ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

科捜研の女 第4話 沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、斉藤暁… ドラマのキャスト・主題歌など…

科捜研の女 #4』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 渡辺
  2. パワハラ
  3. 着ぐるみ
  4. 呂太
  5. ヤンヤン
  6. イベント
  7. 瀬戸
  8. 仕事
  9. 有馬
  10. 録音

f:id:dramalog:20181115215152p:plain

科捜研の女 #4』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

科捜研の女 #4[解][字]

着ぐるみ姿の男が殺害された!彼の持つボイスレコーダーにはパワハラを行う女性の声が…告発に失敗して殺害されたのか!?声を追ってマリコが辿り着いた意外すぎる真実とは!?

詳細情報
◇番組内容
子供服メーカーのイベント中、社員の渡辺和登(斉藤祥太)が着ぐるみ姿で殺害された。着ぐるみの中に隠されていたボイスレコーダーには、パワハラを行う女性の声が…その告発に失敗して殺害されたのか!?鑑定で探り当てた録音場所は、被害者の部署の一角。声の主を探るため、宝井日美子部長(国生さゆり)ら女性社員の声紋検査を行うも一致しない…。謎が深まる中、マリコ沢口靖子)が“声”の科学から導き出した意外な真犯人は!?
◇出演者
沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル斉藤暁渡部秀山本ひかる石井一彰
【ゲスト】国生さゆり黒坂真美斉藤祥太、辻本祐樹、篠原真衣辻沢杏子吉田悟郎、浅田祐二、西川諄 ほか
◇脚本
真部千晶
◇監督
濱龍也
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
番匠谷紗衣『ここにある光』(ユニバーサルミュージック
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken18/

 


♬~「ヤンヤン・ヤングウェア」

♬~「ヤングウェアで
ゴー ゴー ゴー!」

♬~「イエイ イエイ」

あっ ヤンヤンだ!

♬~「ヤンヤン・ヤングウェア」

♬~「ヤングウェアカンパニー」

♬~「ヤンヤン・ヤングウェア」

♬~「ヤングウェアカンパニー」

(手拍子)

♬~「イエーイ!」
(拍手)

(パトカーのサイレン)

(宝井日美子)なんなの?

(日美子)
ちょっと! どういう事なの!?

(加藤直行)部長…。

ヤンヤンが殺されたって…
どういう事なの!?

(榊 マリコ)ヤンヤン…?

(橋口呂太)この着ぐるみの名前が
ヤンヤンっていうんだ…。

被害者は 着ぐるみの中の人…。

(蒲原勇樹)渡辺和登さん 31歳。

子供服の製造販売会社
ヤングウェアカンパニーの社員です。

(涌田亜美)あの人たちも
被害者と同じ会社の人ですか?

(蒲原)はい。 今日は
このショッピングモールで

子供服のファッションイベントを
やっていた。

イベント中 渡辺和登さんは

着ぐるみ姿で
踊ったり 風船を配ったり…。

イベント終了後

着替えに行ったまま
戻ってこないので

同僚が この控室に見に来て
遺体を発見した。

♬~

頭部に裂傷。
かなり出血している。

恐らく これが致命傷ね。

(シャッター音)

(呂太)あっ…
ねえ ねえ ねえ ねえ ねえ…。

これって あれだよね?

スポーツの試合 見に行った時に
応援で使うグッズ。

こうやって たたき合って…。
(蒲原)うん…。

スティックバルーン。
イベントで使ったのかな?

洛北医大に運ぶ前に
着ぐるみを脱がせましょう。

(呂太)うん。

付着物を調べる必要があるわ。

うん? ここに何か入ってる…。

ボイスレコーダー
録音機ですね。

何か録音されているのかしら?

(ボタンを押す音)

「(ざわめき)」

よく聞こえない。
ボリュームを上げてみます。

(女性の声)
「目障りだから死んでよ」

「死ね」

えっ?
(呂太)今 死ねって言ったよね?

