ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

トクサツガガガ 第4話 小芝風花、木南晴夏、吉田美佳子、倉科カナ、竹内まなぶ… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ10 トクサツガガガ(4)「オタクノキモチ」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 北代
  2. 大丈夫
  3. マイ
  4. シロ
  5. 任侠
  6. 友達
  7. ビーボーイズ
  8. 無理
  9. 今日
  10. 追加戦士
  11. 用事
  12. カラオケ
  13. ジュウショウワン
  14. ポン
  15. 仲村
  16. イベント
  17. ダミアン
  18. チャラ彦
  19. デート
  20. ドルオタ

f:id:dramalog:20190208224618p:plain

『ドラマ10 トクサツガガガ(4)「オタクノキモチ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ10 トクサツガガガ(4)「オタクノキモチ」[解][字]

小芝風花が特撮オタクOLを演じるコメディードラマ!日常に直面する「あるある!」な壁を、特撮からの教えをヒントに葛藤しつつも奮闘し切り抜ける。新たなヒロイン登場!

詳細情報
番組内容
仲村叶(小芝風花)は北代(木南晴夏)に嫌われたとしょげていた。だが実は北代は、自分のオタク趣味をばらされて会社を辞めた過去があリ、叶を不必要に敵視していたのだ。やがて特撮番組に登場する追加戦士のように、誤解が解けた北代と仲間になる。北代はオタク趣味をばらしたことで喧嘩別れしたみやび(吉田美佳子)と仲直りしたいと思っていた。そこで叶は、吉田(倉科カナ)や任侠(竹内まなぶ)を巻き込んで一肌脱ごうと…
出演者
【出演】小芝風花倉科カナ木南晴夏寺田心竹内まなぶ森永悠希本田剛文,武田玲奈,内山命,吉田美佳子,岡元次郎,森博嗣,【語り】鈴村健一
原作・脚本
【原作】丹羽庭,【脚本】田辺茂範

 


(北代)<彼女と出会ったのは 3か月前>

(仲村)違うって! 違うの 違うの…。

ねえ 邪魔なんだけど。
すいません…。

<彼女は 転職先の同僚で…>

泰風くん みんなと
ダンス踊ってるんだって。

何か 好きな映画とか。
北代さんの趣味って何ですか?

<あまりにも無邪気で…>

<うまく説明できないけれど…>

見苦しいとか考えたことないの?

好きなものに 年とか 年齢とかは
関係ないと…。

それは あなたが そう考えてるだけで
周りは そんなふうに思ってないよ。

これ… 北代さんのですよね?

これって アイドルグループの…。

私も 同じというか
私も 仲間というか…。

はぁ!? あなたが仲間!?

<私の心を… ざわつかせる>

♬~

(女性社員)北代さん おはよう。
おはよう。

<彼女の名前は 北代優子>

今日 仕事 終わったら
みんなで バル行こうって。

あ~ 行く行く。

<半年前まで 某大手企業で
営業として働いていた

いわゆる バリバリのキャリアウーマンだ>

あっ ごめん。 今日 予定あるんだった。
(女性社員)接待?

ううん 友達なんだけど。
じゃあ その友達も こっち誘っちゃえば?

ああ…。

<そんな彼女の友達とは…>

ごめんね 知らない人ばっかで。

(みやび)私 知らない人と話すの
むっちゃ好きなんで。

お友達は いくつ?
二十歳!

学生で~す。 今日は
名古屋から出てきて。

<通称 みやびさん>

<名古屋を中心に活動する
アイドルグループ

Bee Boysの追っかけだ>

<そして 実は… 北代も>

♬~

かわいい~!
かわいい~!

<2人は いわゆる ドルオタなのだ>

♬~

ビーボーイズで~す!

(一同)ブンブーン!

(歓声)

♬~

<ちょ ちょ ちょ…! 違うって!>

<うっ うん… 失礼>

何? 2人は どういう知り合い?
ちょっと 旅行とかで…。

ネットで ちょくちょく やり取りしてて。

あっ 最初は シロさんが ビーボーイズの
名古屋遠征 来た時ですよね。

今日も ちょうど そのイベントで。

ビーボーイズ?
遠征?

