ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

リーガルV 第8話 速水もこみち、寛一郎、米倉涼子、向井理、小日向文世… ドラマのキャスト・主題歌など…

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #8』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 小鳥遊
  2. 天馬先生
  3. 事件
  4. 茅野
  5. 救う
  6. 至くん
  7. 大峰代表
  8. 市瀬
  9. 大峰
  10. 美奈子

f:id:dramalog:20181206215530p:plain

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #8』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #8[字]

米倉涼子・主演の新作リーガルドラマ!弁護士資格をはく奪された小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弁護士を集め法律事務所を結成!エリート事務所に無謀な戦いを挑む!

詳細情報
◇番組内容
翔子(米倉涼子)はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会する。NPO法人の幹部職員を殺害した至だが、翔子は事件の奥に何かがあると直感。京極法律事務所の面々も協力し、背景を探る!その矢先、天馬(小日向文世)の差し金で弁護士会から業務停止処分の可能性を記載した警告書が事務所に届く。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまう!翔子を失ったメンバーは次々に去っていき、事務所は解散の危機に…!?
◇出演者
米倉涼子向井理林遣都菜々緒荒川良々安達祐実、三浦翔平 / 内藤理沙、宮本茉由、勝村政信小日向文世高橋英樹
【ゲスト】速水もこみち寛一郎久保田紗友夙川アトム
◇脚本
橋本裕志
◇演出
松田秀知
◇音楽
菅野祐悟

【主題歌】
SEKAI NO OWARI『イルミネーション』(TOY'S FACTORY)
◇スタッフ
【企画協力】古賀誠一オスカープロモーション

【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、峰島あゆみ(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、池田禎子(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/
☆Twitter
 https://twitter.com/LegalV2
☆Instagram
 https://www.instagram.com/legalv2018/

 


♬~

(天馬壮一郎)おや?
奇遇ですね 小鳥遊さん。

お噂は聞こえてますよ。

青島先生にも 何度も
足を運ばせているそうですね。

加害者本人が殺人を認め
たくさんの目撃者もいる。

1年も前に確定した事件の
何が気に入らないんですか?

相変わらず おしゃべりですね。
急いでますので。

隣の家の枝が
うちのほうまでガッと…

はみ出してきて困ってんのよ!

それは まず 直接

お隣と話してみては
いかがでしょうか?

(女性)向かいが公園で
子どもの声が毎日うるさくて…。

うちなんか

大学の合宿所で
毎晩どんちゃん騒ぎ!

それは なんとかしませんとねえ。

(茅野 明)今度こそ 行列のできる
法律事務所になったっすね!

(馬場雄一)儲かるにおいは
全然しないけどな…。

おい…
ポチくん 何やってんだよ!

忙しいんだから手伝ってくれよ。
(青島圭太)すいません…。

大鷹さん 一段落したら
皆さんに大事なお話があります。

大事な話?

小鳥遊さんが 弁護士資格を失う
きっかけになった

去年2月の
殺人事件についてです。

(ドアの開く音)

(刑務官)大変遅くなりました。
急に腹痛を訴えまして。

ほら 入れ。

♬~

(守屋 至)えっ…?

差し入れ代わりよ。
こういうの ご無沙汰でしょ?

フフッ…
変わってないですね。

まあ… 生きてて安心したわ。

至くん ちょっと痩せた?

まあ…。

男前 上がったよ。
女子が放っとかないんじゃない?

いや
ここに女子はいませんから…。

ああ… そうだった。

早く出たいよね?

小鳥遊さんは
その事件の検証のために

これだけの資料を集めていました。

そもそも どういう事件なの?

去年の2月に 鶯谷の公園で

台東区在住の市瀬徹さんが
守屋至くんに殺害されました。

おい…!
(刺す音)

(青島の声)当時
仕事で悩んでいた至くんは

ベンチで隣り合わせた
初対面の市瀬さんに

悩む価値もない無能な人間だと
馬鹿にされ

カッとなって犯行に至り

懲役9年の実刑判決を受けて
受刑中です。

だけど そこまで
はっきりしてる事件なら

検証も何も…。

小鳥遊さんは その事件の奥に

隠された何かがあると
考えています。

奥に隠された何か…?

