ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

後妻業 第1話 木村佳乃、高橋克典、泉谷しげる、木村多江、濱田マリ、伊原剛志… ドラマの原作・キャストなど…

『後妻業 #01【木村佳乃が遺産を狙う最強の悪女に!愛と欲望のバトル開幕!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 耕造
  2. 小夜子
  3. お父さん
  4. 中瀬
  5. 佐藤
  6. 本多
  7. お前
  8. マンション
  9. 結婚
  10. 金庫

f:id:dramalog:20190122221032p:plain

『後妻業 #01【木村佳乃が遺産を狙う最強の悪女に!愛と欲望のバトル開幕!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

[新]後妻業 #01【木村佳乃が遺産を狙う最強の悪女に!愛と欲望のバトル開幕!】[字][デ]

「最強の悪女が高齢者の遺産を狙う!愛と欲望渦巻くバトル開幕」
木村佳乃 高橋克典 木村多江 伊原剛志

詳細情報
番組内容
武内小夜子(木村佳乃)は、“後妻業”をなりわいとする女。大阪の結婚相談所『ブライダル 微祥』で社長を務める柏木亨(高橋克典)と組み、男をたぶらかす天性の才能で、富裕層の高齢男性の後妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする手法で荒稼ぎしていた。

ある日、柏木の計画のもと、元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)と見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。しかし、
番組内容2
耕造にはまだ財産があることを知り、隠し場所の金庫を何とか開けようと画策する。

その頃、東京では、内縁の夫と設計事務所をかまえる耕造の次女・中瀬朋美(木村多江)が、大阪で一人で暮らす年老いた父の身を案じていた。その矢先、姉の西木尚子(濱田マリ)から耕造が倒れたと知らせが。慌てて病院に駆けつけると、耕造が4度目の結婚をしていたことを知り、さらに、病院にふさわしくない派手な格好で現れ、
番組内容3
耕造の妻だと名乗る同い年の小夜子に驚がくする。

しかし小夜子は、夫婦関係を疑われると、幸せいっぱいの耕造と写った結婚写真を見せ、普段から連絡ひとつ寄こさない朋美たち娘を薄情だと言い放つ。

やがて、耕造の容体が安定したため東京に戻った朋美は、父が結婚詐欺に引っかかったのだと考え、探偵事務所に調査を依頼。すると、やってきたのは朋美の先輩で、元刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)だった。
出演者
木村佳乃 
高橋克典 
木村多江

葉山奨之 
長谷川朝晴 
篠田麻里子 
平山祐介 
田中道子

河本準一次長課長) 
濱田マリ 
とよた真帆

泉谷しげる 
伊原剛志
スタッフ
【原作】
「後妻業」黒川博行(文春文庫刊)

【脚本】
関えり香

【演出】
光野道夫(共同テレビ) 
都築淳一共同テレビ) 
木村弥寿彦(関西テレビ

【企画プロデュース】
栗原美和子共同テレビ

【プロデュース】
杉浦史明(関西テレビ) 
萩原崇(関西テレビ) 
水野綾子(共同テレビ

【制作】
関西テレビ 
共同テレビ

 


♬~

≫あんた最近 グランドゴルフ
来ぉへんやないの

どうしたん?
≫膝… もう体中 がたがたやで。

≫えぇ~?
≫おう このあと どうや 1局。

≫あぁ ええな
負けへんで はははっ。

≪おっ 新郎新婦のお出ましやで。

≪おっ!よぉ~!

耕造ちゃん!おめでとう!

(中瀬)おおきに!
≪耕造さん!

(中瀬)おおきに おおきに。

≪ええ嫁はんやで!
(武内小夜子)ふふふっ。

いや…。
≪代わってくれや!

≪子供 待ってるで 子供!

≪日本一!
≪羨ましいぞ!

幸せや~ ふふふっ。

(回想 柏木亨)相談所に
新しいカモが入ってきた。

 

最初の女房に死なれたあと

別の結婚相談所で
2回 見合い結婚して

2回共 死別しとる。

新しい出会いを求めて

うちに入会してきた。


元は高校の教師で
校長を歴任して退職。

定年後は奈良の短期大学の教授も
務めたらしい。

不動産は

一軒家とマンションを持っとる。


しかも

不整脈の病気持ちや。

 

(2人)

 


♬~

 

わし

3度目の妻にも
先立たれましてん。

 

せやから
どうにもこうにも寂しゅうて。

冥土の土産に

あんたみたいな人と
一緒になれたら

どんだけ幸せやろか。

 

わしは
今日 あんたに会えただけでも

十分 幸せや。 ははっ。

♬~

うち
父親を早くに亡くしてるんです。


せやから

年上の男性に憧れてるんです。

 

 

うちがこれから ずっと

あなたのそばにいてあげます。

えっ えっ

ほんまか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


通い妻いうても やっぱり

ドレッサーぐらい置かんとね~。

 

 

 

 

 

 

 

わしは見たいんや
小夜子の花嫁姿。

 

(小声で)

 


しゃあないな

ほな ウエディングドレスでも
作ろうかな。

 

 

 

 

この中で
一番安いレンタルドレス どれ?

