ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

火9ドラマ「後妻業」第1話直前ナビ! 木村佳乃、木村多江、高橋克典、伊原剛志… ドラマの原作・キャストなど…

『新・火9ドラマ 後妻業 第1話直前ナビ!【木村佳乃が遺産を狙う最強の悪女に!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 高橋
  2. 木村
  3. 小夜子
  4. 大阪
  5. 何か
  6. 遺産
  7. 後妻業
  8. 耕造
  9. お願い
  10. お父さん

f:id:dramalog:20190120163134p:plain

『新・火9ドラマ 後妻業 第1話直前ナビ!【木村佳乃が遺産を狙う最強の悪女に!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

新・火9ドラマ『後妻業』第1話直前ナビ!【木村佳乃が遺産を狙う最強の悪女に!】[字]

木村佳乃が遺産を狙う“後妻業”のエースに!関西弁の妖艶な悪女に挑戦!
高橋克典木村多江伊原剛志ら個性派キャストで贈る痛快サスペンスの第1話見どころをご紹介!

詳細情報
番組内容
オトコをたぶらかす天才・武内小夜子(木村佳乃)は、結婚相談所を経営する柏木亨(高橋克典)が陰で営む後妻業のエース。その美ぼう、話術、度胸で数々のオトコをとりこにし、後妻としてその最期を“みとり”、遺産を手に入れてきた。そんな小夜子に狙われた資産家の娘・中瀬朋美(木村多江)は、知人の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)の力を借り、病床にふせる父の遺産を守るために立ち上がる。
番組内容2
4人を取り巻くひとクセもふたクセもある人物たちと共に、<小夜子と柏木><朋美と本多>の壮絶なバトルの火ぶたが切られる!
小夜子 柏木 朋美 本多
はたして、最後に笑うのは誰だ!?

直木賞作家・黒川博行の同名小説を木村佳乃主演で連続ドラマ化!
様々な欲望や思惑がうごめく痛快サスペンス、そして、4人の恋心が複雑に絡まり合う大人のラブストーリー。
出演者
木村佳乃

高橋克典 
木村多江

葉山奨之 
長谷川朝晴 
篠田麻里子 
平山祐介 
田中道子

河本準一次長課長) 
濱田マリ 
とよた真帆

泉谷しげる 
伊原剛志
スタッフ
【原作】
「後妻業」黒川博行(文春文庫刊)

【脚本】
関えり香

【演出】
光野道夫(共同テレビ) 
都築淳一共同テレビ) 
木村弥寿彦(関西テレビ

【音楽】
眞鍋昭大

【企画】
安藤和久(関西テレビ

【企画・プロデュース】
栗原美和子共同テレビ

【プロデューサー】
杉浦史明(関西テレビ) 
萩原 崇(関西テレビ) 
水野綾子(共同テレビ

【制作】
関西テレビ 
共同テレビ

 


(武内小夜子)あの人の遺産
全部 相続するのはうちや。

(ナレーション)<1月22日
火曜 夜9時スタート

ドラマ「後妻業」。>

木村佳乃
遺産を狙う後妻業のエースに。>

<関西弁で妖艶な悪女に挑戦。>

高橋克典 木村多江

伊原剛志
個性派キャストで送る

痛快サスペンス。>

<今回はドラマの見どころを

たっぷりと ご紹介します。>

<気になる
第1話のストーリーは

舞台は大阪

武内小夜子は
後妻業をなりわいとする女。>

(中瀬)
3度目の妻にも先立たれましてん。

まあ。
せやから どうにもこうにも

寂しゅうて。

いくつになっても
変わらんもんですのわ。

(柏木亨)
相談所に新しいカモが入ってきた。

中瀬耕造 75歳や。

最初の女房に死なれたあと
別の…。

<大阪の結婚相談所

ブライダル 微祥で社長を務める
柏木亨と組み

男をたぶらかす天性の才能で

富裕層の高齢男性の後妻となり

夫の死後に
多額の遺産を手にする手法で

荒稼ぎしていた。>

不整脈の病気持ちや。

あぁ~。

ええやんか~。

わしみたいなもんで ええんか?

