ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

中学聖日記 第5話 有村架純、岡田健史、町田啓太、マキタスポーツ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『火曜ドラマ「中学聖日記」 第5話』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 先生
  2. 聖ちゃん
  3. 学校
  4. 黒岩君
  5. 一緒
  6. 結婚
  7. 黒岩
  8. 勝太郎
  9. お願い
  10. 塩谷

f:id:dramalog:20181107075749p:plain

『火曜ドラマ「中学聖日記」 第5話』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

火曜ドラマ「中学聖日記」 第5話[字][デ]

有村架純主演!教師としてあるまじき純愛・・・惹かれ合う二人の運命は!?今夜、驚きの展開が待ち受ける!

詳細情報
番組内容
夜の砂浜で、キスをしてしまった聖(有村架純)と晶(岡田健史)は聖のマンション前で勝太郎(町田啓太)と愛子(夏川結衣)と鉢合わせてしまう。話をしようとする聖に勝太郎は「信じてる」と言うばかり。翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明するが・・・。一方、愛子が学校に行ったと知った晶は学校に向かう。そこで、自宅謹慎を命じられた聖と会ってしまい・・・。
出演者
有村架純 岡田健史 町田啓太 マキタスポーツ / 夏木マリ 友近 / 吉田羊 夏川結衣
原作
かわかみじゅんこ中学聖日記」(祥伝社フィールコミックス)
脚本
脚本:金子ありさ
音楽
音楽:小瀬村 晶 信澤宣明
主題歌:Uru「プロローグ」(ソニーミュージックレーベルズ
スタッフ
プロデュース:新井順子
演出:坪井敏雄
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/
◇twitter
https://twitter.com/chugakusei_tbs
@chugakusei_tbs
◇instagram
https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/

 


(聖)「好きだけじゃ ダメらしい」

「犯罪って」

「どこから どこまでが」

先生って 呼ばないで

そんな資格ない

(晶)誰が 何言おうと 関係ない

僕… 先生が好きです

(愛子)晶

帰るよ 晶
嫌だ

晶… 晶!

これ以上 怒らせないで

(勝太郎)風呂 入れたから
先に その足…

勝太郎さん

私 話さないと…

今までのこと

さっきの…
いいよ 言わないで

信じてる

あの 黒岩って生徒?
聖が ずっと手 焼いてた問題児の

頑張って 先生やって

それで 向こうのペースに
引きずり込まれたんでしょ?

でも 私…
いいから 気にすんな

あっ それより…

親御さんに心配かけないように
ちゃんと対応しないと

これ以上
問題が大きくならないように

俺から ずっと…

ずっと先生が好きで

好きって言い続けて

そしたら 先生も 俺のことを…

バカなこと言わないで!

あんたは まだ中学生

子供なの

忘れなさい

嫌だ
もう二度と会わせないし

こんなの絶対 許さない
どんなに反対されても関係ないよ

あんたが どう言おうと この先…

つきあうなんて できない

母さんだけじゃない
世間が許さない

だから これでもう終わり…
終わりじゃないよ!

いつか先生と結婚する

寝ぼけたこと言わないで!

顔 洗って 目 覚ましなさい

何だよ もう… 痛えし

(深く息を吐く)

(バイブレーター着信)

「今 大阪着きました
また夜 連絡します」

<相手は 生徒>

<何やってるの? 私>

<生徒相手に>

(バイブレーター着信)

はい
☎(塩谷)塩谷です

☎今から
学校へ来ていただけますか?

はい

どっか やった…

(上布)携帯なら ないよ

社長が解約するって
えっ…

今日 学校行った帰りに

学校!?

