ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

SUITS/スーツ 第8話 織田裕二、中島裕翔、新木優子… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『SUITS/スーツ #08【今夜ドラマ放送中にスペシャルサプライズ決行!!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 蟹江
  2. 美智瑠
  3. 原告
  4. 真琴
  5. 健斗
  6. 甲斐先生
  7. 砂里
  8. 弁護士
  9. 和解
  10. 烏丸建設

f:id:dramalog:20181126215536p:plain

『SUITS/スーツ #08【今夜ドラマ放送中にスペシャルサプライズ決行!!】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

SUITS/スーツ #08【今夜ドラマ放送中にスペシャルサプライズ決行!!】[字][多][デ]

最終章スタート!!今夜ドラマ内でスペシャルサプライズあり!!原告462人、前代未聞の集団訴訟!犯人は誰だ!?クビになるスパイ!そしてついにあの人とあの子が衝撃のキス!!

詳細情報
番組内容
甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だが、一審で東京地裁原告団の請求を棄却していた。
甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した
番組内容2
原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているといううわさもあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。
一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、
番組内容3
膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。
そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが…。
出演者
織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 磯村勇斗 今田美桜 / 國村隼 / 田島令子 小手伸也 鈴木保奈美
スタッフ
【原作】
『SUITS』NBC Universal製作 
【脚本】
小峯裕之 
【演出】
土方政人、石井祐介 
【音楽】
眞鍋昭大 
【主題歌】
B’z「WOLF」(VERMILLION RECORDS) 
【制作協力】
共同テレビジョン 
【制作著作】
フジテレビジョン

 


(大輔)おはよう。

(大輔)まだ 怒ってるよね?

(真琴)怒ってません。

言っとくけど
もう 替え玉は やってないから。

(真琴)素晴らしい弁明です。

過ぎたことだ。 もう 忘れろと。

ねえ… でも 君が怒るのって
ずるくない?

(真琴)ずるい?

だって 僕が 司法試験の替え玉
やってたって 知ったのは

君が
替え玉の依頼してきたからだろ?

反省はしてます。

バカなことを頼んだと。

でも やろうと思ってたのと
実際に やってたのじゃ

全然 違うと思います。
じゃあ 僕が止めなかったら?

内心じゃ 私のこと
バカにしてたんですよね?

勉強に付き合うふりをして

こんなの
自分じゃ簡単なのにって。

それ 被害妄想。

言っとくけど 僕は 別に… おっ。

(伽耶子)
2人とも 代表が お呼びです。

(アナウンサー)
大手建設会社 烏丸建設が…。

(ノック)
失礼します。

(真琴)失礼します。
(アナウンサー)集団訴訟について

東京地裁
請求棄却判決を言い渡しました。

(富永)え~ 当社のモットーは

「人と暮らしを
安全で支える」であり

安全性が
司法の場で証明されたことに

ほっとしております。

(蟹江)原告団
完全敗訴のようですが

この裁判が 何か?

(チカ)
原告は 控訴を決めたそうよ。

控訴審
うちが 引き受けることにした。

(甲斐の ため息)
(蟹江)負けが見えてる

戦いのようですが
何か たくらみでも?

(チカ)原告団は 総勢462人。

和解に持ち込んでも
20~30億は堅い案件よ。

うちが受けない理由が 何か?

(蟹江)つまり 何としても勝てと。

(指を鳴らす音)

この件は 甲斐先生が担当して。
でしょうね。

(チカ)鈴木先生 館山先生
それと 聖澤さんは

協力して 甲斐先生を
サポートしてちょうだい。

(健斗)はい。
(大輔・真琴)はい。

代表 私は何を?

(チカ)アソシエイト全員の手を
借りるわ。

その分 あなたは
通常業務を しっかり続けて。

私だけ 蚊帳の外ですか?

(甲斐)カニは 手足が10本ある。
1人で やれるだろ?

(蟹江)そのうち8本は 脚だ!