(みやび)シロさ~ん。 やまポーン!

なんで言っちゃうの?

ダメですか? 私なんか
大学の教授も知ってますよ。

大学と会社は違うから。
うち 考え方 古い人も多いし…。

大丈夫ですよ~。
みんな いい人そうでしたし。

あっ! そうだ これを機に
みんなに言っちゃって

あわよくば 皆さんも 沼に…。
いいかげんにしてよ!

♬~

(上司)聞いたよ ビーボーイズだっけ?

意外だなぁ 北代さんは年下好きか。

<ほら… やっぱり>

もう この子ったら アイドルに夢中で
結婚まだなんですよ。

<アイドルが好きなのと…>

理想 高いと 彼氏 探すの
大変じゃないですか?

<そういう話とは 全然 違うのに…>

ご当地アイドルなら 可能性ありますよね。
あるある~。

<だけど…>

その話…。

その話… もう あんまり…。

(男性社員)大丈夫だよ。
俺たち 全然 気にしてないから。

<そんな気持ちは理解されず
やり過ごすこともできず…>

<そして… 私は…>

もう放っといてよ。

♬~

(マイ)「仲村さんへ
ファイルは私の机にあるので

よろしくね~。 マイ」。

<北代さん…>

♬~

こんなんが ずっと続くんか…。

♬~

(カラオケ怪人)ほい ほい ほい…!
よ~し そんなもんか?

ほら 遅れた 遅れた!

気晴らしに来たんだろ? お前ら!

♬~

(カラオケ怪人)さあ 得点は~?

33点! お疲れさまでした。 シーユー!

(吉田)あぁ~ 難しい!

低いとこ オエッてなります。

「エマージェイソンのテーマ」は
特に重複パートが多いですからね。

2人なら歌えると思ったんですけど。

せめて あと2人は欲しいですね。

ユキちゃんさんの勧誘 加速させます?

いや… 北代さんの目もありますし
今 大胆な行動は…。

あっ 次 ジュウショウワンですよ。

じゃあ 今度 メイン
いかせて頂きやす! お願いしやす!

懲りないやつらだぜ!

♬~

獅風怒闘!
(3人)ジュウショウワン!

おかげで いい気分転換になりました。

いっときの現実逃避なら いつでも。

知られたくないことを
知ってしまうことが

こんなに気が重いものとは
思いませんでした。

北代さん 明日 会社に行ったら
意外と平気ってことも。

ありますかね?
ないですね。 ですよね~。

私 北代さんの地雷
確実に踏んでますし…。

追加戦士とは いきませんでしたか。

でも… 北代さんの地雷って何なんだろ?

ドルオタに
触れられることじゃないんですか?

いや ドルオタもなんですけど
それ以外にも何かある気がして…。

もう放っといてよ。

北代さんの地雷か…。
うん…。

聞けばよかったのに。
いや 聞けませんよ!

私の心の中のデバガメ怪人は

「聞けよ 聞けよ」って
叫びまくってましたけど。

ハッ! デバガメ怪人! 勘弁して下さい!

えっ?

♬~

1階で いいですか?
はい。

♬~

「ドアが閉まります」。

<落ち着いて… 落ち着くのよ。

1階に着くまで 私は空気。

無色 無臭 透明の混合気体>

♬~

知ってたの?
えっ?

<あぁ~! 空気やのに返事してもうた…>

このステッカー ビーボーイズってこと。

教えてもらったんです 友達に。
屋上で一緒だった人?

あの…!

私も 一緒なんです。
えっ?

私も 隠れオタなんです。
だから その なんていうか…。

私 北代さんが言いたくないなら
何も聞きませんから。

オタ同士だから大丈夫とか
そういうことじゃないですもんね。

北代さんが 誰にも
近づいてほしくないのも

ちゃんと分かってますから。

そう…。

ただ… それで周りを傷つけたり

自分も 周りを頼れないのは
なんていうか その…。

私も同じというか
私も仲間というか…。 はぁ!?

いいかげんにしてよ!

「1階でございます」。

そんなの 言われなくても分かってる…。

えっ?

