ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

僕とシッポと神楽坂 第4話 相葉雅紀、広末涼子、趣里、小瀧望… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『僕とシッポと神楽坂 #4』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 先生
  2. 井上
  3. 手術
  4. 堀川
  5. コオ
  6. コオ先生
  7. 田代
  8. お願い
  9. 達也
  10. 早苗

f:id:dramalog:20181103002145p:plain

『僕とシッポと神楽坂 #4』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

僕とシッポと神楽坂 #4[字]

坂の上動物病院、大炎上!?手術をするのが難しい心臓に腫瘍がある犬・ぐりが病院に。「1%でも可能性があるなら、見捨てるわけにいかない」と手術に臨んだ達也だったが…

詳細情報
◇番組内容
医学生の広樹(小瀧望)が、心臓に腫瘍がある犬・ぐりと、飼い主・早苗(滝沢涼子)を連れて達也(相葉雅紀)のもとにやってくる。ぐりの年齢や心臓の状態を考えると手術は難しい…。達也は「1%でも可能性があるなら、見捨てるわけにいかない」と、トキワ(広末涼子)の反対を押し切って手術に臨む!手術は成功したが、ぐりの容態が急変し…!?その翌日から、坂の上動物病院に対する心無い噂が飛び交い始め…?
◇出演者
相葉雅紀広末涼子趣里小瀧望(ジャニーズWEST)、渚(尼神インター)、滝沢涼子、矢柴俊博、矢村央希、アトム、ミーちゃん、村上淳かとうかず子
◇原作
たらさわみち『僕とシッポと神楽坂』(officeYOU 集英社クリエイティブ)
◇脚本
谷口純一郎
◇監督
飛田一樹
◇主題歌
嵐『君のうた』(ジェイ・ストーム
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子テレビ朝日
【プロデューサー】都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/
☆Twitter
 https://twitter.com/shippo_daikichi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/shippo_daikichi/

 


♬~

(すず芽)達也さ~ん! これ
どこにしまえばいいんですか?

(高円寺達也)えっ? ああ…
えっと それ あの滅菌器の上。

(すず芽)滅菌器 滅菌器…。

滅菌器…。
(物を置く音)

次 これ!

達也さ~ん これは どこですか?

ああ… えっと それ あの棚の上。

(すず芽)はーい! 棚…。

達也さん
これ あの猫ちゃんの模型…。

(加瀬トキワ)すず芽さん。

いちいち コオ先生に聞かないで
私に聞いてください。

時間の無駄です。
え~っ…!

「え~っ」じゃありません。
だって 達也さんと話したい。

すず芽さん あなたね…。

トキワさん 怖い。

怖くありません!

なんか やけにイライラして…。

あっ もしかして トキワさんって
コオ…。

更年期じゃありません!
ううん ううん。

コオ先生と私が仲いいから
嫉妬してるんじゃありません?

それは もっとありません。

くだらない事 言ってないで
手を動かしてください。

あっ…。

それは ケージの上。

(ため息)

コオ先生。
すず芽さんの事 どう思います?

いいんじゃないですか?
病院に新しい風が吹いて。

はあ? だったら 今までは
どんな風が吹いてたんですか?

いえ すみません…。

(物が落ちる音)
(すず芽)やだ もう!

ごめんなさい 達也さ~ん!
ごめんなさ~い!

どうしよう これ…。
どうしたの?

(すず芽)
トキワさん。 やだ もう…。

(田代真一)
心臓に腫瘤がありますね。

検査の結果
血管肉腫の可能性が非常に高い。

(田代)切除は可能なようですが

年齢や心臓の機能低下を考えると

手術に耐えるのは難しいでしょう。

(井上早苗)他の病院でも
そう言われました。

でも
なんとか お願いできませんか?

(田代)オペを行った場合

この子が目を覚まさないという
危険性もあります。

そんな事はできません。
(早苗)でも…。

手術をして助かる可能性も
あるんですよね?

それは…。

だったら 早く手術をして
治してやりたいんです!