これが 犯人の声?

♬~

(風丘早月)
ああ… 頭蓋骨に骨折がある。

風丘先生。
うん?

これは?

ああ…。

だいぶ昔の治療痕ね。

肩の手術でも受けたかな?

死因には関係ない。

でも…。

念のため… 調べておきます。

(シャッター音)

♬~

(日野和正)いいよ。

ありがとうございます。

(亜美)ボイスレコーダー 預かってきたよ。
はいよ~。

♬~

被害者 渡辺和登さんの死因は
頭部打撲による硬膜外血腫でした。

現場の状況と
頭蓋骨に骨折があった事から

強い力で
突き飛ばされた可能性が高い。

死亡推定時刻は
午後2時から4時の間でした。

イベントは
午後1時からやってたんだよね?

会社の同僚の方の証言では

渡辺さんは イベント開始直前に
着ぐるみ姿になりました。

(渡辺和登)ここ 鍵しまらないから
財布 預かっててください。

(加藤)いいよ。
じゃあ ステージに行こう。

はい!

(マリコの声)
イベントが終わったのが午後3時。

着ぐるみを脱ぐために
1人で控室に向かった。

(亜美)犯行現場の控室は
イベントの時だけ使われていたので

防犯カメラは
設置されていませんでした。

で この控室奥のシャッターは
壊れていて開きませんでした。

そして ここに
警備員さんの詰め所があって

その前を通らないと
現場には行けないんですが

犯人らしき人物の目撃情報は
ありませんでした。

(宇佐見裕也)現場から採取した
血痕も 着ぐるみの付着物も

全て 被害者
渡辺さん本人のものだけでした。

(日野)それ なんていうんだっけ?
(呂太)ああ スティックバルーン。

(日野)それも含めて
遺留品に残されていた指紋は

被害者本人のものだけだった。

ボイスレコーダーは?

彼の指紋だけ。
三者が触れた痕跡はない。

ボイスレコーダーに入ってたのは
男性と女性の会話。

聞き取りにくいから
字幕つけてみたよ。

なんなの? この会話…。
(亜美)録音された日時は

1週間前の1日
午後1時5分です。

1週間前?

犯行現場で録音されたものじゃ
なかったのね。

これ もしかしたら
パワハラじゃないでしょうか?

パワハラ
(宇佐見)パワーハラスメント

立場が上の者が 下の者に対して
威圧的な言動をとったり

侮辱したり 嫌がらせをしたり…。

(日野)簡単に言うと
職場でのイジメだね。

被害者は この声の女性から

パワハラを受けていたのでは
ないでしょうか?

この声を録音して隠し持っていた。

なんのために?

この録音が パワーハラスメント
実態を訴える時に

証拠になるからじゃないのかな?

パワハラ被害者にとっては
大切な切り札だ。

逆に 加害者にとっては

こんな録音
あったら困るでしょうね。

渡辺さんに
パワハラをしていた女性が

このボイスレコーダーを巡って
彼を殺した…?

じゃあ あの声の女が犯人ですね。

決めつけるのは まだ早い。

誰の声なのか
どこで録音されたのか。

それを突き止めないとね。

(呂太)背景の音を大きくすると…。

「(ざわめき)」

(宇佐見)
人混みの中にいるみたいだね。

いや でも
実際 人混みの中にいたら

音は大きくなったり
小さくなったりするのに

これに入ってる騒音は

ずっと同じ音量で
変わらないんだよ。

えっ?
一定の音量で流れ続けてるの?

うん…。 もしかしたら これ
会話マスキング音かもしれない。

会話マスキング音って 何?

人工的に合成されたノイズを
流す事で

そこで会話してる声を
マスキング… 包み隠すの。

それで 周りにいる人たちには
会話の内容が聞こえにくくなる。

ああ…。

プライバシー情報や機密事項が
関係者以外に

漏れ聞こえてしまうのを
防ぐために

マスキング音を流す機械を
置いている職場があるって

聞いた事がある。
渡辺さんの会社に

そういう場所があるか
調べてきます。

(日美子)
悲しいお知らせがあります!

