ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

科捜研の女 第7話 小沢真珠、高橋かおり、沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美… ドラマのキャスト・主題歌など…

科捜研の女 #7』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 紹子
  2. 絵美里
  3. ブログ
  4. 亜美
  5. 呂太
  6. 三島絵美里
  7. 蒲原
  8. 自分
  9. 沢田紹子
  10. ライフル

f:id:dramalog:20181206205535p:plain

科捜研の女 #7』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

科捜研の女 #7[解][字]

自給自足の女vs都会的セレブ女…人気ブロガーの争いが殺人に発展!?セレブ女を殺害した銃弾は誰が撃ったのか?マリコが野菜やライフルを鑑定して辿り着いた衝撃の真相とは!?

詳細情報
◇番組内容
セレブ生活を語る有名ブロガー・三島絵美里(小沢真珠)の射殺体が山村で発見された。その村は、被害者がブログ上で激しく争っていた自給自足生活を語る人気ブロガー・沢田紹子(高橋かおり)が暮らす村で、紹子がライフルを所持していることから彼女に疑惑がかかる。捜査により紹子は絵美里とは昔からの顔なじみで、当日も接触していたことが判明し…!?マリコ沢口靖子)が農作物やライフルを鑑定して辿り着いた衝撃の真相とは!?
◇出演者
沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル金田明夫斉藤暁西田健渡部秀山本ひかる石井一彰
【ゲスト】
◇脚本
戸田山雅司櫻井武晴 ほか
◇監督
森本浩史、田﨑竜太 ほか
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
番匠谷紗衣『ここにある光』(ユニバーサルミュージック / Virgin Music)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken18/

 


誰に対してやろうとしてんの?

(三島絵美里の声)
「昔から高い所が好き」

「下界を見下ろせる
特等席」

「“本物"に囲まれる幸せ」

「好きな言葉は 勿論 “一番"」

「夫はインテリア業界の若社長」

「こんな私を面白がってくれる
大切な人…」

(銃声)

(カメラのシャッター音)

♬~

(蒲原勇樹)被害者は
大阪市在住の三島絵美里 39歳。

銃で撃たれています。

自然薯掘りに来ていた
あの村長たちが見つけたそうです。

(涌田亜美)私 この人 知ってます。
絵美里様ですよ。

(橋口呂太)絵美里様?

(亜美)セレブの日常を
上から目線で語っちゃう

人気ブロガーなんです。
でも なんで こんなとこに…。

♬~

(榊 マリコ)銃創は左胸に一発。
弾は貫通してるわね。

(蒲原)それと 気になる事が一つ。

本人の携帯電話が
どこにもないんです。

誰かに持ち去られたって事?

(呂太)あっ ねえねえ 見て見て!
これ 銃弾の跡っぽいよ!

って事は…。

あった!

見て。 血が付いてる。

つまり 被害者の体を貫通した弾が
その木に当たって落ちた。

(呂太)これ ライフル銃の弾だね。

(蒲原)じゃあ 凶器はライフル…。

(亜美)ライフル…?

亜美ちゃん どうかした?

実は 絵美里様と
ブログの人気ランキングで

いつも トップ争いをしている

紹子さんっていう
ブロガーがいるんですけど…。

これです。
「森と生きる-自給自足のススメ」

(亜美)
絵美里様は 都会セレブ女子。

紹子さんは
自然を愛するナチュラリスト

どちらの生き方が幸せか
いつも 争ってるんですけど…。

この記事。

(呂太)「丹後猟友会天郷村支部
射撃大会」

あっ これもライフル銃だね。

天郷村…。
彼女も この村の住人…。

♬~

(風丘早月)はい。
射入口が 直径 約9ミリ。

射出口が 直径 約13ミリ。

左前胸部から左後胸部へ
抜けている。

被害者は 真正面から撃たれた…。

♬~

♬~

(カメラのシャッター音)

♬~

(土門 薫)奥様は
人気ブロガーだったそうですね。

(三島航一郎)ええ。

よく ここに座って
ブログのネタ探しを…。

(蒲原)失礼ですが ご夫婦仲は?

(三島)もちろん 円満でしたよ。

では ご存じではないですか?

奥様が なぜ
天郷村に1人で行ったのか。

そういえば
知り合いに会うとか…。

知り合い?

