ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

後妻業 第4話 木村佳乃、木村多江、佐藤蛾次郎、伊原剛志、高橋克典… ドラマの原作・キャストなど…

『後妻業 #04【後妻VS娘 黒幕VS探偵 互いのプライドを賭けた直接対決!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 小夜子
  2. 富樫
  3. 本多
  4. 黒澤
  5. お父さん
  6. 柏木
  7. 頼子
  8. 探偵
  9. 武内小夜子
  10. ミヨ
  11. 幹夫
  12. 新井
  13. 博司
  14. ターゲット
  15. プッ
  16. 会員
  17. 自分
  18. 大阪
  19. 大丈夫
  20. お前

f:id:dramalog:20190212215553p:plain

『後妻業 #04【後妻VS娘 黒幕VS探偵 互いのプライドを賭けた直接対決!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

後妻業 #04【後妻VS娘 黒幕VS探偵 互いのプライドを賭けた直接対決!】[字][デ]

「火花散らす正面衝突悪女の哀しい過去!」木村佳乃 高橋克典 木村多江 伊原剛志

詳細情報
番組内容
小夜子(木村佳乃)は朋美(木村多江)に、これまで自分が後妻に入った資産家の老人すべてが“孤独”を抱えていた、さらに、朋美の父親も死を望んでいた、と打ち明ける。それを知った朋美は動揺する。ひとまず朋美の追及を逃れた小夜子は、早速、幹夫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書にサインをさせようと動き出すが、認知症を患っている幹夫には思うように話が通じず、さすがの小夜子も手を焼く。
番組内容2
そのころ、本多(伊原剛志)は小夜子が早くも次のターゲットを見つけたことを突き止め、後妻業の黒幕である柏木(高橋克典)に接触。朋美に雇われた探偵だと身の上を明かしたうえで、小夜子について探りを入れるが、当然、柏木はそう簡単に口を割らない。そこで次は、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一)に接触。新井が小夜子が公正証書を作成する際に証人となっていた、という事実をネタに、
番組内容3
揺さぶりをかける。小夜子が今までのように簡単に公正証書を作れないよう、手を回したのだ。

そんなやり手の本多が現れたことで、次の手を考える柏木。そこへ、刑務所から出所したばかりの小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之)が訪ねてくる。行くあてのない博司は、金の無心をするため、柏木から小夜子の居場所を聞き出す。小夜子は、5年以上会っていなかった弟が現れたことに立腹するが……。
出演者
木村佳乃 

高橋克典 
木村多江

葉山奨之 
長谷川朝晴 
篠田麻里子 
平山祐介 
田中道子

河本準一次長課長) 
濱田マリ 
とよた真帆

泉谷しげる 
伊原剛志
スタッフ
【原作】
「後妻業」黒川博行(文春文庫刊)

【脚本】
関えり香

【演出】
光野道夫(共同テレビ) 
都築淳一共同テレビ) 
木村弥寿彦(関西テレビ

【企画プロデュース】
栗原美和子共同テレビ

【プロデュース】
杉浦史明(関西テレビ) 
萩原崇(関西テレビ) 
水野綾子(共同テレビ

【制作】
関西テレビ 
共同テレビ

 


(武内小夜子)あの人の遺産
全部 相続するのは うちや。

(中瀬朋美)3回も結婚を?

(本多)あの女と入籍したあと

夫は みんな死んでる。

お父さんも あの人に殺された?

ピピピッ…(心電図の音)

(本多)最初の夫 名城善彦

死因は練炭による一酸化中毒死。

2番目の夫 津村泰治

死因は自宅の風呂場で溺死や。

あの人と結婚したあとに
誰もが自殺か事故死って…。

(頼子)結婚相談所のオーナーや。

(本多)柏木亨

こいつが小夜子のバックにいてる。

お金目当てで殺したでしょ!

殺してくれって頼まれたんや!