(ノック)

失礼します

(塩谷)座って

あなたには
淫行の疑いがあります

着任してから 今まで

そして ゆうべ
何があったか

すべて 話してください

黒岩君は

今 思えば 最初から

どこか違う生徒でした

《(淳紀)黒岩》

《大丈夫? 頭 打った?》

《頼むから これ以上…》

《イライラさせないで》

着任早々
何をやっても うまくいかなくて

自信を失ってたときに
黒岩君は

《「好雨 時節を知り
春に当たりて 乃ち…」》

私が教えたことを
楽しそうに覚えてくれて

こんな私を頼ってくれて

《黒岩君 落ちたの?》

《頭 打ってない?》

《僕のこと
嫌いにならないでください》

教師として 未熟だった私は

自分に好意を寄せてくれている
黒岩君に

支えられたんです

結婚を控えて
不安なのもありました

彼との新生活

うまくいくかどうか

そういう現実より

黒岩君と一緒にいると

ドキッとしたり

学生時代に戻ったみたいに
切なくなったり

そんな気持ちが
黒岩君にも伝わって

ますます 歯止めがきかなくなって

ゆうべも…

花火大会の帰り

二人で会って…

キスをしました

反省しています

浅はかで

愚かでした

教師は 辞めます

もう二度と
黒岩君には近づきません

晶が生まれたとき

3080グラムでした

すぐに黄だんが ひどくなって

保育器に入りました

夜泣きも激しくて

手のかかる子でした

40度の熱が出て

口から泡ふいて
意識がなくなったとき

救急病院に駆け込んで

地震かと思ったら

自分の体が震えてた

言葉は遅かったから

毎週 図書館で 絵本を3冊

寝る前に 読み聞かせて

いつの間にか 二人で寝て

そんなふうに…

毎日

一生懸命 育ててきたのは

息子を一人前にするため

立派に人生を歩んでもらうため

(塩谷)黒岩さん

あなたに
楽しんでもらうためじゃない

あの子は
あなたへのプレゼントじゃない

黒岩さん…
結婚への不安?

そんなの どうでもいい

あんたの退屈しのぎに
何で うちの晶が…

利用されなきゃならないのよ
ねえ!

(塩谷)お怒り ごもっともですが
ですが ここは…

何とぞ お願いします

(塩谷)あなたが進退を
勝手に決められると思いますか?

(塩谷)神奈川県
青少年保護育成条例 第31条

「何人も青少年に対し」

「みだらな性行為または」

「わいせつな行為を
してはならない」

それは 処罰の対象です

教師としても 人としても

あなたは 失格です

これから校内で
対応を協議します

結果が出るまでは 自宅謹慎

学校には来ないように

生徒とも
決して 接触しないように

はい

分かりました

本当に…

申し訳ありませんでした

おいしょっ… 熱い 熱い 熱い

熱い 熱い 熱い…

おいしょっ

よっし

晶君
冷やし中華 ごまだれ

できたよ

晶… あれ? 晶君?

あっ…

(上布)やられた…

先生!

先生 大丈夫ですか?

うちの親 先生に何て…?
いいから

もう帰りなさい

先生?

黒岩君 何をやってるの?

処分が出るまで 接触禁止です

処分!?

(塩谷)もう お母さんは
帰られましたよ

あなたも早く…

黒岩君!

先生…

処分って まさか…
学校 辞めるんですか?

そうよ
もう 会えないんですか?

そうよ

結婚するんですか?

そうよ

ごめんなさい もう忘れて
やだ…

やだ…
あれは 間違いだった

やだ…
いけないことなの

何で…?

あなたが 15だから

先生!
(田辺)黒岩!

黒岩君
先生を辞めさせないでください

お願いします!

僕が やめますから
僕が 学校 やめますから

何 言ってんだ
あなたは やめることはできません

じゃあ もう 話しません
先生の顔も見ません

諦めます だから…

先生をこのまま学校に…

お願いします!

お願いします!

(小西)彼女 こっち来んねや?
ちょっと…

いや ホンマ… ほな あれやんけ
待ちに待った新婚生活やんけ

すいません 小西さんを差し置いて
腹立つわ~ けど お前

結婚パーリーやんねやったら
任しとけ バッチリ仕切ったるから

ありがとうございまーす

(あくびをする)

(原口)おかしい そして 怪しい
うわっ…

何がですか?

ゆうべ 花火大会で

聖ちゃん あんたの電話
なかなか出なかったり

どこにいるか分かんなかったり
様子が変だったのに 急転直下

一緒に暮らすことになったわけ?
へえ~

笑うなや
真顔 やめろ

いや… どうすりゃいいんですか?

何があったの? ゆうべ

ですから

あのあと話し合って

聖が学校 辞めて
一緒に暮らすことになった

そういう自然な流れですよ
教師 辞める?

はい
あんなに一生懸命だったのに?