昨日のイベントのあと
渡辺さんが亡くなりました。

当面のイベントは中止します。

事件の事は
取引先とは話をしないこと。

(名取摩耶)ですが… 新聞に
記事が載ってしまっています。

そんなの
どうとでもごまかしなさい。

(日美子)いい?

子供服には

安心で安全というイメージが
どれだけ大切かは

わかってるでしょ!

部長 警察の人が…。

あなたに任せるわ。

えっ… あっ はい。

さあ! 仕事しましょう!

タイアップの件は
どうなってるの?

お待たせしました。
(土門 薫)いえ。

そこが渡辺和登さんの席ですか?
ええ…。

昨日のイベントで

渡辺くんが着ぐるみになって
子供たちに配ってた

風船の余りも飾ってあげて…。

こちらの社内に

会話マスキング音を流している
場所はありますか?

えっ? あっ
これの事なんじゃないかなあ…。

(会話マスキング音)

この機械が発している音を
確認してみましょう。

オーケー。

♬~

あの… 渡辺さんは

誰かから パワハラ
受けていませんでしたか?

パワハラ

うーん…
うちは邪馬台国だから…。

邪馬台国

あっ… ヒミコ様が君臨している。

宝井日美子部長…。

声を調べる?

なんで
そんな事しなくちゃならないの?

あの場所には 会話内容が
外の人には聞こえないように

会話マスキング音が
流されてますよね。

その音と
渡辺さんが持っていた

ボイスレコーダー
入っていた音が 一致しました。

つまり 渡辺さんは
あの場所で録音を行ったんです。

で 録音内容から

彼は パワハラを受けていたと
思われます。

パワハラ

彼にパワハラをしていた人物が
誰なのかを特定するために

女性社員の方 全員
声紋検査を受けてください。

声紋検査…。

(日美子)パワハラなんか
あるわけないでしょ?

うちの会社は ハラスメントの研修も
ちゃんとやってる!

あっ 部長…。

検査を受けたほうが
よろしいかと思いますが…。

名取課長は うちで
パワハラがあったと思ってるの?

めっそうもございません。

ただ 疑われたままだと
みんな 不愉快だと思うんです。

いいわ。 受けましょう。

でも それで
誰もやっていないと証明できたら

あなたたちを
名誉毀損で訴えてやる!

ヒミコ様 怖い…。

(呂太)名取摩耶さん。

はい。

「私に逆らったら どうなるか
わかってるわよね」

繰り返してください。

私に逆らったら どうなるか
わかってるわよね。

先ほどは 部長への進言
ありがとうございました。

部下たちの潔白を
証明したいだけです。

どんなに
渡辺さんが足手まといでも

みんな
辛抱強く接していましたから。

足手まとい…?

着ぐるみは頑張ってましたけど
通常の業務はミスが多くて…。

(松川恵利香)
どうしてくれるのよ!

(摩耶の声)彼のせいで
多額の損失が出た事もあるんです。

(呂太)松川恵利香さん。
はい。

「仕事のできない人間に
生きてる価値はない」

繰り返してください。

仕事のできない人間に…
生きてる価値は…。

もう少し大きな声で。

仕事のできない人間に
生きてる価値はない。

「目障りだから死んでよ。 死ね」

目障りだから死んでよ。 死ね。

(呂太)宝井日美子さん。

「私に逆らったら どうなるか
わかってるわよね」

繰り返してください。

私に逆らったら どうなるか
わかってるわよね。

(笑い声)

こういうセリフ
私も 散々言われてきたわよ。

昔は パワハラなんて言葉
なかったから。

上司の理不尽な命令に
耐えて 耐えて…。

でも その悔しさが

上の立場に行きたいっていう
原動力にもなった。

もう いいわよね。

こんな余計な事に
付き合ってる時間はないの。

余計な事って…。

共に働いてきた仲間が
殺されたんですよ。

フフ…。

(ドアの閉まる音)

女子社員に
化粧濃いねって言ったら

もうセクハラ。

ちょっと叱っただけで
パワハラだって騒ぐ子もいるし。

面倒くさい時代になりましたよ。
あっ ここです。

(ノック)

(有馬芳明)
有馬です。 室長は すぐに…。

恐れ入ります。

(小西多鶴子)はい。

室長の小西です。

本業は弁護士をやっております。
どうぞ。

社員ではない という事ですか?