あなたにも いろいろ
ひどいこと言ったわね。

ごめんなさい。

えっ…?
「ドアが閉まります」。

えっ…!?

ぶん殴られるかと思った~!

♬~

実は~ 北代さん ええ人や~ん。

(ダミアン)仲村さん。
あら! デイミアンちゃ~ん!

気持ち悪っ…。

えっ なんて?
ううん。 何してんのさ?

うん? まあ ちょっとね。

そうだ! ダミアンに…
いや デイミアンに

ジュウショウワンの お菓子
あげちゃおうかなぁ?

はい!

仲村さん。
うん?

よそのうちの子に そうやって
お菓子とか あげるの よくないよ。

ハハッ 真面目か~。 遠慮しないの。

ほれ。 ほれ ほれ。 ほれ ほれ~。

よう 田宮じゃん!

どうも。

塾の友達? クラスメート。
ああ 学校の友達。

う~ん 分かんない。
分かんない?

クラスメートでも
友達かは分からないでしょ。

<おっ ここで ダミアンの名言…?>

あれ?

あっ…!

じゃあ 僕 塾 行くね。
うん。 またね~。

♬~

うん… でも まあ 確かに。

勉強になります。

さあ どんな方と
出会えるのでしょうか?

(2人)行ってみましょう!
ブンブンブンブン!

ブンブン移動だ。

僕たち ビーボーイズって言うんですけど。

また 地方のアイドル 追っかけてんだ。
この子たちは 絶対 くるから。

ほんと?
ほんと! 絶対くる!

こっちが やまポンって言うんだけど
私 やまポン推しで。

こっちが えっと るいるい。

<ファンであることを隠していない人は
いくらでも いるのに…>

<心 狭いなぁ 私…>

[ 回想 ] いいかげんにしてよ!

♬~

(みやび)シロさん?

ですよね? シロさんですよね?

イベとか初めてですか?
うん。

握手会も? 舞台もなし?

ハマったの 30手前で
周り 若い子ばっかだし

なんか ちょっと恥ずかしくて。
え~ そんなの関係なくないすか?

だって 私だって そのうち 30ですよ。

推しだって みんな 年取るんだし
そんなの気にしてたら損ですって。

これからも 一緒に イベ行きましょうよ!

うん。 物販 行きましょ 物販!
何 売ってるかなぁ?

いらっしゃいませ。
あ~ シロさん!

ねえ おそろいで これ買いません?

うん。
ね~ かわいい!

ねえ ねえ ほっぺに
つけましょうよ ほっぺに。

それは ちょっと恥ずかしい。
なんで? いいじゃないっすか!

♬~

「ちゃんと会って謝りたいです。 みやび」。

♬~

追加戦士…。

あっ これ 明日のやつや。

♬~

いただきます。

♬~

<追加戦士!>

<あっ… 「ここ どうぞ」とか
言えばよかったかな。

変に距離とってるとか 思われないかな…>

<うん? もしかして 北代さん

話しかけるタイミングを
見計らってたりとか?

話しかけやすい雰囲気
醸し出したほうがいいのかな…>

<さあ いつでもカモン!>

<見た!>

<何? あれは。 触れるべきなの?>

<うん? こっちから
話しかけたほうがいいのかな…。

いや でも なんの話題を…>

<それより みやびさんへの返事
なんて書こう…>

♬~

<重い! これじゃ重いよ…!>

♬~

<…って これは軽すぎる~!>

(笑い声)

<北代さん…?

もしかして ジュウショウワンのこと
調べてたり?

何か おすすめの回を…。
セロトル セロトル…>

こんなもんか…。

<えっ? こんなもんって?>

♬~

<あっ こっち来た…!>

何?
えっ? いや あの…。

用ないなら行くけど。
あっ… はい。

ダミアンの名言 これだ…。

♬~

(チャラ彦)どうすんだよ~。
(小野田)すいません!

(加賀谷)はい はい はい はい はい!
どうしたの?

明日のイベントの
パンフレット ここに誤植があるんだよ。

うちは 「ねむねむかねしろ」。

これじゃ 「ねむねむかねしし」。
なんだよ 「かねしし」って!

