ん?

ああ… ハハハッ かすり傷よ。

そう… 何事も
かすり傷のうちに対処せねばな。

気を付けよ。

我が藩のどこかに
裏切り者が潜んでおるやもしれん。

裏切り者?
ああ。

放っておけば 命に関わる傷になろう。

♬~

♬~

何奴?

後をつけるには近すぎる。

見失うのを恐れてか?

♬~

原田! 原田宗太郎!

なぜだ…。

♬~