はい。
セクハラ パワハラ マタハラ。

様々なハラスメントがありますが

多くの場合
社員同士 見て見ぬふりをします。

私は 被害者の相談を受け
事実関係を調査し

三者的な公平な立場で
判断する事ができます。

渡辺和登さんから
相談は受けていましたか?

お答えできません。
守秘義務がありますから。

「仕事のできない人間に
生きてる価値はない」

「目障りだから死んでよ。 死ね」

被害者にパワハラをしていた
人物は 誰なのか?

声紋を比較しましょう。
まずは名取課長から…。

(呂太)うん。

(呂太)違う。 名取課長じゃない。

次は 松川主任。

(呂太)この人も違う。

(呂太)違う。

(呂太)うーん… 違う。

♬~

(呂太)うん… 違う。

(呂太)うーん 違う…。

♬~

(呂太)
うーん… ヒミコ様でもない。

販売促進部の中に
声紋が一致する人はいなかったわ。

わざと 口調を変えた奴が
いたんじゃないですか?

口調を変えたくらいじゃ
だまされないよ。

声紋鑑定というのは

ただ 音の違いを
比べているわけじゃないの。

声に含まれている周波数から
その人の発声器官

つまり 声帯や のど

口や鼻の形状までも
解析して

同一人物が発している
声かどうかを

調べている。

ものまね芸人が
いろんな声色を使ったとしても

同じ人の体から出てる声だって
見破る事もできちゃうんだよ。

誰の声紋も一致しなかった…。

被害者にパワハラをしていた女は
誰なんだ?

(日美子)有馬さん。

宝井部長。

うちの亡くなった渡辺が

ハラスメント相談室に
パワハラを訴えてたって 本当?

室長に聞いてください。

あの堅物が話すわけないでしょ?

あなたが入社した時
私は あなたの教育係だった。

覚えてる?

だから 教えて。

そういう発言も

パワハラになりますよ。

(店主)はい お待ち。

(呂太)いただきまーす!

ガミガミ 口うるさい上司がいたら
パワハラなの?

いや その上司と部下の間に
ちゃんと信頼関係があれば

ガミガミ言われたって
部下はパワハラとは思わない。

だよね~。

互いに信頼も尊敬もない。

ただ 下の者を いたぶったり
脅したり 無視したり。

それがパワハラ

毎日 そんな事されたら

心が折れちゃうだろうね。
(蒲原)ああ…。

なんで いい大人が
ハラスメントをするんでしょうね。

上に立つ者こそ
謙虚でなければいけないのにね。

はい。

私は 肝心な事を忘れていました!
えっ… 何?

地声の高い低いは

その人の発声器官の大きさに
関係しています。

この理論をもとに

身長と声との関連を調べた
統計調査を見つけたんです。

(宇佐見)この統計によると
身長が高い人は声が低く

逆に背の低い人は
声が高い傾向が見られるんですね。

ボイスレコーダー
録音されていた声の高さを

この統計に当てはめてみると

女性の推定身長は
160センチから165センチ。

男性の身長は 180センチから
185センチなんですが

渡辺さんの身長は
170センチなんです。

身長が違いすぎますね。

あくまでも統計でしょ?
例外や個人差もあるよ。

ですが 録音の声が
本当に渡辺さんの声なのか…。

その鑑定を
私は まだやっていませんでした。

被害者本人の声が入っている
音声か映像が必要なんですね?

