ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

僕らは奇跡でできている 第4話 西畑大吾、榮倉奈々、高橋一生、戸田恵子… ドラマのキャストなど…

『僕らは奇跡でできている #04【星降る夜に『コンニャク』が魅せてくれたナゾ】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 新庄
  2. 琴音
  3. 須田
  4. 先生
  5. 京子
  6. 相河
  7. 相河先生
  8. 歯医者
  9. 山田
  10. 鳥飼

f:id:dramalog:20181030222752p:plain

『僕らは奇跡でできている #04【星降る夜に『コンニャク』が魅せてくれたナゾ】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

僕らは奇跡でできている #04【星降る夜に『コンニャク』が魅せてくれたナゾ】[字][デ]

「星降る夜のコンニャク!?」
高橋一生 榮倉奈々 要潤 田中泯 戸田恵子 小林薫

詳細情報
番組内容
歯が痛いと訴えた新庄(西畑大吾)を、育実(榮倉奈々)のクリニックへと連れて行った一輝(高橋一生)。帰り道に家政婦の山田(戸田恵子)に頼まれ、コンニャクを買いにスーパーへ立ち寄ると、種類豊富なコンニャクに魅了される。

残業する育実のもとには恋人・鳥飼(和田琢磨)がやってくる。しかし、鳥飼が席を外した際に、ケータイに届いた見知らぬ女性からのメールを目にしたことで疑念にかられた育実は、別れを匂わせる言葉
番組内容2
をかけてしまう。

翌日、大学の研究室には慌てた様子の熊野(阿南健治)の姿が。一輝が届けも出さずに突然、授業を休講にしたという。鮫島(小林薫)はさほど驚かないものの、樫野木(要潤)や沼袋(児嶋一哉)は、突拍子もない行動に呆れるばかり。

その頃、とある山あいの道をタクシーに揺られていた一輝は、イノシシの姿を目撃。すぐさまタクシーを停め、イノシシのいた畑へ。そこでイモを拾い上げたところ、「ドロボー!」と
番組内容3
叫びながら、一人の男が駆け寄ってきて…。

一輝の授業が休講になり暇になった新庄、琴音(矢作穂香)、桜(北香那)、須田(広田亮平)の4人。卒業後の進路について話す中、新庄だけは地元の話をしたがらない。そこへ新庄に電話が。一輝が泥棒と間違えられ、なぜか新庄の実家に身を寄せているという。困惑する一同だが、面白そうだと樫野木の授業を休んで新庄の実家へ。すると、そこには思わぬ格好をした一輝がいて!?
出演者
高橋一生 
榮倉奈々 
要潤 
児嶋一哉アンジャッシュ

西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.) 
矢作穂香 
北香那 
広田亮平

田中泯

トリンドル玲奈 
阿南健治 
戸田恵子 
小林薫
スタッフ
【脚本】
橋部敦子
【演出】
河野圭太共同テレビ) 
星野和成(メディアミックス・ジャパン) 
坂本栄隆
【プロデューサー】
豊福陽子関西テレビ) 
千葉行利(ケイファクトリー) 
宮川晶(ケイファクトリー
【制作】
関西テレビ 
ケイファクトリー

 


(回想 相河)

土はな

同じように見えても
毎日 違うんだ。

気温や
湿度のせいでな。

(相河一輝)

 


♬~

 

♬~

♬~

イタチ?

あの人 イタチって言った?

