ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ドロ刑 第7話 中島健人、江口のりこ、石橋杏奈、板尾創路、中村倫也… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐#07』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 木島
  2. 安斎
  3. 先生
  4. 安斎先生
  5. データ
  6. 看護師
  7. 鬼塚
  8. 病院
  9. オペ
  10. パソコン

f:id:dramalog:20181124225558p:plain

『ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐#07』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐#07[解][字][デ]

白い巨塔に潜入捜査!大学病院に出没する窃盗犯を捕まえるべく13係の刑事たちが変装し奮闘!意外な真実と医療の闇が暴かれ!?更に刑事×泥棒の最強バディ解消の危機が!

詳細情報
出演者
中島健人(Sexy Zone)、遠藤憲一石橋杏奈、  中村倫也、 江口のりこ野間口徹田中道子、生島翔、丸山智己板尾創路稲森いずみ

【第7話ゲスト】神保悟志猫背椿半海一晃、俵木藤汰、竹井亮介
                  渋谷謙人、おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)
番組内容
白い巨塔に潜入捜査!大学病院に出没する窃盗犯を捕まえるべく斑目中島健人)たち13係の刑事たちが変装し奮闘!リーダーは変装の達人瑤子(江口のりこ)!研修医美希(石橋杏奈)にナース斑目!患者として潜入した左門(板尾創路)の秘密が発覚!皇子山(中村倫也)は単独で煙鴉(遠藤憲一)の正体を追う!鯨岡(稲森いずみ)の思惑も見え隠れ。意外な真実と医療の闇が暴かれる!そして刑事×泥棒の最強バディ解消の危機!?
監督・演出
【演出】中島悟
原作・脚本
【原作】福田秀「ドロ刑」(集英社週刊ヤングジャンプ」連載)
【脚本】林宏司
音楽
【主題歌】Sexy Zone「カラクリだらけのテンダネス」
【音楽】木村秀彬
制作
【プロデューサー】能勢荘志、次屋尚、関川友理
【製作著作】日本テレビ
【制作協力】The icon
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/dorokei/
【公式Twitter】@dorokei_ntv
【公式Instagram】dorokeinsta_ntv

 


なるほど!
それにな…。

ここにあんねん
だから怖いもん ない。

お守りか何か?

とにかく頼むで!

何だよ 俺にも貸してよ お守り。

(男性) あの~…。
はい!

最近 何だか元気出なくて
どうすればいいですかね? 先生。

そ… それは あの…。

薬が合ってないんじゃないかと
思うんだけど

いいんですかね? これで。

あ…。

(美希)
えっと… そ… そうですね。

(美希)
やっぱり 元気がない時は…。

これですね!

♪~

(事務員) あの~…。

さっきから ずっと
ここにいらっしゃいますけど…。

(左門) あっ いやぁ…。

外来の方でもないですよね?

実は… 献血

(事務員) 献血

勇気がなくて…
あの 悩んでたんですけど

決めました やります。

(事務員)
あっ それでは こちらへ。

♬~

(看護師)
高い所から落ちたんですよね?
バイタルは?

(救急隊員) 血圧90以下です。
意識レベルは200ぐらいですね。

(看護師)
もしかして 腹腔内出血が
あるかも! 急がないと!

あ~!

ハァ… ハァ~。

(板倉) あの…。
はい。

うちのが しんどくって
立ち上がれないっていうんです。

すいませんけど
病室まで運んでもらえませんか?

あぁ… 大丈夫ですか?

あぁ…。
検査で疲れちゃったんです。

私じゃ
どうしようもできないから。

じゃあ 車椅子。

(看護師) ねぇねぇねぇ。
(看護師) 何?

あんな人 いた?
いないわよ… カッコいいわね。

(看護師) 見逃すはずがないわ。
(看護師) そうよ おかしいわ。

分かりました どうぞ。

えっ いいの? あの 車椅子…。

うちは真心看護なんで
のってください。

悪いわね。

(板倉) 第2病棟の305号室。

(文子) あっ…。

了解 行きま…。

レッツ ゴー。
(板倉) あっ ちょっと!

後ほど会いましょう
特急便なんで!

(看護師) ちょっと待ちなさい!

(看護師) そこの かわいい顔した
あなたよ! ちょっと!

ちょっと2人!
(看護師たち) はい。

さっきの処置 終わってるの?

わ… 忘れてました~!

すいません すぐにやります!

