ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

警視庁・捜査一課長 スペシャル 疑惑の美人社長… 内藤剛志、田中美佐子… ドラマのキャスト・主題歌など…

『警視庁・捜査一課長 スペシャル』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 年前
  2. ダイヤモンド
  3. 及川
  4. ビル
  5. 事件
  6. 江並弘敏
  7. 千尋
  8. 一課長
  9. 奥野
  10. 記憶

f:id:dramalog:20190106230639p:plain

『警視庁・捜査一課長 スペシャル』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

警視庁・捜査一課長 スペシャル[解][字]

叩き上げの捜査一課長が新春に復活!!
宝石だらけの遺体!?鍵を握るIQ200の女刑事と疑惑の美人社長…
“10年前の記憶”が導く衝撃のラスト!!

詳細情報
◇番組内容
“宝石だらけの遺体”が見つかり、捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が現場に向かうと、被害者は10年前に大岩が逮捕した強盗殺人犯だった。“警視庁一の記憶力の持ち主”といわれる捜査員・馬場呂亜(田中美佐子)も加え捜査を進めると、リノベーション会社社長・姫原千尋萬田久子)が捜査線上に浮上。千尋は10年前の事件で目撃証言した後に自殺した及川隆三(小市慢太郎)の妻だった…。
◇出演者
内藤剛志田中美佐子萬田久子小市慢太郎本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹塙宣之(ナイツ)、床嶋佳子金田明夫
◇脚本
深沢正樹
◇監督
池澤辰也
◇音楽
山本清香
◇主題歌
GLIM SPANKY『Looking For The Magic』(ユニバーサル ミュージック)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日
【プロデューサー】秋山貴人(テレビ朝日)、島田薫(東映)、髙木敬太(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho_sp2/

 


(電話)

一課長 大岩。

何?

宝石だらけのご遺体?

わかった。 すぐ臨場する!

〈東京で発生する凶悪犯罪は
年間約1000件〉

〈その全ての捜査を指揮するのが

警視庁 捜査一課長である〉

♬~

(奥野親道)渋谷の街も

2020年に向けて
どんどん変わっていますね。

(奥野)うちの娘も
よく来ているみたいなんですが

どこで どう遊んでるんだか…。

ブランクも 年頃の娘を持つと
心配事が尽きんな。

私 母親でもありますから。

でも こんな賑やかな街で

宝石だらけのご遺体だなんて
どういう事ですかね。

♬~

(奥野)お疲れさまです。

一課長 お疲れさまです。

ご遺体は あちらです。

♬~

(鑑識係員たち)お疲れさまです!

(板木望子)お疲れさまです。

(望子)被害者の身元ですが…。

江並弘敏。

はい。 ご存じでしたか?

10年前の事件を担当した。

江並弘敏は 10年の刑期を終えて
1カ月前に出所したばかりです。

まさに宝石だらけのご遺体ですね。

(奥野)趣味がいいとは
言い切れませんが…。

死亡推定時刻は
今日の13時から15時頃です。

うん。
(望子)被害者が刺された場所は

ここから100メートル離れた
あの路地と思われます。

(武藤)わずかですが
血痕が検出されました。

(武藤の声)死因は 背中に
ナイフが刺された事による

失血死でした。

(小山田の声)あそこで刺されて
100メートル歩いてきて

力尽きて
ここで倒れたようですね。

(望子の声)路地裏は人通りもなく

今のところ
有力な目撃情報はありません。

付近一帯の防犯カメラを
チェックしているところです。

大岩一課長 ご無沙汰してます。
馬場です。

おう 久しぶりだな ババロア

どなたですか?
渋谷中央署の馬場警部補だ。

えっ?
警視庁管内一の記憶力の持ち主

IQ200の超天才と言われている?

ああ その馬場呂亜だ。

(奥野)また 甘いお菓子ですか…。

「ババ」だから ババロアとは
少し安直なネーミングですが…。

馬場呂亜 本名です。

(奥野)馬場… 呂亜…!

ベタな直球きた!

誰からも 一度で
記憶してもらえるようにという

両親の願いが込められています。

なるほど。 いいお名前です。
私の名は…。

味噌なめ地蔵。

はっ?

ババロア この江並弘敏
お前の記憶に残ってるな。

はい。

(呂亜の声)平成20年11月5日

渋谷区 江戸屋敷町2丁目6番地の
緑地で

宝石商の鴨志田信仁さんが
殺害され

宝石が奪われました。

その強盗殺人事件の犯人として
逮捕されたのが

江並弘敏です。

(江並弘敏)ああーっ!
江並弘敏 逮捕する!

(大岩の声)
捜査の指揮を執ったのが

当時 管理官だった私だ。

一課長 これ
被害者が所持していた財布です。

(武藤)37万円 入っています。

出所して1カ月しか経ってない
被害者が

こんな大金 どうやって
手に入れたんでしょう?

見せてもらっていいですか?
あっ…。

37万円といえば

我々 地方公務員の諸手当込みの
平均給与と ほぼ同額です。

まともに働いて手に入れた金では
なさそうだな。

(奥野)働いて
手に入れた金じゃないとすると

ギャンブルですかね?

もっと悪い金かもしれんぞ。

出所後 すぐに
悪事に手を染めてしまう人間も

少なくありませんからね。

(奥野)ババロアさん
どうしたんですか?

お札の番号を
記憶しているだけです。

なんのためにですか?

習慣です。

(天笠一馬)一課長!

(天笠)お疲れさまです。
(井上孝介)お疲れさまです。

気になる情報が得られました。

被害者は息絶える前に…。

♬~

ダイヤ…。

モン… ド…。

♬~

ダイヤモンド?
はい。

なんでも こういうふうに

右手で宙をつかむようにして
つぶやいたそうです。

天笠 井上。

(2人)はい。

せーの!

そうか。 この 右手にした

派手な指輪の
ダイヤモンドに関して

何か 伝えたかったんじゃないか?

それは違います。

この右手の指輪の宝石ですが
親指から順に

ルビー サファイア エメラルド

アメジスト
トパーズ。 つまり…。

ダイヤモンドはないんだな?
ありません。

ルビー サファイア エメラルド…。

どれも
高価なものではありませんね。

うちの娘が
してそうなものばかりです。

(武藤)ちなみに ダイヤモンドは

地球内部の高温高圧の環境で
生成され

定まった形で産出されるわけでは
ありませんが

そのカットされた宝石の形から

ひし形の形状のものを
ダイヤモンドと呼ぶ事もあります。

…だそうです。

江並は 何を伝えたくて
ダイヤモンドと口にしたんだ?

私のミスのせいで…。

やはり 10年前の事件は

まだ
終わっていなかったんでしょうか。

ミス?

10年前の事件が終わっていない?

いいか みんな!
あらゆる可能性を視野に入れろ。

(捜査員たち)はい!
そうですね。

金に
手を付けられていない事からも

物取り 行きずりの犯行とは
考えにくい。

10年前の事件との関係も含め

慎重に捜査を進めよう。
(捜査員たち)はい!

ヤマさん。
はい。

渋谷中央署に
特別捜査本部を設置する。

承知しました!

一課長!

私も 捜査に
参加していいんでしょうか?

いてもらわねば困る。

お前の10年前の
記憶を生かす時だ。

はい!

♬~

(捜査員たち)お疲れさまです。
(望子)起立!

♬~

(望子)一課長に敬礼!

(望子)休め。

被害者 江並弘敏ですが

1カ月前に出所してから
定職に就かず

ホテルなどを
転々としていたようです。

被害者が身に着けていた
指輪の宝石ですが

ダイヤモンドのような高価なものは
含まれていませんでした。

また それらは 下北沢の雑貨店で
事件前日に

購入されたものだという事が
わかりました。

(天笠の声)
10年前の遊び仲間の店に

突然 現れたそうです。

これ もらっていくぞ。
出所祝いな。

ちょっと… 困ります。

(江並)店長に言っとけ。

冗談だよ。

(江並)金には不自由してねえよ。

10年前の件がある以上
これから先も ずっとな。

ダイヤモンドもあるし。

10年前の件…?

「ダイヤモンドもある」と
口にしたのか?

はい。

「10年前の件」…
「ダイヤモンド」…。

馬場 10年前の強盗殺人事件で
江並が奪った宝石の中に

ダイヤモンドはあったか?

いいえ。

(呂亜の声)宝石は
手付かずの状態で押収しましたが

ダイヤモンドは
ありませんでした。

間違いないのか?
はい。

(呂亜の声)10年前の被害者

鴨志田さんの宝石リストと
照合もして 確認しました。

そうか…。 じゃあ なんなんだ?

