ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

人生が楽しくなる幸せの法則 第1話 夏菜、小林きな子、山﨑ケイ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」相席スタート・山﨑ケイ原作!』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. ブス
  2. 中川
  3. 今日
  4. 自分
  5. 本音
  6. 小松
  7. コロンブス
  8. 彩香
  9. 本当
  10. 佳恵

f:id:dramalog:20190111073035p:plain

『木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」相席スタート・山﨑ケイ原作!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

[新]木曜ドラマF「人生が楽しくなる幸せの法則」相席スタート・山﨑ケイ原作![字][デ]

女子あるある満載!山﨑ケイ人気エッセーをオリジナルストーリーでドラマ化!

詳細情報
番組記述
人生に迷走する女子3人と神出鬼没の神様が繰り広げる笑いあり涙ありラブありの痛快コメディー
出演者
中川彩香…夏菜
木原里琴…高橋メアリージュン
皆本佳恵…小林きな子

ちょうどいいブスの神様…山﨑ケイ(相席スタート

佐久間涼太…和田琢磨
鴨志田萌…佐野ひなこ

森一哉…忍成修吾
松澤初美…伊藤修子

吾妻博和…徳井優
神原重吉…田山涼成
番組内容
ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ(相席スタート))と出会う。神様は“自己表現下手くそ女子”の彩香、“融通の利かない女子”の里琴、“開き直り女子”の佳恵に、「おめでとう。あなた達は、私に選ばれました。私についてくれば、あなた達は必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。
制作
【脚本】
武井彩ほか
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
沼田賢治
村本陽介
大沼知朗
森安彩
【演出】
植田泰史ほか
音楽
仲西匡
羽深由理
【主題歌】
「Waiting For U」TANAKA ALICE(よしもとミュージックエンタテインメント
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@shiawasenohousoku
【番組公式LINE ID】
@shiawasenohousoku

 


♬~

(神様)<太陽系第三惑星 地球。

太陽との距離感が ちょうどよく

陸地と海の配分も ちょうどいい>

<なのに なぜでしょう。

この ちょうどいいづくしの星で

ちょうどよく
生きていない人々がいます>

(初美)
はい。他に何か提案のある人。

なんでも いいんですよ。
ここは

自由に発言して
いい場なんですから。

気になることがあったら
どんどん発言して。

会社の
よりよい未来のために。ねっ!

(彩香)《つらい》

《眠い…眠たすぎる。
なんだ これは。呪文か?》

《誰かが眠たくなる
呪文でも かけたのか?》

《終了時刻15分オーバー。
なぜだ?

なぜ この会議は
時間通りに終わらない》
(携帯のバイブ音)

(涼太)すみません。
あとで かけ直します。

(携帯のバイブ音)

(初美)特に ないですか?

(神原)運動会ってのは どうだ?

こないだのドックで

血糖値が高いって
言われちゃってさ。

運動しなくっちゃっと
思ったんだよ。

やっぱり健康には
気を遣いたいからねぇ。

あっ あれ。
あれ 知ってる?

納豆に酢を入れて
食べるっていうの。

《でた~ 酢納豆!》

100回かき混ぜると…。
《どうでも いい話を

吐いては 飲み込み
吐いては 飲み込み。

社長 あなたは牛ですか》

《牛!》

はっ…。

ハッハハハ…。

《牛といえば…
あ~ 牛丼食べた~い》

《あっ 牛丼で思い出した》

《改善して欲しいところ
1つ あったんだった》

(初美)では。他に なにか
会社に提案がある人?

《言おうかな…でも…》

《いきなり
この場で牛丼の話したら

絶対 浮くよな…どうしよう》

そうだ こないだ
西麻布のカラオケ屋でさ

ハッハハハ…
150点 出たんだよ。ハハハッ。

あっ わからない?
言ってること ハハハッ…。

(初美)
では。会議は これで終わります。

では お疲れさま。
≪お疲れさまでした≫

(水島)
お~ ほほほっ…。
おい こんな会議 意味あんのかよ。

(萌)今日も長かったですね~。
(電話の呼出音)

すいません 終わりました。
今から向かいます。

お疲れさまでした。

お疲れさまでした。
お疲れさまでした。

(涼太)すいません。
プレゼン用の備品

近々 申請出すんで。
わかりました。

よろしく お願いします。
中島さん。

(ドアの閉まる音)

中川です…。

♬~

(里琴)そちらの指示通りに
やったまでですが!

