ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

人生が楽しくなる幸せの法則 第5話 夏菜、高橋メアリージュン、山﨑ケイ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」ショック療法!透明人間やめます』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 合コン
  2. 中川
  3. ウェイ
  4. お願い
  5. 水島
  6. 無理
  7. カウカウチョコ
  8. 自分
  9. 佳恵
  10. 距離
  11. 佐久間
  12. 気持
  13. 本当
  14. ヤマアラシ
  15. 鴨志田
  16. ウェーイ
  17. コロンブス
  18. ダメ
  19. 皆本
  20. 頑張

f:id:dramalog:20190208071028p:plain

『木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」ショック療法!透明人間やめます』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」ショック療法!透明人間やめます[字][デ]

夏菜高橋メアリージュン出演!相席スタート・山﨑ケイ人気エッセーをドラマ化!

詳細情報
番組記述
人生迷走中の女子3人と神出鬼没の神様が繰り広げる、笑い・涙・ラブありの痛快コメディー
出演者
中川彩香…夏菜
木原里琴…高橋メアリージュン
皆本佳恵…小林きな子

ちょうどいいブスの神様…山﨑ケイ(相席スタート

佐久間涼太…和田琢磨
鴨志田萌…佐野ひなこ
水島篤史…板倉チヒロ
柏木希美…柳ゆり菜

桜井唯…中村有沙
小松太一…遊佐亮介
福田真司…山本直寛
西野龍樹…内田健司

森一哉…忍成修吾
松澤初美…伊藤修子

吾妻博和…徳井優
神原重吉…田山涼成
番組内容
神様からのレッスン5は、衝撃の「パンスト相撲」?失恋から立ち直れない中川彩香(夏菜)と皆本佳恵(小林きな子)に、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)は“ショック療法”と称して合コンにチャレンジさせる。合コンに拒否反応を見せる彩香に、神様は「ちょうどいい距離を制する者が、全てを制す!」とアドバイス。そして彩香と佳恵のために、木原里琴(高橋メアリージュン)が合コンをセッティングするが…
制作
【脚本】
山岡潤平
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
沼田賢治
村本陽介
大沼知朗
森安彩
【演出】
植田泰史
音楽
仲西匡
羽深由理
【主題歌】
「Waiting For U」TANAKA ALICE(よしもとミュージックエンタテインメント
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@shiawasenohousoku
【番組公式LINE ID】
@shiawasenohousoku

 


(彩香)
《私…何やってるんだろ。

そして 今まで何回
そう思ってきただろう》

<短大を卒業して
会社に入って 3年目>

《佐久間君!?…なんで!?》

(森)
ああ~ こちら総務の…。

で…彼らは今年 入った
営業部の新人たち

 

《そっか 佐久間君…
大学卒業して 新卒で》

(森)
《神様 ありがとう!

また 出会わせてくれて!
こんなチャンスを与えてくれて》

(涼太)はじめまして。これから

よろしく お願いします!

(新入社員たち)

 


(足音)

《何を期待したんだろう 私…》

《運命とか思っちゃって…》

 

《透明人間のくせに…》

うわっ うわ~!
うわ~ うわ~~っ!

あっ…。

《結局 あの時も…
何も言えなかった》

(里琴)お~い!大丈夫~?

これ 死んでないよね?

えっ?
ちょっ…。

あっ 生きてる~!

でも 首 熱っ!なんで!?

おはようございま~す…。
おはよう。

(佳恵)ああ~ 楽だわ~。
えっ!?

彼氏が いないのって

こんなに楽だなんて
思っても いなかった。

あっ ムダ毛の処理とかも

もう 全然
気にしなくて いいもんね。

もうね 伸ばし放題。
あ~ 楽 楽~!

私は まだ…楽と思える
ところまで いってないです。

(吾妻)おはよう!
≪おはようございます≫

(吾妻)あっ 松澤さん。
入社式の資料に載せる

スローガンの件で
社長から伝達事項がある。

あっ いや…もう忘れた!

忘れんの たっつんのことは!

ああ~。
(福田)ゴホッ ゴホッ…。

(初美)風邪?ハーブティー飲む?