10年前のダイヤモンド
というのは…。

事件当日の被害者の足取り!

(天笠)はい。
天笠。

午前11時30分に

青山のオフィス街にいた事が
確認されました。

(天笠の声)しかし 行き先
立ち寄り先 目的などに関しては

まだ特定できていません。

♬~

被害者は ダイヤモンドに
死ぬ間際まで こだわっていた。

10年前の事件絡みで
誰かを脅し

大金を得ていた可能性が高い。

10年前の被害者の周辺
人間関係を中心に捜査を進める。

(捜査員たち)はい!
一課長 お願い致します。

申し訳ない!

今回の事件は 10年前の事件に
関わっていると思われる。

それは 10年前の事件が

まだ本当の意味で
解決されていないという事だ。

我々は
10年前の捜査で 何かを見落とし

過ちを
犯してしまったのかもしれない。

それは この私の過ちだ。

その過ちのせいで
10年という長い年月

悲しみ 苦しんでいた人が
いないとは言い切れない。

我々が その人の10年間を奪い

人生そのものを狂わせてしまった
かもしれないんだ。

今 我々ができる事
やらなければならない事は

被害者が なぜ 誰に殺されたかを
突き止める事だ。

それを突き止める事が

10年前の真実に
たどり着く事でもある。

どうか
みんなの力を貸してほしい!

10年前 そして 今

事件に関わった全ての人のために

我々は 必ず ホシを挙げる!
(捜査員たち)はい!

よし 行くぞ!
(捜査員たち)はい!

♬~

すみません
謝るべきは私なのに…。

今は
ホシを挙げる事だけを考えろ。

ババロア
何か 気になった事があるな?

(奥野)いつも この部屋を
お使いなんですか?

ここで
捜査資料に目を通していると

時間が経つのを
忘れてしまうんです。

(奥野)もしかして
ここの資料の内容を

全部 記憶しているとか?

まだ8割方です。

馬場 この写真の何が
気になってるんだ?

この街並みに見覚えがあります。

(呂亜の声)被害者が向かっている
この先は

行き止まりで
オフィスビルしかありません。

そのオフィスビルは…。

(呂亜の声)
ビューティフルリノベーションの本社ビル。

ビューティフルリノベーションか。

ビューティフルリノベーション?
なんの会社だ?

あっ その会社でしたら

部屋の模様替えを考えている
ママ友から聞いた事があります。

文字どおり
リノベーションの会社です。

ああ… あの そうか…。
あのリノベーションか。 うん…。

「あの」とは?
ん?

いや だから ほら あの…
リフォームみたいなもんだろ?

リフォームとリノベーションは
似て非なるものです。

(奥野)リフォームが マイナスを
ゼロにする改良であるならば

リノベーションは
プラスアルファにする

革新 刷新です。

ビューティフルリノベーション。
はい。

これです。

(望子)かなり注目されている
人気企業みたいですね。

住居だけでなく
飲食店やホテル 観光名所まで

手広く
リノベーションされてますよ。

(奥野)キャッチフレーズが

「人も物も町も
変わらなければならない」

「それが進化」だそうです。

だから そのビューティフルリノベーションが
なんだっていうんだよ?

江並弘敏は 社長に
会いに行ったのかもしれません。

社長に?

この女性社長?
(奥野)美人ですね。

原千尋社長。
10年前の事件と関係しています。

以前の名前は 及川千尋

すみません。

10年前の事件 まだ
把握しきれていないようです。

どういう事でしょうか?

ババロア
順を追って 説明してくれ。

はい。

(呂亜の声)10年前
江並弘敏逮捕のきっかけは

目撃証言でした。

江戸屋敷町の犯行現場近くで

リフォーム工事が
行われていたので

職人さんに話を聞いたんです。

(及川隆三)何も見てませんよ。
知りません。

あの辺りですから ここからだと
よく見えるはずなんですが。

知らないって言っているでしょ。

及川さんの態度が
不自然に感じたので

改めて
自宅兼事務所を訪ねました。

私も同行した。

その時 及川さんと共に
応対してきたのが 奥さんでした。

何も見ていないと言ったはずです。

(及川千尋)もう
いいかげんにしてください!

余計な事を しゃべって
うちの人の身に何かあったら

どう責任取ってくれるんですか?

我々 警察を信じてください!

身の安全は保障します!

私たちが 守ります!

見ていないものは
見ていないんです。

どうか お引き取りください。

でも 翌日

及川さんは
証言してくれたんです。

俺が見たの
この人に間違いありません。

(及川)ほら ちょうど
あの辺りで刺されました。

若い男に。

これが その時

及川さんの証言をもとに作成した
似顔絵です。

(奥野)ああ 上手ですね。

江並弘敏と すぐに わかりますね。

その似顔絵のおかげで

窃盗と傷害の前科があった
江並弘敏が捜査線上に浮上し

すぐに逮捕された。

(呂亜の声)
そして 全面的な自供を得られ

事件は解決しました。

あの… 今のお話の中に

この姫原千尋社長は
出てきましたか?

姫原社長の以前の名は

及川千尋
おっしゃいましたよね。

それじゃあ 目撃証言をしてくれた
この及川さんの奥さんが

この奥さん?
(奥野)まるで別人ですね。

雰囲気は変わっていますが

及川隆三さんの奥さんが
原千尋社長です。

(望子)江並弘敏は

及川さんの目撃証言によって
逮捕されたんですから

及川さんを逆恨みしてる可能性は
ありますよね。

(奥野の声)それで 奥さんの会社
ビューティフルリノベーションを

訪ねたんでしょうか?

出所後のお礼参り
というやつですかね。

言い掛がりつけて
金を脅し取ったんじゃないのか?

(奥野の声)でも なんで脅す相手が
奥さんなんですかね?

それは 奥さんが成功して
社長になったから

金 脅し取れるとでも
思ったんだろ。

肝心の及川隆三さんは
どうしちゃったんですかね?

及川隆三さんは 亡くなりました。

えっ!?

目撃証言をしてくれた3カ月後に

自殺しました。 奥さんの目の前で。

(呂亜の声)奥さんの元に
及川さんから

自殺をほのめかすようなメールが
届いたので

慌てて その場へ急いだそうです。

(千尋)ああ~っ!

ああ~! ああっ!

あなた…!

♬~

奥さんに届いたメールには

「もう耐えきれない」

千尋との人生を始めた
思い出の場所で死んで詫びます」

「許してください」と
書かれていました。

自殺の原因は なんだったんだ?

目撃証言も関係しているのか?

(望子)「もう耐えきれない」
というのは

どういう意味でしょう?

まあ いろんな解釈はできるが…。

奥さんは…。

及川は この3カ月間
ずっと苦しんでいたの。

目撃証言をしてから
様子が おかしかった。

(千尋)自分のせいで
見知らぬ人が逮捕された事を

気にしていたのかもしれない。

あなた 約束したわよね?

身の安全は保障するって。

約束
守ってくれなかったじゃないの!

あなたたちが
目撃証言なんてさせなければ

あの人 死ななかったのよ。

申し訳ありません。

責任の全ては この私にあります。

そうよ あなたの責任よ!

でもね
そんなふうに謝ってもらっても

及川は帰ってこないの。

あなたたちを恨み続けて
生きていくしかない。

忘れられないんだもの。

死ぬまで…。

(小山田の声)
そんな事があったんですね。

胸中 お察しします。

どこかで間違ったんです。

10年前の事件は
終わっていないんです。

私のミスのせいで 真相に
たどり着いていなかったんです。

そのせいで 10年経った今

また新たな事件が
起きてしまったんです。

馬場 お前
前にも それを言ったが

そのミスというのは
一体 なんなんだ?

それは…。
ババロア

話すべき時が来たら 話す。

今は 姫原千尋社長から
話を聞く事が先だ。

殺害された江並弘敏が
訪ねてきたのかどうか。

まずは その確認だ。

わかりました。

板木 姫原社長に話 聞きに行くぞ。
はい。

待て。

私が行く。

お言葉ですが

姫原社長 10年前の記憶は

消える事なく
引きずってると思われますし

一課長に対しても
特別な感情があるゆえ…。

だから
私には 話を聞く義務がある。

わかりました。

私も同行させてください。

うん。

♬~

(ドアの開く音)

(笑い声)

(千尋)そうだったの?
(杉沼保志)はい。

♬~

(千尋)お待たせしました。

(千尋)お久しぶりです。

お二人とも
お元気そうで何よりです。

ご無沙汰しております。

あら? 何を
驚いていらっしゃるんですか?