うそよ。 殺してくれなんて。

死にたがってたんは
あんたのお父さんだけやないから。

うちが今まで結婚した人

3人共 みんな そうや。

ふぅ~。

♬~

♬~

次のターゲットか。

こんにちは~。

これ 皆さんでどうぞ。
いつもすいません。

あぁ かまへん かまへん。
あっ。

≫(富樫)ふふっ。
ん?

(富樫)
元気そうやな。 ははっ 頑張りや。

幹夫さ~ん。

今日も来たで~。
毎度 お世話なっております。

うどんのトガシ

ご愛顧いただいて
ほんとにありがとうございます。

はははっ もう あかん。

また社長時代に戻ってもうた。

ははははっ。
幹夫さん。

えっ?
もう引退したんよ。

今は 小夜子の彼氏やろ。

こんなきれいな人の?
せやで。

うれしいわ~。
(2人)ははははっ。

ははははっ。
行こか。

行こか。 あっ どうも~。
(富樫)わしの彼女やで。

ははっ ええやろ。 はい 行くで。
あぁ こっちや こっちや。

はははっ。
ははははっ。

すまんな 世話かけて。

ええんよ。
うち あんたのこと 好っきやもん。

これからは
うちが面倒見てあげるからな。

ほんまか?
寂しい思いなんかさせへん。

独りぼっちなんか絶対させへんで。

うれしいわ。 おおきに。

でもな~
せなあかんことがあるやろ?

何?

2人で一緒に生きていくために

これからのこと 口約束やなくて

形にしたほうがええやんか。

そやな。
それにはな

遺言の
公正証書っていうのを作って

サインする必要があるんよ。

サインぐらい できるで。
ほんま?

うん。
ほな 練習してみる?

うん。
ふふっ ふふふっ。

はい これはサンプル。

ほんでな ええか?
うん。

ここにサインやで。

はい。
あっ これは練習用やけどな。

本番は 公証人っちゅう人たちと

こういう書類を作るんや。

はい 書けたで。

「出汁 ひとすじ」。

はぁ?

何 これ。

座右の銘や うちの店の。

ちゃう ちゃう ちゃう…。
こんなんいらんねん。

自分の名前 書いて。

はぁ…。
(富樫)名前?

はぁ~。

またおっぱいかいな。
はははっ。

はぁ~ 大好きやで サチエ。

サチエやないよ。
えっ?

小 夜 子。

サ チ エ。
サしか合ってへんや~ん。

はぁ~ ちっ。

≪(ドアの開閉音)

あの~ すんません。

ちょっと
お話 聞かせてもらえませんか。

はい。
さっき入っていった

女性のことですけど。

あっ もう そういうのは
勘弁してください。

これ。

あんた 何?
興信所の人?

まあ そんなとこですわ。

あの女性
最近 よう来るんですか?

あぁ あの派手で
きれいな人?

最近 よう来るね。
富樫さんの恋人やって。

富樫さんいうのは
入居者ですよね。

うん。
ご家族は?

奥さんは他界してて

息子や娘家族もおるけど

めったに顔出さへんわ。

何しろ 富樫さん
ぼけ始めてるから。

認知症ですか。
う~ん。

まあ 話もかみ合わへんし

子供らもめんどくさがって
来ぉへんの。

その 富樫さんは ちなみに
仕事は何を?

おっきいうどんチェーン店。

ほら
うどんのトガシってあるやろ。

あそこの
社長さんやったらしいわ。

今は隠居やけどね。
なるほど。

サチエって亡くなった奥さん?

ううん 娘。
娘かいな。

でも 娘も息子も

あんたのこと
ほったらかしなんやろ?

うん。

子供らの前で うちのこと

新しい女房って紹介できる?
できるよ。

ほな この人 誰?