お願いします!

(早苗)お願いします!

♬~

(堀川広樹)井上さん!

(堀川)
これから どうするんですか?

手術してくれる病院 探します。

諦められないんですね…。
(早苗)当たり前です!

ぐりは 家族なんです。

失礼します。

いつになったら
バイト雇ってくれるんですか?

はっきり言って あの人
ダイキチより役に立ちません。

求人は出してはいるんですけどね

なかなか 人が来てくれなくて…。

ほら すず芽ちゃんは
タダで手伝ってくれるし

厚意を無駄にするのも
悪い気がして…。

八方美人。

優柔不断。 事なかれ主義。

風見鶏。 無節操。 女ったらし~!

それ 僕と何か関係ありますか?

(ドアベル)

(早苗)お願いします。
(堀川)大丈夫です 大丈夫です。

ここ持ったら…。
(早苗)ぐりちゃん 大丈夫かな?

こんにちは。
こんにちは。

お願いします。
こんにちはっす。

(堀川)心臓の血管肉腫の可能性が
高いそうです。

切除は可能だろうという事です。

(堀川)
転移も今のところ ありません。

(堀川)飼い主の井上さんは
手術を希望しています。

(ぐりの荒い息)

井上さんと話してくる。

♬~

(ダイキチの鳴き声)

♬~

井上さん。

あっ!

ぐりちゃんは いつぐらいから
具合が悪かったんですか?

1カ月ぐらい前からです。

そうですか。

よくご看病されてましたね。

(ため息)

先生…。

お願いします。

手術して ぐりを助けてください。

断りましょう。

もしもの事があったら
取り返しがつきません。

♬~

断ったら どうなるかな…?

先生…。

井上さんは
他の病院を探し回ると思います。

その分 この子は苦しむね。

コオ先生。

それに…

この子のご家族も。

この子を助けられる確率は
極めて低いです。

(荒い息)

でも 僕は
ゼロじゃないと思います。

1パーセントでも
可能性があるなら

見捨てるわけにはいかない。

わかりました。

ありがとうございます。

難しい手術になります。

堀川くんも
手伝ってもらえませんか?

僕が? いいんですか?

力を貸してください。

はい!

(田代の声)駄目だ。
絶対に認めるわけにはいかない。

しかし 井上さんは
手術を強く希望してます。

断れば
他の病院を探すと言ってます。

レントゲン2枚 来てないよ。
(スタッフ)はい。

難しい手術なのは わかってます。

BUNは?
(スタッフ)26でした。

26ね。
(スタッフ)はい。

田代先生!
それだけじゃないだろ。

もし 手術に成功したとしても

ぐりちゃんの体力が
持たないかもしれないだろ。

お疲れ。

先生 サイン お願いします。
はい。

危険な事は わかってます。
ありがとうございます。

でも チャレンジしたいんです!

チャレンジ?

いいか…

我々 獣医師は
命を預かってるんだ。

無謀なチャレンジなど
あってはならない。

ましてや 君は学生だろ。

♬~

それに…。

手術を引き受ければ
飼い主に希望を与える。

失敗をすれば
希望以上に絶望を与える。

ん?

君に その覚悟があるのか?

ですが…!
「ですが」じゃないだろ。

これ以上 関わるな。

(徳丸善次郎)〈現代の日本では

今や 動物たちは
ペットというより 家族そのもの〉

〈これは そんな彼らの大切な命を
守るために頑張っている

若き獣医師たちの物語である〉

♬~

(鳴き声)

遅くなりました。

堀川くん。

お願いします。

お願いします。

♬~

井上さん 準備できました。

頑張ろうね。

先生…。

お願いします。

井上さんの気持ちは
受け取りました。

頑張ります。

これより
右心耳腫瘍切除術を始めます。

お願いします。

お願いします。
お願いします。

♬~

堀川くん モニターの数値の変化に
気をつけて。

はい!