すぐに探してみます。

マリコさん?
うん。

信頼されてるよね~。

失礼します。

渡辺和登が映っている映像を
彼の友人から借りてきました。

映像から
渡辺さんの声を取り出して

ボイスレコーダーの声と
照合してみましょう。

(蒲原)先月 高校時代の
バレーボール部の仲間たちと

生徒の試合を見に行った時の
映像です。

あっ 渡辺さんが映ってますね。

(呂太)スティックバルーンだ!
(日野)遺留品にあったね。

渡辺和登は
いつも応援係だったそうです。

応援係?

高校3年間 一度も試合に出られず
ずっと応援する側。

この映像から

彼の声だけ取り出す事って
できる?

うーん… どうかなあ?

大勢の人の声が混ざってて
雑音も多いからなあ…。

このあと
飲み会の映像も入ってます。

「後輩たちも
いいプレーができました」

「これからも 皆さんで
盛り上げていきましょう」

いた!

「じゃあ 次 和登」
「はい!」

「(グラスの倒れる音)」
「すいません」

彼の声だわ。 戻して。

「次 和登」
「はい!」

「(グラスの倒れる音)」
「すいません」

「何やってんだよ」
「すみません。 おしぼりください」

これで調べられる。

(呂太)さっきの映像の音声を
声紋グラフにしてみたよ。

「何やってんだよ」

「すみません。 おしぼりください」

「すみません。 おしぼりを!」

ボイスレコーダーの声紋と
比較照合をすると…。

「すみません。
もう勘弁してください」

一致した。
これって…。

ボイスレコーダーの声は
渡辺さんの声じゃなかった…。

なんで? 一致したのに…。

渡辺さんの声は この部分。

声紋が一致したのは

別の人が
「すみません」と言っている

この部分なの。
別の人?

「すいません。 おしぼりください」

もう一度 映像を見せて。
うん。

「(グラスの倒れる音)」
「すいません」

(男性)「何やってんだよ」
「すみません。 おしぼりください」

「すみません。 おしぼりを!」

ストップ。

この人。

♬~

お父さん。

パパ~!

(蒲原)すいません。

瀬戸将吾さんですね。
(瀬戸将吾)はい。

(蒲原)あなたの印刷工場は

ヤングウェアカンパニーの仕事を
請け負っている。

あの会社の販売促進部のフロアに
行った事ありますよね?

時々 打ち合わせや
校正をしてもらいに行きますけど。

そこで パワハラ被害に
遭っていたんですね。

いや パワハラなんて そんな…。

殺害された渡辺和登さんが
持っていました。

(ボタンを押す音)

「もう勘弁してください」
(ボタンを押す音)

これは あなたの声です。

違う。 僕の声じゃない。

声紋が一致しているんです。

教えてください。

あなたにパワハラをしていたのは
誰ですか?

パワハラなんて されてません!

瀬戸将吾が
父親から引き継いだ印刷工場は

ヤングウェアカンパニーの
下請けで成り立っている。

下請けの立場なら
パワハラを受けていても

泣き寝入りするしか
ないんだろうな。

仕事をもらうためには
我慢するしかない。

うん…。

そんな瀬戸将吾の状況に
渡辺和登は気がついたんだろう。

♬~

(マリコの声)2人は

高校のバレーボール部の
仲間だったのよね。

(土門の声)仲間を救うためか

あるいは 他に目論見が
あったのかは わからないが

渡辺和登は 先週の月曜日

瀬戸将吾が会社に来る時間に
合わせて

ボイスレコーダーを仕込んだ。

すみません。
もう勘弁してください。

(土門の声)録音に成功した渡辺は

パワハラの加害者に
揺さぶりをかけたのかもしれない。

それで 口封じに殺された。

瀬戸さんにパワハラをしていた
加害者は誰なんだろう?

瀬戸に仕事を発注しているのは

この2人だ。

(呂太)松川主任も 名取課長も
声紋は一致してないんだよね。

録音が行われたのは
先週の月曜日 午後1時5分。

その時だけ 普段とは違う
声紋だったとしたら…。

えっ?
そんな事ってあり得るんですか?

