ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

十津川警部シリーズ7 内藤剛志、石丸謙二郎、吉村界人、池上季実子… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ7「浜名湖殺人ルート」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 石塚
  2. 直子
  3. 犯人
  4. 石塚克郎
  5. 釈放
  6. 警部
  7. 息子
  8. 浜名湖
  9. お前
  10. 誘拐

f:id:dramalog:20181210230840p:plain

『ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ7「浜名湖殺人ルート」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ特別企画 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ7「浜名湖殺人ルート」

[解][字][デ]内藤剛志主演の『十津川警部シリーズ』第7弾。連続美女殺人事件、妻直子の誘拐。鎌倉や浜名湖を舞台に十津川が難事件に挑む。そして真犯人の思いとは。林海象初監督

詳細情報
番組内容
凶悪な連続美女殺人事件が発生していた。十津川警部内藤剛志)や亀井刑事(石丸謙二郎)は飲食店店長・石塚克郎(吉村界人)の犯行ではないかと睨む。そして事件解決かと思われた矢先、今度は十津川の妻・直子(池上季実子)が誘拐される。謎の犯人からの脅迫電話や迫りくる期限に焦る十津川は、直子を無事救出できるのか。そして次々と難事件が…。真犯人は誰なのか。明かされる悲しい過去とは。ゲストに柏原収史、片岡信和。
出演者
内藤剛志石丸謙二郎柏原収史友近橋本じゅん、増澤ノゾム、朝倉あき岩永徹也、福田陽一、吉村界人、片岡信和、IKKO、文二、三浦浩一久世星佳遠野なぎこ堀内正美池上季実子六平直政、西岡德馬
原作
西村京太郎「能登半島殺人事件」
脚本
山田耕大
スタッフ
プロデューサー:森下和清
監督:林 海象
編成:渡瀬暁彦
公式ページ
◇番組HP https://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/20181210/

 


直子が誘拐された

あっ…

金なら あるんだ!

直子? 直子!

えっ 奥さんが?
私も狙われる

俺は お前を絶対に許さない

♬~虹が架かる空には

♬~雨が降ってたんだ

♬~虹はいずれ消えるけど

♬~雨は草木を育てて…

俺が目つけたんだからさ

もう逃げらんないよね

(あやか)ああ~!

(ナイフで刺す音)

(あかね)イヤ~ッ

(ナイフで刺す音)

(五十嵐)ただいま

あかね?

あかね?

あかねっ あかね~!

ご苦労さまです
(十津川)お疲れさん

亀さん
(亀井)ああ

刺し傷が十数カ所もあります

鋭利な刃物で刺されたようで

誰かに 恨まれていたんだろうか

なぜだか
セキュリティーシステムを切られていました

それじゃ 犯人を
招き入れるようなもんじゃないか

僕が いけなかったんです

僕が電話で
1時頃には帰るって言ったから

妻は セキュリティースイッチを
切って待っていたんです

もっと早く帰っていれば

(小川)警部
はい

窓ガラスが破られています

ここから犯人が
侵入したんでしょうね

窓ガラスを丸く切って

そこから手を突っ込んで
クレセント錠を開けた

プロの手口ですなあ

(若林)亀井さん
ああ

今日から十津川班に着任した…
若林です

おう やっと来たな 頼むぞ

はい
で 盗まれた物は?

何もありません
強盗でもないのか

ところが
その代わり こんなものが

家に届けられていたそうです
脅迫状です

ご主人は
大手電機メーカーの社長でして

3000人の
リストラ計画を実行中だそうで

「リストラをすぐ中止しろ」

《家族が泣く》

《お前の妻が死んだら どう思う?》

「お前の妻が死んだら どう思う?」

「あんたの妻は 夫が…」

《他人を犠牲にして儲けた金で》

《自分を飾り立てて
得意になっている》

「いつか殺されると思いなさい」

亀さん これ

「お前は俺の」

「3人目の
獲物だ」

「海の日に
注意しろ」

「処刑人」

処刑人?

今日は7月16日 海の日だ

犯人は この脅迫状どおりに

殺害を実行したんですね

夫の五十嵐は 夜11時に

妻のあかねに電話をし

翌 午前2時に帰宅して

あかねの遺体を発見している

この3時間の間に あかねは
殺されたということになる

殺害予告とも取れる
脅迫状のことも考えると

犯人は用意周到に犯行を
計画していたことになりますね

(北村)
脅迫状見る限り リストラされた社員や

その
家族の犯行とも考えられますが

今のところ 疑わしい人物は
上がってきてません

この脅迫状はリストラ関係のものとは

別の人物が出したものだろう

気になるのは ガイシャのことを

「3人目の
獲物」といい

自分のことを
「処刑人」と

名乗っている
ところだ

これを出した人物が
犯人とみて間違いないですね

海の日に
気をつけろという殺害予告をして

被害者を怯えさせた上で

そのとおりに実行する

殺されるほうには
2度 恐怖を味わわせるつもりだ

犯人は
それを楽しんでるのかもしれん

(酒井)こいつ
絶対サイコパスですね 許せませんよ

(杉本)警部
3人目の獲物ということは

同一犯による犯行が
過去 1回目

2回目とあったと
考えられますよね

あっ あれですか

そうだ 今年の5月 6月

立て続けに起きた殺人事件だ

第1の事件の被害者は山崎江梨子

32歳の
インテリアコーディネーターだ

売れっ子の彼女は

寝る間もないほど
仕事に励んでいた

《(物音)》

《(江梨子)うっ ああ~!》

犯人はベランダから侵入して

江梨子を刺殺

2階の部屋を物色して

50万前後の現金と

200万相当の
貴金属を持ち去っている

物取りの犯行とみて捜査をしたが

いまだ
犯人の検挙には至っていない

第2の被害者は沖みどり 23歳

一人暮らしの女性会社員だ

当日 彼女は
同僚と食事をする予定だった

《(里奈)みどり》

だが
その日 沖みどりは会社を休み

何の連絡もしてこなかった

みどりを訪ねてきた同僚の女性が

部屋に入ると みどりは死んでいた

第1の事件と違って

部屋は物色した様子はなく

盗まれた物は何もなかった

物取りの犯行ではなく
ただ殺されていた

だが 家族親族をはじめ 人間関係

特に男女関係を徹底的に調べたが
犯人は見つからなかった

そして 第3の殺人事件

ガイシャは
インテリアコーディネーターに

独身の女性会社員に
資産家の人妻ですよ

バラバラじゃないですか

(清水)物取りだったり
ただの殺しだったり

同一犯とは
思えないですよね

いや 共通点はある

犯人は前もって
凶器を用意し 部屋に侵入し

女性を何カ所も刺して殺害し

そして その凶器を持ち去っている

目的を分散させ 捜査を

混乱させようと
したのかもしれない

犯人は1人目の山崎江梨子を
一突きで刺し殺し

2人目の沖みどりは9カ所

そして 3人目の五十嵐あかねは
13カ所も刺してるんですよね

いずれも
かなり傷は深かったみたいですし

犯人は 女性を刺して傷つけて

楽しんでるような殺し方だ

ちょっと待ってくださいよ

え~っと 窃盗目的で
侵入したのが見つかって

居直り強盗に変じた
というのも違うし

顔見知りが とっさの怒りで
殺したというのも 違うな

いや 最初から殺すことが目的だ

お前は俺の3人目の獲物

ナイフによる刺殺

他に共通点ありそうですけどね

あっ!

この3人って
どこか似てませんか?

3人とも身長は160センチ前後
そして…

全員が美人

3人とも 犯人好みの女性?

犯人は 今年の5月から

立て続けに
3人の女性を殺害している が

突然 始めたとは思えないんだな

前に同じようなタイプの女性を

襲ったことが
あるんじゃないだろうか

美人をですか
ああ

でも 犯行が類似する殺人事件は
見当たりませんでした

うん 手口に関しても範囲を広げて

殺人未遂
あるいは傷害事件も調べてくれ

分かりました
(一同)はい

(直子)ああっ たまには
海外旅行でも行きたいわね

行くんなら北欧とかいいわね
フィンランドとか

ノルウェーとか

フィンランドのオーロラ
キレイでしょうね

でも やっぱり無理か

じゃ
1人で鎌倉でも行っちゃおうかな

うん?
うん?

ああ ありがとう
ヤダ 何も聞いてなかったの?

うん?
もういい!

関連がありそうな事件が
5年前と3年前にありました

(北村)5年前 横浜の
伊勢佐木町

19歳の予備校生がムシャクシャした
気分を発散しようとして

20代の女性会社員の後をつけ

(北村)暗がりで 女性会社員に

襲いかかり レイプしました

女性会社員は 抵抗したため

全治1カ月の重傷を負い

未成年の少年は
書類送検されました

少年の名前は石塚克郎

3年前 東西大学の2年生になった

石塚は また事件を起こしています

女子大生に対する
傷害事件で2年の実刑

被害者は 当時
白真女子大学2年の川口あき

何と石塚の元交際相手でした

交際相手に傷害

DV男なんですかね

この川口あきさん 今は?

病院に通ってます

仕事もできず リハビリしながら
車椅子生活を送っています

うん…

(あき)
あんな男と付き合ったせいで

こんな体になってしまって

私 バカでした

ひどい男だな

あの お聞きしてもいいですか?

石塚克郎とは
一体 何があったんですか?