ミヨちゃん。
ミヨちゃんって…。

今度は誰やねんな。

♬~

♬~


≫コンコン!(ノックの音)
(柏木亨)はい。

(ひかり)
社長 新聞社の方がお見えです。

取材の件で。
あぁ 通して。

(ひかり)はい。

いや~
婚活パーティーの取材でしたかね。

いや パーティー違て
あんたへの取材ですわ。

はっ?
興信所の本多いいます。

探偵か。

(本多)まっ そんなとこですわ。

大阪府警
マル暴やってましたけどな。

探偵が何の用や。

結婚相談所ってもうかるんですね。

ええソファや。

何の用かと聞いてるんです。

武内小夜子
おたくの会員ですよね。

さあ… それは名簿見てみんと
わからんな。

うちは大勢の会員さんを
抱えてますさかい。

武内小夜子の
遺言公正証書を見ましたわ。

柏木さん
おたく 証人になってますよね。

誰の遺言やろか。

中瀬耕造
こないだ死んだばっかりの。

♬~

遺言公正証書の証人になることは
しょっちゅうあるんですわ。

会員に
どうしてもと頼まれましてね。

私も 中瀬耕造さんの娘さんに
頼まれたんですわ。

何をです?

自分のお父さんは

武内小夜子に
殺されたにちがいない。

その証拠をつかんでほしいって。

ふっ。 あほらし。

次のターゲットは

富樫幹夫さんですか?

老人ホームに住んでる。

♬~

武内小夜子 熱心に通てますよね。

さあ?

小夜子は いつからの会員ですか?

良かったら
名簿を見せてもらえませんかね。

ふふっ…。

警察官でもないあんたに

会員のプライバシーは
開示できませんな。

そらそや。 探偵は不自由やで。

もうよろしいか?
お帰りください。

♬~

また寄せてもらいますわ。

♬~

はぁ~!おぉ…。

探偵なんて ほんまにおるんやね。

ドラマみたいやな ははははっ。

のんきに構えんな お前。

かなりつかんどる様子やったぞ。

状況証拠っつうやつだけやろ?

びびることあらへん あらへん。

府警のマル暴やったらしい。
はぁ~。

元デカかいな~。

少しやっかいやぞ。

けど 何で うちらのこと?

中瀬の次女に頼まれたらしいんや。

あの女

往生際 悪いな~。
あぁ~!っとっと…。

柏木って人と会ったんでしょ?
どうだった?

(本多)間違いなく真っ黒や。

やっぱり。
おまけに

小夜子は もう
次のターゲットに接触してる。

はぁ? そうなの?

高級老人ホームにおる資産家や。

はぁ… 信じられない。

ええか?

あいつらはプロの詐欺師や。

あの女のうそなんかで
動揺したらあかんで。

(回想)


殺してくれって頼まれた
って言うただけやん。

そうだよね。
うそに決まってるよね。

プッ プッ

電話入った。

また何かあったら連絡する。

はい 本多ですが。
名城と申します。

先日 お電話いただきまして。

あぁ 名城さん どうも。

主人が出張から戻りまして

小夜子さんの件で
お会いすると言ってます。

ほんまですか おおきに。

ありがとうございます。

ほな 明日
名城さんのお宅に伺いますんで。


電話で予約した本多です。

(新井)いや お待ちしてました。

司法書士の新井と申します。
どうも。

(新井)ええ。
で 今日はどういったご相談で?

自己破産ですか?
いや 相続ですわ。

(新井)あぁ~ なるほど
どういった相続でしょうか?

結婚相談所。
えっ?

ブライダル 微祥の
柏木さんに言われて 来たんです。

相続のことやったら
新井先生に任したらどうやって。

そうですか。

いやいや 柏木社長には
たいへんお世話になってます。

(本多)
柏木さんとは長いんですか?

あっ でも まあ

10年ぐらいの
おつきあいちゃいますかね?

で 武内小夜子とは
いつからの知り合いですか?

武… 熱っ!

