ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

人生が楽しくなる幸せの法則 第3話 夏菜、高橋メアリージュン… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」 第3話』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. ブス
  2. 福田
  3. 木原
  4. 小松
  5. 頑張
  6. 自分
  7. 評価
  8. 他人
  9. 神様
  10. ジャイアントフーズ

f:id:dramalog:20190125061316p:plain

『木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」 第3話』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」夏菜高橋メアリージュン出演[字][デ]

夏菜高橋メアリージュン出演!相席スタート・山﨑ケイ人気エッセーをドラマ化!人生迷走中の女子3人と神出鬼没の神様が繰り広げる、笑い・涙・ラブありの痛快コメディー

詳細情報
出演者
中川彩香…夏菜
木原里琴…高橋メアリージュン
皆本佳恵…小林きな子

ちょうどいいブスの神様…山﨑ケイ(相席スタート

佐久間涼太…和田琢磨
鴨志田萌…佐野ひなこ
福田真司…山本直寛

森一哉…忍成修吾
松澤初美…伊藤修子

吾妻博和…徳井優
神原重吉…田山涼成

【第3話ゲスト】
林家ペー林家ペー
番組内容
彩香(夏菜)、里琴(高橋メアリージュン)、佳恵(小林きな子)は自己評価と他人の評価が違いすぎる。ちょうどいいブスの神様(山﨑ケイ)から「あなたたちは自分が見えてない!ブスと認めたのなら人並み以上の努力をしなきゃダメ!」と発破をかけられ、3人それぞれに挑戦し始める中、里琴が新人の福田(山本直寛)の教育係を引き受ける。しかし福田は取引先に絡んだミスを起こし、彩香は里琴と一緒に、ある無謀な行動に出る…。
制作
【脚本】
山岡潤平
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
沼田賢治
村本陽介
大沼知朗
森安彩
【演出】
菊川誠
音楽
仲西匡
羽深由理
【主題歌】
「Waiting For U」TANAKA ALICE(よしもとミュージックエンタテインメント
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@shiawasenohousoku
【番組公式LINE ID】
@shiawasenohousoku

 


(彩香)んっ?

(佳恵)だっせぇ!
(里琴)いや あんたもだから。

いたいた 高校生の時 こういう
球技大会でやたら張り切る奴。

腕まくりして
お腹のとこ きゅ~って結んで

あえて へそ出す奴。痛ぇわ~。
いや あんただって どう見ても

潰れた焼き芋にしか見えないから。
いや せめて人間で例えろよ!

♬~

いろいろ つっこみたいけど。
なんで神様だけ綺麗なカッコで
うちらだけ芋ジャ?

(神様)
あなたたちは まだ学びの身。
芋ジャで十分!

さっ ブスの皆さん

今日も幸せになるためのレッスン
始めましょう。
はい!

では 今から皆さんには
自分に点数をつけてもらいます。

点数をつける?
そう!

正直に 今の自分の点数を
思い浮かべてみて。

では それぞれ見ていきましょう。

中川さん。

えい!

えっ?え!?あっ…。

72。

いや あの…前に比べたら

ちょっとだけ頑張れてるかなって
気がするので

あの…ちょっと はい。

では続いて 木原さん。

えい!

なるほど 81。

仕事も ちゃんとしてるし

皆の失敗のフォローとかも
結構してるんで。

まあ でも ブスって認めなさい
とか言われたから 一応。

ほんとは もうちょっと上だと。

では 皆本さん。

えい!

83!?
何?

えっ なっ…何って。

彼が お誕生日祝ってくれたし。

いや あんたたち この2~3年

親以外に
祝ってもらってないんでしょ~?

別に!祝ってほしくないし!
おぉ~負け狸は よう吠えるのぉ。

だぬき!?
犬でしょ 普通。だぬきって。
でも あの羨ましいです。

あの 私は コンビニケーキ
1人で 最近は…なんで…。

コンビニのケーキだって
いいじゃな~い。

ねっ?皆本さん。

ん?えっ もしかして

彼氏が買ってきたのって
コンビニのケーキ?

買ってきてくれたやつ 店の中で
一番高いやつですけど何か~?

でも コンビニのケーキでしょ?
300円くらいでしょ。

お金がすべてじゃない!
はぁ~。

なるほど よくわかりました。

では続いて 周りの人たちが

あなたたちに
何点をつけているのか

見てみましょう。

ん~…ん~…

んん~!

