ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

大恋愛~僕を忘れる君と 第9話 戸田恵梨香、ムロツヨシ、松岡昌宏、草刈民代… ドラマのキャスト・主題歌など…

金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」♯9【君でなきゃダメなんだ…感動の最終章へ】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. お母さん
  2. 恵一
  3. 恵君
  4. 水野
  5. 真司
  6. パワー
  7. オッパイ
  8. ホント
  9. 自分
  10. 先生

f:id:dramalog:20181207225810p:plain

金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」♯9【君でなきゃダメなんだ…感動の最終章へ】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」♯9【君でなきゃダメなんだ…感動の最終章へ】

[字][デ]最終章突入!!戸田恵梨香×ムロツヨシで送る10年間の愛の物語!若年性アルツハイマーに冒されてしまった女医と落ちぶれた小説家の純愛。

詳細情報
番組内容
尚(戸田恵梨香)は、病院でめでたく妊娠を告げられる。真司(ムロツヨシ)に報告すると、大喜び。二人は出産に向けて準備を始める。一方、侑市(松岡昌宏)と薫(草刈民代)にも関係の変化が訪れていた。それを知った母・千賀子は激怒し…。時は流れ、尚と真司の間に待望の男の子が生まれる。一番恵まれるように、と恵一という名前をつける。家族3人の幸せな時間を過ごす。しかし時は残酷なまでに急ぎ足なのだった。
出演者
戸田恵梨香ムロツヨシ富澤たけし杉野遥亮黒川智花橋爪淳木南晴夏夏樹陽子草刈民代松岡昌宏
音楽
主題歌:「オールドファッション」 back number 音楽:河野伸
スタッフ
脚本:大石静 演出:金子文紀、岡本伸吾 プロデューサー:宮﨑真佐子 佐藤敦
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/
◇twitter
https://twitter.com/dairenai_tbs
@dairenai_tbs
◇instagram
https://www.instagram.com/dairenai_tbs/

 


おめでとうございます
妊娠ですね

(医師)予定日は今のところ
8月2日

現在は 6週目です
今 1センチぐらいですかね

(尚)予定日が ええと…

すみません もう一度
言ってくださいますか?

(医師)8月2日です
8月2日

(水野)この出だしだと

「脳みそとアップルパイ」の読者が
混乱してしまうと思いますけど

(真司)これは別物だから

新聞小説だし
読者層も違うんじゃないの?

いや「脳みそとアップルパイ」は
大ベストセラーですよ

50万もの読者を裏切っては
いけないと 私は思いますけど

そうかなあ
(水野)そうです

奥様
お留守にお邪魔しておりました

どうも
あの 冷蔵庫の中に

先生のお好きな
パークリッツホテルのグラタンと

あとシーザーサラダと
スープを入れておきましたので

よろしければ
召し上がってください

ありがとうございます
あと買い物とか

何か お手伝いできることがあれば
私いたしますけど

大丈夫です

真司ってグラタン 好きなの?
うん?

水野さんが言ってたから

うん? そんなこと
言った覚えないけどな

あら? 私の病気うつっちゃった?

うん? そうかも

花柄のかわいいトイレットペーパーが

トイレの棚の中に
たくさん入ってたけど

あれも水野さん?
うん? 知らない

だって あんなかわいい花柄
真司も私も買わないじゃん

じゃあ 水野さんかな?

ふーん

何か怒ってますか?

ううん

小説のお手伝いは水野さんの方が
できるかもしれないけど

私にしか
できないこともあるから

できました

何が?

できたの!?
できた

えーっ!
やーったーっ!

ハッハッハッハッ
うなぎいっぱい食べたもんな

何それ?
イエーイ!

(侑市)ああ そうですか
おめでとうございます

(薫)おめでたいかどうかは
分かりませんけど

あの子達が決めたことですから

そういう道もあるんだなって
思うことにしました

明日 産科に話 しておきます

けど 分からないものですね
人生って

本当に

尚さんと出会って
そしてフラれて

医者としても男としても

色々 学ばせてもらいました

薫先生と二人でお酒を飲むことが

こんなに楽しいんだってことも

私も

楽しい

うちに来ませんか?

どうぞ

お邪魔します
はい

玄関に靴が出てるの嫌なんです

ああ…

どうしますか?

あっちがリビングで

こっち ベッドルームです

じゃあ あっちでワインでも

先生?

