ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

「3年A組」「家売るオンナの逆襲」「イノセンス」冬を彩る3ドラマ大予習SP ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『「3年A組」「家売るオンナの逆襲」「イノセンス」冬を彩る3ドラマ大予習SP』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 生徒
  2. ドラマ
  3. 人質
  4. 一颯
  5. A組
  6. 工藤
  7. 三軒家万智
  8. 事件
  9. 先生
  10. 行動

f:id:dramalog:20190104165432p:plain

『「3年A組」「家売るオンナの逆襲」「イノセンス」冬を彩る3ドラマ大予習SP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

「3年A組」「家売るオンナの逆襲」「イノセンス」冬を彩る3ドラマ大予習SP[字]

1月からスタートする新ドラマ「3年A組」「家売るオンナの逆襲」「イノセンス」の魅力を徹底解剖!日曜、水曜、土曜の夜が待ち遠しくなるスペシャル映像をお届け!

詳細情報
出演者
【3年A組】菅田将暉永野芽郁
【家売るオンナの逆襲】北川景子
イノセンス】坂口健太郎川口春奈藤木直人
番組内容
担任教師が生徒を人質に!?衝撃的学園ミステリー!日曜ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質です」

あの伝説の不動産屋が再び降臨!水曜ドラマ「家売るオンナの逆襲」

冤罪事件を解き明かして行くヒューマン・リーガル・エンターテインメント!土曜ドラマイノセンス 冤罪弁護士」

冬を彩る3ドラマの魅力をたっぷりとお届け!
監督・演出
【演出】 
小室直子、鈴木勇馬(3年A組)
猪股隆一、久保田充(家売るオンナの逆襲)
南雲聖一、丸谷俊平(イノセンス
原作・脚本
【脚本】 武藤将吾(3年A組)
大石静(家売るオンナの逆襲)
古家和尚イノセンス
音楽
「3年A組」
【主題歌】ザ・クロマニヨンズ「生きる」
【音楽】松本晃彦

「家売るオンナの逆襲」
【主題歌】斉藤和義「アレ」
【音楽】得田真裕
制作
【プロデューサー】
福井雄太、 松本明子(AXON)【3年A組】
荻野哲弘、尾上貴洋、本多繁勝(AXON)【イノセンス
小田玲奈、柳内久仁子(AXON)【家売るオンナの逆襲】

【製作著作】日本テレビ
【制作協力】AXON

 


<2019年 年初めを飾る
期待のドラマをご紹介>

私に売れない家はありません。

何者なんですか?

身に覚えのない罪で
逮捕されたら…。

無罪を主張します。

俺の授業を始める。

<まずは こちら>

(柊) 今から 皆さんには

人質になってもらいます。

<いよいよ 1月6日夜10時から
放送される…>

全て計画通りですから。

(武智) 計画通り?

<を描いた…>

(柊) もし その間
おとなしくしていなければ

生徒たちの命は保障しません。

<そんな魅力いっぱいの『3年A組
今から皆さんは、人質です。』>

<第一話の放送を前に…>

<卒業式まで あと10日>

<あとは卒業を待つのみとなった
生徒たち>

(石倉)
あ~ 間に合った間に合った。

間に合ってない 遅刻だよ。
(石倉) は~い。

(須永) ブッキー
少しくらい大目に見ろって。

<高校生活という一つの舞台が
平穏に幕を閉じる>

(鍵がしまる音)

<…はずだった>

<その日 担任の柊 一颯は
いつもと変わらぬ表情で

衝撃的なひと言を言い放つ>

今から 皆さんには

人質になってもらいます。

(生徒たち) フフフ… ハハハ…!

(香帆)
ブッキー スベっちゃったね~。

<一颯の言葉を冗談と受け止める
生徒たちだったが…>

(涼音) いいよ いいよ
そういうブッキー嫌いじゃないよ。

(男子生徒) フ~!

なら これでどうだ。
(操作音)

(爆発音)

(兵頭) 何だ? 何が起きたんだ?

(火花が散る音)
(女子生徒) キャ~…。

(女子生徒) キャ~!

(さくら) 何これ…。

どうなってんの?