(福田)すみません。
いただきます。

ああ~ 昨日
こたつで寝ちゃったんすよ。

(小松)
こたつで寝ちゃうの わかるわ~。

たっつん。

ああ…。

あの!すみません。
「たつ」禁止で お願いします。

えっ?
皆本さんの傷が
えぐれるので。

ああ~ わかった。
わかった わかった。

(初美)これが我が社の
新しいスローガンですか?

ああ。「昇り竜の如く」
だそうだ。ハハハッ…。

竜といえば…。

たっつ~ん!
無理やりだな!

ああ もう
忘れたはずなのに…う~ん。

♬~

(佳恵)バレンタイン。
たっつんにと思って

買ってたものだけど…。
準備すんの 早くない?

それぐらい
気持ちがあったの!

こんなもん!
こんなもの…こんなもの!

ああ うま~い!

こんな…うま~い!
妖怪だ。

あっ…!
あっ 皆本さん!?

大丈夫!?
あっ…!ああ…。

う~ん…やっば~!

マジで
棺桶直行かと思った。

しっかりしなよ!
うわっ はぁ…。

(神様の声)
ああ~ 見てらんないわね~。

♬~

キューピッド?

恋に迷える あなたたちに

ぴったりでしょ。
(佳恵)うわ~。

その羽じゃ
その体 飛ばね~。
うるさい!

恋の矢じゃなくて
普通の矢で撃ってやろうか!

この2人 ひどいんです!
…のようね~。

忘れたい…とは
思ってるんですけど。

忘れたいって思ってるうちは
絶対に忘れられない。

そんな…じゃあ

どうすれば いいんですか?

失恋の痛手から
立ち直るには 多少の…

ショック療法が…必要ね!

えっ ショック療法…?
どういうこと?

まったく新しいことに
チャレンジするの。

まったく新しいこと?

あなたたちが普段なら
絶対にしないようなこと。

それによって
新しい自分を発見するの。

それしか 治療法はない!

オッケー。ルーレット!

ここに あなたたちが

絶対に
しないようなことがあります。

バンジー!?
私 ちょっと高い所 苦手なので。

その次は 滝行?

パンスト相撲?
あっ これくらいなら…。

♬~

(佳恵)ちょっと…。
んん~ん…。

ああ~ ああ…。

いやいや…いや。
んな顔 見せらんねぇし!

つべこべ言わない!ほら!

矢 放っちゃって!
えっ 私ですか!?

はい はい…はい ゴー!

えっ…。

えっ。

う~ん…わっ!

はい!出ました 合コン!

パンストよりは マシか。
いや いや…いや!無理です!

無理 無理 無理!
あのパンストの方が いいです!

あの~ だから
もう1回 お願いします!
ダメ~!

自分で当てたんだから
文句は なし!

そんな…。
合コンか~。

行ったことないな~。
私は あるけど?

私も ありますけど…
人数合わせ的な感じで

でも 合コンっていうより拷問で。

韻 踏みよった。
何があったの?
ああ…。

あ~ あ~ ああぁ~っ!

<これは
人生に迷走する女たちが

幸せを求めて ちょうどいいブスを
目指す物語である>

♬~

お願いします!
合コンだけは勘弁してください!

苦手なものほど
ショック療法になる。

無理 無理 無理…
無理ですって 本当に。

あ~もう じゃあ!
ひとつだけ アドバイス

ちょうどいい距離を
制する者が すべてを制す。

出た!
また ちょうどいい。
そう!

ちょうどいいブスは
ちょうどいい距離を

知っているものなの。
コロンブス君!

(コロンブス)は~い!
あれ 説明してあげて。

(コロンブス)はい。皆さんは
ヤマアラシって

ご存じですか?
あっ あの…とげとげの?

(コロンブス)そうです!では

ヤマアラシ
ジレンマという

たとえ話を聞いたことは?

いえ…。
(コロンブス)ヤマアラシ

体がハリで覆われてます。

寒い冬 ヤマアラシたちは
身を寄せ合って

暖を取ろうとします。でも

近づきすぎると ハリが痛い。
(佳恵)そりゃそうでしょ。

(コロンブス)
だからといって 遠ざかると?