(あき)
大学2年の夏休み明けでした

友達に誘われて

渋谷のイタリア料理店に
合コンに行って

その時
石塚克郎と知り合ったんです

(あき)石塚は お金持ってるし

外車なんか乗り回してたから

付き合えば楽しめるかなって

でも あの人

普通じゃなかったんです

《(石塚)
高かったんだよなあ このナイフ》

《切れ味 最高だしね》

《ねえ
こんなのプレゼントするようじゃ》

《俺に捨てられちゃうよね
俺の元カノ》

《切っちゃっていい?》

ナイフ?

ええ マニアみたいで

ナイフのコレクションが
たくさんあるって自慢してました

で それから?

気味が悪かったんで
私から 別れてほしいって

でも 彼

それが気に入らなかったみたいで

《どこ それ?》

(あき)ストーカー やりだしてきて

(あき)私 怖くなって

実家の群馬に逃げたんです

《(石塚)元気?》

(あき)
そしたら そこにも追いかけてきて

《かわいいねえ》

《僕から
逃げられるとでも思ったの?》

《フッフッフ…》

《クッソ》

《ハハハ…》
《イヤ~!》

《(あき)キャーッ!》

石塚は もう出所しています

その後
あなたを つけ回すようなことは?

ありません

私のことなんて

もう忘れてると思います

私は ただの獲物の一人ですから

また
お客様に迷惑かけてんだって?

いえ 私 何もミスなんて

いや お前の存在自体が
ミスなんじゃね?

貧乏くせえんだよ

食べる気なくすだろ

お前みたいなもんが目に入ったら

ねえ?
明日から もう来なくていいから

えっ?
「えっ?」じゃねえんだよ

でも…
(石塚)「でも」じゃねえんだよ

(北村)2年の実刑だったのに
1年半で出所だよ

(若林)資産家の親が政治家に
働きかけたって話ですよね

何で殺人鬼が店長やってんのよ
いくら親の会社だからってさ

まだ あいつが犯人と
決まったわけじゃありませんよ

決まってるわよ
また美人が狙われる

よって 私も狙われる

警部補は大丈夫ですよ

言ったな~ イエローカードお化け

(従業員が泣く)

帰れよ!

(号泣する)

(携帯着信)

はい あっ 見つけた?

写メ 送れよ

どストライクじゃねえかよ

(若林)石塚は出所したあと

大手飲食チェーン「みすず」の
新宿店の店長になってます

みすずは石塚の父親の経営です

店長といっても
ほとんど店には来てません

外車に乗って遊びまくってます

たまに店に来たと思ったら
パワハラ セクハラのし放題

住まいは
新宿西口の高級マンション

そこで夜な夜な 仲間達と

え~ クラブ?
(北村・語尾を上げ)クラブ

クラ… クラブに繰り出してます

(レミ)ちょっと!
(井上)はい あ~ん

あ~ん

(新川)イエーッ

おら~ エサだ エサだ!

キャー!

おいおい…
誰が持ってけっつったよ

食うんだよ エサなんだから

マジ?
いつでもマジなんだよな

石塚さん

(モエミ)おなか壊さない?
(マイ)マズそう

(高野)
ドレッシング もらってやろうか

いや お札には塩コショウでしょ

(森)食べたこと
あんの?

あるわけねえだろ
豚じゃねえんだからよ

こいつら メス豚だもんな お金の
ためなら何でもやるんじゃね?

(サヤカ)じゃ お金 おかわり~!

(女性達)おかわり~

金なら いくらでもあんだよ

おら~! 食え

石塚の犯行に間違いないだろうが

殺害現場に証拠になる指紋 足跡

毛髪の一本も残っていなかった

状況証拠なら
いくらでもありますけどね

被害者3人が全員 石塚好みの女性

ナイフマニアで
自宅にコレクションが20本以上

鑑定結果によると 被害者3人の
傷口の形状は ほぼ一致してる

おそらく
同一のナイフによるものだ

これと同じ型のナイフです

犯人が持ち去ったものですね

その写真を傷害事件の被害者の
川口あきに見せました

自分が見たナイフと柄のデザイン

刃の形が
とても よく似ているそうです

犯行に使われたナイフは
発見されていません

やつは捨てずに 自宅なんかに
保管している可能性もあります

ガサ入れできないんですかね

それぐらいじゃ
令状は取れないだろう

もう8月だ

危険な時期に入った

犯人は5月 6月 7月と

ひと月ごとに女性を殺害している

第3の事件から
もうすぐ ひと月だ

犯人が石塚だとすれば

今すぐにでも
第4の殺害を犯すかもしれない

石塚を徹底マークだ
(一同)はい!

石塚 出た

今 車が出ました

(小川)了解

親に溺愛なんかされると

ああなっちゃうのかねえ

どこが かわいいんだろう

モンスターじゃないですか

ちょっと お聞きしたいことが
あるんですがね

先ほど 出ていかれた…

はい 十津川だ

石塚の標的が分かりました

松井由加 31歳

大手お菓子メーカーの社長
松井良治の妻です

子供はいません

化粧品会社に勤めていた時

ミス日本小町準グランプリに
選ばれています

この美貌を
社長の松井が見初めたんですね

前の3人の
被害女性達と似たタイプです

石塚克郎の格好のターゲット

絵が好きなようで 毎週土曜日には

恵比寿の画廊に
通っているそうです

それを石塚が嗅ぎつけたんですね

通いの家政婦の話なんですが

今日から1週間 夫の松井が
台湾に出張することになっていて

その間 家を空けるそうなんです

ということは 夜は彼女一人だ

それを石塚が知っているとすると

ひょっとして 今夜

いよいよ 警戒警報だな

<その日 8月11日の夜>

甲州街道に入るようですね

そのまま 松井由加の
家に向かうんでしょうか

いや 今までの3件の犯行は

すべて11時すぎだ

由加の家は成城だから

このまま行けば30分で着く

犯行には早すぎる

石塚の車が甲州街道に入った

そこからの尾行を頼む

我々は先回りする

(清水)了解です

随分 のんびり走ってますね

尾行されてるかどうか

確かめてるんだろうか

11時 そろそろでしょうか?

清水 石塚を追って
そのまま松井邸に直行しろ

☎(清水)了解です

臨時国会の閉会を受け

安倍総理が会見し、

外国人労働者の受け入れを拡大す

改正入管難民法について

受け入れ体制などに関する政府の
基本方針を

年内にとりまとめる考えを示した。

安倍総理外国人労働者の受け入
れ拡大に向けた

総合対策を年内に取りまとめ

来年4月の法律の施行前に、

国会に報告する考えを示した。

国会審議の過程で、野党だけでなく

与党からも法制度の不備が指摘さ
れたことを受けたもの。

一方、憲法改正を巡って

臨時国会で、自民党改憲案を提示
することができなかったが

安倍総理は、2020年は新しい憲
法が

施行される年にしたいと申し上げ
たが、

今もその気持ちに変わりはないと
して

(防犯カメラの音が鳴る)

(電子音が鳴る)

(防犯カメラの音が鳴る)

(電子音が鳴る)

(笑い声)

(由加)
誰か… いるの?

あっ!
ハハハ 獲物ゲット!

ねえ 一緒に楽しもうよ

あーーっ!

(若林)やめろ!
ああ?

何だ お前ら ああ?

おい! おい おい!

コノヤロー!

おとなしくしろ!
どけ! おら!

シャーッ! コノヤロー!

おら!

どけ! おら!

クソーッ! クソッ

石塚 やめろ!
(若林)警部!

ああ!? あ~ あ~ あ~

住居侵入 および
殺人未遂で現行犯逮捕!

午後11時47分!

ハハハハハハ…

ハハハハハハハ…

ハハハ…
起きろ

(清水)立て!
乗れ!

起きろ!

直子

帰ったぞ

どうしたんだ

(ノック)

直子 入るぞ

直子 帰ったぞ

何だ どうした…

☎(アナウンス)おかけになった電話は
電波の届かない場所にあるか

☎電源が入っていないため
かかりません

(携帯着信)

(モモエ)ほら 電話よ~

(哲太)はい コンドル・モモエです

あっ はい モモエママ
十津川さんからお電話です

ヒャ~ 十津ちゃん?
アララララ

十津ちゃん 元気?

うん 何とかやってるよ

で ママ 直子がいないんだが

もしかして そちらに
お邪魔でも?

いや来てないわよ ずっと

どんだけ
ごぶさたっていう感じよ ねえ

ところで 直ちゃん
何かあったの?

うん いやいや すまなかった

また店寄るよ
うん じゃあね ありがとう

「あなたには愛想がつきました」

「しばらく一人になります」

「私のことは探さないで下さい」

(携帯着信)

はい 亀井です

えっ 奥さんが?

信じられません
何かあったんですか?

警部

自分がいい夫だなんて
思ったことはありませんよ

だけど 俺に愛想がつきたなんて

ウソですよ 我々の仕事柄

どうしたって家庭のことは
留守になってしまいますが

警部は 奥さんには
よくしてたじゃないですか

ええ まいった

ホントに家出なんでしょうか?

旅行かばんもなくなってるし

キャッシュカードも
化粧品のケースもない

置き手紙
家出以外 考えられませんよ

でも 何か変ですよ

置き手紙を書くにしたって
愛想がつきたなんてこと

奥さんが書くとは とても思えない
これ 奥さんの字ですか?

ええ 間違いなく家内の字です

奥さんが行きそうなところ
全部 電話したんですよね

ええ どこにも行ってません

じゃあ 奥さんが1人になりたい時

どこに行くか想像つきませんか?