あ… いえ…。

10年前 その節は…。

大岩さん その話は やめましょう。

(千尋)10年も昔の話を
振り返ったところで

そこからは 何も生まれません。

それに もう忘れてしまいました。

私 会社のみんなにも
言ってるんですよ。

「記憶は選別するものよ」と。

記憶を選別?
(千尋)はい。

今後の人生にとって
プラスになる事のみを記憶し

マイナスになる事は
記憶する必要ないんです。

記憶というものは そんなに器用に
調整できるものでしょうか?

努力ですよ 大岩さん。

(千尋)この街
美しく変わっていますよ。

人間だって
変わらないといけません。

どうぞ。
失礼します。

私が結婚前の姓に戻したのも

過去を忘れ
生まれ変わるためです。

(杉沼)社長
次の会議のお時間がございます。

(千尋)わかってます。

ご用件 どうぞ。

江並弘敏という男を
覚えてらっしゃいますか?

(千尋)もちろん 覚えてますよ。

というか 知っています。

昨日 訪ねてきましたから。

賠償金を頼みますよ。

(千尋)賠償金?
ああ。

お前の亭主が 余計な事
しゃべってくれたおかげで

俺は10年間も
くさい飯を食ってたんだ。

その責任を取ってもらえるかな?

フフフッ…。
何が おかしいんだよ?

だって あなたのお話
めちゃくちゃなんですもの。

なんだと!?

私は あなたに脅されるネタは
ないもの。

それに 10年前の事は
みんな 知ってるわよ。

(千尋)そもそも
隠す必要のない事だし。

(千尋の声)私の話を
わかってくれたみたいで

この人
おとなしく帰っていきましたよ。

そのあと 13時から15時の間に
彼は殺害されました。

渋谷の路上で
背中を刺されて亡くなりました。

(杉沼)ニュースで流れていたのは
この男だったんですか。

そう…。
人の命って あっけないものね。

もしかして 私を疑って ここに?

(杉沼)刑事さん
それは あり得ませんよ。

失礼ですが あなたは?

(杉沼)副社長の杉沼です。

関連の不動産会社の代表も
兼務しております。

この男が殺されたのは
13時から15時と言いましたよね。

その時間 社長は 学生への
セミナーを行っていました。

(杉沼)これです。

(杉沼)我が社は
常に前向きな社長の方針に従い

若い人材を育て 斬新なアイデア
どんどん取り入れているんです。

専務 セミナー 一緒だったよね?

(服部彩紀)
セミナーは中止になりました。

中止? 中止の理由は?

(小磯善信)
社長が体調を悪くされたので。

秘書の小磯です。

では ここに
いらっしゃったんですか?

買い物には出ましたけど。
体調不良だったのに?

大岩さん。

私が なぜ あの男を
殺さなければならないんですか?

私の夫が10年前

あの男の犯行現場を目撃した。

(千尋の声)
ただ それだけの関係ですよ。

本当に それだけでしょうか?

それだけじゃなかったら
どんな関係?

それを知るために こうして
お話を伺っているんです。

だったら
これ以上 話しても 無駄です。

(杉沼)時間になりました。
お引き取りください。

小磯くん。
(小磯)はい。

このあとの予定もありますので
お帰りください。

大岩さん。

10年も前の話をしても
仕方ないですよ。

それに あなた方は

何も
覚えてなかったんでしょうから。

まるで別人になっていた
姫原社長は

江並殺害に関しても
無関係だと主張してるんですね。

(奥野)10年前の出来事さえ
忘れているんでしょうか。

いや そうではない。

オオカミキツネでした。

オオカミキツネ?
なんですか? それは。

自分を偽り
記憶をなくしたふりをして

嘘ばかりついている
かわいそうなキツネです。

子供の時 読んだ絵本に
出てきました。

ババロアは 人の顔を覚える時に

別の印象深い何かに例えるんだ。

自分の身近な人物とか
動物とかにな。

あの…
私 味噌なめ地蔵と言われた…。

姫原社長 何かを隠しているに
違いありません。

(呂亜の声)
10年前の事件と今回の事件は

やはり 関係してるんです。

彼女は
過去を忘れたと言っていたが

10年前と同じ指輪をしていた。

キュービックジルコニア
指輪ですね。

(奥野)
キュービックジルコニアって

模造ダイヤモンドって
いわれてるやつですよね。

大企業の社長には不似合いな
お手頃なものですよ。

10年前の思い出なんだろう。

亡き夫からの
プレゼントでしょうか。

10年前のミスとやら

一人で
抱え込んでる状況じゃないな。

私は… 10年前の事件の時

ミスを犯しました。

スーツケースを
見過ごしてしまったんです。

スーツケース?
どういう意味ですか?

これを見てください。

10年前の事件の
現場付近の地図だな。

はい。

ここが 鴨志田さんが刺された
犯行現場です。

そして ここから

リフォーム工事をしていた
及川さんが目撃していました。

鴨志田さんのご遺体が
発見されたのは

犯行現場から
300メートルほど離れた

江戸神社の雑木林です。

(2人の悲鳴)

江並弘敏の自供によると…。

(呂亜の声)鴨志田さんのご遺体を

用意してあった
スーツケースに入れ

江戸神社に運び

人目のつかない
裏の雑木林に埋めた。

そして スーツケースを
近くの歌舞伎川に捨てた。

でも そのスーツケースは
結局 発見されませんでした。

ご遺体が入ったスーツケースを

ここから ここまで
運んだんですよね。

大胆ですよね。
だって ここに交番がありますよ。

ああ 交番のすぐ前を
通ってるじゃないか。

私 いたんです
その交番に その時…。

立ち寄っていたんです。

そうですか。

(警察官)あっ そうだ。
自転車泥棒が…。

自転車泥棒

じゃあ スーツケースを運ぶ
江並弘敏の姿を

目撃したんじゃないのか?

(呂亜の声)スーツケースと
アタッシェケースを運ぶ人物が

私の目の前を通り過ぎたんです。

でも どんな顔をしていたのか
どんな背格好だったのか

覚えていないんです。

ただ… 江並ではなかったような
気がするんです。

署長!

スーツケースを運んでいたのは

別の人物のような
気がするんです!

(署長)「気がする」とは なんだ!

なぜ 明確に覚えていないんだ!

それで刑事が務まるのか!?

失礼します。

馬場 思い出してくれ。

どんな人物だった?
本当に江並ではなかったのか?

申し訳ありません。
思い出せません…。

そんないいかげんな記憶では
話にならん!

(呂亜の声)
私の記憶が曖昧だったせいで

捜査が終わってしまったんです。

それが ミスか…。

いくら IQ200の天才でも

通りかかった人の顔まで
全て覚えるのは

さすがに不可能ですよ。

IQ200なんて
誰かが流したデマです。

ババロアは その時から

どんな事でも 必死で
記憶するようになったんだ。

(呂亜の声)
二度とミスを犯さないためにも

私ができる事は
それしかありません。

スーツケースを運んでいた人物が
江並弘敏でなければ

誰だったんだ?

江並だったんじゃないですか?

及川さんの目撃証言も こうして
江並だったわけですから。

この似顔絵にも
私は 引っ掛かっています。

あっ 左目の下のホクロがない。

はい。 違和感の正体 それです。

これだけ目立つホクロが
なぜ 描かれていないんだ?

及川さんの目撃証言に
出てきませんでした。

それは単に見落としたとか
言い忘れたとかじゃないんですか。

そうでしょうか?

及川さんは 何かの意図があって
ホクロの事を

口にしなかったような気がして
ならないんです。

いずれにせよ

10年前の事件には まだ
謎が残されているという事だ。

その謎を解かない限り
今回の事件は解決しない。

うん。

やはり 気になるのは

目撃証言をした上に
自殺をしてしまった

及川隆三さんの妻
原千尋社長ですね。

彼女の会社
ビューティフルリノベーションについても

調べてみます。

頼む。
はい。

一筋縄では
いきそうにもありませんね。

記憶をなくしたふりをしている

嘘つきの
オオカミキツネですからね。

(大岩小春)春菜が大好きだった
クリーム堂のプリンですね。

(小春)
「ありがとう」って言ってますよ。

10年前の記憶って どのくらい
残っているものなのかな?

(小春)あっ… どうかしら?