不自然 極まりないけど

なので… 原口さんの…

その…

リクエストに
お応えするわけには…

《欲しくなった》

《何がですか?》
《川合が》

おめでとう よかったじゃん

はあっ はあっ はあっ…

やっぱり ここか
ダメだよ

よく考えて

晶君 今 先生に
会ったり 話したりすればするほど

ちょっと待って
先生の立場 悪くなるんだよ

先生のこと 大事に思うんだったら
今は会っちゃダメ なっ?

ちょっ ちょっ…

自転車… あっ 晶君…

(九重)聖ちゃんが謹慎になった!
(るな)末永が謹慎!?

(九重)さっき 黒岩が来て言ってた
(淳紀)謹慎って 何で末永が?

もしかして 黒岩と何かあった?

二人で会ってたのを
親に見つかったとか何とか…

何それ? 淫行?

ねえ 黒岩は今どこ?
それが… 金貸せって…

お金!?
何で?

(九重)
行きたいとこがあるからって…

あの… 黒岩といいます
(警備員)はい

建設産業部の…

川合勝太郎… さん いますか?

えっ… どちらの川合さん?
あっ…

ほら 会社ようさん入ってるでしょ
会社名 言うてもらわんと

分かりませんわ
会社か えっと…

君…

黒岩少年?

はい どうぞ

これ…
ミックスジュース

すいません

そっちなんだ…

よく分かんないんだよね

中学生なんて
一番触れ合わないゾーンだから

これ 見て うち来たの?

あの… 川合さんは?

出張

悪いね せっかく来てもらったのに

聖ちゃんも謹慎か…

僕のせいで…

で?
川合に会って どうする気?

分かりません

聖ちゃんをくれとでも言うの?

言ったら… くれますか?

くれないだろうね

会えば…

何か変わるかなあ… とか

話したら 分かってくれるかな…
とか

色々考えて…

僕には…

聖ちゃんしか いないから

何か…

いいね それ

この人しかいない

そう思えるのって いいね

何にもないようで…

すごく持ってる感じがする

さすが 少年

黒岩晶です

君は ただの少年

だからもう おうちに帰りなさい
きっと お母さんも心配してる

これ以上 うろついたら

おまわりさん呼んで
補導してもらうよ

悔しかったら

早く大人になれ

少年

ありがとうございます

(雨音)

どこ行ってたの!

晶… 晶!

離せよ
来なさい!

早く!

もし 今度 勝手なまねしたら
教育委員会に電話して

あの人 即刻 クビにしてもらう

脅しじゃないわよ

あんたが
ここまで おかしくなって

手のつけられなくなった原因が
あの人なら

責任は取ってもらう

もし それが嫌なら ここにいて

おとなしくして

待って

分かった

何でも言うこと聞くから

勉強しろって言われれば するし

先生のことも諦めろって言うなら

そうする

だから…

お願いします

先生を辞めさせないでください

お願いします

お願いします

とにかく 学校から…

連絡 来るの 待つから

お願いします

(塩谷)岩崎さん どうしました?

末永先生 学校 辞めるんですか?

誰が そんな?
お願いします 教えてください

黒岩と何があったんですか?

ニュースになるようなことですか?

だったら クビですよね?
男の先生だったらダメで

女の先生だったら いい
なんてこと ないですよね?

末永先生に…

辞めてほしいの?

たぶん…

はい

でも それは
先生が大嫌いとかじゃなくて…

べつに好きでもないけど…

でも それより自分が
どんどん嫌な子になるから

もう…
自分じゃ止められなくて

つらいです

(千鶴)出たの? 処分
はい

さっき 連絡があって

退職届 「依願退職」として

受理してくださるそうで

聖…
でも…

どうでもいいんです それは

えっ?
それより…

黒岩君に申し訳なくて

ぶつけてくれた気持ち

受け止めることも
受け流すこともできなくて

他の生徒達にも…

何一つ 指導できずに…

元々 向いてなかったんです

教師は…

もう辞めます

辞めて どうすんのよ?
勝太郎さんは 大阪に来いって

言ってくれて…

でも…
今のまんまじゃ 甘えるばかりで

とりあえず 一度

実家に戻ろうかと迷ってて…
うん…

分かった

なら 行くよ
どこに…?

