ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

僕とシッポと神楽坂 第8話 最終回 広末涼子、眞島秀和、山下容莉枝… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『僕とシッポと神楽坂 #8』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. タロウ
  2. 堀川
  3. 大地
  4. 蔦子
  5. 先生
  6. 吠える
  7. トキワ
  8. 鳴き
  9. 徳丸
  10. お父さん

f:id:dramalog:20181201091701p:plain

『僕とシッポと神楽坂 #8』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

[終]僕とシッポと神楽坂 #8[字]

ついに最終回!!行方不明のトキワの夫が見つかったと連絡が入る。達也にもアメリカの大学から誘いが…。平穏な毎日に変化が起こり始める…達也とトキワが出す答えとは?

詳細情報
◇番組内容
トキワ(広末涼子)のもとに、夫の佑(眞島秀和)と見られる日本人男性が南米で見つかったと連絡が入る。神楽坂界隈は、その話題で持ちきりになる。しかし、衝撃の真実が明らかになり、トキワは大きなショックを受ける。達也(相葉雅紀)にも、大地(矢村央希)にも言い出せず、今後のことを考えて不安になるトキワだったが…?そんな中、病院に認知症を患った犬が迷い込んでくる。飼い主の蔦子がその犬を迎えにくるが…
◇出演者
相葉雅紀広末涼子趣里小瀧望(ジャニーズWEST)、渚(尼神インター)、矢柴俊博、矢村央希、アトム、ミーちゃん、眞島秀和大倉孝二村上淳かとうかず子イッセー尾形
【ゲスト】山下容莉枝
◇原作
たらさわみち『僕とシッポと神楽坂』(officeYOU 集英社クリエイティブ)
◇脚本
谷口純一郎
◇監督
深川栄洋
◇主題歌
嵐『君のうた』(ジェイ・ストーム
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子テレビ朝日
【プロデューサー】都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/
☆Twitter
 https://twitter.com/shippo_daikichi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/shippo_daikichi/

 


(男性)「こちら 外務省です」

(加瀬トキワ)えっ…?

「行方不明だったご主人が
見つかりました」

(加瀬大地)母ちゃん どうかした?

(すず芽)ええっ!?
トキワさんも参加するんですか?

(高円寺達也)大地と僕もね。
だから よろしくね。

(すず芽)嫌です。 断固反対です!

(高円寺貴子)
すず芽ちゃん 行きましょうよ。

老いては子に従え。
牛に引かれて善光寺

みんなでイカダ作りましょう!

母さんもイカダ作るの?
(貴子)行くわよ。

トキワさん 来るんでしょ?
きれいな人なんでしょうねえ。

(すず芽)大した事ないですよ。
私のほうが若いし。

(まめ福)やったん?

…えっ?

やったんか?

(オギの鳴き声)

(ダイキチの鳴き声)

(すず芽)もしかして… まだ?
(貴子)やだ。

イカダ作ってる場合じゃないやろ。
うるさいなあ。

ああ… おはようございます。
(女性)おはようございます。

(徳丸善次郎)〈現代の日本では

今や 動物たちは

ペットというより 家族そのもの〉

〈これは そんな彼らの大切な命を
守るために頑張っている

若き獣医師と

その仲間たちの物語である〉

♬~

続いては 7年前から
行方不明になっていた男性が

発見されたニュースです。

発見された男性は
当時35歳だった

獣医師の
加瀬佑さんです。

先月 関東獣医師協会が

アルゼンチンのイシャール村に
獣医師を派遣した際

現地に
加瀬さんと似た人がいると…。

おはようございます。
今 ちょっといいですか?

「どうしました?」

今日 病院を
お休みさせて頂きたいんです。

えっ? なんかありましたか?

「実は 今 外務省に来てて…」

外務省…?

「昨日の夜
主人が見つかったって連絡が…」

「これから
詳しい話を聞いてきます」

♬~

…わかりました。

♬~

発見された日本人は
間違いなく 加瀬佑さんでした。

(加瀬美津子)はあ…!
(加瀬正敏)ああ…!