あぁ… こちらの
5万円のものになります。

 

 

 

本真珠?
イミテーション ないの?


えっと…

お会計は6万円になります。

 

 

 

 

中瀬のじいさんの遺言公正証書
意外と はよう取れたな。

書いてくれへんかったら
結婚式 挙げへんって言うたんや。

 

 

 

 

 

あの世にいく前に

ええ夢 見させてやるんやから。

♬~

せやけど じいさん

公正証書
書いてへん財産があって

それを渡そうとせんのや。

家の金庫に鍵かけて

たんまり しまいこんどる。
う~ん

金庫の中の財産もらうまでは
生かしとかなな。

 

死ぬ前に
全部もろてみせるさかいに。

 


おいおい おい 言うとくがな

金は全部折半やからな。

 

 

 

 

(2人)

♬~

はい 耕造さんも一緒に。

何や てれるの~。 はははっ。
ふふふっ。

≫では お2人の初めての共同作業
ケーキ入刀です。

せぇ~の。 わぁ~!ははっ。
≫カシャ カシャ!(シャッター音)

≪いや~。
ふふふっ。

≪耕造さんの家族は来てへんな。

娘が2人おるはずなんやけどな。

いや 長女は実家もろて
大阪におるんやろ?

≪せやけど
次女は東京におるらしいで。

(中瀬朋美)
えぇ~? いや… ちょっと待って。

ねえ 辞めるなんて急すぎるわよ。

いや… あの ねっ?
ちょっと野村君?

ブチッ ツーツー…(不通音)

はぁ? うそ 何で?

野村君 辞めるって。
(佐藤)いや… 何だよ

参ったね 電話一本で辞めるとは。

さすが ゆとり。 やられたわ~。

(吉田)野村君
うち辞めてどうするんですかね?

えぇ~ どうせ 大阪の実家でも
継ぐんじゃないの?

お好み焼き屋やってるって
言ってたから。

(佐藤)大阪か~ そっか。

そういやさ 大阪のお義父さんって
元気なのかな?

あっ…
便りがないのは元気な証拠だよ。

(佐藤)3回も結婚したあげく
今は1人だろ?

寂しいから次の女がいたりして。
えぇ~ やだ。

もう 75なんだから いいかげん
男として終わってるでしょ。

どうだろうな~。 精力的な男は
70過ぎても現役だぞ。

えっ そうなの?
(佐藤)うん。

えっ?
うん。

いや… いやいや。
ん?

まさか。
えっ?

(朋美・佐藤)ははははっ。

≪ひゅ~!
≪イェ~イ!

ふっ ようやるわ。

さすが エースやな。

(拍手)

≪代わってちょうだい!

♬~

 

♬ フン フフフンフン
フンフンフン

♬ フフ~ン フフ~ン
フンフンフン

♬ フフフ~ンフン フンフン フン

♬ フン フフフンフン
フンフンフン

♬ フフ~ン フフ~ン
フンフンフン

♬ フフフ~ン
(着信音)

うん?


う~ん!

何? うち忙しいねんけど!

今 どこや。
本宅。

自分のマンションか?
今から

じいさんのマンション
行くとこやん。

金庫 開けさせるよう
あんじょう気張りや。

どこから目線や。 何様?

お前のバディー様や。 ほな。

♬~

♬~

≫(ドアの開閉音)

≫ただいま~!

おう おかえり!

今日は来れたんかいな。
あぁ~。

ごめんな~ 毎日 来られへんで。

いや… かまへんけどよ。

何で通い婚なんや。
毎日 一緒におったら

お互い嫌なところも見えてくる
って言うたやろ~?

週に3日ぐらいが

ちょうどええんよ。

そうやろか。

まあ わしも
あんたに嫌われとうないさかいに。

あぁ~!おなかすいたやろ?

お昼にしよか。
お昼?

ピザでも頼も!

ピザ?