木の下に落ちていた銃弾から
採取した血液が

三島絵美里さんのものと
一致しました。

(亜美)という事は
絵美里様の体を貫通した弾で

間違いないって事ですね。

弾の素材は 銅。

凶器は 308口径のライフル銃。

ちゃんと線条痕が残ってたよ。

でも
データベースと照合した結果

銃に前歴はなかった。

(宇佐見裕也)その銃弾に
こんなものが付着していました。

緑色の繊維。
素材はナイロンでした。

被害者の着衣 持ち物と
照合してみましたが

どれも一致しませんでした。

じゃあ
犯人の遺留物かもしれないわね。

(蒲原)失礼します。
(日野和正)あっ…。

夫の三島航一郎の話によれば

三島絵美里は ブログ仲間に
会いに行くと言っていたそうです。

(日野)ブログ仲間って?

例の沢田紹子さんです。

(亜美)仲間っていうより
ライバルじゃないですか?

例えば これ ナチュラリスト紹子さんの
とある日の記事。

「お金では買えないもの」

(呂太)「都会で
消費するだけの暮らしは

もういらない」

「自分で生み出す暮らしに
シフトしよう」

(亜美)その当日
絵美里様が こんな記事を…。

(宇佐見)「意識高い系(笑)」

「意識高い系って可哀想」

「お金で買えないもの
いつも探してる」

「庶民が生産したものを
消費するのはセレブの特権」

そしたら 次に紹子さんが
こんな写真を。

「私というブランド」

(蒲原)自分に自信がないから
ブランド品で固めてるんだって

絵美里さんの事を
ディスってるんです。

(日野)「ディスってる」って
何? それ。

(蒲原)否定するって事です。
(亜美)あっ! そういえば

絵美里様のブログに
こんな記事が…。

「緊急告知!」

「とうとう
ナチュラリストと初対面!」

(呂太)「Xデイは 11月3日」

「衝撃発表を
楽しみにしていてね~☆」

ん? 11月3日って 今日だよね?

(亜美)絵美里様は
紹子さんに会いに行って

撃ち殺されたのかも…。

(亜美)あれ~?
ここら辺だと思ったんですけど。

(亜美)すみません!

(星野信雄)
あんたら 警察の人だよね?

まさか 俺たち疑ってるの?

星野村長ですよね?

どうして
そう思われるんですか?

街の奴らが噂してるのを
こいつが聞いちまったんだ。

(赤崎省吾)この村は 害獣駆除で

ライフルを持ってる村人が
多いから

気をつけたほうがいいって。

ところで 沢田紹子さんの家って
どこですか?

雑草の中に野菜…?

(沢田紹子)ちょうどよかった。

そっちから 1枚 撮ってくれる?

なるほど。
雑草の根が土を耕して

直射日光からの防波堤にも
なるんですね。

あなたは…?

私 榊マリコといいます。
京都府警科捜研の。

科捜研…。

じゃあ…。

お願いします。
はい。

はい チーズ。

(カメラのシャッター音)

おっしゃるとおり
雑草は土壌を改良してくれる。

あえて共存する事で
おいしい野菜ができるんです。

ありがとうございます。
(亜美)マリコさん 足 速っ…。

あの… 沢田紹子さんですね?

三島絵美里さんをご存じですね?
ええ まあ…。

(亜美)うわ~!
これがナチュラリストのお家か。

(呂太)昔話の世界に来たみたい!

これは?

(紹子)飲み水 兼 生活用水
毎朝 上の沢から汲んでくるの。

洗濯機もないから
洗う時は これで。

なるべく電気は使わないように。

へえ~!
(亜美)でも 不便で大変そう。

そこがいいんじゃない。

確かに 都会は便利よ。
なんでも手に入る。

でも それって
本当の豊かさとは違うなって

ずっと思ってたの。

そんな時… 4年前だったかな?
この村と出会っちゃって。

(紹子)よかったら どうぞ。
(呂太)うわ~!

(紹子)私が作ったクッキーです。

オーガニックの米粉
使ってるんです。

土門さん 食べないの?

いや 俺はいい。

も~らい!

沢田さん。
あなたと三島絵美里さんは

ブログで
トップ争いをしていたそうですね。

ええ…。

絵美里さんのブログに
こんな記事がありました。

昨日 絵美里さん
ここに来たんですね。

この「衝撃発表」というのは
なんですか?

絵美里とは
昔から こんな感じなんです。

昔から?