(職員)
今は ブエノスアイレスの病院で

健康チェックのために
入院しています。

すぐに 現地に
職員を向かわせますが

奥様もご同行されますよね?

小学生の子供がおりますので
私と妻が。

(美津子)はい。
明日にでも出発します。

(職員)
では そのように手配致します。

(ゲン)朝のニュース見て
もう びっくりしたよ。

(堀川広樹)僕もびっくりしすぎて

ベッドから
転げ落ちそうになりましたもん。

結局 そのまま
二度寝しちゃいましたけど。

ちょっと堀川くん! 保定して!

(男性)俺なんかさ
ペット飼ってないのに来たのに。

(堀川)あの ちょっ… ちょっと。
あの… 今日 いないんですよ。

ゆっくりしていってくださいよ~。
堀川くん!

あれ? あれ これ…
これ 中身 もしかして…?

これは梅花亭の ほら

福来猫もなか。
(男性)ちょっと ちょっと…。

(堀川)淹れてきますね。
(男性)あっ 悪いね!

堀川くん!
(堀川)はい! いますよ ここに。

保定して!
(堀川)なんですか?

いや… なんでもない。

(大地)ただいま!

(大地)母ちゃん おやつ何?

大地 ここに座って。

(大地)何? ティッシュなら
ズボンから出したよ。

洗濯機入れる前に。

いいから。

お父さんがね…。
お父さんが…?

見つかったの。

見つかった…?

無事だったの。

帰ってくる。

やった!

やった! やったー!

やった! やった! やった!
やった! やった!

やった… やった!
お父さんが帰ってくる!

やった! やったー!

やった! 帰ってくるんだ!
やった!

♬~

おはようございます。

おはようございます。

お休みさせて頂いて
ありがとうございました。

あっ いえ…。

主人が 日本に
1週間後に戻ってきます。

これから 今日も準備で…。

大丈夫ですよ。

大変な時ですから

電話で伝えてくれても
よかったんですよ。

ご主人 見つかって
本当によかったですね。

はい。

7年も待ってたんですから。

じゃあ 戻ります。

はい。

♬~

(ダイキチの鳴き声)

ダイキチ どうしたの?

(ダイキチの鳴き声)

ん? 庭が気になるの?

どうした?
(ダイキチの鳴き声)

(犬の鳴き声)
おおっ!

(足音)

(犬の鳴き声)

(鳴き声)

どうした?

どこから来たの?
(吠える声)

(吠える声)

(堀川)おっ! 一番乗りか。

よし。 今日は
回って入ってみようかな。

うおっ!
堀川くん。

先生! ひっどい顔ですよ。
そう?

また泊まったんですか?

いや… 昨日の夜さ
この子が来て…。

えっ この子 どうしたんですか?

迷子だと思う。

先生 絵 下手ですねえ。

ちっとも似てませんよ。
そうかな…?

ちょっと貸してください。

こうして… こうして…。

ほら! どうですか?

いや 僕のほうが
全然うまいと思うけど…。

はっきり言って
先生 絵 下手すぎです。

いや…。
どうせなら 写真にしましょう。

よし こっちだよ。 ほら。
(カメラのシャッター音)

堀川くん もっと早く言ってよ。
写真だ…。

(堀川)
先生 この子 様子が変ですね。

うん…。

♬~

(ドアベル)

(ドアの閉まる音)

あっ… こんにちは。

どうされました?

(井坂蔦子)うちの犬が

ご迷惑かけてると
思うんですけど…。

ああっ…!
ちょっと待っててください。

コオ先生! コオ先生!
早く来てください!

ちょっ… どうした どうした?
(堀川)早く 早く…!

何 何…?
(堀川)早く!

あのワンちゃんの飼い主さんです。

ああっ そうですか。
今 うちでお預かりしてます。

すぐ連れてきます。

見つかって よかったですね。
心配だったでしょう?

(蔦子)
これ どこに貼ったんですか?

あちこちですよ。

頑張って貼りました。

(蔦子)こういうの困るんです。

(堀川)えっ?

えっ… ちょっと待ってください。
何してるんですか!

頑張って作ったんですよ。
お待たせしました。

(蔦子)いくらですか?
えっ?

