ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

下町ロケット 第11話 最終回 阿部寛、イモトアヤコ、吉川晃司、杉良太郎… ドラマの原作・キャストなど…

『日曜劇場「下町ロケット」最終回!佃VS帝国重工全面対決…下町プライド最後の大逆転』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. トランスミッション
  2. ダーウィン
  3. 佃製作所
  4. 的場
  5. 帝国重工
  6. エンジン
  7. 社長
  8. アルファ
  9. 首相
  10. 俺達

f:id:dramalog:20181223221635p:plain

『日曜劇場「下町ロケット」最終回!佃VS帝国重工全面対決…下町プライド最後の大逆転』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

日曜劇場「下町ロケット」最終回!佃VS帝国重工全面対決…下町プライド最後の大逆転

[終][字][デ]ライバルに先手を打たれ、苦戦する帝国重工…打ち出したのは、またもや突然の内製化!?帝国重工と最後のスペック対決…下町プライドで最後の大逆転を見せろ!

詳細情報
番組内容
懸命にモノづくりに挑む佃(阿部寛)率いる佃製作所。彼らの想いに共鳴した島津(イモトアヤコ)も佃製作所に加わったのだった。そして迎えた首相視察。観客からも首相からも全く相手にされず、トラブルで立ち往生してしまうアルファ1。さらには帝国重工から湧き上がる内製化の声に佃達は頭を悩ませる。そしてついに佃製作所と帝国重工の最後の戦いが始まる。日本の農業を救うために前に進み続ける男たちの姿を見逃すな!!
出演者
阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真安田顕徳重聡和田聰宏今野浩喜中本賢、谷田歩、馬場徹立石涼子朝倉あき宮尾俊太郎山田悠介松川尚瑠輝菅谷哲也菅野莉央、原アンナ◇イモトアヤコ、真矢ミキ、森崎博之福澤朗品川徹森次晃嗣、岡田浩暉、高橋努、古川雄大モロ師岡古舘伊知郎甲本雅裕、木下ほうか、工藤夕貴山本學倍賞美津子尾上菊之助立川談春神田正輝、吉川晃司、杉良太郎
原作
池井戸潤下町ロケット ヤタガラス」(小学館刊)
脚本
丑尾健太郎
音楽
服部隆之 ※隆は生の上に一
ナレーション
松平定知
スタッフ
プロデューサー:伊與田英徳 峠田 浩
演出:福澤克雄 田中健
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/
◇twitter
https://twitter.com/rocket_tbs
◇instagram
https://www.instagram.com/rocket_tbs/
◇facebook
https://www.facebook.com/shitamachi.rocket/

 


(沖田)まさか君は このまま

藤間の続投を黙って
見守るつもりじゃないだろうね?

(的場)もちろん
そのようなことは決して…

だったら! 何で
エンジンとトランスミッション

いまだ下請けにつくらせ

うちの製造部を
外したままなんだ?

藤間社長の一声で
現場が混乱しておりまして

いいかね?
内製化した無人農業ロボットで

ダーウィンに勝つ

それが君に課せられた使命だ

君が重工の役員席に
座っていられる間にな

(正弘)おお 大したもんだ

(殿村)ああ
素人の俺達が見ても分かる

前より格段に
走りが正確になってる

(山崎)首相視察のデモンストレーションまで
あと10日

ダーウィンには絶対に
負けられませんから

だけど 無人ラクターなのに
何で運転台があるんだい?

(島津)理由は 二つあります

一つは 動かなくなった時の
緊急対応を行うためです

そして もう一つは
道路交通法ですね

道路交通法
現段階の法律では

公道を走行する時は
人間が運転しなければなりません

やっかいなもんだなあ

(笑う一同)

そろそろ製品化を
視野に入れる頃ですか

(佃)ああ だからこそ首相視察での
デモンストレーションは

絶対に成功させなきゃ
なんねえんだ

(立花)多分マスコミも入りますし
絶好のプロモーションですからね

あの走りなら大丈夫だ ハハハッ

ちょっと止めてください

(ブザーが鳴る)

どうかしたのか?
今 ちょっと異音というか

変な音が聞こえたような気がして
えっ?

でも気のせいかな…

(伊丹)不具合?
(堀田)はい

モニターの農家からで無人運転中に

理由もなく
動かなくなったということです

プログラムをリセットしたら元に戻った
ということなんですが…

(重田)よりにもよって
こんな時にな

まさか首相の目の前で
止まるなんてことはないだろうな

(氷室)プログラムを
リセットしたら動いたんでしょ?

何か変な使い方してたんだろ

まあ 1件だけだし
もう少し様子を見てみよう

うちも設計その他 見直してみる

アゴースト キーシンも同様に確認してくれ
(戸川)シャッ!