寒い。これが
ヤマアラシのジレンマです。

近づきすぎると 痛い。
遠かったら 寒い。

じゃあ これは
一体 どうすればいいのか?

はい!もし
これがハリだったとすると

どの距離が 一番いいと思う?

矢の先が触れ合う…このくらい?

これじゃ まだ寒い。

えっ?
えっ?

エイッ!
(佳恵・彩香・里琴)うぉお~!

これは…。
難しすぎる。

トライあるのみ。はい!

行ってらっしゃい!

(佳恵・彩香・里琴)うわ~っ!

あうっ…。
はぁ…。

合コンなんて しないし。

恋なんていらねって 決めたし。

(佳恵)ああ もう!

逃げんの?
はぁ!?

そうやって
目を背けるって 完全に

臭いものに蓋の原理じゃん!

じゃあ どうすれば
いいんだよ!

まさか…合コンですか?

何もしないよりは まだマシ。
メンバー集めないと。

合コンのメンバーですか?
この2人に何か…

新しい出会いを。

別に私は いいんだけど~。

ああ…。あの~!

木原さんが どうしても…。
待って 待て!

え?え?何で?
何で部長呼ぼうとしたの?
いやいや あの2人なら。

いや それじゃ
ただの総務部の飲み会だろ。

うんうん 友達とかいないの?
いますけど…。

けど 何?
いや 友達は大事ですから。

おい それどういう意味だ?おい!
やっぱり無理ですよ
諦めましょう。

私たち3人だけで
合コンしましょう。ねっ。

そんなの ただの女子飲みでしょ。
合同じゃない。

あ~ わかった!
お前には頼まん!

(森)何?

折り入って 話が。
はい。

誤解は しないでください!
ほんとに!

え!?何?誤解って何?
全然わかんないんだけど。

実は…合…ゴホッ。

ご~?
ご…合コンしたいと思っている!

合コン!?え?木原さんが!?
わ…私がではない!

だから初手で誤解するなと
言ったであろう!

また武士になってるし。
どういうこと?

私ではなく 中川さんと皆本さん
2人のために合コンを。

うん?中川さんたち…
なんで?

2人はとても その…
傷心している。

フラれたってこと?
あまりプライベートなことは
教えられない。

それがもう
モロ答えになってるし。

じゃあ 男を集めろってことね。

かたじけない。
いつ?

今日。
今日!?
善は急げかなと思って。

お…オッケー。

セッティングできたよ 合コン。

男 集まったの?
どうやって?

奥の手。

奥の手…。

ごめん 手が空いてる人。
あ…はい。

不用品をゴミに出すから
仕分けしてもらえるかな。

わかりました。

(水島)
これが グッチョス製菓さんと
うちのコラボ商品

カウカウチョコの
今 現在の予約状況。

予約 思った程
入ってないですね。

まあ もともと
バレンタインチョコの売り上げが

ここ数年 落ちてるのは
ありますけど。

これは グッチョス製菓と
うちが初めて組んで

気合い入れたやつですからねえ。
(希美)
みんな 恋してないんですかね~?

(森)
今の20代前半って 恋愛なんて
別にってやつ 多いんでしょ?

(唯)恋って素敵なのにな~。
ね 水島さん。

え?うん…素敵。

誰かに愛されるって
心が満たされてる。

(希美)
へ~。誰かに告られたんですか?

ん?いや まだ…
告白はされてないんだけど。

(まなみ)
カウカウチョコの
市場リサーチの結果がでました。

(萌)見せて。
(まなみ)どうぞ。

(森)何が原因だ?

(唯)萌?
(森)パッケージデザインが地味すぎて
SNSに載せづらい…

ネガティブ意見は
パッケージがらみが多いな。

パッケージって…。
萌がイチオシで決めたやつ…
だよね。

味で勝負をコンセプトにして
あえてシンプルにした。

(水島)それを地味ととられたか…。

やっぱ今 SNS映えするか
どうかが重要なのか。

まぁ それだけが原因ってわけじゃ
ないだろうけど。
ああ。

でも 先方には
説明に行かないとな。

俺と鴨志田で行ってきます。

はい。

これ去年 社長が
忘年会で着てたやつだ…。

《誰からも
必要とされなくなったら

ゴミになるんだ…》

はっ!