うちが これからずっと

あなたのそばにいてあげます。

えっ えっ!

ほんまか?
うん。

ほうか。
ふふふふっ。

≪ふぅ~!

中瀬のじいさんの遺言公正証書
意外と はよう取れたな。

< ある日 柏木の計画の下

元教師の中瀬耕造と
見合いをした小夜子は

まんまと後妻の座につき

遺言公正証書
書かせることに成功。>

功徳や。

死ぬ前に
ええ夢見させてやるんやから。

せやけど じいさん

公正証書
書いてへん財産があって

それを渡そうとせんのや。

家の金庫に鍵かけて

たんまり しまいこんどるんよ。

< しかし 耕造には

他にも まだ財産が
あることを知った小夜子は

隠し場所の金庫を
何とか開けようと画策する。>

おい。
ん?

おいおい おい 言うとくがな

金は全部折半やからな。
念を押さんでもわかっとる。

ほんまは納得してへんけど。
昔から そうしてきたやろ。

お前と俺は何でも折半 最強の…。

(2人)バディーや。

(中瀬朋美)
お父さん 元気にしてる?

(尚子)多分。
多分って近いのに会ってないの?

やっぱり1人が気楽やから
ほっといてくれって言われたんよ。

せやから あんたも
しつこくせんほうがええよ。

そうかな?
うん べつに心配ないと思うで。

家政婦さん雇てて

週に3~4回来てくれる
言うてたしな。

< そのころ 東京では

内縁の夫と設計事務所を構える

耕造の次女 中瀬朋美が

大阪で1人暮らす
年老いた父の身を案じていた。>

何か顔出しづらいんだよね。
(佐藤)あっ ビール。

お前 何か じいさんに
手ぇ打っとるんか?

宅配ピザに辛いスパイス
ぎょうさんかけとる。

何や それ お前
えぐいように見えて せこいな。

持病があるし
もう少しで ぽっくり逝くやろ。

あぁ~ まあ とにかく

遺言書に書いてある遺産は

間違いなく手に入る。
うん。

それ以外の金庫の中身は

死んでからでも何とかできるで。

いつまでも
じいさん説得してんのは

時間の無駄ちゃうか?

うん。

せやね 年は またがんと

年内に片づけたほうが
ええかもしれんね。

あぁ~ はははっ。

たまには外で遊ぶのもええやろ。

せやけど やっぱ 寒いわ。

歩いてたら温こうなるって。
あぁ~!

はい 耕造さん 耕造さん

あ~ん あ~ん あ~ん。
あ~ん あ~ん あ~ん。

あぁ~
おいしい? おいしい? もう1個。

はぁ… 小夜子 小夜子

ごほっ ごほっ ごほっ…。

小夜子 あぁ…。

♬~

< すると そのやさき

姉の西木尚子から
耕造が倒れたと知らせが。>

お姉ちゃん。
もっちゃん。

お父さん 大丈夫なの?

今日 明日が峠やて。

そんな…。

なあ あんた 知ってた?

何を?
知るわけないか。

あっ びっくりするで。

あの人 今
お父さんのマンションに

着替え取りにいってるねん。

あの人?

<慌てて病院に駆けつけると
そこで初めて

耕造が4度目の結婚を
していたことを知り

更に 病院にふさわしくない
派手な格好で現れ

耕造の妻だと名乗る
同い年の小夜子に驚がく。>

小夜子です。

<激しいバトルが
ついに始まる。>

♬~

あの。

父の妻って
どういうことでしょうか?

せやから先月 結婚したんです。

父とは
どこで知り合ったんですか?

結婚相談所です。

お互いに紹介を受けて
お会いして。

ええ方やな~って ふふっ。

ご縁っていうんですかね~。

あなた おいくつですか?
45。 朋美さんは?