あんたのせいよ!
(看護師) あんたのせいよ!

(足音)
(文子) ハァ…。

そんなに急がなくても…。

「1秒でも早くお届けを」が
モットーです!

せ~の…。
あ~!

ありがとう 大丈夫?

大丈夫… ハァ ハァ…。

新入り? 顔色悪いね。

死にそうだよ。

(女性) まだ若いのにねぇ。
(女性) ねぇ。

全然 余裕ですけど。

ほら ほら…。
(女性たち) ハハハハ…。

ほれ~! ハハハ…。

余裕でしょ? ほらほら
こんなに動く。

って まるちゃん知らんけどな!

えっ 知らないんですか?
(せき払い)

(女性) 今度 帰った時
行ってみてください。

なじんでるなぁ。
助けに来てくれたんか?

知り合いがいてな 話 聞きに来た
どんな感じ?

これだけの人数で張ってんねん
時間の問題やろ。

そう 左門のおっさん
入院したみたいだけどな。

えっ 入院?

(皇子山の声) うっかり献血して
肝臓の数値が引っ掛かって

緊急入院だとか。
何しとんねん!

いや でも 勝手田もおるし。
あいつ 検査入院。

血 見て倒れて 頭打った。

(瑤子の声) 血には弱いんかい!

いや でも 小平は…。
あいつ 演奏会やってた。

♪~ 手拍子

何しとんねん!

斑目は?
あいつ 騎馬戦やってた。

いい走りだった
小学生なら優勝だな あれは。

何しとんねん!
どいつもこいつも!

窃盗は 金品だけ?

えっ? あ~ 外科部長は
パソコンの心配もしてたな。

データの漏えいがあるから
取りあえず そっちはフォローして。

はぁ?

チッ しょうがねえなぁ。

盗まれた?

そう お金と指輪をね。

それ 警察には?
うん。

だけど 厳しいかもって。

(斑目の声) それで何か
2人とも元気がないんだ。

いや それはいいんだ。
いいって…。

命さえあれば
何とかなるもの 人間。

おばあちゃん
手術されるんでしょ?

おなかの病気で。

その心配ですか?

先生…

代えてもらえないかな
って言ったんだけどね…。

先生?

この間 買ったドライバーさ
あれ 顔いいんだよ。

打感も最高だしな。

何しろな 飛ぶんだよ。

(木島:中井) お~!
(安斎) ハハハ…!

あれなら 300行っちゃうぞ
ハハハ…!

(瑤子) ≪手術?≫

そうなんですよ 知ってました?

あの安斎先生
論文の症例数 稼ぐために

手術ミスの隠蔽をしてたって
ひどくないですか?

お前な ネットの書き込み
信じてんのか?

いや でも病院の中でも 噂は
広がってるらしいんですよ。

だから おじいちゃん 執刀の先生
代えてほしいって言ったけど

無理だって。
そりゃ そうやろ。

なら 他の病院に行ってください
って冷たく言われて。

そんなの あのお年で
「はい そうですか」

…って言うわけに
いかないじゃないですか!

この病院は あの先生の力が絶対や
というのは聞いたことがある。

ひどくないですか? それ。

(瑤子) せやけどな… それ
うちらの仕事と関係ないやろ。

いや そうですけど…。

その上で指輪まで盗られたって。

もう かわいそ過ぎて。

うちらはプロや
ホシ挙げるのが仕事 仕事せえ。

それにな
相手は何十件と窃盗してる。

被害者一件一件に肩入れしてたら
身ぃ持たん 必ずパンクする。

そうなったら仕事ができん。

どんな状況でも結果出すのが
プロや。

(ドアの開閉音)

♬~

(沙織) プロなら
一撃で割り出せるわよ。

ホントですか?

(沙織) 病院の監視カメラの映像

解析したら 一発よ。
そんなことが…!?

病人 医者 見舞客
みんな 決まった動線

動くパターンを持ってる。

そこから外れている人間を
割り出せばいいだけ。

なるほど。

(沙織) 出た こいつよ。

あっ これ 僕ですね
監視カメラの映像 取りに行った。

あれ? プロですよね?

言ってなかった?
私 プロじゃないの。

いや 聞いてないです。

えっ すげぇ自信満々に歩いて来た
じゃないすか。 うるさいわね!

