ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

リーガルV 第3話 勝村政信、桐山漣、岡本信人、原日出子、米倉涼子、林遣都… ドラマのキャスト・主題歌など…

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #3』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 大鷹
  2. ハイハイ
  3. 被告人
  4. 浅野
  5. 証人
  6. 新宿
  7. 茅野
  8. 写真
  9. 蟹江先生
  10. 片山

f:id:dramalog:20181025215519p:plain

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #3』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #3[字]

米倉涼子・主演の新作リーガルドラマ!弁護士資格をはく奪された小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弁護士を集め法律事務所を結成!エリート事務所に無謀な戦いを挑む!

詳細情報
◇番組内容
ヤメ検弁護士・大鷹(勝村政信)が殺人事件の弁護を担当することに。被告人は被害者の夫・浅野(桐山漣)。しかし浅野には愛人がおり、妻に多額の生命保険をかけていたことまで発覚!話を聞いた翔子は、勝った場合は事務所を宣伝する条件で調査協力を約束。そんな中、浅野が事件当日、新宿で高校時代の恩師・蟹江(岡本信人)夫妻と出会ったことを思い出す。だが、蟹江も妻の光代(原日出子)も新宿には行っていないと言い…
◇出演者
米倉涼子林遣都菜々緒荒川良々安達祐実、三浦翔平 / 宮本茉由、勝村政信小日向文世高橋英樹
【ゲスト】桐山漣岡本信人原日出子
◇脚本
橋本裕志
◇演出
松田秀知
◇音楽
菅野祐悟

【主題歌】
SEKAI NO OWARI『イルミネーション』(TOY'S FACTORY)
◇スタッフ
【企画協力】古賀誠一オスカープロモーション

【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、峰島あゆみ(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、池田禎子(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/
☆Twitter
 https://twitter.com/LegalV2
☆Instagram
 https://www.instagram.com/legalv2018/

 


(小鳥遊翔子)やっぱ
御岳登山鉄道 最高~っ!!

(京極雅彦)
こんな旅ができる日が来るとは

至福の極み!

(茅野 明)よし じゃあ
とりあえず 乾杯っすね。

(茅野)乾杯!
(一同)乾杯!

(青島圭太)それで
目的地は どこですか?

目的地は ここよ。

最大傾斜25度
470パーミルのケーブルカー。

このあとも
延々と電車に乗り続けるわよ。

(馬場雄一)はあ?
うん…!

来たーっ! ほらほら 見て!

青梅線の拝島から
八高線に乗り換えて

寄居から秩父鉄道

御花畑駅
西武秩父線に乗り換えて その…。

いやいやいや… これ

事務所の親睦旅行ですよね?
そうよ。

(馬場)だから
任せちゃ駄目だっつったのに…。

お待ちください。
周辺の観光情報を検索中です。

(京極)おお… きれいだ。

(茅野)ちょっと ちょっと…
こっち こっち こっち。

(茅野)ハイハイ ハイハイ!

(一同)ハイハイ ハイハイ!

(茅野)ハイハイ ハイハイ!
(一同)ハイハイ ハイハイ!

(一同)ハイハイ ハイハイ!
(馬場)あっ…。

猪のウンコだ!
(翔子・理恵)うわ~っ!

(馬場)みんな
気をつけてくださーい!

(京極・茅野)ハイハイ ハイハイ!

(一同)ハイハイ ハイハイ!

(茅野)ハイハイ ハイハイ!
(一同)ハイハイ ハイハイ!

(茅野)ハイ ハイ ハイ!
(理恵)ああ…!

あの滝で…
過去を洗い流したーい!

(京極・茅野)ハイハイ ハイハイ!

お~い! 魚がいますよ!

(馬場・茅野)イエーイ!
イエーイ!

何 はしゃいでんだよ…。

いいですかね? もう。
(理恵)ねえ。

美味しそう…。

♬~

(カッコウの鳴き声)

何してんのよ…。

よっ!
(京極)うお~い!

(歓声と拍手)

は~い 教授 これ どうぞ。
ああ ありがとう ありがとう。

あんた
うちらのストーカーか?

本物に言われたくないな。

(茅野)しかし 暇っすねえ。
そんな うち入りたいっすか?

本来 ヤメ検
人気のはずなんですが…。

(理恵)よほど無能なんですね。

教授 お茶 どうぞ。
(京極)うん ありがとう。

いや 仕事はあるよ。

殺人事件の弁護を依頼されてな。

2カ月前 ここで
女の死体が発見された。

この川で?