えい!!

低っ!
ちょっ!なんで私の 出てないの?

あ~測定不能ね。

あっ あれか。100点超えたか。

ほぉ~負けまんじゅうは
よく吠えるのぉ。
まんじゅうは吠えない!!

中川さんは ほんっとに

可もなく不可もなく50点。
はい…。

木原さんは 優れた部分もあるけど
それ以上に問題もあり。

55点。

皆本さんは…

あれです。
いや どれ?

自己評価と他人の評価
かなり差がありましたね。

つまり あなたたちは
自分のことが見えていない。

それでは ただのブスです。

今のままでは 幸せになれません!

別に 他人の評価なんて
あてにしてないし。

ほんとに!ただの
融通のきかないブスでいいの?

自己表現が下手なブスでいいの?

悪口ばかりの性格ブスでいいの?

どうすれば…。

頑張るの!
自分がブスだって認めた以上

人並み以上の努力をしなきゃダメ。

わかった?
努力って どんな…。

それはね…。

自分で考えなさい!

(佳恵・里琴・彩香)えぇ~…。

う~ん…えぇい!!

はっ!
ちょっと!

♬~

<これは
人生に迷走する女たちが

幸せを求めて ちょうどいいブスを
目指す物語である>

♬~

おはようございます。

どうしたの?鼻にシワよせて。

昨日の神様に言われたことを
ずっと考えてたんですけど

全然 わかんなくて。

おはようございます。
おはよ…シワ。

要は あれでしょ?
他人からの評価をあげて

30点の差を埋めればいい
ってことでしょ。

(吾妻)おはよう。

おはようございます。

おはよう。

え~何?僕 何か悪いことした?

セクハラとかした?
え?

もし 気づかないうちに
そんなことをしていたら

すいません。

はっ?

はあ?

いや…笑顔でしょ?

笑顔って
イメージ良いものでしょ?

(シャッター音)
ハハハ!

(神原)おはよう~!
(吾妻)
社長!おはようございます!

≪おはようございます≫

偉いねぇ 皆本さん。

えっ?何のことですかぁ?

さっき 会社の近くでさ…。

(中学生)
老人ホーム イージー・ゴー
設立基金

(中学生たち)


老人ホーム イージー・ゴー
設立基金

 

 

 


朝から
いいもの見せてもらったよ。

高齢化社会ですから
私にできることは しようと!

偉い!その心がけ!

イイネ~。
あぁ~!アハハ!

(拍手)

じゃあ!今日も頑張って~!

ありがとうございます!

まさか 評価あげるために。
当然でしょ?

金で解決?
お金でしょ。

いや お金がすべてじゃないとか
言ってなかった?
すべてじゃないだけ。

金で解決できることは 金で解決!
いや 言い切られても。

金で善人の皮かぶるの ひくわ~。
いや 実際に感謝されてるし。

(初美)
誰か 福田君に勤務管理システムの
使い方 教えてくれる?

喜んで。

(福田)えっ?
何?

い いえ…。
ありがとう。

過去3年分の勤務表を
データ化するよう言われてて。

新人教育も仕事ですから。

うちでデータ処理といえば
木原さんだから。

胸 借りるつもりで
いろいろ教えてもらって。

リラックス。

そうだね うん

木原さんが教えてくれるなら
安心だ。

福田君の教育係 頼むよ!
承知しました。

福田君…頑張れ。

はい…。

まさか 自ら いくとはね。
ですね…。

あれで評価あげる気か~。

何がわからないか
簡潔に教えてくれる?

はい。

私も何かしなきゃ…。

♬~

違う。

す すいません…。
謝罪はいいから 進めて。

いいね~ えぐいね~。

(小松)あの~ これ誰か 法務…。

はい!
えっ…え?

や…やります。
(小松)おう ありがとう。

これ 法務から
契約書あがってきたから

社判押して 第一会議室
持っていってもらえる?

わかりました。
(小松)よろしく。

よし…。

≪ハハハ!≫

失礼します。

(神原)ジャイアントフーズさんとは
末永く

いいお取引をと思ってますので。
(長嶋)喜んで。

最高のバッテリーになれると
思ってます。なぁ?