(蟹江の舌打ち)

(柳沢)あの家に住んでから 8年

今じゃ 私は
目まいと吐き気に 絶えず襲われ

家族と出掛けることすら
ままなりません。

実際に苦しんでいるのに

それが認められないなんて
悔しくて。

一審を担当された弁護士の方は?

(鈴子)先日
弁護士を廃業されました。

(健斗)廃業?
(柳沢)福原先生は

人情派で知られる先生でした。

今回も メディアに出演したりと

精力的に
活動いただいたのですが

裁判の直前に スキャンダルが。

スキャンダル?

(柳沢)10年前 示談金の一部を
不正に 懐に入れていたそうで。

それが 週刊誌に暴かれ
ネットで たたかれ

ついには 体を壊してしまって。

(美咲)一審の敗訴は
それが原因だといわれてて。

相手方の弁護士が
手を回したという 噂も。

10年前の話を 掘り起こすなんて。

(柳沢)手段を選ばないことで
有名な やり手の弁護士だそうで。

どこかの先生みたいですね。

そうだな。

ちなみに
その 相手方の弁護士というのは?

スタンリー法律事務所の
畠中 美智瑠という人です。

畠中 美智瑠?

(美智瑠)《鈴木先生

《先輩と お知り合いだったの?》
《先輩?》

甲斐先生。

代表が 俺を指名するわけだ。

畠中 美智瑠の
過去の裁判 調べろ。

それと?
一審の経緯。

烏丸建設が
過去に当事者となった訴訟。

会社の 評判 噂。 経営状況も。

全部 頭に たたき込んだら
呼んでくれ。

全部 集めるか。

手伝いますよ。

ホント?
仕事ですから。

(美智瑠)原告側は
控訴を決めたそうです。

今度 担当する 弁護士事務所は
少々 厄介かもしれません。

(富永)これ以上
訴訟を長引かせたくありません。

畠中先生 ここは 和解の方向で

進めていただければ…。
(バイブレーターの音)

顧問弁護士として 精いっぱい
やらせていただきます。

いったい
どんな脳みそ してんだか。

(健斗)あっ ちょっと ちょっと。

(健斗)ねえ あいつさ
何か 怪しいと思わない?

怪しい?
(健斗)前にさ

俺 あいつが 「ダイキ」って
呼ばれてるの 聞いたんだよね。

あいつの名前 大輔だろ?

あいつのこと
警戒した方がいいと思う。

絶対 何か隠してるって。

♬~

甲斐先生は? ここ?

(伽耶子)はい?

先輩。

驚きました?
まあな。

だが 一審の弁護士は
もっと驚いたんじゃないか?

君に 人生を変えられた。

先輩に教わったとおりに
やらせていただきました。

アポの取り方は 教えなかったか?

甲斐先生 お話が。

(チカ)事務所に送られてきた?

(美智瑠)
フリーメールから 匿名で。

そちらの事務所が作成された

今回の原告メンバーの
センシティブ情報を含む

リストです。

その資料は お返しします。
情報漏えいの事実も

口外するつもりは ありませんので
ご安心を。

君に 借りが できたのかな?

お気になさらず。

ただ 集団訴訟

弁護側のチームワークも
重要になります。

もし 誤送信ではなく
誰かが 意図的に…。

あっ 失礼。

出過ぎたことを。

(美智瑠)また 今度
ご一緒に野球観戦でも。

もう シーズンは終わってるよ。

(美智瑠)あら そうでしたね。

私たちの過去の対戦は?

2回 戦ったんじゃないか?
確か 俺の2勝0敗。

けど まだ 2ストライク。

3球目は どうなるか。

もちろん ストライクだ。

見逃しか 空振りか。

以前までの私とは 違います。

負けは
人を強くするっていうしな。

フフフ。
フッ…。

つまり 私に内部調査をしろと?

お願いしたいの。

(蟹江)分かりました。

しかし 情報漏えいとなりますと

この案件のリーダーの
甲斐の責任が 問われますな。

(チカ)この資料を格納していた
フォルダーに

アクセスできる人間は

これを作成していた
アソシエイトたちだけなの。

(蟹江)ということは
アソシエイトの中に犯人が?