≪はい
ブライダル 微祥でございます。

はい ご無沙汰しております。

≪ネットで検索できますので

お会いしてみたい方が
いらっしゃればご連絡ください。

ご一緒に すてきなお相手

見つけましょうね。
≫(自動ドアの開閉音)

(頼子)瀬川やけど。

社長いてる?
(ひかり)あの 困ります。

こちらに来られては。

社長は上におりますんで。

あっ そう。 ひっく。

はい。
社長。

うん。
瀬川様がいらしてるんですけど。

呼んでへんわ…。
(頼子)久しぶりやね~ 社長。

表向きの商売
繁盛してるみたいやんか。

表も裏もあるかい。
俺は結婚相談所の社長や。

裏では うちらのボスやんか。

金がのうなったんよ。

新しい獲物 紹介して。

あんたは失敗ばかりしとるさかい
上玉は やれませんな。

はぁ… 何やの。

小夜子にばっか上玉物件 与えて。

えこひいきやんか!
小夜子はうちのエースや。

あんたとは違う。

ふん。

あの女は絶対に失敗せぇへん。

殺しのプロっちゅうことやな。

はい どうぞ。 召し上がれ。

おおきに!

いただきます。

う~ん!うんうん。

う~ん…。
はははっ。

う~ん
デリバリーっちゅうんは便利やの。

あんたと出会ってから

わし ピザ 好きになったわ!

それは良かったな。

ごほっ… 好きじゃ!

おいしい!
はははっ。

はははっ おいしい ごほっ。

よう 漬かっとる。

それにしてもな

あんたの娘ら 年末年始も
顔出さへんつもりかいな。

うん? う~ん。

毎年そうや。

親をほったらかしにして
冷たい家族やね。

みんな自分らのことで
精いっぱいなんやろ。

わしのことなんか興味あらへん。

はい これも食べてや。

(中瀬)おぉ~ ぬか漬けや。

小夜子のぬか漬けは

天下一品やからな~。

うん。

なあ 耕造さん。
うん?

あの金庫は開けへんの?

うん めったに開けへんな。

ふ~ん。

それにしても

ええ女やな。
あぁ~!はははっ。

もう やめて エッチ!

♬~


(佐藤)ははははっ。
ただいま。

(佐藤)いや~ 何だ 井沢先生
まだご健在なんだ。

(絵美里)もう かなりスパルタで。

うわ~ 変わってねぇな!
昔から?

ただいま!
おかえり… おかえり。

あぁ~ びっくりした。

あっ こちら

スタッフ面接に来てくれた
山本さん。

ごめんなさい
戻るのが遅くなっちゃって。

いえ
はじめまして 山本絵美里です。

(佐藤)彼女さ
俺と同じゼミの出身なんだって。

もう懐かしい話
いっぱいしちゃったよ。

そうなんだ。 へぇ~。

少しお話
聞かせてもらってもいいですか?

はい。
はい よし…。

若い子が
急に辞めちゃったもんだから。

え~っと… 山本さんは30歳。

失礼ですけど ご結婚は?

(絵美里)
去年 離婚しまして 今は1人です。

バツイチなんだ。
はい。

あっ でも 子供はいませんから
仕事に支障はありません。

あっ
建築士2級の資格も持っています。

そう。 へぇ~

設計事務所での
勤務経験もあるんだ。

あぁ~ じゃあ お願いしようかな。

ほんとですか?
ありがとうございます。

はっ よし 決まりだね!はははっ。
(絵美里)やった!

改めまして 私は代表の中瀬です。

私も代表の佐藤です。

ここ
夫婦で共同経営してるんです。

(絵美里)あれ? ご夫婦なのに
名字が違うんですか?

(佐藤)うん。 俺たち事実婚だから。
あぁ~。

紙切れで縛られるのはやめようって
そういう選択をしたの。

(絵美里)えぇ~ かっこいいですね。
そう?

(絵美里)何か 大人な関係
って感じで憧れちゃいます。

そんな
褒められたもんでもないけどね。

じゃあ 早速
来週から お願いできますか?

はい よろしくお願いします。

あっ こちらこそ よろしく。
(佐藤)お願いします。

いい子が入ってくれて
ほんと良かったよね。

若くて きれいで
スタイルいいしね。

そう…。

そうだったっけな?

ほい レバにら炒め。
は~い。

はぁ~。

いただきます。
いただきま~す。

あぁ~。
うん おいしい。

レバにら炒め
お父さん 好きだったな。

あっ そうなの?
ずっと帰ってないから

近いうち 顔出さないとな。

あぁ~ でもな
お母さん 死んでから

何か顔出しづらいんだよね。
あっ ビール。

他の女の人と再婚して
再々婚してさ。

まあ 娘としては
そういうお父さんに

あんまり会いたくないじゃない?
(小声で)また始まった。

うん そうだよね。

お父さん 今でも

再々婚の相手と住んでた
マンションに

1人暮らしなんだよね。

実家は
お姉ちゃんの家族がいるから

何か 1人のほうが
気が楽だとか言っちゃってさ。

うん。

私が電話しても

何か うれしそうじゃないし。
へぇ~。

私はさ
高校から東京に出たいって

わがまま言って
出さしてもらったから。

まあ そのころから離れてるし

お父さんも私には
あんまり愛情を感じないのかもね。

なるほど。

…って聞いてる? 司郎ちゃん。
聞いてる?