<すべては奇跡だ>

<僕達が出会ったことも>

<子供ができたことも>

<そして 時は残酷なまでに>

<急ぎ足なのだった>

う~ん

今日は12月の… 7日

真司は一日 家で執筆

はあ…

おはよう
ああ おはよう

また徹夜してたの?
ううん

早くに目 覚めたから
仕事してみただけ

ゆうべは 尚とおなかの子に
おやすみって言って寝たよ

私 妊娠してたんだ
そうだよ

だから飛んだり跳ねたり
しちゃダメだよ

書いて貼っとかなきゃ
うん 俺も

あなたは妊娠中です
フフッ

(笑い声が聞こえる)

じゃあ あとは?
(薫)えっ?

コーヒーだって いれられるわよ
コーヒーメーカーがあれば?

フッフッフッ
ハッハッハッハッ

パンだって焼けるわよ
トースターがあれば

じゃあ コーヒーと
パンってことで

(千賀子)ああっ…

着替えたら行くから

そっ そっ
そのままでいらっしゃい!

早くしなさい!

北澤先生 私

血圧が上がって
心臓が飛び出しそうで

頭も
おかしくなりそうなんですけど

これは一体どういうことですの?

誘ったのは僕の方だよ

こういうことは
誘ったも乗ったも同じです

申し訳ございません

謝らないでください
薫先生は何も悪くないです

お嬢さんのことは
お気の毒です

でも 私達が被った迷惑は

ただ事では
ありませんでしたのよ

にもかかわらず
平気で息子を主治医にして

親子で
いいとこ取りなんかなさって

その上 この…
この恥知らずな

恥知らずなことは
重々承知しております

はあ?

ですから申し訳ないと
申し上げたんです

でも 恥知らずでも…

本気です

僕も本気です
侑ちゃんは黙ってらっしゃい!

先ほど見たことは忘れますので
どうか身を引いてください

本気でも何でも

これ以上 侑市の足を
引っ張らないでください

侑ちゃん
あなたも目を覚ましなさい

目が覚めたから こうなったんだ

見合いをして

好きでもないけど
バランスのいい相手見つけて

無難に生きてくなんて
そんなの…

それに…

僕は薫先生が好きだ

(千賀子)何で この人でなければ
ならないの?

いくつ違うと思ってるんですか!
年は関係ないよ

すっかり骨抜きにされちゃって

しっかりしなさい!

できることなら

侑市さんのご両親にも

娘夫婦にも知られないで

ひっそりと
お付き合いしたいと思ってました

でも…

私も もう一度考え直します

考え直すことなんてありません

薫先生

僕と結婚してください

はあ?

今 こんなタイミングで
母が来なくても

ちゃんと言うつもりでした

医師同士としても
理解し合えますし 何より

僕が安心して

心 解放できるのは

薫先生しかいないんです

やめて そんなラブシーン
ママの目の前でしないで!

じゃあ帰ってくれないかな
はあ?

私が帰ります
先生は ここにいてください

ねえ おふくろ

おふくろが思い描いてるような
息子にはなれなかったけど これが

最も自分らしい
生き方だと思ってる

親父には また改めて話すから

パパだってこんなこと
絶対に許しませんよ

そうかな?

薫先生とのきっかけを
作ってくれたのは 親父だよ

はあ?

薫先生

改めて言います

僕と一緒に
並んで生きてください

お願いします

(井原)ただいま

(千賀子のすすり泣き)

何だ まだ泣いてたのか

ずーっと泣いてますよ

我々の息子にしては
大胆な生き方をして

面白いとも言えるじゃないか

(千賀子)待ちなさい!

待ちなさいってば
トイレだよ

侑ちゃんと あの人を
結びつけたのは

あなただって聞いたけど
それ どういうこと?

知らないよ 何のことだ?

ホントに知らないの?
知らないものは知らないよ

離しなさいよ そんなに揺らしたら
オシッコ漏れちゃうだろ

オシッコ漏らしたら

捨ててやる!

全然 年の差感じない
うん

もう こんなにきれいなのに

誰にも見せないなんて
もったいないわよ

僕も そう思うんです

いいのよ 笑われるだけなんだから

嘘 自分でも結構イケてると
思ってるくせに

ハッハッハッハッ

本当にきれいだ

ワーオ
キャッ

今のは…
ちょっと真司もやってみて

本当にきれいだ

ハッハッハッ 全然違う
ちょっとやめてくださいよ

皆様 ちょっと
お静かに願えますか?

ああ すいません
すいません

(写真屋)それではまいります

<妻の元婚約者は>

<何と僕達の義理の父になった>

<やっぱり人生は>

<奇跡に満ちている>

♬~

あっ…

真司
うん?