はぁ…。

♬~

 

♬~

すみません 私のせいで。

そんなことない。
シンプルなデザインで味を伝える。

いいコンセプトだと
俺は思ったし。

鴨志田が 初めて中心になって
始めたプロジェクトなんだから

何とか成功させよう。

(大口)頭 あげてください。

あのパッケージで
OK出したのは私たちですし。

実際に いいと思ったんで。

私たちも カウカウチョコの味が
本当に素晴らしいと思ったので

中身で勝負したいと思ったんです。

(大口)
買って食べてみてさえくれればね
わかってもらえるんだけど。

(神原)申し訳ありません。

大切なグッチョスさんとの件を
彼らに任せたのは わたくしです。

彼らなら きっと立派に
やってくれると信じたからです。

まだバレンタインデーまで
2週間あります。

もう少し 粘らせてください。

彼らを 信じてやってください。
お願いします。

よろしくお願いします!
よろしくお願いします!

うつむかない。
来たからには 覚悟決めて行くよ。

あ…こっちこっち。

かんぱ~い!

みなさんは 何かスポーツとか
やってたんですか?

あ~ 俺たちは
バレーやってたんだけどね。

ウェーイ!
ナイス トス!

はい ナイス…。
イエーイ!

あれ?
おやおやおや?

私は…特に。

え~!?
なんで?もったいない!

全員がスポーツが好きなわけでは
ないです。

スポーツ楽しいのに~。
ウェーイ!

≪ウェーイ!≫
≪いっちゃえ いっちゃえ!≫

ウェーイ ウェーイ ウェーイ!

≪ウェイボール!アハハ…≫
≪ウェイボール 2つ!≫

ハイボール 2つで。
何だよ ウェイボールって。
お前もウェイボールって言えよ。

なんかさ 今度 みんなの話
聞かせてよ。

≪あ~ そうそう。せっかく
こうやって知り合えたんだし≫

好きなタイプとか。
いいよ。そういうの いいよ。
じゃあ 中川さんから。

私?

いや 私は そんな…
好きなタイプとか こう

偉そうな立場では ないので。

え?

(2人)
ウェイ ウェイ ウェイ ウェイ~!

ほんとに あの そんな…
すみません 私なんか。

(2人)ウェイ ウェイ…。

次 いってください!
ああ じゃあ 皆本さんは?

おお!ちょうだい ちょうだい。

夢 追ってる人かな~。

(2人)ウェイ?

(佳恵)例えばミュージシャン
目指してる人で優しくて

限定20本のギター持ってて

名字は 西野って言って。
たっつんって言うんですけど。

ちょちょちょ…。
(2人)ウェイ ウェイ!

偶然 ウェイとウェイトが合った。

それ 限定しすぎじゃない?
もしかして元カレ?

(2人)ウェイ ウェイ…。

木原さんは?

私は特にない。
男がほしいわけじゃないし。
≪ああ…≫

じゃあ 男性のどんなとこに
グッときます?

あ~っ!
人は それぞれ違うから

すべての男に当てはまる
ポイントなんてない。
真面目~。

ギター弾く指!
ああ それ…もういいかな。

解散…かな。

いや~ 未知との遭遇だったよね。

ないわ!あれは。

でも せっかく森さんが
呼んでくださったんだし。
ないない。ウェイ ウェイ。

いや ないのは
そっちもじゃないかな。

確かに こっちのノリも
変だったけど。

こういうのって お互いに
盛り上げるもんじゃない?

私なんて~とか 言われちゃうと
流れも止まっちゃうし。

すっごい
距離 置かれてる感じがする。
距離…。

あと 元カレ話もないし。

もう論破しちゃダメ。

私は ほんとのこと
言っただけです!

わかるけどさ。ついたほうが
いい嘘も あるだろって話。

は!?
あんだろ!?

ちょうどいい感じの答えって。

出た…。

ちょうどいい。

それがわかれば 苦労はない!

ちょうどいい答えって 何?
それくらい わかるだろ。

わからない!
じゃ 考えてくれよ!そこは。

じゃないと合コンなんて
成り立たないだろ!?