呼吸バッグで補助お願いします。

1分間に6回でいいですか?
はい。

(ダイキチの鳴き声)

♬~

サテンスキーください。
はい。

♬~

(カーテンの開く音)

先生… ぐりちゃんは?

手術は成功しました。

あとは
体力の回復を待つだけです。

あっ! ああっ…。

井上さん よかったですね。

(早苗の声)
ぐりちゃん よかったね…。

(早苗)先生…。

私の無理を聞いてくれて
本当に ありがとうございました。

ぐりちゃんが
頑張ってくれたからです。

偉かったね。

今晩 僕 ここ泊まります。
どうされます?

あの…
息子の食事の支度もありますので

あの… 明日の朝 また来ます。

わかりました。

(早苗)偉かったね。

明日 また来るからね。 ねっ?

待っててね。

(心電図モニターの音)

♬~

(ダイキチのほえる声)

どうした? ダイキチ。

(鳴き声)

(心電図モニターのアラーム)

(ドアベル)

ぐりちゃん…

最後は
とても安らかな顔をしてました。

ぐりちゃん…。

(すすり泣き)

ぐりちゃん…。

(早苗の泣き声)

わかりました。

コオ先生…。

あんまり
気を落とさないでくださいね。

はい…。

♬~

♬~

(女性)待ってよ 危ないよ。
(子供)危ない~。

♬~(口笛)

おはようございます。

おはようございます。

今の なんて曲ですか?

あっ…。

『椰子の実』です。
『椰子の実』?

この曲 聴くと

なんか 心が落ち着いて
元気が出るんです。

いい曲ですね。

ダイキチは 今日も元気ですね。

相変わらず すごい食欲です。

よしよしよし。

ダイキチ…。

(電話)

はい。 坂の上動物病院です。

「11時に予約している森中です」

「あの…
キャンセルさせてください」

どうかされましたか?

もしもし?

「医療ミスがあったって
本当ですか?」

「無理な手術をして
犬が殺されたって」

どういう事ですか?

「失礼します」

もしもし? もしもし?

どうしました?

♬~(三味線)

(弦が切れる音)

(高円寺貴子)
もしや 達也の身に何か…!

♬~

なんてね
一度 言ってみたかったの。

(まめ福)…やと思った。

デビューしたてのユーチューバーぐらい
ぎこちなかったもん。

(すず芽)そうですか?
往年の名女優かと思いました。

やっぱり?
(一同の笑い声)

(堀川)「犬は死に損」?

住所まで…。

裁判!?

なんだ これ…。

(田代の声)坂の上動物病院で?

無理な手術をしたと
噂になってるようです。

(本田)達也おぼっちゃまの病院が
大変な事に…。

(トキワの声)
もう いい加減にしてください!

(ため息)
あっ 堀川くん。

どうしたんですか?

また嫌がらせの いたずら電話。

本当に しつこい。
書き込み見ました。

情報が拡散されて
あちこちで炎上してます。

患者さんも
すっかり減っちゃって。

誰が こんな事…。

コオ先生は 悪い事なんて
なんにもしてないのに。

(堀川)僕 ちょっと
気になる事があって。

気になる事?

手術は 完璧に成功したんです。

そのあと
ぐりちゃんが急変したのは

コオ先生のせいじゃない。

先生は 井上さんのために
全力を尽くしました。

コオ先生は
この騒ぎを知ってるんですか?

わからない。

そっとしておいたほうが
いいですもんね。

とにかく 早く炎上元を特定して
騒ぎを収めないと。

でも まさか あの人が…。

可能性はあります。

あのオペの事を知ってる人間は
限られますから。

僕らや田代先生は あり得ない。

となると
消去法で あと1人しかいません。

まずは
本人に話を聞いてみましょう。

ねっ!

♬~

(チャイム)

(男性)先生 すまねえ。

娘が どうしても

ロビンをナルタウンへ連れてく
って聞かねえんだよ。

俺はネットなんか知らないし

先生に限ってって
何回も話したんだけど…。

ありがとうございます。
わざわざ 足を運んで頂いて…。

すいません。
あんた 人が良すぎるんだよ。

そんな顔されたら
俺 どうしていいか わかんねえよ。

ごめん!