(原)ナイスですね。ハハハハ!

(神原)
うちの期待のホープ 佐久間と
鴨志田が担当いたしますので。

(涼太・萌)
よろしくお願いします。

(神原)
長嶋社長はね 野球が大好きでね。

仕事よりね。
ハハハハ!

プロ野球シーズンが始まると
ファンのチームが負けたら

次の日 人でも殺しそうなぐらい
機嫌悪いですから。

そんなにか?
う~ん どうでしょう?ハハハハ!

今年の開幕戦
いい席 取ってありますから。

(長嶋)
いつも ありがとうございます。
≪ハハハハ!≫

(神原・長嶋)う~い。

(涼太・長嶋)うぃ~。

中川さん?

契約書
持ってきてくださったんですね?

《ナイスアシスト!》

《元気に ハキハキと

印象よく!》

こちら ご確認お願いします!!

声の距離感。

すみません。
なんでも距離感は大事だよ。

はい…。
(長嶋)バッティングもね。

インハイのボールを
こう振ってもダメ。
うん。

体 開いて…ば~ん!
ナイスバッティング!

体 開いて…ば~ん!
失礼します…。

(原)スタンドイン!
(長嶋)分かる?分かる…分かる?

失礼しました。はぁ…。

はぁ…。

それ さっき教えたよね?
はい すいません…。

なんでメモ取らないのかな?
おいつかなくって。

それはさ 一言一句
メモろうとするからでしょ?

要点だけメモるでしょ!普通は。
(福田)すいません。

それに いちいち聞かずに
自分で考えてくれるかな。
はい。

とりあえず今日中に
この打ち込み 終わらせて。

はあ~ ダメだ
イライラしてキレそう。

いや とっくにキレてるし。

募金しとけ 募金。

10円で いい人になれるよ~。

♬~

またストレスが食に…。

もう 別の食べ物になってるから。

はぁ~…やめるわ。

はあ?
もういい。他人の評価なんて
どうでも いいわ。

はい 極論きた。

そもそも 幸せになるためとか
神様 言ってたけどさ

じゃあ 何で 私
今すっごいイライラしてんの?

他人の評価が どうとかって
私は別に

間違ったことなんてしてないし
それ曲げる気もないし

今までのままで
十分 満足してるし

ちょうどいいブスになんて
なんなくていいや!

あの。
何!?

もう ちょっと
頑張ってみませんか?
え?

私は神様の言う通り 今まで
あまり幸せじゃないというか…。

何かが 微妙に
うまくいっていない感じが…。

ごめん 端的に言ってくれる?

幸せになりたいんです。

木原さんも幸せになりたいって
思ったんじゃないんですか?

だったら もう少し
神様の言う通り…。

待って待って。一緒にしないで。

私のこと 何も知らないでしょ。

なのに わかった風なこと言うの
やめてくれる?

「私のためを思って言ってます」
みたいな感じ 出すのもさ。

そういうのがウザいよね
中川さん。

いや 私は ただ…。

1人 勝手に盛り上がって
頑張りましょうって自己中でしょ。

お~。
もう 私はいいから。

負け犬の 遠吠え響く
冬の社員しょ…社い…。

だ だいぶ字余りだな これ。

冬の社員食ど…う
冬の社員食堂~。

(携帯のバイブ音)

私は 今 幸せだもんねぇ~。

え…?

メッセージなしで これだけ?

いや…これ
ご飯 行こうって意味だよね?

たっつん…。

あぁ 違う まただ…。

私 手伝います!

ありがとうございます。

ポイント稼ぎ?

私は 幸せになりたいので。

(吾妻)
ごめん!誰か今日中に コピー機
トナー交換 お願いできる?

あ!私 やっておきます!
お~ ありがとう。

一応 営業部のも点検しといて。
それも やっておきます!

ちょっと!必死すぎない?ハハ…。

♬~

(小松)ふ~く~だ!

一杯 行く?
え?

飲みたいんだろ?ん~。
それ 小松さんじゃないですか。

森さんも来るって。
って お前さ 今日さ 木原さんに

しぼられて しぼられて
しぼられて しぼられて…

もう しぼりカス!おから!
お前 もう おから!

ね 息抜き 付き合うよ?
でもさ でも…。

私やっとくよ。
(小松・福田)え?

