ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

リーガルV 第9話 最終回 米倉涼子、寛一郎、小日向文世、安達祐実… ドラマのキャスト・主題歌など…

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #9』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 天馬先生
  2. 大峰代表
  3. 小鳥遊
  4. 天馬
  5. 裁判
  6. 裁判長
  7. 証人
  8. 大鷹
  9. 海崎
  10. 救う

 

f:id:dramalog:20181213221533p:plain

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #9』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

[終]リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #9[字]

いよいよ最終回!!元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)VS弁護士会のドン・天馬壮一郎(小日向文世)…法廷で最終決戦!!翔子は最後のVictoryを手にできるのか!?

詳細情報
◇番組内容
小鳥遊翔子(米倉涼子)がかつて弁護した受刑者・守屋至(寛一郎)は、NPO法人「貧困を救う会」の代表に脅され、殺人の罪に手を染めていた…その真実を法廷で明らかにするため、翔子は天馬(小日向文世)を提訴。たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。ところがその矢先、京極(高橋英樹)と理恵(安達祐実)が逮捕された上に、馬場(荒川良々)と茅野(三浦翔平)が暴力団に襲われて病院送りの身となってしまい…
◇出演者
米倉涼子向井理林遣都菜々緒荒川良々安達祐実、三浦翔平 / 内藤理沙、宮本茉由、勝村政信小日向文世高橋英樹
【ゲスト】速水もこみち寛一郎久保田紗友
◇脚本
橋本裕志
◇演出
田村直己(テレビ朝日
◇音楽
菅野祐悟

【主題歌】
SEKAI NO OWARI『イルミネーション』(TOY'S FACTORY)
◇スタッフ
【企画協力】古賀誠一オスカープロモーション

【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、峰島あゆみ(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、池田禎子(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/
☆Twitter
 https://twitter.com/LegalV2
☆Instagram
 https://www.instagram.com/legalv2018/

 


(青島圭太)正気ですか?
天馬先生を訴えるなんて…。

(白鳥美奈子)1年前に
弁護士資格を失った事に関する

損害賠償を請求する
民事訴訟です。

(伊藤理恵)
請求額は おいくらですか?

(小鳥遊翔子)1円よ。
(理恵)えっ…?

裁判の本当の目的は

この事件の真実を
明らかにするという事。

みんなで1円 勝ち取ってよ。

(天馬壮一郎)つまり 小鳥遊くんは
弁護士会に喧嘩を売った。

それが どういう事か
思い知らせてあげてください。

(海崎勇人)そのためにも

弁護士会除名の経緯を
お聞かせください。

経緯も何も…

彼女は
担当事件の情報が欲しくて

暴力団幹部の花田尊に
金を握らせた。

当然の結果でしょう?

冗談じゃないわよ!

私は 調査資料と手紙を
渡しただけなの。

(京極雅彦)ですが この記事には
お金を渡した写真が…。

知らない間に入れられたのよ。
はめられたって事ですか?

さすがの私も
ヤクザに金は渡さないわ。

だけど 渡しちゃいそうな奴だから
ややこしくなるんだよなあ。

ちょっと。

(海崎)では
早期決着のためにも

金銭授受の当事者である
花田尊を

証人尋問するのは
いかがでしょうか?

反社会勢力との交流を戒めた私に

暴力団員を呼べと?

ですが 裁判が長引いて

スキャンダルを嗅ぎつけられると
厄介な事になりますよ。

スキャンダル?

私は 弁護士会会長ですよ。

スキャンダルなど
あり得ません。

ねっ? 海崎先生。

それで 裁判は どのように
進めるおつもりですか?

ねえ~ どうしよう?

(馬場雄一)何? それ。
(理恵)まさか 考えてないとか?

訴えを起こした以上
勝算はあるんですよね?

ないわ。

大体の事は
わかったつもりなんだけど

証拠がないのよ。
どうすんだよ!?

これで負けたら
今度こそ 事務所 潰れるぞ。

あっ でも…。

鍵は手に入れたわ。

(京極)鍵?

この事件の被害者の市瀬徹は
殺される直前に

秘密の場所に
すごいお宝を隠し持ってるって

うそぶいたらしいの。

事件を解く
手掛かりになるかもしれないわ。

この鍵 どうやって?

市瀬を殺害した時に
至くんが手に入れてたの。

所持品として還付された その鍵を
私に託してくれた。

でも なんの鍵なんですか?

ナンバー わざわざ削って
消してるぞ。

私が探ってみましょう。

実は 錠前技師としての資格も
取得しておりまして。

(茅野 明)教授…! どんだけ
資格 持ってるんすか。

さすがです。

まず 本裁判で勝つには

花田尊に金銭を渡した事が
罠であったと

証明する必要があります。
(理恵)それを証言できるのは

当事者の花田と

それを撮影した 『週刊スコープ』の
内藤記者ですかね。

けど 『週刊スコープ』は
どう見ても 天馬側の飼い犬だし。

まあ 花田に至っては
ヤクザっすからねえ。

やる前から諦めないの。
人は みんな 問題を抱えてるの。

対応次第では
味方になってくれるかもよ。

問題って…
何か つかんでるんですか?