いるわけないじゃん。

いました。

大きくて立派な角です。

ヘラジカは

角が大きければ大きいほど
雌にモテます。

でも 雄々しいのは見た目だけで

角は本当は邪魔なんです。

森を走るとき
角が木に引っ掛かり

そのまま転んでしまうことも
珍しくありません。

場合によっては そのまま

肉食動物に襲われてしまいます。

次に
サーベルタイガーの一種である

スミロドンです。

立派な犬歯
牙ですね。

それと
がっしりとした筋肉質の前足

いかにも強そうです。
実際 強くて

あの大型動物である
マンモスさえも

獲物として襲っていました。

でも 結局 絶滅してしまいました。

(琴音)強いのに絶滅?
はい。

実は 大型動物を狙うのには
理由があったんです。

スミロドン
前足に比べて後ろ足が短く

走るのが遅かったので

ゆっくりとした動きの
大型動物しか狙えなかったんです。

だから 環境の変化で
大型動物が減少したとき

他の獲物を狙おうとしても

動きの素早い他の肉食動物に
先を越されてしまい

絶滅への道をたどったのです。

他にも 見た目とのギャップがある
動物について

グループごとに
話し合ってください。

(新庄)マジで痛い。
どうかした?

(須田)歯が痛いんだって。
(桜)えっ 大丈夫?

(琴音)
相河が行ってる歯医者 行けば?

ほら この前 動物園で一緒だった。

(水本育実)

あぁ~ あっ

女医なら もっと優しい人がいい。
先生。

はい。
(琴音)新庄 歯 痛いから

歯医者さん 紹介してください。
(新庄)あっ 余計なことすんな。

歯医者ですね 電話します。
(新庄・桜)えっ?

今かよ。
(琴音)ふっ ウケる。

はははっ。
おい…。

すぐそこです。

あっ わかりました どうも。

えっ ついてくんの?

僕も用がありますから。

あぁ…。

よろしくお願いします。

わかりました ふふっ。

どうぞ。
あっ お願いします。

♬~(院内のBGM)

♬~

虹一君 今日 来ますか?

(あかり)あっ 来ませんよ?

(祥子)ちょっと。
えっ? あっ。

(祥子)患者さんの情報は
お教えできないんです。

(祥子)
あっ そういえば 相河さん

次のご予約
どうなってましたっけ?

まだ予約してません。
(祥子)今 ご予約されます?

はい。
(祥子)いつにしましょう。

虹一君が来る日でお願いします。

う~ん。
虹一君は…

いえいえ だめですよ。

ふふっ 残念。

(着信音)

 

(あかり)
いや 相河さんじゃないですか?

あっ。

≪(祥子)お外で。
≪あっ はい。

すいません。

ははっ
あなたが謝るようなことじゃ。

ですよね。

大丈夫ですよ 相河さんには
だいぶ慣れましたから。

ははっ。

 

はい。

えっ?
…ってことは院長なんですか?

はい。
へぇ~ すげぇ。

父のクリニック
継いだだけですから。

親が歯医者だから
歯医者になったんですか?

もちろん
それは大きいと思います。

歯医者だもんなぁ。

(虹一)ごちそうさま。

(涼子)もう塾行くの?

ちょっと公園で遊んでから。


遅刻しないようにね。

うん。

いってきます。
ねえ。

(涼子)あの大学の先生とは
もう会ってないわよね?

うん。
そう。

いってきます。
いってらっしゃい。

♬~

♬~

ただいま。
(妙子)おかえりなさい~。

買ってきました。
あぁ~ ありがとうございます。

助かりました
今日は おでんなのに

肝心なもの 忘れちゃって。
山田さん 知ってました?

こんにゃくって
こんにゃく芋から出来てるって。

ええ まあ まあ。
それで おいくらでした?

2, 013円です。

2, 000… こんにゃくが?

あぁ~ こんなにたくさん。

同じこんにゃくでも

98円と210円のものが
ありました。

はぁ~ 100円くらいの
板こんにゃくで良かったのに。

色も それぞれ違います
どうしてですか?

さあ どうしてでしょうね。

原材料
こんにゃく芋 水酸化カルシウム

こっちは
こんにゃく芋じゃなくて

こんにゃく粉ですね。
(妙子)う~ん。

(熊野)休講? 聞いてませんよ。

そうですよね?
(樫野木聡)あっ はい。

(熊野)はぁ~。
(鮫島)相河先生のことだから

届けを出すの
忘れたんじゃないの?

(熊野)相河先生のことだから

どたキャンじゃないんですか?