一応 ベストな状態で臨まないとな

もし出荷後に
不具合が見つかれば致命的だ

ダーウィンプロジェクトは こんなところで
つまずくわけにはいかないんだ

帝国重工のアルファ1を

いや 的場俊一を
地獄へと追い落とすまでは…

(担当者)首相は午後1時45分に
来場予定です

その後 各25分の持ち時間で

デモンストレーションを
行っていただきます

順番はダーウィンプロジェクトさん
帝国重工さんの順です

首相は その後 東京の会合に
出席のため退場されます

何とぞ ご協力を
よろしくお願いします

(立花)こんな分刻みなスケジュールじゃ

少しのトラブルも許されませんね
ああ

(加納)社長 的場さんです

(軽部)ようやくお出ましか

おはようございます

ずいぶん ちっちゃくなったな

これじゃ
あれと変わんないじゃないか

(財前)
大きさは同じでも佃製作所の

エンジンとトランスミッションの性能は

ダーウィンよりも優れていると思います

(奥沢)どんな
トランスミッションなんだ

このトラクター専用に開発した
無段階変速トランスミッションです

無段階変速?

そんなもんなら うちが
搭載していたトランスミッションの方が

はるかに安定していたはずだ

あれ 基本設計が古くて
使いづらいと思いますけど

君は?

佃製作所の島津と申します

以前 帝国重工の
トランスミッションのセクションにおりました

ああ 我が社を退職したとは
聞いていたが

まあ うちの下請けぐらいが
君にはお似合いなんだろう

下請けでも
いいものはつくれます

帝国重工では 私には
そのチャンスはありませんでした

今こうして最新型のトランスミッション
世に問うことができるのは

幸せなことだと思っています
フン 最新型ねえ

我が社から
お払い箱になったような人間に

エンジンやトランスミッション
頼らなければならないというのは

悲劇としか
言いようがございませんね

まったくだ

お言葉ですが 大型エンジンが
メインの弊社では

小型エンジンとトランスミッションの製造が
困難なところを

佃さん達に
協力していただいたんです

まあ いい
じっくり見せてもらうよ

もし このダウンサイジングが
失敗すれば

藤間社長のシナリオは誤りだった
ということが証明できる

(山崎)
フーッ 成功すれば自分の手柄で

失敗すれば 藤間社長の
責任になるってことですか

それでは注目してください

下町トラクター
ダーウィンの入場です

みなさん
大きな拍手でお迎えください

(山崎)マスコミの注目は
最初からダーウィンですか

(加納)現時点では
これが社会の評価なんですね

でも ここでダーウィン
負けてるようじゃ

日本全国の農家を
相手にできないですからね

そうだな
俺は負けるつもりありませんよ

俺もだよ
勝ちますよ 絶対

(野木)熱いね 佃んとこの社員は

熱意だけは
どんな大企業にも負けない

うちの自慢だからな

やっと来た

総理大臣 もう30分も遅れてますよ

首相 ありがとうございます
ありがとうございます

ありがとうございます

(財前)佃さん

そろそろスタンバイをお願いします
はい

(職員)すいません 帝国重工さん
責任者の方 いらっしゃいますか?

私ですが
首相の到着が遅れた関係で

かなり時間が押してるんです

すいませんが
首相にお見せするデモは

一つだけに絞らせていただきます
一つ?

(職員)首相たってのご希望で

今回はダーウィンさんのみの
デモということにさせてください

ちょっ そんな…
君 それはないだろう

このために
私は準備してきたんだぞ

首相がお帰りになってから
やっていただくのはどうかと

市長が申しております
ふざけるな!

市長なんか関係ない
首相に見せるために来たんだ

(歓声)

よし 行こう 行くぞ

(浜畑)よいしょ

(拍手)

浜畑首相
帝国重工の的場と申します

どうか私どもの
無人農業ロボットのデモも

ご覧になって
いただけないでしょうか?

いやいや 今日はね
時間が押してるから

そこをどうにか…
的場さんって言ったね?

はい 以後 お見知りおきを

お見知りおきはいいんですが

あんまり中小企業を
いじめないでくださいよ!

(笑う一同)

いじめちゃダメ

首相!

首相 首相!