福田君 それ あと少しだよね?
それくらいなら 私

全然できるから。
ありがとうございまぁす!

ありがとうございまぁす。
はい いきましょう!

(福田)いきましょう!
(小松)本日の業務終了!
お疲れ様でした!

じゃあ あと お願いします!

(小松)どこ行く?
(福田)どこでも いいっす。

よし…!

(涼太)あ 良かった。

頼んでた備品 もらえるかな。

あ そのダンボールの中に
まとめておきました。

ありがとう。

残業?
あ はい。

1人?

いろいろ
やることが終わらなくて…。

頑張ってるね。
《え…!》

《佐久間君が
ほ 褒めてくれた?》

今 みんなで ご飯 行こう
ってなってんだけど

後からでも
よかったら合流しない?

《えぇ!神様!嬉しい!!》

《嬉しいけど 仕事がぁ…》

今日は ちょっと やらなきゃ
いけないことが たくさんあって。

あ…。
あの…すいません。

ううん。ごめんね 邪魔しちゃって。
邪魔なんて!!そ そんな…。

また行こう。

はい!

《なんで こんなに安請け合い
しちゃったんだぁ!》

ブス。

《気をとりなおして》

《佐久間君が誘ってくれようと
したのは事実!》

《つまり 頑張ってれば
またチャンスは来る!》

《また行こうって
言ってくれたし!》

《頑張る 頑張る!頑張る!!》

♬~

おっと…。

♬~

♬~

頑張ってれば きっと…。

(女性達)ごちそうさまでした~。
(水島)
はいはい じゃあ また明日~。

(希美)
水島さん もう帰るんですか?

(水島)おじさんは眠いんだよ。
(唯)そんな
おじさんじゃないですよ~。

≪寝てる人いるかな?≫

(萌)ねえ 佐久間さん
もう1軒 行きましょうよ!

もう1軒 あ~ そうだね。
うん 行こう。

《私は 何してるんだろ》

ハッ ハッ…。

(男の声)うぉええ!

何…野良犬?
(男の声)うぉええ!

(小松)吐いちゃえ 吐いちゃえ。
よ~し。

(森)大丈夫か?
(福田)すいません。

うおぉいえ…おぉいぇい。

(森)オーイェイ?
(福田)おぉいぇい。

福田 オーイェイなの?ハハハ!

いいね。でも こんなになるまで
飲むなんてさ

よっぽど木原さんへのストレス
たまってたんだね。

(福田)
いや ほんと 自分が 悪いんで。

きつく言われたのか?
かなりな~。ハハハ…!

まぁ 確かに口は あれだけど

間違ったことは言ってないからな。
(福田)はい。

いや ほんと
自分がダメダメなんで。

なんていうか 今まで
基本 何とかなるよなって感じで

生きてきてて
責任感とか結構なくて。

あぁ それはダメだな。

はい。
…にしても 木原さんの
言い方は あれですよ。

なまじ言ってることが
正しいから

何も こっちが言い返せなく
なるじゃないですか。

で 結果 話すのが
めんどくさくなるんですよ。

ああいうパターンの人
絶対 友達いないですよね?

「友達いない」は言いすぎだろ。

お前も酔ってんな!ん?

酔ってるなんてね
正論は いいんすよ。

ほら 酸素って
あるじゃないですか?

生きていく上で
必要不可欠なやつ。

でも あれってね とりすぎると
死んじゃうんですよ!

あれ?今なんか いいこと
言ったな。いいこと言った気配。

ねえ 福田 俺 今なんて言ったの?
ねえ 福田 俺 今 なん…福田。

すいません ちょっと黙って…
黙ってもらっていいですか。

は~い。
うぅ~。

あっち あっち…!
(森)水 買ってくるわ。

あっち あっち…そうそう。
はいはい あ~ダメダメ…!

はぁ~。

神様 悲しいです。

あなたたちは
なんにも わかってないようね。

木原さんは 他人に
いい印象を持ってもらおうと

笑顔や新人指導を
頑張ろうとしたけど

すぐに諦めた。

中川さんは
頑張ってるのは確かだけど

むやみやたらに 全部 引き受けて
明らかにキャパ超え。

さらに それが結果に
結びつかず行き詰まってる!