真司!
うん

きたっぽい
おおっ きた!?

きた? きた?
どうする? どうする?

「陣痛がきたらやること!
妊婦を座らせて陣痛の間隔を計る」

間隔計る 陣痛の間隔を計ります

落ち着いて
落ち着いて 落ち着いて

ありがとう この子を産んでくれて

いつまで母親でいられるか
分からないけど

頑張ろう

この子も頑張るよ
うん

かわいそうな子に
なりませんように

ならないよ 絶対にならない

おめでとうございます

色々 ありがとうございました

産婦人科の先生にも
よくしていただいて

いえ…
ああ~ 元気だ

(くしゃみをする)

あっ…
僕の義理の孫になるんですよね

ですね

名前はどうするんだろうって

薫さんも昨夜
気にしてましたよ

さっき決めました

恵むに 一と書いて 恵一です

一番恵まれるようにって
意味らしいです

恵君 こっち見て ほらママと
笑って 笑って 恵君

ママとこっち見てんの
あっ こっち見た

カメラ見て 見た?
こっち見た ママ見た

(薫)いい子に育ってね

撮りますよ~
はーい

はい どうかな?

(薫)恵君 写真だよ~

(シャッター音)

これ何かな?

♬~ジングルベル ジングルベル

♬~ジングルベル ジングルベル
あっ

恵一 サンタさんだよ~

うわ~ 泣いちゃった
パパだよ パパ パパ パパ

<淡い幸せが いっとき>

<僕達をふんわりと覆った>

(恵一の泣き声)

恵君 泣かないで

パパ お仕事中だから

はーいはい できましたよ~

おなかすいたね 食べよう食べよう

よいしょ よいしょ

お願いします

あっ まだ熱いので

フーフーしてあげてください

もういいと思います どうぞ

恵君

(ノック)

はい

やっと ねんねしました
あ~ ありがとうございます

ホント 水野さんのおかげで
安心して仕事ができます

4人で暮らしてるみたいですね

ホントすいません
いえいえ

それで さっきのお話なんですが

新聞社は「もう一度 第一章から」が
大好評なので

もう半年 続けていただけないかと
言っています

連載小説が好評だと
部数も伸びるんですよ

ジリ貧の新聞社としては
間宮先生サマサマなんです

それは… できないです

でも まだ子供が生まれる
前の部分を連載中ですから

本当はその先こそが
長いですよね

連載は子供が生まれたところで
終わろうと思っています

えっ!?
もうこれ以上

書きたくなくなっちゃって

いや…

「脳みそとアップルパイ」の
続編を書くと決意されたとき

記憶を失っていく
妻の姿を書くのが

小説家としての使命だと
おっしゃいましたよね?

(水野)この作品は
そこが見せ場でしょ

見せ場…

今までのは序章みたいなもので

子供ができて
めでたしめでたしじゃ

読者も納得しません

連載が終わったら
仕事もセーブして

子育てを担いたいと思っています

だから それを書いてくださいよ

病気の妻と 夫の子育て

それを書く残酷さを持たないと

失礼ながら この作品は

中途半端なものに
なってしまうと思います

(水野)逃げないでください

すいません

(水野)私は先生にいい作品を
書いていただくためなら

何でもいたしますので

奥様 今日はこれで失礼します

水野さん
はい

私の病気が進行しないと

真司の小説は中途半端なものに
なってしまうんでしょうか?

聞いてらしたんですね

奥様は

小説家の妻になるということが

どういうことなのか

覚悟の上でご結婚なさったんだと
思っております

そうです
でしたら

そのようなことは 先生には
おっしゃらないでください

先生 本当に
書けなくなってしまわれます

そうなんですけど…

そうなんですけど でも 何か…

あんな素敵な旦那様

世界中探しても
見つからないと思いますよ

そうなんですけど…

私にできることがあれば
何でもいたしますので

はい 何でもしてください

私には何もできませんから

私は… 私は生きてるだけで

あの人に
負担をかけてるんですから

違います

奥様は 生きてるだけで

先生の創作の源なんです

大切な…
大切なやる気のもとなんです

失礼します

恵君の18時のご飯

冷蔵庫に入れてありますので

レンジで温めてあげてください

お母さん ダメだね

ごめんね

ああ すいません

間宮真司先生の奥様ですか?

どちら様ですか?

週刊文潮です

戻ろう ねっ

間宮先生の「もう一度 第一章から」
をどう思われますか?