内藤記者は ギャンブル漬けの
借金苦で 家庭崩壊寸前。

ヤクザの花田は
組長の愛人と禁断の恋愛中よ。

う~わ それ バレたら
東京湾に死体浮かぶやつっすよ。

怖っ…。

そして この裁判の
本当の目的である

市瀬徹殺害事件の真相解明には

加害者の至くんが
貧困を救う会の大峰代表に

殺人を強要された事を
証明する必要があります。

だけど 国政進出 狙ってる男が

「私は 殺しを命じました」なんて
証言するわけないだろう。

天馬先生とも親しいようですし。

わかりましたよ~!

(馬場)秘密のお宝の鍵!

これは スポーツジム用に作られた
ロッカーキーでした。

(大鷹)じゃあ
メーカーに問い合わせましょう。

メーカーは
すでに倒産しておりました。

で… では 被害者が入会していた
ジムを探れば…。

ところが 市瀬徹なる会員は
どこにも見つからなくて。

秘密の鍵なら
偽名を使ってたかもしれないぞ。

かくなる上は しらみ潰しに
探すしか 手はありませんかね。

関東エリアで該当する
スポーツジムは378カ所。

皆さんの分の鍵のコピーも
ご用意致しました。

ちょっと待ってください 教授。

378カ所のジムのロッカー
一個一個に鍵入れて

探せって事ですか?
(茅野)マジっすか!?

クチャクチャ言わないの。
いやあ…。

鎧塚刑事だったら
1人でも全部回るわよ。

では 重要証人の調査と並行して
みんなでロッカー探しですね。

じゃあ 馬場ちゃんと明くんは
横浜の京急線方面。

はい。
エス

教授と理恵さんは…

埼玉の西武線方面! はい。

ヤメ検とポチは…

千葉の京成線方面!

はい!
いやあ…。

私は 山手線。

頼んだわよ。 真実のために。

♬~

発車しま~す!

♬~

♬~

ん~ 駄目だ…。

ちょっと お茶して…。
ちょ ちょっと 何 言って…。

なんだよ…。
俺 疲れちゃったよ。

♬~

(京極)よし! 次 行こう。
(茅野)よし! 次 行きましょう。

♬~

♬~(音楽)
(手拍子)

♬~

ありがとうございます。

救う会の大峰代表が出てきました。

ポチくん。 天馬先生と海崎先生だ。
裁判に向けた打ち合わせだな。

やっぱり 親子なんですかね…。

天馬先生 つけられてますよ。

あの人たちは
どんな危険を冒しているか

理解していないようですね。

海崎くん。 検事総長
連絡してもらえますか?

わかりました。

(ラジオ)「さあ 第4コーナーの
カーブを曲がって 最後の直線」

「先頭は ディープカスケード」

「おっと 外からアタゴワクチンが
猛然と追い込んでくる!」

「ディープカスケードに並んだ!
アタゴワクチンだ!」

「ディープカスケード 後退!」

「勝ったのは アタゴワクチン!」

「断然の一番人気
ディープカスケード

まさかまさかの馬群に沈んだ!」

(内藤)あっ…。

麻雀もパチンコも競馬も
負けっ放しですねえ。

友人の
ビットコイン長者に頼んで

内藤記者を取り込んでみようかと
思います。

♬~

違法カジノの取り締まりだ。

いや 私たちは別に…。
今 来たばっかりですから…。

(理恵)ちょ ちょ…
ちょっと 何するんですか!?

(京極)ちょっと 待ってください。
なんですか?

本当に来るのかよ…。

銀座のホステスさんの話だと
花田は 毎週水曜の午後

ここで 愛車を
洗車するはずなんですけどねえ。

♬~

ビンゴ!

はい お預かり致します。

(茅野)すいません…。
はい。

花田さんが
携帯 忘れちゃったみたいで…。

探させてもらいます。
ああ はい。 どうぞ どうぞ。

♬~

おっほっほっほ ほほっ!

これ 組長の愛人への
プレゼントっすよ!

おおっ 花束もある!
この花も ひょっとして…。

あっ! あっ あっ…!

何? これ… 痛い!

お兄ちゃんたち
人の車で何遊んでるんだよ?

社会のルールってものを
教えて差し上げろ。

(3人)はい。
(馬場)ああ…!

ああっ ああー…!
あっ あっ…。

本当に
裁判 起こしたんですか?

だって 言ったでしょ
一緒に戦おうって。

証人 頼んでいいかな?

証人?

1年前の裁判で言えなかった事を
話すチャンスだよ。

人を殺した俺の言う事なんか
信じてもらえるんでしょうか?

裁判官が どう受け止めようと
至くんの声は

救う会
ボランティアたちの耳に届くわ。

あなたが
そのために戦ってる姿を見たら

妹さんも きっと救われるから。

ああ…!

(神保有希)いい飲みっぷりですね。
気合 入れてんのよ。

次は 天竜浜名湖鉄道
略して 天浜線スペシャ

お出ししま~す。

え~。
(携帯電話の着信音)

どうかした? ポチ。

馬場さんと茅野さんが
病院に搬送されました。

病院?

いや~ 車の中 探ってたら
見つかっちゃいました。

やっぱ ヤクザのパンチは
パないっすね!

あっ 痛っ!
ちょっと 何やってるんですか…。

馬場ちゃんは?

馬場さんは 倒れた際に
コンクリートで頭を打って

意識混濁が続いています。

(戸の開く音)

(大鷹)やばい やばい やばい…。
今 電話があったんだけど…。

これ お見舞い。
(茅野)あっ 痛っ!