後は頼む。
はい お疲れさまでした。

はい お疲れさん ありがとう。

よし。

♬~

プルルル…(呼び出し音)

あぁ~ 俺や。

今から行くわ 待っとけ。

♬~

≫ふふふっ。
(繭美)亨ちゃん。

おう。
(繭美)亨ちゃ~ん。

ほんま 来てくれてうれしい。

最近 来てくれへんかったから
寂しかったわ。

これでも忙しいんや。
(繭美)わかってるって。

結婚したい人ら
幸せにしてあげてるんやもんね。

店はねたら うち来いや。

もう 気が早いんやから ふふっ。

はぁ~。

なあ 亨ちゃん。
ん?

ちょっと相談があんねんけど。

何や? 子供でも出来たんか?

出来たらどうする?

俺の子やないな。
もう うち

亨ちゃんとしかしてへんもん。
あぁ~ そう。

そら うれしいな。

あんな
浜通りの るあってラウンジ

今月いっぱいで閉めんねんて。

それでマスターが

店譲りたいって
声かけてくれたんよ。

ええと思わへん?

何や
俺に出資してくれいう相談か?

うちも もうすぐ30なるんやし

店ぐらい持ちたいやんか。

なあ お願い。

お前 俺のこと
ただの金づるとしか思てへんやろ。

亨ちゃんかて
単なるセフレにしか思てへんやろ。

それが 何か悪いんか?

♬~

これ お願い。
へ~い かしこまりました。

じゃあ 確認さしてもらいますね。

セーターが1枚
で スラックスが1本ね

で これが
パンツのように見えて 実は

く~ん パンツです。

えっ これ…。
何やの。

あんたんとこは
パンツ 洗ってくれへんの?

あっ いやいや いや…
だけど そら

お代さえもらえたらね ちゃんと…。
ほな 頼むわ。

いや でも これ あっ あの これ。

耕造さ~ん。

♬~

♬~

お前 相変わらず
料理も洗濯もせぇへんのか。

やるかいな 邪魔くさ。

ふっ。

釣った魚に餌やったら
いつまでも死なん。

そしたら
あんたも困るんとちがう?

優しくし過ぎたらあかん。

じいさんが
うちに情が湧き過ぎたら

かわいそうやろ。

ふっ。 妙な へ理屈にしか
聞こえんけどな。

そうか?

あっ お前 何か
じいさんに手ぇ打っとるんか?

宅配ピザに辛いスパイス
ぎょうさんかけとる。

何や それ お前
えぐいように見えて せこいのね。

ははっ 持病があるし
もう少しで ぽっくり逝くやろ。

まあまあ まあまあ とにかく

遺言書に書いてある遺産は
間違いなく手に入る。

それ以外の金庫の中身は

死んでからでも何とかできるで。

いつまでも
じいさん説得してんのは

時間の無駄ちゃうか?

うん。

せやね 年は またがんと

年内に片づけたほうが
ええかもしれんね。


あっ もしもし お姉ちゃん?
朋美だけど。

(尚子)あぁ~ もっちゃん?

ふふふっ 久しぶり~。

しばらく
大阪 来てへんのちゃうん?

元気してた?
うん 今 忙しい?

ええよ 掃除中やけど。

お父さん 元気にしてる?
バリバリ(煎餅を食べる音)

多分。
多分って。

近いのに会ってないの?

やっぱり 1人が気楽やから
ほっといてくれって言われたんよ。

せやから あんたも
しつこくせんほうがええよ。

えっ そうかな?

うん べつに心配ないと思うで。

家政婦さん 雇ってて

週に3~4回来てくれる
言うてたしな。

そうかもしれないけど。

でも 75なんだから
ほっといちゃいけないよね。

もっちゃん

やっぱ 東京弁かっこええな。

お姉ちゃん 今

お煎餅 食べながら
話してるでしょ。

あっ バレてもうた?
もう。

う~ん じゃあ また連絡するね。

うん。

やっぱり
顔出したほうがいいかな。

はよ行こ はよ~。

は… はよ行こって どこ行くねん。

表行くんなら上着着らんと。

どてら着てるやんか。

はよデート行きたいねん。

耕造さん 行きたないん?

あんたとデートか?
うん。

デートか?
うん。

そうか うれしいな~。
はい 行こ行こ 行こ。

ほんなら 行こ行こ 行こ…。
うれしいな~。

ははははっ。
うれしい うれしい。

はははっ
たまには外で遊ぶのもええやろ。

せやけど やっぱ 寒いわ。

歩いてたら温こうなるって。

あぁ~!