(チカ)彼らの監督責任者は
あなた。 つまり

これは あなたの問題よ。

今 諸君は
情報漏えいを疑われている。

私にとっても心外だ。
疑いたくはない。

だから
犯人は 速やかに名乗り出ろ。

(蟹江)もちろん うっかり
誤送信した可能性もあるだろう。

弁明は 最大限 考慮しよう。

あっ それと

もし 犯人を見つけだした者は
すぐに 私に知らせてほしい。

その者には ボーナスと
特別な待遇を 約束しよう。

特別な待遇…。

(男性)ボーナス…。
(男性)幾らぐらいかな?

これは 忠誠心を試す試練だ。
分かるな?

ああ。 今 確認した。

急ぎにしちゃ上出来だ。

報酬は 弾むよ。

すいません。 遅れました。

もう 蟹江先生が 僕たちを…。

雑談するんだったら
コーヒー 入れるが?

畠中 美智瑠の 過去を
調べました。

彼女 「集団訴訟つぶし」と
呼ばれてるみたいで

2014年の小坂製薬薬害訴訟
2016年のJNKビル景観訴訟

共に 原告側が 訴えを取り下げ
問題解決に至ってます。

取り下げるって
どういうことですかね?

リングに上げなきゃ 負けはない。

彼女 甲斐先生の
まねしてるみたいですし

先生には
あの人の攻め方が 分かるんじゃ?

さあな。 原告代表 呼んでくれ。

どうするんです?
締め上げる。

はっ?

♬~

あなたは 以前に 大手スーパーを
相手取り 民事訴訟を起こしてる。

その理由は
え~ 売り場にあったワゴンに

腰をぶつけて
腰痛を引き起こした。

それが 何ですか?

結果は 敗訴。

当然だ。

あなたの腰痛は
以前から持ってた 単なる持病だ。

原告代表を名乗る
あなたの正体は

悪質な訴訟ごろだ。

(柳沢)はっ?

あなたのご主人は 2カ月前に
大手企業を自主退職してる。

その理由は パワーハラスメント

(柳沢)ちょっ…
ちょっと待ってくれ。

あんた 何なんだ?

うちらと被告の
どっちの味方なんですか?

相手の弁護士は
必ず ここを責めてきます。

矢面に立つ代表は
クリーンな人間の方がいいです。

でないと あなたたちも
廃業した弁護士のように

犠牲者となりかねません。

柳沢さん

あなたは 代表を降りてください。

水原さんは
何か やましい過去なんかは?

私は 特には ありません。

他に 代表に ふさわしい方は?
瀬川さんが

引き受けてくだされば
いいんですけど。

(鈴子)あっ…。
瀬川さん?

はい。
(鈴子)車椅子での生活を

余儀なくされた ご婦人です。

原告の中でも
被害の程度は 一番 重大かと。

行くぞ。
えっ 瀬川さんの家ですか?

どうして?
あいつなら そうする。

訴訟から降りる?
どうしてですか?

(悦子)
さっき いらっしゃった方が

「住宅の有害塗料が 原因なら

引きこもりの息子さんは とっくに
発症してますよね?」とか…。

(せき)

「ご主人が発症してないのは

浮気をして
家に帰らないからですか?」とか

ぶしつけな質問を。

その相手は 弁護士ですか?

いえ。 雑誌記者です。

私が抗議すると

「裁判になれば その辺りが
全て 公になりますよ」と。

脅迫か…。

これ 頂いても?

この記者を当たれ。

畠中に たどりつけば
脅迫の線で責められる。

裏で 記者を操ってる
ってことですか。

甲斐先生
こうなること読んでたんですね。

一足 遅けりゃ
読んでたとは言えない。

この名刺の人物は 偽者。
住所も でたらめでした。

畠中の 手持ちの駒ってわけか。

まさか このまま 原告たちを
次々に脅していくつもりなんじゃ。

接触を禁じる内容証明
送ってくれ。

(真琴)分かりました。
あとは どうします?