ダーウィンプロジェクトの
重田と申します

重田工業の重田って言った方が
分かりやすいかな

その節は大変お世話になりました

お久しぶりです

的場さんに
やっかい払いされてから

重田社長と意気投合しましてね

誰かね? 覚えてないな

よくそんなことを…
そうですよね

帝国重工の
社長候補になろうかというお方が

下請け企業の一つや二つ

倒産したなんてことを
覚えちゃいないですよね

でも的場さん
私は よーく覚えてますよ

あなたの言葉 視線 乾いた靴音

一日たりとも忘れたことはない

だから こうして
はい上がってきたんですよ

なるほどね
そういうことだったのか

まさか私への復讐だったとはね

負け犬同士
実にお似合いじゃないか

それで? 君達はこんなことで

私に仕返しでも
するつもりなのかね

倒産も 退職も 自業自得

人のせいにしてもらっては
迷惑千万だ

なーんだ
よく覚えてるじゃないですか

的場さん 気をつけてくださいよ

俺達は
あんたを徹底的に たたき潰す

負け犬にはね
負け犬の戦い方ってあるんですよ

特に地獄を見た負け犬は

恐ろしく執念深いですよ

一度 噛みついたら最後

二度と離さない

<そして 大観衆の注目を集めて>

<ダーウィンのデモンストレーションがスタートした>

(浜畑)
全てGPSで動かしてるんですか?

(戸川)はい そのとおりです

簡単に申し上げますと
カーナビのシステム ございますよね

(浜畑)カーナビね

(拍手と歓声)

なかなか隙がねえな

動きも反応もアグリジャパンの時より
格段によくなってますね

確かにな

ダーウィン
今のところ一つのミスもなく

デモンストレーションを
続けています

そして次は
自動ブレーキテストです

(ブザーが鳴る)

(拍手と歓声)

いや~ 素晴らしいものを
おつくりになりましたね

悔しいですけど大成功ですね

浜畑首相がお帰りになります

大きな拍手をお願いします

本当に帰っちゃうのか

えっ ちょっと待ってよ

お目当ては
ダーウィンだけってことか

このあとは 帝国重工 アルファ1の
デモンストレーションです

よーし しっかり見てやれよ

アルファ1の晴れ舞台を!

はい!
はい!

佃! いつでもいいぞ

よーし いこう!

アルファ1 スタートだ!

(ブザーが鳴る)

よし!

いいぞ

(立花)よし よし よし…

頑張れ

(柏田)やるな

すいません

そして 最後のかかしに
さしかかります

いけ!

(ブザーが鳴る)

よっしゃー!
やった!

よーし! よしよしよし!
おお~!

よかった!

やりましたね

はい お疲れさん お疲れさん

最高の走りだったな

お前 よくやったぞ

よく頑張った

でも見てもらえなかったんじゃ
ちゃんと評価してもらえませんね

無駄だったんじゃないの?

これなら やらない方が
よかったかも

昔な うちにまだヤマと

数人の技術者しかいなかった頃

みんなで何日も
開発室に泊まり込んで

思いつくアイデア
次々と形にしてったんだ

山ほどの失敗を重ねた上に
やっと開発できたものを

ただの道楽 無用の長物と

心無い言葉を投げかける
やつもいたよ

でもな 俺達だけは信じたんだ

こいつらは最高だってな

その中の一つが
大型ロケットで使われたバルブシステムだ

俺達のトランスミッションも たとえ今日は
誰も評価してくれなくても

いずれユーザーや世の中が
勝手に評価してくれる時が来る

その時を信じて待とう

世の中が評価してくれるっていう
考え 私は好きだな

そのとおりだと思う

技術者にとって
それ以上の勲章はありませんね

ああ

いや 今日のアルファ1の走りは
最高だったよ

俺達だけは そう信じていよう

佃製作所は そうやって一つずつ
前に進んできたんだ

でもダーウィンもよかったですよ

島さん

ちなみに今日のタイム知ってる?

ダーウィンはミスゼロで 15分30秒

うちは同じコースをミスゼロで

12分41秒

えっ!?
3分も速かったんですか!?

いや~!

ほら! 3分も速いんだぞ

(拍手)

ダーウィンプロジェクトの皆さんです
写真撮ってください

もう一回お願いします
こちらお願いします

よし

じゃあピッカピカに
磨いてやるか

はい
はい

(伊丹)島ちゃん

どうだった? うちのトラクター

よかったろ?

あの… あのトラクター
本当に売るの?

どういう意味?

あのトランスミッション
私が設計したやつだよね?

そういうことか

あのトランスミッション
属する権利は

全て うちにあるんだ

そんなこと言ってるんじゃない

伊丹君ってさ
結局 何も分かってなかったんだね

どういうことだよ? それ
言葉どおりの意味

本当にあれで
いいと思ってるわけ?