なるほど
セキュリティーは万全か。

じゃあ
データ盗難の心配はないな。

ええ。

(皇子山) ありがとう
君が この病院にいて助かった。

真里のおかげだな。

ギルバート記念病院時代

真里さんには
本当 助けてもらったんで。

うん…。

(医師) じゃ これで。
あっ ちょっと…。

これ 何の薬か分かる?

(医師)
「バルビツール」 催眠薬です。

催眠薬?
(医師) ええ。

麻酔なんかにも使います。

(皇子山) それだけ?
っていうか…。

どうして これを? 劇薬ですよ?

大量に体内に入れれば
死にますから。

♬~

薬?

それに 自殺関連の本がな…。

待ってください
それって ケムさん

自殺するってことですか?

今 調べてる。

あと 何か分かったら知らせるよ。

ケムさん…。

♬~

あ~ いた!

(看護師) ちょっと!
はい?

あっ!

顔の かわいい男のコ!

♬~

どこ行ったのよ?
どこ?

こっちじゃないかしら?

危なかった。

(ノック)

はい 失礼しま~す。

行ってくれ 早く~!

おい。
あっ!

財布 盗ったな? 現行犯逮捕だ。

(米田) あっ! あっ あっ…!

あ~! あ~! あっ!

(呼び出し音)
誰か!

(米田) あっ!
うっ!

(米田) あ~!

イェ~イ。
(米田) あぁ…。

(細面の声) 病院専門の窃盗犯

通称 「カメレオンの卓」

米田卓三 前科8犯。

1つの病院にとどまり
ある程度 成果を上げてから

次に移る手口。

カメレオンのように
周囲に溶け込むのが特徴です。

まぁ いずれにせよ 大金星ですよ。

入院したかいがあったな。
頭打ったかいがあった。

ニコンサート開いてよかったぁ。

いや 何してんの? あんたたち。

いやぁ よく捕まえてくれた
アハハハ…。

ありがとう うん!

これで安心だ アハハハ…。

君が捕まえてくれたんだって?

ああ まぁ…。
(安斎) ありがとう。

いえ…。
(安斎) フフフ…。

窃盗件数は48件。

カメレオンの卓も観念して
素直に吐いてる 上出来や。

あの…。

面白いもの?

何か売れる情報ねえかなぁ
と思って

このパソコン 見てたらね…。

♬~

(斑目の声) 手術ミスの隠蔽?

ネットの噂でしょ?
(鬼塚) いえ。

事実です。

安斎先生の手術で

これまでに4人が亡くなり

5人が予後不良になってます。

私は いくつかの手術に
立ち会って来ました。

でも先生は
論文の症例数を稼ぐために

その事実を隠蔽してます。

で?

そのことは多くの人が知ってます。

でも…

この病院で
安斎先生は絶対なんです。

先生に逆らった者は
容赦なく飛ばされるし…。

怖くて みんな
誰も何にも言えなかった。

だから 先生は失敗しても
オペし続けます。

つまり これからも
犠牲者は出るってことです。

代えてもらえないかな
って言ったんだけどね…

どうやったら
告発できるんですか?

安斎先生は記録魔です。

必ず どこかに 改ざん前の
データを保管しているはずです。

それを捜し出して
公表するしか…。

何で このことを うちらに?

この人が… 患者さんと
接してるのを見たから。

えっ 僕?

どこに どう言ったらいいか
分からなくて。

でも こんな刑事さんたちなら

何とかしてくれるんじゃ
ないかって。

事実だろうな?

カメレオンの卓が
何か 売れる情報がないか

探ってみたところ
その文章に行き着いたと。

(瑤子) 間違いない
看護部長に確認した。

これ書いたドクターは 先月
地方の病院に飛ばされてる。

これを証拠に告発するのは?
いや 無駄だ。

書かれてるのは全て状況証拠だ。

今日になって安斎先生
パソコン盗まれたと言い出したで。

オペのデータが全て入った
パソコンが。

見え透いたウソだな。

入っていたのは告発文と
あとは個人データだけだ。

安斎先生のことは 改ざん前の
データがあるんやないかと

マスコミが騒ぎ始めてる。

それ 「全部 盗まれた」で
押し通すつもりやな。

(皇子山) 安斎先生。

ですから 盗まれたパソコンには

主に
これしか入っていませんでした。

あり得ませんね。

重要な手術のデータは
全て入ってました。

あの たった1台のパソコンに?

特別に重要なパソコンでした。

医局の隅に
置かれていたそうですが。

どのパソコンに入れようが
私どもの勝手でしょ?

