ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

いよいよ今夜スタート!日曜劇場新シリーズ「グッドワイフ」徹底ガイド! ドラマのキャストなど…

『いよいよ今夜スタート!日曜劇場新シリーズ「グッドワイフ」徹底ガイド!』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 宇内
  2. 吉田
  3. 杏子
  4. 常盤
  5. 水原
  6. 朝飛
  7. 脇坂
  8. ドラマ
  9. 山本
  10. 唐沢

f:id:dramalog:20190113203823p:plain

『いよいよ今夜スタート!日曜劇場新シリーズ「グッドワイフ」徹底ガイド!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

いよいよ今夜スタート!日曜劇場新シリーズ「グッドワイフ」徹底ガイド![字]

常盤貴子主演で送る日曜劇場の新シリーズは、極上のリーガルエンターテインメント!超豪華キャスト陣が大集結!ここでしか聞けない驚きのエピソードをぶっちゃける!

詳細情報
番組内容
常盤貴子が19年ぶりにTBS日曜劇場の主演を務める話題作「グッドワイフ」。東京地検特捜部長の夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰する事を決意した妻に待ち受ける運命とは?
番組では撮影の舞台裏に密着、さらにメインキャストが勢揃いしてぶっちゃけ座談会を開催!豪華キャストたちの意外な本音が炸裂!?他にもドラマの舞台裏を徹底取材!痛快リーガルエンターテインメントの魅力に迫る!
出演者
常盤貴子 小泉孝太郎 水原希子 北村匠海  ・ 滝藤賢一 高林由紀子 博多華丸 ・ 賀来千香子 吉田鋼太郎 唐沢寿明
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/
おことわり
第27回全日本高校女子サッカー選手権 決勝の試合状況により、番組の放送時間の変更、または番組が休止になる可能性があります。

 


杏子≫女を本気で
怒らせたことがないんですね

夫に罪があるなら
起訴してくださって結構です

子どもだけは駆け引きに使わせません

<崖っぷちの主婦が
弁護士として再起をかける>

杏子≫では 検察が証拠から
外したということですね

<いよいよ今夜9時にスタートする
日曜劇場「グッドワイフ」>

<ここからはその魅力を
お伝えするための特別企画>

<豪華キャスト陣が一堂に会し
スペシャル座談会を開催>

<たった一度の浮気を許せる?
許せない?を大激論!>

<そして…>

<さらに!>

<そして…>

<常盤貴子が明かす
驚きの出演秘話 さらに…>

<苦悩する北村匠海にも密着し
その成長を追いかけた>

蓮見≫金銭を受け取ったことは
一度もなく

特定の女性と不適切な関係を
結んだことは認めます

杏子≫どうして その人と会う前に
子どものこと考えてくれなかったの

杏子≫すみません 遅れました
蓮見杏子です よろしくお願いします

佳恵≫16年間専業主婦だったって
聞いたけど もう44でしょ

円香≫どうして さっさと離婚
しないんですか?汚職に浮気までされて

朝飛≫僕達 どっちか一人しか採用
されないって決まってるんです

<突きつけられた 厳しい現実
そんな中>

日下部≫母親が犯人である
という可能性が 高くなってきたのです

浜口≫日下部の嘘のせいで
美里は自殺したんですよ

多田≫依頼人のケアを考えたら
子どもがいる弁護士のほうが

いいんじゃないんですか?
杏子≫やります

<しかし>

日下部≫私も名誉毀損で訴えます
多田≫ボールを投げ返しにきたんですね

日下部≫スキャンダルに
まみれた検事の妻を雇うとは

その勇気には感服です
喝采を送りましょう

蓮見≫棚ぼたで私の後釜に座ったのが
そんなに嬉しいですか

脇坂≫ああ 嬉しいね
どうやって言い逃れするつもりだ

円香≫ご主人を信じないほうがいいです
佐々木≫私は ご主人の味方ですから

円香≫あなたは今 結果を出したほうが
いいんじゃないですか

脇坂≫法廷で奥さん やっつけてやる

朝飛≫蓮見先生も必死でしょうけど
僕も必死ですから

林≫奥様を事務所に誘ったのは
共同経営者の多田征大です

多田≫もう 別の未来をいけばいい

杏子≫家事も育児も
精いっぱい やってきたから

それが何の力にもなってないとは
思わない

脇坂≫お子さんを巻き添えにするのは
かわいそうだからな

杏子≫子どもだけは
駆け引きに使わせません

円香≫この餌をまいた相手は誰ですか?