私たち 同じ航空会社の
CAだったんです。

絵美里とは同期入社で。

昨日は ブログの事で
相談があるからって…。

(絵美里)このままじゃ駄目。

紹子も私も
飽きられると思うのよね。

だから 私と手を組むって事?

いったん休戦。 仲良くなろ?

そうだなあ…
例えば こういうのはどう?

私が 紹子の生活を紹介する。

紹子が 私の生活を紹介する。

フォロワーたち
きっと みんな驚くわよ。

衝撃発表って
多分 その事じゃないかな。

でも 私 興味がないからって
断っちゃったんです。

そしたら 怒っちゃったのかな…。

お昼頃には帰りましたよ。

そのあと あなたは?

庭で ずっと畑仕事を。

念のため あなたのライフルを

鑑定させてもらっても
いいですか?

♬~

(紹子)ライフルは ここに。

(戸の開く音)

畑を害獣から守るためです。
なので たまにしか…。

(紹子)なくなってる…!

ないって…。
最後に確認したのは?

えーっと…。

確か 1カ月ぐらい前
射撃大会があって…。

もしかしたら その間に
盗まれたのかもしれません!

ここを調べさせてもらいます。

お願い。
うん。

(日野)
紹子さんの家のガンロッカー

鍵からは 紹子さん以外の指紋は
検出できなかったよ。

やっぱり…。 大体 盗まれたなんて
怪しすぎると思ってたんですよ。

じゃあ 亜美さんは

紹子さんが
絵美里さんを殺したって言うの?

うん。 線条痕でバレるのを恐れて

銃を どこかに隠したんじゃない?

でも 硝煙反応は
出なかったんだよね?

ええ。
硝煙反応は

きれいに洗えば
落ちるからね。

でも 自然を愛する紹子さんが
山を血で染めるような事するかな。

あれ? 呂太くん
やけに紹子さんの肩持つけど

まさか 紹子さんブログに
はまってる?

うん。
すっごい いい事 書いてたよ。

あっ 例えば… これ見て。

(呂太)「雪の下のほうれん草」

「積もっていた雪が溶けて
ほうれん草が顔を出した」

「この子たちは 寒い中

凍らないようにじっと耐えて
甘くなっていく」

「人もきっと同じ」

「辛いことを乗り越えた時
人はもっと優しくなれる」

(日野)いい事 言うじゃない。

でしょ?
「いいね」押しちゃった!

(亜美)「僕 ロタ」

「僕もほうれん草になりたい」

…って いつの間にか
コメントしてるし。

それにしても
絶賛コメントばっかり。

批判的な書き込みとか ないの?

(呂太)あっ… そんな人 現れたら
ジローさんが黙ってないよ!

ジローさん?
あっ… うん。

この人。

(宇佐見)
「素敵な記事をありがとう」

「元気もらいました!」

「困ったことがあったら
駆け付けます!」

紹子さんの
ネット上の用心棒みたいな人だよ。

それ 紹子さんの手作りの?

うん。 土門さんが
いらないって言うから

もらってきちゃった~。

なんだよ…。
(蒲原)失礼します。

沢田紹子と
三島絵美里との関係ですが

単なる元同僚じゃない事が
わかりました。

どういう事?

2人の退職の時期が
重なっているのが気になって

元同僚から話を聞いたんです。

(蒲原)沢田紹子さんは
三島絵美里さんの夫の

元婚約者だったんですか?

だから てっきり
紹子と結婚するのかと…。

失礼します。

(蒲原)では なぜ 絵美里さんと?

彼のステータスを知った絵美里が
紹子から奪ったのよ。

(亜美)さすが絵美里様。

2人が結婚したのが 4年前。

沢田紹子さんが
天郷村に移住したのも4年前。

移住の本当の理由は

婚約者を 三島絵美里さんに
奪われたから…。

(日野)
もしかしたら 絵美里さんを

殺したいほど
憎んでいたのかもしれないね。

(蒲原)はい… わかりました。

星野村長から
連絡あったそうです。

農作物の出荷に
影響が出始めたみたいで

自分たちの銃を
任意で提出するから

調べてくれって。
わかったわ。

あなた方だったら 我々の潔白を

きちっと証明してくださると
聞きました。

どうぞよろしくお願いします。

同じ銃で撃った弾には
皆 同じ跡が付いています。

線条痕。 いわば 銃の指紋です。

犯行に使われた弾と比べて
一致しなければ

その銃の潔白は証明されます。

お預かりします。

♬~

(銃声)

♬~

お願いね。
(亜美)はい。

♬~

お返しします。 はい。

(銃声)

♬~

全て 犯行に使われたものと
一致しませんでした。

いやあ これで この村の疑いは
晴れたって事ですな。

ハハッ…。 よかったな。

いえ… まだ2丁 残っています。

(星野)えっ?
(赤崎)2丁?