あぁ…。

(本多)
名城善彦さんの遺言公正証書

さっき ご遺族に会って
頂いてきました。

複製ですけど。

新井先生 証人になられてますね。

結婚相談所と司法書士

後妻業で稼いでるんですか?

あんた 何や 何しにきたんや?

興信所のもんですわ。

依頼されて
武内小夜子 調べてます。

帰ってくれ
もう 何も話すことないねん。

もう はよ帰ってくれるか。 あぁ!

あぁ お疲れさま どうぞ。

失礼します。

大阪から戻ってきたばっかり?

(本多)19時着の新幹線で。

(佐藤)どうも はじめまして。

夫の佐藤です。

妻が
いつも お世話になっております。

こちらこそ 本多です。

もっちゃんのお父さんの遺産
取り戻すために

動いてくださってるんですよね。

ありがとうございます。

あっ ちょっと…。

それだけが
目的やなくなってますけど。

あっ。
俺は後妻業の実態を

暴きたいんですわ。
後妻業?

何か物騒ですね
そんなことになってるんですか。

何も聞いてませんか? 中瀬から。

まあ あんまり深い話は。

(本多)興味ないんですか?
義理のお父さんのことですけど。

いや まあ うちは自立した夫婦…。

(本多)せやから 干渉せぇへんと?

あっ あの。

あっ 司郎ちゃん
狩山建設の会食 間に合う?

(本多)
うん そうだね もう行かないと。

うまく話つけてきてよ。

うん ちゃんとコンペの情報
聞き出してきます。

よろしく。
はい。

じゃあ 失礼します。

♬~

あんなにむきにならなくても。

無関心すぎるやろ
中瀬のことやのに。

司法書士はどうだった?

新井は かなり焦っとった。

この先 柏木から
何か依頼されても

これ以上 片棒は担げんって
断るはずや。

ということは 小夜子は

いつものように 公正証書

とんとん拍子に進めることは
できなくなるってこと?

うん それは何とも言えへんな。

小夜子は もう 次のターゲットに
近づいてるからな。

もう それ聞いて
はらわた煮えくり返った。

お父さんの喪も
明けてないっていうのに。

あいつらには
そんな常識 通じへんからな。

どれだけ だまし取ったら
気が済むんだろ。

お父さんから
1億円も奪い取っといて。

マンション代 入れたら
3番目の夫の武内さんから1億

2番目の津村さんから
6, 000万

最初の夫の名城さんから
3, 500万や。

じゃあ 全部で3億?

マンション代
差し引いても

現金は2億をはるかに超えてる。

そんなに大金ため込んでるなんて。

はぁ…。
そんでも まだ

金が欲しいんやろな。

金の亡者やで
あの小夜子と柏木は。

小夜子は間違いなく

次の獲物も
殺そうとするにちがいない。

俺は その現場を押さえたい。

お父さんのような犠牲者が
また増えるのは

絶対に避けなきゃ。

(着信音)

 

あぁ~ 新井先生
どないしました?

(新井)いや
ちょっと ヤバいやないですか。

何で 私のこと
探偵に教えたんです?

教えてへん。

探偵が勝手に行ったんや。
(新井)はぁ…。

私は ただの司法書士なんです。

柏木さんから頼まれたから
小夜子の担当してるだけや。

あの女 ほんま
大丈夫なんですか?

へまはせんように くぎ刺しとく。

いや もう

私 手ぇ引きたいわ。

まあ まあ そう言わんと。

先生には
迷惑かからんようにしますさかい。

これからも頼んますわ。

せや 近いうち
新地でも行きましょう。

ほな。

ちっ 何やねん。

≫(ひかり)あの 困ります。
≫(黒澤)えぇ~ ええやろ。

≫(ひかり)お約束ないと。
≫(黒澤)ええやろ… ごめんな。

(ひかり)ちょっとお待ちください。
はい 久しぶりです!

博司やないか。

かまへん 知り合いや。
はい。

いつ 出所した?

