ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

刑事ゼロ 第3話 竜雷太、沢村一樹、瀧本美織、寺島進、横山だいすけ… ドラマのキャスト・主題歌など…

『刑事ゼロ #3』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 永久
  2. 誘拐
  3. 内海
  4. 身代金
  5. 輝くん
  6. 犯人
  7. 本当
  8. 電話
  9. 息子
  10. 茂木

f:id:dramalog:20190124211219p:plain

『刑事ゼロ #3』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

刑事ゼロ #3[字]

大好評の沢村一樹主演・新作ミステリー!平成最後のヒーローは“記憶のない”刑事…20年間の記憶を失い“ゼロ”になった刑事が、これまでにないアプローチで難事件に挑む!!

詳細情報
◇番組内容
記憶をなくした刑事vs逆回転誘拐!?資産家の夏富輝一郎(竜雷太)が1億円の現金を強奪される事件が発生。記憶喪失を隠しながら刑事をしている時矢暦彦(沢村一樹)と相棒の佐相智佳(瀧本美織)は前夜、謎の電話がかかってきたことを聞き出す。「身代金は受け取った。人質は解放する」という内容だったが、誘拐された人間など誰もいないという。通常とは全く逆の流れで一連の出来事が起きる奇妙な誘拐事件…その真相は!?
◇出演者
時矢暦彦…沢村一樹
佐相智佳…瀧本美織
福知市郎…寺島進
内海念也…横山だいすけ
背川葉奈…猫背椿
根本留夫…渡辺いっけい

【ゲスト】
夏富輝一郎…竜雷太
夏富紗輝子…中原果南
夏富武臣…佐伯新
茂木潤三…大浦龍宇一
◇脚本
戸田山雅司
◇監督
田村直己(テレビ朝日
◇音楽
横山克、Evan Call
◇主題歌
THE YELLOW MONKEY『I don't know』(ワーナーミュージック・ジャパン
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英テレビ朝日
【プロデューサー】川島誠史(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、望月卓(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/keiji-0/
☆Twitter
 https://twitter.com/keiji_zero2019

 


なんだったら
お前本人は いいや。

(電話)

(夏富紗輝子)
もしもーし。 鳴ってますよ。

(夏富武臣)はい 夏富です。

(ボイスチェンジャーの声)
「身代金は受け取った」

「誘拐した息子は解放する」

身代金? 解放?

なんの話ですか?

(電話が切れる音)

もしもし?

(紗輝子)あなた どうしたの?

(武臣)いや…
誘拐がどうしたとか。

房枝さん 輝は?

輝様でしたら ご自分のお部屋に。

何? 呼んだ?

どうせ いたずら電話でしょ。

気にする事ないわよ。

♬~

♬~

♬~

どうぞ。

(茂木)失礼します。

パパ いってらっしゃーい。
お気をつけて。

(ブレーキ音)

(武臣)ああっ… はあ…。 あっ…。

大丈夫ですか?

あっ なんだ お前!

よせ! やめんか!
やめ…!

ちょっと待て!

(武臣)あっ あっ あっ…。

あっ! あっ… わしの…。

何してる!
さっさと警察を呼ばんか!

(武臣)は… はい!

ちょっ… おい!

いやあ…
現金強奪事件なんて初めてだよ。

私の記憶が正しければ

元祖・時矢刑事は 過去20年間で
8件 担当しています。

そうなの?

内海さん。
(内海念也)うっす。

現金強奪って 被害者は?

ああ 貴金属買い取りチェーンの
ナツトミって 知ってるっしょ?

はい。
(内海)そこの夏富輝一郎会長だよ。

(福知市郎)海外のバイヤーの取引で
この駐車場に来たところ

買い取り資金の1億円を
強奪されたそうだ。

調べたのは俺だ。

(背川葉奈)時矢刑事!

防犯カメラに 犯行の一部始終が。

どうして 1億円もの大金を
警護もなしに 現金で…。

筋の悪い取引相手だったみてえだ。

正規のルートで輸入されたんじゃない
金塊っていう噂もあります。

(輝一郎)馬鹿者!
(たたく音)

(武臣)すいません…。

あーっ!
ああっ…。

なんてざまだ この役立たずが!
すいません…。

(葉奈)評判どおりの
ワンマン会長ですね。

過去に海外マフィアと
トラブルになったって噂もある。

あ~あ… ったくよ。

組対二課に協力申し込むぞ。

おう 内海 行くぞ!
(内海)はい!