(カメラのシャッター音)

♬~

あっ…。
お久しぶり。

ごめんなさい。 急いでるんで。

♬~

(井上和彦)すみません
せっかく来て頂いたのに。

どうぞ。

ぐりが この世を去ってから
母は 部屋に こもってばかりで

食事も
ろくに口にしてないんです。

心配ですよね。

ペットロスの苦しみから
立ち直るのには

時間がかかりますから。

それだけじゃないんです。

(和彦の声)母は
ぐりの前にも犬を飼ってました。

その子も 重い病気にかかって

手術のあとに
死んでしまったんです。

大変な時に すいません。

お母さんは インターネットを
ご利用されてますか?

どういう事ですか?

実は 先日の手術の情報が
拡散しているんです。

えっ…。

病院のほうにも
影響が出てきてしまっているので

何か ご存じないかなと
思いまして…。

知るわけないでしょう。

それに
母はネットなんて使いません。

(和彦)
こっちは つらい思いしてるのに。

迷惑です。 帰ってください。

お気を悪くされたなら
すいません。

少しだけでいいんで
お母さんとお話しできませんか?

お願いします!
いい加減にしてください。

もう帰ってください。

♬~

(加瀬大地)おかえりなさいませ。

どうしたの? 大地。

お荷物 お持ちしましょうか?

何 気持ち悪い…。

なんだよ
せっかく教えてもらったのに…。

教えてもらったって 誰によ?

ジャジャ~ン!

キラキラ。

おかえりなさいませ。

(大地)いただきまーす!

うまい!
こんなガッツリした飯 久々。

いっぱい食べてね。

わざわざ ご飯作りに
来たわけじゃないんでしょ?

よく ここの住所 わかったわね。

大地くんが教えてくれたんです。

俺たち メル友だから。

へえ~。

(貴子)えっ? うん…。

達也の病院で?

(貴子)ちっとも知らなかった。

ああ そう。

達也ね
昔からボーッとしてるけど

いい加減な事するような
人間じゃないの。

私が一番よく知ってるから。

そう。 そうよ。

うん。 フフフ…。

ただいま。
あっ おかえり。

♬~

(大地)もう食べられない…。

♬~

じゃあ 達也さんは
悪くないんですね?

もちろん。
コオ先生は最善を尽くした。

ふう…。

トキワさん 休戦条約です。

えっ?

つまらない争いを
してる場合じゃありません。

こんな時こそ 私たちが団結して
力にならないと!

あっ…。

達也さんのために
何かできる事ないんですか?

♬~

(霧吹きの音)

♬~

(携帯電話の振動音)

はい 田代です。

えっ?

(店員)
いらっしゃいませ。 こんばんは。

待ち合わせです。
ご予約のお名前は?

ええ… すいません。
はい。

いいですか。
えっ… 鏡? あっ はい。

♬~

うん? うん?

どうも。 さあ… さあ さあ。
まあ まあ まあ。 どうぞ どうぞ。

はい? はい?
(すず芽)どうぞ こんばんは。

あっ こ… こんばんは。
(すず芽)どうも。 待ってました~。

あのオペが 獣医学的な見地から
正しかった事を

立証してほしいんです。

それを公表すれば 病院への批判も
収まるかもしれない。

あっ そうか…
それで僕を呼び出したわけですね。

はい。

あっ… すいません。
いえいえいえ。

私も お願いしたいんです。

う~ん 難しいな…。

獣医師の数だけ
見解があると思います。

一概に
何が正しいか言えませんが

今回の件は
やむを得ないと思います。

(すず芽)どうしてですか?