一つは 盗まれた紹子さんの銃。

もう一人 銃を提出していない人が
いますよね?

えーっと… 「恩田」…。

(星野)ああ… 源さんか!

あっ… えっと… あっ これ。

人間嫌いの変人。

♬~

この人の家 教えてください。

(蒲原)すいません。

いました。

(蒲原)恩田源次郎さんですね?

あの… それ
308口径のライフルですね。

♬~

恩田さん ちょっと
見せてもらってもいいですか?

(恩田源次郎)断る。

令状ないんだろ? 帰れ。

(紹子)源さん! 畑の大根
もらっていっていい…?

沢田さん…。

大根の合図は?

葉が横に広がったのが
収穫の合図。

なら よし。

恩田さんと仲いいんですね。

(紹子)そう見えます?

村の人が言ってました。
源さんは人間嫌いだって。

でも あなたには
そんな感じじゃなかった。

一体 お二人は
どんな関係なんですか?

うーん…。

たまに
畑 手伝ってるだけですよ。

よいしょ…!

ああっ…。
(2人)フフフフ…。

すごい大根!
本当 すごい!

マリコさん… でしたよね?

どうぞ。 甘くて おいしいんです。

私 料理はしないんで。

沢田さん ちょっといいですか?

あなたは 4年前 絵美里さんに
婚約者を奪われたそうですね。

(紹子)ここに移住を決めたのも

あの2人とは 全く別の世界に
行きたかったからです。

でも そのおかげで
今の この生活がある。

「辛いことを乗り越えた時
人はもっと優しくなれる」。

ブログ 読んでくれたんですね。
少しだけ。

自分で愛情を込めて作った野菜を
自分で収穫する。

それをブログにアップすると
みんなが喜んでくれる。

やっと見つけた
私の居場所なんです。

居場所?

マリコさん
あなたにもありませんか?

ここにいれば自分が輝ける
って思える場所。

さあ…。
考えた事もありませんでした。

へえ… そうなんですね。

♬~

私の居場所は ここです。

だから 4年も前の事で
絵美里を殺したりなんかしません。

♬~

(蒲原)居場所か…。

なんか 言いくるめられちゃった
感じですね。

(ため息)

♬~

(携帯電話の振動音)

はい 蒲原。

えっ? わかりました。

どうかした?

沢田紹子所有のライフル銃が
見つかったそうです。

(亜美)犬を散歩させていた
星野村長が見つけたそうです。

(星野)おっ… ポンタ!

コラコラ コラコラ…。
(鳴き声)

♬~

持ち帰って 鑑定してみましょう。
(呂太)うん。

♬~

(銃声)

♬~

犯行に使用された銃弾の
線条痕が

このライフルと一致したよ。

凶器は
沢田紹子さん所有のライフル。

この銃からは
紹子さんの指紋しか出なかったよ。

三者
手袋をした手で撃った可能性は?

いや… もし そうだったら

銃を撃った反動で

引き金に付着していた
紹子さんの指紋が不鮮明になる。

つまり 最後に引き金を引いたのは
紹子さん?

紹子さんが犯人だって事になるね。

「最後に銃を撃ったのは
あなただという結果が出た」

「これを どう説明しますか?」

確かに あの日
私は銃を撃ちました。

うん。

あの日 本当は…。

私が 紹子の生活を紹介する。

紹子が 私の生活を紹介する。

きっと
フォロワーたち みんな驚くわよ。

悪いけど
私 そういうのに興味ないから。

紹子。

このまま ずっと

自給自足のカリスマで
いられるとでも思ってるの?

フォロワーはね 飽きやすいの。

目新しいブログが出てきたら
すぐに そっちに移る。

このままだと
誰にも相手にされなくなるわよ。

そうだ! 紹子って
猟銃免許 持ってるんだよね?

害獣 撃つとこ 撮らせて。

(紹子の声)言われるがままに
山に行きました。

でも
私が撃ったのは絵美里じゃない。

じゃあ 何を撃ったって言うんだ?