(福田)また ですか。

(佳恵)木原劇場 フフフッ…。

(森)で…どうすんだよ これ

カタログ 5千部も!
私に聞かれましても。

いっつも500で
頼んでるんだからさ。

「今回ちょっと
多くないですか~?」とか

聞いてくれても
よかったんじゃない。

誰がですか?

あんただよ!
そこまで面倒みきれません!

そもそも そちらが申請書を
しっかりチェックすれば

済む話だったわけ
じゃないですか。それを

あたかも こちらが悪いような
言い方されましても。

私 間違ったこと言ってますか。

いや…そうだけどさ!

ですよね?
なんていうの もっと

気を利かせてくれるっていうの?
ホスピタリティ的な?

総務部は あなたの尻ぬぐいを
する為の部署ではございません!

だからさ!

あ~ もういいよ!
営業部の予算で落としておきます。

早く持っていって下さい。
邪魔なんで!

戻りました。

(吾妻)はいはい 森君。あの…
運ぶの手伝いましょうね。

福田君!
(福田)はい。

(吾妻)重い 重い…。

あのさ…もう一言だけ
言わせて欲しいんだけどさ。

午前中の業務は終了しました!

♬~

ハァ…。

あっ すいません。

ごめんなさい。

いいですか?

お疲れ。

いただきます。

《今日は一層 激しい。
なんなの?そのタバスコは

あなたの怒りのはけ口なの?
てか 辛い!見てるだけで辛い!》

(パン!)

《こっちは甘い!》

《甘いもんを甘いもんで
流し込んだら

見てるだけで
胸やけしますって!》

《あ~もう 気になって
せっかくの牛丼が楽しめない》

《言おう!今日こそ。

「その食べ方 どうなんですか?」
的なことを…

ふんわり ソフトに
角を立てず…って

どう言えば いいんだ?》

あのぉ!

すみませんでした。
あの 午前中いなくて。

あれ いなかったっけ?
あっ はい。あの…

社内向上委員会って
いうのがあって…はい。

ああ~ 全然
気づかなかったわ。

あっ そうですか。

≪いや 萌が一番早いと思うよ≫
≪いや それは希美だけには…≫

(希美)ねえ 萌 どうしよう。

今日 1人
来れなくなっちゃった。

え~ 本当に?女の子
1人足りなくなっちゃう。

( 唯)誰かいない?
(希美)みんな無理だって。

ええ~っ。

♬~

中澤さん。

中川です。
あ 今日 合コンあるんですけど

女の子 1人
来れなくなっちゃって。

よかったら どうですか?

あっ いやいや…
あの 私なんか行っても

すごく迷惑になっちゃうので
本当に大丈夫です。

えっ そんなことないのに。
中川さん かわいいのに。

歯医者ですよ 相手。

私…歯並び
すごく悪いんですよね。

本当に なんで
大丈夫です。すいません。

そうなんですね 残念。

木原さんは?
行かない。

ですよね~。
(佳恵)あっ 私も無理なんで。

あっ 大丈夫です!
ウフフ…では。

なんか 必死だね。

なんなの?

急に話かけちゃった
私が悪いんだよ。

行こう。

ねえ 本当にいいの
行かなくて?

歯医者と出会える
いいチャンスじゃん。
いい。

なんか苦手だし あの子ら。

「え~ 中川さん
かわいいのに~」とか。

ああいうこと言う女
本当 嫌い!

絶対 心にも思ってないよね。

まあ…逆に羨ましいっちゃ
羨ましいけど。ああやって

恋愛のことばっか考えて
生きていきたいよ 私も!

ないの そういう話は?
ないよ!

そんな暇ないし。
むしろ 面倒くさい!