こんなに頑張ってるのに~って
今にも腐りそう。

皆本さんは ただの怠け者。

金で解決しようとしたり
恋人の存在に逃げたり。

他の2人を見て
必死すぎ~って鼻で笑って

ただ楽してるだけ。

そもそも どうして私が
自分の評価と周りの評価の差を

あなたたちに教えたのか 考えた?

あなたたちは
自分に点数をつけたとき

自分のいいところだけを
主張した。

(佳恵)それの何が悪いの?

じゃあ ここで
あるものを見てもらいましょう。

じゃあ ここで
あるものを見てもらいましょう。

コロンブス君!
(コロンブス)は~い!

また こいつかよ!
簡単なテストよ。

またぁ?

今から皆さんには
この中に 背番号が88の

青のジャージを着た学生が
何人いるか

探していただきま~す。

よ~く見ててください。
指で数えてもいいです。

青の88番が何人いるか
注意して数えてくださいね~。

では スタート!
(スタート音)

♬~

あっ…。

♬~

(終了音)

では 青の背番号88の学生は
何人いたでしょうか?

簡単。3人。
え 4人じゃなかったです?

皆本さんは?
3~4人。

はぁ?
大丈夫 私 答えわかってるから。

はぁ!?
正解は…。

3人です。
よし!
やっぱり~。

はぁ?
これ 何のテストなんですか?

はい。ではここで 皆さんに
もうひとつ問題です。

この動画の最中 学生たちの間を
あるものが横切りました。

さて それは一体
何だったでしょう?

はあ?
え~!?
あるものが 横切ったんですか?

そう。堂々と横切った。

(タイマー音)

(不正解音)
わからない?じゃあ もう一度。

(スタート音)

♬~

♬~

こんなのいた!?

いたんです。
全然見えてなかったです。

あなたたちは完全に
「見えない林家の迷宮」に

ハマった状態なの。

見えない林家の迷宮?

そう!人は 自分が見たいものしか
見ないものなの。

だから
自分のいい部分しか見ない。

でも大事なのは そこにあるはずの
見えてないものなの。

もしかして 欠点…ですか?

その通り!

自己評価と他人の評価の差

これは あなたたちが
自分で見ようとしない

欠点のせいなの。

他人の評価
つまり見返りを求めて

無理にいいことを
しようとする前に

自分の欠点を
見つめ直すこと これが必要なの!

あなた。
はい。

見返りを求めるあまり
必死すぎてダメ!

一旦 落ち着いて行動しなさい。
はい。

あなた。

頑固なブスは
周りを気分悪くさせるだけ。

柔軟性を持って。

あなた。
性格ブスは誰の得にもならない。

温かく他人を見る優しさを
持ちなさい。

♬~

「ちょうどいいブスは
1日にしてならず!!」。

♬~

(小松)木原さん!?

あっ。

あの!うちの福田
これでも頑張ってるんで

叱るばっかじゃなくて
認めてやってください!

(福田)小松さん いいです。
(小松)いいんだよ。

進みかけた船だから
もう言っちゃおう 全部。

いやいや 進みかけた船なんて
聞いたことねぇよ。

(小松)
いいよ もう言っちゃおう。
ここまで来たら言っちゃうよ 俺

怖いけど。木原さんね

見た目は
すごい綺麗なんですから

何て言うか こうもっと
愛想よくしてくれたら

うちの福田も こんななるまで…。
は?

え…。

見た目は綺麗なんだから?
何それ。

いや それはその…。

それと福田の件に
何の関係があるの?

できない人間を
厳しく指導して何が悪いの?

ご指導くださるのはね
ありがたいです。

じゃあ 何が問題なの?

(森)小松。

そもそも福田の問題であって
あなたの問題じゃ…。

あぁ もうマジうるせぇな
正論ババァ!!

そんなんだから孤立するんすよ。
友達も どうせいないんすよ!

部屋とか絶対 殺風景でしょ!
小松。

(小松)
世の中 正解と不正解だけじゃ
ないんですよ!

(森)
小松!もういいよ 飲みすぎ!
行くぞ。

まだ言い足りないです。
絶対 部屋とか生活感ないですよ。

必要最小限のモノしか
置かない事を良しとするんですよ。

木原さん…。

はぁ…意味わかんない。
なんで正しいことしてんのに

あんなこと
言われなきゃいけないわけ?

イラつかなきゃいけないわけ?