やばい事になってる。
何かあったんですか?

京極教授と理恵ちゃんが
逮捕されたらしい。

逮捕?

ですから 裁判での証言を
お願いするために…。

(机をたたく音)

質問された事だけに答えろよ!

カジノで いくら使ったんだ?

もう 全てお話ししました。

いい加減
帰してもらえませんか?

悪いけど
泊まってってもらうわよ。

えっ?

♬~

(中沢淳美)天馬先生は
ただ今 外出しておりまして…。

じゃあ
来るまで待たせてもらうわ。

(淳美)困ります。
お引き取りください。

困ってるのは こっちなの。
(淳美)警察 呼びますよ。

はあ?

何をもめてるんだ?

うちの人間を脅すのは
やめてもらいたいな。

脅してるのは
そっちじゃないの?

あんたのボスは

自分の息子のためなら
国家権力まで使うわけ?

(海崎)言っている意味が
よくわからないな。

貧困を救う会の大峰代表は
天馬の息子でしょ?

天馬先生のご家庭には
娘さんが1人。

息子さんはいない。

あんたも
すっかり汚れちゃったね。

あの頃は
理想なんて語ってたくせに。

昔の話だ。

そして 今は 天馬という権力者の
犬に成り下がった。

君こそ
国選弁護なんてやったおかげで

弁護士資格を失った
哀れな野良犬だろ。

ハッ…。

最初は自分が始めた事よ。

金にもならない国選弁護を
何件も抱えて

寝る間も惜しんで走り回ってた。

だから 私は
あんたに興味を持ったの。

僕の影響とは光栄だな。

あの頃の気持ちが
まだ 少しでも残ってるなら…。

今の僕には

君が愚かな身の程知らずにしか
思えない。

たった一人で立ち向かって
勝てるほど 権力者は甘くない。

1人じゃないわ。
仲間がいるもの。

もう4人も潰されたんだろう?

あとの2人も どうなる事か…。

まさか…
あなたじゃないわよね?

私を罠にはめて
弁護士資格を奪ったのも…。

臆測で話すのは感心しないな。

もう一度 言う。

君一人では絶対に勝てない。

♬~

(ドアの閉まる音)

(大鷹)イテテテ…。
やっぱり これ

3人だけじゃ きついよなあ…。
イテテテ…。

(ため息)

やっぱり
無謀な戦いだったのかしらね?

えっ?

フフ…。 う~ん…。

ああ… 悔しいね。

えっ…。

悔しいって なんですか? それ。

小鳥遊さん 言いましたよね 僕に。

それをなんとかするのが
弁護士だって。

至くんや妹さんは

小鳥遊さんの何倍も何十倍も
苦しい思いしてきたのに

簡単に悔しいとか
言わないでくださいよ。

これは
小鳥遊さんの裁判ですよね?

勝たなきゃいけないんですよね?

何 白旗上げちゃってるんですか。

あのさ ポチ…。

私が いつ白旗上げたって言った?

♬~

(ドアの開く音)
あのさ ポチ…。

せっかく諦めかけてたのに

何 余計な事
言ってくれちゃってんだよ!

大鷹さんも
もうひと踏ん張り お願いします。

おいおい ポチくん。

なんかさ
あの女に似てきちゃったね。

えっ… 本当ですか?

悪口だよ。

ハハ…。

笑ってるよ もう…。

♬~

♬~

(ため息)

♬~

♬~

<光る 「タント」>

ダイハツ 「タント カスタム」 VS登場>

<買うなら 今シカ>

♬~ト・ト・ト トール ト・ト・ト トール

<これがトールサイズのコンパクトカー>
(濱田)俺も!

♬~ト・ト・ト トール ト・ト・ト トール
おぉ!

<これがトールサイズの濱田岳
高っ! あちっ!

ダイハツ 新「トール」
スマアシⅢ 搭載>

<買うなら 今シカ>

(妻)2階まで天井の高い家にして
ホント良かったわね~。

(夫)いや でもさ…。
でも 何?

《言えない。 やっぱり言えない。
1階は仕方ないにしても…≫

(2人)≪せめて2階くらいは
天井を低くして 落ち着きたかったなんて…≫

≪言えない≫
≪言わせない》

<2階も天井が高い。 だから広く感じる>

<その家は 「xevoΣ」>

でも 何?

…いや。

あっ ごめんなさい。

(天馬)「法律家は
常に罪と共にいます」

「罪があるから必要とされ

生かされている事を
忘れてはいけません」

「いつか 三権の長の一人として
歴史に残る判例を書いてみたい」

「だからこそ

私は裁かれる者の思いに
寄り添うんです」

あっ… あの…!

あの… すいません!

あの…
鎧塚刑事ではありませんか?

(鎧塚平八)君は?

小鳥遊翔子です。

以前 どこかで?
あっ いえ…。

ただのファンです。

でも いつも
あなたの言葉に励まされて…。

でも… なんか
ちょっと疲れちゃって…。

♬~

(鎧塚)深い森に迷い込んで
抜け出せなくなった時

人は なぜか もう無理だと
諦めてしまいたくなる。

だが それは間違っているとは
思わないかい?

ビコーズ

森には必ず…
出口があるんだから。

次の放送の冒頭のセリフだよ。

じゃあ。

楽しんで。

♬~

ありがとうございます!