まっ でもさ。
恋愛は した方がいいと思うよ。

≪お腹 いっぱい!≫
≪美味しかったね~ ハンバーグ≫

午後も 頑張ろう。

そういえば 最近
新しく入った受付嬢の子

ほら ネットで検索したら
もう 昔と顔 全然違うくて。

そうなんですか?
あんね もう

目ちっちゃくて
もう 顔もシミだらけで

ほら 古い家の天井とか
見てるとさ

木目が顔に見えてくる時 ない?
ああいう顔。
その例え どうなの。

まっ あそこまでさ~
作りこんだら 絶対

後々 苦労すると思うんだよね~。
私なんか…

彼氏の前では まあ
素の自分 全開だから。

まあ 逆に気ぃ遣えよって
話なんだけど。
ごちそうさまでした。

♬~

彼氏さん いるんですね。

ん?
彼氏さん…いるんですね。

一応。でも…
超ムカつくんだよね。

私がさ ダイエットとか
頑張ってんのに

「お前は そのままでいいよ」とか
言っちゃって!フフフッ…。

♬~

(初美)
部長。そろそろ お願いします。

うん。え~ では

また 今年も総務部
一丸となって頑張りましょう。

総務は 会社の屋台骨だ!
(拍手)

では 乾杯~!
(一同)乾杯~!

≪お疲れでした~!≫
≪お疲れでした!≫

飲み放題のメニューは
こちらから選んでください…。

≪今年もよろしく!≫
(小松)みなさん!飲み放題の
メニュー こちらから

ガシガシ
注文しちゃってください~!
≪イエーイ!≫

実はね 今日
特別ゲストを呼んでるんだよ。

お疲れ様で~す。
≪お~!≫
≪おいっす~!≫

たまには
他部署との交流もいいだろう。

《部長…グッジョブ!

あなたが
セントバーナードだったら

撫でくりまわすところです!》

佐久間さん 何飲みます?
じゃあ…ビール。

《さすが すばやい!

私も あんな身のこなしができたら
いいんだけどなあ…》

《あ~ キラッキラだぁ…》

やっぱ キレイな女性来ると
テンションあがりますよね。

ねえ。へへっ!

なんか 寒い。

こっちは 暗黒世界だぁ…。

すみません…生ビールを2つと
ウーロンハイを3つください。

(店員)
生ビール2つ。かしこまりました。

中川さん。

ごめんね
今年も手伝ってもらっちゃって。
あ いえいえ。

中川さんさ 細かいところまで
気がきくから

こういう時
ホント助かるのよ。
そうですか よかったです。

じゃあ 今日も頼むね。
(店員)お待たせいたしました。

お先に生ビールが お2つです。
お~ ありがとうっす~。

じゃあ 残り頼んだよ。
よろしく!

小松。絶対 中川さんのこと
気にいってるよね。

いやいや…。
私や木原さんもいるのに
絶対 中川さんに声かけるもんね。

そんなことないですよ。
(佳恵)いや そんなことあるって!

もしかしたら 忘年会の頃には
名字が小松に変わってるかもよ~。

いやいやいや!
ないです ないない…。

その気になったら
すぐいけるって~。フフフ…。

は~っ…。

あ~れ ちょっと待って
なんで財布ないんだ?

もういいですって。

あ~。会社の机に入れたまんまだ。

また明日
返してくれたらいいから。
ごめ~ん。

あのぉ 皆さんは?
あれ?本当だ。

とっくに二次会 行った。
そうですか…。

幹事 手伝ったのにさ
置いてくとか ひどくない?

あ…いつものことなんで
慣れてますので。

それより あの…お二人は
行かなくてよかったんですか?

いいよ。
行ったところで 中身のない

くっだらない飲み会が
続くだけだし。

私は 彼氏から連絡あるかもだし。

じゃあ 帰りますか。

うん。
ああ。

あ…。

流れ星。

《佐久間君と もっと会話が
できるようになりますように》

《私の足を引っ張る人間が

一人残らず
いなくなりますように》

《結婚 結婚 結婚 結婚!
金 金 結婚 結婚!

金 金 けっ…いや 金!》

その願い事…
無理じゃないかなぁ?

え?
何?
ちょっと…!

(佳恵・彩香・里琴)わぁ~っ!

(佳恵・彩香・里琴)あ~っ!

(鳥のさえずり)

何これ…どこ ここ!?

ようこそ。さまよえるブスたち。

はい!?

おめでとう。あなたたちは
私に選ばれました。

ど…どちら様ですか?

私?
私は ちょうどいいブスの神様!

うんうん。まあ そういう反応に
なっちゃうよね。分かる 分かる。

その ブスの神様が
私たちに何の用ですか?