では その重要なデータは 一体
どこに行ってしまったんですかね。

さぁ? 消したんでしょう
その泥棒が。

先生…。
刑事さん。

泥棒と医者と どっちの言うことを
信用するんですか?

フッ 何を言いに来たのか
知りませんけど。

事実関係の確認です。

だったら
こっちはデータを盗まれた 以上。

捜査三課の刑事さんって
ドロ刑っていうんでしょ?

ドロ刑ならドロ刑らしく

余計なことに首を突っ込まずに

泥棒を追ったら どうですか?

(木島) なるほど。

あの泥棒のせいに。
(安斎) そういうことだ。

泥棒が言うことと 私が言うこと
世間は どっちを信用する?

(中井) さすがです 安斎先生。
(安斎) ハハハ…。

♬~

(文子)
あなた ちゃんと食べてる?

(板倉) 心配すんな。

♬~

(キーボードを打つ音)

送致関係の書類は出来た。

これで カメレオンの卓事件は
一段落やな。

これでいいんでしょうか?

看護部長の言葉か?

管轄が違っても

不正で苦しんでる人が
目の前にいるっていうのに…。

(机をたたく音)

ええわけないやろ。

目の前で不正が行われてて
見逃して どうすんねん。

瑤子さん…。

うちらは警察官や。

俺も手伝う。

皇子山さん。

権力を笠に着たヤツが大嫌いでな。

昔から。

管轄外ね それは。

無理よ。
そうでしょうか?

カメレオンの卓の言うことのほうが
信憑性があります。

その場合 安斎はウソの供述を
していることになり

被疑者は不利な立場になります。

その真偽を確かめる義務が

我々には
あるのではないでしょうか。

まぁ もともと
管轄外のことをするために

集めた人たちだもんねぇ
あんたたち。

ただし 失敗は絶対に許されない。

万が一 何も出て来なかったら

警視総監のクビも飛ぶ。

警視総監は どうでもいいけど
私に何か害があるのは

絶対に避けなさい!

よろしくって?

えっと… はい。

はい。
はい!

作戦 練らんとな。
はい。

万一のことを考えて
これは うちらだけでやるで。

他のメンバーは巻き込みたくない。
分かった。

作戦 どうしましょうか?

♬~

(鬼塚の声)
基本的には この病院は

安斎先生の支配下にあります。

どこにスパイがいるかも
分かりません。

その改ざん前のデータが入ってる
パソコンは?

恐らく この
セキュリティールーム。

病院の機密事項は
この部屋に入れられます。

数人の幹部しか入れない。

セキュリティーは徹底してます。

手ごわそうだな。

データを押さえるのが無理なら

安斎先生が話すのを録音するか…。
できるんですか?

安斎先生は 信頼の置ける

自分の子飼いの部下しか
周りに置きません。

彼らとの会話で
きっと何か話してるはずです。

いや それやったら
なおさら近づきようが…。

そう。

でも私は 先生がオペ室で話すのを
何度も聞きました。

オペの最中って 思ってるより
ず~っと しゃべるの。

いわば 究極の密室だから。

どうですか?

不可能だ。

ドアのセキュリティー
カードキーで3重になってて

外には
防犯カメラが張り巡らされてる。

ハァ…。

出入りがあるのは2週間に1度。

業者6人が清掃に来る時のみ
時間にして わずか10分。

その人たちと一緒に入るのは
どうですか? 清掃業者の格好で。

もし入れたとしても
10分で何ができんだよ?

一緒に中に入って 隠れて
その人たちが去るのを

じ~っと待ってから
俺たちも出て行く。

入り待ちか
じゃあ お前 やってみるか?

次 外に出て来れんの
2週間後だぞ。

それは干からびますね 喉渇くし。

どこの病院にもあるんだ
ああいうのが。

ご存じなんですか? 病院のこと。

知り合いが昔 勤めててな。

その人は 今も病院に?

いや… いない。

とにかく…
この部屋に入るのは諦めよう。

令状でもない限り 不可能だ。

でも そうなると あとは
本人の自白ぐらいしか…。

(皇子山) ああ 厳しいな。

それだ!

自白 取りましょう 安斎自身の。

つまり オペ室の誰かに
成り済まして忍び込むんですよ。

あっ どうぞ。

それで 安斎が話すのを録音する。

オペ室には 鬼塚さんは
入れるんですよね?

あぁ 私は… だけど…。

安斎に反感を持っていて
他に協力してくれそうな人は?