やっちゃったね~ これね。
このままじゃ配れねえよ。

でも 今からじゃ 印刷所
間に合わないよね。 すいません…。

(ユキ)どうして 小野田くんが謝るの?

イベント関係なら 事業部のミスでしょ。

僕が… 気付いちゃったんです。

(チャラ彦)知らなきゃ
そのまま帰れたんだよ。

すいません。

<つまり… 知った者は 帰れない…!>

事業部の人たちは?

今日は イベントの設営で現場なんで
今から戻るのは無理だと思います。

<これ お仕事系ドラマで
よくあるアレだ。

ミスが発覚して みんなで残業するやつ。

困難を乗り越えて
ひとつになる定番のやつ。

イケメン俳優が
「みんなでやれば なんとかなる」とか

根拠のない精神論 言いだすやつだよ>

よ~し! みんなでやれば
なんとかなるでしょ!

<チャラ彦か~い!>

今から… ですか?

<勘弁して…。 今日は ずたぼろの心を

ジュウショウワンに
癒やしてもらうって決めてるの!

つうか 録画 消化しとかないと
ハードディスクの容量 やばいし

日曜朝の録画のピンチだし 月曜から…>

どうしよう…。 しゃあねえだろ。
やるしかねえって。

マイさん このあと…。
あっ ユキちゃん。

なんか あんの?
ううん… 大丈夫。

僕が! 僕が 一人でやるんで大丈夫です。
皆さんは帰って下さい。

(五月)無理でしょ 一人で この量。
(徳永)残れる人間だけ 残ろう。

石ちゃん 無理しなくていいから。
2人ひと組で やったほうが 早いよな。

小野田 俺と組め。
はい!

<2人ひと組って…?>

♬~

<ですよね…>

♬~

何?
あっ いや… 手際いいなぁって。

ダラダラやったって しかたないでしょ。

 

<よかった。 返事 来た…。

でも いきなり会うって
ハードル高くない?

断ったら落ち込むだろうし…>

♬~

これ 終電までに終わんないって…。

朝までコースか~。

<えっ!? 朝までってパターンあんの?>

なんか つまみながらとか
やりません? ねっ?

<ダラダラやってるから
終わらないんだよ~。

これ以上 私の大切な時間を奪わないで!>

じゃあ あれなら
僕 買い出し行ってきましょうか。

あっ じゃあ 俺 ごま豆腐。
ごま豆腐。

すいません マイさん
もう上がってもいいですか?

どうして?
今日 彼氏との約束が。

ユキちゃん いいよ。
(徳永)子供の お迎えとか

具合悪いとかじゃないでしょ。
みんな予定ないわけじゃないんだよ。

(マイ)私 大丈夫です。
大丈夫 私 ほんとに…。

最後まで やっていきます。
まあ デートは いつでも できるしね。

大丈夫 連絡はしてあるから。

<な… 何を言いだすの マイさん…。

マイさんが残るとか言ったら
録画を消化したいだけの私は

もっと帰りづらくなるじゃない!>

でも ほんとに ほんっとに用事がある人は
帰ってもらって大丈夫だからね!

<ほんとの用事…>

<テレビを見たい 本を読みたい
帰って寝たいは

なんで 用事として認められないの?>

デートだって 大事な用事じゃないですか。

いや その…
会社の大事なイベントから見たら

私たちの用事なんて
ちっぽけな話ってことですよね。

でも みんな我慢している

もっと忙しい人がいるって考えて
残らなきゃいけない風潮が

私たちに 残業を
強いるんじゃないですか?

仲村さん…。

不真面目に思われるかもですけど
私が 仕事 頑張ろうって思えるのは

休日や 仕事が終わってから
友達とショッピング行ったり…。

<カプセルトイだけど>

人気のスイーツ食べたり…。

<食玩だけど>

任侠さんも どうぞ。
(任侠さん)いいんすか? 頂きま~す。

お芝居 見たり…。

<ヒーローショーだけど>

好きなインテリアに凝ってみたり…。

<フィギュアだけど>

そういうのが あるからで…。

そういうのが あるから
頑張ろうって思えるわけであって。

だから 私… マイさんにとっても

デートは
かけがえのない時間だと思うんです。

マイさん そうじゃない?