なんか あなたたち見てたら
いたたまれなくなっちゃって。

これはもう 私が救いの手?
差し伸べるしかないかな~って。

私たちのどこが いたたまれない
って言うんですか?

3人の
その 生きづらそうなところ。

別に。ねえ?

ああ はい…。
うんうん。

あなたたち さっき
流れ星に願いごとしてたわよね?

今のままじゃ絶対
叶わないよ。

え…それは 困ります!

だったら 今の自分を変えないと。

なんですか?
どう変えればいいんですか?
ちょっと落ち着きなよ。

変な宗教に
すぐ引っかかるタイプだね。

安心して。私についてくれば

必ず あなたたちは
幸せになれます。

あなたたちは 今日から

ちょうどいいブスを
目指すのです!

いや…。
ブス目指せって言われても。

だいたい 中川さんも私も

そこまでじゃないと
思うんですけど。
いや 私は?

変な言いがかり
やめてください!
ちょっと無視すんなよ!

それどころじゃない!
喧嘩しないでください。

ブスっていうのは
容姿のことじゃないの。

あなたたちは
生き方がブスだって言いたいの!

ちょっと
はっきりさせようじゃないの!
うるさいな!

いちいち もういいから!
早くここから出してください!
ちょっと!話を聞け!

人の話を聞けよ!

今度は なんなの!

ここは 全宇宙の情報が
集められた部屋。

コロンブス君!

(コロンブス)お呼びですか 神様。

彼が ここの情報を管理している
コロンブス君です。

ねえ コロンブス君。
この子たち

自分がブスだっていう自覚が
全然ないんだよねぇ。

う~ん 嘆かわしいですねぇ。

だから この子たちに
現実 見せてあげてくれる?

分かりました!
まずは 中川彩香さん。

は はい?

ありがとね。部長…。

中川さん。

一旦 落ち着いてきたしさ
一緒に飲もうよ。

あ~…大丈夫です。

はい ここ!ストップ!

ここ 何が「大丈夫です」なのかな?
え?

この時 あなた 何を思って
彼の誘いを断ったの?

いや…忙しかったから。

コロンブス
この時の彼女の本音ちょうだい。

(コロンブス)分かりました。

何これ!?

(コロンブス)
本音ビジョン。
人の本音を映像化したものです。

(彩香の本音)
は~。なんで誘って
ほしい人から誘われなくて

じゃないほうが
きちゃうかな~。

ごめん 小松さん。いい顔して
勘違いさせたら悪いから

ここはひとつ 断らせてもらう!

ち 違う…。

(彩香の本音)
小松さんなら こっちがその気に
なれば すぐ いけそうだし。

いや…いや 違う 違う 違う…
なし なし なし。

今のは違う!私…。

本音ビジョンに
嘘 偽りはありません。

そうね。取り乱してるのが
何よりの証拠。

まったく
こんなことを思いながら

本命の彼には
話しかけることすらできない。

本末転倒とは このことですね。

意外だったな~。

では 今度は小松さん側の
本音ビジョンを見てみましょう。
えっ!

(小松の本音)え?

ずっと 観察してきたけど
あなた 思い込みが激しくて

いっつも心の中で
ペラペラ喋り倒してるよね。

(コロンブス)
表面上は 人の目ばかり気にして

自分の意思を
口にする勇気もない。

その挙句 全く存在感のない人間に
なってしまった。

存在感はないのに
中身はフル回転。

まるで
エアコンの室外機みたいな人ね。

ちょっと…。
そんな あなたは

自己表現下手くそブス!

うわっ!

あっ いい…。

いい加減 認めなさい。
自分がブスだって。

どんまいで~す。はっ。

次は あなた。

どうぞ。

あなた
顔 形は そこそこ整ってるのに

いつも1人で
ポツーンとしてるよね。

それは なんでなのかな?

つるむの 嫌いだから。

(不正解音)

あなた 人に相当
壁作っちゃってるよね。

そもそも他人に全く興味がない。

だから 相手を思いやる気持ちが
わからない。

そんなことないです。

それでは 本音ビジョンスタート!

それでは
本音ビジョン スタート!