ちょっと 大丈夫ですか?

パワハラもいいとこだなあ。

いえ 私が悪いんです。

しょせん 私は
役に立たない婿養子ですから。

今日の事件の前に

何か気になる事は
ありませんでしたか?

いや 特に…。

あっ… ただ
関係あるか わかりませんけど

昨日の夜 自宅に
奇妙な電話がかかってきて。

奇妙な電話って?

それが…
身代金や誘拐がどうしたとか。

誘拐!?

誘拐は… 初めてだっけ?

〈20年間の刑事の経験と知識
全てを失う事は

刑事としての死を意味する
悲劇だ〉

〈しかし それは 同時に

新たな刑事の
誕生でもあったのだ〉

すごいお屋敷ですね。
ねえ~。

こちらには夏富会長も?

(房枝)はい。
元々 輝一郎様のお住まいで

今は 娘の紗輝子様と
ご主人の武臣様もご一緒に。

この… 自分の肖像画 飾るって
すごい趣味ですよね。

時矢刑事
何 失礼な事 言って…!

いやいや すごいって言っただけで
別に 田舎者とか下品とか

言ってないし。
やめなさいよ。

あっ こっちは家族の写真なんだ。
もう~。 ちょっ ちょっ…。

いいから座って おとなしくして。
うわっ 高そう。

あっ…。

紗輝子さん
こちら 京都府警の方で。

お世話になります。

どうも。
お邪魔してます。 あの…。

早速ですが 昨日かかってきた
不審な電話の事を…。

それでしたら
録音がございます。

茂木。
(茂木)はい。

(武臣)以前 仕事上のトラブルで

会長に 抗議や脅迫まがいの電話が
かかってきて

それ以来 電話は
全て録音するようにしていて。

では 再生します。

(ボイスチェンジャーの声)
「身代金は受け取った」

「誘拐した息子は解放する」

確かに
誘拐犯からの電話みたいですけど

「解放する」って…。

ねえねえねえ… ちょっ ちょっ…
ちょっと これ見て これ見て。

背川さんに頼んでさ…
誘拐専従班っていうの?

そこから借りてもらったね
誘拐七つ道具。

ねっ。

これ… これが定番の隠しマイク。

そして これは身代金に入れるね
高性能GPS発信機なんだけど

ちょっと見て見て。
はい ピコッ! ピコッ!

あの… 誘拐事件だって まだ
決まったわけじゃないんですから。

いや… で こっちがね…。
すみません。 本当にすみません。

あの… そもそも
お二人に息子さんって…?

輝という
高校1年の子供が1人。

その輝くんが まさか
誘拐されたりしてませんよね?

ちょっと… 何 無神経な事…。

房枝さん
輝は学校から戻ってきてるよね?

いえ。 いつもなら
お戻りになる時間ですが まだ。

ほら! 案外 本当に
誘拐されてたりして。

まさか…。

(チャイム)

どうかしたの? みんな。

(紗輝子)
輝… 輝 無事だったのね!

ちょっと 輝くん もう 一時は
どうなる事かと思ったよ。

誰のせいで
こんなに緊迫したんですか。

あっ これ… 郵便受けに
変なものが入ってたんだけど。

何… 何? これ。

拝見しますね。

「現金1億円を夏富会長に持たせ

ミヤコスクエアの駐車場まで来い」

えっ? これ…。

(葉奈)
髪の毛はアジア系男性のもの。

縮毛… 俗に言う
縮れ毛 天然パーマってやつね。

科捜研にDNA鑑定も
してもらったんだけど

夏富家の誰とも
一致しなかったわ。

そんなもん たちの悪いいたずらに
決まってんだろ お前。

うっす。 って事は
今朝の現金強盗とは関係ないんだ。

いえ ですが…。
1万円札は鑑定の結果

今朝 夏富会長が強奪された
1億円の中の一枚でした。

下ろしたての新札で

銀行に番号の控えが残ってたの。
何?