こっちも攻める。
攻める?

烏丸建設の財務状況を探り
相手の弱みを見つけて 攻め込む。

攻め込むって どうすれば…。

企業財務といえば?

あっ…。

カニのゆで方は 分かるか?

(健斗)お任せください。

(健斗)失礼します。
(蟹江)私も失礼しよう。

(健斗)はっ?

痛い!

なぜ
リークした犯人を 割り出せない?

毎日 机を突き合わせてる者同士

何か 異変に
気付くもんじゃないのか?

えっ?
(健斗)痛い痛い痛い… 痛いです。

痛くしている。
当たり前のことを言うな。

あの… 例のフォルダーに
アクセスした者の

ログを調べては どうでしょう?

そんなものは とっくに調べた。

該当する時間帯のログは
何者かによって削除されていた。

なら 復元させてみては?
(蟹江)復元?

システム管理部に
問い合わせれば

削除されたログを
復元できるかと。

君に 脳みそが付いてるとは
知らなかった。

よし 行っていいぞ。

(健斗)失礼します。

≪(物音)

(男性)あっ ごめん。

何か ぎすぎすしてるよね。

悪事を隠してる人に
心を許すことは できませんから。

それ 僕のこと言ってる?

どうだった?
(健斗)無理だった。

はっ?

(健斗)聞けなかった。

腕 折れたかも。

(蟹江)フフフフ…。

フフフフ…。

あの… 蟹江先生。
(蟹江)んっ?

お力を お借りしたいことが。
後で いっくらでも 手を貸そう。

何しろ 私は すこぶる機嫌がいい。
はい?

目下のミッションが
解決に至ったんでな。

OK ポニー。 みんなを集めろ。

何が始まるんです?

さあ。 俺にも よく…。

(蟹江)諸君

機密情報をリークした犯人は
ログを消去していた。

つまり うっかり者ではなく
しっかり者だった。

監督官としては 誇りに思う。

だが…。
(指を鳴らす音)

(蟹江)
消えたログの復元に成功した。

当該の時間帯 問題のフォルダーに
アクセスした人物は

たった1人だけだった。

とても残念だよ。

聖澤君。

(一同の ざわめき)

(蟹江)追って
正式な処分が下されるだろうが

ひとまず 停職とする。
(真琴)待ってください。

確かに アクセスしましたけど
それは 業務…。

また 連絡する。 帰りたまえ。

蟹江先生 それは…。

Get out now.

待ってよ! ねえ 待てって!
(真琴)放して!

せいせいするでしょ?

替え玉の秘密を知ってる人間が
いなくなって。

本気で言ってるのか?

誰も信じてくれなかった。

たかが ログ一つで

みんな
私を犯人だって決め付けた。

落ち着けって。
だったら お望みどおり

事務所を辞めます。

やけになったら駄目だ。

俺は 君を信じる。

(バイブレーターの音)

(真琴)出たら どうです?

(バイブレーターの音)

♬~

♬~

あっ…。 どうぞ。

(美智瑠)あ~。

これで 同点だ。

懐かしいな。

(美智瑠)甲斐先生に
散々 鍛えられましたからね。

お酒と一緒に。
フッ。

憧れだったんですよ 先輩のこと。

男性としても。

学生のとき
俺は ここで 君を口説こうとした。

でも 君は
電話番号すら教えなかった。

ああ… 安っぽい女に
思われたくなかったんですね。

安い誘いだと思われたわけだ。

原告たちは 病気で苦しんでる。

肺がんに 肺炎 重度のぜんそく

このまま 泣き寝入りさせるのか?

肺炎を発症させた 佐藤 鈴子さん。

彼女の両親は
ヘビースモーカーです。

三橋 保さんは ペットを飼い始めて
ぜんそくを患った。

時田 健一さんは お父さまと

おじいさまを
がんで亡くされている。

烏丸建設が使用していた塗料と
病気との因果関係は

立証不可能です。

だが その塗料が使われてた家に
明らかに 発病者が多い。

偶然じゃ片付けられない。

烏丸建設は 和解に応じてもいいと
言っています。

合計で 5億なら。

50億だ。

冗談を。

なら このまま
原告への脅迫を続けてくれ。

(砂里)じゃあ
聖澤さんって人 辞めちゃうの?