どこかへ ふら~っと
フィールドワークに出かけたとか。

おっ さすが事務長。

(沼袋)図星かよ。
(熊野)やっぱり。

(鮫島)助かります
相河先生のことを理解してくれて。

(熊野)してませんよ 鮫島教授!
へへっ。 いや ありがとう!

≫(熊野)してませんって!
≫(鮫島)ありがとう。

♬~

イノシシ!とめてください!

あっ…。

≫(徹)泥棒~!!

ちょっと それ
芋 ちょっと にいちゃん…。

(新庄)どたキャンってこと?

(須田)それで給料もらえるって
いいよな~。

(新庄)
俺も大学の先生になろうかな。

(須田)
相河は ずっといい大学出てるし。

(新庄)
わかってるよ なる気ねぇよ。

(琴音)何になんの?

(新庄)
何って… お前 どうすんだよ。

私 結婚したい。

尾崎さんは?
(桜)あっ 私

卒業したら
地元 帰ることになってるから。

どこ?
(桜)私 静岡。

へぇ~。

お前 帰るの?
(新庄)帰らねぇよ。

(琴音)えっ 新庄 どこだっけ?

栃木。
違ぇよ。

(マナーモード)

 

バイト?

親。 何だよ。

 

何?

えっ? 今から?

何で帰んなきゃいけねぇんだよ。

はぁ?
相河が そこにいるってこと?

えっ 何で?

はぁ~ 俺は帰んねぇから。

じゃあ。

相河が どうしたの?

(新庄)うちにいるらしい。

栃木の?
群馬だよ。

群馬なんだ。
(琴音)何でいんの?

家庭訪問?
あるか そんなもん。

(琴音)じゃあ 何?

うちの親が
泥棒だと勘違いしたんだって。

(桜・琴音・須田)泥棒?

どういうこと?
(新庄)知らねぇよ。

私 行く。

(桜・新庄・須田)えっ?
(琴音)絶対 面白いって

新庄 連れてってよ。
行かねぇから。

(琴音)プチ旅行みたいだよね。
(須田)プチ旅行。

(桜)食べる?
(琴音)わぁ~ ありがとう。

(須田)俺も 俺も。 サンキュー。
(琴音)これ 最近ハマってんの。

(桜)ははっ。
(琴音)見つけると すぐ買っちゃう。

(桜)はい。

(琴音)そんなに家が嫌なの?

(須田)親と仲悪いの?

(新庄)そうじゃなくて。
(琴音)じゃあ 何?

(新庄)
うちは ダセェことやってるから。

(琴音)ダセェことって?

行けばわかるって。

♬~

(徹)こうやって こんにゃく芋
大きくなるまでには

3年かかるんです。

3年?

水はけが悪かったり
日光が当たり過ぎたら

育たねぇんです。

風が吹いて葉っぱに
ちっと傷が付いただけでも

病気になるんさねぇ。

運が良くなきゃ育たねぇんで

昔は運玉って呼ばれてました。

運玉。

こんにゃく芋を作るのって
大変なんですね。

まあ 工場で精製された粉を買って
こんにゃくを作れば楽だけど

うちは芋から作るのに
こだわってきたんで。

よし。

こんにゃくは どうして

白っぽいのと黒っぽいのが
あるんですか?

芋自体の出来にもよるけど

芋から そのまま作ると
黒くなって

粉から作ると白っぽくなるんさ。

最近は海藻入れて

黒っぽくしてるのもあらぁね。

食べてみていいですか?

食えませんよ。

イノシシだって
食べなかったでしょ。

芋なのに食べられない?

シュウ酸カルシウムっつう
強烈なえぐみがあって

生は もちろん
煮ても焼いても食えません。

芋なのに食べられない。

(徹)はい。

わざわざ 3年もかけて

育てづらくて
食べられない芋を作り

それを
食べられるようにしたのが

こんにゃくってことですか?
はい。

どうして
そんなことするんですか?

さあ

考えたこともありません。

どうやったら
食べられるようになるんですか?