同封されたメモにも

「1月15日
現金1億円を夏富会長に持たせ

ミヤコスクエアの駐車場まで来い」
と書いてありました。

それ 先に言ってよ。

じゃあ 犯人は
1億奪っただけでは飽き足らず

夏富会長をこけにするために
こんなまねをしたってわけ?

(書く音)

何やってるんです?

えっ 俺?
はい。

いや 誘拐はさ

本当に起きてるんじゃないかなと
思って。

きたー! 時矢刑事の
超絶仮説タイムな感じ?

あおらないでください。
誘拐なんて起きてません。

でもさ ほら
犯人も電話で言ってたよね?

(ボイスチェンジャーの声)
「身代金は受け取った」

「誘拐した息子は解放する」

…って。 だから
そのメモも併せて考えれば

強奪された現金1億円は

本当に身代金だったんじゃ
ないのかなって。

おいおい 矛盾してんだろ。
えっ?

電話があったのは
現金強奪の前の晩だろ。

犯行予告ならともかく

犯行前に「受け取った」なんて
順序が逆じゃない?

そうなんです!
順序が逆なんですよ!

正しい順番は こう。

1番目。
犯人が人質を誘拐する。

家族は
子供が姿を消した事に気づき

誘拐が発覚する。

で 2番は 犯人が最初の電話で
誘拐したと宣言する。

そして 3番。 犯人は
警察には通報するなと警告する。

家族は迷った末に
警察に届け出て

警察は自宅に来て
逆探知などを準備する。

4番。 犯人は2度目の電話で
人質の証しを示し

身代金の受け渡し方法の
指示をする。

家族は 身代金をかき集め

警察は 受け渡しの時に
逮捕する計画を練る。

5番目。 家族は身代金を持って
受け渡し場所に向かい

警察は万全の追尾態勢を敷く。

犯人は警察の目をかいくぐり
身代金の奪取に成功。

最後に6番。

犯人は人質を解放して
誘拐の終結宣言をする。

(根本)っていうか
誘拐ドラマあるあるみたいだな。

警察が犯人を逮捕しない
あるあるなんて認めません。

あくまでも これは今回の事件を
もとにしたケースだから。

で… ゆうべの電話
あれは間違いなく

この6番目 終結宣言。

(ボイスチェンジャーの声)
「身代金は受け取った」

「誘拐した息子は解放する」

で 今朝 起きた
現金強奪。

これが 5番目の
身代金の奪取でしょ?

でもって さっき届いた
あの1万円札のメモ

あれが4番目の

身代金の受け渡し方法の指示。

で 同封されていた
髪の毛が人質の証し。

だとすると…。

まあまあまあ 確かに
ここに書いてあるとおりですけど。

今回の事件は 全てが

通常の誘拐の順番とは
逆に起きている。

すなわち
超絶逆回転誘拐なんです。

超絶逆回転誘拐?

きたー!

なんで 「超絶」を付けるかね…。

それって
誘拐は これから起きるって事?

あれ? あれ あれ?

(職員)お待たせしました。
ありがとうございます。

夏富輝くんは

武臣さんと紗輝子さん夫妻の…
次男?

あっ ちょっと ちょっと
これ見てよ。 ほら。

「えいきゅう」?
「ながひさ」って読むのかな?

もう一人 息子がいるんだよ。

20年前に 養子として
夏富家の戸籍に入ってますね。

つまり あの家には
輝くんの上に

今年で二十歳になる

夏富永久っていう長男が
いるはずなのに…。

輝という
高校1年の子供が1人。

やっぱり嘘だったんだ。 なんか
そんな気がしてたんだよね。

見抜いてたなら
その時に言ってください。

それに
写真にも写ってなかったし。

だから それが気になって
ここに来たんだけどさ。

写真って?
夏富家の家族写真。

席も1つだけ空いてたし

別の写真なんて
不自然にトリミングされてて

永久くんの写真は一枚も
飾られてなかったんだから。

いるはずの息子が
いない事になってる…?

(房枝)輝様 そのお部屋に
何かご用でございましょうか?