何も分かってないのは
島ちゃん あんたの方だ

あんたは負け馬に乗ったんだよ

島さん そろそろ行くぞ

≪伊丹か…

あっ はい 今行きます

島さん 大丈夫か?
はい 大丈夫です

私は いつまでも
過去の恨みや憎しみに

引きずられたくないんです

それに 佃製作所に入る時に
決めたんです

これからは 佃さん達と
未来をつくろうって

そういえば 島さんの歓迎会
まだやってなかったな

うまいものでも食うか?
いいっすね 行きましょう

おなかすきました
行きましょう 行きましょう

(山崎)何食べましょうかね?
(軽部)ごちそうさまです 社長

あれっ お前 来るのか?
(軽部)行きますよ

何だよ お前
(軽部)寿司がいいっすね

なあ島ちゃん 肉か?
(島津)お寿司…

氷室 ダーウィンのデモ走行で 何か
気になったことはなかったか?

どんな ささいなことでもいい

別に何も
むしろ完璧だったじゃないですか

首相も観衆も
大喜びだったでしょう

そうだよな

それじゃ
あっ 氷室

この間の不具合の一件で

トランスミッション
改めて調べてくれたんだよな?

まあ 一応

問題なかったんだよな?

はい だから
そう言ってるじゃないですか

社長 まだ誰にも見せていませんが

今日のタイムです

佃さんと島津さんが組んで

向こうは 相当いいトラクターに
仕上がってますよ

下町トラクター・ダーウィンが登場
完璧な自動運転を披露し…

よしっ 次 アルファ1が走るからさ

よく見てろよ
浜畑首相もご満足のご様子

そして次は…

今回 私は三軒茶屋駅から…
何だよ これ

(和枝)「何だ」は
こっちのセリフでしょ

紹介したの
ダーウィンだけじゃないの ふんっ

(テレビを消す)

あれっ 利菜は?
朝早く出てった

会社でやることがあるんだって
ああ そうか

ねえちょっと心配なんだけど

あんたんとこのバルブに
負けてから

あの子 朝から晩まで
ずーっと会社なの

まあ 今度 ゆっくり話してみるよ

バカだねえ

あの子にとって
今が 踏ん張りどこなのよ

ライバルのあんたが
入る余地なんてない

じゃあ 俺は
利菜に何をしてやれるんだよ?

あの子が あんなに夢中になって
ロケットをつくってる

もう十分なものを あんたから
受け取ってると思うよ

何だよ 急に
フフッ

何だよ
何 照れちゃって

バカ

しかし こんなにうまい酒は
何年ぶりだろうな

総理も よく言ってくれた

《中小企業を
いじめないでくださいよ!》

《いじめちゃダメ》

あの時の的場の
狼狽した表情を見る度に

酒が進むよ
(戸川)フフフフ

(北堀)取材の申し込みも
殺到してる

これから発売まで忙しくなるぞ

まあ 懸念された不具合も
あの一件以外 出てないようだし

やっぱり 一過性のもんでしょ
ああ

で 発売は 来年の7月だっけ?
ああ

(戸川)ああ 楽しみだ
楽しみだな~

帝国重工が
アルファ1の発売日を決定したぞ

来年の7月だ

(拍手)

確か ダーウィンの発売も
7月予定でしたよね?

ああ その動向を見越しての
決定らしい

うちの進捗状況からみて
来年7月の発売は

考えられる限り
最短のスケジュールですね

うん

どうした? 島さん

やっぱり 何か気になってることが
あるんじゃないのか?

何かあるなら 遠慮なく言ってくれ

前回の走行テストで
一瞬聞こえた異音が

どうしても気になって

今のところ データ上では

気になることは
出てきてないけどな

トノのところで走行テストやるか
納得いくまでやってみないか?

でも 発売まで
ギリギリのスケジュールなのに

もし 私の思い過ごしだったら…

島さん 前に言ってくれたろ

不安があるものを
農家の人々に届けられるか って

その不安が 将来的には
致命傷になるかもしれないだろ

島さんの仕事は
いいものをつくること それだけだ

だから 徹底的に
泥臭くやってみないか?

分かりました
ありがとうございます

<それから島津達は>

<殿村家の実験農場で
走行テストを繰り返した>

<だが 走行にもエンジン音にも>

<気になるところは
見つからなかった>

(ブザーが鳴る)

問題ありませんね

もう一回やってみよう
はい

ダーウィンの発売が
3カ月前倒しになっただと!?

はい マーケティング担当が…
(奥沢)マーケティング担当が

ヤマタニの系列代理店で
ヒアリングをしてきた話だと

ダーウィンの発売が早まって
来年の4月になるそうです

まんまと一杯食わされたな

向こうは最初から 4月発売で
動いていた可能性があります

我が社の出方を見据えた上で
対応を決めたのではないかと

顧客を奪われるぞ!

我々も4月発売に間に合わすことは
できないのか?