(柊) 爆弾だよ。

<一颯の仕掛けた爆弾によって

3年A組の生徒たちは
完全に閉じ込められてしまう>

これで分かってもらえた?

(逢沢)
先生が爆破させたんですか?
ピンポ~ン!

あっ ちなみにね
その上にも まだあるよ。

(真壁) ウソだろ。
(里見) 狂ってる。

(柊) さぁさぁ 教室に戻ろうか。

また爆発しないうちに。

俺の目的が達成するまで
みんなには…。

<3年A組の担任を務める
美術教師 柊 一颯を演じるのは

誰もが認める
若手実力派俳優の一人

菅田将暉

(菅田) キャラクターとしては
美術の先生をしてまして

今の3年A組の生徒とも ず~っと
担任ではなく美術の先生として

ず~っと 会ってはいて 卒業の
半年前にいろいろなことがあって。

で そこから僕が
3年A組の臨時の担任というか。

でも何か先生としては
すごく温厚だし

割と生徒からの人気も
普通にあったというか。

どうして このクラスは
人質になったのか。

<そんな一颯に人質にされる
3年A組の生徒たち>

じゃあ 茅野。

えっ?

学級委員だし ちょうどいいだろ。
ちょうどいいって何がですか?

全然ちょうどよくないです
嫌です 絶対 嫌!

さくらはクラスの委員長で

心の中は すごく熱いコだと
私は思ってるんですけど。

(華)
茅野ちゃんは何か知らないの?

(永野の声) 何か それを
やっぱり周りに見せずに

本物の自分を隠して

クラスのみんなと当たり障りない
ように生活してる

やっぱり今の自分の状況に
満足してないようなコだな

…っていうのは最初の段階で
お話ししてて。

その さくらが どんなふうに
変わって行くのかを

少しずつ出せたらいいな
とは思ってます。

<ヒロインの茅野さくら役を
演じる永野芽郁をはじめ…>

(未来) 殺されちゃうのかな?

<今後の活躍が期待される
若手俳優たちが演じます>

今は先生の指示に
従ったほうがいいかもしれない。

(真壁) 指示に従う…。

(唯月)
警察沙汰になったヤツが…。

(甲斐)
てめぇ ケンカ売ってんのか?

<この他にも
個性豊かなキャラクターが登場>

オリジナル作品だから ちょっと

先行きが まだ分からない状態で

読んでいるんですけれども。

(椎名の声)
最初から犯人が登場して

緊迫した状況になりますので

その緊迫感を保ちつつ

最終回まで
進んで行くんだろうなっていう

そういう想像をしていますけども
何が起こるのか。

この郡司という刑事も
どこまで関わって行くのか。

そういったところも
楽しみなんですが。

(郡司) 柊 一颯 27歳。

専門は美術。

(瑞希)
まだ 爆弾があるってこと?

宣戦布告かよ。

面白くなって来た~!

(田辺の声)
学校の先生なんですけど

平成最後の
カリスマ熱血教師ということで

かなり熱い男でして。

学校の先生なんですけど
テレビ出てコメンテーターをやったり

本を出したりという 結構自分も

前に前に出て行くタイプですね。

(市村)
何で ばらしちゃったんですか?

ものの弾みっていうか
ついポロっと。

後で校長からも
コメント頂くそうなんで。

全国放送ですからね。
あっ そうなの?

<多くの豪華キャストが
ドラマを盛り上げます>

(ブザー)

さぁ 盛り上がって行こうか。

この物語は
ミステリーでもあるので

物語の中には
柊の素性っていうのは

大きく… それこそ何で人質を
取ったのかみたいなところも

全部 理由があるので。

君たちが人質になったのには
理由がある。

(菅田の声) 彼の行動の
理由があっての行動と

衝動的な行動と どこまで
見ている人が判断できるか。

そこの戦いだなと思ってますね。

(甲斐) あいつは自殺したんだ
俺たちは関係ねえ。

(柊の声)俺は この日のためだけに
過ごして来たんだからな。

誰か一人 死んでもらう。

<卒業を間近に控えた
29人の生徒を人質に

一颯の最後の授業が幕を開ける>

これから俺の授業を始める。

Let's think.