妹さんは? 会いに来る?

来るなって言ってありますから。

会いたいくせに。

邪魔したくないんですよ。

あいつは
俺と違って出来がいいから。

今は バイトしながら

大学の夜間部で
法律の勉強をしています。

法学系か…。 だったら
いろいろと相談に乗れるよ。

どうして そんなに
気にかけてくれるんですか?

うーん…。

ずっと引っかかってたの。

至くんは 人を殺したのに

ひとごとみたいなところ
あるわよね。

何か隠してる事があるような
気がしてさ。

ねえ 聞いていい?

被害者への贖罪の気持ちが
抜け落ちてるのは なぜ?

最低の男だからさ。

あんな奴
死んだほうが世の中のためだ。

一度会っただけの男を
普通 そこまで言い切れるかな?

そもそも なんで その日
鶯谷に行ったわけ?

自宅からも勤務先の印刷所からも
全然 遠いし

不自然じゃない?

そういう話なら もういいよ。

帰ってよ。

あっ…。

帰れっつってんだろ。

(大鷹の声)
だけど 刑期も決まってるのに

今さら
事件の奥とか言われてもさあ…。

そもそも なんで その弁護を

あの 金の亡者が
引き受けたんだ?

私も そこは疑問でした。

お金の大好きな小鳥遊さんが

なぜ 儲けの少ない
国選弁護人を引き受けたのか。

それは…。

ああ見えて
そういう人なんですよ。

私も 小鳥遊さんに
国選弁護人を引き受けてもらって

救われましたから。

(馬場)俺も そうだった…。

(茅野)姐さんには
頭が上がらないっすね。

ただいま!

何…? 何? みんな。

なんか怖いんだけど。

何?

事件のあらましは
ポチさんから伺いました。

えっ?

大丈夫っす。
俺たちもついてますから。

あっ… 俺も。

(ため息)

いや みんなでやったほうが
早いかなって思って…。

(理恵)あっ そういえば
弁護士会から書留が。

弁護士会から?

「貴事務所においては
元弁護士 小鳥遊翔子氏が

管理人と称して
非弁行為をしていると

判断したため 警告致します」

ちょっと見せて…。

こちらが
誠意ある対応を見せなければ

京極法律事務所に対して

業務停止を含めた処分を
検討すると…。

えっ! 業務停止処分なんて…。

天馬先生を 本気で
怒らせちゃったみたいですね。

そんなの
ひどいじゃないですか…。

そうよ! ひどいわよ!

ここ追い出されたら
住むとこないのよ? 私。

♬~

小鳥遊さんは
ただの管理人ですから。

本当にそうですか?
これまでの事件は

小鳥遊さん抜きで
やってきたという事ですか?

…はい。

あなたたちだけで全てを?

あっ… はい。

本当に?
あっ いや…。

小鳥遊さんは かつては

天馬先生の
かわいい部下でもありますし

何とぞ 穏便に…。

京極先生…
賄賂は受け取らない主義ですので。

いい加減
気づかれたらどうですか?

彼女は 弁護士資格を取り戻そうと
愚かな抵抗を続けてるだけで

あなたたちは そのために
利用されているんですよ。

事務所を続けたければ
彼女を切り捨てる事です。

ただの管理人なんですよね?

ああ…。

(白鳥美奈子)久しぶりですね。
海崎さんとデートなんて。

(海崎勇人)2人きりでしか
言えない 大事な話だ。

私は ずっと
こんな時を待ってましたから。

(海崎)1年前に 君が

小鳥遊から引き継いだ

市瀬徹殺害事件について
確認したい。

えっ…?

小鳥遊は その事件の情報を
手に入れようとして

暴力団幹部の花田尊に接触した。

弁護士の小鳥遊翔子と申します。

…はい。

弁護士が 反社会勢力と
接触するのは危険だと

天馬先生は咎めたんですが…。

これを。

(海崎の声)小鳥遊は
情報が欲しくて やめなかった。

(花田)おい!

小鳥遊先生。

これで 俺に
何をさせたいんですかね?