我が社の生産体制の変更だけでも
難しい上に

外注している会社が
果たして対応できるかどうか

佃製作所か
あらかじめ

佃さんにも 打診してみましたが
やはり難しいと

ここで焦るより 本当にいいものを
つくることこそが

販売を伸ばすことに
つながると思います

分かった

(奥沢)しかし よりにもよって

これから 会長も出席される
役員会があるというのに

発売時期の遅れは

役員会の議題の中心に
上ることは間違いないかと

奥沢

一つ聞きたいことがある

≪発売時期まで
競合他社に先を越されたそうだが

申し訳ありません

それで
売上げ目標は達成できるのか?

どう対処するつもりだ?

我が社も 発売時期を
前倒ししたいと考えております

我が社も 発売時期を
前倒ししたいと考えております

≪そんなことが可能なのか?

簡単ではありませんが
こうむる損失を勘案し

各所に調整し

我が社の生産計画は 既に 変更が
可能な状態となっております

外注してるエンジンとトランスミッション
製造は間に合うのかね?

(的場)外注先の佃製作所からは

間に合わないとの回答が
ありました

ですが 一つ ご提案があります

我が社の機械製造部であれば

対応できるものがあります

《(的場)奥沢
一つ聞きたいことがある》

《アルファ1の
エンジンとトランスミッション

《我が社の機械製造部で 4月までに
商品化することはできるか?》

《小型化には
まだまだ時間がかかるかと》

《小型じゃなく 大型ならどうだ?》

《大型?》

《それでしたら 当初より
開発と改良を続けていますので》

《準備はできています》

全主要パーツを内製化し

さらに ダーウィンと同時期の発売に
間に合わせることができる

これ以上の策があるでしょうか?

お言葉ですが

大型トラクターは
日本のニーズとは かけ離れています

この国の農家を救うため

当初の計画から
逸脱するのではないでしょうか?

(水原)財前!

(的場)日本のニーズに合っていても
発売日が間に合わず

結果 売れないのでは
仕方がありません

世界には
大型トラクターのニーズがあります

日本という
わずかな市場を奪い合うか

世界の巨大市場を取りにいくか

帝国重工にとって
どちらがふさわしいでしょうか

(藤間)アグリジャパンの失態を
忘れたわけではないだろう

その性能は
商品化できるレベルなのか?

既に改良は進んでおり

すぐにでも商品化できるように
なっております

(沖田)ならば問題はない

納期を優先した戦略で
いいんじゃないか?

一つ条件がある

我が社と 佃製作所

どちらのエンジンとトランスミッション
優れているか

性能比較をしてくれ

(的場)性能比較?

失礼ですが 藤間社長は
我が社の技術力を

信じていらっしゃらない
ということでしょうか

もちろん信じているさ

だが私は

佃製作所の技術力も知っている

三者機関のモーター技研による

公明正大な評価を得たあと
判断をする

問答無用の性能勝負だ

いいね 的場君

かしこまりました

(的場)あの老害
とうとう見誤ったか

奥沢

帝国重工のプライドに懸けて

町工場ごときに負けるわけには
絶対にいかない

もちろんです
一石二鳥か

いや 一石三鳥か

藤間 佃 そしてダーウィン

まとめて片をつけるぞ

ショータイムの始まりだ

(山崎)うちが
生産を前倒しできないことを

逆手に取るなんて
あの的場の考えそうなことですね

もし帝国重工に負けた場合
うちは どうなるんですか?

当然 外されるだろうな

そして うちを後押しした
藤間社長は失脚する

社長 じゃあ もし
うちが負けた場合 その先には

ロケット事業撤退もあり得る
ということですか?

まあ そうなるだろうな

(上島)ちょっと待ってくださいよ

リユーザブルロケットのバルブもやっとの思いで
完成させたところなんですよ

だから 何が何でも
勝つしかないんだ

いいか これはな

性能評価という
正真正銘の真っ向勝負だ!

(携帯着信)

どうした? 加納
(加納)社長 大変です

アルファ1が 走行中にエンストしました
何だって!?

(軽部)通信系のトラブルじゃ?
(島津)通信バグなら

停車して15分は
エンジンかかってるはず

今回は
プログラミングの問題じゃないと思う

やっぱり 原因は野木じゃなく
うちだったってことか

(加納)性能テストの結果出ました

こっちがエンジンで
こっちがトランスミッションです

エンジンの出力トルク 馬力燃費
燃費消費率 全て問題ないです

トランスミッションは 伝達効率
変速時の応答性 変速ショック

静粛性 全部いい数値出てます

じゃあ 何で
エンストが起きたんだよ?

(加納)島津さん?

立花君
はい

トランスミッションの遊星部
耐衝撃寿命の数値は?