それは…。
答えられませんか?

それは あなたが撃ったのが
三島絵美里だからですね?

そして 彼女のスマホには
殺人の証拠が残っていた。

だから 持ち帰った。 違いますか?

紹子さん なんにも
話さなくなっちゃったんだって?

ええ。

(呂太)撃ったのに
殺してないって…。

犯行を認めたようなものですね。

でも もし 彼女の言っている事が
本当だとしたら…。

(宇佐見)だとしたら

なんで 最後まで
説明しないんでしょうか?

(日野)全てを話してしまったら
何かを失ってしまう… とか。

(紹子)やっと見つけた
私の居場所なんです。

(呂太)うーん…。

絵美里さんのスマホが見つかれば
いろいろと はっきりするのにね。

(早月)まいど!
(呂太)あっ!

お取り寄せスイーツ 1番人気
シュークロ。

(亜美)えーっ! やった!
(早月)マリコさんには

解剖鑑定書。
ありがとうございます。

(呂太)早く 早く 早く。
(宇佐見)おっ。

(早月)あっ!
それ サンタージュでしょ?

お取り寄せスイーツ 2番人気の
米粉のクッキー。

うちも よく買う。

ううん
これ 紹子さんの手作りだよ。

えっ? 紹子さんって
例の あのナチュラリストの?

(呂太)うん。

ふーん… えっ でも なんか
よく似てるけど…?

ほら。
おっ…。

見て。

(宇佐見)確かに似てますね…。

♬~

(紹子)源さん! 畑の大根
もらっていっていい…?

♬~

呂太くん
そのクッキー食べないで。

ええっ…?

♬~

はい。 これ お願いします。
はい。

♬~

やっぱり…。

三島絵美里さんが
あなたの家を訪ねた

本当の理由がわかりました。
本当の理由?

絵美里さんは
あなたの嘘を暴きに来たんですね。

何を言ってるんですか?

右が あなたの手作りクッキー。

左が
ネットで売られているクッキー。

この2つの材料と成分構成
全てが一致しました。

あなたは ネットでお取り寄せした
クッキーを

手作りだって嘘をついたんですね。

ああ… 多分 昔 注文したものを
間違えて出してしまったんですね。

では これは?

あなたのブログには
畑の写真が何枚も載っています。

でも
本当に あなたの畑を写したのは

私が撮った この1枚だけ。

画像を解析した結果
他の畑の写真は 全部

恩田さんの畑で撮ったものだ
という事がわかりました。

あなたは 恩田さんの畑の野菜を

自分で作ったかのように偽って
ブログに載せていたんですね。

私の畑だって
ちゃんと 野菜はあります!

雑草が違うんです。
えっ…?

恩田さんの畑に生えている雑草は

ハコベホトケノザ

しかし
あなたの畑に生えているのは

スギナやイヌタデ

スギナやイヌタデ
優先的に生える土壌は

かなりの酸性に傾いています。

そんな不毛な土で

リン酸を必要とし

アルカリ性を好む
ほうれん草が

こんな濃い緑色になる事は
ないんです。

まさか…。

絵美里さんが訪ねてくると知った
あなたは

自給自足生活をしていると
思わせるために

恩田さんから もらった野菜を

ここに植え直したんですね。

(亜美)そして 極め付きは これ。

ブログのIPアドレス
わかりました。

駄目ですよ

自給自足のカリスマが
ネットカフェで寝泊まりしてちゃ。

顔認証の結果
あなたと一致しました。

あなたの自給自足生活は
全部 嘘だったんですね。

そうよ。 あの家は私の仕事場。

撮影スタジオみたいなものだった。

その中で 私は
自給自足のカリスマを演じてたの。

なぜ そんな馬鹿な事を?

それは このブログが

あなたの たった一つの
居場所だったからですね。

わかったような事 言わないで!

自分の居場所を
必死に探した事もないくせに!