文句ばっか言う前に
もっと自分で努力してくれよ。

男に媚びる努力なんて
したくない!

だから!
(小松)森さん?

大きい声 聞こえたから
え?と思っ…

あれ 中川さんたちも。
えっ どうしたんすか?

(森)ちょっと 合コン。
もう終わったけど。

(福田)えっ ちょっと
男 森さんだけっすか?

もう いろいろあってさ
男 先帰ったんだよ。

あの 中川さん…。

えっ なんで?
なんでって どういう意味ですか?

だって…。
いやいや 何ですか?単刀直入に。

だって 中川さんって…

俺のこと…。

えっ!?
そうなの?

はっ?なんでそうなんの?
いやいや だって!

違います!

えっ?絶対違います!

(水島)おぉ…そんな強く否定する
ん~じゃっ 何?

えっ 日曜は何だったの?
日曜?

あっ いや あぁ~…

佐久間と鴨志田が

俺と中川さんの事を
応援してくれてるって言うから

俺は てっきり…。

(森)え~何 もう
わけわかんなくなってきた。

別で飲みません?ねっ ねっ
ほら行きましょう。
何で…何で何で えっ 待って

えっ 嫌だ。ちょ…中川さん!
えっ どした?

あぁ もう 何!

水島さんと私を応援するため…。

なのに私は デートだ!って
舞い上がって…。

ハハ…。

♬~

あぁ~…たっつん…。

♬~

えっ 連絡する気?
違う。

さっきの合コン?で

やっぱり たっつんのこと
忘れられてないんだなって思った。

だから だから…

だから!だから!くぅ~…。

もう どいつもこいつも!
きゃ!ちょっと!

消した。

あぁ~!ちょっと
何してくれとんじゃあ!!

だってもう連絡しないんでしょ?
じゃあ いらないじゃん。

何 迷ってんの?
それは そうだけど

だからってそんな…
何の情緒もないわけ?

いや 新しい恋するんでしょ?

だったら うじうじしてんなよ!

全然わかってない!
え?

データ消すとか消さないとか
そういう事じゃないんだよ?
は?

これは!私が消すことに
意味があったんだよ!

サバサバ干上がり極論女には
わかんないだろうけど!

はぁ?

何で私がこんなに
イラつかなきゃいけないの!?

意味わかんない!

♬~

おはようございます。
まだ?

はい もう 1週間です。

♬~

福田。
(福田)はい。

♬~

失礼します。新入社員リストの
データ メールしてとのことです。

まだ 口きいてないの?
はい…。

頑固ねぇ。

(森)
グッチョスのカウカウチョコ
なかなか予約 伸びないな…。

バレンタインデーまで
あと1週間ですよね…。
うん。

やれることは全部やろう。
≪はい≫

(水島)おいっす。
≪お疲れ様です≫

え~今 グッチョスさんから

現状報告がほしいって
連絡が入った。

行ってきます。
(水島)あ~ちょっと待って。

柏木。
はい。

部長が 佐久間と柏木で
グッチョスさん行ってくれって。

まぁ 一応の配慮っていうか ねっ。

わかりました。
うん 頼んだ!

(希美)はい。

(水島)
切り替えて 俺たちは
やれることやりましょう!ねっ。

≪いいじゃん 行こ行こ≫
(萌)ん~…。

もう一軒 行こうって。
え~どうしよっかなぁ。

今日 飲みたい気分なんでしょ?
いいじゃん 奢るし。

ほら 行こ。

鴨志田さん!鴨志田さ~ん!
あの 鴨志田さん!

あっ ちょうど良かった!
あの 私…あの

今から 帰るところなんです。

一緒に飲みに行きましょう!
ねっ 飲みに。ねっ ハハ。

ゴホッ…あぁ~気持ち悪い…。

しっかりしてください
飲みすぎですよ もう…。

はぁ~…危なかったですね。

はぁ?何が?

危なかったって 何のことですか?

えっ?だって無理やり…。

何 余計なこと
してくれてるんですか。

べつに 無理やりじゃなかったし。

結構 いい感じだったし。

あの人 外資
エリートだったんですけど!

何 チャンス
ふいにしてくれてるんですか。

えっ チャンスって…えっ。

佐久間さんがいるのに
何のチャンスがいるんですか?