5万回です

ああ…

耐衝撃寿命が低すぎるんだ

そうか 減速ギアだったのか

想像以上に衝撃がかかってます

この耐衝撃寿命の5万回を

10万回にしなければ
ダメだと思います

はあ?
(一同)10万!?

そんな数値を出すのは
簡単じゃねえぞ

(立花)今の設計だって
改良に改良を重ねて

完成させたじゃないですか
これ以上 どうしたらいいんですか

分からない 可能性のあることを
片っ端からやるしかない

性能評価テストまで あと1週間ですよ
時間が足りませんよ

クソッ

このトランスミッションに ロケットの未来と
佃製作所の未来が懸かってる

こんなところで
夢を奪われてたまるか

どんな難問にも必ず答えはある

俺はそう信じて ここまで来たんだ

今回だって 必ず答えがあるはずだ

そう思わないか!

(上島)何をすればいいんですか?

(佐伯)俺達にも
手伝わせてください

(本田)このテストがダメだったら
俺達ロケットチームだってマズイんだ

だったら黙ってらんないっすよ
一緒にやらせてください

いいですね? 社長

よーし こうなったら
ロケットもトラクターもない

みんなで一丸となって
この難局を乗り切るぞ!

(一同)はい!

よっしゃー 軽部さん
もう定時には帰らせませんよ!

よし 残業だ!

(一同)おお~っ

≪よっしゃー やるぞ!

(柏田)どうしたんですか?
こんな時間に

メール来たんだろ? モニターから
やっぱり そのことですか

不具合のメールが来たって 一斉メール
送ったの お前らだろ それで?

(柏田)運行中のダーウィンが突如停止し
エンジンもストップ

再起動をかけたが
そのまま動かなくなった

氷室さん

どうせ また
使い方を間違えてるだけだろ

やっぱり これ トランスミッション
構造的な欠陥なんじゃないですか

問題ないと言ってるだろ!

第一 設計者は前任者だ
俺に責任はない!

もしトランスミッション
欠陥があれば

島津さんから設計を引き継いだ
氷室さんの責任になりますよ!

氷室さんだって
何かがおかしいと思ったから

わざわざ戻って…
いいかげんにしろ!

(伊丹)おい やめろ

キーシンの戸川から連絡があった

通信プログラムに
バグがあったらしい

じゃあ それが
不具合の原因だったんですか

ああ
まったく

人騒がせな連中だな!

よかった…

無人農業ロボット・ダーウィン
販売開始されました

農林協から先行販売となります
どうぞパンフレットご覧ください

農林より先行販売いたします
すごいな

ああ
無人農業ロボット…

(吉井)ご興味があれば どうぞ

問い合わせが殺到してるんで
ご予約はお早めに

あいにく うちはもう
別のに決まってるんでね

ああ 帝国重工さんの
ラクターのことですか

大丈夫ですかねえ

そちらはまだ 仕様の詳細さえ
はっきりしていない

そんなんで 本当に
発売されるのかどうか

佃さんの方 大丈夫なんだろうな?
うん

オヤジさんにも心配かけてんのか
申し訳ない

とんでもない オヤジはもうすっかり
佃製作所の支援者ですから

社長達と一緒になって
戦ってるつもりなんですよ

ありがとう

で 勝てそうですか?

今 格闘してる最中だよ

やっても やっても
うまくいかない

それが ものづくりだ

けどな いい顔してる

いい目をしてるんだ

あの目 見てると 分かるんだ

こいつら 必ず達成できるって

(加納)もう
ああっ

性能評価テストまでに
必ず間に合わせるから

そう オヤジさんに伝えといてくれ

分かりました

(咲子)佃社長?

うん

やっぱり
佃製作所は いい会社だよ

社員全員が 佃プライドのために
最高の仕事をしてる

佃製作所を辞めた俺には

もう できることはないのかな?

ねえ

辞めたこと
後悔してないんでしょ?

してないよ もちろん

だったら あなたは

世界一おいしい
お米を作ればいいのよ

(咲子)それが 佃製作所の皆さんの
仕事に応えることになるんだから

それが あなたの戦い方

あなたなりの
佃プライドなんじゃないの?

ありがとう 咲子

何か ご用ですか?

(利菜)あっ いえ

これ 佃社長に
渡していただけますか?

あっ はい

失礼します

あっ もしかして 利菜さん?