みんな 内心は嫌ってます。

でも先生の力を恐れてるから。

それに オペ室に入れるのは
限られた人たちだけです。

だから逆にオペ室では
リラックスして しゃべるんか。

だったら あなたに
録音してもらうしかないな。

しかし素人には危険過ぎるか。

(鬼塚) でも 先生は高名なので

オペを見学に来る
ドクターはいます。

それや! それに成り済まそう。

じゃあ 俺が その
成り代わるドクター 説得する。

私も オペ室のスタッフ
ひそかに説得してみます。

どれだけ協力してくれるか
分からないけど…。

あっ 1人 なじみの
臨床工学士がいて その人なら…。

あっ じゃあ 俺 その助手
っていうことで入ります。

えっ?
えっ?

すぐ連絡してみます。

とにかく まだ
マスコミが追ってるんで

安斎先生は ピリピリしてます。

くれぐれも慎重にお願いします。

OK。

(文子) あぁ…。
(板倉) 苦しいのか?

(文子) 痛い…。
(板倉) 文子!

♬~

いよいよやな。
しくじるなよ。

大丈夫や!

お前の ここにも入ってる。

正義や。

それさえあれば怖いもんない。

♬~

(安斎) 今日 見学何人?

(木島)
帝都大学の先生が3人ですね。

(安斎) あぁ そう
じゃあ いいとこ見せなきゃな。

…なんてな。

(一同) ハハハ…。

♬~

≪お願いします≫
♬~ あっ はい。

♬~

(看護師) 帝都大の先生です
今日 見学に見えました。

どうぞ。

♬~

(技師) 大丈夫 まだ来ないから。
はい。

(木島) 輸血 確認しといてよ。
≪はい≫

♬~

(木島) おい。

お前…。

(器具を落とす音)
(鬼塚) あぁ… すいません。

(木島)
おいおい どうしたの 鬼塚さん。

(鬼塚) 大丈夫です。

♬~

(木島) あんた…

刑事だな?

(技師)
あっ これは私の助手でして…。

(木島)
いや 刑事だ 見覚えがある。

(木島) マスク 取れ。

(木島) 早く!

(木島) 出ろ! お前も。

(技師) いや だけど…。
(木島) 代わりは俺が呼ぶ!

すぐ出ろ!

♬~

クッソ!

(木島) 帝都大の?

(木島) 北村 呼んで 今すぐ。
(鬼塚) はい。

(木島) チックショ~
もう一度 手洗いだ。

♬~

(看護師) お願いします。
(鬼塚) 失礼します。

(電子音)

♬~

(医師たち) イチ ニ サン!

(安斎) 刑事?
(木島) ええ 連れ出させました。

警察に突き出してやります。

(中井)
まったく 何を考えてるのやら。

(安斎) そりゃ いいが
ドロ刑を警察が逮捕するってか?

(木島) ええ。

若いヤツなんで
先走っちゃったんでしょう。

(木島)
あれは 帝都大の先生たちです。

(安斎) あぁ そう。

(小林) 山口洋一さんですね?
今から全身麻酔やりますんで…。

(安斎)
何だ まだ終わってなかったのか。

(木島) すいません
さっきので遅れちゃって。

(安斎) しょうがねえな
まぁ 今日は のんびり行きますか。

≪通ります≫

♬~

(木島) 鬼塚さん。

どうしたの?
何か いつもと違うね。

(鬼塚) あっ いえ…。

♬~

(ボタンを押す音)

(医師) レコーダーです。
(安斎) やっぱり…。

犬は君だったのか。

(安斎) ひそかに嗅ぎ回っている
ヤツがいると思ったけど

君だったとはな。

まぁ いい。

これで君もナースができなくなる。

どこに行ってもな。

(鬼塚) セキュリティーセンター!

あそこのパソコンも
盗まれたそうです。

改ざん前のデータ
バレる日も近いですよ!

(安斎) あの最高難度のセンターに
泥棒が?

フッ そんな はったりしか
言えないのか?

それにな そんなもん

まだパソコンの中にあるとでも?

(自動ドアが閉まる音)

(安斎:木島) フフフ…。

(安斎) 先生たち
マスクを取ってもらおう。

(安斎) 早く!

(木島) お前!

フゥ~。

(安斎) 刑事さん。

部外者立ち入り禁止なのは
知ってるよね?

(木島) 何で こんなことを?