いつでもええやろ。
どこにおったんや?

どこでもええやろ 刑務所や。

田舎のムショ。
ははっ。

何年入っとった?

5年。
はっ。

シャブの運び屋なんかやるからや。

懲りもせんと何べんも
やくざに使われて お前

しょうもない ほんまに。

俺にもちょうだい。

お前には贅沢や。
(黒澤)はぁ?

うわ。

♬~

ふぅ~。

で 小夜子はどこ?

あいつの居場所 教えてくれや。

金ないし 行くとこもないねん。

職探しにも金がいるやろ。

ふぅ~。
はぁ…。

住所 言うで 大阪市…。

いや ちょっと待って
待って 待って 待って。

何や。

覚えられへん 書いて。

お前って ほんまに…。

金回りはええんか? あいつ。

わからん 小夜子に聞けや。

それと小夜子は仕事中や。

邪魔すんな。

小夜子 小夜子って
気安く呼びやがって。

あんなワルでも俺の身内なんやぞ。

小夜子は俺の女や。

いつから あんたの女になった?

さあ いつからやったっけな。

うそつけ 知っとるわ!

あんたらは男と女やなくて
共犯者や。

はぁ~。

余計なこと言うな お前。

俺 ほんまに金ないねん。

♬~

んっ。

まいど。

で 行くんか 小夜子んとこ。
うん。

礼せんとな
面会にも来ぇへんかったから。

そういえば
あの人 今は何小夜子?

武内や 武内小夜子。

はぁ~ 俺が前に会うたときは
津村小夜子やったのにな。

俺が初めに会うたときは
黒澤小夜子やった。

お前と同じ名字の黒澤や。

当たり前やろ 本名やし。

姉弟なんやから。

まいど!

また来んで。

ふふっ。

♬~

はぁ~。

♬~

≫ピンポーン ピンポーン!(インターホンの音)

んっ。

はっ げっ!

おりません。
おるやろ。

う~ん… はぁ~。

♬~

(黒澤)うん。

はぁ~。

うまっ。

それ食べたら出ていきや。

行くとこなんてあらへん。

知らんがな。

あっ。

はぁ~。

なあ。
あぁ?

柏木と出来てんの?

はっ あほ。
(黒澤)でも

柏木だけには
全部言ってんねやろ?

姉貴の生い立ちとか 何もかも。

何で あいつにだけには
正直に話すん?

相方やからな。

(頼子)小夜子の生い立ち?

(本多)何か聞いたことないか?

そういえば

前に一遍 酔っ払ったとき
何か聞いたことあったな。

あの女
うちよりひどい生い立ちやねん。

(頼子)ひっく ごほっ。 けど

個人情報 漏らしたら
あかんもんな~。

父親が
どうしようもない男でな

小夜子は小さい頃から
暴力 受けとったみたいやわ。

更に女遊びも激しくて

母親は
小夜子を置いて逃げてもうた。

えっ じゃあ

そのDVの父親と
暮らしてたってこと?

(頼子)そや。
その後 父親は育児放棄して

小夜子は児童養護施設
引き取られたんやて。

(頼子)養護施設の隣に
教会のチャペルがあって

そこで過ごす時間だけは
好きやったみたいやけど。

 

いつも神様に
何お願いしてるん?

それから中学んとき

叔父さん夫婦に
引き取られたんやけど

叔母さんからは
かなり いじめられとったらしい。

ずっと肩身の狭い思いしてたって
言うてたわ。

高校にも いかせてもらえんで

あげくに叔父のやつからは
セクハラまでされてたらしいで。

えっ?
(頼子)結局18で家を出たそうや。

ほんで そのあとは
水商売で食ってたんやけど

ほれた男の借金の形に
風俗に売られたんやて。

♬~

(頼子)うちが知ってんのは
そんだけや。

ひっく んんっ。

小夜子には弟がおるな。

さあ 聞いたことないな。

(本多)小夜子の父親が
どっかの女に産ませた子供や。

小夜子の腹違いの弟
ムショから出てきてるはずや。

知らん 知らん。 ほんまに知らん。

あぁ~ 思い出したわ。

弟やろ? 弟。

う~んと
何て言うてたかな~。

(頼子)
ごめん マジで知らんのやわ。

ほな。
(本多)おい。

♬~

はぁ~。

はぁ~。

プッ プッ プッ プルルル…(呼び出し音)

プルルル…

何や?