知りませんよ そんなこと

《たまには
海外旅行でも行きたいわね》

《行くんなら北欧とかいいわね》

フィンランドとか
ノルウェーとか》

フィンランドのオーロラ
キレイでしょうね~》

そういえば
海外旅行に行きたい

北欧がいいとか…

パスポートは
なくなってました?

いえ パスポートはあります

《やっぱり無理か》

《じゃあ 1人で鎌倉でも
行っちゃおうかなあ》

鎌倉か…

直子は鎌倉が好きで
1人でもよく行ってました

なじみの店もいくつかある

それだ 鎌倉ですよ

私も奥さんから鎌倉の話は
よく聞かされました

警部 行ってきてくださいな
鎌倉へ

いやいや
石塚も捕まえて

ひとまず一段落ついたことですし

あとは 私に任してくださいな

いや それは…

<これは私的な単独捜査だ>

<直子は私が必ず探し出す>

<直子が鎌倉に来ると
必ず 立ち寄るホテルだ>

ごめんください
はい

この女性 泊まってますよね?

ああ 最近は
お見かけしてないです

そうですか
ありがとうございます

<直子は鎌倉に魅せられ>

<独身のころ
何か問題にぶつかって苦しむと>

<鎌倉へ行き
古都のたたずまいの中で>

<自分を見つめ直したと
言っていた>

<鎌倉初代将軍>

<源頼朝ゆかりの鶴岡八幡宮>

<武運の神といわれる>

<応神天皇主祭神とする八幡宮>

<ここは鎌倉への旅の第一歩だと>

<直子は話していた>

<鎌倉最古の天台宗の寺 杉本寺>

<鎌倉三十三観音霊場
第一番札所だった>

<ここも直子が
よく訪れた場所だ>

<観音菩薩の変化身>

<直子は この十一面観音像を
称賛してやまなかった>

いいえ
そうですか ありがとうございます

見ろよ

何の罪もない この3人の女性

いずれも お前が
大好きなタイプの女性だ

誰が殺したか
お前が一番よく知ってるよな?

フフ…

俺 松井由加とかって女のことで
逮捕されたんじゃなかった?

誰?

興味ないんだけど

とぼけるな!

お前がやったことは
分かってんだ!

声 でけえんだよ

女に嫌われんぞ

何だと!?

亀井さん 代わります

<鎌倉で一番大きな
山門と本堂を持つ光明寺>

<ここにも 直子は
よく参拝していた>

<直子がとても好きだと言っていた
浄土宗の寺院>

直子は まだ見つからない

ホントに
どこにいるんでしょうね

☎石塚克郎は?

取り調べなんて
へとも思ってません

生まれついての
ワルというんでしょうか

いいから早く吐け!

警部は 奥さんを絶対に
探し当ててください

石塚は 私が必ず
落としますから

ああ 頼むよ

直子…

直子!

直子! おい!

直子…

おい 直子…

直子…

直子!

直子

えっ…

<直子がよく訪れた 極楽寺>

<ここにも直子の姿はない>

<直子は どこにもいなかった>

<もしかしたら 直子は
家に戻っているのではないか>

<そんな一縷の望みを抱いて
私は帰宅した>

1件目 8月13日 午後1時45分

(ボイスチェンジャーの声で)
十津川警部に警告する

お前の女房を預かった

助けてほしければ
逮捕した石塚克郎を

8月15日までに釈放しろ

さもないと お前の女房は
確実に死ぬことになる

ああ 亀さん 直子が誘拐された

えっ 奥さんが!?

(ボイスチェンジャーの声で)
お前の女房を預かった

助けてほしければ
逮捕した石塚克郎を

8月15日までに釈放しろ

さもないと お前の女房は
確実に死ぬことになる

(電子音が鳴る)

警部 これは警部の個人捜査の
範ちゅうを超えています

捜査一課を召集します

ああ

フン!

フ…

(ボイスチェンジャーの声で)
十津川警部に警告する

お前の女房を預かった

助けてほしければ
逮捕した石塚克郎を

8月15日までに釈放しろ

さもないと お前の女房は
確実に死ぬことになる

(清水)ボイスチェンジャーをかけてますね

その置き手紙も
犯人に書かされたものだろう

どうも変だと思ってました

しかし どうして犯人は

奥さんに置き手紙なんて
書かせたんでしょう?

警部を脅すつもりだったら
わざわざ こんなことしないで

すぐに電話すればいい話です
確かに そのとおりなんだが

時間稼ぎかもしれないな

どういうことですか?

犯人は直子を誘拐して
すぐに俺を脅したかった

だが 何か理由があって
それができなかった

ただ誘拐したのでは
私が人を集めて妻を探してしまう

それでは困るので
置き手紙を書かせて

家出したと思わせて時間を稼いだ

犯人は石塚を釈放するために
奥さん 誘拐したんですよね

犯人は石塚の仲間ですか?

確かに 石塚は このまま
勾留されては困る人間

たとえば 石塚が犯行を自供したら
自分達にも火の粉がかかる人間

石塚の共犯者ですか?

いずれにしても
直子を誘拐した犯人は

石塚の事件に
関係している人間で間違いない

犯人からは 必ず また
電話がかかってきます

亀さん 電話がかかってきたら
亀さんが出てくれ

家内が失踪したので
私がそれを捜しに行き

連絡が取れないってことに
してほしい

相手の時間稼ぎを
逆手に取るんですね?

そういうことだ
でも 警部

直子さんの命が
かかってるんですよ

分かってるよ だからといって
犯人を釈放するわけにはいかない

それは絶対だ

15日までは まだ時間がある
それを有効に使いたい

しかし 警部…

分かりました

(電話のベル)

逆探の確認
電話局に逆探知を頼んであります

いい?

もしもし

☎(ボイスチェンジャーの声で)十津川か?

ああ~ 私は十津川さんの留守を
預かっとる者なんですがね

☎石塚を釈放しろ

えっ 石塚を釈放しろ?

そったらこと 私に言われてもね…

まいったなあ

☎釈放しなければ
十津川の女房は死ぬ

ああ いや 分かりました

あーと それを十津川さんに
お伝えすればよかですな?

ほんで そちらさんは?

(電話が切れる)

どうですか?

ああ そうですか

犯人はインターネット電話で
複数のサーバーを経由していて

逆探できませんでした
やはりボイスチェンジャーの声だ

内容も脅迫電話と同じ
石塚を釈放しろ

脅迫電話 聞かして もう一回
はい

(ボイスチェンジャーの声で)
十津川警部に警告する

お前の女房を預かった

助けてほしければ
逮捕した石塚克郎を

8月15日までに釈放しろ

さもないと お前の女房は
確実に死ぬことになる

15日までに釈放しろと
言ってますが

その日は終戦記念日ですよね
何か意味があるんでしょうか?

終戦記念日

とにかく15日までは
家内は無事なんだ

それまでに何としても
犯人を割り出さなきゃならない

そのためには あの3件の
女性殺しの事件を

もう一度 考え直す必要がある

よし 石塚の周辺を当たろう
(3人)はい

犯人は前もって凶器を用意し

部屋に侵入し
女性を何カ所も刺して殺害する

そして その凶器を持ち去っている

目的を分散させ 捜査を混乱
させようとしたのかもしれない

(北村)関連がありそうな事件が
5年前と3年前にありました

僕から逃げられるとでも
思ったの?

<美女を追う殺人鬼 石塚克郎>

<その行動は すべて
サイコパスであった>

(若林)やめろ!
ああ?

コノヤロー!

石塚 やめろ!
(若林)警部!

<その殺人鬼も 十津川警部達の
捜査によって逮捕された>

住居侵入 および
殺人未遂で現行犯逮捕!

<それは事件の終わりではなく>

<十津川の妻 直子の誘拐から>

<新たな事件が始まった>

(ボイスチェンジャーの声で)
十津川警部に警告する

お前の女房を預かった

助けてほしければ
逮捕した石塚克郎を

8月15日までに釈放しろ

さもないと お前の女房は
確実に死ぬことになる

(佐藤)本多一課長はおいでかな?

今回の石塚克郎氏の逮捕は
明らかに不当です

石塚氏が松井邸に
侵入したことは認めます

しかし なぜ それが
殺人未遂での逮捕…

(本多)いや それは ねえ 亀井君
その話なんですがね…

いくら厳しく見ても 彼の容疑は

住居侵入と窃盗未遂じゃ
ないんですか?

待ってください いいですか

石塚克郎 彼は 松井由加さんの
夫の留守の日を狙い

手袋を着用し
証拠を残さないように

細心の注意を払って
侵入しています

彼は そんな供述をしたんですか?
しかも 今年に入って起きた

3人の女性の殺害事件の時に
凶器として使われたナイフと

同型のものを所持していたんです

(佐藤)同じようなナイフは世の中に
ごまんとあるじゃないですか

それとも 彼が持っていたであろう
と言われるナイフに

ひょっとして殺害された女性の
血痕でもついていたんですか?

血痕は検出されていません

だったら臆測で
話さないでください

ガラス窓を丸く切って
侵入する手口だって

その前の女性殺害事件の時と
同じなんです

3人の女性の殺害事件のことを
言ってるんですか?

それについては石塚氏は
一切 関係がありません

これは明らかに別件逮捕です
殺人未遂です

(佐藤)別件逮捕です
(本多)別件じゃない

(カメラのシャッター音)

ポルシェ乗ったことある?