ぜひ ご覧ください。

(万智)
私に売れない家はありません。

<いよいよ…>

(巴) 何? あんた。
(万智) 私が家を売ります。

(えり子) あなた おバカさん?
(庭野) えっ?

(にくまる) キャッシュで買うよ!

(留守堂)
失礼しました 不動産屋です。

(屋代) 三軒家君が負けた?

(庭野) 何者なんですか? あの
留守堂謙治っていう怪しい男は。

私が必ず 家を売ります。

<ここからは…>

ウソではございません!

<『家売るオンナの逆襲』…>

<三軒家万智といえば…>

白洲美加 ゴー!

ゴー!

<さらに…>

本契約まで気を抜くな!

(美加) だって…。
言い訳をするな!

二枚目 気取ってんじゃ ねえ!
早く来い!

<常識を超えた
破天荒な発言や行動が特徴的>

<さらに…>

<目玉をギョロギョロと動かし

どこか機械的
人間らしからぬ動きを見せる

ミステリアスな存在>

<今回のシリーズでも
破天荒な行動は健在>

<どんな爆売りを
見せてくれるのか>

電話かける ゴー!

(北川) 驚きもありつつ…。


(にくまる) あんた 誰?
(留守堂) こういう者です。

フリーで
不動産業をやっております。

<三軒家万智の前に
現れたのは…>

いかがでしょうか?

お逃げになっても
よろしいのではないでしょうか?

<謎の男の出現で 三軒家万智が
初の敗北を味わうことに?>

つらかったですね~。

<おなじみの…>

(こころ) ぷいん ぷいん
ぷい~ん!

(屋代) いいな~ この響き。

<三軒家万智に手を焼く上司…>

<今回…>

(北川の声) …の一つですし。

全部ウソだったんですか?

家を売るためです!

はい…。

<熱血若手営業マン…>

<…として
今回も振り回されてしまう>

どうしましょう!

白洲美加 ゴー!

はい~!

<三軒家万智と正反対>

<白洲美加>

<テーコー不動産を辞めた後も

何かと呼び出されては
こき使われる>

(足立) 最新セキュリティーの家を
お探しいたします。

<爽やかな笑顔で物件を売る
エリート営業マン…>

<さらに
まさかの恋の嵐が吹き荒れる>

何? あんた。

<くせ者ぞろいの…>

<第一話に登場するのは…>

(えり子) 腰 もんで。
えっ? あっ はい。

お~! 気持ちいい。

<夫との熟年離婚を考える…>

私 ホントは離婚したいんだ。

えっ?

(えり子) こんな高層階 嫌。

眺めなんて
1週間もすれば飽きちゃう。

<夫の定年退職を機に
住み替えを希望しているが

何かとケチをつけて
物件を決めない>

<熟年夫婦が買う家とは>

この家 4600万でお買い上げ
いただけますでしょうか?

チャンネル登録 よろしく~!

<過激な動画を作り
世間を騒がせる…>

<…も登場>

いいじゃん
みんな喜んでるんだからさ。

(記者)
謝りなさいよ! ちゃんと!

僕は謝らない!

<三軒家万智は
一体どんな家を売るのか>

<このドラマのために新曲を
書き下ろしてくれたのは

斉藤和義さん>

<タイトルは『アレ』>

<今回 工藤阿須加さんが…>

<意外な制作秘話が明らかに>

(工藤) 普段 自分の作りたい時の
感覚っていうのは

また オファーされるものと
違ったりもするんですか?

(斉藤) 何となくの
お題があるじゃないですか。

例えば バラードめでとか
アップテンポでとか。

自分から出ない
お題だったりすると

結構それが新鮮だったりするので。

今回は 全員が右向け右 左向け左
っていうような

そういう
世の中に物申す的な要素も

ドラマにはあります
って話だったので。

でも それが…。

…だと ありがたいです
みたいな話があって。

それで リズムから
作ってみようと思って。

これをね 使ったんですけど。
(工藤) これ はい。

(斉藤) 昔の…。

(斉藤) こういう…。
♪~ (工藤) あっ すごい。

それで 適当に… 適当じゃ ない。
(工藤) ハハハ…!