ご自分のご病気を
毎日詳しく書かれることは

何とも思われませんか?
やめてください

あなたも事情を
ご存じなんでしょ?

奥様

つらいことはないですか?

私は 間宮真司の
創作の源だと思っています

書かれるのは 私の宿命です

これ以上 来ないでください
行こう

来たら警察呼びます

尚ちゃん 立派だった

カッコよかったよ

あれ? どうしたの?
買い物は?

今 週刊文潮の記者に
追いかけられたのよ

えっ!
でも

尚ちゃんが立派な対応したから
ねっ

たとえ書かれても真司さんの
足は引っ張らないと思うわ

何て言ったんですか?

「私は間宮真司の
創作の源だと思ってます」

「書かれることは
私の宿命です」って

そんなこと…

じゃあ私 車で
お買い物に行ってくるわね

俺行きますよ
いいの いいの

あなたはここにいて
恵君よろしく

すいません
じゃあね

週刊文潮か…

文潮社なら記事が出ないように
お願いしてみるよ

偉くなったのね 真司

尚ちゃんこそ カッコいいこと
言ってくれたんだね

ホントに

尚ちゃんは俺の創造の源だよ

それ 私が言ったんじゃないの

えっ?

あの人が言ったの

あの人?

あの人…

あの うちにいつもよく来る…

ああ 水野さん?

あの人には かなわない

何でも忘れちゃう私が

あの人が言ったことは覚えてた

しっかり刻まれてた

あの人は真司のこと
本当に大切に思ってると思う

それは
一応 本が売れてるからね

みんな忘れちゃったら

私 あの人に

真司と 恵君を託したい

きっとあの人なら
ちゃんとやってくれると思うから

何言ってんだよ 俺には尚ちゃん…
これは

私の遺言だと思ってください

遺言なんていらないよ!

えっ… あの…

自分の意見が言えるうちに

私の気持ちを
伝えたかっただけなのよ

だからそんな怒らないで
あっ うん ごめん

ごめん ごめんね
ごめん ごめん ごめん

お願い 恵君のためにも

分かった

気持ちは分かったから

だけど そのお願いは聞けないよ

だって…

俺は尚ちゃんじゃなきゃ
嫌なんだから

他の誰かじゃダメなんだ

尚ちゃんじゃなきゃ
尚ちゃんじゃなきゃ

尚ちゃんじゃなきゃ
絶対 嫌なんだ

恵君が こっち見てる

いいよ 見てても

カッカッカッカッカッ

カッカッカッカッ カーッ

もうそろそろ頼むから
寝てください

お願いしますよ

ヤダよ~
お母さんのオッパイが欲しいよ~

何 言ってんの

だって お母さんのオッパイは
俺のものでもあるんだからさ

ちょっと…
お母さん そうなの?

お母さんのオッパイ
もう一回ちょうだい

お母さんのオッパイ
もう一回ちょうだい

お母さんのオッパイ~

お母さんのオッパイ~
お母さんのオッパイ~

お母さんのオッパイ
頼むよ そろそろ寝て

電気消すからね いい?

ねんねしようか
グースカピーしよう

(泣き出す恵一)

グ~ グ~

<幸せとは記憶である>

<僕の小説を暗唱した
妻の鮮烈な印象を>

<僕は生涯忘れないだろう>

<だから 刻々壊れていく妻も>

<いとおしく思えるのだ>

<でも妻には記憶がない>

<あるのは今という一瞬だけだ>

<妻のはかない一瞬一瞬を>

<少しでも心地よい
楽しいものにすることが>

<僕にとって 小説より>

<大切な仕事になりつつあった>

あったよ

これ読んだ?
うん 読んだ

面白いんだよ
ホント? 面白そう

いや~ 今やっぱり
一番人気ありますよ 間宮先生は

いつも大きく展開していただいて
ありがとうございます

(バイブレーター着信)

すいません
ちょっと失礼します

はい
☎(植田)おう 社長が水野に

☎特別賞あげるってよ
部長 ありがとうございます

あんな尻切れトンボな小説が
こんなに売れるなんて

思ってもいませんでした

あっ そうだ
間宮さん家買うんですって

奥様が ここが自分の家だって
分かるうちにって

(小川)お願いします
(木村)ほい

間宮さんの奥さんは
あげまんですね

あの人と知り合ってから

間宮さん ビューンですよ

あの人は本物のあげまんだな

本物と偽物があるんすか?