いや… そうは させない。

彼女が 情報をリークするなんて
絶対に あり得ない。

俺が 何とかしないと。

(砂里)ふ~ん。

あっ… で 何か用だった?

(砂里)えっ?
だって 「早く帰ってきて」って。

(砂里)あ~ うん。

いや ちょっとさ
相談っていうか何ていうか…。

≪(チャイム)

んっ?

遊星。

ごめん。

兄貴から
何度も 連絡 受けてたこと

言いだせなくて。

(遊星)俺
もう一度 東京で勝負したいんだ。

大が許してくれないことは
分かってる。

もう お前の前には現れない。

だから 頼む。

俺に この街で
もう一度 やり直させてくれ。

帰ってくれ。

♬~

(ノック)

(蟹江)今度の案件 ずいぶんと
手こずってるそうじゃないか。

私の方は 早々に
スパイ捜しのミッションを

コンプリートしたというのに。

草野球の勝利で どやるな。

(蟹江)自分は メジャーの
マウンドに 立ってると?

では 草野球のバッターが

メジャーで
ホームランを打ったら どうする?

(蟹江)
私の情報網により 確証を得た。

烏丸建設の富永専務は…。

(指を鳴らす音)
(蟹江)横領してる。

(富永)ここに
いらしたということは

こちらの提示額で
和解を のんでいただける

ということですかな?
富永専務 これを。

(蟹江)あんたは 家族が経営してる
複数の会社を 利用して

水増し請求をさせ

その分を
自分のポケットに入れていた。

まあ これは 単なる雑談です。

本題の和解交渉に入りましょうか。

少々 お時間を頂いても?

どうぞ。

♬~

≪(ノック)

(烏丸)社長の烏丸です。

このたびは うちの役員の不正を
暴いてくださったとのこと。

情報提供 感謝します。

たった今
富永を自宅待機としました。

彼には 辞任してもらいます。

はっ?
(美智瑠)当然です。

不正を見逃すわけには
いきませんから。

(烏丸)このことは
世間にも公表いたします。

恥をさらすことには なりますが
隠すより ずっといい。

お分かりですか?

烏丸建設は
クリーンな会社なんです。

姑息な駆け引きに
応じるわけには いきませんわ。

(蟹江)まさか
せっかく つかんだ 尻尾を

こうも あっさり
切られるとはな。

君の後輩弁護士だったか?
まるで 君と戦ってる気分だ。

勝つためには 手段を選ばない。

(バイブレーターの音)

もしもし?
(チカ)甲斐 どうなってるの!

原告たちが 次々と
訴訟から降りるって言ってる!

どうにかして!

玉井さん 聖澤さんの解雇が
決まったって ホントですか?

(伽耶子)本人が
退職を受け入れたそうよ。

はっ? リークを認めたってこと?

何でだよ。

もう この事務所に
嫌気が差したのかも。

削除されたログデータを
復元したら

彼女のアクセス履歴しか
なかったっていうんですけど

どう思います?

復元された履歴自体が
改ざんされたものだったら…。

えっ?
さらに

もう一世代 前の ログデータを
復元できたら

別の新しい情報が 出てくるかも。

それ システム部門に頼めば
分かりますか?

システム部門の
専用のパスワードなら ここにも。

えっ 玉井さんも見れるってこと?