やっぱ 大阪城はビッグやね。

(中瀬)せやけど おい おい

もうちょっと
ゆっくり歩けへんか?

あぁ~ あかん あかん あかん…。
これぐらい速く歩かんと

有酸素運動にならへんって。
小夜子…。

めっちゃおいしそうやわ
耕造さん。

ふぅ~ ふぅ~ ふぅ~
はい 耕造さん 耕造さん

あ~ん あ~ん あ~ん。
あ~ん あ~ん あ~ん。

おいしい? おいしい?

もう1個。
うまい うまい。

はい あ~ん あ~ん。
あぁ~ はははっ。

あぁ~ たこ焼き

めっちゃおいしかったな。
せやな せやな

でもな ちょっと疲れたわ。
ん?

(中瀬)タクシー乗らへんか?
あかん あかん あかん。

健康のためには
歩いたほうがええんよ。

せや 通天閣 行こ!
(中瀬)あぁ…。

行こ行こ!
(中瀬)よいしょ。

はい 耕造さん
はよ行こ はよ はい 持って。

もう… もう 疲れた。

ちょ… 小夜子 小夜子 小夜子。

小夜子…。
早く。

(中瀬)はぁはぁ… 小夜子。
はよ行こ。

ちょっと…
ごほっ ごほっ ごほっ。

小夜子 小夜子 ちょ… 小夜子。

小夜子 俺 き… 気分悪い。

気分が…。

気分…。

(中瀬)小夜子 あぁ…。

♬~

あぁ~。

どれどれ?

プッ プッ プッ プルルル…

うちや 中瀬のじいさん
もうじき死にそうやわ。

何したんや。
何もしてへん。

ただ寒い中
あっちこっち連れ回したら

気ぃ失ってしもた。
あぁ~。

お前 今 どこにおるん?
じいさんのマンション。

泡飲んどる。

何を悠長なことやってんねや
お前は。

何で? じいさんが
散歩中に野たれ死んだでええやん。

気ぃ失うただけか?
うめいたりせんかったか?

小さいいびき かいとった。

間違いないで 脳梗塞や。

おい お前

じいさんと一緒んとこ
誰かに見られてへんやろな?

そら見られたわ
マンションの入り口で

住人と会うたもん。
あぁ~ あほか!

ほな はよ病院連れてけ!
何で?

このまま ほっとけば死ぬんやで。

死にかけとる老人を

そのまま放置したいうのバレたら
ヤバいやろ。

遺棄罪っちゅうのは重いんやぞ
お前。

はぁ?
はよ救急車呼ばんかい。

どっちにしろ
じいさんは くたばるんや。

それやったら
救急病院で死ぬべきや。

ふぅ~。 わかった。 はぁ~。

プルルル…

はい 119番です。

火事ですか? 救急ですか?

救急車です!夫が倒れたんです!

1台 すぐにお願いします!

はぁ~。

はい 西木です。

耕造さんの娘さんですか?

はい そうですけど。

お父さんが倒れはったんです。

もう 意識がありません。

これから
救急車で病院に向かいます。

えっ… あっ あの

あなた どちらさん?

私は耕造さんの

妻です!
妻!?

ちょっと おっ…

もしもし? もしもし? あの…。

ピーポー ピーポー…

はぁはぁ はぁ…。

はぁはぁ… お姉ちゃん。

あっ もっちゃん。

お父さん 大丈夫なの?

今日 明日が峠やて。

そんな…。

なあ あんた 知ってた?

何を?
知るわけないか。

びっくりするで。

あの人 今
お父さんのマンションに

着替え取りにいってるねん。

あの人?

プッ プッ プルルル…

はぁ~。

あっ 毎度世話になってます
柏木です。

また 葬儀入りそうでしてね

いつものように頼みますわ。

ええ もちろん

そちらに
マージンも渡しますさかい。


はぁ…。

 

 

いや 私も
何が何やらわかれへんのよ。


せやから

お父さんのマンションに
着替え取りに。

着替えなんて
どうでもいいでしょ。

もう 妻なら
お父さんに付き添ってんのが

ほんとでしょう。


≪(足音)

もしかして 朋美さん?

えっ?

はじめまして
耕造さんの妻の小夜子です。

あっ あなたが。

どうも。

よっこいしょ はぁ~。

んっ。

あの 父の妻って
どういうことでしょうか?

せやから 先月 結婚したんです。

父とは
どこで知り合ったんですか?

結婚相談所です。

お互いに紹介を受けて
お会いして

ええ方やなって ふふっ。

ご縁っていうんですかね?