(美奈子の声)あの女は ずっと

そういうやり方で
実績を上げてきたんです。

確かに 偽証の依頼を疑われても
反論できない行為だった。

そして 弁護士資格を失って
1年間 行方をくらました…。

海崎先生は なぜ
その事件を気にするんですか?

天馬先生のため?

まさか… 小鳥遊翔子のため?

僕の野望のためだ。

そう言ったら
君は協力してくれるのかな?

それとも
天馬先生に告げ口するのかな?

2人だけの秘密ができた
って事ですか?

では 被害者の市瀬徹さんの背景の
説明をします。

市瀬さんは NPO法人
貧困を救う会の幹部職員として

貧困児童の救済活動に
従事していました。

NPOって坂本龍一の?

YMOだろ それは。

NPOは 社会貢献のために働く
非営利団体です。

はあ…。 えっ そんな偉い人が
殺されちゃったの?

理不尽な世の中だよな。

しかし NPOの一部は

暴力団の資金稼ぎの
隠れ蓑になってるところもある。

検察でも問題になってた。

だから
小鳥遊さんは暴力団の調査を?

まあね。

だったら ヤクザじゃなくて
救う会を調べておけば?

調べようとしたけど
無理だったの。

箝口令でも敷かれたみたいに

事件の事は
誰も 一切 話さなかったの。

じゃあ また
ヤクザにあたってみますか。

おいおい
事務所 潰す気かよ…。

(ため息)

教授 どうでしたか? 天馬先生は。

本気ですね。

事務所を続けたいなら
小鳥遊さんを切り捨てろと。

(ため息)

(茅野)いやいや いやいやいや
それはない。

(馬場)
でも 業務停止は まずいよな。

(理恵)過去の訴訟の
成功報酬支払いにも

問題が生じますかね。

教授 代表として ご決断の時です。

決断?

あの女をクビにして
事務所が生き残るか

あの女と一緒に
事務所が潰れるか。

答えは明白でしょう?

ちょっと 何 言ってんですか
小鳥遊さんをクビって!

(馬場)お前には
血も涙もないのかよ!

(大鷹)ストーカーくんだって

業務停止は まずいって
今 言ってたろ!

(理恵)小鳥遊さんあっての
京極法律事務所です!

(大鷹)みんなのためだよ。

行列のできる法律事務所を作る
って夢が叶ったんだから

潔く身を引くのも 大人だろ。

(茅野)まずは あんたが出てけ。

そういうのさ
私のいない所で やってくれる?

(ため息)

ちょっと
一人にしてくんないかなあ。

「♬~(テーマ曲)」

(鎧塚平八)「刑事生活35年

この鎧塚平八が
組織の邪魔だというのなら…

私は いつでも
辞める覚悟はできています」

(鎧塚)「しかし

私が消えて 本当に喜ぶのは

悪い奴らのほうなんです」

「私が去っても

なんの解決にもならない」

「♬~(テーマ曲)」

小鳥遊さん 起きてますか?
入りますよ。

た… たっ 大変でーす!

(大鷹)なんなんだよ。

この いかにも
私は傷つきましたみたいな

子どもじみた書き置きはさ!

(馬場)あんたが
冷たい事 言ったからだろ。

(茅野)姐さんは
もう戻らないつもりっすよ。

えっ…?
弁護士資格を失った時も

書き置きを残して
ふらりと いなくなり

1年間 行方をくらましました。

そんな…。

姐さんがいないなら
俺も辞めるわ。

私も 筋を通します。

いやいや
ちょっと待ってくださいよ。

短い付き合いだったな。

♬~

俺も一人でやってみるよ。

教授も 本職に戻られたら
いかがですか?

元帝大教授なら
引く手あまたでしょうから。

大鷹さんまで…。

まあ 短い夢を見させてもらった
って事でしょうかねえ。

教授も辞めちゃうんですか?

小鳥遊さんがいないのなら
もう解散です。

いや でも 新しい依頼人
たくさん来ましたよね?

ご近所トラブルの案件だって
解決してませんし…!