石灰を混ぜると
えぐみが抜けるんさ。

それ 誰が考えついたんですか?

さあ はははっ。

こんにゃくは
奈良時代にはあったかんねぇ。

奈良時代
はい。

すごい発明です。

こんにゃくって すごいんですね。

♬「ピュアなソルジャー」

♬~

 

(徹)先生 下がってもらえます?

あっ はい。

(徹)ははっ 下がってくださいや。
はい。

(徹)石灰 入れます。
はい。

(徹)よいしょ。

キーンコーンカーンコーン(チャイムの音)

は~い えぇ~ じゃあ 始めます。

あれ?
今日は休みがあるみたいだね。

(真奈美)相河先生に会いにいく
って言ってたよね。

(静香)うん。

こんなことを申し上げるのも
なんですが

鮫島教授は相河先生に

甘すぎるのではないでしょうか。

ははっ そう?

学生たちにも悪い影響があります。

えっ?
僕の授業を休んで

相河先生のところに行った
学生たちが

4名 いました。
う~ん。

どう思われますか?

そりゃあ 困ったねぇ。
はい。

さて どうすればいいかな。

あっ

樫野木先生さ

もう少し授業に

遊び心があっても
いいんじゃない?

はぁ~ 僕は

相河先生の問題を
申し上げてるわけで。

ははっ そっち?

鮫島教授が相河先生に甘いのは

その…。

家柄の関係ですか?

ははっ 家柄?
住み込みの家政婦がいるような。

あぁ~ 山田さん?

あの人は 相河先生の

母親代わりだから。
えっ?

小さなときに

ご両親を亡くしてね。

♬~

(琴音)先生~。

先生!

あっ 皆さん。

こんにちは。
(琴音)はははっ。

えっ? ウケる。

♬~

(琴音)あっ しらたき。
(桜)あっ 糸こんにゃく。

(琴音)しらたきと
糸こんにゃくって どう違うの?

(須田)知らねぇ。

♬~

(京子)
うんと食べてくださいね!

しらたきなら売るほどあるかんね
ははははっ!

(新庄)面白くねぇから。

(京子)ほい。
あっ。

どうした?
(桜)いや すいません

あの うちでは
お肉の横に 糸こんにゃく

置いちゃいけないって。
(琴音)何で?

(須田)肉が硬くなるから。
俺もそう思ってた。

(新庄)ガセだよ。
(桜)そうなの?

(京子)横に置いても上に置いても
問題なし。

ははははっ!
(新庄)だから面白くねぇって。

面白いです。
えっ?

こんにゃくが
こんなに面白いものだとは

思いませんでした。
どういうこと?

こんにゃくは
こんにゃく芋から出来ています。

その芋は
3年もかけて育てるんです。

種芋を植えっぱなしじゃなくて
土の中で凍らないように

秋には種芋を掘り起こして
一つ一つ新聞紙にくるんで

13℃以下にならないように
倉庫で保管する。

それを繰り返して
やっと大きくなった その芋には

シュウ酸カルシウムという
強烈なえぐみが

含まれているので
そのままでは食べられません。

石灰を混ぜることで
えぐみを取り除き

その芋からは
想像できないような

こんにゃくという
食べ物になるんです。

そうですよね?
(徹)あぁ… はい。

こんにゃくだけを見ていると
その偉大さには気付きませんが

こんにゃくのいない おでんは
おでんとはいえませんし

しらたきのいない すき焼きは
すき焼きとはいえません。

確かに。

存在をなくしたときにこそ
その存在感を発揮する

本当に偉大な食べ物です。

ありがとうございます。

(新庄)大げさなんだよ。

(京子)
は~い 出来ました 召し上がれ~。

(一輝・琴音・桜・須田・新庄)
いただきます。

♬~

ふふっ。

(徹)あはははっ!