マリコさん。

あなたが 自分の居場所を
探さなくてもいいのは

すでに輝いてるからよ。

私は絵美里に全てを奪われた。

セレブな生活も
社長夫人になる未来も

そして 愛する人も…。

そんな時 天郷村の事を知った。

本当の豊かさは お金じゃないって
言いきれる この世界。

ここなら 私だって勝負できる
そう思った。

でも 実際は
そんな甘い世界ではなかった。

そうよ。

(紹子の声)朝は早いし
毎日が雑草や虫との戦い…。

野菜作りなんて
もっと簡単だと思ってた。

でも
向いてないって気づいた時には

すでに たくさんのフォロワーが
私を応援してくれてた。

だから 何も知らない源さんに
うまく取り入って

利用したの。

わあっ! 源さん 立派な大根!
だろ?

写真撮らせてもらってもいい?
ああ いいよ。

(シャッター音)

(土門の声)三島絵美里は

そんな あなたの嘘を
動画に撮ろうとした。

だから 彼女を撃ち殺し
スマホを持ち去った。

そうじゃありません!
あの日は…。

(紹子)言っとくけど 害獣なんて
そう出るもんじゃないのよ。

(絵美里)じゃあ あれ撃ってよ。

私は今 ナチュラリスト
紹子さんの所へ来ています。

なんと 紹子さんは
猟銃免許も持ってるんですよ。

その腕を披露してもらいましょう。

さて 紹子さんは
撃てるんでしょうか?

馬鹿にしないで。

(銃声)

あっ!
さすが 元クレー射撃同好会。

様には なってます。
命中はしたんでしょうか?

(絵美里)あっ… 命中してます!

せっかくだから
中を見てみましょう。

(絵美里)あれ?
何か入ってますよ。

お待ちかね 衝撃発表の時間です。

(絵美里)あれ?
紹子さんの畑に野菜がない?

(絵美里)ああ…
他人の畑で写真撮ってますね。

(絵美里)あっ…
これは ネットカフェ?

本当のお家は ここかな?

(絵美里)紹子さんを
自給自足のカリスマだと思ってた

フォロワーの皆様。

紹子さんは偽者でした!

最低!

ちょっと 何するのよ!

(絵美里)うっ…。

痛っ…。

♬~

(紹子の声)
銃を忘れたのを思い出して…。

♬~

(紹子の声)捜したけど
銃は どこにもなくて…。

♬~

(紹子の声)
自分が疑われると思ったら

怖くなった。

♬~

(紹子の声)私…。

ブログで初めて
人に褒められたんです。

「すごいね」 「かっこいいね」って。

だから

どうしても
失いたくなかったんです。

絵美里さんのスマホ
今 どこに?

(絵美里の声)「紹子さんを
自給自足のカリスマだと思ってた…」

(呂太)紹子さん 絵美里さんに
こんな意地悪されてたんだね。

でも このバッグ用意したのって
本当に絵美里様?

亜美くん どういう事?

だって ダサすぎません?

おしゃれな絵美里様が用意した
ものとは思えないんですけど。

そういえば
このバッグ 緑色ですね。

(宇佐見の声)銃弾に付着していた
繊維も緑色…。

ひょっとして
こうは考えられない?

誰かが 沢田紹子さんに
罪を着せようとした。

そのためには

紹子さんが銃で撃った弾が
必要だった。

それで このバッグを撃つように
仕組んだんだとしたら…。

見て。
(操作音)

弾が
バッグを貫通していないでしょ?

(呂太)あっ…!
バッグの中に何か仕込んで

弾を
回収できるようにしたって事?

ええ。

それで 自分の銃を使って
絵美里さんを殺害したあと…。

紹子さんの銃で撃った弾に
血を付けて 現場に残した。

でも マリコくんの
言うとおりだったとして

どうやって それを証明する?

絵美里さんを撃った本物の銃弾は
体内を貫通していました。

それが まだ 現場周辺に
残っているかもしれないわ。

♬~

(感知音)
えっ? あっ…。

(感知音)

♬~

(感知音)

♬~

これで
犯人がわかるかもしれない。

まさか 犯人が

堂々と 自分の銃を鑑定させるとは
思いませんでしたよ。

三島絵美里さんを撃った
本物の銃弾が見つかりました。

あなたのライフルの線条痕と
一致しました。

赤崎省吾さん

あなた 絵美里さんと
男女の仲だったそうですね。

絵美里さんのブログの写真に
あなたが映り込んでいました。

沢田紹子に罪をなすりつけ

三島絵美里を殺したのは
お前だな?

うっ…。

うわっ! ううっ…!

ううっ ううっ ううっ…!