じゃあ今度 乗せてあげよっか

(カメラのシャッター音)

石塚の父親は息子のために
6人の弁護士を雇っています

今日も息子の逮捕は不当だと
抗議に来ていました

石塚の父親はシロですよ

弁護士を雇って 息子の刑を
軽くしようとしてるのに

一方で刑事の妻を誘拐して
脅迫したなんて

自滅ものですよね

でも 自分の息子が3人の
殺人事件を犯していたら

それを うすうす
気がついていたとしたら

どうする?

3人も人を殺していれば
息子は必ず死刑になる

そう考えると
弁護士を雇う一方で

何とかして息子を釈放して

どこかに逃がそうと
しているのかもしれない

その場合でも 本人自ら

脅迫の電話をかけてきたとは
思えない

人に電話をかけさせたのか

父親のチェーン店は
全国で300を超えています

個人資産は200億あまり

誘拐犯を雇うのも簡単でしょう

石塚の仲間はどうだった?
はい

(清水)彼らが
石塚の遊び仲間です

石塚の金目当てに集まった
悪友達です

全員が全員 外車に乗ります
これがヤツらのステータスのようです

彼らのリーダー格が
石塚ということか?

はい 石塚は 父親のお金で
全国の何カ所かに別荘を買って

そこを拠点に 外車を連ねて
お遊びにふけってきたようです

お遊びというのは その…
ああ

何て言いますか…

女子を捕まえては…

つまり レイプですか?
おい

こういうことかな
金づるがいなくなると

お遊びもできなくなるし
別荘にも行けなくなる それで

何とかして リーダー格の石塚を
釈放させようとした

だが 力ずくで釈放させても
警察に追われることになる

石塚と遊び回るわけには
いかないような気がするんだが

でしたら あとは金ですかね

石塚を釈放させて 親に恩を売り
親から金をせしめるとか

あるいは
親に お金を渡してもらって

誘拐を仕掛けた
いずれにしろ

この連中が誘拐犯と見て
間違いなさそうですね

キャ~ッ!

(カメラのシャッター音)

石塚の仲間の 森博志だな

ええ ポケットに
運転免許証が残ってました

検視結果では 遺体の硬直状況から
死後4時間くらいだそうです

死因は?
暴行を受けたあとの溺死です

でも なぜ犯人は

すぐに身元が割れそうな
運転免許証 残したんでしょうね?

遺体が何者かを知らせたかった

免許証では 森の住所は
大森3丁目のマンションですから

ここから
歩いて10分ほどの距離です

犯人は こんな近くの公園に

森の遺体を わざわざゴミ袋に入れて
捨てたというわけか

遺体は 随分濡れてますから

肺の中にも
多量の水がたまってるはずです

その水質から どこで殺害されたか
分かるかもしれません

うん

遺体を司法解剖に回して
水質を調べてみてくれ

はい

すでに死後硬直が始まっている

この近くで殺されたとは
考えられない

発見は午前6時

それが 遺体が運び込まれた
直後だとすると

殺されたのは その前になるから

死後4時間です

車で運んだとすると

ここから4時間ぐらい離れた場所で
殺害されたということになるな

しかも 水のある場所で

うん

<そして8月15日>

<石塚克郎を
午後6時までに釈放しろと>

<犯人が要求してきた その日>

<私は 森博志殺害事件の
捜査本部が置かれた>

<大森海岸署に向かった>

亀さん
ああ警部 分かりました

殺害された森博志の肺の中に
たまっていた水なんですが

海水と水が
大量に混じり合ってました

しかも その中から
大量のプランクトンが発見されてます

海水と水… 汽水湖か?
はい

日本の いわゆる汽水湖といえば
青森の十三湖 福井の三方五湖

そして 浜松の浜名湖などが
挙げられますが

その中で 大量のプランクトンを含む
汽水湖といえば

浜名湖
そのとおりです

遺体の髪の毛から 浜名湖でしか
とれない小エビも検出されました

それと 遺体の口の中の緑は
青のりです

溺れた際に 大量に
吸い込んだものと思われます

青のりも 浜名湖の特産品です

浜名湖

犯人は そこで森を殺し

車に載せて 東京の大森海岸まで
運んだんでしょうか

おそらく そうだ

浜名湖なら 高速を使えば
車で3~4時間の距離だ

しかし もし 直子を誘拐したのが

石塚の遊び仲間達だったとしたら

森は なぜ殺されたんだ?

森は 石塚の仲間です

とすると 仲間割れ

(電話のベル)

仲間割れだとしたら
原因何なんですか?

(大城)はい 大森海岸警察署
刑事課 強行犯捜査…

えっ 十津川警部を?

警部を電話に出せ と言っています

犯人?

十津川だ
☎(ボイスチェンジャーの声で)本人だな

そうだ
☎これが最後だ

☎今日中に石塚克郎を釈放しろ

☎尾行は つけるなよ

☎もし 今日の6時までに
釈放しないと

☎お前の女房を殺す

☎これは脅しじゃない

なぜ石塚克郎を
釈放させたいんだ?

殺人犯だぞ

☎そんなことは問題じゃない
とにかく釈放しろ

☎午後6時までに必ず

☎それとも
女房の死体を見たいか?

家内は無事なんだろうな?

☎無事だ 心配するな

じゃあ 家内の声を聞かせてくれ

それがダメなら
そちらの要求はのめない

☎よし 今聞かせてやる

☎(直子)直子です
大丈夫か?

☎怖い
今 どこにいるんだ?

☎言うことを聞いて

☎裏切らないでね

☎父さん 動けない

☎(ボイスチェンジャーの声で)繰り返す
6時までに石塚を釈放しろ

☎必ず6時までにだ

(電話が切れる)

おいっ!

警部
うん…

この電話 どうも変だ
えっ?

直子は私のことを「父さん」なんて
一度も呼んだことはない

再生してもらえますか?
直子が出た辺りからでいいんで

はい

(直子)直子です
大丈夫か?

怖い
今 どこにいるんだ?

言うことを聞いて

裏切らないでね

父さん 動けない

怖い目に遭ってるみたいですねえ

とても怯えてます
奥さんらしくない

直子は度胸が据わってる

少々のことで怯えたりする
女じゃない

もしかすると わざと怯えたフリを
してるのかもしれない

わざとですか?
うん

亀さん 直子が言ったこと
書いてくれますか?

おい
あっ はい

こうして見ると 変な言い方ですね

何かの暗号のような

暗号…

そうか

直子は私に暗号を送っていたのか

若林 文章の頭を
ひらがなで書いてみてくれ

(若林)はい

「い う と う」

小川 浜名湖方面に
「いうとう」という地名はあるか?

(小川)はい

ないですね
いやいや 私にはね

「いう」ではなく
「ゆう」と聞こえましたけどね

ああっ
あっ あっ

ありました
「ゆうとう」という地名が

浜名湖のほとりです

そうか 直子は雄踏地区にいる

ええ きっと犯人も
午後6時まであと9時間です

よし 浜名湖に行こう
(一同)はい

彼らが浜名湖で 森博志を
殺したのだとしたら

なぜ わざわざ死体を
東京の 森の自宅近くの

大森海岸公園まで
運んで捨てたんでしょうか?

森博志を浜名湖で殺したことを
知られたくなかった

そこから足がついて

直子を そこに監禁してることが
発覚する恐れがある

彼らは何としても

石塚を釈放しなければいけないと
考えてるんだ

遊び人にしては必死ですねえ

こちらも必死だが
きっとヤツらも必死だ

雄踏温泉は
あのホテルの中にあります

ホテルはもとより 雄踏地区全域に
聞き込みをかけよう

若林 これから二手に分かれる

ホテル 民宿 マンション

十津川直子が監禁されていそうな
場所を徹底的に洗ってくれ

はい
え~ 現在地

ここだ 南側の街 頼む いいな

亀さん お願いします

あっ ちょっと失礼します

すいません この女性
見かけませんでしたでしょうか?

見てもらえますか?
お客様じゃないと思うんですけど

見かけないです
お見かけしたことないです

分かりました
ありがとうございます

すいません 警察です

あの

この人 見かけませんでしたか?

ちょっと失礼します

この女性を
見かけませんでしたか?

さあ ちょっと存じ上げません

申し訳ございません
いえいえ ありがとうございます

亀さん ここですね

すいません 警察です

あの この人 泊まってませんか?

この方は みえてないですけども

(携帯着信)

はい 亀井です
まだ見つからんのか!

何やってんだ 期限の6時まで
あと2時間しかないんだぞ!

分かってます
それまでには必ず見つけます

行こう

(ノック)

(三上)入れ

失礼します

部長 やはり 石塚克郎は
釈放したほうがよろしいのでは?

ええっ?
何しろ

十津川君の奥さんの命が
懸かっておりますんで

うん

しかし ヤツは殺人犯だぞ

それをまた野放しにしろと
言うのかね?

いえ 一度
泳がせてみてはどうかと

ああ…

う~ん

よし分かった

私が責任を取ろう

<考えられる あらゆる場所を
捜したが>

<直子の姿は どこにもなかった>

人の気配はないですね あと20分

(携帯着信)

はい 十津川

何っ?

ええ 「みすずフードサービス」の

浜名湖保養所というのが
あるんです

浜名湖パルパル」というテーマパークの
近くにあるんですが

昨年の9月に閉鎖されてるそうです

閉鎖された保養所
監禁場所としては もってこいだな

よし そこに急行しよう

まもなく6時!