(京子)ははははっ!
はははっ おいしいです。

あはははっ…。
(徹)肉からいった はははっ。

♬~

しらたき うまっ。

(琴音)う~ん!
(桜)う~ん この食感

何というか うまく言えませんが

こんなにおいしい しらたきは
初めてです。

(京子)ありがとう ふふふっ。
ありがとう。

こんなに作るのが面倒な食べ物

いつ絶滅しても
おかしくなかったはずです。

なのに どうして こんにゃくは
1000年以上もの間

絶滅せずに
存在しているんでしょうか。

謎です。

(妙子)えっ? 学生さんのお宅に
泊まるってことですか?

はい。
ふ~ん。

親しいおつきあい
されてるんですね。

ジョージの様子
見てもらえますか?

うん ちょっと待っててください。

あっ お部屋 入りますよ。

ジョージの様子を
見るためだったらいいです。

入ります。

♬~

もう お休みみたいです。

明日の朝7時に
餌を置いてください。

はい。

忘れないでくださいね。
はい。

アラーム
かけたほうがいいと思います。

わかりました~。

かけました?

今ですか?
今すぐです 忘れないように。

わかりました。

一輝さんも忘れないでくださいよ。

何のことですか?

歯医者さんに お土産を渡すこと。

もしもし?
それ 必要ですか?

もちのろんです。

♬~


(LINE着信音)

(鳥飼)「今 どこ?」。

「クリニック。 まだ仕事」。

(鳥飼)「ごはん 食べた?」。

「まだ」。

(鳥飼)
「これから 行ってもいい?」。

はぁ~。

(鳥飼)あっ。

忙しそうだね。
うん。

落ち着いたら連絡しようと
思ってたんだけど。

俺も あれっきりになってて
ごめん。

あっ たこ焼き買ってきた。
はははっ。

ありがとう。

ふふっ。
あっ トイレ借りるね。

♬~

(LINEマナーモード)

♬~

≫ジャー!

≫(ドアの開閉音)

ふぅ~。

あっ ごめん。

会社 戻んないと。

どうしても
戻らないといけないの?

後輩がパニクってる。

後輩…。
ごめん。

明日 会える?

いいけど。
うん じゃあ。

♬~

(琴音・須田)おぉ~。
(須田)すごい すごい すごい

見える 見える。
(新庄)見える?

(須田)うん きれい。
(琴音)見えない。

(須田)えっ 見えない?
(琴音)どうやってんの?

どっち のぞくの? これ。
(須田)すっげぇ 見る?

♬~

星が よく見えます。

(琴音)そうなの?
(新庄)わかんねぇのかよ。

東京と全然違ぇだろ。

(琴音)
空なんて見ないもん。 見る?

(桜)見ない。

(琴音)先生は どうして
大学の先生になったんですか?

鮫島先生に頼まれました。

最初は
あまり気が進みませんでしたが

自分が面白いと思うことを
話せばいいって言われました。

ふ~ん。
(桜)その前は何してたんですか?

フィールドワークです。
鮫島先生や

他の先生に声をかけてもらって
参加しました。

バンクーバー
シャチの個体数調査とか

タイの森でゾウの食性調査とか

国内ではヤクシマザルの群れの
行動調査とか。

(須田)
それってお金もらえるんですか?

はい 日当という形です。

(須田)いいな~。

好きなとこ飛び回って
それで お金もらえて。

はい ありがたいです。

(新庄)うちとは大違い。

毎日 毎日 同じこと
何十年も よくやるよ。

同じじゃないです。

えっ?
その日の天気で

石灰とこんにゃく芋の割合が
変わります。

気温や湿度

その日の
水のペーハーによっても

微妙に割合を変えているそうです。

すごいです お父さん。

♬~

はぁ?

肉ばっか食べてたくせに

なぁ。
(琴音)はははっ。

あっ あっ あっ…。
(琴音)えっ?

あっ。
(須田)あっ。

(琴音)うわ~。
あっ。

(須田)はははっ。

すげぇ。

(琴音)すご~い。

ごほっ ごほっ ごほっ。

(新庄)むせてるし。
(琴音)はははっ。

やっぱり 相河 面白い。

はははっ うん。

(京子)はい これ 使ってね。
(桜・琴音)ありがとうございます。

(京子)ふふっ 私も
女子会に入れてもらおうかな?