ううん なんでもない。

♬~

どうもありがとうございました。
いやいや お役に立てませんで。

いえ… 失礼します。

あっ どうだった?
駄目ですね。

夏富家には
配達でよく行くそうですが

息子は輝くん1人のはずだって。
ああ そう。

そこのね クリーニング店でも

永久くんなんて息子 知らないって
言われちゃったよ。

いない人を どうやって
調べればいいんだろうなあ?

覚えてないと思いますが
元祖・時矢刑事は

尾行や行動確認も得意で

「ミスター行確」と呼ばれてました。

なんか
2軍に落とされそうな名前だな。

いいから。

♬~

来た。 来た。

金持ちの家の秘密は家政婦に聞く。
これ鉄則です。

どっかのテレビ局で
よく見るパターンのやつだね。

♬~

何かご用でございましょうか?

えっ? あっ… あら 偶然ですね。

新装開店・時矢刑事は

尾行の才能も
忘れちゃったみたいですね。

ご近所の目もございますので
どうぞ こちらへ。

♬~(ピアノ)

あの… 実はですね どうしても
お聞きしたい事がありまして

夏富家の もう一人の
息子さんについてなんですけど。

永久様の事でございますね。

(2人)…はい。

ご存じのように 輝一郎様は

町の質屋から 一代で
大手買い取りチェーンを築かれ

よく言えば
ひとかどの人物であり

悪く言えば 家族さえ信用せず

ご自分の資産には
誰も触れさせない

守銭奴でございます。

随分 明け透けに
話してくださるんですね。

家政婦でも
時に悪口は必要ですから。

なぜ 永久くんを養子にしたのか
教えてもらえますか?

輝一郎様は
娘の紗輝子様に

とにかく結婚して
跡取りを産むよう

幼い頃から
求めてこられました。

それで
武臣さんと結婚したんですね。

ええ。

輝一郎様の部下で
人の良さだけが取りえの武臣様を

婿に迎えられましたが

お二人は子宝に恵まれず…。

永久くんの
本当のご両親というのは…。

ちょうど その頃

武臣様の同級生で
加瀬公仁様という方の奥様が

男の子を出産した直後に
亡くなられてしまい…。

じゃあ その赤ちゃんを
養子に迎えたんですね。

工場は赤字続きで

男手一つで乳飲み子は
育てられないと思った加瀬様は

やむなく覚悟を決められ…。

(加瀬公仁)条件が2つ。

(房枝の声)1つは
永久という名前は変えない事。

2つ目は 養子である事は
本人が成人するまで教えない事。

ありがとう。

しかし
運命というのは皮肉なもので

永久様を養子に迎えられた3年後

紗輝子様と武臣様の間に

とうとう 実子である男の子が
誕生されたのです。

ああ そっか…。
それが輝くんなんですね。

もちろん 紗輝子様も武臣様も

2人のお子様を分け隔てなく
同じようにかわいがられました。

ですが 輝一郎様は…。

(紗輝子)茂木 写真 お願い。
(茂木)わかりました。

永久 外れなさい。

パパ 今日くらい
そういうのは やめて。

聞こえなかったのか?
外れなさい。

(房枝)坊ちゃま こちらで
ジュースを飲みましょう。

(輝一郎)おい 茂木。
(茂木)はい。

(房枝の声)永久様は幼い頃から

自らの境遇に
薄々感づかれてるようでした。

(茂木)
では お撮りします。 参ります。

はい。 もっと笑って。
(カメラのシャッター音)

そっか。
だから あんな写真になったんだ。

何より 成長するに従い

顔かたちが
夏富家の人間には似ていない事。

特にストレートヘアが自慢の
紗輝子様や輝様に比べ

ご自分は縮れ毛である事を

コンプレックスに
感じるようになられて…。

じゃあ あの 1万円札と一緒に
送られてきた髪の毛は

やっぱり…。

輝一郎様は 永久様の事は

最初から いないものとして
扱うよう

家の者全員に
命じられたのでございます。

「いないもの」って
ひどすぎます。

その結果 あの部屋は
開かずの部屋となり…。

えっ じゃあ 今も永久くんは
あの夏富の家に?

(携帯電話の振動音)

奥様からです。 失礼します。

…えっ?

失礼致します。

あっ どうも。
お邪魔します。

(紗輝子)房枝さん どうして
警察の方とご一緒なの?