いやあ!

♬~

♬~

(解錠音)

(大鷹)ああ… 痛え…。
イタタタ…。

はあ…。 よいしょ。

♬~

よいしょ~!
(大鷹)うわっ…。

見つけたよ お宝!

嘘!? えっ…
ロッカー開いたの?

ええっ!? すごいじゃないですか
小鳥遊さん!

(大鷹)何? これ。 宝って…。

会計資料だよな?

調べてみましょう。
いや 調べるったって

こういうのは 専門の知識がある
人間が見ないと駄目だよ。

(ドアの開く音)

ただ今 戻りました!

教授! 理恵さんも!

(大鷹)やっと釈放されましたか。

理不尽極まりない拘束でした。
まあ おかげさまで

法律家としての見聞も
広がりましたよ。

ちょうどいいところに
戻ってきてくれたわね。

あっ えっ… これは…?

被害者の市瀬徹が
ロッカーに隠し持っていたお宝よ。

見つけたんですか?

だけど 我々じゃ
ちんぷんかんぷんなんですよ。

わかりました。

元平成銀行OLの私に
お任せください。

では 私も
お手伝い致しましょうか?

えっ? ひょっとして
まさか 教授…。

はい。 簿記検定1級の資格も
取得しております。

さすがです。

♬~

(大鷹)留置場帰りの2人を
徹夜で働かせて

自分はソファで高いびきって…。

まったく
どういう神経してんだよ。

(いびき)

いいじゃないですか。

寝る間を惜しんで ロッカー探しを
していたわけですし。

(茅野)ちわーっす!
茅野さん! 退院したんですか?

いやあ
看護師さんが美人だったからさ

もうちょっと
のんびりしたかったんだけど

馬場さんが
急に目覚めちゃってさ…。

馬場さんも?
(馬場)俺だって

美人看護師さんに
包帯 替えてもらいたいと

思ってたところをグッと我慢して
ここに来たんだよ。

何? それ。

花田の車の
ドライブレコーダーから

ちゃっかり SDカードを
抜き取ってたんすよ。

禁断の愛の証拠が
映ってるかもしれないぞ。

しかし
ドライブレコーダーの録画時間は

せいぜい3~4時間ですよね。

上書きされて
消されてしまってるんじゃ?

(馬場)大丈夫だよ。
解析作業で復元できるから。

なんか… 今日のストーカーくん
かっこいいね!

(いびき)

ありました!
見つかったんですか? お宝。

はい。 小鳥遊さんが言っていた

事件の奥が
見えてくるかもしれません!

(いびき)

んん… うーん…。

小鳥遊さん! やりましたよ。
光が見えてきました。

おお~! じゃあ そろそろ
私の出番かもしれないね。

さすが姐さん!

こんな重大な局面なのに
平常心っすね。

何かあったら
遠慮なく起こしてくれていいから。

えっ?

その前に 寝るのを遠慮しろよ。

(いびき)

ご苦労さまです。

ありがとうございます。

お久しぶり。

おお~。 これはこれは弁護士様。
元気そうじゃないか。

あなたのおかげで
今は元弁護士よ。

その元弁護士が何しにきた?

うちの事務員を
かわいがってもらった

お礼を言いに。
金は受け取らないよ。

ああいうのは違法行為なんだろ?

それより もっとすごいお土産
持ってきたわ。

♬~

その女性は
組長さんの愛人でしょ?

♬~

あんた… 殺されてえのか?

私や事務所の誰かに
何かがあったら

その画像は
ネットで拡散される手はずよ。

あんたこそ殺されるんじゃない?

この記事がインチキだって
裁判で証言するだけで

あんたは死なずに済むの。

どうして 花田が原告側の証人に?

小鳥遊の事です。
また 汚い手を使ったんでしょう。

(海崎)
先手を打たれてしまいましたね。

受刑者の守屋至まで
出廷するそうですから

市瀬徹殺害事件の事まで
蒸し返す腹ですかね。

だとすると

貧困を救う会の大峰代表にも
手を出してくるかもしれませんよ。

(妻)天井が高い家にして
ホント良かったわね~。

(夫)そうだな。

《私は知っている》

《あなたは本当は

天井が低くて 狭~い所が

大好きなんだってことを》

《私は ぜ~んぶ 知っている》

(娘)パパ~! パパもやって!

<天井が高い。 だから広く感じる。
その家は 「xevoΣ」>

天井が高いって
最高だな。

《ウソつき》

いっぱい食べてね。
ありがとう。

(大峰)中学を出て働くのも
立派だと思うが

高校生活を経験してみるのも
悪い事じゃないと僕は思ってる。

でも うちには
そんなお金はないって…。

救う会奨学金制度を
利用すればいい。

僕も 君ぐらいの時は
同じ悩みを抱えていた。

僕は 君の味方だよ。

ありがとうございます!

失礼します。

優しいんですね。

至くんの事も
そうやって取り込んだんですか?

小鳥遊さん。

あっ… 覚えててくれたんですか?

なんのご用ですか?

私の裁判の証人に
なってもらえませんか?

この際 全部

本当の事
ぶちまけちゃいましょうよ。

それとも…
お父さんに叱られちゃう?

ハッ…。
なんの話をしてるんですか?