あはははっ!

ははっ。
びっくりした。

あっ。

(琴音)見て これ。

(桜)えっ えっ?

えっ?
ふふっ。

チンパンジー
スマッキングだって。

(桜)ちょっと びっくりした。
かわいくない?

うん。
ははっ。

青山さんはさ

先生のこと 好きなんでしょ?

ふふっ。

♬~

青山さんが羨ましいな。

自分に自信があって。

私 自信あるの?

初めて知った。

えっ? はははっ。

(須田)いいとこだよな。

俺 ずっと東京だから
羨ましいよ。

(新庄)いいよ 気ぃ遣わなくて。

まだ わかんねぇ?

誰も田舎やこんにゃく屋を
ダサいなんて思ってない。

わかってるよ。

こんにゃく屋をダサいと思ってる
俺が一番ダサいって。

でも しょうがねぇじゃん。

やっぱ 胸張って言えねぇんだよ

こんにゃく屋だってこと。

まあ 俺としては

こんにゃくに礼を言わせてもらう。

ん?

中2のときにさ

男ばっかで集まって
エロ動画見たとき…。

(新庄)てめぇ ふざけんな!
それ以上 言ったらぶっ飛ばす!

ははっ。

うそ。

はははっ
こんにゃくに愛あるじゃん。

愛とか言ってんじゃねぇよ。
痛っ お前…。

おい!
痛っ…。

お風呂 ありがとうございます。

(新庄)お前も入ってこいよ。
おう。

おやすみなさい。
(新庄・須田)おやすみなさい。

電気 消してもいいですか?

はい。

いぃ~。

何 今の。

知らねぇ。

(京子)
あっ みんな いい人だがね。

先生も いい先生だし。
どこが。

(京子)大学の先生が こんにゃくは
偉大だって言ってくれたんさ。

お父さん
うんとうれしかったと思うんさね。

♬~

♬~

≫おはようございます。

あっ おはようございます。

えっ 帰るの?
はい 帰ります。

えっ まだ みんな 寝てるけど。
先に帰ります。

(京子)先生
こんにゃく持ってってください

重くて迷惑かね?
はははっ でも 食べてください。

はははっ。
マジで それ重すぎだろ。

ありがとうございます。
(京子)あっ おとうさん

先生 お帰りだって。
(徹)あっ…。

お世話になりました。
(徹)先生

息子を よろしくお願いします。

(新庄)あっ いいから そういうの。

♬~

はい 新庄さんちのこんにゃく。

おう。

芋から作ったこんにゃくか。

うん 手練り。 わかるの?

ああ ちょっとだけかじった。

えっ
こんにゃく 作ったことあるの?

昔 こんにゃく屋の娘に
ほれたことがある。

おっ?
お目々ぱっちりの

きれいな子だった。

結局 振られたけどな。

おぉ~。
こっぴどく振られたよ。

ははははっ。

良かったね。

おばあちゃんも
きっと そう言ってる。

そういや

歯の治療は終わったのか?

まだだよ。
そうか。

まあ 一輝は

男前だから。

森に行ってくる。
ああ。

♬~

♬~

カシャ!カシャ!(シャッター音)

カシャ!

新庄さんちのこんにゃくですか?

(妙子)ぴり辛こんにゃくを
作ってみました。

大河原さんがね
前に作り方 教えてくれたんです。

おいしいです!
良かったです!

たくさんもらったので しばらくは
ぴり辛こんにゃくですね。

ははっ。 あっ そこに

歯医者さんに渡す分は
分けてありますから ふふっ。

どうしました?

はっ!もしかして
歯医者さんとけんかでも?

ずっと考えていたんですけど

まだわかりません。
えっ?

どうして こんにゃくは

絶滅せずに
存在してるんでしょうか?

謎です。

あっ たこ焼き どうだった?