あとは
ポチくんにお任せしますよ。

君は これからも

一生 弁護士を
続けていくべき人間ですから。

♬~

(ママ)えっ それで行くの?

(パパ)晴れてるよ?
(息子)いーの!

<「タント」なら
傘のままでも 乗り降り らくらく>

<育ち盛りの家族へ> <「タント」>

あめー!
今は差そうよ。

<2年連続No.1>

♬~

<光る 「タント」>

ダイハツ 「タント カスタム」 VS登場>

<買うなら 今シカ>

京極法律事務所が解散?

小鳥遊翔子は
行方をくらませているそうです。

随分あっけないですね。

(たたきつける音)

フッ…。

(青島の声)「小鳥遊さん
どこにいるんですか?」

「帰ってきてくださいよ」

「事務所は解散してしまいました」

「僕は 調査を続けます」

(京極)こう見えて 芸術書道師範

フォトマスター1級
コーヒーソムリエ

鑑識科学技術学会会員
不動産鑑定士

レタリング技能検定1級の
資格も…。

(長友)京極さん…。

法学教授に
こういう資格は必要ありません。

あっ そうですよね…。

あなたが戻ってくれるのであれば
喜んで歓迎しますよ。

ありがとうございます!

伊藤理恵です。
平成銀行に13年勤めましたが

国家のミッション遂行のために
退職。

その後 京極法律事務所で

パラリーガルとして
様々な訴訟に関わりました。

申し分のない経歴だね。

よろしく頼むよ。
はい。

(大鷹)ほら 見て。

(小春)すごい!
独立するの? お父さん。

今まで 一生懸命 働いたからね。

お父さん もうちょっと頑張って

自分の事務所が
持てるようになったら

また 親子3人
一緒に暮らせないかなあ?

でも 弘道おじさんもいるから
4人になっちゃうよ。

弘道おじさんって 誰?

(5人)ハイ ハイ!
明くん!

チーフマネージャー昇格
おめでとう!

(茅野)すげえ! マジか!

ありがとう。
おめでとう。

サンキュー。 それじゃ 景気づけに
シャンパンコール!

(一同)よし こ~い!

俺も ホストで
採用されたかったなあ…。

被害者の市瀬さんが所属していた
貧困を救う会

子ども食堂での
食事の無料提供を皮切りに

教育就労支援を通して

多くの貧困児童を救ってきた
NPO法人です。

(美奈子)ホームレスやお年寄り
一般市民も招いて

理解と支援を広げ

大規模なボランティア青年団
結成されました。

(美奈子)ひとえに
幼少期に自身も貧困に苦しんだ

大峰代表のひたむきさと
誠実さによるものです。

(女性)今日は
お代わり自由でーす!

お代わり いかがですか?

お代わり…。
はい。

(茅野)皆さん 頑張ってますかー?

農業女子は!
(3人)イエーイ!

抜けねえ! …抜けた~!

(ボランティアたち)
ありがとうございます。

ありがとうございます。
ありがとう。

(手拍子)

(美奈子)
募金イベントでPRする事で

ネットや企業から寄付金を集め

莫大な財源を確保しています。

(司会)本日は 大峰代表と

丸山珠美厚生労働大臣
お見えになっています。

(拍手)

(大峰 聡)
貧困を救う会の大峰です。

私は 生まれた時から
父親を知らない母子家庭に育ち

最愛の母親も早くに失い

貧しさと ひもじさを
味わってきました。

だからこそ
活動の輪を広げたいんです。

本日は
ご協力ありがとうございました!

(拍手)
(女性)大峰さーん!

(女性)頑張ってくださ~い!

厚生労働大臣の丸山珠美です。

大峰代表の理念と行動力には
いつも感銘を受けております。

(珠美)私は こういう人に
日本の政治を託したい!

(拍手)

海崎先生。

(天馬)盛況でしたね。

大峰くんの国政進出の足場も
固まったようですね。

その際には
お力添えをお願いします。

なぜ 天馬先生が ここに?

丸山大臣とは旧知の間柄で
顧問契約も結んでいましたから。

大峰代表とも
何かあるかもしれないな…。

えっ…?