きっかけは
あの女のブログでした。

(赤崎の声)
「絵美里さん 今日もお美しい」

「うちの村の紹子とは大違い」

(携帯電話の着信音)

(絵美里の声)「もしかして
天郷村に住んでるの?」

「今度会えない?」

(赤崎の声)それから 旦那に隠れて
付き合うようになって…。

だけど ある日 突然

「もう終わりにしたい」って
言い出したんです。

もう終わりにしましょう。
どうして?

あんた 馬鹿?

なんで 私が

あんたみたいな冴えない男と
付き合ったか わかる?

紹子の嘘を暴いてくれると
思ったからよ!

俺の事 利用したって事?

私は ブログナンバー1の座を
紹子なんかに奪われたくないの。

それもわからないなんて
本当 使えない。

ちょっと… 待って。
あああ… うっ…。

(土門の声)それで

沢田紹子の嘘を暴いてやると
三島絵美里を誘い出したのか?

はい。

あの女
私の計画に乗ってきました。

(絵美里)すごい…。

これを中に入れておく。

最高!

お前は
三島絵美里の虚栄心を利用して

沢田紹子に銃を撃たせ

その弾をトリックに使う事を
思いついた。

弾道ゼラチン 知ってますよね?

あとで弾を回収できるように

あれをバッグの中に
仕込んでおいたんです。

(銃声)

何するのよ!

(絵美里)うっ…。

♬~

(絵美里)何やってるのよ!

早く追いかけて
スマホ 取り返してきてよ!

お前 馬鹿?

えっ?

俺に利用されてるのも
わからないなんて…!

(銃声)

(赤崎の声)私の弾は あとで
回収するはずだったんですけど

捜しても見つかりませんでした。

でも 沢田紹子の弾と銃が
現場から発見されれば

それで
うまくいくと思ったんです。

じゃあ お前は なぜ
彼女の銃を埋めたりしたんだ?

私じゃないですよ。

あいつ 余計な事しやがって…。

あいつ?

あなただったんですね。

(恩田)なんの事だ?

犯人の赤崎省吾が
全てを見ていました。

♬~

(土門の声)あなたは

沢田紹子さんが
被害者を殺したと思い込み

紹子さんの銃を山に埋めた。

…ああ。

どうして そんな事…。

恩田源次郎さん。

あなたが
ジローさんだったんですね。

えっ…?

ジローさんのコメントが

あなたのスマホから
発信されている事がわかりました。

あなたは 全部 知ってたんですね。

紹子さんの自給自足が
嘘である事も

自分が利用されている事も…。

なのに 気づかないふりをして

ずっと ブログで応援していたのは
なぜですか?

(ため息)

わしの人生 ずっと
野菜の事しか頭になかった。

それで 女房も出て行った。

ある日
何もかも嫌になっちまってな…。

(恩田の声)そんな時
あいつのブログを見たんだ。

(紹子の声)
「積もっていた雪が溶けて

ほうれん草が顔を出した」

「この子たちは 寒い中
凍らないようにじっと耐えて

甘くなっていく」

「人もきっと同じ」

「辛いことを乗り越えた時
人はもっと優しくなれる」

(恩田の声)
もう少しだけ頑張ってみよう。

そう思った。

源さん…。

それからは

お前のブログを見るのが
楽しみになった。

わしの生き方も
まんざらじゃねえ。

そう思えるようになったんだ。

(恩田)お前は
偽者なんかじゃない。

♬~

♬~

♬~

紹子さん ブログで
今までの嘘を告白したらしいの。

ああ。 非難のコメントが
殺到してるそうだ。

私は 彼女から
居場所を取り上げたのね…。

多くの人間が

自分の居場所を見つけるために
必死に もがいている。

だが もがいてきた人間は強い。

「辛いことを乗り越えた時
人はもっと優しくなれる」。

うん。
だから きっと 彼女は大丈夫だ。

♬~

暴力では 何も解決しません!
(早月)放して…。

番匠谷紗衣さんが歌う番組主題歌
『ここにある光』のCDを

抽選で50名様にプレゼントします。

番組公式ホームページより
ご応募ください。

(2人)待ってまーす!

(矢吹晶子)
あの鬼嫁に殺されたんです!

解剖に回してください。
(矢吹真由)解剖なんてさせない。

(早月)あなた おかしいわよ。

(日野)わざと脳梗塞を起こさせて
殺すなんて できないでしょ。

それを解剖で証明させてください。

俺がいなくても大丈夫そうだな。