うまかっただろ?

あぁ うん。

あれさ 会社のやつが
絶対うまいって言うから

食べてみたら
ほんとにうまくて。

絶対 育実も気に入ると思ってさ。

さっきから機嫌 悪そうだけど。

べつに。

帰ったほうがいい?

俺と一緒にいても
楽しそうじゃないし。

それは雅也のほうなんじゃない?

♬~

俺が あんなこと言ったから?

育実は俺のことを下に見てるって。

それに雑誌のこともあるし。

でも あれは
俺が自分にいらついてただけで。

雅也には

もっと合う人がいるんじゃない?

♬~

そっか。

やっぱ 俺じゃだめってことか。

そうだよな。

育実は
俺がいなくても やってけるし。

♬~

わかった。

育実がそう思ってんだったら
しょうがないよ。

♬~

育実にとって

俺って何だったんだろうな。

♬~

 

山田さんが
新庄さんちのこんにゃくで作った

ぴり辛こんにゃくです。

ねえ 新庄さんって誰?

こんにゃく屋の新庄さんです。

ぴり辛こんにゃくを作ったのは
山田さんです。

樫野木先生は独身で料理を
しないかもしれないからって。

気が利くんだね~ 山田さん。

ありがとうございます。

ところでさ 授業どたキャンって
どういうこと?

届けを出さなかったこと
熊野事務長に謝ってきました。

紙切れ1枚でも
届けは重要なんだからね。

樫野木先生は
どうして離婚したんですか?

グッショブ。

山田さんが
新庄さんちのこんにゃくで作った

ぴり辛こんにゃくです。

サンキュー。
どういたしまして。

ホワイ?

鮫島教授 出張だから!

わかりました。

≪(あかり)あぁ~。

遅くなってすいませんでした。

大丈夫ですか?
体調でも悪かった?

(あかり)
あぁ いえいえ 全然違います。

えっ?

(あかり)
あっ 出かけようとしたら

彼と険悪になっちゃったんです。

それで?

(あかり)出るに出られなくて。

彼が何を考えてるのか
わからないし。

でも 私のほうから
自分の気持ち 素直に話したら

彼も
ちゃんと話してくれました。

だから もう大丈夫です。

ご心配ありがとうございます。

仕事 ナメてます?

うん?
話が終わらなくても終わらせて

仕事に行くべきですよね?

責任ってもんが ないんですか?

(あかり)あぁ… 午前中は

定期検診やクリーニングの予約も
入ってなかったし。

そういう問題じゃないですよね?

私 間違ってます?

えっと…

私が謝ったほうが
いいってことですか?

えっ? へへっ。

私 間違ってませんよね?

(マナーモード)

 


ふぅ~。 はい。

(小百合)
お世話になっております。

秋桜出版の戸川です。
こんにちは。

≫(虹一)一輝君!

来ると思った。

それぞれの橋に餌が置いてある。

リスが
どの餌を運んでいったかで

どの橋が好きかがわかる。

すごい!

僕も行きたいな。

お母さんに話してみる?

絶対無理。

塾だって行きたくないって
言ったけど

だめだった。

そっか。

勉強 好きだった?

理科が好きだった。
先生だもんね。

うん。 虹一君は? 図工?

うん 後 体育。 それと読み聞かせ。

時々 ボランティアの人が来て
読んでくれる。

物語が好きだったら国語は?

教科書見ると頭 痛くなる。

そっか。

♬~

一輝君 読んで。
うん どれにする?

これがいい。

はい。

海。

海に行ったら何が見える?

僕は お隣に越してきた
お兄さんに聞いた。

海に面している県に
住んでいるのに

僕は まだ
海に行ったことがない。

(小百合)あっ そうそう。
真鴨不動産の鳥飼雅也さんって

お知り合いですよね?

はい。
もしかして 彼氏?

いえいえ…。

あの… どうしてですか?