少なくとも それを
探ろうとしている人間がいる。

(カメラのシャッター音)

青島弁護士…。

小鳥遊翔子の指示でしょうか?
恐らくな。

♬~

(携帯電話の着信音)

(ため息)

お酒 お持ちしました。
はーい。

見習いなんだ?

いつから ここに?

先月から
お世話になっております。

あっ ねえ…。

心付け。 裸でごめん。

えっ…? でも これ 多すぎます。

持ってて困るもんじゃないから
もらっておきな。

その代わり
話し相手になってくれないかな?

ほら お一人様だから。

ここに来る前は どこにいたの?

東京で仕事しながら
大学 通ってたんですけど…。

いろいろあったのよねえ
お兄さんの事とかさ。

えっ…?

偽名使ってるの なぜ?

本名は 守屋未久さんでしょ?

♬~

お兄さんの事が知られると
いろいろ大変って事か…。

偽名のせいで
捜すの苦労したわよ。

あなたは 誰なんですか?

お兄さんの守屋至くんの
弁護を担当した元弁護士よ。

やっと あなたに会えた。

仕事がありますので これで…。

♬~

(女性)本当に助かりました。
どうぞ。

じゃあ 頂きます。
ありがとうございました。

ありがとうございました。

いただきます。

(ノック)

申し訳ありません。
今日は もう終わったんです。

なにぶん
1人でやってるもので…。

えっ えっ…?

だっ… 誰?

おお… 暑かった…。

理恵さん!

(妻)2階まで天井の高い家にして
ホント良かったわね~。

(夫)いや でもさ…。
でも 何?

《言えない。 やっぱり言えない。
1階は仕方ないにしても…≫

(2人)≪せめて2階くらいは
天井を低くして 落ち着きたかったなんて…≫

≪言えない≫
≪言わせない》

<2階も天井が高い。 だから広く感じる>

<その家は 「xevoΣ」>

でも 何?

…いや。

潜入捜査をして わかったんです。

被害者の市瀬さんは
NPOを渡り歩いて食い物にする

悪質なゴロだったみたいですよ。

何してるんだ? 市瀬くん。

いいのかな? 秘密バラされても。

あんたも困るよね。

(理恵)
貧困児童の出生にまつわる

秘密の公表をちらつかせては

募金を着服していたようです。

どうしたのかな? ポチさん。

感動しちゃって…。 理恵さんが
潜入捜査してくれてたなんて…。

(ドアの開く音)
(茅野)一応 俺も やってきたよ~。

茅野さん。
はい これ お土産。

(有希)うわあ!
ありがとうございます。

(茅野)とれたてだからね。
(有希)すごい!

(茅野)そうそう そうそう…!
至くん 救う会のボランティアに

積極的に参加してたらしいっすよ。

女子ボランティアの話によると

幼い頃に両親亡くして

妹さんと
施設で暮らしてたんだって。

貧困を救う会
世話になった事でも

あったんじゃない?

茅野さんまで…
調べてくれてたなんて…。

(水の流れる音)
理恵さんまで感動ですか?

(馬場)すっきりしたよ。

つまり 至くんは
救う会を食い物にする市瀬さんを

許せなくて殺したんだよ。

見ろ これ。

至くんと妹さんが
初めて 救う会を訪れた日の

受付用紙だ。

(女性)みんな!
今日は お代わりしていいよ!

(馬場の声)施設を出たあと
仕事も見つからずに

途方に暮れていた2人は

そこで 働き口を
世話してもらったらしい。

受付用紙の担当者の名は

「市瀬徹」とある。

つまり 加害者と被害者は
初対面ではなかった。

行きずりの犯行という
至くんの供述が崩れました。

皆さん 頑張ってたんですね…。

(茅野)至くんは なんで
嘘の供述なんかしたのかな?

小鳥遊さんが言うように

事件の奥に 何かが
隠されているんだとしたら…。

誰か かばってんのかな?

とにかく
みんなの情報を整理しましょう。

おお! みんなも来たのか。

(茅野)ヤメ検さんこそ
なんでいるんすか!

俺がいないと
みんな困ると思ってな。

(馬場)いるほうが気分悪いよ。

ギスギスすんなよ
ストーカーくん。

古巣の検察で仕入れた情報
知りたくないのか?