個人差があるんじゃないんですか。

私は 楽しかった思い出だけを
残すようにしてますけど。

楽しかった思い出だけか…。

記憶の選別だな。

できるものなのかな…。

なかなか
そうもいかないんですけどね。

でも あなたは なおさらですよね。

どんなにつらい記憶でも
忘れてはいけない立場ですもんね。

「猫は三年の恩を三日で忘れる」
って言うけど

ビビ お前 どうなんだ?
フフフ…。

ビビは なんでも覚えてますよ。

猫の記憶力は 人間の20倍って説も
あるくらいですからね。

20倍!? そんなに覚えてるんじゃ
大変だな。

あっ 食べちゃったな。

あなた ご飯できましたよ。
うん。

あっ そうそう。

3丁目の酒屋さんの若い店員さん
覚えてる?

ビビが懐いてる男の子。

眼鏡かけて
ちょっと太った子だろ。

そうそう。 あの子
田舎に帰っちゃうんですって。

ビビ 寂しくなるわね。

ん? 東京生まれの
東京育ちじゃなかったか?

ああ それ 別の人じゃない?

あっ でも あの子も眼鏡かけて
ちょっと太ってたわね。

ややこしいな。
フフフ…。

おお うまそう。 いただきます。
いただきます。

(サイレン)

(捜査員たち)お疲れさまです!

♬~

お疲れさまです。
お疲れさまです。

(望子)お疲れさまです。
ご苦労さん。

ヤマさん。
はい。

及川さんが目撃証言の中で

なぜ 特徴のあるホクロの事を
口にしなかったのか。

その理由だが
こうは考えられないか?

及川さんは 左目の下に
ホクロがある 別の人物に

捜査の目を向けさせたくなかった。

そうか。

左目の下にホクロのある

容疑がかかりそうな人物が
他にいたから

江並弘敏のホクロの事も
あえて触れなかった。

うん。

それは 容疑がかかりそうな立場

つまり
被害者の宝石商 鴨志田さんの

周辺にいた関係者であり
左目の下にホクロがある人物…。

さらに 目撃者である及川さんに

嘘の証言をさせる事ができた人物
という事になる。

及川さんが 一度は 目撃証言を
拒否しておきながら…。

知らないって言ってるでしょ。

(呂亜の声)
急に証言してくれたのは

その ホクロのある人物に
嘘の証言を命じられた…?

うん。

鴨志田さんを殺害して
スーツケースに入れて運んだのも

その ホクロの人物か。

10年前の事件の真犯人は
江並弘敏ではなく

左目の下にホクロのある
別の人物という事ですね。

10年前
我々は大きな過ちを犯した。

その結果 10年経った今

また新たな事件が起きてしまった。

江並弘敏は 真犯人の罪をかぶった
って事ですか。

(望子)江並は 10年前の犯行当時
借金まみれで

闇金に追い詰められていた
状態でしたから

それは十分に考えられます。

誰かの罪をかぶって
10年間 服役したんだから

その相手からの
報酬があったんだろうな。

金なら不自由してねえよ。

10年前の件がある以上
これから先も ずっとな。

ダイヤモンドもあるし。

当時の被害者 鴨志田さんの関係者
および周辺の人物の中に

左目の下にホクロがあった人物が
いたかどうか。

板木 もう一度 調べ直してくれ。
はい!

なんだ? 嬉しそうだな。

困難な事件ほど
やりがいがあります。

すみません。

10年前にスーツケースの人物を
見落とさなければ

こんな事には
ならなかったんです。

ババロア その後悔は 私にもある。

しかし 捜査中の刑事が
立ち止まる事は許されんぞ。

悔やんでる暇があったら
捜査をしろ。

それが刑事だ。

はい!

10年前 及川さんは

ただの目撃者ではなかったんだ。

嘘の証言をしたとなれば
共犯者だった事も考えられます。

うん…。

たった3カ月後に自殺した事も
気になりますね。

(及川)うわーっ!

(及川の声)「もう耐えきれない」

千尋との人生を始めた
思い出の場所で

死んで詫びます」

「許してください」

本当に自殺だったんでしょうか?

でも 奥さんに 遺書のような
メールが届いてるんです。

本当に
及川さんが送ったものなのか?

メールは 偽装もできますよね。

奥さんが嘘をついてるって
言うんですか?

あの時の奥さんが
嘘をついていたなんて

考えられません。

(小山田の声)いや しかし
彼女は がらりと変わって

過去を忘れて生きている。

それは なんらかの意図があっての
お芝居だと思います。

仮に そうだとしても
なぜ 芝居する必要がある?

何かを
隠しているからじゃないのか?

(ドアの開く音)

(天笠)一課長!
ああ。

(天笠)お疲れさまです。
(井上)お疲れさまです。

ビューティフルリノベーションについて
いくつか わかりました。

元々は 夫婦で始めた
小さなリフォーム会社で

古きよきものに
こだわる形だったんです。

当時手掛けたリフォームです。

「古きよきものにこだわる形」か。
(天笠)はい。

しかし 及川さんが亡くなり
奥さんが社長になってからは

そのスタイルは
がらりと変わりました。

どう変わったんだ?
これです。

(天笠)過去を捨て

新しいものばかりを取り入れる
スタイルになったんです。

こっちが古いスタイル…。

これが新しいスタイル…。
全く違うな。

(奥野)夫を引きずってるようには
思えません。

でも 奥さんは…

姫原社長は
10年前と同じ指輪をしていました。

うちのかみさんだって
結婚指輪してるよ 習慣だけどな。

彼女がしている指輪
キュービックジルコニア

模造ダイヤモンドといわれている。

彼女の指輪を見た江並が

ダイヤモンドだと思い込んだとしても
不思議ではない。

江並が言い残した
「ダイヤモンド」とは

姫原社長の事を
指していたのかもしれませんね。

ダイヤ…。

モン… ド…。

今 我々が
やらなければならない事は

姫原社長と殺害された江並弘敏の
関係を突き止める事だ。

はい!

(小磯)お待たせしました。

社長は 今 会議中です。

それに もう警察の方と
お話しする事はないはずです。

(前園香奈美)姫原先生。

私も進化していけるように
頑張ります!

香奈美さん 頑張ってね。
あと一歩。

(香奈美)はい!
ありがとうございます!

また明日 よろしくお願いします。

(千尋)じゃあね。

(千尋)さあ 行きなさい。

また明日ね。
はい。 失礼します。

♬~

あの… 失礼ですが
あの方とのご関係は?

うちのセミナーに参加している
学生さんですよ。

まだ何かご用でも?

お伺いしたい事があります。

(千尋)美しく変わっていますよ
この街。

私も その一端を担いたいんです。

だから あなた方と

こんなふうに
立ち止まっていたくないんです。

あなたと江並弘敏の関係を
知りたいんです。

関係?

私が江並を殺したとでも?

動機がないでしょ。

教えてください。

あなたと江並の間に
何があったのか。

そして 10年前の真実を。

10年前 10年前って なんなの?

あなた 人の話を聞いてないの?

私は このとおり 10年前とは
全く違う人生を生きているの。

10年前も 左手に
その指輪をされてましたね。

ああ… そう言われれば そうかも。

その指輪は 及川さんからの
プレゼントですね。

♬~

でも 死んじゃったのよね…。

及川を忘れなきゃいけない。

そう思って生きてきたの。

あなたは
及川さんが亡くなってすぐに

会社の方針を転換していますね。

それも 及川さんの事を
忘れるためですか?

よく そんな事が聞けるわね。

あなたには 人の痛みってものが
わかってないの?

そんな人間が 刑事のトップに
立ってていいんですか?

お答え頂けませんか!

及川さんが こだわっていた

リノベーションのスタイルまで
捨て去る心境は

私には理解できません。

別の理由があったのでは
ありませんか?

真実を突き止めるためです。

どうか ご協力ください。

(千尋)話す事なんてない。

これ以上 話を聞きたいなら

令状でも持ってきてください。

今回の事件を解決するためには

10年前の謎を
全て暴かなくてはならない。

はい。

一課長のおかげで

姫原社長が 今でも
及川さんの事を愛している事が

はっきり わかりました。

だから なおさら
彼女の指輪が気になったんです。

江並は 自分を刺したのが
彼女だったから

最期に「ダイヤモンド」と
言い残したんでしょうか…。

ダイヤ…。

モン… ド…。

それから
もう1つ 気になる事があります。

なんだ?
姫原社長が

私たちに会わせないような
そぶりを見せた若い女性です。

ババロアも気になったか。
はい。

姫原社長が 私たちに
会わせたくないという事は

事件に関わっている
人物かもしれません。

どこの誰か わかるのか?

「カナミさん」と
呼ばれていましたし

持っていたデザイン帳に

「東京建物デザインスクール」と
記されていました。

(ノック)
入れ。

失礼します。

若い女性の事 わかりました。

前園香奈美 20歳。

東京建物デザインスクールの
2年生。

アパートを訪ねて
話を聞いてきました。

一人暮らしなんですか?