はい

ああ…

天才エンジニアの島津さんに
お会いできるなんて

光栄です

私の方こそ ずっと お会いしたい
と思っていたんですよ

佃社長 自慢の娘さんに

いや… 自慢なんて そんな

佃製作所のつくった バルブを

私は超えることができなかった

技術者として

父にも 皆さんにも負けたんです

私…

もっと もっと
いい技術者になりたいんです

父のような

父を超えるような

すみません

弱音を吐く暇があったら

もっと技術を磨かなきゃですよね

技術者は

ひたすら
ものを相手にしてるように見えて

実は違うの

人の心を相手にする仕事なの

私は 帝国重工で

たくさん勉強させてもらった

でも 私は
あそこから飛び出したことで

前より
いい技術者になった気がしてるの

数えきれない
失敗と挫折を繰り返して

痛みや喜びを知って

何より
泥臭くやることが必要だって

佃製作所の
みんなが教えてくれた

帝国重工では
決して学べなかったことだよ

この かけがえのない出会いが

私を成長させてくれたんだと思う

利菜さんにも いつかきっと

そういう出会いが
あるんじゃないかな

(奥沢)お声をかけていただければ
こちらから伺いましたのに

(的場)進捗は?

我が機械製造部が
持てる技術力を集結させた

最高傑作が完成しました

(奥沢)いかがでしょう?

よし 量産に入れるよう

準備をしといてくれ

承知いたしました

(山崎)頑張ってくれてますが

減速ギアの耐衝撃寿命は
まだ10万には届いていません

そうか

(唐木田)ロケットとトランスミッション
両方失うか 両方 手に入れるか

泣いても わめいても あと5日で
決まってしまうんですかね

(迫田)社長
財前さんが いらっしゃいました

今回も また 佃さん達を

振り回すことになってしまった

いえ 逆に感謝してるんですよ

性能をギリギリまで
追求したおかげで

見落としていた欠陥に
気づくことができました

では その不具合は
解決されたんですか?

いや それは まだ

これは 帝国重工の人間が
言うべきことではありませんが

勝ってください

それが この
無人農業ロボットプロジェクトのため

日本の農業のため

そして
帝国重工のためだと思っています

財前さん…

健闘を祈ります

<そして
性能評価テスト 当日を迎えた>

受付は そこの先
左に曲がったところですよ

ありがとうございます

ええ~ こちらが
佃製作所のエンジンと

トランスミッションです

(技師)では 確かに

結果は 明日の午後
書面で通知いたします

よろしくお願いします

毎度 バイク便で~す

すいません どちらからですか?

違う
モーター技研さんからじゃない

(津野)落ち着こう なっ
みんな 落ち着こう

結果が届くのは
今日の午後なんだから

なっ 落ち着こう

(山崎)ロケットの
打ち合わせなのに

何だか 敵陣に
乗り込んできた感じですね

そうだな

(ドアが開く)

(奥沢)佃さん

もうすぐ性能評価の結果が
出るのに よろしいんですか?

落胆する社員の皆さんの
そばにいてあげなくて

まだ どちらとも
決まってないですよね

まだ お分かりになりませんか?

キーデバイス
我が社が提供することが

プロジェクトのために
なるんです

うちに任せていただければ
いいんですよ

おたくら 諦めが悪い

的場さん

あなた 現場に何回 来ましたか?

アグリジャパンと首相視察
その2回だけだ

それで あなたに一体
何が見えてるっていうんですか

今回の実験走行で
アルファ1は一度だけ

原因不明の
エンストを起こしたんですよ

たった一回

あなたなら 問題にするほどのこと
じゃないでしょうね

けどね うちの技術者達は

その たった一回のために

気の遠くなるような作業と
向き合って

原因を解き明かしたんです

《ギアじゃないんじゃないかな…》

《立花君 今 何て言った?》

《いや
これだけ試してダメってことは》

《ギア本体の強度を上げるのにも》

《限界があるんじゃないかな
と思って》

《ちょっと いい?》

《シャフト…》

《シャフトだ》

《そうだ… シャフトだ》

《でかしたぞ 立花!》
《シャフト シャフト!》

《シャフトだよ》
《(一同)そうだ!》

《よし》

《思い切って変えてみよう》

《(足音)》

《社長!》
《社長!》

《これ 見てください!》

《これですよ これ》

《シャフトを
滑り軸受にしたのか》

《はい》
《設計変更後に計測した》

《耐衝撃寿命の数値です》

《108032?》

《10万回 クリアしたのか》

《(一同)はい!》

《(島津)この変更でベアリングの
たつき音もなくなって》

《騒音レベルも振動レベルも
大幅に改善しました》

《悪い数値じゃないでしょ》

《悪い数値じゃねえよ》

《最高だよ!》

《このトランスミッション
勝負いくぞ!》

《(一同)はい!》

諦めるだって? 冗談じゃない

性能評価テストに出して
それで終わりじゃないんだ

あいつらはね 今 この瞬間も

改良の余地がないか
格闘してるんだ

たとえ 今回
どんな結果だったとしても

いつか無人農業ロボットを
つくる時のために

絶対に諦めたりしないんだよ

これはね 佃製作所と
帝国重工の勝負なんかじゃない

ましてや ダーウィン
アルファ1の勝負ですらないんです

俺達は 俺達のつくる

トランスミッションの先に
あるもの

それを使う農家の人達の
喜ぶ姿が見たいんだよ!