あっ まあ…
それは ちょっと置いときまして。

また 犯人から連絡があったって
いうのは本当ですか?

はい。
先ほど このような。

(ボイスチェンジャーの声)
「息子が誘拐された事を

警察には絶対に言うな」

「もし警察を呼んだら
息子の命はない」

これ 間違いない。
3番目の「警告」だよ。

まさか…
本当に逆回転誘拐?

輝は… 輝はどこにいるの?

(房枝)さようでございますか。
お手数をおかけ致しました。

輝様は 今 5時間目の授業を
受けておられます。

(紗輝子)あっ よかった…。

あの… 永久くんの部屋って
どこですか?

どうして 永久の事を…?

あちらの奥の扉でございます。

永久くん。

あれ?

いない…。

これが永久くんですか?

これ いつ頃 撮ったんだろう?

(紗輝子)あっ これは…

輝が6歳の冬に
家族で別荘に遊びに行った時に。

じゃあ 永久くんは9歳だ。

永久くんは

部屋に引きこもるように
なったんですよね。

いつから いなくなったか
わかりますか?

それは…。

えっ… 息子さんなのに
そんな事もわからないんですか?

この部屋には
十分な食べ物の蓄えも

お手洗いもシャワーも
ございます。

永久様が
この部屋から出られる事は

めったにございませんので。

ああ… そういう事だったんだ。

これで全部繋がった。
えっ?

永久くんは ただ
いなくなったんじゃないんだよ。

誘拐されたんだ。

♬~

夏富永久さんの部屋から
検出されたDNAを鑑定した結果

送られてきた毛髪は
永久さんのものだと判明しました。

という事は 夏富永久は
本当に誘拐されたって事?

それも
ただの誘拐じゃありません。

逆回転誘拐です。

これまでに起こったのは
6番の終結宣言。

5番の身代金の奪取。

4番の
身代金の受け渡し方法の指示と

人質の証し。

残りは3つ。

犯人は 警察には通報するなと
警告する。

これ 間違いない。
3番目の「警告」だよ。

これも さっき起きました。

じゃあ 2番目の

犯人が最初の電話で誘拐したと
宣言するってのは?

まあ 電話じゃなかったけど
永久くんのパソコンに。

誘拐の宣言はあったってわけか。
じゃあ 一番最初のやつは?

私と時矢刑事が永久くんを捜して
部屋に入った時

引きこもっているはずの
永久くんの姿は

消えていました。

誘拐が発覚したんです。

(内海)すげえ! 6番から1番まで
誘拐が逆回転で起きてます。

ちょっと待て! 逆回転だか
なんだかわかんねえけどよ

なんで わざわざ誘拐の手順を

いちいち追う必要があんだ?
お前。

それは…

ちょっと よく まだわかんない…。

時矢刑事にも
解けない謎があるんだ。

かえって萌える~。

案外 犯人の動機は
金だけじゃなくて

夏富家や夏富会長に対する
根深い恨みかもわからんな。

だとすれば ナツトミと取引で
トラブルがあった商売相手…。

やはり 海外マフィアあたりが
怪しいっすよ。

(根本)
よし 福知たちは その線を…。

よし 行くぞ 内海!
(内海)はい!

…追ってくれ。

気をつけてな。

うーん…。

でも どうして 逆回転にする
必要があったんだろう?

はあ? 逆回転って言い出したの
時矢刑事ですよ。

確かに 誘拐の手順は

6からさかのぼって
1まで来てるんだけど

まだ事件は解決してないし

続きがあるような気が
するんだよね。

1の続き?

…っていうか その前なら ゼロ?

ええ。

この誘拐には
まだ ゼロがあるはずです。

なんか… 超絶かっこいい。

思わせぶりに
つぶやいてるだけだと

思いますけど。

ここって 永久くんの実の父親の
加瀬公仁さんの工場ですよね?

そうだよ。
どうして ここに?

もし 仮に… 仮にだよ

ゼロが 永久くんを 夏富家に
養子に出した事だとすると

誘拐の目的は
彼を取り戻す事なのかもしれない。

取り戻すって…
永久くんを誘拐した犯人って…。

ちょっと… ちょっと!

中に犯人や人質がいる
可能性があります。

危険です!