あっ…

行って 報告しな ご両親に

生徒 好きになって
学校 クビになったって

あんた ホントちゃんと考えた?

何で こうなったか

何で あれだけ言ったのに 教師と
生徒の線を踏み越えていったの?

あんたにとってさ 教師って
そんなもんだったんだ?

そんなに簡単に
手放せるもんだったんだ?

こうなったら せめて 最初から
応援してくれてる親御さんに

隠さず 事情を説明して

(里美)聖?

千鶴さん お久しぶり

何? どうしたの? 聖

お父さんは?
ゴルフの打ちっぱなし

せっかく作ったのに…

あっ そうだ
聖 食べていきなさいよ

うん

はーい

ほら 座って

よかった

無駄にならなくて

はい

いただきまーす

ごめんなさい

ごめんなさい お母さん

学校…

辞めることになった

結婚も…

たぶん もう 無理

生徒を好きになったの

一緒にいるところを見られて

もう いられなくなった

そのこと…

勝太郎さんは?

知ってる

勝太郎さんさえ よければ…

結婚してもらいなさい

えっ!?
もし…

許してもらえるなら

予定どおり 結婚して

早く 大阪 行きなさい

でも 私…
他に好きな人ができた?

その子と一緒になるの?

できないことないよ

二人で駆け落ちして

聖が仕事見つけて

義務教育が終わるのを待つ

向こうが…

18歳になったら

晴れて 結婚

想像できる?

勝太郎さんは

すべて分かって

それでも聖に おいでって
言ってくれてる

そんな資格ないのに…

きっと うまくいくよ

とても そんな…
ううん

うまくいく

だって 聖

一生 感謝するよ

それが大事なの

この人に…

借りがある

私の人生を変えてくれた恩人

そう思ったら

結婚生活 必ずうまくいく

勝太郎さんとなら
幸せになれる

聖が幸せにするの

はあっ… はあっ

はあっ

えっ!?
台所 借りる あんたは風呂

いや… えっ?

もうすぐ できるから
すみません

(扇風機のスイッチを入れる)

こういうときは
食からパワーを得る

マクロビオティック

食べ物 陰と陽
バランスよくとる食養法

へえ~

どう見ても…

これから新婚生活 始まる
幸せな男の顔じゃない

幸せですよ

川合…
らしくないよ

もういいから
あんた お得意の…

見てないふり
聞いてないふり

平気なふり

強がらなくていいから

食べて 寝て

元気 出しな

相手…

中学生ですよ

いただきます

いただきます

(上布)晶君 全然 ご飯食べてない
って聞いたけど

何? ダイエット?
それとも断食中?

お邪魔しちゃおっと…

はい これ
晶君の大好きな

詰め合わせ

うん
やっぱ よかったんだよね

聖ちゃん先生
辞めて よかったんだよ

こんなシオシオとした態度を
とってるような男

そりゃ頼りにならないし

みんなに心配されて
至極当然だし

もし 認めてほしかったら

男として もっとしっかりと
したとこ 見せてくれよな

《どんな大人になりたい?》

《なりたい自分があって
その前の前に》

《今 いると思ったら》

《行きたい学校 見えてこない?》

(バイブレーター着信)

☎聖? 大丈夫か?

うん

近いうち 迎え 行くよ

大阪で 心機一転

やり直せばいい

いつでも俺は 聖の味方だから

ありがとう

あれ? 川合 休み?

あっ こいつ ほら
あの… 今日 彼女

迎え行く 言うてました

こいつ 結構 そういうとこ
マメなんすよ

あっ これもお願いします
はい

(九重)聖ちゃん
いなくなっちゃうぞ

さっき 聖ちゃんちの近く通ったら
引っ越し屋のトラックが来てた

今日 出ていっちゃうぞ
行けよ

行って 会ってこいよ

俺… お前 マジで尊敬する

まさか 聖ちゃんが振り向くなんて

確率… 0%だと思ってたから

聖ちゃん

ぶんどってこいよ

男の友情攻撃

どこ行く気?

ダメよ

ダメだって… やめて!

何で?
行ったら もう 戻れなくなる

余計 気持ちが高ぶって
そのことしか考えられなくなる

あんたの生活が
将来がメチャクチャになる

母さんには 分かんない
分かる

私も そうだったから

来て!