達也さんは ぐりちゃんと
飼い主さんのために頑張ったのに。

(田代)助かる見込みが低いのに
オペを引き受けたら

金目当てと思われても
不思議はありませんよ。

我々は そういった可能性も
冷静に考えて

判断しなくてはならないんです。

(すず芽)なんか 堅苦しい言い方。

要するに 達也さんが悪いって
言いたいんです。

(田代)
いい悪いの問題じゃないんです。

ただ 奇跡など簡単には起きない。

(田代)失敗をすれば

キャリアや 病院の看板に
傷をつける事になる。

僕に言わせれば

高円寺先生のとった行動は
若すぎる。

それが 僕の見解です。

あ~ もう なんか イラつく!

すいません! 一番高いシャンパ
じゃんじゃん持ってきて!

(店員)どれに致します?
(すず芽)えっ 選べるんですか?

(店員)はい。
あっ じゃあ ちょっと失礼します。

でも 私は嬉しかった。

コオ先生が
オペをするって言った時

私 どこかで嬉しかったんです。

♬~

(鳴き声)

♬~

行こう。

♬~(口笛)『椰子の実』

(田代)随分 一生懸命ですね。

えっ?
(田代)高円寺先生の事。

あっ… 病院のためですから。

あなたなら
どこでも引く手あまたでしょう。

ここまでする必要は
ないと思います。

トキワさん。

もしかして 高円寺先生の事…。

(すず芽の笑い声)

田代さんって
かっこいいけどモテないでしょ?

ああ… いや…。
だって 理屈っぽい。

頭 固すぎ! カタカタ星人。
カタカタ…?

ノリも悪い!
もっと ノリノリ星人になれ!

おお おお おお…。

(すず芽)カンパ~イ!

(田代)トキワさん!
ちょっと すいません…。

(堀川)あれ? これって…。

(足音)

トキワさん。

あっ はい。

すいません
こんな事になってしまって。

コオ先生が謝る事ないですよ。

私は
絶対 コオ先生の味方ですから。

悪口言ってる奴がいたら
ぶっ飛ばしてやる。

あっ… なんか 大地みたい。

フフフ…。

(携帯電話の振動音)

あっ すいません。
(携帯電話の振動音)

もしもし。

(堀川)「トキワさん
炎上元の情報 見つけました」

お待たせ。

はあ… はあ… あそこね。

(堀川)炎上元のIPアドレス
徹底的に調べました。

間違いなく ここに通ってます。

苦労しましたよ。

過去の書き込みなんかも
一生懸命 調べましたから。

元々は 僕が持ち込んだ話なんで
当然なんですけど。

やっぱり 責任 感じてますから。

少しは お役に立てると
嬉しいっていうか…。

(店員)こんにちは。

すいません。 あの…
井上早苗さんって ご存じですか?

(店員)井上さん?

あっ ぐりちゃんの?

♬~

(オギの鳴き声)

(田代)ほら 鳴いちゃうね
ニャー ニャー ニャー…。

じっとしててよ。

よ~し よし よし よし…。
(オギの鳴き声)

田代先生…!?

先生 どうぞ。

(田代)いただきます。
はい。

変わった味だね。

ああ…
すいません あの… 安いお茶で。

ここは 以前から興味があった。

君とは いろいろあったからね。

まずは 謝っておこう。

今回の件 うちで研修中の学生が
迷惑をかけた。

いえいえ そんな…。
もちろん 最大の要因は

君が オペを
引き受けてしまったという事だ。

それは 揺るぎのない事実だ。

はい。

君が 井上さんのために

オペを引き受けたのは
わかってる。

10年前なら 私も
オペを引き受けたかもしれない。

だが 今は あの頃とは違う。

獣医師は ペットを救って当然。

失敗をすれば
たちまち 非難の嵐にさらされる。

(田代)聞かせてくれ。

もし また
今回のような依頼があったら

君は どうする?

(田代)できる事だけを
精いっぱいやろうと思わないか?

危ない橋など渡らず
確実な事だけをやる。

そのほうが 結果的に
飼い主さんも傷つかない。

誰も傷つかないほうがいいと
思わないか?