マイさんにとって…。

<私にとって…>

デートは…。

<録画の消化は…>

かけがえのない時間。

♬~

うん。

(小野田)僕も… そう思います。

私も…。

♬~

…てか 俺も思ってた。

用事の でっかい ちっちゃいって
誰かが決めることじゃないんだよな。

<チャラ彦 てめえ~!>

でも まあ そうだよね。

うん。 ごめんね
強いるようなこと言っちゃって。

ううん そんな そんな…。

<うん これで帰れる。

帰りましょう
私たちの谷へ>

でも まだ 全然 時間 大丈夫だから
やってくね。

よ~し じゃあ みんなで頑張って
終わらせよう!

<えっ? 結局 やるんか…>

お疲れさまです。
お疲れさまです。

思ったより早く上がれたわね。

あっ… お疲れさまです。
あの演説が よかったのかも。

あっ いや あれは
私が早く帰りたかったからで…。

おかげで 私も リアタイできるわ。
お疲れさま。

ひとつ聞いていい?
はい。

パスケースのステッカー
教えてくれた友達って

近くに住んでるの?
あっ 吉田さん…。

遠くはないと思いますけど…
どこ住んでんだろ?

どうしてですか?

いや あの… ちょっと
もめた人と会わなきゃいけなくて

二人っきりだと会いづらいっていうか…。

北代さん カラオケに誘ったんですか?

この前のカラオケ
「エマージェイソンのテーマ」

もう2人 欲しいって
言ってたじゃないですか。

♬~

言いましたけど。

で 北代さんは
二人きりで会いたくない。 ええ。

つまり 北代さんたち2人が
カラオケに来れば

両者の利害は一致するんです。

♬~

カラオケに~!

あと2人!

(2人)欲しい~!

♬~

二人きりで 会いたくな~い!

(3人)合体!
ツゴーアウジャン!

♬~

なるほど 合体ロボですか。

ちょっと 勢いで誘ってしまったところは
あるんですが。

北代さん 仲直りできるといいっすね。
今度のカラオケで実現させましょう。

あっ。

任侠さんも よろしく お願いします。

えっ? 自分も?

任侠さんなら 低いパートも
いけますよね~。

そうなんです! いや だって
知らない人ばっかっすよね。

無理 無理 無理 無理…。
あっ 大丈夫。

私も知らない人 来ますし。 いや でも
男一人だけとか 絶対 無理っすよ!

みんなで ラブキュートのCD買って
歌 覚えますから。 ねっ 任侠さん!

このチャームで なんとか!

♬~

キモオタで サーセン

♬~

<そして それぞれの思いが交錯する
合体ロボの日は訪れた…>

(みやび)あの…。

みやびさん?
はい。

久しぶり。

わざわざ ありがとう。

加湿器… 買いに来ただけなんで。

なんで もっと早く言わないの?
だって…。 だってじゃないでしょ!

でも…!
どうすんの?

だけど シロさん…。 だけどじゃない!
でも…。

なんか もめてますね。

北代さん 2人とも
仲直りしたい気持ちはあるから

場の空気 悪くすることはないって
言ってたんですけど…。

あっ とりあえず 先に歌ってません?

いい感じの空気 作っておけば
ケンカも収まるかも。

ジュウショウワン入れます!

あれ? リモコンって…。
マイクも ないっすね。

♬~

(2人)う~! みゃ~!

♬「でーら でーら うま めしめし
なごやめし」

♬「でーら でーら うま めしめし
なごやめし」

♬「でーら でーら うま めしめし
なごやめし」

ハニー! 元気だったか~い?

「なごやめしって、
響きかわいいでしょう」

「なに食べてもうみゃーもん、
迷ってまうわ」

これは…。 もしかして ビーボーイズの
ライブという設定では…?