木原さんは
間違ってないと思います。

でしょ?

でも…

ちゃんと しすぎちゃってるから
こう…

周りの人には もしかしたら
プレッシャー…?

じゃあ どうすればいいの?

どうすれば
正当に評価されんのよ。

え?

見た目は悪くないって
言われてきたけど。

でもそのせいで 頑張っても

「あいつは綺麗だから
エコひいきされてる」って

陰口叩かれまくって。
意味わかんないでしょ。

ねたみか何か知らないけど。

だから私
全部ちゃんとしようと思ったの。

一切 そんな陰口叩かれないように
してやろうと思ったの。

なのに 結局 陰口叩かれてるし。

理解なんてしてもらえない。

木原さん…。

まぁ 別にいいけど 慣れてるし。

♬~

おはようございます!
何それ。

あの…昨日考えたんですけど
やっぱり同じブスなら

暗いブスより
明るいブスがいいかなって。

(吾妻)よし…。

小松君。
(小松)は~い…。

ヘヘヘ…頼めなさそうだね。

何ですか?
野球のチケット。阪神戦と巨人戦。

野球…といえばビール。
うっ…。

気持ち悪い 吐きそうです。

何 言ってんだよ。
野球に罪はないだろ?

1つは坂本物産さん もう1つは
ジャイアントフーズの長嶋さんに

送ってほしいんだ…木原さん。
はい。

あの ジャイアントフーズさんと
坂本物産さんにお願いできるかな。

わかりました。
ありがとう。

福田。
はい。

これ送付しといて。

わかりました。

急いでね。
二日酔いは理由にはならないから。

はい。

♬~

(トイレの流水音)

あぁ~。

何やってるんですか?
少し汚れてたから 掃除してるの。

なんで そんなことを?
だから 汚れてるから。

いや 誰も見てませんけど。

ハッハッハ…何それ?

だって え!?
誰も見てないのに

なんで そんないいことを?

別に 見てもらいたいと思って
やってないから。

汚い場所より 綺麗なほうが
みんな 気持ちいいでしょ。

はぁ!?

あんた何やってんの!?
す すみません。

はあ…。
(吾妻)どうした?どうした?
どうした!?

福田が ジャイアントフーズさんに
巨人戦のチケット送ったって。

え!!それはまずいよぉ!

社長が長嶋さんで
秘書が原さんだったから

つい 巨人ファンだと思って…。

いやいや あそこの社長さんはね
阪神の大大大ファンなんだよ。

しかも 大の巨人嫌い。

巨人戦のチケット
送ったなんてなったら

喧嘩 売ってるようなもんだよ。
取引が なくなるかもしれない。

だから なんで聞かないの!?
だって いちいち聞かずに
考えろって。

どうも すみません。
ジャイアントフーズさんに

チケット手配してくださったと
聞いて ひと言お礼に。

実はね
まずいことになったんだよ。
(涼太)え?

チケット 間違えて
送っちゃったみたいで。

とりあえず社長に相談するか…。
皆さん!落ち着きましょう!

今 意外と落ち着いてたけどね。
チケットって
発送したばっかりですよね?

はい。
ということは まだ配達中

ジャイアントフーズは
ここから2駅だから

まだ間に合うかもしれません!

もぉおおお!
マッハ運輸でしょ!?

はい!
え?何する気!?
追いかけるんですよ!

木原さん!ちょっ…。

すいません!すいません!

ジャイアントフーズさんまで
どれくらいで着きます?

ジャイアントフーズさん?
あ~ 近いんだけど

今 事故渋滞でね。
え?
かなり時間かかっちゃうよ。

じゃあ…走ります!

走る!?
だって タクシー無理なら
仕方ないでしょ!

柔軟に考えないと!

きっと なんとかするからね。
お願いします。

大丈夫かな あの2人。

青春ドラマじゃあるまいし…ね。

♬~

こっちの方が近道です!
こっち!

♬~

ここ 抜け道です!
こっち!

♬~

てか なんであんたが
ついてくんのよ!

木原さんに もしものことが
あったら 私がバトンを!

は!?
私は 木原さんのこと
嫌いじゃないんで!

木原さんは 他人の評価なんか
気にしない

悪口なんて言われるの
慣れたって言ってましたけど

私は気にします!