被害者の言い分と
泥棒の言い分が食い違う。

(瑤子)
その真偽を確かめる義務がある。

(木島) そのために わざわざ?

(医師) レコーダーです。
(ボタンを押す音)

(安斎) やれやれ… 刑事さん。

(医師) さぁ…。

USB

…に入ってんねんな。

改ざん前のデータ。

(医師) 大丈夫です
もう録音されてません。

(安斎) フッ 何を言ってる?

ねっ 木島先生 中井先生。

安斎先生には いつ
クビを切られるか分からない。

その時 反撃するためのお守りに
コピーしたんでしょ?

(医師) 来い!
(瑤子) 離せ!

(木島) えっ…
何言ってるんだ!? あの女。

(中井) 冗談じゃないですよ
少なくとも私は…。

(木島) おい 何言ってる!

(中井) 安斎先生…
コピーしようがないじゃないですか!

先生のピッチに付いてるんですよ
USB!

肌身離さず
持ってるじゃないですか!

(安斎) あぁ… そうか。

(中井) そうですよ!
(木島) あの女

とんでもないことを
捨てゼリフに…。

(安斎) 論文のためだよ 多少の
失敗は しょうがないじゃないか。

世界の役に立つ論文になるんだよ。

まったく しつこいな
マスコミも あいつらも!

犬ってやつは。
(木島) ホントですよ!

小林 どうだ?

(小林) OKです!

(安斎) よし 始めよう。

≪犬じゃなくて

「子犬みたい」とは
よく言われま~す≫

今の会話…

全部 録音させてもらいました。

もう 先生のピッチも
押さえに行ってると思います。

改ざん前データが入った

USBと一緒にね。

フッ。

こちらです。

♬~

オペ室から放り出された後

患者さんに成り代わりました。

(看護師)お願いします
(鬼塚)失礼します

電子音

(斑目の声)
そして オペ室に再び戻り

録音したんです。

データは パソコンではなく

USBにあることを
確認した上で

はったりを言いました。

(鬼塚)
セキュリティーセンター!

あそこのパソコンも
盗まれたそうです

その時 反撃するためのお守りに
コピーしたんでしょ?

それに まんまと引っ掛かったね。

(安斎) クッソ~!

何で そんなことが!

早く 取り返せ!
(木島:中井) はい。

(瑤子) おい ちょっと待て!

このオペ自体

架空です。

鬼塚さんが
みんなを説得してくれたんです。

病院改革のためだからって。

皆さん 何日も前から

綿密に協力してくれました。

安斎先生 正義は…。

ここにもあったんですよ。

♬~

(記者) 安斎先生 安斎先生
隠蔽したんですか? 安斎先生。

(記者)
隠蔽はあったんですか? 先生!

(記者) 答える必要あるでしょ!

(細面) お刺し身には
必ず マヨネーズを付けますよ。

(美希) え~!
(細面) いやいや ホントに。

(勝手田) どんな味? それ。
(細面) おいしいんですよ。

(左門) 漁師か? お前。
(美希) ハハハ…。

(勝手田:細面:美希) え~!

瑤子さん。
(瑤子) ん?

これ 指導してくれた お礼です。

何や? これ。

口紅です。

似合うかなぁと思って。

何や! こけしに口紅って!

「豚に真珠」みたいな意味合いか!?

けんか売ってんのか!
え~!?

こけしって何だ!?
彼女は人間だぞ!

分かっとるわ!

失礼します。

(美希) 意外と
気にしてるじゃないですかぁ。

こけしって言われたこと。
かましいわ!

オカリナ娘は オカリナ吹いとけ!

こざかしいんじゃ あいつは
ホンマ。

♬~

そうなんです
あの人 辞めたんです。

辞めた? あの看護師さん。

ええ フッ…。

でも また
来るかもしれませんけど。

(板倉) へぇ~。

(主人) これですね。

ちょっといいですか?

あった~!

よかった~!

地元の所轄に問い合わせた。

自殺に見せ掛けたのは

フェイクだ。

それどころか ヤツは

ある病院の
セキュリティールームに忍び込み

そのまま天井裏で 2週間

飲まず食わずで
ブドウ 糖の点滴だけで入り待ちし…。

(皇子山の声)
ある女医のデータを盗み出した。

(キーボードを打つ音)

それって

誰のデータ?

(キーボードを打つ音)

♬~

何のために

ケムさんは そんなことを…。

(マウスをクリックする音)

♬~

♬~