<果たして 16年ぶりの法廷に
何が待っているのか?>

蓮見≫償わせてくれないか?

<夫の裏切りを
許すことはできるのか?>

<未だかつてない法廷逆転劇が
ここに>

<さあ ここからは弁護士組
検事組が一堂に会し>

<ぶっちゃけ座談会を開催!
一体 何が飛び出すのか?>

宇内≫本当にここまで豪華な面々が
揃うと 緊張しちゃいますね

山本≫よろしくお願いします

宇内≫主演を務める常盤さん
改めてご覧になって いかがでしょう

この面々は?
常盤≫そうですね…

本当にこの間 1話を見たんですけど
皆さんそれぞれが濃くて

すごいなって思います
ここまで濃い群像劇もないなっていう

宇内≫そして小泉さんは10代の頃
まだデビュー前に大ファンだったという

常盤さんと
小泉≫もう毎日…

宇内≫とっても素敵な水原さん
水原≫ありがとうございます

宇内≫ナイスミドルな検事組の3人
ご覧になって いかがでしょう?

宇内≫そしてドラマ内では水原さんがS
そして北村さんがMという

間柄になってると思うんですけれども
実は ふだんもそうということで

山本≫そして賀来さんは
この弁護士メンバーを率いる

ということなんですけれども
チームワークはいかがですか?

賀来≫とっても良いと思います
全く検事グループとは世界観が違って

それがまた 見どころだと思います
宇内≫そして滝藤さんは検事

仲良し3人組で
撮影が進んでると思うんですけれども

撮影現場で逆に息が合うからこそ
生かされているところ…

宇内≫どちらかというと…

蓮見≫特定の女性と不適切な関係を
結んだことは認めます

<家族を裏切り 一度だけ
浮気をしてしまった壮一郎>

杏子≫どうして その人と会う前に
子どものこと考えてくれなかったの

<それを 妻の杏子は許せずにいる>

杏子≫心が犯した罪だよ

<そこで 街の皆さんに聞いてみました>

宇内≫ということで100人に聞いた
ところ なんと53人も許せる

そして47人が許せない
という結果だったんですが

山本≫では 皆さんにも伺います
一斉にお願いします どうぞ!

宇内≫おおっと 許せるが…
ちょっと吉田さんが…

どちらかに止めていただけると…

許せないという常盤さん

常盤≫分かんない 何ででしょうね
すごい 本当だ

完全犯罪だったら全然いいと思うんです
そこまで賢い男なら どうぞっていう

唐沢≫なんか理由があるんですよ
男も女も

された側が それでも
その人のことが好きかどうか

っていうことも問題だよね
好きなら許せるけど

されたから許せないってなったら
離婚しかないわけじゃん

賀来≫男の人はねっていう
あれがありますけども

何もなかったことに…

吉田≫視線をこの辺に…
宇内≫女性では唯一許せるという

水原≫嫌ですけど 人間そもそも…

ちょっとした火遊びとかだったら
しょうがないかなと

宇内≫吉田さん
何を感じられましたか?

吉田≫そうですね だからまあ…

唐沢≫自分で言って
自分で笑っちゃダメですよ

吉田≫短い人生だからね
どうせあっという間に死んじゃうから

色んなことが その間に起きて
もし自分のパートナーが浮気して

まだその時にパートナー愛してるん
だったら苦しいでしょうね

浮気されても こいつのこと好きなんだ
って思って それはそれで

すごい素晴らしいことなんじゃないかな
とも思い 浮気した女の人も

まだ 私 浮気したのに愛して
くれてるんだっていうことにもなり

それをいいように展開していけば
いいんじゃないですかね

色んなことがあるほうが
面白いんじゃないですかね

宇内≫染みるお話ですが
北村さんも許せる?