♬~

(吾妻)
こんばんは 木原里琴を考える。

では皆さん
率直なご意見 お願いします。

正直 総務部に行って木原がいると
あ~…ってなりますよね。

可愛げがないんですよね。
あと色気も。

絶対自分の言ってること
曲げないしな。
そうそう そう。

いやでも
仕事はできるんじゃないですか?

いや いや…。
いやいや いやいや。

仕事ができても
あれは ないっすね。

女性陣はどうでしょう?

ああいうタイプ かっこいいと
思うんじゃないですか?

全っ然。いっつも上から目線だし。
そう。

多分 合コンとかするうちらのこと
バカにしてるんだよね。

興味ないなら
ほっといてくれればいいのに。

必死だね。とか
すぐ余計な一言 言う…。

(森)まあ 要するに

面倒くさいやつ…
ってことですかね。

♬~ でした。

まあ 総括すると

融通のきかないブスってことかな。

べつにいいですよ
ブスならブスで。

私はこのまま生きていきますから。

本当に そのままで
ちゃんと生きていけるかなぁ?

このままいったら 恋愛どころか
仕事もプライベートも

何もかも破綻して

行き着く先は 孤独死よ!

うっ…うぅ…

縁起でもないこと…言わないで!
はぁはぁ…。

神様が冗談言うと思う?

本当は あなたも
漠然と不安 抱えてるんじゃない?

このままじゃ まずいって。

そして最後の1人 皆本さん。

はい。
あなたは この3人の中で

一番優秀です。

えっ。
あなたは…

自覚のあるブス!

(彩香・里琴)お見事。
雑だな おい!私だけ!

でも その自覚が 間違った方に
向かっちゃってるんだよなぁ。

法務の
カブラギさん いるじゃん。

あっ そうそう あの若作りの。

あの人 ああ見えて
40近いらしいよ。

ねぇ!なのに インスタで
クレープとか食べてんの!

アラフォーがクレープとか
ねぇ なくない?ねぇ?ねぇ?

あっ!あと 営業の猿田さん

彼女が超ブスで。

嘘みたいなんだけど 猿そっくりで
超ウケんだけど!ハハハ!

いや ちょっと待った!
ちょっと やめてよ。

えっ 何なの?これ!CG?

彼女の場合
本音が前面に出過ぎてて

本音ビジョン
必要ありませんでした。

私 こんなこと言ってないし!

もう 失礼甚だしいわ!
訴えてやるよ!

いや 言ってた。
え?

これ聞いてたの 私だし。
え 記憶にない。

だとしたら驚き。

あなたは 自分の事を棚に上げて
他人の悪口が大好物!

いわゆる 性格ブス!

でも 私…彼氏いますし。

彼氏がいると言えば ブスが
許されると思ったら 大間違い!

あっ でもね
私はブスだって宣告するために

あなた達を
ここに連れてきたわけじゃないの。

あんだけ言っといて いまさら。

分かった分かった。

じゃあ…こうしましょう。

まずは
自分がブスだって仮定してみるの。

仮定?
そう。

ブス・カッコ・仮。

もしかしたら
私 ブスなのかな~?って

一度 受け入れるだけで

幸せになるためには
何をすればいいのか?

それが自ずと分かってくるから。

要するに
私が本当に言いたいことは

これ!

「女は、自分がブスであることを
認めて、

初めて幸せのスタートラインに
立つことができる!」。

幸せのスタートライン…。

そう これを見て。

松澤課長!?

(コロンブス)
彼女は10年前
ひどい失恋を経験してから

一念発起し 自分が
素敵な男性と恋愛をするには

どうすればいいのかと
ひたすら考えました。

その第一歩が 自分はブスであると
自覚することだったのです。

そこから彼女は コツコツと
惜しみない努力を続け

結果 こうなりました。

もはや今は
彼のほうが彼女にメロメロです。

言っとくけど
この彼の元カノ モデルよ。

ブス達よ。
ただのブスになるなかれ。

あなた達が目指すのは
ちょうどいいブス。

ちょうどいいブスは 誰にも負けない
ポテンシャルを秘めているの!

♬~

ブスポート?

これを手にしたら

ちょうどいいブスへの
長い旅が始まります。

もし 今の自分を変えたいなら

跳びなさい!

跳べないブスは ただのブスよ!