はっ うざ…。

どうして!

どうして佐久間さんがいるのに

他の男の人と2人で
飲むんですか!
関係ないでしょ。

いや 関係はないですけど

でも…。
何も悪いことしてないですから。

いや だって…彼氏がいるでしょ!

いません べつに。

えっ?

付き合ってないですから
佐久間さんとは。

え…。

どういうことですか?

あれ 嘘です。

なんで嘘なんか。

中川さんが邪魔だったから
言っただけ。

邪魔…。

佐久間さんのこと 好きですよね?

それ なんか うざって思ったんで。

邪魔すんなって思って
言っちゃっただけです。

じゃあ…
どうして男の人と 2人きりで。

いや だって

種はたくさん撒いといたほうが
よくないですか?

えっ?
1人に愛されるより

100人に愛されたほうが
よくないですか?

自分が幸せになるためなら

保険くらいかけるでしょ!普通。

いやいや…驚きすぎでしょ。

中川さんって

本当に頭の中 お花畑なんですね。

好きになった人が
必ず振り向いてくれるって

信じてるんですか?

それで!

本当に幸せになれるんですか?

なりますよ。

それを言うなら 中川さんこそ
それで幸せになれるんですか?

せっかく佐久間さんと
デートできたのに

なんで あっさり退いたんですか?

それは だって…

鴨志田さんと
付き合ってるって思ったから。

ほんとに好きだったら
関係なくないですか?

そこで退いたってことは

そこまで好きじゃなかった
ってことでしょ?

自分は中途半端な感じで

私に とやかく言うの
やめてもらえますか?

少なくとも私は ちゃんと
自分に正直に生きてるんで。

あなたたち だいぶひどい。

まあでも こういう経験も

いい一歩って言えるかもね。

え?
ぶつかって 痛みを覚えた。

♬~

ヤマアラシの距離の話
したわよね?

針が当たらない
ギリギリの距離の話。

ほんとに伝えたかったのは
ヤマアラシだって

最初から このちょうどいい距離を
わかってたわけじゃないってこと。

何度も刺さって 痛い思いもして
やっと この距離を掴むの。

だから 痛みを恐れちゃダメ。

痛い思いもして 自分の
本当の気持ちに向き合わなきゃ。

本当の気持ち…。

そう。

確かに 私は 自分自身と
向き合ってこなかったです。

昔から傷つくのが怖くて
人と深く関わることを避けてて

気づいたら
透明人間になってました。

確かに 透明人間になれば
傷つかずに済むかもしれない。

でも それじゃ 寒いでしょ?

「痛みを恐れず、
本心に向き合った者だけが、

前に進むことができる!!」。

逃げてちゃダメ。
ちゃんと自分の心に素直になるの。

おはようございま~す。

ん。

わかりました。

あのぉ…木原さんからです。

たっつんのアドレス消して
ごめん。

よかれと思ってやった。

うじうじ逃げるな
と思ってやった。

でも確かに あんたが言う通り

あたしは
サバサバ極論干上がり女。

一切 関わらないようにするか

相手のこと考えずに
ずかずか乗り込んでくことしか

知らなかった。
知ろうとしなかった。

それも 逃げなのかも。

♬~

巨人だ…。

大丈夫。たっつんの電話番号は
指が覚えてる。

私も ちゃんと逃げずに勝負する!

あ たっつん?今 大丈夫?