何かで読んだけど

本物は自分を滅ぼしながら
男を上げるんだってよ

(小川)自分滅ぼさないと
本物じゃないんすか?

(木村)
自分を滅ぼすくらいだから

押し上げるパワーも
半端ないわけよ

世界に羽ばたいた天才の陰には

必ずひっそりと滅んでいった
女がいるらしいぜ

間宮さん 世界羽ばたくんすか!?

どうだろうな?

何か残ってるもんないか 見てこい
はい

はい 恵選手 進みます!
ゴーゴー! ゴーゴー!

行け行け~!

(柚香)ナイフとフォークも
ここ入れていいですか?

あっ はい

私ここ片付けますから
書斎の方 行ってください

あっ ありがとうございます

奥さん どうしたの?

庭に…

庭は こっち

庭は こっちから出てね

(水野)せーの ほい

ほい じゃあ 投げて 投げて

イエーイ うまい うまいじゃん

はい じゃあ
もう一回投げて せーの

恵君 おいでおいで おいで~

お母さんも呼んできてあげて

(恵一)お母さんもおいで
はい ありがとう

行こう

この辺から? どうぞ

わーっ
アハハ…

はい
すいません

いくよ
いくよ

だいぶ うつろになってんな

これからは
俺の人間力が問われますね

頑張ります

いいんじゃねえの?
そんなに気張らないでも

そうですね

今ちょっと二枚目になってました

間宮は昔から二枚目よ

心の二枚目

あっ 心のね

顔じゃねえんだ

よし 行こう

お~
こっちじゃない こっちじゃない

靴下 違うよ

あっ ホントだ ちょっと待ってて

ホントだ

はい これ

じゃあ 一つずつ

ああ 脱いでから
脱いでからはこうか

恵一 恵一
お母さんと外に出るときは

この公園と裏の保育園までだよ

何で~?
う~ん

お母さんは
今ちょっと元気ないから

遠くに行けないんだよ
ふ~ん

だから
お母さんとお出かけするときは

恵一がお母さんを
守ってあげるんだよ

分かった
うん 頼んだぞ

お願いね

分かった~
頼んだぞ~

はい 遊びましょう!

ボールここですよ
アハハハッ

恵君

あら 恵一 どうした?
お父さん仕事中だ

お散歩 行きたい

お庭で遊ぼうよ
やあだ 公園がいい

ごめんなさい

恵一 どうしてもお母さんと
前の公園に行きたいなら

こうして紐を結んでいこう

やあだ これ

今朝も言っただろ
恵一はお母さんに

この紐を通して
パワーを送ってあげてるんだよ

パワー?
そう 生きる力

お母さん 病気だから?
うん そうだな

恵君のパワーをちょうだい

パワー!
パワー!

そうパワー!
パワー!

(真司・恵一)パワー! パワー!
パワー! パワー!

よし オッケー じゃあ行きましょう

行ってきてください

早めに戻ってくるんだよ
うん

お母さん ここに座って

はい ありがとう

暖かくなってきたね

おっ 帰ってきた
おかえりなさ…

恵一は?

えっ?

恵一!

恵一!

恵一!

恵一!

恵一!

恵一!

恵一!

恵一君!

恵一君

恵一君 ああ すいません

すいません あの
はい

この子を見ませんでしたか?
いや…

あそこの永山の交差点入った所の
公園です

お名前と年齢は?
間宮恵一 3歳です

はぐれたのは
夕方の4時半ぐらいです

彼女は ここに子供がいないことは
認識できています

ですが そのことに自分が関わった
ということは認識できていません

手掛かりになるようなことは
覚えていないということですか?

ええ
はい 分かりました

署長の判断で 明日の朝まで
1丁目から4丁目までの

トロールの人数を増やします
明日の朝まで? 明日の朝までに

見つからなかったら
どうなるんですか?

じゃあ もう一回行くか?
そうしましょう

恵君は? どこ行ったの?

今 みんな捜してくれてるから

捜してる?

うん

私も捜す

俺達は ここにいよう

大丈夫だから ここにいて
嫌 嫌

嫌 嫌 嫌!
いいから ここにいて いいから…

いい加減にしろ!

ごめん ごめん

ここにいよう 大丈夫だから

ここ座ってて

(携帯を落とす)

ああっ

恵一君?

恵一 おかえり

ありがとうございました
いえいえ

ホント ありがとうございました

お母さん!
恵君 おかえりなさい

お母さん
勝手にいなくなって ごめんなさい

どうして?

ふう…