あなた おいくつですか?
45。

朋美さんは?
45です。

あぁ~ タメやんか。

まあ 同じクラスにおっても

絶対
友達にはならへんタイプやね。

ふふふふっ。

私もならないわ。

ははははっ。
ははははっ。

あなた ほんとに父と結婚したの?

ほんまですって。

はい どうぞ。

あぁ…。

き… 聞いてないんですけど。

あんたらが耕造さんとこに
寄りつかへんからやないの?

でも 連絡ぐらいできるでしょ?

言いづらかったんとちがう?

薄情な娘らには。
はぁ?

あれだけほっとかれたら
言いたなくなる気持ちもわかるわ。

しかたないでしょ。

私は東京で仕事してるんだから。

私は東京に住んでるのよ。

インテリで
キャリアウーマンだし

お父さんのことなんて
構っていられないの!

あなた失礼すぎる。
あんたもや。

うちは義理の母親やで。
私 そんなの認めないから。

大体 大阪生まれやのに
何で東京弁やの。

何をどうしゃべろうが
私の勝手です。

あっ かっこつけたいんか。

私は東京生活のほうが長いの。

それに父のこと

姉がちゃんと
面倒見てくれると思ったのよ。

今度は姉ちゃんのせいかいな。
見苦しい姉妹やな!

何なのよ。
見苦しいから見苦しい…。

≪(尚子)静かにしぃ!

ここは病院やで。

ごめんなさい。

お父さん
今日のとこは持ち直したて。

(朋美・小夜子)えっ?
うん。

明日は個室に移せるて。
今日は もう帰ってええって。

すごい生命力やな。

うん? 何か

持ち直したのが
不満みたいに聞こえる…。

はぁ? 何言うてんの?

あんたの耳は腐っとるんか?

はぁ!? あのね…。
耳くそ掃除したか?

静かにせぇて!

でね お父さんの容体も安定して

すぐに個室に移れたのは
良かったんだけど

あぁ… それよりも その女よ。

どうも
マンションに居ついてるらしいの。

4回目の結婚か。

お義父さん 現役だったんだね。

そりゃ うちのお父さんも
どうかと思うけど

でも あの女 絶対に怪しい。

夫に先立たれて
再婚だとか言ってたけど

ほんとかどうか
わかったもんじゃないわ。

ねえ お父さん
だまされてるんじゃないかな?

えっ? 結婚詐欺ってこと?

うん。
だって あんな若い女の人が

お父さんに
本気でほれるわけないよ。

きっと 財産目当てのはず。

♬~

♬~

はぁ~。

 

あっ…。

 

 


あっ…。

 

もしもし。 お父さん どうかした?

いいえ どうもしてませんけど。

じゃあ 何のご用ですか?

あの…

こんな話
あんまりしたくないんやけど

耕造さんのお葬式の費用が
ないんです。

はぁ? お葬式って

お父さん まだ生きてるのよ?

そうやけど 万が一のこと考えて
準備はしとかな

恥かくやろ?

耕造さんにも申し訳ないし。

はぁ~。

いくら必要なの?

400万。

そんなに?
お葬式ってそんなにかかるの?

ううっ… せやけど

うちは一銭もないんです。

えぇ~ ちょっと待ってよ

少しは
お父さんの貯金ぐらいあるでしょ。

預かってる通帳もあるんやけど
残高5~6万しかあらへんよ。

そんなはずない。

ほんまです!とにかく
お葬式の費用があらへんの。

せやから
お姉さんの尚子さんと相談して

お金 用意してください。

でも どうして400万も?

耕造さんは
社会的地位があった人やし

それにふさわしい

立派な葬儀をしてあげんと
あかんでしょ。

でも 現役離れて
もう15年もたってるのよ?

あぁ… そうやけど

教え子もたくさんおるし

参列者も200人 300人と
来るはずやろ。

そしたら 広い会場がいるんやわ。

生徒さんらの前で

安上がりの葬儀なんか
できるかいな。

だけど…。

しつこいな!
耕造さんがかわいそうやろ。

まだ死ぬって決まってない!

あぁ~!

あぁ~ 痛っ…。 あぁ~!

何やねん。

さっすが GLANや。

もうめっちゃ効いてる気がするわ。

高いだけのことあるな。

≪ピンポーン!(インターホンの音)

はい。
YH探偵事務所のもんですが。

はい。 ふぅ~。

どうぞ お入りください…。

えっ。

(本多)久しぶりやな。

本多さん?

ほんと びっくりしたんだから。

すごい久しぶりだよね。
何年ぶり?

あっ…。

最後に会うたんが
大学のゼミのOB会やから

10年ぶりちゃうかな。

えぇ~ もう あれから10年?