北村≫浮気されたらされたで…

山本≫なんか皆さん大人で…
小泉≫よく そういうふうに

今思えるなって
僕も若い時だったらバツですもん

若い頃って理想像って
あるじゃないですか 皆さん

すみません 独身が生意気に

山本≫じゃあ まだその領域に
達してないかもしれないです 私は

吉田≫そうなったら…

宇内≫最後に滝藤さん
許せない しめていただけますか?

滝藤≫僕は今 話されてたとおり…

蓮見≫妻子を持つ身でありながら
恥ずべき行為であったと自覚しています

<実はドラマの脚本家も
その答えを出せずにいるようで…>

常盤≫脚本家の篠崎さんも
最初にお会いしたときに

何人かでお食事をしたんですけど
その場で

「ちょっと皆さんの意見を聞かせて
ほしいんですけど 許せますか?」って

1人ずつにアンケートをとって…
顔合わせの時も聞いてましたよね

そのくらい すごく
悩んでらっしゃるところで

その揺れがやっぱり面白いから
私は ずっと揺れててほしいな

って思うんですけど どっかで
けりがつくのか つかないのか…

唐沢≫でも だからこのドラマ
面白いんだろうね

不倫の問題とかって
すごく興味があると思うんだよね

ここに答えが出ちゃうと…

山本≫夢オチ?

吉田≫身もふたもないドラマだな

佳恵≫普通の主婦が弱者の代弁者として
必死で戦う

今のあなたに他に価値がある?

<さあ 夢オチは絶対にない
「グッドワイフ」>

<どん底弁護士・杏子の前には
毎回様々な難題が>

日下部≫私も 名誉毀損で訴えます
私 あなたのこと知ってますよ

不倫スキャンダルで叩かれたあげく

収賄容疑で逮捕された
蓮見さんの奥さんだ

<第1話では卑劣な有名キャスターと
名誉毀損バトル>

日下部≫弁護士の記者ごっことは
訳が違う!

<第2話では…>

円香≫完全に酔っ払ってますね

神山≫依頼人が白といえば
白で弁護するのが弁護士だろう

<そして…>

朝飛≫原因は過重労働ですよ!
≫運転手の居眠りなんです

<第3話では…>

≫では 裁判にしますか?

脇坂≫お子さんを巻き添えにするのは
かわいそうだからな

<やっかいな壁が
次々と立ちはだかる中…>

杏子≫子どもだけは
駆け引きに使わせません

杏子≫では 検察が
証拠から外したということですね

<そして…>

≫蓮見杏子役・常盤貴子さんです
よろしくお願いします!

<「グッドワイフ」主演・常盤貴子>

<多くの役者が共演を望む女優だが…>

<実は ある葛藤を抱えていた>

<オファーが来ても ときめかない>

≫やっぱり なんかすごいよね
ウチの近くの病院とは違うっていうかさ

<かつては「連ドラの女王」とまで
呼ばれていたが>

<気付けば 連ドラの主演は
16年もやっていない>

≫ごめんね…

<TBSでは19年前の
「Beautiful Life」が最後だった>

<そして 信念を貫き
彼女は 一つの作品に出会った>

<久しぶりに ときめいたという
このドラマに真摯に向き合う常盤>

<台本を現場には持ち込まない>

<膨大なセリフを
すべて たたき込んでくる>

<相当な覚悟を持って挑んでいるのは
間違いない>

<そんな彼女を 共演者達は…>

<だが 当の本人は満足していない>

<その挑戦は 今日も続いている>

<順調に行われている
「グッドワイフ」の撮影>

<だが その裏で ある禁断の恋が
芽生えているという噂が…>

宇内≫こちらです!

宇内≫あの スクープです!