(斉藤) で 何か こういう…。
♪~ (工藤) あっ!

♪~

何か楽しげでしょ?
♪~ (工藤) はい。

♪~ (斉藤) そうそうそうそう。

…一心で。
(笑い)

…って伝えといてください。
伝えます! 伝えます!

♬~

♬~

<それは…>

(阿蘇) やりました。

<常識破りな方法で そんな…>

<…がいた>

<坂口健太郎さん演じる弁護士
黒川 拓を中心に

個性あふれる仲間たちが
力を合わせて冤罪を晴らすべく

難事件に立ち向かう
ヒューマン リーガル エンターテインメント>

<これから
ドラマ『イノセンス』の魅力を

ギュギュっと
6分に凝縮してお伝えします>

<題して…>

<いざ 開廷>

<まずは…>

<…たちを紹介>

<このドラマの主人公は

保駿堂法律事務所に所属する
若き…>

<普段から…>

<緩い服装>

<一見
とても弁護士には見えません>

(楓) あ~!

もう!

<しかし ひとたび
冤罪事件に関わると一変>

<納得行くまで…>

<…で 事件の真相に迫ります>

<時には周囲の言うことも聞かず
暴走することも>

何やってんですか! 黒川先生!

(黒川 拓) 呪いです 呪い呪い…。

ちょっと…! どこ行くんですか!

<偏見や決め付けを極端に嫌い
自分の…>

<黒川 拓とは
どういう人物なんでしょうか>


<そんな拓と
コンビを組むのは…>

(穂香)
上司 ぶん殴ってクビですって。

ちょっと!
話すなら正確に言ってください。

悪質なセクハラに対して正当防衛を
行使した結果の不当解雇です。

<…は 拓とは正反対>

<しかし 拓の調査に
振り回されるうちに

心境の変化が>

このままじゃ 絶対に負けますよ。

だから調べてるんです。


<そう このドラマの
すごいところは…>

<事件の真相を導き出すため

毎回 大がかりな実証を行います>

<その実験に協力するのが…>

今日も よろしくお願いします。

<実は…>

<秋保とは 一体
どんな人物なのでしょうか>


<さらに 拓を取り巻く…>

(穂香) 事件の弁護してる時は
周り見えてないから。

<ぶつかりがちな
拓と楓の間に立つ…>

(別府) 裁判に負けても
君の評価は下がらないよ。

下がるとすれば 黒川先生の
暴走を抑えられなかった時だ。

<お金にならない事件ばかり
担当する拓を

苦々しく思っている…>

(湯布院)
黒川君 報道を利用するのも
戦略の一つですよ。

はい。

<拓のよき理解者であり
刑事事件専門の…>

(拓) 僕 取材とかそういうの
お断り…。

(聡子) 所長からも許可もらってる
それに 湯布院さんからも。

<拓に興味を持ち
取材をしながら協力する…>

(楓) いっつも こうなんですか?
黒川先生は。

「こう」って どのあたりを指して
聞いてるわけ?

(湯布院) いつもこうですよ 彼は。

(石和)
事務所のいい宣伝になりますね。

(登別) ハハハ…!

<個性豊かなキャストが
勢ぞろい>

<そして このドラマ
全体の鍵を握るのが…>

(黒川 真) あいつもいずれ
現実に気付くさ。

<弁護士とは逆の
エリート検察官で

現在 拓とは絶縁状態>

<一体 その理由は何なのか>

<親子関係にも注目です>

<…では 一体どんな事件が>

(阿蘇) やりました。

(阿蘇) やってないって
言ったんです 何度も。

僕が徹底的に調べて戦います。

<弁護を担当することになった
拓>

<仲間たちと協力しながら
調査を進めるうち

この事件には ある大きな秘密が
隠されていることに気付く>

この家が燃えたのも
きっとユキオの呪いだって。

ユキオ?

<現場に残されたヒントとは>

<拓は 真相を明らかにし…>

(拓) 被告人 阿蘇重雄の

無罪を主張します。

(坂口) ぜひ ご覧ください。