♬~

(佳恵・彩香・里琴)
いるかぁ!こんなも~ん!

あぁ~!はぁ…。

なんだ?今の。

えっ?木原さんも?

私も!え 何?
3人で同じ幻覚 見た?

飲みすぎましたかね 私達。

(佳恵・彩香・里琴)ハハハ…。

にしても ひどかったなぁ。
なんだよ ブスの神様って。

♬~

じゃあ 帰るわ。

私も。
お疲れ様です。

♬~

あぁ…はぁ~。

えっ。

えっ…。

見間違いか。はぁ~…。

では 次のニュースです。
今日の臨時国会

ちょうどいいブス法案が
可決されました。
ええ!?

1か月に及ぶ 国会審議の結果

与党は強行採決に踏み切りました。

続いて
カルガモの親子のニュースです。

皇居のお堀のカルガモの親子が
今年も仲良くお引越し…。

♬~

きゃぁ~!!

はぁはぁ…はぁはぁ。

ここ…こんなもの!こんなもの!
こんなもの!!
あぁ!どうしたの?どうしたの?

こっ こここ…ブ…。

絶対 呪いだと思うんです。

こないだの飲み会の後
変な幻覚 見たじゃないですか。

あれからもう
目につくもの 目につくもの

ちょうどいいブス
ちょうどいいブスって もう

見えてきちゃって
おかしいんですよ…。
中川さん 落ち着いて。

気にしすぎだって。もし仮に

あれが幻覚じゃなかったとしても
だから何?って感じ。

私は あんな神様の力を
借りなくたって

自力で幸せになってみせる。

私は十分 幸せだし。

♬~

今度の休み
ねぇ どっか行く?

(西野)ん~?
たまには温泉とか行きたいなぁ。

ん~?

(店員)失礼しま~す。

お済のもの おさげしま~す。

(店員)失礼いたしま~す。

ねえ 新しいギター
欲しいって言ってたよね。

えっ?
まぁ ボーナスも入ったし

そんなに欲しいなら まぁ
ちょっとは考えてもいいかな~。

マジで?
う~ん。

(西野)
本当 すごいギターなんだって。

元々
アメリカ限定のやつなんだけど

それが ようやく
日本で買えるようになって。

20本限定なんだけど…。

締め切りが過ぎているので
受付できません。

たった10分 遅れただけだろ!
できません!

もっと融通利かせ…。
できません!

ああ もう!

なんか
いつもよりヒートアップしてますね。
何かあったのかな。

もういいよ!

実は 他部署から
色々クレームがあってね。

何のですか?
う~ん?

君の 日頃の態度についてかな。

座って。

仕事はきちんと
こなしていると思いますが。

そうなんだけどね
ほら 総務部ってとこは

会社を後ろから支える部署だから
実は 一番大事なのって

コミュニケーション能力
なんだよね。

総務から外してほしいっていう
声も上がってて。

でも 宣伝部から異動してきて
また異動っていうのもね。

僕としては 頑張ってほしいのよ
このままうちで。

だから 周りとうまく。ね?

あぁ~…。
食べきれないから 食べて。

(小松)
あっ ありがとうございます。

いっつも疲れた頃 見計らって

ああやって
差し入れしてくれるんだよなぁ。

ここだけの話 俺 課長アリっす。

てか うち 他に
まともな女性社員いねぇからなぁ。

え?でも小松さん いつも

中川さんのこと
気にかけてるじゃないすか。

彼女ってさ 影薄いじゃない。

(福田)
いたの?って思う時ありますよね。

(小松)
でしょ。俺だって
いろいろ気遣って大変なんすよ。

(福田)大変なんですね…。
(小松)大変なんです。

≪ハハハハハ!≫

《あいかわらず 人気者だなぁ。
昔と全然 変わってない》

(チャイム)

 


生徒会のキャンペーン。
普段 困ってることとか

改善してほしいことがあれば
何でも言って

はいはい じゃあ私 みんなで
カラオケやりた~い!

カラオケ合宿とか楽しくねぇ?
やってみたい!

だから
そういうことじゃなくて
(女子生徒)

 

 

あっ いたの?ごめ~ん
気づかなかった

 


♬~

《私も昔から変わってない》

《私は ず~っと
このままなのかな》

はぁ…。

(初美)
みなさん
今日という今日こそ

意見や要望ありませんか?