まいど~! 今日は猫どら焼き。

いつも ありがとうございます。
お茶でも淹れましょうか。

マリコさんが気にしてた
被害者の右肩 調べた。

(早月)右肩の関節部分に
人工骨が入ってた。

人工骨…。
手術を受けていたんですね。

高校生の時 バレーボールの
練習中に右肩を骨折。

うん。 痛みをこらえて
そのまま 練習続けていたために

症状が悪化して

右肩に
人工骨を入れる手術を受けた。

何か
後遺症は あったんでしょうか?

え~ リハビリ後の診断記録では

右腕上方可動域は150度まで。

それ以上 上がらないって
書いてある。

150度って このくらい?

まあ ここまで上がれば

日常生活 問題ないだろう
という事で 治療は終了。

(亜美)
え~ でも バレーボールって

ブロックとか アタックとか
難しいですよね。

まあ
それで 一度も試合に出られず

応援係だったんだね。

応援係…。

じゃあ 今日は これで。

えっ? お菓子食べないんですか?
(早月)あっ…。

ああ…。

これから 歯医者なの…。

虫歯かなんかですか?

はい。 これ以上 放置したら

歯を抜く事になるよって
娘に脅かされて

歯医者通い 始めました。

歯医者さん!

歯を治療したのかもしれない。

先週の月曜日の午前中

あなたは半休を取って
歯医者に行ってますよね。

ええ。 それが
なんだっていうんですか?

声を特徴づける要素の一つが

のど 口 鼻の空洞部分の容積です。

口の中に
このような綿が入っていたら

空洞の容積は変わり
普段の声紋とは変わってきます。

その日 歯の治療で

あなたの口の中には
止血のために 綿が入れられた。

その状態で出勤して
瀬戸将吾さんと会話をした。

口の中に綿が入っていた時と
そうでない時とでは

発声器官の形状までも分析する
声紋には差が生じてくる。

あなたは
その事を知ってたんですよね。

声楽科出身で

声に関する科学的知識も
お持ちのようだ。

だから 自分から
検査を受けると言いだした。

あなたの思惑どおり
声紋は一致しなかった。

もう一度
この綿を口の中に入れた状態で

声紋をとらせてください。

瀬戸さんに
パワハラをしていたのは

名取課長 あなたですね。

私に逆らったら どうなるか
わかってるわよね。

すみません。

仕事のできない人間に
生きてる価値はない。

目障りだから死んでよ。

死ね。

フフッ…。

瀬戸さんは なんて言ってますか?

私にパワハラされたと
彼が言いましたか?

何も言ってないでしょう?

彼が言うわけないもの。

被害者がいないなら
加害者もいない。

ハラスメントはなかったって事よ。

仕事があるので。

♬~

はい オーケー!
(手をたたく音)

ああっ!

あっ…。

あなたにパワハラをしていたのは
名取課長だったんですね。

パワハラなんて されてません!

瀬戸さん。

事実を公表できない
あなたのお立場は理解しています。

でも 私たちは

渡辺さんを殺した犯人を
突き止めたいんです。

彼にとって あなたは
ただの部活仲間ではなかった。

高校時代 渡辺さんは

上級生から イジメを受けていた
時期があるそうですね。

それを あなたが助けた。

で これ 何?

俺らのせい?
(瀬戸)ちょっと 何やってんすか!

和登に手を出すな!
なんだよ。

(土門の声)あなたに救われた事を
ずっと感謝してた渡辺さんは

今度は 自分があなたを助ける番だ
と思ったんでしょうね。

助けてほしいなんて
僕は ひと言も言ってないのに…。

今日 課長が お前に
パワハラしてるとこ 録音した。

えっ!?

課長は 瀬戸をいたぶって
ストレスの はけ口にしてる。

そんな事されて黙ってちゃ駄目だ。
告発しよう。

課長に何言われたって
僕は平気だ。

嘘だ。 眠れないんだろ?