ええ…。

父親は生まれた時から
いませんでしたし

母は10年前に亡くなっています。

10年前?

マンションの
清掃員だったんですけど

作業中に転落して…。

どうして 転落なんか…?

それは…。

(香奈美の母)あっ! ああーっ!

手すりが壊れていたから…。

母の話は もういいですか?

ああ。

学校で聞いたんだけどね

香奈美さん あなたの学費

ビューティフルリノベーションが
出してるそうだね。

それは…。

卒業したら ビューティフルリノベーションに
就職するという条件で…。

すごい 夢のような条件だね。

いけないんですか?

あっ いや… あっ。

この男に 見覚えあるかな?

ありません。

(小山田の声)江並弘敏に関しては

本当に
何も知らないようでしたが…。

姫原社長の行動が気になります。

天涯孤独の少女に

学費の援助を含めた
全面的な支援をしている上で

将来まで約束… 不自然です。

彼女が 母親の死の話題を
避けようとした事も

気になりますね。

(奥野)手すりが壊れていたせいで
転落死…。

別に隠す必要ありませんよね。

まあ 普通は ないんだがな…。

10年前に母親が事故死。

江並の事件…。

及川さんの自殺…。

10年前に
いくつもの悲劇が重なってるな。

うん。
はい!

10年前
鴨志田さんを殺害した真犯人…。

(刺す音)
(鴨志田信仁)うっ…!

罪をかぶった江並弘敏。

嘘の証言をした及川さん。

この3人は
仲間だった可能性もあります。

そして 事件解決直後に
及川さんは自殺しました。

でも 死んじゃったのよね…。

もし 自殺でないとしたら

仲間割れ もしくは口封じで

真犯人に
殺害された可能性があります。

自殺に見せかけての殺害ですか。

その事を
姫原社長が知ったとしたら

真犯人と江並弘敏を
許せないはずです。

そうか…。

江並殺害は
姫原社長による 夫の復讐…。

♬~

お疲れさまです。
あっ お疲れさん。

(笹川健志)大岩純一捜査一課長。

笹川刑事部長!

ビューティフルリノベーションの
原千尋社長が

顧問弁護士を通じ

捜査方法に対し
改善を要求してきた。

無関係な学生にまで
接触してきた事を問題視してる。

刑事部
それは私のせいであります!

元はといえば 私が…。

君たちの責任は

大岩純一捜査一課長の責任だ。

はい そのとおりです!

(笹川の声)江並弘敏殺しの捜査
一向に進展が見られない上に

10年前の捜査に
誤りがあった可能性もある。

♬~

大岩純一捜査一課長
お前は 何をしてるんだ?

私を失望させるつもりか?

申し訳ありません!

謝罪の言葉など いらん。

お前が今なすべき事は
なんなのか…。

(笹川)あっ…。

それだけを考えろ…!

この10年間
お前の誤った捜査により

苦しみ続けた人間が
いるかもしれない事

肝に銘じるんだ。

はい!

以上。

あっ…。

♬~

(ドアの開く音)

えっ!?

失礼します。

何を落ち込んでいるんですか?

落ち込んでるんじゃないんです。

「ダイヤモンド」が姫原社長を
指していると思いたくないから

他に ダイヤモンドから
連想できる言葉を考えてたんです。

(奥野)ダイヤモンドヘッドとか

ダイヤモンドステークスとかね。

ダイヤモンドヘッドは
ハワイのオワフ島にある…。

あの…。

気が散ります。

ごめんなさい。

これ よかったら どうぞ。

手作りのババロアです。

濃い牛乳に こだわってまして…。
(ため息)

濃い牛乳じゃないと 味が…。

私のせいです。

私のミスのせいで
サンダー王子が…。

「サンダー王子」?

サンダー王子って

30年前に 視聴率低迷で
即打ち切りになった

知る人ぞ知る
幻の名作のヒーローですよね。

確か 大勢の部下を引き連れて戦う
正義の味方。

まさか

一課長に あのマイナーヒーローの
名を命名しているとは…。

忘れてもらえませんか?

はい。
私 こう見えて記憶力悪いんです。

すぐ忘れます。

これ よかったら
召し上がってください。

いただきます。

♬~

うん… おいしい!

フフッ…。

やっぱり 味噌なめ地蔵ですね。

あの… その味噌なめ地蔵について
検索サイトで調べたら

こういった あんまり美しくない
お地蔵様が出てきたんですけど…。

うちの近くのお地蔵様

子供の時 風邪も歯の痛いのも
いつも治してくれましたよ。

♬~

光栄です。

(店主)へい お待ち。
ありがとう。 はい どうぞ。

(店主)温まりますよ。

いや この時間のラーメン

かみさんに
禁止されてるんですけど

この時間が
最高に うまいんですよ。

困ったもんです。

ヤマさん ありがとう。

あっ いけませんね
しゃべってばかりで。

どうぞ… どうぞ 食べてください。
うん。

10年前の事件
忘れたつもりはないんだが

当事者たちの気持ちに比べたら…。

一課長は
この東京という大都市で起こる

全ての凶悪事件の指揮を
執っていらっしゃるんです。

その莫大な数の事件と
その関係者全員を記憶し…。

思いをはせるなんて
いくらなんでも不可能ですよ。

刑事部長は それをわかった上で

一課長に期待して
そう言ってるんですよ。

刑事部長 アメとムチ
使い分けてるつもりなんですけど

いかんせん不器用ですからね。

でも 記憶っていうのは
難しいですね。

忘れたくない思い出に限って
忘れてしまったり

忘れたい記憶に限って
消し去れない。

記憶できる できないのスイッチ
どこかついてりゃ

便利なんですけどね。

それもまた
味気ない人生じゃないか。

そうかもしれませんね。

嫌な思い出 消し去りたい記憶
それも人生の1ページだ。

うまく付き合っていくしかない
って事ですね。

ああ。

それにしても 姫原千尋

警察の上層部に クレームを
入れてるところを見ると

かなり
追い詰められてるようですね。

マークしてるのか?

もちろんです。
天笠 井上がついてます。

約束のもの?

持ってるわ。

(彩紀)でも すぐには渡しません。

あなたが 私との約束を
守ってくれるかどうかを

確かめてからです。

まずは お金。

私 知ってるのよ あなたの秘密。

ダイヤモンドの秘密を。

(電話)

一課長 大岩。

何? 飛行機の真下に ご遺体が?

わかった。 すぐ臨場する。

オーライ! オーライ オーライ!

(奥野)お疲れさまです。

お疲れさまです。
(鑑識係員たち)お疲れさまです!

現場は こちらになります。

お疲れさまです!
お疲れさまです!

(捜査員たち)お疲れさまです。
こちらです。

♬~

服部彩紀専務です。

ここは ビューティフルリノベーションが
工事を行ってる建物です。

(望子)作業員の皆さんが

昨日 工事を終えて帰ったのが
17時。

今朝 8時前に ここに来て
ご遺体を発見したそうです。

(天笠の声)作業時間以外は
立ち入り禁止になっていますが

被害者は 時折 視察にも来ていて
鍵を所持していました。

(小山田の声)いつでも自由に
出入りできたって事か。

死亡推定時刻は23時から0時の間。

殺害場所は
床の血痕の状態などから見て

この場所で間違いないでしょう。

(武藤)バッグや
財布などの所持品は

全て持ち去られています。

一課長。

このポケット 随分念入りに
チェックされてますよね。

何か探してたのかしら?

(武藤)そうかもしれませんね。

探し物の極意はだな…。
極意は?

身近な所から片っ端にだ。

♬~

あった…。

(秋代)メモリーカードね。

(捜査員たち)
さすが 見つけのヤマさん!

でも どうして
こんなものがブーツの中に?

犯人に繋がる証拠が
入っているからじゃないか。

つまり 奪われる事を警戒して

ブーツの中に隠し持っていた
というわけだ。

服部専務は このメモリーカード
犯人を脅すつもりだった…?

事件を解く重要なカギと見て
間違いないな。

武藤。
(武藤)はい!

♬~

(武藤)一課長 ありました!
おう。

写真ですね。 3枚あります。

なんの建物だ? これは。

(望子)このビルが
なんなんでしょう?

この3枚の写真

それぞれ違う場所で
撮られていますが

いずれも都内で撮られたものです。

都内で?

ビルだけで ほとんど街並みも
写っていないのに わかるのか?