吉田さんが塚原監督のことを
「いいねえ!」と

おっしゃっていたそうです
滝藤≫そういうエロい目で見てました

宇内≫ということで
何か補足があれば…

滝藤≫いや 第一声がそれでした

吉田≫今度は胸を張って堂々と言います

賀来≫でも監督は 女性も惚れる
監督ですから みんなきっと 大好き

山本≫そこで吉田さんが
いやらしい目線… じゃなくて

間違えました

ラブコールを送る塚原監督に

吉田さんのこと どう思っているのか
LINEでメッセージが来ましたので

こういった場合 大抵 否定をされたり
ええって言われる方が多いんですけど

常盤≫塚原監督 真剣な顔で
お芝居終わった後に

「素敵です!」って
言ってくださるんですよね

常盤≫皆さん 言われてます

<このドラマでは検事達の息を呑む
攻防戦からも目が離せない>

脇坂≫ご主人の後任で
特捜部長をやっております

大変でしょう 色々と

<汚職事件で逮捕された
蓮見壮一郎に代わり>

<東京地検特捜部長となった脇坂博道>

脇坂≫罪を認めなければ長引くだけだぞ

<元々 壮一郎を目の敵にしていて…>

脇坂≫脇が甘いよ

<一切容赦はなし
そんな中 カギを握るのが>

<その部下の佐々木達也>

脇坂≫かつての上司に情けをかけて
共犯と思われたら困るだろう

忘れるなよ お前の今の上司は
この脇坂だ

<一体この男は どちらにつくのか>

<そんな佐々木を演じる滝藤さんに>

<演じる上で気をつけていることを
聞いてみると…>

滝藤≫どっち側のほうではいい顔をして

そうじゃないほうには
そっち側のほうで いい顔をして

<このあとは…>

小泉≫こうやって後ろから言われてると
昔の彼女 思い出しますね

<さらに!>

<苦悩する北村匠海に密着>

<皆さん 覚えていますか?>

脇坂≫大変でしょう 色々と

<第2話で杏子が放った
この強烈なセリフ>

<吉田鋼太郎さんをはじめ
ドキッとした男性陣も多いはず>

<そこで街行く男性に聞いてみました>

吉田≫あるでしょう

シンクで戻したぐらいで怒られてたら
それは身がもたないですよね

吉田≫はいはいはい

滝藤≫怒ったところは
見たことありますね 本気で

子どもに対してとか
家出しちゃったりとか

唐沢≫家出すんの?子どものことで?

滝藤≫子どものことでカーッとなって…

吉田≫気付いてないんだよ

宇内≫女性の怒る姿っていうのは
どうですか?

滝藤≫ドラマ見てるみたいですよ

山本≫また唐沢さんも愛妻家ですが…

唐沢≫本気で怒ることはない…よね
あんまりね

小泉≫若い頃って早起きが苦手で

一日休みだったら 頑張って
その日デートしようと思って

早い時間に約束をしてしまうんですね
じゃあ朝9時から一日フルに使おうと

まあ起きれない 結局昼から

それを やっぱり続けたら
怒りますよね

常盤≫最初からお昼に
しといてくれればいいのに

唐沢≫そりゃ怒るよな

水原≫それは友達にされても嫌だし
誰にされても嫌なことなんで

小泉≫こうやって後ろから
言われてると…

僕が責められてるような

小泉≫はい

唐沢≫渋谷の駅とかで
吉田≫あったけど使ったことある?

唐沢≫ありますよ
吉田≫ああ そう

山本≫さあ 回ってきました吉田さん

吉田≫結構 怒ってましたけど…

そういう意味では怒られたことは
ないかもしれない

山本≫常盤さんが演じている杏子は
そんな怒りをもパワーにして

様々な難題に立ち向かっていくという
役になっているんですよね

常盤≫面白い見どころかなと思いますね

≫朝飛光太郎役 北村匠海さんです
よろしくお願いします!

<このドラマで 一人の俳優が
成長を遂げようとしていた>

朝飛≫僕達ライバルですけど
正々堂々 戦いましょうね

<杏子のライバルで
つかみ所のない新人弁護士>

<朝飛光太郎を演じる北村匠海>

<今 最も注目の若手俳優だ>

<だが 始まりは苦難の連続だった>

<準備は 万端のはずだった
しかし…>

<なかなかキャラクターがつかめない>

<そんな北村に さらなる試練が>

<求められたのは 水原演じる円香との
絶妙な距離感>

<がむしゃらに役と向き合い
答えを探していた>

<家では こんなことまで…>

<また 悩む北村を見た常盤が…>

<そして ある日
北村の変化を目の当たりにした>

朝飛≫今日 ご飯行きませんか?
円香≫私達に共通点あると思いますか?