あんた 何で博司に
うちの居場所 教えたん?

たった1人の身内やろ。

せやから 何やの。

見たれや 弟の面倒ぐらい。

あほらしい。

何が悲しゅうて あんなやつの世話
焼かなあかんのよ。

で? 何の用や。

博司にアパート借りたって。
どこでもええから。

そんなん
お前が借りてやったらええやろ。

嫌や。

あの子の世話したない。

わかった。

金は出すさかい。

おいおい
どけちばあさんが珍しいな。

できたら大阪やないとこ。

遠いとこがええ。

わかった 探しとく。

♬~

はぁ~。

ややこしい姉弟やな
困ったもんや。

あぁ~。

(繭美)うん? う~ん。

何か言うた?

何も言うてへん。

♬~

(本多)温まるな。

中瀬。

さっきの話

何か別世界だなって。

私は何不自由なく育ったし

どっちかって言うと
裕福なほうだったと思う。

高校から東京に出たいって
お願いしたら

お金を出して
かなえてもらえたし。

東京の私立の高校に
いかせてもらって

大学も私立を出させてもらった。

母が亡くなったのも
私が社会人になったあとだった。

もう自立してたし

そこまで苦しい思いとか

寂しい思いとか
しないで済んだ気がする。

だから あの人みたいに

悲惨な人生 歩まないでこられた。

せやな。

小夜子さんみたいに
親の愛情 知らないで育つと

あんなふうになっちゃうのかな。

親の愛を知らんと育った人間が

全員
犯罪者になっとるわけちゃう。

それは そうだけど…。
あいつらは悪党や。

同情なんかすんな。

うん。

♬~

はっくしょん!

あぁ~ 寒っ。

あんたに貸す毛布はない。

はよ出ていき。

♬~

すんません お代わり。
はいよ。

今日 ちょっとペース早いね。
何かあった?

べつに。

そう?

何か やけになってる気がする。

大したことちゃう。

女とガキ 出てっただけや。

♬~

ほんで 小夜子の
新しいターゲットのこと

詳しく知りたいんやろ。

あっ うん。

知って どうする気や?

だまされる前に助けたい。

小夜子の悪行を阻止したいの。

♬~

小夜子が老人ホームに来るんは
月 水 金だけらしい。

じゃあ
明日の土曜日なら大丈夫だね。

 

 

 

 

ふぅ~ よし。

富樫さんの うどん御殿の
2軒隣の娘さんですか?

え… ええ。
ふふっ。

あっ ちょうど
富樫さん来ましたよ。

あっ。
ははっ。

富樫さ~ん お久しぶりです。

あんた 誰?
えっ?

誰やと聞いてるんや。

あっ いや あの あの…。
あっ!

実は 私…。
もしかして

ミヨちゃん!

そう!それ そうです。
ミヨちゃん?

ミヨちゃんです。
はははっ。

ミヨちゃん はははっ ミヨです。
(2人)ははははっ。

いいですか?
小夜子さんという女性は

あなたを
だまそうとしてるんですよ。

ほんまでっか? ひどいな。

そうでしょ?
(富樫)うん。

だから おつきあいは
やめたほうがいいですよ。

わかりました ありがとう。

ははっ… はぁ~。

実はな

私 恋人が出来ましてん。
はぁ?