お金… いくらお支払いすれば
いいんでしょうか?

あっ いえいえ…
そんな 結構です。

(蔦子)いや でも…。

あの… お住まいは
どちらでしょうか?

(蔦子)えっ…?

よかったら お送りしますよ。

タロウくん おいくつですか?

(蔦子)15歳ぐらいです。

あの… 飼い始めた
きっかけというのは?

私の犬じゃないです。

母の犬です。

失礼ですけど お母様は?

寝たきりです。

だから 私が
1人でタロウの世話をしています。

タロウくん あの…

自分のお家がわからなくて
迷子になってました。

一度 大きい病院で
診てもらったほうが

いいかもしれません。
もう診てもらいました。

ナルタウンで。
認知症と診断されました。

自分の家だけじゃなくて

母の事も 私の事も覚えてない。

そうでしたか…。
大変でしたね。

夜中でも 朝方でも
時間に関係なく鳴き続けるから

近所からも苦情が…。

(物音)

認知症のシッポのお世話をする
ご家族の多くは

大変なストレスを抱えています。

井坂さん もし つらい時や
頼る人がいない時は

いつでも来てくださいね。

(蔦子)そんな 犬の事で
そんな余裕ないから。

あっ いえいえ… お金の事なら
全然 気にしないでください。

(蔦子の母親)蔦子ーっ!
もう… 痛いよ…!

もう 痛いよーっ!

(泣き声)

ありがとうございます。

でも 今日 会ったばっかりの方に
そこまで甘えられませんから。

(蔦子の母親)うう…
痛いんだよ… 蔦子…!

(徳丸)ねえ というわけでね

引退して
若い奴に譲っちゃったのさ。

いい奴なんだよ
この若い奴がまた。 ねえ。

会ってみようか。
(ドアの開く音)

はい 着いたよ。
おお…。 徳丸先生。

(徳丸)相変わらず
しょぼくれてんな お前。

大丈夫か? おい。
はい お土産。

どうしたんですか? 急に。
ん? これ あの 昔のなじみがさ

ちょっと面倒見てくれ
っつうんだよ。

だから ついでに お前に
健康診断してもらおうと思ってさ。

千葉のほうは大丈夫なんですか?
(徳丸)おう。

手伝ってくれる仲間が
いっぱい増えちゃってさ。

人徳だな。 しばらく厄介になるわ。

そうですか。
うん。

さあ コーヒー淹れようか。
よし 診よっか。

お前がさ。
えっ?

コーヒー。
…はい。

達也さ~ん お弁当ですよ~。

すず芽ちゃん。
あっ… タヌキじじい。

おっ ちょうど腹がすいたところ。
ありがとう。 いただきまーす。

おい 飯… 飯。
(堀川)はーい!

ちょっと ちょっと
勝手に持ってかないでよ!

達也さんに作ったの!

すず芽ちゃん いつもありがとね。

(徳丸)おい すず芽 お茶!
(舌打ち)

(堀川)おお~ いただきます。
(徳丸)うわあ いただきまーす。

(堀川)う~ん! これ すず芽さん
美味しいですね!

スーパーで買った冷凍食品に
味がそっくりです。

失礼な事 言わないでよ!
(名倉雅彦)確かに そっくりだな。

あれ?
(名倉)ラブも俺も腹減っちゃってさ。

ここ来れば
なんか食えるかなと思って。

また金欠?
達也~ ラブにも何か!

先生 今 俺が楽しみにしてたの
食べたんですね!

だと思って食べちゃった~。
ラブ ご飯にしようか。

(大沢頼子)1人で大丈夫なの?
何か 他に困ってる事ない?

昔 ここをやってた先生が
手伝ってくれてるから。

(頼子)そっか。

ただいま。
おかえり。

ねえ 母ちゃん。

お父さんが帰ってきたら
何したい?

(大地)俺は話したい。

話したい事
いっぱい いーっぱいあるんだよ。

(職員の声)現地の病院から
連絡が来ました。

(職員)ご主人は

日本にいた頃の事が
よくわかっていないようです。

わかっていない…?