より良い 未来のために!

《より良い未来のために…か》

(コロンブス)表面上は
人の目ばかり気にして

自分の意思を口にする勇気もない。
その挙句

全く存在感のない人間に
なってしまった

《仕方ないでしょ。こんな私でも

幸せになれるって
信じてたんだから…。

でも その成れの果てが
今の私だ》

よろしくお願いします
中島さん

《好きな人に
名前すら覚えてもらえない》

誰か?何か ないですか?

《一生 このままなんて…嫌だ》

そういえば 私が昔
ヒッチハイクで旅をしていた時に

所持金が600円しかなくて。
《無理 無理 無理。言えない。

社長の話をさえぎって
発言するなんて。

そんな目立つこと
絶対できない!》

いい加減 認めちゃいなさい。
自分がブスだって

《そうだ。私はブスだ》

その時 1台のトラックが
来てさ~。

《ここで格好つけることに
なんの意味がある?

いや ない!

なら 恥をかいてでも
今 言うべきことを言うべきだ!

私…自分を変えたい!

どうにでもなれ!》

あのぉ!!

社食の 食券の自販機
直してもらえませんか?

大好物の牛丼のボタンが
壊れてるんです。

あと…酢納豆の話 社長

もう15回以上してるので
もう私 覚えてます。

もう大丈夫です!十分です!
あと この会議

時間通りに終わらせることは
できないでしょうか?

それが より良い会社に
近づくための

第一歩だと思うんです!

《うわ 言い過ぎた…。
私 絶対浮いてる》

君は?

総務部の中川です。

そうか…。
食券の自販機が壊れてたのか。

はい。ガン!とやらないと
出てこなくて。

すぐ手配させるよ。

え?あと 何?

この会議
そんなに時間オーバーしてた?

というより 君たち
この会議 面白くない?

なんだよ~。
誰も発言しないから

こっちも必死で
話題 考えたんだよ。

う~ん そうか…。
まあ そういうことなら

この会議を
存続させるかどうか

一度 検討してみる?
そうですね。

うん。あ 時間か。

今日はみなさんの意見が分かって
とても良かったです。

中川さん ありがとう。

いえ…。

じゃあ 今日の会議は終了ね。
では みなさん。

(拍手)

勇気ある発言 ありがとう。
中川さん。

いえ。

♬~

あのさ…中川さんて
もしかして同じ高校だった?

あ…はい。

さっき思い出した。
高校の時さ

より良い学校生活にしましょう
みたいなアンケートとった時

すごい面白いこと考えてたよね。

俺あれ 今でも覚えててさ。

♬~

♬~

気にしててくれたんだ あの時。

うん。
ずっと忘れてたんだけど

さっきの「あのぉ!」の言い方で
思い出した。

あ…。

なんか 目の付け所がいいよね
中川さんって。

とりあえず 俺もあの会議
長くて困ってたんだ。

助かった。ありがとう。

あ…いえ!

(水島)お~ 佐久間。

昼飯がてら 明日のプレゼンの件
確認したいんだけど。

今 行きます。
(水島)ああ。

じゃ。
はい。

(萌)
水島さんの おごりだそうですよ。
(水島)誰がだよ!

♬~

(携帯アナウンス)
留守番電話に接続します。

あ たっつん?今日 夜 空いてる?

さっきも留守電入れたんだけど
よかったら うち来ない?

あ 返事 待ってるから。
あの 時間ある時で…。

(携帯アナウンス)
ただ今 メッセージが
いっぱいのため

お預かりすることができません。
(通話の切れた音)

♬~

ブス達よ。
ただのブスになるなかれ

♬~

森さん。
ん?

教えてください。私のどこが
いけないんでしょうか?

私 間違ったこと
言ってませんよね?

そういうとこなんじゃないの?

♬~

あなた達が目指すのは
ちょうどいいブス!

♬~

私についてくるなら

必ず あなた達を
幸せにしてあげます!

♬~

♬~

(佳恵・彩香・里琴)私たち

ちょうどいいブスに なりま~す!!

♬~

戻ってきた!

おかえり。やっと覚悟が
決まったようね ブス達。

(里琴・彩香・佳恵)あんたもね!