そもそも なんで
2人だけで来るかな…。

あれ? ちょっと… ちょっと!

「破産」だって。

えっ…?

(ドアの開く音)

(原口紀子)
あの… 何かご用でしょうか?

京都府警です。 そちらは?

この工場を経営していた加瀬の
姉ですけど。

加瀬公仁さんのお姉さん?

加瀬公仁さんは
亡くなったんですか?

ひと月前 居眠り運転で…。

工場の経営も ここ数年 苦しくて。

公仁さんは 20年前 息子さんを
養子に出されてますよね?

(紀子)ええ。

お相手の事は?

(紀子)弟は
何も教えてくれませんでした。

じゃあ 甥御さんに会った事も…?

ええ 一度も…。

ただ ひと月前
公仁のお通夜の晩…。

(紀子の声)最初は
誰かわからなかったんですけど

目元が 若い頃の公仁に
そっくりだったので…。

あの ひょっとして…。

よろしかったら ご記帳を。

♬~

それが 永久くんだったんですか?

多分…。

でも すぐに
いなくなってしまって。

それがゼロだったのかもしれない。
えっ?

逆回転誘拐の始まり
動機が生まれた瞬間。

動機って なんなんですか?

夏富家への復讐… うん…。

1人で納得してないで
説明してください。

永久くんを誘拐したのは…

永久くん自身なんだよ。

♬~

そういえば お通夜の時

もう一人
知らない男の子を見かけて…。

それって…。

この子ですか?

はい。 この子だったと思います。

どうして 輝くんが…。

どういう事だ?
輝が誘拐されただと!?

(房枝)今しがた
郵便受けに こんなものが。

「今度は本当の息子を誘拐した。
警察には通報するな」

日付は 今日でございます。

パパ…。

♬~

(房枝)どうぞ。

輝くんが誘拐されたって
本当ですか?

(房枝)どうやら
三度目の正直のようでございます。

犯人から こんなものが…。
(内海)えっ?

(内海)えっ? 「身代金は3億円」!?

永久の野郎 1億円を奪った事で
なんか 味を占めたのかもな。

やっぱり
犯人は永久なんでしょうか?

「やっぱり」って
どういう事ですか?

(房枝)輝一郎様も 犯人は
永久様とお考えのようでした。

永久の奴…
このわしに逆らうと どうなるか

目に物見せてやる!

茂木。
はい。

車を出せ。

ああ…。

♬~

もう 身代金の受け渡しに
向かったんですか?

正確には 永久様を
成敗に向かったと言うべきかと。

成敗って… 猟銃 持って!?

この手紙に書いてある
この場所って どこですか?

それが 輝の写真は
パパが持っていってしまって…。

心当たりないんですか?

私も
一瞬 見ただけでございますので。

そんな…。

(武臣)あの…。

今度しくじったら
また叱られると思って

会長には内緒で

こっそり ケースに
GPS発信機を入れたんですけど

私 お役に立ちましたでしょうか?

ちょっと ちょっと…。

うわっ…!
素晴らしい! 素晴らしいですよ!

婿養子 上等!

やったー!

京北方面に向かってるみたいだね。

これも 最初から 永久くんの
狙いだったんでしょうか?

永久くんの目的は
夏富家への復讐のはずでしょ?

それにしても
輝くんを誘拐するっていうのは

なんか
違うような気がするんだけどな。

まあ… とにかく急ごう!
ああ 行こう! 行くぞ!

はい。

(パトカーのサイレン)

♬~

(内海のため息)

いません! 金も猟銃も…。

あれ?

これ どこかで見た事あるな。
どこだっけ…。

えっ?
あっ… わかった!

永久くんの部屋にあった
唯一の家族写真だよ。

あの頃 永久くんは

夏富家が本当の家族だって
信じてたんだよな。

…っていう事は 夏富家の別荘。

♬~

輝くん…!

人質 確保!

(内海)奥には誰もいません。

よし 内海 外を捜すぞ!
(内海)はい!

大丈夫? よいしょ…。

ああ… 家を出た永久くんは
ここで暮らしてたんだね。

もう大丈夫だからね。
怪我ない?