的場さん

どうか 同じ夢を見てくれませんか

我々がつくる 無人農業ロボットが

いつか日本の農業を救うという
同じ夢を

復讐や憎しみだけじゃ
未来は つくれない

夢を持つことでしか
前に進めないんだ!

以上か

残り わずかな時間
せいぜい夢を語ればいい

私には雑音でしかないがな

毎度 バイク便で~す

モーター技研さんからです

迫田

はい

社長! お願いします

どう… どうでしたか? 社長

(財前)性能評価の結果です

見るまでもなく
我が社の勝利でしょう

みんな

残念ながら

圧勝だ~!

(歓声)

まさか…

おい おい おい ヤマ!

やりましたね 社長!

島さん

本当に よくやってくれた

私だけじゃ このアイデアには
気づけなかった

軽ちゃん 立花君

アキちゃん

それに 開発部のみんなの力だよ

いや これはな

佃製作所 全員で勝ち取った勝利だ

ああ それと

トノと トノの親父さん

そして 野木

みんなの思いが
この勝利を俺達にくれた!

これで やっと アルファ1を
農家の人達に届けられますね

ああ

トランスミッションメーカー
としてな

佃製作所の
新たな挑戦が始まるぞ!

(歓声)

どうして こんなことに…

技研の方から
コメントが添えられています

(奥沢)我が社の設計思想が 古い?

(技師)「現在 農業機械などの
エンジンやトランスミッションは」

「御社が考えておられる以上に
高性能化しております」

「正直申し上げて
御社の設計思想は古く」

「競合ひしめく市場に
参入することは難しいでしょう」

「それでも 内製化を目指すのなら」

「佃製作所に依頼をして」

「設計を指導してもらうことを
おすすめします」

それが 我が社に下された評価です

お前 勝てると言ったな

申し訳ありません

(的場)これでは
あの老いぼれを正当化しただけだ

私は こんなところで
終わるわけにはいかないんだ!

終わるわけにはいかないんだ

今回のことで
また一つ 見つかりましたよ

どんな相手からも パートナーに
なりたいと思ってもらえるような

圧倒的な
ものづくりをしていきたい

また一つ
夢のようなものが見つかりました

強いですね 佃さん

いえ

打ち上げは もうすぐですね

はい

(財前)ヤタガラスが
農業ロボットに つながったように

次のロケットの打ち上げも
誰かの夢に つながっている

そう信じます

そのためにも

必ず こいつを打ち上げて
あげなきゃなりませんね

<打ち上げは見事 成功した>

<それは
リユーザブルロケットという>

<新たなロケット開発の
幕開けであり>

<佃製作所の
次なる挑戦の始まりだった>

<そして 佃製作所製
トランスミッションと>

<エンジンを搭載した
無人農業ロボット アルファ1は>

<「ランドクロウ」 と名前を変え>

<発売に先駆けて
殿村家に納品された>

(立花)ランドクロウって
いい名前じゃないですか

ああ いや~
見違えるほど かっこよくなったな

親父 試験走行の時と一緒だよ

名前が変わっただけだよ

ああ そうか

では 親父さん
えっ

これを押してください

えっ いいのかい?
はい

よし 押すぞ

(正弘)わあ~ アハハ!

ハハハハッ

社長 ダーウィンの予約数

ものすごいことになっています!

本当か?
はい

何台だ?
200台です

量産を急がせろ
1台でも多く売るんだ!

(社員達)はい

ようやく ここまできた

ゆっくりと
的場の最後を見届けてやる

(堀田)社長 社長 見てください

東北の方々を中心に
やはり売れています

(伊丹)ここまで伸びるとは
思わなかったな

≪忙しくなりますね
(伊丹)そうだな

みんな 一つ提案があるんだが

エンストが原因で変更した
シャフト周りの設計を

特許申請しないか?

特許ですか?
ああ

確かに

あれには
それだけの価値があります

これからが本当の戦いだ

発売後も
色んな問題が起きるだろう

けどな それさえ楽しみじゃねえか

かっこなんか悪くたっていい

時間だって かかるだろう

それでも 止まらなければ

いつか きっと
最高に面白いものができるはずだ

それを信じて

俺達は夢を見続けよう

走れ!

走れ ランドクロウ!

俺達の思いをのせて

走ってくれ!