食欲もないって
お前の奥さんも心配してる。

瀬戸 勇気出して
名取課長を告発しよう。

俺が応援する。

(瀬戸)余計なお世話だ!

家族を養うには
仕事をもらわなきゃならない。

何されたって
我慢しなきゃいけないんだよ!

帰れ!

二度と余計な事するな。

♬~

(土門の声)その後 渡辺さんとは?

会ってません。

パパ~!
ん? どうした?

この風船…。

風船は ヤンヤンにもらったの?

うん。 パパと
ヤンヤンに会いに行った。

事件があった日
イベントに行ったんですか?

この子が ヤンヤン大好きで。

あっ ヤンヤンだ!

でも あれは
渡辺と会った事にはなりませんよ。

着ぐるみのあいつを
ただ見てただけです。

あれ?

止めてください。
はい。

渡辺さんの右腕の上方可動域は
150度。

これ以上
上がらないはずですよね。

ええ。 高校の時から あいつは
右腕を真上には上げられません。

なのに この着ぐるみは
垂直に腕を上げてます。

(瀬戸)言われてみれば…。

この着ぐるみには 本当に
渡辺さんが入ってるのかしら?

♬~

マリコくん 何やってるの?

着ぐるみを着ても
歩き方に個人差が出るかどうか

検証実験をしていました。

ああ 着ぐるみを着てても

歩幅や歩行周期の違いから
個人識別はできそうです。

じゃあ 亜美ちゃん
ヤンヤンの歩き方を分析してみて。

はい。
(キーを打つ音)

まずは イベント前半の
ヤンヤンの歩き方。

(キーボードを打つ音)

♬~

そして イベント後半
風船を配っている時のヤンヤン

♬~

(宇佐見)
一致しないっていう事は…。

前半と後半では

着ぐるみの中の人が
入れ替わっていたんだわ。

風船を配っていたのは
やはり 渡辺さんじゃなかった。

でも なんで入れ替わったの?

恐らく 渡辺さんが殺されたのは
イベントの途中だったのよ。

前半と後半の間に殺害された。

殺された彼に代わって

着ぐるみに入って
彼になりすました人物がいる。

(日野)でも 着ぐるみには

本人以外の痕跡は
付着してなかったんだよね?

ええ。

ヤンヤン
もう1体あるんじゃないかしら?

(加藤)前に使っていたのを

保管してあるはずだけど…。

あっ! あったよ!

(加藤)それです。

♬~

(宇佐見)血痕がありました。

♬~

ねえねえ ねえねえ
これって 髪の毛?

(宇佐見)毛根は ついてないね。

付着物を調べてみよう。

マリコさん!

(ドアの開く音)

付着物が わかりました。

これは…。

この会社の物置にあった

もう1体の着ぐるみを
調べたところ

着ぐるみの足元に
血痕がありました。

被害者 渡辺さんの血液でした。

着ぐるみの頭部の内側から
採取された毛髪には

付着物がありました。

市販品の
アフターシェーブローション

ヒゲを剃ったあとにつける
保湿剤でした。

ヒゲ…?

有馬さん あなた
名取課長と交際していますね。

あなたには家族があるから
彼女とは不倫関係。

彼女に頼まれて あなたが
渡辺さんを殺したんですね?

私が殺すわけないでしょう。

では
DNAを調べさせてください。

着ぐるみからは
汗と唾液も検出されています。

あなたのDNA型と
照合したいので お願いします。

どうしました?

あなたが犯人でないのなら

DNA型の提供を拒否する理由は
ありませんよね。

ねえ!