(大地)母ちゃん どうしたの?

お父さんが帰ってくるの
嬉しくないの?

そんなわけないでしょ。

母ちゃんだって
話したい事 いっぱいあるよ。

大地が帰ってきても
手を洗わない事。

こうやって
ランドセル片付けない事。

それに宿題しない事。
あと明日の…。

ああ~! もう わかった。

今日から全部やる。 やりますよ!

(田代真一)
加瀬先生の生存がわかって

トキワさん 喜んでただろう?

どうなんだ?

はい。

当然だな。

私は…

加瀬先生とも
昔から親しいからな。

こんな事を思うのは
不謹慎極まりないが…。

もっと早く
トキワさんと再会していれば…。

もっと早く トキワさんに
思いを伝えていれば…。

トキワさんには
幸せになってほしいな。

(田代の声)この街はいいなあ。

石畳の路地… 横丁。

昔ながらの街並みも落ち着くし

あちらこちらにある坂道も

それをね
ゆっくり のんびり歩くのも

はあ… 最高に贅沢だ。

私みたいな 外から…。

わた…。
(すすり泣き)

私みたいな…
外から来た人間にも…

みんな… ううっ…
みんな優しいし…。

(泣き声)

はあ…。

よいしょ… よいしょ。

よいしょ。

私も 神楽坂に
引っ越してきたーい!

ハハ…。
あっ イテッ… ちょっと…。

大丈夫ですか?
駄目… 駄目だよ…。

駄目に決まってるだろ~…。

(タロウの吠える声)

(吠える声)

タロウ…!
(吠える声)

静かにして!

(蔦子の母親)蔦子~! 痛いよ~!
(吠える声)

タロウ…!
(吠える声)

(蔦子の母親のうめき声)
(タロウの吠える声)

(田代)すいません。
すっかり酔ってしまって

泊めて頂いて。
(貴子)いいんですよ。

うち いつも誰か来てるんだから。

田代先生って
優秀なんですってねえ。

いえいえ いえいえ…。
それに なんか

達也に比べると セクシー。

やめてくださいよ 貴子さん。
フフフフ…。

セクシー。
(貴子・田代)ハハハハ…。

達也さんのほうがセクシー。
ねえ~。

田代先生 恋人は
いらっしゃるんでしょうね?

ああ… それが今は
特定の恋人はいません。

(まめ福)じゃあ うちでどう?
(貴子)私なんか どうかしら?

早~い!
母さんも まめ福も やめてよ!

恥ずかしいから。
(貴子・田代)いいじゃないの。

(2人)ねえ。

ねえ~!

わしの朝ご飯はあるのかな?
(すず芽)出た。

ここに どうぞ。
おう。

(田代)昨日は すいません どうも。
(徳丸)おう。

おはようございます。
おう おはよう。

まあ 気兼ねなく過ごしなさいな。
(田代)はい。

(すず芽)誰の家よ。

(徳丸)ああ お母さん あのね…。

あの人って ここの家の人?

初めて来ました。
(田代)嘘!? それで あの態度?

すごいね。
(徳丸)シャケって なんか普通だね。

(貴子)すみません。
はい お味噌汁。

(徳丸)意表を突くさ…。
(すず芽)何?

朝から文句ばっかり。
(徳丸)ここに小さな鍋があって…。

(すず芽)鍋はないです 朝は!

佑さん…。

おかえりなさい。

お父さん 俺
絵 描いてきたんだ。

(大地)他にもあるよ。

(大地)ほら。

佑さん…

大地 こんなに大きくなったの。

♬~

(医師)ご主人は 完治が難しい。

一生 今の状態が続く事も
覚悟しておいてください。

現状を説明しますと…。

♬~

大丈夫? 大地。

母ちゃん…
あの人 本当にお父さんなの?

思ってたお父さんと違う…。

♬~

大地…。

お父さんは 今

事故のショックで
ちょっと忘れちゃってるだけだよ。

きっと思い出してくれる。

(大地のすすり泣き)

♬~

大丈夫。

母ちゃんがついてる。

(堀川)
コオ先生 お腹すきませんか?