そういえば 中瀬

あんとき飲み過ぎてな。

あっ… やらかしたんだよね。

本多さんに絡んで

先輩なのに介抱させて…。

あぁ~ やだ~
思い出しちゃった ははははっ…。

全然変わってへんな。
はははっ。

あぁ でも 本多さん

大阪府警で刑事やってるって。

1年前にクビになった。

今は東京で私立探偵や。

何かあったの?

金欲しさに 悪さしてクビや。

えっ…。

で 中瀬の相談って何や?

それか

こんな俺 信用でけへんか?

刑事やってるときに

借金取りに追われた
子連れのシングルマザーに

知り合うた。

で その親子助けるため

俺は やくざに裏の情報流した。

それがバレて 依頼退職や。

今 その女と子供を食わしてる。
以上や。

そうなんだ。

何か本多さんらしい。

で?
中瀬のじいさんは どうなんや?

もうあかん。 持ち直してしもた。

あぁ?
このままやと新年迎えるで。

かぁ~!どえらい生命力やな。
ほんまに しぶといわ。

(本多)中瀬が知らん間に

お父さん再婚してたんか。
うん

結婚詐欺じゃないかと
思うんだけど。

いや

後妻業ちゃうか。

後妻業?

資産家の老人 狙て

後妻に入る。

ほんで その男が死んだら
遺産を相続する商売や。

えっ それって詐欺じゃないの?

似てるけど ちゃう。

結婚詐欺は結婚するする言うて

相手をだまして
金品 巻き上げるやろ。

うん。
後妻業は

妻になって
正式なルートで遺産を相続する。

そんな。


ふぅ~。

はぁ~。
おい 葬儀屋から来てるで

例の400万の見積書。
あぁ~ 準備ええね。

ははっ。
なあ。

あぁ?
葬式費用なんやけど

こっちが200万見せたら

娘2人が
100万ずつ出すかもしれんな。

おい ちょっと待て お前

400万 諦めるんか?

娘らから200万とって
100万の葬式しても

100万しか残らんぞ。
100万でも稼げたらええやんか。

香典もあるんやし。
う~ん まあ ゼロより ましやな。

よし 祝杯でも挙げるか。
前祝いや。

んっ。
ふふっ

あんたと乾杯すんの
何度目やろね。

ふふっ。

愛を知らへん お前に。

愛なんか信じてへん あんたに。

♬~

 

 

お前

俺と組まへんか?

 

 

お前の使いみちは
もっと他にある。

 

 

 

♬~

 

♬~

はぁ~。

娘ら だますための

見せ金の200万なんやけど…。
うん。

あんた 立て替えてくれへん?

はぁ?

ははっ 何でや。

それぐらいの金 持っとるやろ。

持ってへん。

さんざん稼いだ金 どないしたん。

全部 使うてる。

何や ホストの若いにいちゃんに

車やら時計やら
買ってやっとるんか。

まあ ふふっ そんなとこやな。

はぁ~
自分が一番よう知っとるやろ。

男に貢ぐんが
一番あほなまねやっちゅうのは。

♬~

せやったっけ?

お前 男の借金の形に

ソープに売られたんか。

 

 

♬~

(本多)この佐藤さんって人は?

共同経営者。

内縁の夫なの。

あぁ なるほどな。

相談の依頼 来たとき

名前で すぐわかった。

名字も変わってへんかったしな。

あぁ 籍は入れてないの。

私も彼も お互い
結婚の必然性は感じてなくて。

今 幸せなんか?

あぁ… 幸せよ。

あぁ… 人並みに。

ふっ そうか。

ほな その小夜子って女の
身辺調査してみるわ。

何かわかったら連絡する。

ありがとう。

♬~

♬~

 

 

不妊の中でも

少し
やっかいなケースなんだって。

だから

この先 不妊治療をしても

多分 子供は望めないって。

 

 

(佐藤)

ほら 俺たち

もともと子供を
作らない主義だったんだからさ

また2人で
仕事 頑張ればいいよ。

なぁ 今までみたいに

俺たちらしくやっていこうよ。

 

 

 

 

♬~

はぁ~。

≪血圧は少し高いですけど

脈拍は安定してます。

そうですか。

はぁ~。

年明けてもうたで 耕造さ~ん。

あ~ら 朋美さん!

ねえ あれ 考えてくれはった?

お葬式のことやねんけど。

よくお父さんの前で
そんなこと言えるわね。

聞こえてるじゃないの。
だって ぐっすり眠ってるし

起きてても
もうろうとしてるもん。

でもな きっと喜んでくれはるわ。

俺のために そない豪華なお葬式
してくれるんやな 小夜子って。

お父さん まだ生きてるの!

今からいろいろ準備せなあかんって
言うたやろ?

高校や短大の卒業生にも

参列してもらったほうが
ええやんか。

でも400万なんて。
あっ!