あれは… 事故だったんです。

何があったか 話してください。

先週の火曜日

室長が留守の時
渡辺くんが相談室を訪ねてきた。

(摩耶の声)「仕事のできない人間に
生きてる価値はない」

「目障りだから死んでよ。 死ね」

出入り業者への課長のパワハラ
やめさせたいんです。

事実関係を調査しよう。
これは預からせてくれ。

いえ。

大事な証拠だから

告発が成功するまで
俺が肌身離さず持ってます。

(有馬の声)室長に報告する前に
摩耶に話したら…。

渡辺の奴 余計な事して…。

もみ消して。

できないよ。

私との関係
奥さんに話しちゃおっかな~。

本当 お前って怖い女だよな。

あっ いい方法 思いついた。

渡辺が着ぐるみ着てる間に

控室に忍び込んで
録音を消してきてよ。

(有馬の声)
ただ 控室に近づくには

警備員の目を
ごまかさなければならない。

それで もう1体の着ぐるみを
物置から持ち出して

ヤンヤンの格好で
あの場所に行ったんですね。

渡辺くんが
イベント会場にいる間に…。

♬~

どこだ? ボイスレコーダー…。

♬~

ない…。

(物音)

(ドアの開く音)

有馬さん!? 何やってるんですか?

いや あの…。

なんで 有馬さんが
そんな格好して ここに?

有馬さん! ねえ ちょっと!
有馬さん!

(有馬)離せ!

(頭をぶつける音)

(渡辺のうめき声)

大丈夫か? 渡辺くん。

(有馬)あっ…!

まずい… まずい…!

♬~

何してるの?
会場に戻って 風船を配りなさい!

(有馬の声)仕方なく
渡辺くんのふりをしていました。

ヤンヤン ありがとう。

ヤンヤン ありがとう。

渡辺くん 着替えてきていいよ。

(有馬の声)
控室には戻らずに 逃げました。

(有馬の声)
本当に殺すつもりはなくて。

あれは 事故だったんです!

すぐに救急車を呼んでいれば
彼は助かった。

お前が殺したも同然だ。

♬~

(ドアの開閉音)

イベントの途中で 渡辺さんが
なぜ 控室に戻ったのか。

その理由を科学的に証明する事は
できませんが…。

あの日 イベントの途中で
彼は気づいたんだと思います。

(女性)ワン ツー
ワン ツー スリー ゴー!

(マリコの声)
瀬戸さんが会場に来ている。

それで 控室に

これを取りに戻ったんだと
思います。

スティックバルーン?

高校時代 渡辺さんは怪我で

バレーボールが
できなくなってしまった。

それでも バレー部をやめずに
応援係をやっていたんですよね。

イエーイ!

(マリコの声)あの時のように

今も
自分は あなたを応援している。

そう伝えたくて

スティックバルーンを
取りに戻った。

着ぐるみは しゃべれませんが

これを振れば あなたには伝わる。

(マリコの声)
僕が応援しているよって。

応援…。

瀬戸 勇気出して
名取課長を告発しよう。

俺が応援する。

イエーイ! いいぞ 瀬戸~!

お前ならできる!

今も きっと
彼は あなたを応援しています。

♬~

(瀬戸)名取課長。

あなたの
僕に対するパワハラ行為を

告発します。

仕事 打ち切るわよ。
(瀬戸)構いません。

僕は戦います。

そうはさせないわよ!

仕事を打ち切るなんて横暴

私が許しません!

渡辺さんも瀬戸さんも

私たちと共に働く仲間なのよ。

あなたには
厳しい処分が下るでしょう!

パワハラの証拠は
そろってるしな。

♬~

ありがとう。

私も責任者として
裁きを受けます。

一緒に ハラスメントの相談室に
行きましょう。

♬~

応援している…。

ん?

なんでもない。 帰りましょう。

♬~

全部ください!
(店員)まいどあり!

(沢 希)私が悪い母親だって
言ったんだろ!

フリマアプリで売る商品
作ってるんだよ。

(希)今日中に あと3つ
作んなきゃいけないんだから。

凶器は
犯人が持ち去ったと思われます。

(希)私の手にかかれば
なんだって売れるのさ。

(呂太)どんどん売れちゃうよ!
全部 買い取りましょう。