こっちです

亀さん 1階お願いします
はい

私は2階へ

直子… 直子!

おい

ああ…

すまん すまん

直子 すまなかった

しっかりしろ なっ

亀さん 無事だった

良かった~

今 奥さん見つけました

☎(本多)そりゃ良かった
あの 石塚克郎どうなりました?

ついさっき 釈放したよ

部長と相談して ヤツを
泳がせてみることにしたんだ

《無実の人間をぶち込んでた
ご感想は?》

《何い?》

《さっさと犯人捕まえろよ》

《じゃないと
また女が死んじゃうぞ》

《何だと コノヤロー!》
《(米川)すいません》

《行くぞ ハハッ》

《(石塚)ハハハッ》

《今からヤツが出る 完璧に尾行しろ》
《☎(小川)了解です》

もちろん
ちゃんと尾行は つけたがな

出てきた

あっ もう弁護士 用ねえから

オヤジにちゃんと金もらって
さっさと消えろ

(小川)マズいな
追います

(携帯着信)

もしもし 亀…

そうか 絶対に捜し出せ

警部
はい

石塚が 消えました

何っ?

あっ あなた

直子

本当に すまなかった

ちょっと…

俺の仕事のせいで
君を危険な目に遭わせてしまって

俺は君に どう わびたらいいのか

すまない

けど 無事でホントに良かった

今は 心から そう思う
うん

ああ

私は大丈夫

私はね 刑事の妻になった時から

ずっと覚悟はできてるから

直子

そんなに気に病まないで

ケガもないし
私は大丈夫なんだから

だけど

刑事の妻が誘拐されちゃうなんて
とんだ笑い話ね

ごめんなさい

謝るのは君じゃない 俺のほうだ

だけどね 私も
ただ誘拐されたわけじゃないのよ

私の話を聞いて

私も あなたの捜査に
協力したいから

話してくれるか?
もちろん

うん

(直子)バカだった

昼間だったし
玄関 鍵をかけてなかったのよ

《(鼻歌)》

《置き手紙を書け》
《手紙?》

「あなたには愛想がつきた」

頭をガツンと殴られた気がした
ハハハ

信じちゃったの? やだ

あんなふうに書けば

絶対 ウソの置き手紙だと
分かってくれると思ったのに

フフッ けど助かった

あの電話がなきゃ
雄踏温泉には たどり着けなかった

《言うことを聞いて 裏切らないで》

《父さん 動けない》

怯えたフリをしてたんだろ?

分かった? フフフ

でも 何で雄踏温泉だと…

聞こえたのよ

《はい じゃあ 雄踏温泉に
連れていけばいいんですね》

やっぱり 刑事の妻なんだな 君は

褒めてる?
はい 褒めてますよ

アハハハ…
でもね 結局は されるがまま

ナイフ突きつけられて

怖くて怖くて何もできなかった

(直子)口をタオルでふさがれて
急に意識がなくなって

気が付いたら 車の中だった

《おとなしくしろ》

《≪雄踏には まだ着かないのか?》

(直子)それから すぐに
車が止まって 降ろされたの

(直子)目隠しをされていたから

そこがどこなのかも
分からなかった

そこが保養所だったのか?

(直子)そうかもしれない
分かるのは

そこにはもう一人の男がいた
ってことだけだわ

《誰にも つけられてないだろうな》
《はい 大丈夫です》

《これから どうしましょう?》

(直子)声を聞いた感じだと

私を誘拐した2人は 多分20代

もう一人の男は
もっと年がいってて

多分 30代半ば過ぎだと思う

最初の2人は もう一人の男に
敬語なんか使ってて

その男は
2人のボスみたいな感じで

ボス?

最初の2人が20代で
もう一人が30代のボス

うん

この中に
君を連れ去った男は いないかな?

(直子)サングラスかけてたから
よく分からないけど

この人と

この人かしら
うん

でね 私 あなたと話ができたあと

すぐに注射されちゃって

で 気が付いたら
この病院だったの

うん

妻は はっきりとは断言できないが

誘拐犯の2人は この高野と
井上ではないかと言っている

だが 連れて行かれた保養所に
もう一人の男がいた

それが おそらく主犯格なんですね

そうだ
誘拐の電話をかけてきたのは

おそらく この主犯格の男だ

でも 石塚を含む5人が
全員20代なのに対して

この男だけが30半ばって

ちょっと異質な感じしますよね
う~ん

ひょっとしたら その男は

石塚の仲間じゃないのかも
しれませんよね

仲間じゃない?
だとしたらどうなるんだ?

主犯格だとして

警部の奥さんを誘拐して
石塚を釈放させようとした

もし 石塚らの
仲間じゃないんだとしたら

なぜ釈放させようとしたんだ?

十津川君
はい

ちょっと来てくれ
はい

おい

(史郎)息子は無実なんだ
早く返していただきたい

はあ?
返す?

我々は息子さんを釈放したんです
返しようがない

随分 見え透いたウソを
言うんですね

あなた方 警察は
石塚克郎君を隠している

そうじゃないんですか?

いったん釈放した人間を
また捕まえて

どこかに隠していると
おっしゃるんですか?

一体 何のためにですか?

誤認逮捕を隠すためですよ
誤認逮捕?

警察は 連続女性殺人事件の解明に
四苦八苦していましたね

マスコミにも叩かれていたから

何としても犯人を
検挙しなければならなかった

そこで

無理やり 石塚君を
犯人に仕立てるために逮捕した

いや それは…

どうです?

冤罪事件で
一番ありがちなパターンですよ

バカバカしい

ウチの刑事達を
一体何だと思ってんですか

そういう卑劣な行為を
一番憎んでいる人間達なんですよ

だが私は納得ができない

釈放されたんなら
なぜ父親の私のところに来ない?

なぜ電話の一つも
かけてこないんだ?

だから言うんだ

そもそも あんた達はホントに
ウチの息子を釈放したのかね?

もちろんです

あなただって
その場にいましたよね

はい 確かに

そうそう 早く釈放しろとか
嫌みを言って出てったろ

じゃあ 息子はどこにいるんだね?

我々も彼を捜しているんです

そう 直ちゃん
誘拐されたんですって?

えっ?
誰から聞いたんだ? そんなこと

インターネットよ 情報早いからね

殺人犯ね 釈放して
直ちゃんの命 救ったんでしょ~

ねえ さすが十津ちゃん

まあ どんだけね
直ちゃん愛してんのよ

ねえママ その話 直子にした?

いいえ 言わないわよ 私
話してたじゃないですか

まったくあんたは
余計なことばっかり言って

背負い投げ~!

実はね

直ちゃんから家に帰ってきたの
聞いたのよ

それで電話したの

しっかり褒めといたわよ
「よく頑張ったわね」って ねえ~

ありがとう

ただいま
お帰りなさい

石塚克郎が
3人も女性を殺してたなんて

私 知らなかった

まだ 容疑が
完全に固まったわけじゃないよ

だけど…

私のせいで
殺人犯が釈放されたなんて

もし また女性が
殺されたりでもしたら

私 どうしたら…
君は悪くない

悪いのは俺だ

君が刑事の妻だから
誘拐されたんだ

すまん

あなたが謝ることじゃないわ

<そこは 石塚克郎の両親が住む
実家だった>

現れませんね 石塚克郎

新宿のマンションにも戻ってない

実家に戻る可能性は大きい

ちょっと体調が優れなくてね

ゆっくり療養したい

2~3日
電話をしないでほしいんだが

(ノック)

はい

(江幡)失礼します
米川先生 お客様がおみえですが

刑事さん さっ どうぞ

失礼します

あの ご用件は?

あなたは 佐藤弁護士が
冤罪を言い立ててることに

異論を抱いてますね

いえ そんなことは…

正直に話してもらえませんかね?

我々は やむを得ず
石塚を釈放しましたが

女性連続殺人事件の犯人は
石塚だと確信しています

でも 証拠はありません

確かに決定的な証拠は
まだ見つかっていません

それは
石塚が証拠が残らないように

巧妙に
犯行を成し遂げてるからです

このままほっとくと
彼は必ず女性を殺します

加えて 彼は命の危険に
さらされています

命の危険? どういうことですか

石塚には
犯行に協力する仲間がいます

数日前に1人が殺害されました

おそらく仲間割れをして
殺されたんでしょう

彼らが
仲間割れをしてるということは

石塚が殺されないという保証は
どこにもありません

だから 我々は
石塚を見つけなければならない

米川さん あなた
石塚の釈放に立ち会いましたよね

もしかして 石塚の居場所
知ってるんじゃないですか?

いや 釈放には立ち会いましたが
本庁を出て

彼は1人でタクシーに乗って
どこかへ行ってしまったんです

もう弁護士には用はないと
言い捨てて

ですから こちらと
接触してくるようなことは

ないと思います
そうでしたか

他に何か気になることは
ありませんでした?

う~ん… あっ そうだ

さっき 父親の石塚史郎氏から
電話がありまして

体調がすぐれないから
2~3日電話をしないでほしいと

2~3日電話をしないでほしい
確かにそう言ったんですか?

ええ それが何か?

あっ いや…

石塚克郎は父親に
かくまわれてるのかもしれない

ホントに石塚は
父親の家にいるんですかね?