全額は結構です。

半分の200万は
うちが出しますさかい。

えっ? あなた 一銭も持ってないって
言ってたじゃない。

必死にかき集めたんや。

耕造さんのために
あちこち頭下げて。

ははははっ!ほ~ら。

せやから 残りの200万は

お姉さんと朋美さんで出してな!
なっ!て

そんなこと勝手に決められても
困ります!

何や その年で
100万も用意できんのか。

キャリアウーマンが
聞いてあきれるわ。

それくらい あります。 これでも
一級建築士です ばかにしないで。

どさくさに紛れて自慢しよる。

私 インテリなんでございます。

あんたとなんかは
レベルが違うんです。

なら とっとと200万ぐらい
出さんかい!

だから あなたの指図は
受けないって言ってんの!

喪主は うちやで。 うちの言うこと
聞いてもらわな困るわ。

あなた 何様なの?

奥様や~!

うるさい!病院中に丸聞こえや。
静かにしぃ。

ごめんなさい。

≪いらっしゃいませ。

(橋口)先輩 こっち こっち。

こっちですわ。

はははっ。
(本多)久しぶりやな 橋口。

(橋口)ほんまにご無沙汰ですわ。
先輩も元気そうで。

(本多)まっ ぼちぼちな。
それより急に悪かったな。

(橋口)
ははっ 先輩の急な呼び出しは

昔から慣れてますわ。 はははっ。

先輩が府警辞めてから
もう1年ですか。

(本多)そうか。

どうや マル暴は。

(橋口)あぁ~。 相変わらずですわ。

デカやのに こんな格好で。
はははっ。

(本多)なあ 橋口
お前 小遣い稼ぎせぇへんか?

えぇ~?

ちょっと
頼まれてほしいことがあるんや。

もちろん 謝礼は払うで。

(本多)この女 追い込みたい。

何もんですか? こいつ。

後妻業 …かもしれん女や。

♬~

よっしゃ~。

ん?

う~ん うん。

う~ん!う~ん うわ!

もう!やっと
じいさんがおらんくなったから

じっくり開けてやろう思ったけど
あの金庫

押しても 引いても
びくともせぇへん。

あぁ~
素人には無理っちゅうことか。

あんた 業者知っとるやろ。

まあ 知らんこともないけどな。

ふふっ。
金庫開けるときは俺も立ち会うで。

いやいや いや…。

どんな金めのもんが入っとるか
わからんしな

中身は当然…。

(2人)折半や。

わかっとるわ。
何年 一緒に組んどる思てんの。

はははっ。
どんな金庫や? ダイヤル式か?

いや
めっちゃややこしそうなやつやで。

あぁ もぐりの鍵師に
頼んだほうがええな。

口の堅いやつに。
ほな 頼むわ。

いつ開ける気や?

早いほうがええな
じいさんが入院しとるうちに。

わかった。 明日にでも連絡したる。

♬~

あぁ 温まるな~。

やっぱ 冬は鍋だね。

家族で食べる鍋は最高だよ
はははっ。

そうだね~。
うん。

あのさ。
ん?

司郎ちゃんは

もし 私が死んだら再婚とかする?

えっ 何 急に。

いや 何か ちょっと
聞いてみたくなって。

ていうか 再婚とは言わないだろ
俺たち 籍入れてないんだからさ。

ごまかさないでよ。

うん…。

俺は もっちゃんだけで十分だよ。

また新しい人と
一から関係 築くなんて

そんなエネルギーないよ。

そうだよね。
うん。

(2人)ははははっ。

あっ 白菜
お代わり 持ってくるね。

は~い はい お願い。

♬~

ほな うち 帰るわ。

タクシー 呼んで。

俺が送ったる。

♬~

へぇ~。

珍しく親切やな。

ついでや。

ふ~ん。

♬~

♬~

ついでって どこに行くん?

べつに。

女んとこか。

違う。

ドライブしとうなっただけや。

ふ~ん。

恋人座りも悪ないな。

♬「冬の花

♬~

♬~

この辺でええ。 もう近いし。

なあ。

ん?

一遍 本宅見せてくれや。

♬~

男は部屋に入れへん主義やねん。

居つくから。

ふっ… うん。

♬~

 

 

絶対戻ってけぇへんぞ
そんなへたれ男。

 

うちに

初めて
優しくしてくれた男やった。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

 

 

 

はよ

お前んとこ いきたい。

 

敏恵って

最初の奥さんかいな。

♬~

♬~

♬~

♬~

仕上げるわ 今夜。
スポンサーが死んだんや。

耕造さん!耕造さん!

どえらいお宝じいさんや。

罪を認めさせて償わせたい。

相続する財産には
一切 手ぇ出されへんから。