45です。
あぁ~ タメやんか。

まあ 同じクラスにおっても

絶対に友達には
ならへんタイプやね。

ふっ ふふふふっ。

私も ならないわ ほほほほっ。
ははははっ。

私は東京に住んでるのよ!

インテリで
キャリアウーマンだし

お父さんのことなんて
構っていられないの!

あなた 失礼すぎる。
あんたもや。

うちは義理の母親やで。
私 そんなの認めないから。

大体 大阪生まれやのに
何で東京弁やの。

何をどうしゃべろうか
私の勝手です。

あっ かっこつけたいんか。

私は東京生活のほうが長いの!

それに 父のことは姉が
ちゃんと面倒見てると思ったのよ。

今度は姉ちゃんのせいかいな
見苦しい姉妹やな。

何ですって?
見苦しいから見苦しいって…。

静かに!

ここは病院やで。

ごめんなさい。

お父さん
今日のとこは持ち直したて。

(朋美・小夜子)えっ?
うん。

明日は個室に移せるて。
今日は もう帰ってええって。

すごい生命力やな。

ん? 何か

持ち直したのが
不満みたいに聞こえるんですけど。

はぁ~? 何言うてんの。
あんたの耳は腐っとるんか。

はぁ~? あのね…。
耳くそ掃除したか?

静かにせぇて!

<朋美は 大学時代の先輩で

元刑事の私立探偵
本多芳則に相談する。>

こうやってると
大学時代のこと思い出すな~。

(本多)この女 追い込みたい。

<朋美の話を聞いた本多は

小夜子が後妻業ではないかと
疑いを抱く。>

後妻業かもしれんのや。

♬~

< そして…>

(木村)
あかん あかん あかん あかん。

(多江)何か たまらないですよね
言われたら。

あの人の遺産
全部 相続するのはうちや。

<大阪が舞台ということで

登場人物の多くが話すのは
大阪弁。>

<皆さん その大阪弁には

かなりの気合いで
臨んでいるようです。>

(木村)

教え… ほんとに丁寧に
教えてくださってるので

それを覚えてるんですけど
やっぱり うん

感情が入ると戻ってしまう。

≪(スタッフ)
好きな関西弁とか あります?

金庫の中身は?

<表の顔は
結婚相談所の社長だが

その実態は…>

(高橋)

(スタッフ)例えば
これ難しかったとかも あります?

(スタッフ)ははっ 「いっぱい」。

(高橋)もう…

(スタッフ)はははっ 難しい。
で…

家は…。
(関西弁で)家とか 帰るんやとか。

だから…

(高橋)元大阪… 昔大阪

東京20年とか
もう 30年とかいう人に

いや 何かおかしい
とか言われるわけですよ。

いや あんただっておかしいよ
もう つって。

東京来て長いから もう
何か おかしいでしょって言うと

みんな えっ あれ? 何か
わからなくなってきたとか言う。

何か…。

<元大阪府警のマル暴刑事で

現在は…>

(伊原)

(伊原)ほんで 高校生が…

だけど…

あなた 失礼すぎる。
あんたもや。

<幼い頃から野心が強く

高校から
単身 東京で過ごしている…>

(多江)

何か もう…

で それっていうのは やっぱり…

でも…

ははははっ。

手ぇ出されへんから。
はぁ?

<皆さんが話す大阪弁
見どころです。>

(頼子)
殺しのプロっちゅうことやな。

大人の4人が

いろいろな人生に
翻弄されながら

どこか こう 共感しながら

対立しながら

ぶつかり合いながら
交差していく

その変化を楽しんでいく
ドラマになってます。

ラブストーリーもあり
サスペンスもあり

そして 何だか こう
戦い バトルが繰り広げられ

そして 思わぬ方向に
いってしまうんですね。

これ 私たちも ちょっと こう

びっくりするような
流れになっています。

とにかく 皆さんに
楽しんでいただけるように

みんな こう
前のめりになって戦っています。

そのみんなの戦い

楽しみ… バトルする姿を

是非
ご覧いただきたいと思います。

あの人の遺産
全部 相続するのはうちや。

相談所に新しいカモが入ってきた。

中瀬耕造 75歳や。

不動産は
一軒家とマンションを持っとる。

しかも 不整脈の病気持ちや。

お父さんが倒れはったんです!