あなたにとっては
たった一人の肉親ですもんね。

僕には 生まれた時から
父親はいませんよ。

あ そっか。

自分の家庭を守るために
認知をしていないなんて

親とは言えないですよね。

何か勘違いしてるようですけど…。

でも あなたは
今も その肉親と会えてる。

けど 守屋至くんは
たった一人の家族なのに

妹さんと会えない時間が
9年も続くんですよ。

♬~

覚悟してください。
私 しつこいですよ。

あなたたち親子の事が
記事にでもなったら

天馬が あなたを
守るのか 切り捨てるのか…。

見ものですね。

脅すんですか? 僕を。
そんな間違った思い込みで?

間違いだろうと関係ない。

あなたたちにも
痛みを感じてもらわないと。

♬~

(大峰)小鳥遊翔子が現れました。

これは その時の録画データです。

やはり 来ましたか。

親子だろうって言われましたよ。

問題はありませんよ。

法廷は 法をつかさどる場です。

法律上 親子でない我々が

とやかく言われる事はあり得ない。

お父さん…。

僕を子供だと認めずに済む理由が
できましたね。

どうしたんですか?

私の人脈を使って
君は代議士になれるんですよ。

私は あらゆる手を使って
君を守ります。

親子以上の絆じゃないですか。

♬~

…そうですね。

(茅野)ハイハイ! ハイハイ!
ハイハイ! ハイハイ!

いやあ 姐さん
なんか 今日 機嫌いいっすね!

大峰も動揺してたからね。
全部 読みどおりってやつ?

ヤクザの花田も
味方につけましたしね。

はあ~! いいにおい!

ドライブレコーダー
弱みを握った馬場ちゃんの

ファインプレーだね!
いやあ~。

SDカードの録画画像が
復元できるなんて

全然知らなかったもん。

さすが元警備員っすね!

いやあ~!

そういえば 天馬も
車の中で よく密談してたわ。

(理恵)えっ?
それも奪えちゃったら

超ファインプレーなんじゃ
ないの~?

マ… マ… マジですか!?
マジ! マジ! マジ! マジ!

マジ マジ~! イエーイ! 乾杯!
イエーイ!

(理恵)ああ… いいにおい~!

お会計お願いね。

「脅すんですか? 僕を。
そんな間違った思い込みで?」

「間違いだろうと関係ない」

「あなたたちにも
痛みを感じてもらわないと」

(キーを打つ音)

使えますよ これは。
完全な脅迫です。

親子関係が
根拠のない臆測である事まで

本人自ら認めていますし。

もし 向こうが攻め手に困って

天馬先生と大峰代表の関係に
言及してきた場合は

逆に これで返り討ちですよ。

ええ。

(ノック)

失礼します。
何かつかんだのか?

小鳥遊は ドライブレコーダー
SDカードから復元したデータで

花田の弱みを握って
味方につけたようです。

ドライブレコーダー

(美奈子)天馬先生のお車も
狙われてるようですので

お気をつけください。

♬~

(車の解錠音)

♬~

念のため 処分しておいたほうが
いいかもしれません。

そうですね。

♬~

報道陣の皆様

本日は お集まり頂き
ありがとうございます。

憲法では

全ての国民に 裁判を受ける権利が
認められています。

たとえ どんな理不尽な訴えでも
堂々と受けて立つのが

かつての部下に対する
上司としての愛情でしょう。

来たぞ!

(内藤)法を犯した元弁護士が
とんだ悪あがきですね。

こんな形で
お会いする事になるとはね。

また一緒に法廷に立ちたいって
おっしゃってたじゃないですか。

望みが叶いましたね。

(カメラのシャッター音)

♬~

あからさまだな。

アウェー感が半端じゃないですね。

予想はしてたけど
まさか ここまでとは…。

裁判官は 全員
天馬先生の手の内という事ですか。

(京極)本裁判は
原告の小鳥遊翔子さんが

弁護士資格を失った事に関する
損害賠償として

弁護士会会長でもある
天馬壮一郎氏に

1円を請求するものであります。

(大鷹)処分の根拠となった

小鳥遊さんが 暴力団員に
金銭を渡したとする

報道の真偽を検証する
必要があると考え

その当事者である花田尊氏を
証人として呼んでいます。

お入りください。

♬~

花田氏に お尋ねします。

1年前に 市瀬徹殺害事件の情報を
得ようとした小鳥遊さんから

金銭を渡されましたか?

いや 金は渡されてないよ。

よしっ! ああ…。

しかし この写真は

あたかも
現金を受け取ったかのように

撮影されていますが…。

罠にはめたんだ。

彼女の目を盗んで
書類封筒に金を入れて

『週刊スコープ』の内藤記者に
スクープを撮らせた。

(傍聴人のどよめき)

いい加減な事を言うな!

(裁判長)傍聴人は静粛に。

では なぜ あなたは

小鳥遊さんを
罠にはめたのですか?

いきなり
本題に切り込みましたね。

貧困を救う会の大峰代表に
頼まれたんだ。

大峰代表は
なぜ それを頼んだのですか?