リスクを負えば。

お礼は アクアレルコーヒーの
モカフローズンのグランデサイズ。

ホイップ少なめで
ヘーゼルナッツシロップを追加。

この間 玉井さんが注文してるの
見掛けたんで。

お礼は
フレッシュマンゴーフローズンで。

あっ… ちょっと 季節外れじゃ?
新作なんです。

ハハ…。

聖澤さんのこと
守ってあげてくださいね。

聖澤さん これ聞いたら電話して。

真相が分かった。

(美咲)正直 戸惑っています。

次々と
みんな 脅されているようで。

(鈴子)家族の秘密や 過去の過ちを
調べぬいていて

何もない人間にも
名誉毀損で反訴するだとか

私も 正直 もう限界です。

あなたの所にも?

私には まだ 何も。

せめて 納得のいく和解金を
得るべきでは?

噂では 先生も
もう 諦めてるんですよね?

情報戦という言葉を?

法廷だけが
戦いの場じゃないんです。

どうか 冷静に。

(美咲)あっ ごめんなさい。

これから 私 予定が。
(鈴子)私も。

ここで 何か あるんですか?

(美智瑠)あら
甲斐先生じゃありませんか。

偶然ですわ。
どういうつもりだ?

と おっしゃいますと?

原告に 直接 和解交渉することは
許されてない。

分かってるだろ?
もちろん 分かってます。

けど 今 ここには

あっ…
担当の弁護士がいらっしゃる。

あなたとなら 交渉できる。

甲斐先生!

私ども 今でしたら

一人100万円のお支払いで
和解に応じることができます。

これが 最後のチャンスです。

このチャンスを逃せば
裁判に突入します。

そうすれば 原告の皆さんの
弱みや 後ろ暗~い過去を

裁判で 徹底追及していくことに
なります。

もし 和解に応じたいという方が
いらっしゃれば

この番号まで
ご連絡 頂きたいのです。

♬~

私の携帯の番号です。

私からの接触は 駄目でも

原告の皆さんから
連絡をしてくださる分には

問題は ありません。

そう 皆さんに
お伝え願えますか?

驚いた。

あの 恥ずかしがり屋だった
君からは 想像がつかない

魅力的な声だ。

大声で話しちゃうなんて 私も
おばさんになったのかしらね。

甲斐先生なら

ここに 必ず 来てくれると
信じていましたわ。

(バイブレーターの音)
(美智瑠)あら?

もう 原告の どなたかの お耳に
届いたのかしら。

もしもし?

ようやく
君の番号が 手に入ったよ。

必ず 君を落としてみせる。

♬~

(バイブレーターの音)

もしもし?
(砂里)もしもし 大?

ねえ ホントに帰れないの?

う~ん… 自分の仕事が
たまりまくっちゃってて。

(砂里)天才も 徹夜とかするんだ。

大変なんだよ。

よかったね。
んっ?

だって 大が 弁護士してるなんて
信じられないよ。

あっ… そうだな。

それと

昨日は ごめんね。

悪く思わないで。

あんなやつでも
私の兄貴だからさ。

もう 切るぞ。

うん。 ごめん。

よし…。

(大輔のメッセージ)聖澤さん
これ聞いたら電話して。

真相が分かった。

けど これは 君の戦いだ。

僕も 全力で サポートするから

君を疑ったやつらに
真実を 突き付けよう。

…って 何か ごめん。

カッコつけちゃったけど

君がいないと
さみしいんだよね。

あした 待ってるから。

(真琴)砂里さん?

(砂里)あっ 聖澤さんですよね?

ちょうど よかった。
あの これ 大…。

大輔のスーツなんですけど。

また 後ほど。

これで もう 200人以上が
和解に応じたいって言ってる。

あんな ふざけた額で。

何も もらえないより ましだって
考えたんですよ。

状況は 不利ですし。

全部 一歩 先を 読まれてる。

もう 奇策に走るしか
ないんじゃないですか?

甲斐先生が
絶対に やらないことを するとか。

俺は 何をやらない?

う~ん… フラダンスとか。

楽しそうだな。

すいません。

(砂里)大。

おう。
(砂里)はい。 替えのシャツも

入れといたから。
あっ サンキュー。

あれ? どうやって ここに?