この奥に チラッと見えているのが
東京タワー。

このビルとビルの間に
見えているのは

都営新宿線の電車。

ここに写っているのは
東京ゲートブリッジです。

場所が絞り込めるな。

はい。

姫原社長の会社の専務
殺害ですから

江並弘敏殺害と関連があると
見るべきでしょうね。

この殺しも 姫原社長とは
考えたくありませんが。

ヤマさん。
はい。

渋谷中央署で合同で捜査を行う。

承知しました。
天笠 井上 行くぞ!

(井上)はい。
(天笠)はい。

♬~

(望子)起立!

♬~

(望子)一課長に敬礼!

(望子)休め!

ただ今より 捜査会議を始めます。

まず
被害者 服部彩紀専務について。

(望子)はい。

被害者は
会社の経営方針について

度々 姫原千尋社長と
対立していた事が わかりました。

確かに独立を考えていたような
ところはあります。

私のところにも
相談に来たのですが

思いとどまるように言いました。

服部くんには 社長ほどの商才は
ありませんからね。

服部専務の昨夜の足取りですが

会社を出たのは 19時10分です。

(井上)その後の足取りは不明です。

また 関係者のアリバイですが

原千尋社長と杉沼保志副社長は

昨日の22時まで
会社で打ち合わせをしていました。

それは 証明できるのか?

はい。
我々が会社の表にいましたし

同席していた弁護士からも
裏を取っています。

弁護士? なんの打ち合わせだ?

はい。 それは…。

私への
今後の抗議の打ち合わせだな。

(捜査員たちのどよめき)
(天笠)はい…。

気にするな。 続けろ。

(天笠の声)姫原社長は22時30分に

秘書の小磯善信さんと共に
会社を出ています。

そして 23時ちょうどに
品川の自宅マンションに着き

そこで小磯さんと別れ
マンションに入りました。

(井上の声)杉沼副社長は

23時45分まで
弁護士と打ち合わせをしていて

その後 退社しています。

ビューティフルリノベーションのある青山から

羽田沖の殺害現場まで
40~50分はかかります。

死亡推定時刻は
23時から0時の間です。

少なくとも 23時45分に会社を出た
杉沼副社長に

犯行は不可能という事か。
はい。

千尋社長の品川のマンションから
現場まで どのぐらいかかる?

1時間以内で着くと思います。

死亡推定時刻の0時には着く
という事か。

姫原社長から
話を聞いたのですが…。

私 帰宅してから朝まで
一歩も外に出ていませんよ。

それ以上 お話しする事は
ありません。

どうぞ お引き取りください。

あなたの会社の専務さんが
お亡くなりになっているんですよ。

私 警察には 一切 協力しません。

その理由は大岩純一捜査一課長に
聞いてください。

一切 協力しないだと?

そんな言い分が通用するか!
ヤマさん。

3枚の写真に関して
何か わかったか?

はい。

3枚の写真は
いずれも この数日間に

服部専務により撮影されたものと
思われます。

(望子の声)自宅のパソコンにも
保存してありました。

(武藤)この3枚の撮影地点を
調べたのですが…。

このような形になります。

それぞれ 3枚の写真に写った

東京タワー

都営新宿線

東京ゲートブリッジの位置から
割り出したものです。

…が ビルの特定には
至っておりません。

実際に撮影された地点も
この円の内側の

かなり広範囲である可能性が
あります。

服部専務の周辺の交友関係および

昨夜の専務と姫原社長の足取りを
洗い直すとともに

この3枚の写真に写っている
ビルを見つけ出す。

(捜査員たち)はい!

一課長 お願い致します。

我々の捜査が思うように進まぬ中

また一人
犠牲者を出してしまった。

2つの殺人事件の関連も
10年前の事件との関連も

まだ見えていない事だらけだ。

しかし 尊い命を
たとえ どんな理由があるにせよ

いとも簡単に奪い続けている
非情な犯人を

我々は
決して取り逃がしてはならない!

被害者が我々に

3枚の写真という手掛かりを
残してくれた。

私を殺した犯人を
見つけ出してほしいという叫びだ。

その叫びに耳を傾け

必ず ホシを挙げる!

(捜査員たち)はい!
よし 行くぞ!

(捜査員たち)はい!
(武藤)鑑識!

♬~

(天笠)東京タワー 見えました。
(井上)あっ!

(井上)この辺りだな。

♬~

ここだな。

よし…。

被害者の… 叫びを忘れるな!

(鑑識係員たち)はい!

(奥野)いやあ これは
かなり大変な捜査ですね。

ババロアさんは 東京中の街並みを
記憶しているかもしれませんが

我々には
そんな記憶力ありませんからね。

見つけのヤマさんだって
難しいですよね。

彼女だって
死に物狂いで覚えてるんだ。

二度と同じ失敗を
繰り返さないためにな。

あっ… ババロアさん!

ああ。

ここです!
ここ このビルです!

あっ!

♬~

富士山…。

(武藤)都営新宿線が写っていた
写真のビルが ここ。

東京ゲートブリッジが写っていた
写真のビルが ここです。

あとは 東京タワーが写っていた
写真のビルだけか。

(望子)一課長!
ああ。

(望子)一つ 新たに わかりました。

服部専務のパソコンの検索履歴に

「十年前に建てられた

都内で富士山が見えるビル」
という項目がありました。

富士山…。

一課長。 このビルからも
富士山が見えました。

あっ この写真です。

(武藤)それに この2つのビル
両方とも

10年前に建てられたものです。

一課長!
ああ。

(天笠)見つかりました!

東京タワーが写った写真のビル!

(井上)このビルの場所は…
ここです!

おい そのビルから
富士山 見えるか?

富士山? 見えましたが…。

築何年だ?
築10年です。

なんで わかる?

このビルの場所

10年前 宝石商の鴨志田さんが
殺害された現場の近くです。

ご遺体が発見された
江戸神社のすぐ近くです!

そうなんです!

この写真は 一方向からし
撮っていなかったし

周りも
ビルしか写っていなかったので

わからなかったんですが
10年前の現場のすぐ近くでした!

この3つのビルからは
あるものが見えます。

なんだ? 何が見えるんだ?

ダイヤモンド富士です。

ダイヤモンド富士

ダイヤモンド富士
何カ所からも見えるものなのか?

はい。

ダイヤモンドから連想できる
いくつかの言葉の中に

ダイヤモンド富士というのも
あったので 調べたんですが

日時や期間は限られてますが

都内でも何カ所か
見える場所があります。

この3つのビルは
そこに含まれています。

10年前 犯行が起きた時も

ちょうど ダイヤモンド富士
見えていた事が わかりました。

江並弘敏が言い残した
「ダイヤモンド」とは

ダイヤモンド富士の事か?

10年前の犯行現場
もう一度 確認してきます!

頼む。
よし 行くぞ!

(捜査員たち)はい!

板木。
(望子)はい。

このビルの事
できるだけ詳しく調べてくれ。

はい。

ここで10年前
鴨志田さんは殺害されたんだな。

はい。

あそこに 富士山が見えます。

ちょうど
ダイヤモンド富士だったのか。

(刺す音)
(鴨志田)うっ…!

あそこで目撃したのか。

(女性)どうぞ。

そして その時 及川隆三さんは

この場所で
リフォーム工事をしていた。

はい。

ここからも富士山が見えます。

及川隆三さんが目撃したのは

鴨志田さんが 左目の下に
ホクロのある人物に刺されて

スーツケースに
入れられる姿だった…。

ただでさえ 人通りが少ない上に

皆の視線がダイヤモンド富士
向いていれば 死角ができるから

真犯人は犯行場所に

あえて あの場所を
選んだんだろう。

えっと… ホクロの人物は

スーツケースを手に
この前を通過した。

(警察官)そうだ。
自転車泥棒が…。

そして 大江戸神社に向かった。

♬~

うわ~っ!

この辺りからでも
ダイヤモンド富士 見えるんだな。

(呂亜の声)殺害された服部専務が
撮影したのは

このビルです!

ああ…。

ホクロの人物は ここを通って

この先の大江戸神社
鴨志田さんのご遺体を埋めて

で スーツケースは川に流した。

江並弘敏は
そう供述していますが…。

江並弘敏が 死ぬ前に

「ダイヤモンド」と口にしたのは
なぜだろうか。

一課長!

それは…

この辺りが ダイヤモンド富士

見える場所だったから
じゃないでしょうか。

うーん…。
だが それだけで 最期に

「ダイヤモンド」と
口にするだろうか。

(奥野)無理がありますね。

もっと別の意味があると
いうんですか?

うん…。

10年前の犯行当時…。

このビル
基礎工事が始まったばかりで

何も建っていなかった。

そうか!

そういう事ですか?

一課長!