朝飛≫ないから知りたくなるんですけど

<ここで セリフは
終わるはずなのだが…>

朝飛≫ちょっと待って 待って…

≫はい カット!
ありがとうございます!

<キャラクターをつかみ>

<自信をつけてきたからこそ
こんな変化が>

<自分の考えを
主張できるようになっていた>

<気付けば 芝居の幅も広がっていた>

<だが 目指すところは まだまだ先>

朝飛≫朝飛遅れました~!

知的財産侵害の和解交渉
良い条件でまとめました!

<北村匠海 21歳>

朝飛≫だけど 結果的には
ラッキーでしたか

<その挑戦は まだまだ続く>

朝飛≫ご飯行きませんか?
円香≫私達に共通点あると思いますか?

<と ここで…>

<せっかく揃った素敵な男性陣>

<もしもこれらに当てはめるなら誰?
まずはお父さん>

唐沢≫いえーい!

吉田≫いえーいって何だよ

水原≫楽しいからです

<さあ 続いて上司は…>

吉田≫まあ そんなとこだとは
そうだよね

水原≫えっ!

賀来≫あ~ 本当だ

<続いては 親友>

小泉≫ありがとうございます!

水原≫話していて すごい充実した
時間を過ごせそうなので

宇内≫何見た夢?とか
水原≫そう どういう夢見た?とか

割とそういうカジュアルな話を
いつもしているので

<続いて 親戚のおじさん>

宇内≫親戚のおじさんなんて…

水原≫はい

水原≫何を言っちゃってるんですか!

でも 最初にお会いしたときから
親戚のおじさん感っていうか…

宇内≫いそうだなあ みたいな?
水原≫そう 落ち着く?

水原≫いいですよね!
吉田≫嫌じゃん 来たら

<というわけで 愛犬は北村さんに
その理由は?>

水原≫匠海君は ワンちゃんで
宇内≫犬種は?

水原≫匠海君かわいいから…

常盤≫分かる…

≫博多花丸さん クランクインに
なります!よろしくお願いします

<さあ このドラマには
注目キャストがまだまだ>

林≫奥さまを事務所に誘ったのは
共同経営者の多田征大です

<壮一郎の顧問弁護士
林幹夫役に博多華丸>

<今回が常盤とは初共演ということで…>

<そして…>

≫遠山亜紀役の相武紗季さんです
よろしくお願いします!

<壮一郎の不倫相手>

<汚職事件のカギを握る
新聞記者の遠山亜紀役に相武紗季>

<そして第1話のゲスト>

日下部≫妻の鏡ですな
お美しいのに!

<人気キャスターの日下部役を
演じるのは 武田鉄矢>

<真摯に役に取り組む姿を見た常盤は…>

武田≫いやいや…

常盤≫本当にありがとうございました
嬉しかったです

武田≫健闘を祈りたいと思います
今後も 頑張ってください

<そして 第2話のゲストは…>

神山≫依頼人が白と言えば
白で弁護するのが弁護士だろう

<神山の父・大輔役に橋爪功が>

<実は常盤とは旧知の仲>

≫宝飾店の店員役
村上佳菜子さんです!

<実は これが初めてのドラマ出演>

<自己採点は…?>

杏子≫女を本気で怒らせたことが
ないんですね

<いよいよ今夜
ベールを脱ぐ「グッドワイフ」>

日下部≫不倫スキャンダルで
叩かれたあげく 収賄容疑で逮捕

蓮見≫償わせてくれないか
円香≫ご主人を信じない方がいいです

脇坂≫どうやって言い逃れするつもりだ
朝飛≫16年たって弁護士に

復帰するなんて…
日下部≫弁護士の記者ごっこと訳が違う

佳恵≫今のあなたに価値がある?
杏子≫家事も育児も精いっぱい

やってきたから
それが何の力にもなってないと思わない

多田≫本当に変わってませんね
杏子≫弁護士に復帰できてよかった