木原さんが
悪く言われるのは嫌なんで。

うおぉ~!
私は 悪くな~い!!

♬~

もうダメ…運動不足…。

無理…はぁ はぁ…。

暗いブスより 明るいブス。

え?

落ち着きのないブスより
落ち着いたブス。

頭の固いブスより 柔軟なブス。

手を貸さないブスより…。

手を貸すブス!

♬~

♬~

うお~っ!

なんで あんたが先に行くのよ!

♬~

♪~(トラック運転手の鼻歌)

(急ブレーキ音)

(里琴・彩香)はぁ はぁ はぁ…。

(トラック運転手)
何だ あんたたち!死ぬ気か!

ブスは死にませぇ~ん!
ちょうどいいブスになるまでは!
はぁ!?

封筒!長嶋社長あての封筒
ありますか!?
それ 間違いなんです!

あぁ 知ってるよ。

ええ!?
はあ!?

考えたらわかるでしょ?

まだ荷物 着いてないなら
運送会社に電話して止めりゃいい。

ほんと まだまだ。

じゃあ 走った意味
ないってことですか?
先に言ってよ!

いや 言う前に走り出してたし。

はぁ…。

でも…かたじけない。

ブスが武士になった!

すみませんでした。

次からは ちゃんと聞いて。

はい。

じゃあ行くよ。

準備して。
え?

お騒がせして すみませんでした。

(福田)すみませんでした!

いや 大丈夫です…。

(萌)
わざわざ ありがとうございます。

木原が 福田のために
頭 下げた…。

♬~

あの 木原さん…。

昨日は 酔ってたのもあって
言いすぎました。

すみませんでした。

言いすぎたってことは 普段から
そう思ってるってことでしょ。

伝えてくれて 勉強になった。

♬~

なんだろう?あなたたち2人

昨日よりも 綺麗に見える。

皆本さんもです。
知ってる。

(拍手)

ようやく 気づいたようね。

はい!
やっと わかりました!

自分の欠点を
ちゃんと受け入れる。

そして それを
少しでも直す努力をする。

そうすれば 周りの評価は
自然についてくるんですね。

♬~
暗いブスより 明るいブス。

愛想が悪いブスより
愛想のいいブス。

性格が悪いブスより…

優しいブス。

そう 周りの目を気にするより
自分自身を見つめ直すの。

また ちょうどいいブスへ一歩
前進できたわね。

まだ 一歩?

道は長い。

ちょうどいいブスは
1日にして成らず。

そう!ちょうどいいブスは
1日にして成らず。

(佳恵・里琴・彩香)
ちょうどいいブスは
1日にして成らず!

ちょうどいいブスは
1日にして成らず!

(佳恵・里琴・彩香)
ちょうどいいブスは
1日にして成らず!

♬~

おつかれさまです。
おう おつかれ。

♬~

あ~ ダメだ!まだ見て欲しいと
いう気持ちが溢れ出てくる!

見返りは求めちゃダメなのに…。

まだまだ修行が足りないな~!
あ~!ああっ!

♬~

(希美)
ねぇ なんか総務部の人が
必死に掃除してて

入れないんだけど。

(唯)てか最近 総務の人たち
必死すぎてウザくない?

わかる!あの3人でしょ?
そうそう!

いい人たちだと思うけど?

(唯・希美)え~?
ん?

あっ…お疲れさま。

どうも。

《何で?こんな偶然…
ラッキー!》

《何か 何か話さないと…》

エ エレベーター 遅いですね。
そうだね。

《何言ってるの!

そんなこと
言いたいんじゃないくせに!》

この間 すみませんでした。
ご飯 誘ってもらったのに。

あ いや 全然。

はぁ…。
《黙るな!

暗いブスより 明るいブス!

そして 誘わないブスより
誘うブス!》

あの!

今度また行こうって
言ってくださいましたよね?

ごはん…。

あ もし…
もし 良かったら 今度…。

ああ ぜひ。

ほんとですか!?

今度の日曜 どう?
え!

《えっ 仕事終わりとかじゃなくて
日曜?わざわざ?

これって…これって
いわゆるひとつの…

デートですか!?
デートですか?》

予定ある?

ないです!!

よかった。じゃあ。

《予定はないけど 問題あり!

神様!デートって
どうすればいいんですか!?

どうすればいいんですか~?》

♬~