聖澤さん。

私の戦いですから。

それと 留守電 長過ぎです。

フフフ…。

復元された アクセス履歴には

聖澤さんのIDしか
ありませんでしたが

さらに 古いログをさかのぼると
1件のアクセス情報が

あらかじめ削除されていたことが
判明しました。

館山先生

君のIDだ。

(蟹江)チッ。 ジーザス。

僕は…。
今 君に できることは

全てを 正直に話すことだ。

このまま

くすぶったまま
終わりたくなかったんだ。

そんなとき 声を掛けられて。
(蟹江)誰にだ?

(健斗)昔 研修で一緒だった
スタンリー法律事務所の男です。

スタンリー…。

情報漏えいの件も
畠中 美智瑠の 差し金だった?

(蟹江)どうせ 尻尾を見せることも
ないんだろうな。

聖澤さん

決して
君に なすりつけたわけじゃない。

けど 蟹江先生に追い込まれて
ログの復元の提案を。

だって 僕は 弁護士だし
君は パラリーガルだし

僕の失職と比べれば…。

鈴木先生

今は 気持ちを切り替えて
私たちの仕事を。

失礼します。

(美咲)申し訳ありません。

原告メンバー全員から

和解に応じると
連絡を受けました。

あなた一人でも戦う意思は?

私は 資格がないんです。

はい?

(美咲)私の家は
その塗料が 使用禁止となった後

2014年に建てられた物で…。

一審の弁護士に 唆されましたか?

訴訟に加わってくれれば
和解金を分配するとでも?

治療費が必要だったんです。

(蟹江)そして
誰もいなくなったってわけか。

あした
和解に関する最終調整の会合が。

(チカ)原告たちが了承してるなら
止める権利はないわね。

甲斐

今回は あなたの負けね。

(ノック)
失礼します。

甲斐先生。
私たちに できることは?

(蟹江)残念ながら
もはや できることは…。

富永元専務を つかまえてくれ。

それと 原告たちに
早く来るように言ってくれ。

分かりました。

♬~

原告たちは?

みんなの前で
和解の合意をするのでは?

いいえ。

けさ 確認したところ
原告たちは 誰一人として

和解に応じたいとは
言いませんでした。

君のやり方は 実に巧妙だ。

原告全員の弱みを 徹底的に探り
脅して回った。

なのに
その尻尾は 絶対に つかませない。

俺たちは 君がやったことを

何一つ
立証することが できなかった。

まったく 何のことだか。

だが 君が何をしたかは
明らかじゃなくても

何をしなかったかは 明らかだ。

君は 彼女に 原告としての資格が
ないことを 責めなかった。

全てを調べ尽くし

事実を
つかんでいたであろうはずの

君が そこは責めなかった。

いや 責められなかった。

烏丸建設の顧問弁護士として
全てを知ってたから。

どういうことかしら?

今回 争点となった
烏丸建設が使用していた塗料は

後に 有害成分が含まれていると
認められ

法改正によって
2013年に使用禁止になりました。

だから 2014年に建てられた住宅を
購入した彼女は

今回の原告としての資格が
ないはずです。

なのに どうして
そこ 責めなかったんです?

どんな ささいなことでも
脅しの材料にしてきた あなたが。

その理由は 1つ。

烏丸建設は

使用禁止となったはずの塗料を

法を無視し 使い続けていたから。

彼女を責めることで

その 隠蔽したはずの
重大な違法行為が

明るみに出ることを 恐れた。

烏丸社長

これは 大問題ですよ。

くだらん臆測は やめたまえ!

元専務の富永さんが
全て 証言してくれました。

貴様…。

社長

スタッフは
大事にするべきでしたね。

じゃなきゃ
いつか 必ず 足元をすくわれる。

あ~ もう 手遅れですがね。

幾ら いるんだ?

和解金は いくらでも出す。
(美智瑠)社長 落ち着いて。

うるさい! そもそも
君が 和解金をケチるから

こんなことになったんだろ!
和解には 応じませんよ。

はっ?

姑息な駆け引きに
応じるわけには いきません。

うちは
クリーンな事務所なんでね。

申し訳ございませんでした。

(記者)社長 使用禁止の塗料を
なぜ 使い続けたんですか?