あんたに話してないことがある

(愛子)
あんたに話してないことがある

はっ?

(愛子)話したとおり

父さん…

あんたが5歳のときに
出ていった

仕事が うまくいかなくて…
だろ?

だから離婚した… って

そう言ったけど

母さん

好きな人ができたの
はっ!?

父さんが出ていったあと
相談にのってくれた

父さんが作った家具 買ってくれた
建築家の人で

一緒にいると楽しくて

夢中になって

離婚して あんたを連れて
彼の所に行こうと思ってた

でも 彼にも家庭があって

結局 どうにも…

もう二度と立ち直れないと
思ったけど

忘れるの

今 どんなに強く思っても
時間がたてば 忘れる

本当に…
突然 夢から目が覚めるの

「絶対」なんてないし

「この人じゃなきゃダメ」
なんてこともない

ほんの一時だけなの

そのとき どんなに後悔しても
どうにもならないから

取り返しのつかないことに
なるから

特に あんたの年齢…
一緒にすんな!

そんなバカみたいな話と

一緒にすんな!
待って 晶

晶!

行けるか? そろそろ

うん

(上布)手紙のこと
話したんですか?

少しでも
聞いてほしかったから

先生に
会いに行ったのかな?

(愛子)早く いなくなって

ここから出てってほしい

《誰が何言おうと 関係ない
先生が好きです》

《もう忘れて あれは間違いだった》
《やだ…》

《やだ…》
《いけないことなの》

《何で…?》
《あなたが15だから》

(小西)原口さん どうぞ

サンキュー

《僕には…》

《聖ちゃんしか いないから》

《相手… 中学生ですよ》

あーっ もうっ

(原口)
何やってんだか まったく…

(携帯着信)

先 乗ってて

はい

☎(原口)いいの?

本当にいいの? このままで
何ですか? 今度は

悔しいの

えっ?

川合はね
もっといい男のはずなの

ふんわかしてて
抜けてるかと思えば 案外 頼れて

かと思えば天然で
かと思えば わりと仕事もできる

見どころある男なの だから

あんたがいいの

好きなの

なのに 川合
今のままじゃ

二人を引き離そうとする
ただの つまらない男

そんなの悔しいよ

あんたも分かってるでしょ?

会っちゃったの

あんたより好きな人に
会っちゃったの 聖ちゃんは

相手 中学生ですよ

(原口)そうだよ

だから 離れた

でも好きなのは 彼

あんたが幸せなら いい

でも…

そうじゃないなら 嫌

(原口)川合 もう一度 聞く

いいの? このままで

(電話を切る)

お待たせ

「この度は」

「大変
ご迷惑をおかけしましたこと」

「重ねて お詫び申し上げます」

「たった一学期だけでしたが
教師として」

「皆様と過ごせましたこと」

「幸せに思います」

「校舎に響く」

「生徒の声が好きでした」

「教えることが好きでした」

「生徒のために頑張る先生方を」

「尊敬していました」

「なのに自分から」

「すべてを台なしにしてしまって」

「本当に申し訳ありません」

(粕谷)まさか
生徒に入れ込んでたなんて…

(入江)
向いてないですよね この人

はあ…

もっと…

育ててあげたかった

先生!

先生

先生!

先生!

聖ちゃん!

聖ちゃん! 聖…

聖ちゃん!

決めたから! 進路

そこで…

大人になるから!

だから…

行かないで

待って!

聖ちゃん!

勝太郎さん

止めて
いい 今は聞きたくない

いいから 止めて

やっぱり一緒には行けない

今のまま…

このまま

勝太郎さんと
結婚することは できない

まさか…

戻るつもりじゃ…

彼とは もう二度と会わない

でも… こんな状態で一緒にいても

勝太郎さんに甘えるだけで
今のままじゃ かえって…

こんな状態って 誰のせいだよ!

誰のせいで…

こんな みっともない
バカげた状況に

俺が どれだけ…

ごめんなさい

なら…

この先 一人になって

全部 なくせばいい

<そして…>

<聖ちゃんは消えた>

<この町から…>

うわーっ!

<僕の15の夏から>

<消えた>

<そして>

<僕は18になった>