(望子)このビルに関して
気になる情報がつかめました。

このビル 3年前に
ビューティフルリノベーションの手で

無料リノベーションが
行われていました。

ビルの所有者は

他の会社に依頼するつもりだった
らしいんですが

ビューティフルリノベーションから
直接 申し出があって

無料でやってもらったそうです。

(奥野)無料なら
そっちに飛び付きますよね。

しかし
タダとは 随分と太っ腹ですね。

おかしいですね そんな行為。

その無料リノベーションの
担当者は誰だ?

すぐ調べます!

一課長 繋がりましたね。

うん…。
犯人は決定的な証拠になる

鴨志田さんのご遺体を運んだ
スーツケースを

このビルの下に埋めたんだ。

(奥野)このビルの下に?

ヤマさん。
はい。

10年前の及川さんの自殺の件で

あの専門学校生に
もう一度 話を聞いてくれ。

承知しました。

私 もう一度 調べたい事が
あります。

うん。

掘り返すの 大変そうですね。

うん…。

♬~

前園香奈美さん。

10年前の話
もう一度 聞かせてくれないかな。

思い出したくないって
言ったはずです。

それは 自分の記憶を
偽っているからじゃないのか?

お母さんの思い出
たくさんあるよね?

一つも忘れたくない
大切な思い出だよね?

その大切な思い出
汚さないでくれよ。

塗り替えたりしちゃ駄目だよ。

親っていうのはね

天国行っても ずっと
子供の事 見てるんだよ。

お母さん 見てるんだから

心配させちゃいけないよ。

悲しませないでよ。

(泣き声)

♬~

この人物が
無料リノベーションの担当者か。

14~15年前に撮られた写真です。

しっかりとホクロがありますね。

10年前の事件の直後に

ホクロの切除手術を
行っていました。

しかし この人物に
服部彩紀専務の殺害は不可能だ。

ですよね…。

私 ビューティフルリノベーションについて
少しでも知るために

手掛けた いくつかの物件を
回ってみたんです。

(呂亜の声)そこで気づいたんです。
似ているって。

似ている? 何が似てるんだ?

はい。

ビューティフルリノベーションは
経費削減のためでしょうか

同じ資材を大量に購入し

いくつかの現場で
使っていたんです。

別の場所で殺害して

そのまま 羽田沖まで
運んだ可能性があるという事か。

はい!
そうか…。

ヤマさん。
全捜査員を集めてくれ!

♬~

本当の殺害現場には 犯行の痕跡が
必ず残されてるはずだ。

見つけ出せば アリバイは崩れる。

髪の毛一本でいい。
見つけ出すんだ。

(望子)探す場所は

ビューティフルリノベーションが
手掛けている工事中の物件 全て。

この資材が使われている物件。

場所は限られている。
ただし 相手は工事現場だ。

工事が進んでしまえば
痕跡は消えてしまう。

時間がない。

今 ここで

犯行現場を特定する証拠を
確保できなければ

我々は
また真実を見失ってしまう。

真実を
見つけ出す事ができない警察に

なんの意味がある?

悪を逃す警察官に
なんの価値がある?

我々 警察官は
どんな状況であろうが

市民を守るために
この街を守るために

真実の追求を諦めてはならない。

最後の最後まで諦めるな!

我々 警察官が
市民を守る最後の砦だ。

どうか みんなの力を貸してくれ。

そして 必ずホシを挙げる!
(捜査員たち)はい!

よし 行くぞ!
(捜査員たち)はい!

(武藤)鑑識!
(鑑識係員たち)はい!

ババロア
はい。

お前は
10年前の事を忘れずにいた。

この10年間
苦しみ続け 後悔を胸に

記憶を研ぎ澄ませてきた。

そのお前の記憶のおかげで

ここまで たどり着けた。

お前がいたから
ここまで来たんだ。

最後まで頼むぞ。

はい!

♬~

ちょっと調べさせて頂きます。

入るよ。
(2人)はい。

♬~

始めましょう。
(捜査員たち)はい。

2階と裏手
手分けしてお願いします。

♬~

一滴の血痕でも構わん。
見つけろ!

必ず残ってるはずだ!
(鑑識係員たち)はい!

よし。

♬~

馬場 お前がうらやましいよ。

一課長はな お前の事
ずっと気にかけて

ずっと見てたんだ。

そういう人だ 一課長は。

♬~

(ドアの開く音)

車の準備 できています。

うん。

(捜査員たち)お疲れさまです。

(捜査員たち)お疲れさまです。
ご苦労さん。

(2人)お疲れさまです。

一課長…。
ああ 続けろ。

はい。

♬~

ここです。

よし 行こう。
はい。

あっ 一課長 お疲れさまです。

(捜査員たち)お疲れさまです。
ご苦労さん 手を止めるな。

(捜査員たち)はい。

♬~

回せ。
はい。

♬~

井上。
はい。

次 行くよ。
はい。

♬~

ここもないですね。
次 行くわよ。

♬~

これ…!

♬~

あっ…。

♬~

なんの用かしら?

私は捜査に協力するつもりはない
と言ったはずです。

真相が判明しました。

私は あなたに
謝罪せねばなりません。

10年前 我々は

真相を突き止める事が
できませんでした。

申し訳ありません。

なんのまね?

まず 10年前の事件の真相を
お話しします。

そのためには あなたからも
ご説明をお願いします。

杉沼副社長。

♬~

杉沼さん… どういう事?

いや わかりません。

こんなとこに呼び出して
なんのまねです?

この写真 あなたですよね?

10年前 宝石商の鴨志田さんが

行きつけだったバーが
あったそうですが

あなたも 江並も
常連客だったそうですね。

あなたは バーで親しくなった
宝石商の鴨志田さんを

殺害場所に誘い出したんです。

(天笠の声)あなたは 鴨志田さんが
大きな商談を行う事も

時価数億円の高価なダイヤモンドを
持っている事も知っていた。

見せてくださいよ。
あなたのダイヤモンド。

ええ もうすぐ見えますよ
ダイヤモンド富士

あ?

(鴨志田)ダイヤモンド富士
なんだよ それ…。

本物のダイヤじゃねえのかよ!

ほら 見てくださいよ。

♬~

(刺す音)
うっ…!

お前のような心の汚れた人間には
もったいないか。

うわっ… ああーっ! あっ…!

♬~

(呂亜の声)その場面を
及川さんは目撃していたんです。

♬~

あなたは 鴨志田さんを入れた
スーツケースを

江戸神社に運び
ご遺体を埋めた。

♬~

空になったスーツケースの
処分場所に選んだのは

基礎工事中のビルだった。

♬~

これですね。

掘り出しました。

鴨志田さんの血痕と
あなたの指紋

しっかりと残ってました。

(望子)3年前
別の業者に工事をされたら

発見される恐れがあると
考えたあなたは

無料リノベーションを
申し出たんです。

(奥野)工事の間に
掘り出せればよかったのに

さすがに無理だったんですね。

神社の裏で鴨志田さんのご遺体が
すぐに発見されたのは

計算外だったんだろ。

杉沼!

鴨志田さんを殺害したのは
お前だな!

うわああーっ!

はあ…。
(首を鳴らす音)

大きな誤算は及川だった。

すいません お待たせしました。
どうも すいません。 いつも。

(杉沼の声)及川とは
仕事で何度か顔を合わせて

知っている間柄だった。

あいつ 俺と会うと妙に怯えてた。

(杉沼の声)それでわかった。

鴨志田を殺したところを
見られてたって。

捜査の目が
自分に向く事を恐れたあなたは

及川さんに口止めするどころか
嘘の証言をさせた。

俺の言うとおりに
刑事にしゃべるんだ。

そんな…
そんな事できませんよ。

お前の奥さん 美人だよな。

いいのか? あのきれいな奥さんが
どうなっても。

やめてくれ。

千尋にだけは
手を出さないでくれ。

あなたが利用したのは
闇金の借金ね。

首が回らなくなっていた
江並弘敏。

(望子の声)ごくわずかな金と
借金の肩代わり

そして 出所後の報酬を条件に
罪をかぶらせたんです。

(呂亜の声)江並弘敏の
一番の特徴であるホクロの事を

及川さんに言わせなかったのは

自分に目が向く事を
恐れたからです。

ああ そうだよ。

江並は逮捕されて
宝石の隠し場所を白状した。

ただし 数億円のダイヤモンドは
含まれていなかった。

あんたが そのダイヤモンドだけは
自分のものにしたんだろう。

宝石商の鴨志田さんは
脱税のために

そのダイヤモンドの所持を
申告しなかった。

だから 我々 警察は
盗まれた事もわからなかった。

あなたは
左目の下のホクロを切除して

及川さんの友人として
千尋さんの前にも現れた。

及川さんを監視するために。

(千尋の声)
初めて会った時 あなた

及川の友人
仕事の大切なパートナーだと言った。

あれ 全部 嘘だったのね。

及川が警察に行って
全て話すなんて言うから…。

(杉沼)もうすぐ 奥さん 来るよ。
メールを送ったからな。

早く飛べよ!