小鳥遊翔子が担当していた
事件の調査をやめさせるためだ。

異議あり。 弁護士資格を巡る
訴えとは関連性がありません。

しかし
本件の背景を知るために重要です。

大峰代表は なぜ 小鳥遊さんを
罠にはめる必要があったのかを…。

(裁判長)異議を認めます。
原告代理人

弁護士資格を失った事に関する
質問をしてください。

…以上です。

一番の敵は
裁判官かもしれません。

(茅野)つらみ~。

先ほど 市瀬徹殺害事件の調査を
やめさせるため

罠にはめたという
証言がありました。

その事件を検証するために
大変 異例ではありますが

加害者である守屋至受刑者を
証人として呼んでおります。

お入りください。

(ドアの開く音)

(ドアの閉まる音)

なお この尋問は

この1年
事件の調査を続けてきた

原告本人に
お任せしたいと思います。

(裁判長)
それは 問題ありませんが

先ほども お話ししたように

過去の事件の検証というのは
本件から逸脱していますので。

法廷は
真実を明らかにする場所でしょ?

それとも 裁判長は

弁護士会会長に忖度する事情でも
あるのかしら。

(大鷹)おい ちょっと
何を言い出すんだよ。

本当 申し訳ありません。

裁判長のためを思って
言ってるのよ。

忖度裁判長とか書かれちゃったら
かわいそうじゃない。

まあ いいじゃないですか 裁判長。

報道陣も たくさんお見えですし

私は 気の済むまで
やって頂いて構いませんよ。

では お始めください。

♬~

守屋至さん。

あなたは 去年の2月
鶯谷の公園で

市瀬徹さんを殺害しましたね?

はい。

それは なぜですか?

貧困を救う会を守るためにと
大峰代表に頼まれたからです。

(傍聴人のどよめき)

(海崎)裁判長
刑事裁判の時と証言が異なります。

証人は 偽証罪に問われる
可能性があるので

注意して答えたほうが
よろしいかと思いますよ。

確かに 1年前の裁判では
嘘をついていました。

詳しく お聞かせ願えますか。

殺害の依頼に従ったのは

妹を守るためでした。

(守屋)救う会奨学金
大学に行かせてもらっていた

妹の身に
危険が及ぶかもしれない。

大峰代表から そう脅され…

もう逃げ場はありませんでした。

(海崎)裁判長 本裁判の争点とは
関係ありません。

まだ答えてる最中よ。

(守屋)だから
前の裁判では事実を隠しました。

しかし 妹は
大学もやめてしまい

守る事はできませんでした。

(守屋)その事を
救う会のために働く

ボランティアたちに
知らせなくてはいけない。

俺のような人間は
もう出したくない。

そう考え この裁判での証言を
引き受けました。

裁判長。

確かに
守屋さんは 人を殺しました。

許されない犯罪です。

しかし
同時に被害者でもあったんです。

妹に危害が及ぶと脅され
やむなく 犯行に及んだんです。

その上 首謀者の大峰代表の罪も
1人で背負わされた。

でき得るならば 一日でも早く

彼が妹さんと暮らせる日が
戻る事を切に願います。

以上です。

♬~

(裁判長)
それでは 被告側の反対尋問を。

証人 ただ今の証言を客観的に
裏付ける資料は お持ちですか?

ありません。

でしたら 私の良識では
今の証言は 到底 信用できません。

加害者である証人の裁判は
すでに結審しており

そこでの発言が全てであって

ここで語る事に意味はありません。

徹底して こっちの言い分を
否定する作戦ですね。

♬~

(美奈子)これまで 原告側は
暴力団員や受刑者に

事実と異なる証言を
させてきましたが

我々は
社会的信用もある公正な人物に

証人をお願いしました。

(せき払い)

まず お尋ねします。

先ほど 花田尊氏は

殺人事件の調査を
やめさせるために

小鳥遊さんを罠にはめるよう
あなたに頼まれたと発言しました。

それは事実ですか?

全くの事実無根です。

そもそも 調査をやめさせる
理由がありません。

(海崎)では なぜ 花田氏は
あんな証言をしたのでしょうか?

原告に脅されたのかもしれません。

脅迫ですか?

原告は 私にも接触してきて

私のプライベートの秘密を
脅しのネタに

裁判での偽証を依頼してきました。

(机をたたく音)
偽証を依頼した事実はありません。

本当の事をぶちまけようって
言っただけだよね?

つまり 原告は 大峰氏に接触した
事実は認めるわけですね?

(海崎)では 守屋至さんが

あなたの指示で殺害に及んだ
という証言については

どう考えますか?

恐らく 私に罪をなすりつければ

刑期短縮が配慮されるなどと
守屋さんをだまして

偽証を唆したのでしょう。

しかし
私が殺害を指示する理由など

一切ありません。

以上です。

♬~

先ほど 大峰代表は

殺害の指示をする理由はないと
言っていましたよね?

(大峰)はい。

しかし 理由はあります。

被害者の市瀬さんは
救う会の秘密を握って幹部を脅し

多額の募金の着服をしていたとの
噂がありました。

あなたは
その秘密が暴かれる事を

恐れていたのではありませんか?

異議あり
根拠のない噂話に基づく妄言です。

根拠はあるわよ。

救う会の募金の一部は
ペーパーカンパニーを経由して

海外の大峰代表の個人口座に
入れられていました。

ついに お宝の出番ですね。

市瀬さんが握っていた秘密とは
これらの裏帳簿です。

のちほど
新たな証拠として提出致します。

(美奈子)裁判長
捏造証拠の可能性があります。

あなたは その公表を恐れたから

市瀬さんを
邪魔だと思ったんですよね?