思いません。

♬~

僕は 命と向き合いたいんです。

だから オペは引き受けます。

何度でも。

♬~

馬鹿だな 君は。

しょっちゅう言われます。

だから
こんなボロボロの病院に…。

だから トキワさんも…。
(携帯電話の振動音)

すいません 失礼します。

もしもし。

「コオ先生
井上さんが いなくなったの」

「息子さんが…」

大学に行ってる間に
いなくなっちゃって

連絡もつかないの。

「井上さんの行きそうな場所は?」

息子さんが連絡してみたけど
どこにもいなかったって。

これから
私たちも捜しに行きます。

僕も行きます。
「お願いします」

井上さんが いなくなりました。
井上さんが?

すいませんが
僕 これから捜しに…。

私も行こう。 ペットロスから

うつ病不眠症を患う
飼い主さんも多い。 急ごう。

お願いします。

♬~

すいません この方…。
(女性)見た事ある?

ない。
えっ…。

じゃあ 夕方 来ます。
お待ちしております。

(堀川)井上さん!

井上さん 井上さん!
井上さん!

井上さん?
違います。

…じゃないですよね。
すいません。

はあ… どうですか?

向こうも捜してみましょう。 ねっ。

はい。

♬~

♬~

(神主)もし。

(神主)
お悩みがあれば なんなりと。

(堀川)井上さんにそっくりな人
見かけたんです。 あの…。

母さん…。

はあ… よかった…。

神社にいらっしゃったんです。
神主さんとお話しされてました。

コオ先生が
見つけてくれたんですよ。

あ… ありがとうございます。
いえいえいえ そんな…。

でも 本当によかったです。
はあ…。

(堀川)あっ そうだ。
井上さん おなかすきません?

あのね 僕ね
めちゃめちゃ買ってきたんですよ。

これが なんか
有名なおせんべいらしくて。

(堀川)で これが お菓子です。
お茶いれますね。 ごめんなさい。

これ 有名なところの…。
そうです そうです。

有名なんですよ。 知ってます?
じゃあ みんなで食べましょ。

あの… あの…。

すいません。

お話ししなきゃいけない事が
あります。

手術の事 ネットに書き込んだのは
僕です。

(和彦の声)僕の書き込みなんて
ほとんど誰も見ないと思ってた。

でも あっという間に拡散して

騒ぎが どんどん大きくなって…。

本当に… すいませんでした。

(田代)なぜ そんな事をした?

あ… あの…
わ… 私が悪いんです。

私が
ぐりに無理な手術を受けさせて

あの子を死なせてしまったから…。

母さんは悪くない。

聞いて 和彦。

ぐりの前のマロンが死んだのも
母さんのせいなの。

えっ?

母さん あの時
手術が失敗するのが怖くて

なかなか
手術に踏み切れなかった。

そうしてるうちに
時間だけが過ぎて

マロンの具合は
どんどん悪くなっていって。

その後 手術をしても
もう手遅れで 助からなかった。

だから ぐりは なんとしても
手術をして助けたかった。

(早苗)息子は
私に同情しただけなんです。

本当に すいませんでした。

謝るのは僕のほうです。

ぐりちゃんを… 救えなかった。

(早苗)先生は
精いっぱい やってくれました。

(早苗)手術を引き受けてくれた時
本当に嬉しかった。

私は ひどい飼い主です。

いろんな病院に連れ回して
あの子を苦しめた。

かわいそうな事しました。

井上さん そんな事ありません。

たとえ どんなにわずかな望みでも
信じる。

愛する者のためだったら
なんだってする。

それが家族です。

ぐりちゃんは
あなたと家族になれて

幸せだったと思います。

♬~

(早苗)ほい ほい ほい…
よいしょ よいしょ よいしょ。

よいしょ よいしょ よいしょ。

はい! ほい!

ああ 取ったの?
ぐりちゃん 取ったの?

おいで おいで…。
バンザ~イ!

おいしいの?

ちょっと待っててね。

♬~

上手に食べて…。

よし 行くか! よ~し 行こう!

あっち行ってみようか。
おいで おいで!