父親の史郎は
2~3日電話をするなと言って

弁護士を遠ざけている

弁護士に知られたくないことを
その2~3日の間に

何かしようとしてるんじゃ
ないかと思ってね

知られたくないこと?
ああ

父親の史郎は
息子の犯行に気付いてるんだ

今度捕まれば 息子は死刑

それを避けるためには
海外にでも逃がすしかない

石塚克郎を家でかくまい

海外に逃亡させる準備のために
2~3日

うん

酒井 石塚克郎は
家にいる可能性がある

しっかり見張れ
☎(酒井)了解です

(登喜子)今日はもういいわ
でも まだ片付けが…

いいの それから
今日から3日休んでちょうだい

もちろん その分のお金は
お支払いするから

あっ… はい

家政婦が出てきました
いつもより早い時間ですよね

何かあったんでしょうか

警部 今 石塚邸に

☎(酒井)みつば銀行の車が
入っていきました

分かった見張ってくれ

みつば銀行の車が石塚邸に入った

現金を運んできたんでしょうね
みつば銀行に問い合わせてみます

うん

こちらでございます

やはり
現金1億円を運んだようです

円とドルを半々で

海外逃亡に間違いなさそうだな

踏み込めないですかね…

いや 今は見張るしかない

国際線のすべての空港に
石塚克郎の顔写真を送り

水際で出発を止めるように
手配します

そうしてくれ

亀井だ 班長を頼む

(バイブレーター着信)

はい 十津川です

☎浜松南署の竹本と申しますが

浜松南署ですか?

(竹本)浜名湖の庄内湾に
男の死体が浮かんでいて

それを引きあげたんですが

所持していた運転免許証から
身元が分かりましてね

そちらから手配が回っている
高野治でして

高野治 間違いないですか?

☎ええ 確かです

事故ですか? それとも殺し?

間違いなく殺人です

かなりの外傷がありますから

司法解剖の結果が出たら
すぐに教えてください

失礼します

高野治の死体が出た

森博志に続いて2人目だ

えっ!? これも仲間割れでしょうか

あ~ いやいや ちょっと待てよ

高野治といえば

奥さんが誘拐犯の1人だと
言ってた男ですよね

ああ
高野を殺したのは

森を殺したのと
同一人物なんでしょうか

徹夜の張り込みも さすがに
この年になると こたえますな

ちっともこたえてるようには
見えないけどね

警部の奥さんと違って
ウチのは鬼ですからね

張り込んでるほうが
ずっと気が楽ですよ

(バイブレーター着信)

はい 十津川です

解剖結果ですね

死因ですが
肺に水がたまっていましたから

溺死だと思われますが…

(竹本)肋骨が3本折れていまして

かなり強い力で
殴打されたもののようです

(竹本)それと 両手首には
縛られた痕が残っていますから

かなりひどい暴行を受け
失神したところを

湖に放り込まれたのではないかと
思われます

死亡推定時刻は
一昨日の午後9時から11時の間

とのことです

分かりました

父親の史郎が
ボストンバッグを持って出てきて

車に乗り込みました

今 車が出てきました

見たところ
史郎1人しか乗っていません

1人 息子は乗ってないのか?

☎ええ
分かった 若林達と我々で追う

石塚邸を頼む
☎了解しました

亀さん 行きましょう

石塚史郎の車は東名高速
インターチェンジへ向かってるようです

了解

石塚史郎は東名に入るようだ

東名高速を西へ
浜名湖でしょうか?

今 向かってる

約束どおり1億だ

無事なんだろうな?

石塚史郎は
ボストンバッグを積んでますが

昨日調達した
1億を入れてるんですよね?

渡すとしたら
息子の石塚のはずなんだが

つまり これから その息子の
克郎のところに向かうんですよね

ということは 息子は
あの家にはいなかったことになる

どこにいるんだ?
うん

浜松西 ここで降りるようですね

息子の石塚が浜松にいるとしたら
なぜなんだろう

金を受け取って その足で
海外に行くとしたら

東京のどこかにいたほうが
よっぽどいいはずじゃないか

もう浜松だ

つけられてないだろうな?

えっ!?

また連絡する

このまま行くと雄踏地区です

妙だな

女房の直子が
監禁されていた場所に

なぜ向かうんだ

左折するみたいですね

あっ 何だこの車 おいおい
えっ おい!

このままじゃ見失ってしまう

若林 石塚車は
前方の交差点を左折

近道を探して石塚車を追ってくれ

☎(若林)了解しました

(携帯着信)

はい
☎(若林)見つけました

はままつフラワーパーク
石塚史郎の車が止まっています

分かった 今向かう

おい 石塚史郎は?
いません

車が置いてあるだけで

ボストンバッグも
なくなっています

石塚史郎は戻っていません

他に人の出入りも
あれ以来まったくありません

分かった

石塚史郎は
東京の自宅にも戻っていない

ここにも現れる気配はないですね

でも なぜ車を残して
消えたんでしょう

史郎は我々の尾行に気付いて
逃げたんだ

だが 1億の金を
息子に渡し終えたんなら

もうそろそろ
東京の自宅に戻ってもいいはずだ

息子と2人で
もう海外に逃げたんでしょうか

いや それはないでしょう

どの空港にも
石塚の手配写真が回っている

それをかいくぐって
飛行機には乗れない

となると やはり
自宅に戻るしかないですね

我々は東京に戻って
石塚邸に行く

お前達は引き続き ここを頼む
(清水・若林)はい

亀さん 行きましょう

石塚史郎が家を出て行ってから
丸一日

戻ってくる気配もありませんね

私達は殺人犯の
石塚を追ってるんだよね?

それが何だか 父親の史郎に

振り回されてるような
気がしないか?

警部 今 みつば銀行の車が
入っていきました

分かった

また みつば銀行が来た

今度は何でしょう
問い合わせてみます

ご苦労さまでした
失礼いたします

今 みつば銀行の行員が2人

妻の登喜子に見送られて
出てきました

父親の史郎はいないようです

妻の登喜子が
金を受け取ったんだな

分かった

今度は米ドルで
100万ドルだそうです

やはり 海外逃亡の資金でしょうか

100万ドルとなると 1億円強か…

昨日 1億で 今日 また1億

だが 父親の史郎は
家には戻っていない

どういうことなんだ

えっ!

(バイブレーター着信)

はい 十津川
車両が1台 邸に入っていきました

みつば銀行の車両と思われます

何だって!? 乗っていた行員は?

さっきとは違います
さっきは50ぐらいの男と

20代後半くらいの男の2人

今度は30代半ばくらいの
男の1人です

分かった

30代の半ばの男…
行員ですか?

いや さっきの行員とは違うらしい

何か変ですよ
さっき1億強の金を運んできて

すぐまた別の行員が来た
亀さん

ちょっとお聞きしたいんですが
はい

先ほど みつば銀行さんが
石塚さんのところに

お金を届けたと聞いたんですが

今回 どういったご用件で?

いや 何も言わないでくださいと
奥様に頼まれてまして

いや いいんです 話してください

実は 前に持って行った
100万ドルでは足りないので

あと100万ドル
持ってきてほしいと言われて

今 お渡ししてきたところです

石塚さん 家にはいないはずでは

ですから 奥様に頼まれて
お渡ししました

奥様の様子は?

ひどくナーバスになられてるようで

昨日から立て続けに
大金を届けてほしいとか

何か変だとは思うんですが
大切なお得意様でございますので

断るわけにはいきません

でも 刑事さん
何があったんですか?

いやいや お手間取らせました
どうぞ ありがとうございます

あの男 何か引っ掛かる

亀さん ナンバー控えました?
ええ

また100万ドル届けたそうです
不自然だ

ということは 今日は
合わせて200万ドル 2億円強ですよ

どうなってるんでしょうか

息子は 昨日の1億じゃ足りない
とか言ってるんでしょうか

だとすると
母親は息子に金を渡すために

出てくるはずだ
もう少し待ちましょう

(電話のベル)

おかしいですね
何度電話しても出ません

どうも変だ 行ってみよう

(チャイム)

出ませんね

石塚さん?

石塚さん!

石塚さん

入りますよ

誰もいませんね
うん

「すべて息子の克郎が悪いのです」

「息子は人を殺しました」

「その責任は親である
私たちにもあります」

「亡くなった方たちにも
深くお詫びします」

「石塚登喜子」

警部 お金はどこにも
ありませんでした

石塚の妻もさっきの車に

おそらく トランクの中だ

警部 石塚克郎の部屋から
こんなものが

あっ…!

君達は一体何をやっているんだ!

大金を奪われた上に
2人も失踪させてるんだぞ!

十津川君 即刻解決しろ!

はい!

イタッ 何をやってんだ 貴様!
どうもすいません

早く仕事をしろ!
すいませんでした

痛いなあ!

警部 筆跡鑑定の結果が出ました

残された置き手紙は
登喜子のものに間違いありません

ただ ふに落ちないのは
誘拐されるって時に

こんな内容の手紙 書きますか?

警部の奥様の時のように
犯人に無理やり

書かされたんじゃないでしょうか
うん…

《何か変だとは思うんですが》

《大切な
お得意様でございますので》

《断るわけにはいきません》

この男が みつば銀行の金を奪い

石塚登喜子を車のトランクに入れて
連れ去った

みつば銀行の話では
おとといの1億円と

昨日の100万ドルしか
お金は運んでいないということで

そのメガネの男のことは
まったく知らないそうです

この男はみつば銀行の
行員ではなかった

じゃあ この男は
一体誰なんでしょうか

私は… 間違えていた

(一同)えっ?