異議あり
誤った認識に基づく誤導尋問です。

だから 市瀬さんを
殺害しようとしたんですよね?

ぐいぐい攻めるなあ。
さすが姐さん!

(ハイタッチする音)

異議あり

原告は 法廷を愚弄しています。

(天馬)小鳥遊くん
君がしている事は

反対尋問の名を借りた
威嚇行為であり

証人への名誉毀損ですよ。

仮にも
弁護士経験のある人間ならば

最低限の法廷のルールは
守って頂きたい。

天馬先生
私は証人に聞いてるんですよ。

殺害の計画など あり得ません。
(蹴る音)

(花田)いや 言っただろう 俺に!
記憶にありません!

殺害方法についても
俺に相談して…。

傍聴人は静粛に。
(花田)うるせえ!

(裁判長)静粛に!

質問を変えます。

あなたは 殺害事件の加害者である
守屋至くんに

救う会のために働いてくれと
頼みましたね。

(大峰)記憶にありません。

その仕事とは
市瀬さんを殺す事ですね?

頼んでいません。

(海崎)異議あり

一方的な臆測に基づく質問が
続いています。

(裁判長)異議を認めます。

♬~

続いて
原告被告双方をよく知る人物に

証言を頂きます。

Felix & Temma法律事務所の
海崎弁護士です。

海崎先生が証人か…。

最強のカード
使ってきましたね。

(美奈子)なお 尋問は
被告本人が行います。

しかも 天馬先生かよ。

では 証人にお尋ねします。

原告は

弁護士資格を失った事に関する
損害賠償として

弁護士会会長である私を
訴えました。

まず この訴訟について
どう思われますか?

そもそも
弁護士資格を失う決定を下すのは

会長個人ではなく
弁護士会ですから

訴え自体が間違いです。

まあ 裁判官の皆さんも
そこは理解していると思いますが。

(天馬)では 証人から見て

かつて 事務所の同僚であった
原告の小鳥遊翔子氏は

どのような人物でしたか?

強引で粗暴で
自分勝手で油断ならない。

それが正直な見解です。

(天馬)これまで
彼女が主張してきた事に

信憑性を感じますか?

全くもって感じられません。

嘘八百を並べ立てただけ。

それを あたかも

真実であるかのように
印象づけただけ。

(机をたたく音)
異議あり

悪意に満ちた誹謗中傷です!

異議を棄却します。
お続けください。

(海崎)法廷内にいる誰もが

私の見解に
賛同するのではないでしょうか。

以上です。

♬~

先ほど 証人は

私の訴え自体が間違いだと
言っていましたよね?

はい。

私は そうは思いません。
なぜなら 天馬先生は

市瀬徹殺害事件の調査を
やめさせるために

自身の権力を利用して

私から
弁護士資格を奪ったからです。

随分 勝手な臆測ですね。

なぜ 天馬先生が 事件の調査を
やめさせる必要があるか

理解に苦しみます。

事件の首謀者である
大峰代表の罪を隠すためよ。

(美奈子)異議あり

先ほど 大峰代表は
罪を否定しています。

それは虚偽証言よ。

(海崎)では 仮に

原告が言うとおり 大峰代表に
罪があったと仮定しても

天馬先生が 大峰代表を
かばう理由はありませんよね。

フフッ… 理由はあるでしょ?

天馬先生は
大峰代表の父親だもの。

(傍聴人のどよめき)

とうとう出してきましたね。

逆に
息の根を止めてやりましょう。

天馬先生は 大峰代表の母親と
交際していました。

しかし 自身のキャリアを守るために
彼女を捨て

大峰代表は 父親のいない
婚外子として生まれました。

つまり 天馬先生は

父親として
息子の罪を隠したかった。

だから 私が邪魔になったのです。

(天馬)強引ですよ 小鳥遊くん。

よくも そんな陳腐なストーリーを
思いついたものですね。

全て 根拠のない作り話です。

でっちあげの証言と証拠で

原告は
嘘の上に嘘を積み重ねています。

天馬先生 今は
原告側の反対尋問の時間です。

弁護士会会長であるあなたが

法廷のルールを
守れないのでしょうか?

いいじゃない。

反論があるなら受けつけるわよ。

(天馬)じゃあ 聞こう。

父親であるという証拠が
あるのかね?

ないわ。

♬~

聞きましたか? 裁判長。

今の発言が
小鳥遊翔子の全てです。

弁護士資格を失った事を
逆恨みして 訴訟を起こし

集まった記者の前で
私に対するデマを吹聴する。

それが記事にでもなれば

私は いわれのない誹謗中傷を
浴びる事になる。

この女は…

見当違いの復讐劇を
演じているだけなんです。

(天馬)しかし
法廷は劇場ではありません。

どんな刺激的な嘘を並べようとも
裁判官の心は動かせません。

ここで必要とされるのは
証拠に基づいた真実だけなんです。

なのに 彼女には
なんの真実もない。

非常に残念ですが

今の彼女の思いに
私は寄り添う事ができません。

では 天馬先生は

私が嘘をついているという
証拠でも お持ちですか?

お望みとあれば お出ししますよ。

あなた自身が あなたの言葉を
嘘だと認めた映像を。

えっ…。

(天馬)その上 あなたは
その嘘を広めると言って

大峰代表を脅迫までしています。

(大鷹)なんだよ それ。
また撮られてたのかよ…。

痛恨の極み。

裁判長 よろしいですよね。

全ての真実を
明らかにするべきです。

原告が許可するのであれば
どうぞ。

♬~

どうした? 怖いのか?