小夜子っていうんです。

だから 小夜子は
あなたをだまそうとしてるんです。

ほんまでっか? ひどいね。

あの もう これ 5回目ですけど。

(富樫)あぁ そう。 えへへへっ。
えっ ちょっと ちょっと。

へへへへっ。
やめてくださいよ。

ええやん ええやん ええやんか…。
≫あんた

何してんの?
あっ。

何か用?

この人 うちの恋人やねんけど。

恋人って お父さんの四十九日も
終わってないのに。

関係ないやろ。

あんたこそ 喪に服すんなら
おとなしくしとき。

うちのこと こそこそ こそこそ
嗅ぎ回って 何がしたいん?

これ以上
お父さんのような犠牲者を

出さないようにしたいだけよ。
何回言うたらわかるんや

犠牲者やないで 耕造さんは。

うるさい この金の亡者が。
何やて?

どんだけ お金だまし取って
ため込んだら満足すんのよ。

だましとらんわ。
夫たちから

3億円以上 奪ったくせに。
はぁ?

何よ?
何や?

ふぅ~ えへへへっ。
あっ ちょ ちょ…。

あはははっ。
やめてくださいよ!

もう またかいな。
幹夫さんのエッチ。

へへへっ。

こっちのおっぱいの勝ち!
イェ~イ!

よっしゃ ありがとう
ありがとう ありがとう。

よっしゃ~!

ざまぁみそ汁 たくあんぽりぽり。

意味わかんないし。

はぁ~!

…って ノーリアクションかい。

こないだは うちのマンションまで
乗り込んできたかと思うたら

今度は こんなとこまで。

あんた 探偵 使って
うちのこと探っとるらしいな。

ははっ
さあね 探偵って何のことかしら?

すっとぼけんといて。

あんた そないに暇なん?
こんな しょっちゅう大阪来て。

休み返上
寝る暇削って 来てるんです。

来てもらわんで結構。
あぁ~ ごほっ ごほっ

ごほっ ごほっ
大阪の空気が汚れるわ!

あぁ~!大阪の地面も腐るわ。

どいて どいて はよ帰って!

やめてよ!もう!

何すんねん あっ!
あっ 痛っ。

あっ!
痛っ。

何 この野郎!

痛っ… 何すんのよ!

自分 やんのか?

あぁ? 自分もやんのか…。

うっ この野郎…。

ええぞ やれやれ。
女子プロレスや。

強情なおばはんやな。

あんただって おばはんでしょ。

この ぺちゃぱい!

あんただって
大したことないでしょ。

何か入れてんじゃないの?
うわ~!

自分 ええかげんにせぇよ!

何よ 猫かぶっちゃって。

お年寄り だましちゃって!

しちゃっちゃって
こちゃっちゃって うるさいねん!

ねんねん ねんねん 子守歌か!

子守歌 歌うたこともないくせに。

あんただって 同じでしょ。
何にゃろ…。

≪ちょっと何してるんですか。
やめてください。

邪魔や!
あぁ~!

うん?

あぁ~!
はぁ~!

うわ うっ…。

はぁ はぁ…。

はぁ はぁ…。

はははっ チャンピオンや!

あぁ~ くっそ~。

(富樫)小夜子 だ… 大丈夫か?

幹夫さん…。
はいはい そうか そうか そうか。

幹夫さん。
大丈夫か? あぁ 痛くないか?

はい そうか はいはい。

痛かった~。
(富樫)あぁ ほんま えっ?

あんたみたいな
お嬢様育ちのインテリに

とやかく言われる筋合いあらへん。

♬~

お父さんのマンションの合鍵や。
えっ?

捨てられたくないもんが
あるんやったら

さっさと持っていき。

ふん!