石塚克郎を女性連続殺人事件の
容疑者として逮捕した

ここまでは正しかった
だが そのあと

直子が誘拐され
それが石塚の仲間の犯行だと

つい考えてしまった

違うんですか?

誘拐犯は石塚の仲間2人と
もう一人

30代のリーダーと思われる男

(ボイスチェンジャーの声で)これが最後だ

今日中に石塚克郎を釈放しろ

尾行はつけるなよ

もし 今日の6時までに
釈放しないと

お前の女房を殺す

これは脅しじゃない

その男は直子に顔を見せていない

誘拐犯の1人と思われる高野が
殺害されて浜名湖に浮かんだ

そして その前に
森博志も殺されている

そうか これは
仲間割れじゃないんだ

その30代の男が彼らを
殺したんじゃないでしょうか

石塚の仲間は全員20代だから

その30代の男は
石塚の仲間ではない

仲間どころか… 敵

その男が石塚の仲間を使って
直子を誘拐し

石塚を釈放させた

それは 石塚を救うためではなくて

石塚を警察署から解放し
自分の近くに

引き寄せるためだったんじゃ
ないだろうか

何のためにですか?

これは あくまで俺の推測だが

もしかして復讐

その男が石塚と その仲間達に
恨みを抱いていたんだとすれば

男は 石塚を釈放させ

その石塚を誘拐して
親に大金を要求した

石塚の父親は1億を抱えて
浜名湖へ行ったが

それは 息子に渡すためではなく

息子の身柄と引き替えに この男に

1億を渡すためだったんじゃ
ないだろうか

でも 男は石塚の父親から得た
1億ではまだ足りず

さらに100万ドル
それを今度は妻の登喜子に出させ

その登喜子を
お金とともに連れ去った

恨みを抱いていたとしたら
どんな恨みだったんだろう

石塚は3人の女性達を

かなり悲惨なやり方で
殺しています

その男が女性達の家族か
知り合いだとしたら

当然 石塚に恨みを抱くはずです

3人の被害女性の周辺を
徹底的に洗ってくれ

(一同)はい
警部!

ああ
また殺しです

ご苦労さん

お疲れさまです

井上徹ですね 石塚克郎の仲間の

見たかぎりでは
十数カ所を刺されています

十数カ所?

女達の殺され方と同じだな

これで 石塚の仲間が3人殺された

警部 これを

「この男は
連続女性暴行殺人事件の犯人」

「石塚克郎の仲間で
共犯者でもある」

「ここに 制裁を加えるものである」

これで
男の目的がはっきりしましたね

石塚克郎と その犯行に
加担した者に対する復讐です

石塚克郎の仲間3人を殺し

残ってる仲間は新川重吾

そして 石塚克郎と
その父親の史郎

母親の登喜子

その4人は
もう殺されてるんでしょうか?

いや 死体が見つかっていない以上
生きてるとみたい

これ以上 誰も死なせてはならない

我々は真犯人を追う

(北村)犯人は1人目の山崎江梨子を
一突きで刺し殺し

2人目の沖みどりは9カ所

そして3人目の五十嵐あかねは
13カ所も刺してるんですよね

犯人は女性を刺して傷つけて

楽しんでるような殺し方だ

石塚! やめろ
あっ?

<サイコパスの連続殺人鬼は
逮捕された>

住居侵入
および殺人未遂で現行犯逮捕

<しかし 新たな事件が始まった>

<妻 直子の誘拐>

ああ 亀さん 直子が誘拐された

えっ 奥さんが!

<殺人鬼に対する巨額の身代金>

<しかし その身代金も
見失ってしまった>

左折するみたいですね

あっ 何だこの車 おいおい
えっ おい!

直子

<無事 直子は救出されたが>

<捜査は混迷を極める>

私は大丈夫なんだから

<そこに謎の男が現れた>

ちょっとお聞きしたいんですが

何も言わないでくださいと
奥様に頼まれてまして

<我々は石塚登喜子を
連れ去ったと思われる>

<あのニセの銀行員が
犯人だと目星をつけて>

<似顔絵を作成した>

この人に見覚えは?

ありません お引き取りください

(若林)この人
見たことないですか?

メガネがないとしたらどうでしょうか
いや…

この男 知ってるんですね?

(沙織)ええ 会ったこともあります

私 江梨子とは
大学の同期なんですけど

江梨子
彼とずっと付き合ってました

彼一筋という感じで

その彼は
今どこに?

分かりません

江梨子 6年前に
彼と別れてしまいましたから

でも 彼女
彼と別れてからもずっと

彼のこと思い続けていて

他の男性は一切
受け入れられなかったみたいで

聞かせてもらえますか?

この男のことを

(若林)
佐伯義之 戦場カメラマン 35歳

今回の事件の1番目の被害者
山崎江梨子の

恋人だった男です

《あー!》

あの時はメガネをかけていたが

あの男に間違いない

佐伯は山崎江梨子と恋仲でしたが
6年前に別れて

佐伯は
紛争地の密着取材をするために

モルキスタンへ渡ってたんですが

《(佐伯)来週 モルキスタンへたって
紛争地帯で取材する》

《何年行っているか分からない》

《私も一緒に行くわ》

《来ないでくれ》

《俺は死ぬつもりはないけど》

《そこにいれば
いつ命をとられてもおかしくない》

《ダメ 行かないで》

《すまない》

《ひどい 私を1人にするなんて》

《あんまりよ》

《待ってる
私 死ぬまでずっと待ってるから》

《待たないでくれ》

《いつまでも待ってる》

佐伯は今 どこに?

住まいは
東京・杉並のマンションでしたが

今は もう
そこは引き払ってます

佐伯は 浜名湖
住んでいたわけではない

だが 直子の誘拐にしろ

そのあとの
石塚の父親の現金引き渡しにしろ

今回の一連の事件は
すべて浜名湖に関わっている

犯人は 浜名湖という土地に

強いこだわりを持っている

しかし 佐伯の履歴を
いくら当たってみても

浜名湖に関連するものが
何一つ出てきませんでした

となると 佐伯が

事件の拠点に
浜名湖を選ぶ理由が分からない

今回の一連の犯行は

石塚や仲間の4人

そして 石塚の両親まで
巻き込んでいる

だが それを
佐伯一人の手で実行するのは

手に余るんじゃないだろうか

つまり他に共犯者がいると?

うん
その共犯者が

浜名湖に強い
こだわりを持っているんですね

その共犯者も
佐伯と同じように

大切な人間を
石塚に殺されたとすれば

同じように
石塚に恨みを抱き 復讐を誓う

浜名湖

3件の殺人事件以外に

石塚が浜名湖で起こした事件が
あったんだろうか

石塚克郎は
殺しには至ってはいませんが

3件の殺人事件の前に

5年前と3年前に 女性を暴行して
ケガを負わせています

野獣ですから

なら 他に事件を起こしていても
おかしくない

静岡県警に浜名湖で起きた
過去の事件を問い合わせてみます

頼む
(北村)警部

はい

佐伯義之は
戦地の英雄みたいですね

これ 何て書いてんの?

日本のカメラマンが戦地で

多くの子供達の命を救った

《(銃声)》

《(爆発音)》

《(銃声)》

《大丈夫か?》

《もう大丈夫だぞ》

(若林)1年前の8月16日

この木元あやかという

二十歳の女子大生が
殺されてます

彼女は 浜名湖畔の弁天島

旅館を営む家の娘で

当日は 浜名湖
松見ヶ浦というところの

親戚の家を訪ねようと
車で出かけたそうです

ですが その親戚の家に

彼女は現れず

翌朝
市内から天竜へ向かう県道を

5キロほど行った
左側の山の中で

暴行され 数カ所刺されて

殺害されていたのを
発見されました

司法解剖の結果 犯行時刻は

前日の昼の12時から1時までの間と
判明しています

犯人は まだ捕まってませんが

犯行時刻の前後

外車が数台走っているのが
目撃されてます

外車が数台?