えっ 何かつかんだんですか?

半年前
貧困を救う会の募金イベントで

チンピラが暴れる事件があった。

それを収めたのが
ヤクザの花田尊だ。

花田って…

小鳥遊さんが弁護士を辞める
きっかけになった…。

つまり
救う会暴力団は接点があった。

(未久)お疲れさまです。

あっ。
仕事終わったんだったらさ

温泉に一緒に入って
一杯やらない?

いいから。

あなたのお兄さんが

なんで人を殺したのか
知りたくないの?

なんで そんなに
こだわるんですか?

償いたいのよ。
償う…?

私の失敗で
弁護士資格を取り上げられて

事件は
納得のいかないまま決着した。

それが許せないの。

あなただって

人殺しの妹だって言われて

大学にいられなく
なっちゃったんでしょ?

ああ…。

いい飲みっぷりじゃない。

今日で二十歳になったんで…。

本当は
バイト先で知り合った彼氏に

お祝いしてもらうはずだった。

なのに…。

あの日で 全てが変わりました。

成人式にも出たかったのに…。

みんなと
旅行だって行きたかったのに…。

もっともっと勉強して
つかみたい夢があったのに!

とりあえず
二十歳の記念に

ケーキとシャンパ
用意してもらおうか。

被害者の市瀬さんは
初対面どころか

貧困を救う会
君を導いてくれた人だった。

♬~

どうして 嘘をついたの?

誰かのためだったとか?

だとしたら…。
どうでもいいよ もう そんな事。

眠いんだよね 俺。

(たたく音)

少しは 小鳥遊さんの事も
考えてあげてほしい。

あの人は 君を助けるために
弁護士資格を失ったんだよ。

今だって そのために 一生懸命
戦ってるんだよ あの人は。

♬~

うらやましいな。

今の俺には あなたみたいに

情熱を注げるものが
なんにもない。

あんた見てると 惨めになるよ。

もう来ないでくれ。

(ドアの開く音)

(刑務官)面会時間 終了です。

♬~

(ドアの閉まる音)

はあ…
どうしたらいいんだよ 僕は。

こんな時
小鳥遊さんだったら どうする?

(足音)

♬~

小鳥遊さん!

声が大きいわよ。
人前でキャンキャンほえないの。

いや だって
全然 連絡もくれないから

あのまま
いなくなっちゃうのかと思って

本気で心配したんですよ!
ええっ?

えっ?
そんなに私の事が恋しかったの?

いや… そういうふうに取られると
なんか ややこしいというか…。

相手してあげてもいいけど
今は忙しいの。

至くんに会いに行くんですか?

どうしても
伝えたい事があるの。

(妻)天井が高い家にして
ホント良かったわね~。

(夫)そうだな。

《私は知っている》

《あなたは本当は

天井が低くて 狭~い所が

大好きなんだってことを》

《私は ぜ~んぶ 知っている》

(娘)パパ~! パパもやって!

<天井が高い。 だから広く感じる。
その家は 「xevoΣ」>

天井が高いって
最高だな。

《ウソつき》

事件の事なら もういいですよ。

妹さんに会ってきたの。

えっ…?

大学は やめてたわ。

何 驚いちゃってんの?

兄貴が殺人犯になったのよ。

陰口や いじめの標的に
なる事ぐらい

あり得そうな話でしょ?

それとも…

妹は幸せに暮らしてるとか
誰かに言われてたわけ?

恋人とも別れて

バイトも辞めて

今は偽名を使って 田舎の旅館で
仲居の見習いしてるわよ。

嘘だ。

私が わざわざ
嘘 伝えに来ると思う?

♬~

じゃあ…

じゃあ
俺は なんのために こんな…。

市瀬を殺せば
子どもたちを守れるって

信じてたのかもしれないけど

結局 あなたは
一番悪い奴を喜ばせただけなのよ。

い… 一番悪い奴?

あなたに殺しをさせた男よ。

それは誰?

♬~

(ため息)

もう 隠す理由なんて
ないんじゃないの?