(富樫)あぁ 小夜子 靴 靴 靴。

あぁ~ 幹夫さん。
(富樫)おっちゃん 持ってくから。

おおきに。
(富樫)はいはい はい。

なぁ かわいそうにな。
うん ありがとう 大丈夫やで

ははっ。
(富樫)どうも どうも。

あぁ 心配かけたな。
(富樫)小夜子 行こ。

幹夫さん ありがとう。

♬~

♬~

 

けど
1人で寂しゅうてたまらん。

生きてたって

うれしいことなんて
何にもあらへん。

♬~

耕造さんは うちと出会うて

最後の最後に楽しいひとときを
過ごしたいって思たんや。

♬~

♬~

それが
マンションだけやなかったんや。

 

♬~

♬~

あっ… やられた!

あぁ~!あぁ!

(黒澤)おっ おっ えっ… おぉ~!

よし!あっ… えっ えっ?

あぁ~ 危ない。 おっ おっ!
どあほ!

おぉ~。
まだおったんかいな。

うわ。

ちっ… はぁ~。

(黒澤)おかえり。

びっくりした。 あぁ~。
はぁ~。

えっ ヅラ?

ヅラちゃう
ファッションウイッグや。

はぁ? 何やねん それ
ファッションウイッグって。

ん? 何や? カレーの匂い。

あぁ~
暇やったから 作って食ったで。

ふ~ん。
まだ残ってんで。

ふ~ん。
食ってもええで。

ははっ… 腹壊すんちゃうか。

何でやねん。
めっちゃうまいからな。

博司特製 獄中カレーです。

はぁ~。

ふ~ん。

♬~

(黒澤)うまいやろ。

切り方 全部 下っ手くそやけどな。

味は一緒や 変われへん。

あんた さっき食べたんちゃうの?

俺 育ち盛りやねん。
ふっ…。

(黒澤)うまっ。

(黒澤)やっぱ 俺 天才や うん。

はい。

♬~

うん 相変わらず うまいな。

ふふっ 唯一の得意料理やからな。

ははっ 料理に入らへん。

ふっ。

♬~

はぁ~。


(絵美里)んっ はぁ…。
(佐藤)はぁはぁ…。

(絵美里)司郎さん。
(佐藤)絵美里ちゃん。

んっ…。

♬~

用があって 今 東京におるんや。

ついでに
博司のアパート 探したったで。

東京?
ああ。

大阪から離れとるし

仕事も見つかるやろうし
ええやろ?

≫(足音)

うっ!

いったいな~。

ごめんなさい。

あっ… 気ぃ付けや。

♬~

どないしたん?

ええ女が泣いとっただけや。

はっ。

ナンパせぇへんの?

♬~

泣いてる女 口説くほど
困ってへん。

そうでっか。

博司は?

うん カレー食べて寝た。

そうか。

ありがとうな。

ん?

あの子の部屋 探してくれて。

はっ しゃあないやろ。

お前の大事な息子のためや。

♬「冬の花

♬~

息子って

博司は腹違いの弟や。

わかっとるわ。

言わへんて あいつには。

♬~

こんなワルが母親やったら

がっかりするやろうから。

俺もそう思うわ。 ふっ。

ふっ。

あんたに言われたない。

ほなな。

♬~

♬~

 

 

もしもし。

私…。

うちには帰れない。

ううっ…。

うちで良かったら…。

来るか?

♬~

♬~

 

どんだけ お金だまし取って
ため込んだら満足すんのよ。

夫たちから 3億円以上
だまし取ってるくせに!

♬~

♬~

さんざん稼いだ金
どないしたん。

 

(頼子)あの女
うちよりひどい生い立ちやねん。

小夜子さんみたいに
親の愛情 知らないで育つと

あんなふうになっちゃうのかな。

♬~

本多のことを調べさせる。

この女の尻尾 絶対つかんだる。

(黒澤)あの女か。
私の自慢のぬか漬けです。

リフォームには
具体的に どういったご希望が?

ひとの旦那 寝取っといて よく
そんな平気な顔してられるわね!


あなた 子供いるの?

産んでたら悪いんか。

(ナレーション)<「後妻業」の…>

<詳しくは
番組ホームページまで。>