ああ… そうだね。
お昼 買いに行こっか。

どうぞ。
えっ?

堀川くんが?
作りました。 食べてみてください。

ありがとう。

うわあ~! かわいいね。

へえ~。 ブタの親子だ。

(舌打ち)

オギとダイキチですよ!

いやいや…
ごめん ごめん ごめん。

あっ 本当だ。
(堀川)どこから見たら

ブタの親子に見えるんですか!
オギとダイキチにしか見えない!

美味しそう~!

味は いけると思うんですよ。

ああ… じゃあ いただきます。

うん! 美味しい!
よかった!

あの コオ先生。

僕 これから頑張ります。

徳丸先生みたいに
コオ先生を助けられるように。

堀川くんに
相談したい事があるんだ。

実は アメリカの獣医大

新しいプロジェクトが
立ち上がるんだ。

世界中から人材が集められて

分子生物学
遺伝子工学まで学べる。

もし 堀川くんさえ よかったら
推薦するけど。

いいチャンスだと思うよ。

本当ですか? 行きたいです。
お願いします!

うん わかった。
じゃあ 連絡しとくね。

ありがとうございます!

アメリカかあ…。

いや 僕
海外行った事ないんですよ。

すぐパスポート取らないと…。

(吠える声)

千葉に 徳丸先生が開いた
施設があります。

一度 タロウくんを そこに
預けてみてはいかがでしょうか?

(タロウの吠える声)

井坂さん
お疲れのようで心配です。

一度 ゆっくり考えてみては
いかがですか?

たかが犬の事で…
そんな贅沢できません。

いえいえ お金の事なら
気にしないでください。

(蔦子の母親)静かに…!

(蔦子)
せっかくですが お断りします。

(蔦子の母親)
静かにさせてよ! もう…。

これは 結婚したばっかりの頃。

ほら この公園に
よく散歩に行った。

大地がブランコから落ちた時は
びっくりしたでしょ?

これは 私たちが暮らしてた家。

これが 佑さんの
お気に入りのテーブルで…。

♬~

…写真は これくらいにしよっか。

置いておくから
見たくなったら見て。

♬~

(加瀬 佑)えっ?

♬~

お義父さん…。

少し いいかね?

大分?

(正敏)向こうに
いい病院があってね。

佑を そこへ転院させたら
どうだろう?

治る見込みが少ないなら

せめて
安らかに過ごせる場所のほうが…。

トキワさんは
こっちへ残っていいんだよ。

私と妻が一緒に行く。

向こうへ行ったら
仕事があるかもわからない。

一生を棒に振るかもしれない。

これからの人生は

君自身のために
生きてほしいんだ。

(すず芽)なんだ いたんだ!

大地くんの夕飯
作ってあげようと思ったのに!

あ… ありがとう。

(すず芽)旦那さんの具合は
どうなんですか?

うん 大地の夕飯作ったら
もう一回 病院に戻る。

ちょっ ちょっ ちょっ ちょっ…
ちょっと待った!

小さじ3杯って
言ったじゃないですか。

いいの いいの。
小さじ ないから。

ない?
小さじ ない家なんてあるの?

引っ越しの時になくしちゃって。
だから 大体で…。

大体!? お料理は
調味料の分量が命なんですよ。

計量カップはどこですか?

それも 引っ越しの時に…。
それも なくしたんですか!

じゃあ
買えばいいじゃないですか!

もったいないじゃない。
100均で買えますよ!

探せば この家のどこかにあるの!

謎は全て解けました。

トキワさん
それが あなたの敗因です。

負けた覚えはないですけど。

(すず芽)いいんですか?

達也さんに
さよならしちゃって。

本当は 達也さんの所に
いたいんでしょ?

だったら そうすればいいのに。

旦那さんだって 結局は
自分の好きな事するために

あなたと大地くんを
置いてったんじゃない。

人になんと言われようと
自分の生きたいように生きる。

みんな そうしてる。

こんな事 なんで私が…。

(タロウの吠える声)

(吠える声)

静かにして。 静かに…。
静かにして!

いい加減にしてくださいよ!