それ 石塚達ですよ 絶対

容姿も…

石塚好みのようです

《俺が目つけたんだからさ》

《もう逃げらんないよね ヘッ》

《ああ~っ》

木元あやかには 現在
行方不明の兄がいます

木元秀樹 28歳

東京の大学に進学しましたが
中退して

画家の道を選び
専門学校にも通わず

独学で売れない絵描きを
続けていたそうです

行方不明というのは

妹の葬儀に 久しぶりに
弁天島に帰ってきたんですが

その後 行方をくらまし

東京で住んでいた
世田谷のマンションにも

姿がないからです

木元が画家の道を選ぶことに

両親は
反対していたそうなんですが

妹のあやかは
兄の気持ちを理解して

いつも励ましていたらしくて

とても仲のよい
きょうだいだったそうです

《(木元)あやか…》

《≪絵描きになるのは許さん!》

《お兄ちゃん!》

《何で捨てるの?》

《こんなキレイな絵》

《絵描きにならんかったら 私》

《許さんでね》

《あやか》

そんな妹が殺されたとしたら

兄の木元は
どんなに つらかったか

妹を殺した犯人を憎み

復讐を
誓ったのではないでしょうか

だが その妹を殺した犯人が
誰なのか分からない

分かっているのは

外車を乗り回している連中

《≪こちらのお車
12気筒になってるんで》

《パワーも すごい…》

《エンジンも大きいですし》

《おい》

<木元秀樹は 犯人が外車に
乗っているという情報を得て>

<それを手がかりに
東京じゅうを捜し回った>

《ハア ハア…》

<そのうちに 恵比寿や四谷の
女性暴行殺人事件が起きた>

《東京・渋谷区松濤の住宅で》

《主婦の五十嵐あかねさん
38歳が》

《死亡しているのが
見つかりました》

《あかねさんの胸には 刃物で
刺された傷が複数ありました》

<犯行の手口も 共通のものがある>

<もしかして その犯人は>

<妹を殺した男と
同一犯ではないのだろうかと>

《(若林)早く乗れ!》

《起きろ!》

<そして 第4の未遂事件が起き>

<石塚克郎が逮捕された>

<妹を殺したのは 石塚に違いない>

<そこに
佐伯義之という男が現れた>

《この家に
何か用でも?》

《ここで女性が殺されたと
聞きました》

《彼女は》

《私の恋人でした》

でも 佐伯は
殺された山崎江梨子とは

6年前に
別れているんですよね

なぜ今更
復讐なんかするんでしょうか

山崎江梨子は 佐伯が
モルキスタンから帰ってくるのを

ずっと
待っていたそうです

一方の佐伯は ガンで
余命が1年と宣告されて

日本へ戻ってきました

佐伯義之と山崎江梨子

2人が再会した途端

かつての恋が再燃したとしても
おかしくはない

《佐伯さん!》

《江梨子…》

《ずっと待ってたの》

先の短い人生で

佐伯義之が生涯 愛した女性は

山崎江梨子だけだった

《江梨子…》

2人の恋が再燃した途端

山崎江梨子が殺された

佐伯は
江梨子を殺した男が許せなかった

自分が生きてるうちに

どうしても
復讐しなければならなかった

あやかは
いつも僕のそばにいた

5つも
年が下だったのに

ガキっぽい僕を
姉のように いたわってくれた

俺は江梨子を捨てた

でも 江梨子は

そんな俺を
ずっと待っていてくれた

離れていた6年の
つらい年月は

再会した瞬間に
消えてなくなった

石塚克郎が

江梨子さんを殺した

お前の妹を

石塚が殺した

佐伯義之と木元秀樹は

石塚克郎という

共通の標的がいることを
確認し合った

石塚へは 何としても

自分達の手で
復讐をしなければならなかった

《今日はね~》

《おかわり作りますね》

彼らは 石塚の仲間達を探り当てて

《ありがとうございます》

《大丈夫か?》

彼らに
石塚釈放の計画を持ちかけた

石塚克郎

仲間の新川重吾

高野治

井上徹

森博志

そして 石塚という息子を

平気で殺人を犯す男に育てた

両親も許しておけない

佐伯達は

私の妻の直子を誘拐させ

警察に勾留されている

石塚を釈放させることで

復讐劇の幕を開けた

<我々は 再び浜名湖にやってきた>

<そこには 石塚克郎と>

<父親の史郎 母親の登喜子>

<そして
彼らの身柄を押さえている>

<佐伯義之と木元秀樹が
いるはずだった>

ここで
木元あやかが発見されました

(竹本)二十歳になったばっかり
だったんですよ

まだ新しいですね

最近
置かれたばかりなんでしょうね

彼女は こんな深紅のバラが

一番好きだったそうです

ここに 木元が来たんだな

<我々は
佐伯義之と木元秀樹を捜して>

<浜名湖じゅうを捜索して回った>

<だが 見つかったのは>

<佐伯と木元ではなく>

<2人に殺されたと思われる
新川重吾の死体だった>

石塚克郎の仲間は これで
全部 殺されました

しかし 佐伯や木元は
どこにいるんでしょう

考えられるところは
すべて当たったんですがね

佐伯達は
2億あまりの金を持っている

石塚克郎と父親の史郎と
母親の登喜子が

まだ殺されていなかったとすれば

彼らの身柄を
どこかに拘束してるはずだ

大の大人 3人を拘束しておける
場所は限られてます

人の目につくホテルや旅館は
論外でしょう

民家や別荘は
すでに片っ端から当たりました

大型トレーラー あるいは
大型クルーザーなら

大人3人を十分に監禁できる

しかも彼らは
それを手に入れるのに

十分な金を持ってる

そうか

亀さん!

金ならあるんだ
解放しろ!

あの…
許してください

あんな子でもね
あの… 愛してるの

あいつを愛してるって?

ふん 笑わせるよ

何の罪もない女性達を

何人殺したと思ってんだ!

克郎!
克ちゃん 大丈夫!?

ねえ 克ちゃん!

お前達夫婦は
こいつを愛してたんじゃない

鬼畜にも劣る凶暴なクズに
育てただけなんだよ!

(佐伯)罪を償え

息子に見守られながら死ぬか

それとも
息子の死を見届けてから死ぬか

どっちか選んでもらおうか

金にしか目のないクソ達だよ

さっさと殺しちまえよ

ハハッ ハハハッ…

クソッ

ハハハッ…

《お兄ちゃん》
《ああ?》

《私 決めたよ》

《二十歳になったら
東京行って》

《お兄ちゃんのこと
手伝えるような仕事に就くね》

《何? ごめん
聞いてなかった 何 何?》

《ええ~ もう》
《もういいよ》

《真剣に話してたんだけど ねえ》

《あやか…》

《(木元)あやか…》

あいつらは?

眠剤
注射しといた

よく眠ってるよ

明日殺されるとも
知らずに

どうしても
あそこで殺すのか?

親のほうは
どこで殺しても構わない

だけど
石塚克郎だけは

明日 あそこで必ず殺す

妹の誕生日に

妹が殺された あそこで

あいつの命を
妹にささげてやる

俺は近いうちに死ぬ身だ

死刑になったって
構わない

だけど お前は違う

お前の人生は
これからなんだぞ

あやかのいない人生に
何の意味があるっていうんだ

あやかは

僕のすべてだった

あやかがいたから 僕は
ここまで生きてこられたんだ

それを…

それを あの石塚の野郎が!

今まで 手を下してきたのは俺だ

お前は協力したけど
誰も殺してはいない

今度も俺がやれば

お前は捕まったとしても罪は軽い

いや 僕は石塚を殺す

絶対に僕が こいつで殺す

あいつに
あやかと同じ苦しみを与えないと

あやかが報われない

木元

許せ

すべての罪は俺が背負い

地獄まで持っていく

亀さん 上 頼む!
はい

ウッ…

(佐伯)「あんな奴のために」

「お前は
殺人者になってはいけない」

「すでに殺人者となった俺が」

「お前の望み通りに
あの場所で あいつを殺す」

「お前は絵を描いてくれ」

「あやかさんが好きだった
お前の絵を」

「ありがとう さようなら」

「佐伯」

警部 警部!

若林!

(パトカーのサイレン)

よし DNA型鑑定が一致した

これで挙げられるぞ

お前には生きる価値がない 死ね

お前が死ねよ クソヤロー

石塚!

佐伯!

やめろ!

もう これ以上
殺さないでくれ 頼む!

黙れ!

そんなヤツ 殺しても
江梨子さんは生き返らない

頼むから これ以上

自分を汚さないでくれ!

すまん…

ウワーッ

あっ…

ハハハハッ

警察が助けてくれるとはな

ハッ ありがとよ

お前ってヤツは…

俺は

お前を絶対に許さない

警部 いけません
やめてください!

警部!
警部!

わあっ!

ここで殺されたほうがよかった

いずれ お前は
そう思うようになる

ハッ そいつは無理だな

弁護士にやる金は
まだタップリある

すぐに釈放だろ

俺 無罪だしさ

残念だが
証拠なら あるんだ

実家の お前の部屋から出てきた

犯行に使ったナイフを

後生大事に取っといたんだな
お前は

石塚克郎

お前を殺人罪で逮捕する

若林
(若林)はい

さあ 立て

行くぞ

長い道のりでしたね

確かに

ただいま

直子?

ただいま

おかえり

おかえり
おかえり

持とう
うん

あっ 重い

あっ これ
よさそうなやつだな ワイン

そう 奮発したのよ
ホント?

<佐伯義之は
殺人の罪を問われたが>

<審判を待たずに 命の火を消した>

警部が ホントに

石塚を殺すかと思いましたよ

佐伯や木元に

あいつを殺させてやったほうが
よかったのかもしれない

こっちが
手を汚すことはありません

あいつは 絶対に死刑になります

余命わずかだった
佐伯にとって

唯一の生き甲斐が
山崎江梨子だった

木元秀樹にとって
一番大切だったのは

妹の あやかでした

うん

石塚克郎が

佐伯と木元を犯罪者にした

佐伯も 木元も

石塚に
大切な人を殺されさえしなければ

とてもいい人間でいられたんだ

犯罪は憎むべきもんですが

佐伯と木元が
あんなことをした気持ちは

痛いほど分かります

私も 少し
彼らの気持ちになりました

奥さんが連れ去られましたからね

あの時 一瞬

直子が生きて
戻ってこないんじゃないかと…

もし 直子が殺されていたとしたら

私は…

愛しておられるんですねえ
奥さんのこと

うらやましい

うん? 亀さんは
奥さんを愛してないんですか?

いや いや いや いや いや

あ… 愛しておりますとも~

じゃあ ビールください

飲むんですか?
ああ 今夜は飲みます

あらら あららららららら

はい はい はい はい はい はい

では お互いの愛妻に乾杯

乾杯
乾杯

ああ うまい