2週間くらい前だったかな

物件のことで
お世話になったんです。

それで うちの雑誌の話になって。

(鳥飼)

(小百合)


あっ いや
知り合いが出てたんで。

 

 


(小百合)鳥飼さん 先生のこと
うれしそうに自慢してたから

もしかして彼氏かな?
って思って。

自慢?

(鳥飼)ほんと
彼女 頑張り屋さんなんです。

いつも頑張ってて
彼女が雑誌に載って

僕も
ちょっと誇らしくなりました。

 

♬~

♬~

山田さんが
新庄さんちのこんにゃくで作った

ぴり辛こんにゃくです。

ほぉ~ こりゃうまそうだ。

はい とてもおいしいです。

お酒のつまみに合うって
山田さんが言ってました。

うれしいな ありがとう。

どういたしまして。

相河先生らしいな。

こんにゃく芋の観察のために
群馬にまで出かけるなんて。

ははっ。
違います。

天文台に行くためです。

 

(鮫島)あっ オリオン座流星群

はい。
(鮫島)ははっ そっちか。

すごくきれいなものを
天体が地球に見せてくれました。

見せてくれたか。

はい。

あっ。

どうした?

謎が解けました。

♬~

こんにちは。
あぁ~ こんにちは。

♬~

こんにゃくです。

どうぞ。

えっ こんにゃく?

いや あの 私 料理しないですし

それに こんにゃくって
味もそっけもないですし。

こんにゃくって
ふだん 気にしなければ

全く気にならない
存在じゃないですか。

でも こんにゃくの歴史は
意外と長くて

なんと 奈良時代からなんです。

こんにゃくは こんにゃく芋から
出来てるんですけど

その芋は
とてもデリケートなので

育てる環境を整えるのが
とても大変なんです。

しかも 1年かけても収穫できず

3年かけて育てるんです。

あの…。
そして その芋は

強烈なえぐみを蓄え込んでいます。

何のために そんなえぐみを
ため込んだんでしょうか

動物に
食べられないようにするためです。

まるで いつか
人間が食べられる方法を

発明することを
知っていたかのように

そして 本当に
人間は食べられるようにしました。

石灰を混ぜて えぐみを取り除き

ぷるっぷるした
唯一無二の食感のこんにゃくを

この世に誕生させたんです。

このこんにゃくの見た目からは
想像できないような

こんにゃく芋と人間の思いが
詰まっています。

そうなんです。 こんにゃくを

味もそっけもないものだと思って
見ると

そうでしかないんです。

でも その奥に隠れた

見えないものをしっかり見れば

そのすばらしさを
感じることができるんです。

それを僕たちに見せるために
こんにゃくは存在してるんです。

そうですよね。
はい。

はぁ~。

これ せっかくですけど。

ものすごくおいしいですよ。

つくづく自分が嫌になります。

♬「予感」

はぁ~。

♬~

おはようございます。

あぁ… おはようございます。

ようやく
こんにゃく食べ終わりました。

ごちそうさまでした。
俺が作ったわけじゃないんで。

新庄さんも
こんにゃく作るんですか?

作るわけないし。

そうですか。

じゃあ。

あの。

作ったほうがいいのかな?

どうして そう思うんですか?

だって 先生が
こんにゃく すごいって言うし

親だって俺が
こんにゃく屋するって言ったら

うれしいと思うし。

僕が新庄さんなら…。

作りません。

はぁ?
作りません。

あっ わかりました。

♬~

聞いて損した。

(須田)どうかした?

(新庄)べつに。

(琴音)あっ。

♬~

♬~

ムサ… ムササビ!

♬~

♬~

それで 橋をそれぞれの木に
固定するのが難しくて。

(相河)
もっと広がったらどうなる?

森に行きませんか?
いえ 結構です。

(妙子)一輝さんと水本先生
どうなんでしょう?

愛されたい。
それ いつ かなうんですか?


他のもので埋めたくありません。

(ナレーション 沼袋)<私…>

<詳しくは
番組ホームページまで。>

(沼袋)
いや 誰が池袋だよ 沼袋だよ。