気持ちがいいね。 うん。

ああ 気持ちがいいね。

♬~

虹の橋で あなたを待ってます。

♬~

(早苗のすすり泣き)

♬~

はい。

♬~

7年になります。

夫が南米で行方不明になって。

今も信じてます。
必ず帰ってきてくれるって。

でも 時々 不安になる。

もしかしたら

もう
帰ってこないんじゃないかって。

そう考えだすと…。

あの時 コオ先生が…。

(高円寺の声)でも 僕は
ゼロじゃないと思います。

1パーセントでも
可能性があるなら

見捨てるわけにはいかない。

(トキワの声)
救われたような気がしました。

ありがとうございました。

トキワさん。

はい。

僕でよければ…。

(大地)勝負しようぜ コオ先生。
えっ?

俺 最近 足 速くなったんだよ。
母ちゃんに鍛えられて。

一緒に走ろう。
何… 今?

じゃあ みんなで走ろうか。
何? 何? びっくりした…。

行こうよ!
今 行くの? えーっ!

じゃあ コオ先生も
ビシバシ指導しますからね!

いやいやいや…。
母ちゃんのトレーニングは地獄だよ!

ちょっと待って… 白衣 白衣…。

田代先生。

研修も終わりだそうだな。
はい。

ナルタウンで学んだ事を忘れずに
頑張っていきます!

実は 僕 これから…。

あっ えっと…。

ひとつ 忠告しておく。

あの病院のお茶は口に合わない。

もう少し マシな茶葉を
用意しておけ。

先生…。

♬~

ありがとうございます!

♬~

(堀川)KOH KOH
KOH KOH KOH…。

堀川くん 何やってんの?
それは…。

皮膚検査のサンプルを
作るんですよね?

だから その前に…。
血液検査の準備ですよね?

わかってますよ!

わかってるんだったら
それから やってよ…!

♬~(すず芽)
「膿盆は滅菌して白い棚」

♬~「膿盆は滅菌して白い棚
膿盆は滅菌して白い棚」

(物が落ちる音)
(すず芽)うわっ…!

達也さん ごめんなさい!

手術器具は慎重に扱ってって
言ったでしょ!

そうでしたっけ?
はあ? 聞いてなかったの!?

ごめんなさい! 大変 大変!

何? この感じ…。

(すず芽)これ あっちだ!

はあ…
前より 仕事 増えてるじゃない!

まあ まあ… 僕 お茶いれますから
みんなで休憩しましょう。

あちゃ… アッツ!

何 ボーッとしてるんですか!
もう!

これ以上
仕事 増やさないでください!

すいません すいません…
わっ カルテ…。

えーっ! ああ もう…。
わあ ぬれちゃった。

あっ あれ?
なんか いい香りですね これ。

(堀川)
こぼれてるじゃないですか!

(すず芽)今 行きます 今 行きます
布巾 布巾。

ちょ ちょ ちょ ちょ
ちょ ちょ ちょ…。

達也さんは 私が…。
ちょっと…。

キャーッ!
違う 違う 違う…。

エビせんべい すごくないですか?
開けてないのにエビのにおいする。

カルテ…。
カルテは大丈夫。 カルテは大丈夫。

エビせんべい 食べましょうよ。
8枚あるので…。

僕 ぬれてないから。
僕 ぬれてないから。

カルテ カルテ。 これ 大事な…。
(すず芽)カルテは大丈夫。 ほら ほら。

嵐が歌う
『僕とシッポと神楽坂』の主題歌

『君のうた』のCDを
50名の皆様にプレゼントします。

皆さん
ご応募 よろしくお願いします。

助けて。
(広田咲江)芸者なんて

不安定な仕事じゃなくて…。
(すず芽)やめて。

(加瀬美津子)大地を返して。
(すず芽)私の事なんか

もう 娘と思ってない。
絆を保とうとするんですよね。

(大地)俺がいたら
母ちゃんは自由じゃないの?

大地がいなくなったんです。
大地!