ねえ 輝くん。

あのさ ちょっと 輝くんに

1つ
確かめたい事があるんだけど。

逆回転誘拐を思いついたのは

輝くんだよね?

えっ…? ええっ!?

逆回転誘拐には

夏富家の人間の協力が
不可欠なんだよ。

ど… どういう事です?

だって 現金強奪があった日

夏富会長が 取引のために
1億円を用意していたって事は

ひと月前に家を出た永久くんには
絶対に知り得ない情報だから。

1億円とは
吹っ掛けられたものだ。

明日の商談でございましょうか?
場所は?

ミヤコスクエアだ。

その情報を 輝くんが永久くんに?

そうだよ。 輝くんは 永久くんの
協力者だったんだよね?

どうして…?

輝くんは 引きこもるようになった
永久くんと

ちゃんと
連絡を取り合ってたんじゃない?

♬~

(操作音)

(輝の声)永久兄さんは
養子だったんだ…。

(輝)それを知ったから
傷ついて 引きこもるように…。

それで 輝くんは
そんな永久くんの代わりに

本当の家族を捜す事にしたんだ?

でも その時には もう…。

永久くんのお父さんは 交通事故で
亡くなったあとだった…。

そして 輝くんは その事を
永久くんに伝えた。

兄さんは

引きこもるようになってから
初めて部屋を出て

本当の父親に会いに行ったんだ。

(輝)兄さん!

(輝)どうして?
お父さんなんだよね? 本当の。

だったら
ちゃんと お別れしないと。

(夏富永久)
なんて書けばいいんだ…。

えっ?

加瀬永久? 違うよな。

けど 夏富永久でもない…。

俺には もう 名前がないんだ…。

何言ってるんだよ!

兄さんは 僕の兄さんじゃないか!

いや… 10年前のあの日に 俺は…。

(永久の声)あの家には
いないものになったんだ。

あの日から 名前も 家族も…

そして 何より
絶対に取り戻せない 時間を

俺は奪われたんだよ!

時間を奪われた…?

(輝)夏富の家に来てからも
全然いい事なんかなくて…。

おじいちゃんのせいで
部屋から出られなくなって…。

だから あんなふうに…。

それって 巻き戻せないかな?

兄さんが うちに来てから
ずっと苦しんだ その苦しみを

みんなに わかってもらうために

本当に 兄さんが
誘拐された事にするとか…。

誘拐って… どうやって?

そうだ! 時間をさかのぼるような
誘拐をやればいいんじゃない?

それで 逆回転誘拐を…。

でも どうして?

もし 普通の順番で
永久くんが誘拐されたとしても

夏富会長は
身代金なんて払いもしないし

警察にだって
届けようともしなかったはずだよ。

逆回転誘拐なんて
異常な事でもしない限り

誰も 永久くんの事を
思い出しもしなかったんだよ。

現に こうなった今

夏富家の誰もが
永久くんの事を…。

あっ そういえば…。

ねえ 輝くん
ずっと気になってたんだけどさ

逆回転誘拐が
永久くんの苦しみを

みんなに思い知らせる事が
目的だとしたら…。

どうして 永久くんが
あなたまで誘拐する必要が…?

違うよ。 僕を誘拐したのは
兄さんじゃない!

(内海)福知さん!

(内海)ありました。

♬~

(内海)えっ…?

クソ…。
クソ… どこ行きやがった?

(銃声)

えっ…?

行くぞ。
(内海)はい!

銃声!?
嘘!?

金を放して さっさと
飛び込んでくださいよ 会長。

でないと 今度は
本当に当てちゃいますからね。

貴様…! どういうつもりだ!?

ああっ…!
茂木さん!?

(舌打ち)
どうして 茂木さんが…?

(茂木)自分の金には 家族すら
一切 手を触れさせない…。

そんな強欲ジジイから金を奪う
千載一遇のチャンスなんだ

逃すほうが どうかしてる!

このガキとジジイが刺し違え

身代金もろとも ここから落ちて
死んだ事にして

4億の金は 俺が奪って逃げる。

我ながら 悪い計画じゃないだろ?

なるほどな…
それは思いつかなかったな。

感心しないでください!

だけど 私たちが来た以上
もう無理です。

観念して 銃を下ろしてください。

(茂木)どうかな!