(尚子)あなた どちらさん?

耕造さんの妻です!

妻って どういうこと?

(尚子)
私も何が何やら わかれへんのよ。

あなた おいくつですか?
タメやんか。

まっ 絶対に
友達には ならへんタイプやね。

ふふふふっ。
私も ならないわ ほほほほっ。

(本多)あの女のことは
引き続き調べてもうてる。

よろしくお願いします。

あの姉妹には
1円も渡さへんってことか。

あんた ほんま ずる賢いわ。

ずるやのうて賢いんや。

(中瀬)
敏恵 はよ お前んとこいきたい。

敏恵って最初の奥さんかいな。

(ひかり)
小夜子さんって恋人なんですか?

あほいうな。
どこに行くん? 女んとこか。

何か こうやってると

大学時代のこと 思い出すな~。

愛を知らへんお前に。

愛なんか信じてへん あんたに。

(本多)この女 追い込みたい。

(橋口)何もんですか?

(本多)後妻業。

うちが相続する財産には

一切 手ぇ出されへんから。
はぁ?

あの女は絶対に失敗せぇへん。

(頼子)
殺しのプロっちゅうことやな。

<複雑に絡み合う欲望と思惑。>

<今 痛快で華麗な

サスペンスドラマが始まる。>

遺産は全部うちのや。

<CMのあとは

大阪ロケの裏側に密着。>

<意外なあの人も登場です。>

(拍手)


ええやんか~。

<ドラマの
見どころの1つでもあるのが

小夜子の
ど派手な なにわファッション。>

94万のもうけや。

(木村)派手なんてもんじゃないです
これ。

もう すごいです。
この頭も見てください。

私の地毛は
このくらいしかないので…

(スタッフ)すごいっすね。

何か お金がかかってるというか。

はい。
(スタッフ)そういうところも また

見どころで。
いろんなファッションが。

そうですね…

<毛皮に ひょう柄
真っ赤な衣装に

迫力のサングラス。>

<時に色っぽく妖艶に

時に少女のように七変化。>

<少し派手めな
詐欺師な女ではあるものの

ファッショナブルで
スタイリッシュな着こなしにも注目。>

< そして
舞台が大阪ということで

大阪城 通天閣。>

<道頓堀といった

大阪を代表する場所で
撮影を行ないました。>

<去年の12月に行なわれた
大阪ロケ。>

<皆さん 楽しそうです。>

はい お願いします。
はい お願いします。

(泉谷)入れちゃって。
せぇ~の はい。

(木村)あ~ん。 あぁ~!
≪ありがとうございます!

はい。
≫お願いします。

ここ カメラです。
はい お願いしま~す。

関西テレビにも訪れた
木村佳乃さん。>

<特大ポスターの前で記念撮影。>

(木村)お待たせしました
お願いします。

あっ…

≪すごいでしょ?
(木村)こんなに目の前。

おはようございます!
(一同)おはようございます。

改めまして 「後妻業」大阪ロケ

よろしくお願いいたします。
お願いします。

(拍手)

それでは
ご紹介させていただきます…。

大阪城をバックに行なわれた
結婚式のシーンでは

原作者の黒川博行先生も

参列者役のエキストラとして
参加されました。>

先日 12月15日は…。

<更に…>

< この日は
誕生日ケーキでサプライズ。>

(拍手)

せぇ~の…。

(一同)
♬ ハッピー バースデー トゥーユー

♬ ハッピー バースデー トゥーユー

♬ ハッピー バースデー
ディア 克典さん

♬ ハッピー バースデー トゥーユー

イェ~イ!
(木村)おめでとうございま~す!