被害者に対し
どう責任を取るんですか?

(記者)
今回の集団訴訟の原告たちに

どう説明するんですか?

原告の皆さまにも
誠心誠意の金銭的補償を…。

(記者)金銭的補償とは
いったい どれくらいの額なのか

具体的に お聞かせ願えますか?

(チカ)さらなる 被害のクレームが
殺到してるそうよ。

新たな訴訟が
舞い込むかもしれないわね。

どんな気分?

三球三振。

まあ 悪くはないですよ。

あの決め球は
誰も予想しませんでしたよ。

決め球?
代表にも見てほしかったですよ。

原告たちを前にした

甲斐先生の あの名スピーチ。
(せきばらい)

「皆さん 正義とは何か…」

やめろ。 思い出したくもない。

フラダンスの方が ましだ。

ハハハ。

フラダンス?
ええ。

フラダンス?

フラダンス。

(健斗)あの これを…。

館山 健斗君。

私が なぜ
君に 厳しく当たってきたか

分かるか?

君に期待しているからだ。

蟹江先生…。

今回の失態は 表には出ない。

仕事で挽回しろ。

期待している。

はい! 失礼します!

こんな物 出されたら
私の首が飛ぶじゃないか。

≪(ノック)

(蟹江)今回の件は 災難だったな。

(真琴)それだけですか?
(蟹江)責任は感じてる。

(真琴)昇給を要求します。

今の給料に 10% 上乗せを。

分かった。

3%…。
(真琴)10%。

8…。

10% 了解した。 OKだ。

それと 人として最低限のことを。

というと?
(真琴)謝罪を。

それが なければ
訴えを起こします。

遺憾には思ってる。

だが 脅しても無駄だぞ。
私は ただ 規定にのっとって…。

(真琴)では これまで見てきた
あなたの悪行を…。

ごめんなさい。

申し訳なかった。

これで いいだろ?

ありがとうございます。

ハハハハ…。
フッ。

(男性)ハハハハ…。
(男性)烏丸建設から

うちに切り替えたいと
受注が殺到しています。

(男性)今期から
うちが 業界1位になるかと。

お役に立てたのでしたら

顧問弁護士として
光栄に思います。

(男性)ハハハ…。
(男性)今後とも よろしく。

はい。
(男性)よろしくお願いします。

こちらこそ。

何なりと お申し付けください。
(男性)ありがとうございます。

ありがとうございます。

(美智瑠)お誘い
ありがとうございます。

番号 手に入れたからな。

(美智瑠)同じ物を。

またもや 完敗。 は~。

いつか 先輩と
おいしいお酒が飲みたいわ。

勝利の美酒か?

まだ
熟成が足んないんじゃないか?

(美智瑠)本当に
人の弱みを突くのが お上手で。

ねえ
先輩に 弱みは ないんですか?

よしてくれ。

俺のここは ガラスで できてる。
冗談を。

今も ドキドキしてるよ。

いつか 打ち破りたいわ
その 分厚いガラスを。

(美智瑠)ねえ
もう一回戦 どうです?

また 負けたいのか?

(美智瑠)次は
譲っていただいても?

う~ん…。

できない。

ハハハハ…。

よし。

♬~

♬~

あ~ 腹 減った。

♬~

(バイブレーターの音)

もしもし?
(砂里)もしもし 大?

今 下にいるんだけど
下りてこれない?

えっ?

(砂里)大。

これ 夜食。
お~。

えっ 手作り?
(砂里)うん。

サンキュー。
(砂里)それと…。

♬~

♬~

ハハハハ…。

(美智瑠)ハハハハ…。

[詳しくは FODで検索]

(蟹江)[聖澤君 このドラマが
ノベライズ本になったらしいぞ]

(真琴)[先生
ご存じなかったんですか?]

(蟹江)[上下巻セットで 30人の
パピーたちに プレゼントだ]

(真琴)[詳しくは
ホームページを ご覧ください]