見たところ 丸腰だし

あんたらも
巻き添えで死んだ事にすれば

まだチャンスの目はありそうだ。

ちょ… ちょ… ちょっと待って!
ちょっと待って!

あぶな… 危ないから!
ちょっと… 危ないから!

もうちょっと こっちに こう…
ずらして…。

うん… うん?

あの… うん…。

えっ?
何かのサイン?

一回 ちょっと こう 下のほうとか
そっちにやって…。

気づけよ 俺たちのホットライン!

いや わかんない…。
わかんない?

駄目です!
全然わかってないみたい。

まったく…。

ちょっと 茂木さん!
ちょっと待って ちょっと待って。

こっち こっち こっち…。
あの… あの…。

ちょっと こっち…。 ああ もう!
どうしたらいい?

あっ 今日は
すごい ほら 天気もいいし…。

あの… こっち…。

いやいや 違う違う…!
オラーッ!

うわっ…!
オラッ!

オラッ…!

あれ?

うっ!
(茂木)ううっ…!

ああっ!

嘘…。 ああ…。

よいしょ! 内海!
(内海)はい!

よし! 確保したのは俺だ!
(内海)はい!

兄さん! 大丈夫?

大丈夫ですか?

はあ…。 ヒヤヒヤさせるな
この野郎 お前。

俺とお前のホットライン
忘れてんのかと思ったよ

この野郎!
えっ…?

忘れてはいないよ。
むしろ よく覚えてるし。

えっ?
こういうのとか…。

(輝一郎)あいつも逮捕しろ!
わしの金を奪ったんだぞ!

(輝一郎)…ん?

なんだ!? ああっ… ああっ!

おい! ああっ…!

♬~

(輝一郎)何をする!?
(輝)こんなもの…!

こんなもののせいで 永久兄さんが
どれだけ苦しんだか…。

どれだけ苦しんだか…。

ああっ… ああっ ああっ…!

♬~

(内海)逮捕されてから
ひと言も口を利いていません。

こりゃあ
時矢も手を焼きそうだな…。

「輝くんが立てた
逆回転誘拐の結末…」

まあ…

正直言って おとぎ話だよね。

現実は そんなに優しくない。

でも 君は 全てを承知の上で
この計画に乗った。

だって 弟の輝くんが
君のために立てた計画だから。

時間をさかのぼるような
誘拐をやればいいんじゃない?

わかったような事を…。

時間を奪われた俺の苦しみは
誰にもわからない…。

今も そう思ってるでしょ?

時間っていうのはさ
可能性と同じだよね。

夏富の家に入らなければ
君は 引きこもる事もなく

その10年の間に出会えたはずの
友人たちや

その人たちと作れたはずの絆や

つらい事も楽しい事も含めた
経験や…。

記憶を 奪われたんだから。

記憶…。

ちょっと お前 何するんだよ!
今 いいとこなのに お前…。

いいから いいから…! ちょっと
皆さんに確認したい事があるんで

あとは 若い2人に任せて… ねっ。
お見合いじゃないんだから…。

(内海)
時矢先輩 そんな若くないし。

(根本)
痛っ! 痛い痛い 痛い痛い…!

実は…。

俺にもわかるんだよ 君の気持ち。

俺も 大切な時間を
失ってしまったから。

それも 20年。

嘘つけ…。

残念だけど 本当なんだ。

最初は なんで俺が… って

恨んだり 悩んだりもした。

でもね…

確かに 時間は
取り戻せないかもしれない。

ただ…

その空白を埋めるための努力は
できる。

♬~

ねえ 永久くん
1つ 約束してくれないかな?

俺が 自分の事を
ちゃんと話したら

君も 自分の事を
ちゃんと話してくれるって。

そうすれば
君の助けになるかもしれない。

やってみれば? できるなら。

そっか…。

よーし!

じゃあ 何から話そうかな。

(内海)
透明人間が 店長を殺害した…。

透明人間は 苦手かも…。

(但馬正樹)京都府警が
経験した事のない サイバー犯罪です。

なんで 俺の事
にらんでるんだろ?

恫喝して
一課から追い出すなんて…。

(根本)証拠を捏造したって言うの?
もっと やり方があるだろ!