朝からごめんね。
1分だけでいい 聞いて。

私 ほんとに
あなたのことが好きだった。

いっぱい つらい事もあったけど
いっぱい夢も見させてもらった。

本当に…ありがとう。
ちゃんとお礼が言いたかった。

私は私で頑張るから
音楽 頑張って。

じゃあね ほんとに バイバイ。

♬~

皆本さんが 大きく見えます。

巨人だ…。

♬~

(水島)
予約数 少し伸びたとはいえ
まだ合格ラインには達してない。

今 森君が営業 頑張ってくれてる。

≪おつかれさまです≫

うちとしてはパブリシティー関係も
やれることは全部やった。

あとは 店頭の売り上げに
託すしかないな。

まだ バレンタインまで
6日あります。

まだ何か
できることはあるはずです。

(水島)
でもなぁ 考えつくことは全部…。

あの時 こうしてればよかったって
後悔したくない。

何か考えましょう。

サンプル 配ってきます。

それは 森君がすでに手配して
業者がやってくれてるよ。

でも 何もしないよりは
1人でも多くの人に

味を知ってもらいたいんです!
食べてもらえればわかるはずです。

行ってきます!
(水島)あ…。

あんな必死な萌 初めて見た。

俺たちもやりましょう。

(水島)
何もしないよりマシか。行こう。
≪はい!≫

(萌)グッチョス製菓の
カウカウチョコです!

ありがとうございます!
おいしいので ぜひ
ご試食してみてください!

思いが伝わるチョコ。
カウカウチョコです!

よろしくお願いします。
シンプルに味で勝負!

カウカウチョコ!
カウカウチョコ。

(唯・まなみ)私も 買う買う~!!

(萌)ご試食してみてください!
よろしくお願いします。

カウカウチョコです。
ありがとうございま~す!

カウカウチョコです。
お願いします。

カウカウチョコです。
よろしくお願いします。

お願いします!
ありがとうございま~す!

カウカウチョコレートです。
どうぞ。

ありがとうございます。
ありがとうございます!

美味しさ
わかってくれるといいな。

はい。

わかってくれる きっと。

軽いね。
ねえ。

あれ 何?

うちのチョコ配ってる。

お~ 上手 上手 スゴイ!

え?誰?

ありがとうございま~す。

あの…。

あっ…ちょっと!

ハァ…アッ…ハァ…ハァ…。

中川さん!?

なんで?
すみません!!

なんで 中川さんが?

すみません!余計なことして。

あのぉ…みなさんが
頑張ってるのを見てたら

いてもたっても
いられなくなっちゃって。

え?

決して 下心とかではなくて
あのぉ…。

下心?

佐久間さんが好きだから
とかじゃなくて 純粋に。

え?

え?

あ…今のは違います。
はい すみません。

痛い思いもして

自分の本当の気持ちに
向き合わなきゃ

逃げちゃダメだ…。

♬~

あのぉ…
やっぱり 違わないです。

え?

正直に言います。

私は…あなたのことが好きです!

高校生の時から
ずっと好きでした!

好きでした…。

ありがとう。

想ってくれてたのも

うさぎのことも。

ありがとう。

でも…ごめん。

気持ちは嬉しいけど

好きって気持ちに
応えることはできないんだ。

今は 誰とも付き合う気はなくて。

ごめんなさい。

はぁ…。

えっ!

何あれ ちょっちょ…。
うん?

何 あれ?
あっ 何あれ!?

ちょっと…ああ。

何奴!?

あっ どうも。

中川さん?
え 何 どうした?

言っちゃいました。
えっ?

佐久間くんが 好きだって。

マジか!えっ 結果は?

そっか。

まあ…でも頑張った。

今夜は 私の胸で泣け。

泣いてない…。
いい笑顔。

ふふっ…。
何?

《自分の心に素直になるって
勇気がいるけど…

気持ちいい》
♬~

《神様 私は もう

透明人間やめます!》

目標ラインは
何とかクリアできました。

飾りたてずに
味で勝負するっていうのが

口コミで広がっていて
バレンタインが過ぎても

結構 売れ続けてます。

やはり 御社が提示してくださった
コンセプトは

間違ってなかった。

ありがとうございます!

これからも
よろしくお願いします。

こちらこそ!
よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

ほんと おいしいですね これ。

甘すぎないのが
クセになりますね。

大人の恋みたいにな。

よくわかりません。

うま~ 箱買いしよ。

んっ!これ
森さんにも持ってってやんなよ。
えっ?

喧嘩したまんまでしょ。

あとでね。

♬~

あっ…あっ…。

あの。

今は
誰とも付き合う気はないって

中川さんに言ってましたよね?

ああ うん…聞こえてたか。

でも 今はってことは

1か月先は
わからないってことですよね?

えっ?

私も
やれることはやるつもりです。

♬~

(足音)

(尚美)涼太!
おうっ!

(尚美)行こ。

♬~