一番守りたかった妹さん
守れなかったのよ。

妹は あの人に出会えて
初めて夢が持てた。

あの人のおかげで大学に入れて
未来も広がった。

(至の声)
だから 俺は 時間が許す限り

救う会のために働いた。

そんな俺に
あの人は声をかけてきた。

いつも一生懸命ですね。

私は 君のような人を
探していたんです。

子どもたちを守るために
働いてくれませんか?

はい。

そして 大峰代表から
市瀬徹の話を聞かされた。

(大峰の声)君なら
市瀬さんをどうしますか?

そんな男は
すぐ警察に突き出すべきです。

しかし 彼は 自分に何かあれば
子どもたちの秘密が

公表されるようになっている
と言っています。

それでは
救う会の存続も危うくなり

子どもたちを救う事も
できなくなる。

ならば
どういう方法があるのか。

(ドアの開く音)
(足音)

(ドアの閉まる音)

花田さんです。

君に方法を教えてくださいます。

よろしく頼むよ。

♬~

それで 市瀬を殺せと命じられた。

逃げられなかったの?

無理だった…。

(花田)子どもたちを
守りたいんだろ? ああ?

やるって言ったのは お前だ。
オラァ!

それしか方法はねえんだよ!
オラ!

(花田)おい 聞いてんのか?

聞いてんのかって聞いてんだよ!

(ドアの開く音)

決行は 2月9日に決まりました。

これは その日の
市瀬さんの行動予定です。

ちょっと待ってください!
(大峰)フッ…。

君には 妹さんがいましたよね。

何かあってから悔やんでも
遅いですよ。

これは…

誰かがやらなくては
いけない事なんです。

♬~

どうしたんだ? お前。

おい…!

(守屋)ごめんなさい…!
(刺す音)

♬~

(ため息)

悔しいな…。

あの時 それ言ってくれてたら
刑期が何年短くなったか。

大峰がした事は
殺人罪の共謀共同正犯よ。

あなたは脅迫されて

妹さんを守るために罪を犯した。

あなたは加害者であると共に
被害者でもあるの。

私と一緒に戦わない?

戦う…?

あなたみたいな犠牲者が
また生まれないためにも

あなたの妹さんに
生きる勇気を与えるためにも

あなたが この先
生きていく未来のためにも…。

本当に悪い奴と戦いましょう。

鍵があります。

鍵?

結局 京極法律事務所は
また活動を始めたのか。

天馬先生と大峰代表の関係も
探り始めているようです。

その事は 天馬代表には?

お伝えしましたが…
まずかったですか?

いや それでいい。

(美奈子)
では しっかり監視します。

(天馬)頼みましたよ。

(美奈子)天馬先生。

(美奈子)糸くずが付いてます。
(天馬)ありがとう。

♬~

(大峰)皆さんが授かった命を
どう生きるかは

皆さん自身に委ねられています。

己の境遇を嘆くより

弱き者の力となりたい
何かを変えたい。

それが私の道のりでした。

そして ここで
皆さんと出会う事ができました。

皆さんの元気な姿が
私の誇りです。

(拍手)

創立5周年にふさわしい
素敵な会ですね。

それはよかったです。

(拍手)

素敵なお話でしたね。

小鳥遊くん…。

ちょうど
お会いしたかったところですよ。

それは光栄です。

(ボランティアたち)
ありがとうございました。

私は反省してるんだ。

君に厳しく当たりすぎたかなと
思ってね。

確かに 君は 弁護士として
やってはいけない事をした。

しかし 危険を冒してまで

被告人のために
なろうとしたが故だ。

(天馬)なのに あの時の私は
弁護士会会長として力不足だった。

でもね 小鳥遊くん

今の私は違うよ。

今でも君は 私のかわいい部下だ。

もう少しだけ待っていてほしい。

待ってたら
何か いい事あるんですか?

君を必ず弁護士に戻してみせる。

♬~

本気ですか?

だから もう いいんだよ。
これ以上 あがく必要はないんだ。

天馬先生も
変わってなかったんですね。

えっ?