≫おめでとう!
(高橋)ありがとうございます。

≫何ちゃい? 何ちゃい?

(高橋)54ちゃいになりました。
≫54ちゃい。

(高橋)よろしくお願いします。
≪すばらしい。

(高橋)いきますね?
(木村)はい。

(高橋)ふぅ~。
≫おぉ~。

(拍手)

≪じゃあ カメラに向かって
ひと言 すいません。

≪あっ まだ プレゼント…。
(高橋)すいません。

<更に
みんなからはプレゼントも。>

(高橋)痩せろと これを着て。
≪ははははっ。

(高橋)まだまだ痩せる。
≫いえいえ いえ…。

(高橋)すいません
ありがとうございます。

≪じゃあ お願いいたします。
(高橋)はい 54歳 もう 今日…

大阪で
クランクインみたいなもんですから。

こっから頑張ります はい…

…では よろしくお願いします。

(木村)おめでとうございま~す!

≪3ショットで お写真を1枚…。

耕造さんの家族は
来てへんなぁ。

娘が2人
おるはずなんやけどなぁ。

いや 長女は実家もろて

大阪におるんやろ?
うん。

あっ せやけど
次女は東京におるらしいで。

<撮影後に

黒川先生の演技はどうだったか
聞いてみると。>

(木村)

そして…

…な。 とってもかっこいい。

(黒川)

(木村)ははっ。 ほんとに

ハンサム…。
(黒川)ありがとうございます。

(木村)…って 本人を目の前にして
言うのも あれですけど。

でも すごく… 何か
作家の先生って もっと こう

作家の先生!っていう感じの方が
多いかな…。

いやいや あのね…

(木村)何か出すもの
あっ 何も 手ぶら…

いや ほんとに。 でも…

すごく自然でいらっしゃって
びっくりしました。

(黒川)ありがとうございます。

(黒川)いや 何もしてない…

あっ 出たがり。
はははっ。

<高橋さんも絶賛です。>

(高橋)

(木村)そうなんですよ。
いやいや

芝居 ようせんから… ははっ。

(木村)そうです そうです はい。

ははっ。
(高橋)するんですけど 全然…。

へぇ~。

< と 演技でも
2人から絶賛された黒川先生。>

< ご満悦です。>

<今度は逆に…>

<…聞いてみました。>

(木村)いえいえ 頑張ります。

(黒川)で 高橋さんは
まあね ああいう役ですけども

悪い役ですよ?

頑張ります。
はい。

(高橋)ありがとうございます。

<最後に3人から
視聴者の皆さんへメッセージと…>

<…語ってもらいました。>

いや まず…

(高橋)実際 いそうですもんね。

で…

でも…

…やらかしますよ。
よろしくお願いします。

それは…

はい…

(木村)そうですね
先生 おっしゃるとおり

原作 また
映画にもなってますけど…

(木村)私も 小夜子…
たいへん難しい役ですけど

とにかく…

どうぞ…。

…どうぞ
よろしくお願いいたします。

あの人の遺産
全部 相続するのはうちや。

<後妻業 それは

資産家の老人を狙った

遺産相続目当ての…>

中瀬耕造 75歳や。

一軒家とマンションを持っとる。

お父さんが倒れはったんです!

妻って どういうこと?

(尚子)
私も何が何やら わかれへんのよ。

あなた おいくつですか?
タメやんか。

まあ 絶対に
友達には ならへんタイプやね。

ふふふふっ。
私も ならないわ ほほほほっ。

(本多)あの女のことは
引き続き調べてもうてる。

よろしくお願いします。
あの女は絶対に失敗せぇへん。

(橋口)何もんですか?
(本多)後妻業。

うちが相続する財産には

一切 手ぇ出されへんから。
はぁ?

<複雑に絡み合う欲望と思惑

今 痛快で華麗な
サスペンスドラマが始まる。>

遺産は全部うちのや。