登場から再現するやつ!?
(任侠さん)徹底してる。

♬「ひつまぶし えびふりゃ~」

♬「ここらは有名だわ」

「そりゃー、 だれでも知っとるわ!」

「あ、 わたし。 ひつまぶしの最後の
だしかけて食べるやつ、

でら好きなんだて~!」

「いっぺんに3回楽しめるって、
どえりゃあすごいでしょ~☆」

恐らく 乗れと。
あっ… はい。

♬「あんかけスパ スパ」

♬「小倉トースト 鬼まんじゅう

♬「味噌煮込みうどん」

白にして 白。
白?

「3文どころじゃなく得だて」

ちょっと待って ちょっと待って
ちょっと待って。 白 白 白…。

♬「ようけついてくるで さぁ
試してみやー」

♬「名古屋はええとこ 名古屋はええとこ」

♬「テレビ塔名古屋城・どまつり・
徳川美術館

♬「まだまだまだまだ!」

♬「なごやめし食べてみやー
なごやめし食べてみやー」

♬「ひとりよりもみんなで」

♬「楽しく うっは~ いただきます!」

♬~

ずっと…

病室で ずっと
この舞台に立つこと 考えてた…。

会いたかったよ ハニー!

やまポーン! お帰り~!

あの~。

これは 体調不良で3か月間
活動を お休みしていた やまポンが

久しぶりに復活した 2016年の
インストアライブのオープニングです。

やまポン!
ごめんな。

ごめんな。

お帰り~! 待ってたよ~!

やまポン!

待ってたよ~ やまポン!

復活のイニシエーション!

直前に 私が 一緒に パフォーマンス
やろうって お願いしちゃったから。

それを廊下で話してたんだ。
自分 てっきり 2人が もめてるのかと。

事前に言ってくれたら 練習してきたのに。

私が シロさんに
嫌な思いさせちゃったから

シロさん ビーボーイズ
離れちゃったかと思って…。

原因の私が提案するとか
おかしいかなって…。

でも シロさんが いいよって
言ってくれて よかったです。

あの時は ほんとに ごめんなさい!

もういいんだってば。

私だって みやびさんと
また楽しくできたらって思ってたし。

それに やめようって思って
ドルオタ やめられるんだったら

とっくの昔に やめてるから…。

♬~

私こそ ごめんなさい。

♬~

♬「でーら でーら うま めしめし
なごやめし」

♬「味噌おでん カレーうどん

♬「鉄板スパ スパ」

♬「名古屋コーチン台湾ラーメン

♬「忘れたらかんて 冷やし中華には
マヨネーズでしょう!」

あっ あの~ これ…。
なんすか? これ。

あっ これ 誰が どのパート歌うか
表にしてきました。

お願いします。 お願いします。
レジュメみたい!

「エマージェンシー エマージェンシー。
応答せよ 鋼鉄のヒーロー」。

オープニングのナレーション!?
やるからには きっちり仕上げてくるわよ。

「たとえ フリーズしようとも
オペレーションは譲らない!

システム起動!」。

救急機!

(一同)エマージェイソン!

♬~

♬~

いざ 勝負!

まとめて倒してくれるわ!

♬~

うわっ… やめろ~!

♬~

♬~

♬~

覚えてろ~!

<この一体感 この胸の熱さ

これが特撮ソングなんだ! 気持ちいい!>

(店員)はい フロントで~す。

☎(みやび)ウーロン茶4つと
オレンジジュース1つで。

でも 2人とも
仲直りできて よかったです。

ほんとに ご迷惑おかけしました。
追加戦士 できたじゃないですか。

追加戦士?
あっ いや…。

追加戦士かぁ… 羨ましいです。
そのうち 任侠さんも

ラブキュートの仲間 できますよ。
いや いや…。

じゃあ 最後に みんなで
ラブキュート踊りなす?

な~す!
なす!

まだ 心の準備が…。
腹くくんなさい。

えっ!? え~! うわぁ…!

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(店員)失礼しま~す。

ご注文頂いたドリンク お持ちしました。

こちらのテーブルに置いちゃいますね。

ウーロン茶が4つと…

オレンジジュースです。

以上で よろしいですか?

失礼しま~す。

♬~

いいっすよね ラブキュート。

任侠さん!

♬~

<バイトリーダー 窪田。

このあと 任侠と ラブキュートの
盃を交わす男である>

だから 違うっての!