子供が受験なんです。
勉強に集中できなくて…。

(吠える声)

ごめんなさい。 本当に…。

(タロウの吠える声)

♬~(口笛)『椰子の実』

♬~(口笛)

♬~(口笛)

いい曲ね。

♬~(口笛)

♬~(口笛)

♬~(口笛)

♬~

(吠える声)

お母さん やめて…。

やめてーっ!!

(嗚咽)

(ブレーキ音)

(走行音)

♬~

♬~

コオ先生!

交通事故です。

詳しく診てみましょう。
手伝ってもらえますか?

はい。

タロウくんは 交通事故により
左大腿骨を骨折しています。

でも 幸い 腹部や胸部 頭部に
ダメージはなく

全身状態も安定していますので

今から骨折の整復手術をします。

私が… 目を離してる間に…
タロウが…。

♬~

もっと早くに
先生に頼ればよかった…。

私… 馬鹿でした。

タロウは悪くないのに…。

必死で
生きようとしてるだけなのに…。

お願いします。
タロウを助けてください…。

井坂さんの気持ちは
受け取りました。

頑張ります。

左大腿骨骨折の
整復手術を行います。

トキワさん お願いします。

お願いします。

♬~

らせん骨折です。
アライメントを整えます。

骨把持鉗子をください。
はい。

♬~

(鳴き声)

(鳴き声)

♬~

(心電図モニターの音)

心拍が弱くなっています。

アトロピンを
0.3シーシー 入れてください。

急ぎましょう。
はい。

タロウ 負けるな…。

家族が待ってるぞ。

家族の所に帰るんだ。

タロウ 頑張れ…。

タロウくんの手術 終わりました。

タロウくん
よく頑張ってくれましたよ。

井坂さん。

たとえ 記憶が消えたとしても…

ご家族と過ごした時間は
決して消えない。

一緒に過ごした日々は永遠です。

毎日の暮らしの中で

もし 思い出が消えてしまっても

また新しい思い出を作ればいい。

今日という日を積み重ねて…。

そして いつか

タロウくんが
天国に行ってしまっても

その思い出は
井坂さんの宝物になると思います。

♬~

タロウ…。

タロウ。

♬~

(蔦子)タロウ…。

タロウ…。

ごめんね。

僕は ずっと ここにいます。

いつでも来てください。

♬~

主人と大地と 大分に行きます。

向こうに いい病院があるんです。

そうですか…。

ここからは 少し遠いですね。

寂しくなります。

♬~

楽しかったです。

ここで働いてた時間は…

夢みたいで…。

きっと…

ずっと…

私の宝物です。

♬~

(すすり泣き)

トキワさん…。

笑って。

♬~

トキワさんは
笑顔のほうがいいです。

♬~

送ります。

♬~

♬~

じゃあ ここで。

はい。

♬~

ありがとうございました。

ありがとうございました。

(ドアベル)

(トキワの声)「洗剤は
倉庫右棚に在庫あります」

「白衣を洗濯するときは

必ず
ポケットに物が入っていないか

確認して下さい」

「処置台 油もれします
注意して下さい」

「注射針の在庫は
倉庫左にあります」

地域猫 マーブル
シニア 食欲低下」

「コオ先生 体に気をつけて
頑張って下さい」

「応援しています」

♬~

(嗚咽)

♬~

♬~

♬~(口笛)『椰子の実』

♬~(口笛)

♬~

(大地の声)「新しい家で
犬を飼い始めました」

「セラピードッグだよって
母ちゃんが教えてくれた」

「名前はオレが付けたんだ」

「チョーダイキチ」

フフ…。

(大地の声)「母ちゃんは
相変わらずガミガミうるさい」

「お父さんは変わらないけど

おじいちゃんとおばあちゃんは
元気です」

「コオ先生とダイキチは元気?」

元気だよな。

(鳴き声)

(ドアの開く音)

(女性)こんにちは。

こんにちは。 診察ですか?

♬~

こんにちは。

こんにちは。
かわいいねえ。

失礼します。

♬~

お願いします。
お願いします。

じゃあ 診察します。

大丈夫です。
よかったね。

じゃあ ワクチンを…。