弁護士は
信念を持たなければならない。

それを曲げてはならない。

天馬先生の言葉に
私は影響を受けました。

懐かしいな。

あの頃も今も
先生は自分の道を進み続けてます。

また一緒に 法廷に立てる日を
楽しみにしてる。

私もです。

じゃあ また連絡するよ。

♬~

小鳥遊さん 戻ってきたのか?
はい。

よ~し やる気出てきたーっ!

(京極)おおっ これは これは
皆さん お揃いでしたか。

(大鷹)京極教授!
帝国大学に戻られたはずじゃ…?

ところが そこで
新たな情報をつかみましてね。

新たな情報?

大峰代表の母親が帝大出身で

しかも 天馬先生と同じゼミの
後輩だったんです。

同じゼミ?
大峰代表の母親の年齢は?

あっ え~… あっ

1983年に26歳で大峰さんを産んで
2年後に死亡とありますから

生きていれば61歳です。

天馬先生と2つ違いか。

つまり 天馬先生と
大峰代表の母親には

接点があった。

♬~

(ノック)

(美奈子)天馬先生と大峰代表の
関係がわかりましたよ。

(海崎)毛髪鑑定?

思ったよりも早く

海崎先生の望みが
叶うかもしれませんね。

♬~

♬~

よいしょ…。
(馬場)あっ…。

姐さーん! お久しぶりです!

また面倒くさいのが帰ってきたぞ。

なんだ みんな いたんだ!
(京極)思い出したんですよ。

理想を現実にしてみないかと
小鳥遊さんに誘われて

法律家の道を志した事を。

(理恵)何か いい事
言おうとしてますね。

感動の再会ですね。
(京極)私は それを

簡単に諦めてはいけないと…。
教授。 その話 長い?

あっ いえ…
やめろとおっしゃるんならば…。

(馬場)いや でも 感動の再会は?

裁判するわよ!
(理恵)裁判?

至くんは大峰に脅されて
罪を犯したの。

その真実を明らかにするための
裁判よ。

いや でも 刑が確定した至くんが

大峰代表を訴えても…。
無理 無理。

そんな訴訟 認めてもらえるわけ
ないだろう 普通。

誰が 至くんに大峰を
訴えさせるなんて言ったかな。

では 誰が誰を?

フッ…。

(天馬)今 なんと
おっしゃいました?

(美奈子)ですから
天馬先生を被告とする

訴状が届きました。

(天馬)訴状? 私が被告?

(美奈子)原告は小鳥遊翔子。

1年前に
弁護士資格を失った事に関する

損害賠償を請求する
民事訴訟です。

何が損害賠償だ!

僕が被告代理人
務めましょうか?

万が一にも
天馬先生が負ける事があれば

事務所も弁護士会も 大変な混乱に
陥る事になりますから。

海崎くんは 僕が負ける可能性が
あると言いたいわけですか?

何しろ 相手は小鳥遊翔子です。

♬~

貧困を救う会の大峰代表と
天馬先生の関係を

暴かれる事もあり得ますよ。

♬~

海崎くん 2人で話そうか。

悪いが 白鳥くんは外してくれ。

(美奈子)
ですが 訴訟の答弁書は…。

いいから 出ていけ!

♬~

♬~

正気ですか?
天馬先生を訴えるなんて…。

だって 言ってたもの。
また一緒に 法廷に立ちたいって。

いや 相手は弁護士会会長だろ?

そこに立ち向かっていくのが
姐さんじゃないっすか!

しかも 損害賠償請求などとは…。

また 法外な金
吹っかけんだろう?

ちなみに 請求額は
おいくらですか?

1円よ。
(理恵)えっ…?

1円!?

言ったでしょう。
裁判の本当の目的は

この事件の真実を
明らかにするという事。

みんなで1円 勝ち取ってよ。

みんなで…?

だって 私
弁護士資格ないんだもーん!

(天馬)弁護士会に喧嘩を売った。
勝算はあるんですよね?

(天馬)
思い知らせてあげてください。

馬場さんと茅野さんが
病院に搬送されました。

天馬先生は
証拠でもお持ちですか?

(天馬)全ての真実を
明らかにするべきです。

受けて立つわよ。