法廷は
真実を明らかにする場所だ。

そう言ったのは君だ。

理想を忘れて
汚れてしまった男でも

法律家の端くれとして
真実のために生きてきたつもりだ。

これを拒むとしたら
一生 君を軽蔑するよ。

海崎先生。

そうやって追い込むやり方は
感心しません。

(海崎)それが法廷だろ。

相変わらず成長しないな。

とにかく 映像の開示は
拒否させて頂きます。

ポチ 勝手に決めないで。

…えっ?

受けて立つわよ。

(海崎)では 公開させて頂きます。

メッキが剥がれる瞬間だ。

(大峰)「僕は
どうしたらいいんでしょうか?」

(天馬)「もし 市瀬徹が

救う会不正経理の秘密を
握っているのだとしたら

いずれ それを指南したこちらにも
火の粉が降りかかる」

(天馬)「そこから

他のクライアントへの脱税指南が
発覚でもしたら 非常に迷惑だ」

「君の失態だよ」

「始末しておけ」

(傍聴人のどよめき)

「始末とは…
どういう意味ですか?」

(天馬)「市瀬のような悪党は
いないほうが世のためだ」

「殺せとおっしゃるんですか?」

(傍聴人のどよめき)

♬~

(天馬)「私は弁護士会会長だ」

「必ず お前を守り通す」

(大峰)「わかりました。 …父さん」

♬~

すり替えたのか?

全ての真実を
明らかにしただけです。

まさか 君に裏切られるとはね。

(大峰)もう やめましょう!

父さん…。

何を言ってるんですか
大峰さん!

私には 息子など いません!

(裁判長)天馬先生!
どちらへ行かれるんですか?

(記者)天馬先生!
(裁判長)天馬先生!

先生…!

♬~

だから言ったでしょ。

あんなの 父親じゃないって。

♬~

(すすり泣き)

♬~

(ドアの開く音)

お待たせ。

(守屋)ありがとう。
えっ?

いや… あの裁判で
俺も ちょっと 元気出てきたから。

フッ…。

もう一人 元気が出たって
言ってる人がいるよ。

♬~

お兄ちゃん…。

未久…。

私 もう一度
大学目指して頑張ってみる。

そうか…。

じゃあ あとは
若い者同士 ごゆっくりどうぞ。

(ドアの閉まる音)

♬~

(警察官)
危ないから下がってください。

(記者)今の心境を一言…。
(記者)お願いします!

(記者)
今のお気持ちをお願いします。

(記者)天馬さん!
(記者)天馬さん!

大変でしたね。

ああ。

♬~

(淳美)お世話になりました。

♬~

(美奈子)代表就任
おめでとうございます。

(海崎)ありがとう。

お邪魔するわよ。

何か用かしら?

お礼を言っておきたくて。

お礼?

天馬と大峰の真実を
暴いてくれたでしょう?

自分の野心のためだ。

それが
たまたま 君のためにもなった。

おかげで助かった。

言ったろ?
君一人では勝てないって。

そうね。

白鳥先生が 私の狙いどおりに
動いてくれたから。

はあ? 私が あなたの
狙いどおりに動いたですって?

ホストクラブで わざわざ大声で

ドライブレコーダー
話をしたのは そのためよ。

(騒ぎ声)

たとえ 仮に そうだったとしても

海崎先生が どう動くかは
わからなかったはずよね。

♬~

あなたの中に
まだ理想のカケラが残ってる。

私は そっちに賭けた。

そして その賭けに勝った!

ありがとう~! ありがと~!

やめれ。
ハハ…!

久々に聞いた そのなまり。

じゃあ お邪魔しました。

まだ好きなんですね。

♬~

まさか。

♬~

(茅野)それでは
勝訴を祝って カンパーイ!

(一同)カンパーイ!

う~め~っ!

(馬場)これで
京極法律事務所も安泰かなあ。

(理恵)今は依頼も殺到しています。

(大鷹)どうせ 金にもならない
ご近所案件だろ?

いいじゃないですか。

ここは 弱者と正義のための
法律事務所なんですから。

そうですね。
じゃあ みんな しっかり稼いでよ。

(茅野)あれ?
姐さん お出かけっすか?

(大鷹)また鉄道旅行かよ。
仕事しろよ。

だって
私 弁護士資格ないんだもん。

費用は自分持ちでお願いします。
アハッ…。

待ってください。
小鳥遊さんは勝ったんですよ。

(大鷹)弁護士資格を失ったのは
不当だって認められたんだから

また
弁護士に戻れるんじゃないのか?

エス

(京極)まずは
その手続きを申請しましょう。

そして 今度は 弁護士として
一緒に働きましょう。

私 資格はいらないわよ。

(一同)えっ?

だって ここには
優秀な弁護士と事務員がいるしね。

♬~

小鳥遊さん!

どこに行くんですか?

さあね。

いつ戻るんですか?
わかんないわよ。

まさか 戻らないつもりじゃ…。

♬~

今まで ありがとね。

♬~

プッ…。

もう ポチは一人前よ。

私がいなくても平気でしょ?

じゃあ。

出発します。

♬~

お元気で!

♬~

♬~

う~ん。 うまっ!

うまっ!