ここが思い出の場所なんだろ?

富士見渓谷でプロポーズしたって。

夫婦仲良く飛び降り心中か。

あっ! くっ…!
はっ! ああっ…!

くっ…! うっ…。

ああっ… あああーっ!

あなたが自殺だと言った!

あんたが下手に詮索しないように
騙したんだよ!

お待たせしました。

(呂亜の声)あなたは 千尋さんの
ビジネスパートナーとして

信頼を得ていた。

あ… 自殺の原因。

言いにくいんですが

及川さんの手抜き工事のせいで
犠牲者が出たからです。

手抜き工事? 犠牲者?

先日 私の扱ってるマンションで

清掃員の女性が
手抜き工事のせいで

中学生の娘を残して
転落死しているんです。

(杉沼)
その中学生の娘の話によると

及川さん コスト削減のために

古いリサイクル品や廃材などを
使っていた事を認めたそうです。

杉沼
あんたが利用したのは彼女だな?

(千尋)香奈美さん!?

香奈美さんは 確かに10年前に
お母さんを事故で亡くしてます。

しかし その原因は

及川さんの手抜き工事では
なかった。

及川さんは 手抜き工事を
認めたりはしていなかったよね?

はい。

会った事もありません。

あんたは
自分が担当したマンションで

たまたま起きた転落事故を
利用しただけだ。

先生… ごめんなさい。

嘘をつきました。

嘘をついたら 先生のもとで働ける
って言われて…。

子供に
そんな嘘をつかせるなんて

恥を知れ!

ありがとう。

♬~

1カ月前 出所した江並弘敏は
あなたに会いに行きましたね?

(杉沼の声)あいつは
出所祝いをよこせと言ってきた。

50万ある。
それで当面はいいだろ?

馬鹿。 1億だよ 1億。

お前の身代わりで10年だぞ。

それはすまないと思っている。

ダイヤモンド 換金したんだろ?

あの及川って野郎も
お前が殺したんだろ? どうせ。

江並は あんたを脅すつもりで
姫原社長を訪ねたんだな。

(杉沼の声)
会社を追い払われたあいつは

俺を呼び出して 会いに来た。

服部彩紀に
つけられているとも知らずにな。

盗んだダイヤモンド売って
さっさと金作れよ!

警察へ行こうか?

10年前に建てた
富士山が見えるビルの下に

遺体を運んだスーツケースが
埋まってるって話してこようか!?

お前が
ダイヤモンド富士を見ながら

鴨志田を殺して
ダイヤモンドを奪ったって事

話しちゃおうっかなあ。

ヘヘッ… 警察 行ってきまーす。

(杉沼の声)
あんな男は殺すしかなかった。

生きていても何一つ
社会の役に立たないクズだからね。

(刺す音)
ううっ あっ…!

うっ…。

あっ! あっ…。

ああっ…。

♬~

江並は ダイヤモンド富士
盗まれた宝石のダイヤモンド

その2つの意味で

「ダイヤモンド」と
最期に言い残したんだろ。

ダイヤ…。

モン… ド…。

これで終わるはずだったのに
今度は あの女が脅してきた。

私 面白い写真
撮ってきたんです。

これです。

遺体を運んだスーツケースが
埋まっている

富士山が見えるビルって
どれですか?

この中にありますよね?

10年前の事件の事 調べたんだけど
よくわからなくて。

でも 私なりに分析したところ…。

この中のどこかでしょ?

当たったみたいね。

ねえ 私 独立したいんで

その資金 お願いしますね。

だから 殺したのか?

いいえ。

彼女を殺したのは
私じゃありませんよ。

私にはアリバイがあります。

私に彼女を殺す事は不可能です。

そうか。

そこまで罪を軽くしたいんだな。

見苦しいぞ。

ビューティフルリノベーションが
手掛けている ある工事現場に

服部彩紀専務の血痕が
残っていました。

床ごと運ぶとはな。

(杉沼の声)取引をするから

ビルの写真のデータを
持って来るようにって呼び出した。

約束のもの? 持ってるわ。

でも すぐには渡しません。

あなたが私との約束を
守ってくれるかどうかを

確かめてからです。

まずはお金。

私 知ってるのよ あなたの秘密。

ダイヤモンドの秘密を。

(刺す音)
(彩紀)うっ…!

♬~

(小山田の声)そのまま
羽田沖の現場まで運べば

アリバイは成立だ。

♬~

あー あー あー あー!

天笠。
はい。

(望子)行きましょう。

立て。

来い!

♬~

及川が手抜き工事をしたなんて
信じられなかった。

でも 及川
古いものを大事にしていたの。

すぐに捨てようとはせず
リサイクルを心掛けていたの。

だから もしかして
古い材料を使ったせいで

事故を起こしてしまったんじゃ
ないかと思って…。

(千尋)及川を忘れようとした。

会社の方針まで変えて
昔を見ず 前だけを見る事にした。

でも… 忘れられなかった。

この10年 何をしても

及川を忘れる事はできなかった。

♬~

思い出を捨てようとしても

できなかった…。

あなたが及川さんの事を忘れたら

誰が及川さんの事を
思い出してあげられるんですか?

この指輪は
ずっとしていてあげてください。

♬~

千尋
ん?

今は これしか買えないけど

いつか きっとダイヤモンドを
プレゼントするから。

(千尋)うわあ~!

(千尋)きれい。

ありがとう。

その代わり
今日は特別なダイヤモンドだよ。

もうすぐ見えるよ ダイヤモンド。

これが千尋が見たかった
ダイヤモンド富士だよ。

きれい。

わあ~… ありがとう。

♬~

あの人も 私も…

ダイヤモンド富士が大好きだった。

私 及川さんが手掛けた
リフォーム工事の現場を

見てきました。

どの工事も
とっても優しかったです。

古い材料をとっても上手に
リサイクルしてました。

ううっ…。

よし 安全第一だな。
はいはい。 はい どうぞ。

アツツッ!
あっ ありがとうございます。

♬~

どんなつらい思い出も
消し去る事はできません。

それを受け入れて
どうやって生きていくのかが

大切じゃないでしょうか。

♬~

忘れません。

思い出と一緒に生きていきます。

♬~

♬~

まず 全員で被害者に献杯しよう。

献杯
(捜査員たち)献杯

♬~

みんな お疲れさま!

(捜査員たち)お疲れさまです。

そして ありがとう。

ジュースで申し訳ないが
乾杯しよう。

乾杯!
(捜査員たち)乾杯!

(拍手)

ほい。
笹川刑事部長!

ああ… 大岩純一捜査一課長
ご苦労さまでした。

皆さんも ご苦労さまでした。
お疲れさまでした。

今回の難事件

大岩純一捜査一課長だから
解決できた。

私は そう思っています。

大岩純一捜査一課長は
事件関係者の思いを

決して忘れない男だ!

はい という事で
今回も またベリーグッドです。

大岩純一捜査一課長
これからも事件関係者の思いを

決して忘れてはなりません。

はい!
はい。 私もですね

この足の痛みを忘れずに
生きていく事にします。

失礼します。
うん。

はい。 はい。 はい。

刑事部長。
ん?

忘れ物です。
ああ これはこれは どうもどうも。

これからの君には アメより
ムチが必要だな。 スランプ。

ブランクです。
ええ それでは皆さん

お先に失礼致します。

ババロア
はい。

世話になったな ありがとう。

こちらこそ
ありがとうございます。

いつでも呼んでください。
サンダー王子の…。

ん?

一課長のためなら
いつでも駆けつけます。

またカプセル怪獣が増えましたね。
うん。

なんですか? それ。

いざという時
頼りになる仲間の事だ。

光栄です。

♬~

さあ ご飯にしましょうか。
うん。

♬~

どんなつらい思い出も
一つも忘れたくないな。

そうかもしれませんね。

覚えている限り
生き続けているんだよな

我々の中で ずっと。

ええ。

うん。

じゃあ 食べようか。
(小春)はい。

いただきます。
(小春)いただきます。

(岡崎真実)大臣の警護?
(星田耕介)非常事態だ。

(本間京一)
この事件は我々が仕切る。

彼女には動機があるの。

(鴨志田新一)
裁かれていさえすれば

罪を犯さずに済んだんだよ。