(大鷹)遺体を確認した夫が
一緒に来てやればよかったと

泣き崩れる姿が
ニュースで流れると

世間の同情を買った。

(馬場)ああ… ワイドショーで
やってたやつ。

(大鷹)しかし
ネットの投稿写真で

夫の嘘が暴かれる。

事件当日 ここで撮影された
風景写真の片隅に

亡くなった妻と一緒に歩く
夫の姿が写っていたんだ。

すると 犯行時刻のあとにも

現場付近で夫を見たという証言が
次々と出て

妻に多額の保険をかけていた事や
愛人がいた事も判明。

(島 聡美)「浅野さんは

奥さんが死んで
保険金が入ったら

お前と結婚してやれるのになって
そう言ってました!」

(大鷹)愛人の発言で 世論は一転。

夫を「女の敵」と袋だたき。

(茅野)ああ…
そいつ 完璧やってるわ。

警察も
殺人容疑で逮捕したんですよね。

信じてくれよ!

確か 起訴後に

弁護人に暴言を吐いて
降りられて

後任のなり手が
なかなか いなかったはずじゃ?

つまり 押し付けられたんですね。

いや これ
世間でも大注目の裁判だよ!

しかし
情状酌量の余地もないようですし。

いや 被告人は 情状酌量ではなく
無罪を主張している。

殺害現場には行ってないって
嘘ついた女の敵が?

それは 犯人だと疑われるのが
怖かったからって話で…。

苦しい言い訳だ。

本当は 妻と喧嘩して
一人で先に帰り

犯行時刻の午後4時には
新宿にいたと主張しているらしい。

そのアリバイは
証明できるんですか?

それは おいおい調査していく…。

ああ~ ああ… あ~あ~あ~
ああ…。

どうしてもって言うのなら

おたくらにも
手伝わせてやってもいいんだぜ。

お断りします。
なんでだよ…。

勝てば 人生変えられる案件だよ。

メディアも大々的に報道する
有名事件だぜ?

何 イキってんすか?
あいつ…。

(水しぶきが上がる音)

えっ!?
なんだ? 今の音。

(鳴き声)

えっ!?
なんか いるぞ。

♬~

小鳥遊さん…。

それ 乗った!
条件次第で調査に協力するよ。

条件?
そう。

調査経費は あんた持ち。
もし 勝てたら

京極法律事務所の手柄だと
会見で大々的に宣伝すると。

あの そういうのを決めるのは
代表の私では?

小鳥遊さんは
ただの管理人なんですよね?

くちゃくちゃ言わないの。

もし これを
世間にアピールできたら

行列のできる法律事務所への道が
開けるんだよ…。

どうせ あんた 働かないんだろ?

だって 私
弁護士資格ないんだもん。

熱い…!

♬~

どうせ あんたも
俺がやったと思ってんだろ?

凶器からは 奥さんの血痕と
君の指紋が発見されている。

凶器じゃないよ それ。
調理器具の蓋だろ。

さらに 若い奥さんに
1億円もの保険がかけられていた。

女房の親戚の保険業者に頼まれて
仕方なく入ったんだよ。

本当に無実なら 裁判で
それを証明しなければならない。

犯行時刻に 君が新宿にいた事を
証明できる者はいるか?

ああ…。

歌舞伎町でゴジラに会ったよ。

映画館のビルから顔出してたから
挨拶しといた。

(ノック)
真面目に思い出せ。

そんなんだから
誰も信用しないんだ。

私は 君が頑なに自白を拒んだと
聞いたから ここに来たんだ。

新宿で どこに行った?

その映画館で映画を見て…。
映画のタイトルは?

あ~ アメリカ映画の
なんつったっけかな?

ハハハッ…
なんせ ほとんど寝てたから。

で 7時に
聡美ちゃんと待ち合わせた

新宿バージニアホテルのロビー…。

ワイドショーで話していた
彼女か。

けど 会う前に 女房が死んだって
知らせが入っちゃってさ。

こんな事なら
一発 やっときゃよかったよな…。

(浅野)ねっ? ハハッ。

浅野さんが 犯行時刻の夕方4時に
本当に新宿にいたのならば

現場で浅野さんを見た
という証言は

間違いって事になりますよね。

しかし 目撃証言は
何件もあるわけですし。

証言なんて 先入観で
簡単に左右されるもんよ。

例えば その写真のパーカ。

シマクロのヒット商品で
いろんな人が着てるし

私も持ってるし。

フーッ! アンド
シマクロ イエーイ!

すいません。 ちょっと
お尋ねしたいんですけれども。

8月26日の あの事件の
目撃者探しをしていまして

こちらを
見て頂きたいんですけれども。

(女性)そうそう! この人よ。

えっ?
だって このパーカ 着てたもん。

(茅野)この人で
間違いないですか?

(女性)そうそう… この人!
犯人なのよねえ。

この人でした?

そう! この人。
ほら 怖い顔してる人。

(大鷹)残念だが 新宿の映画館や
ホテルの従業員は

君を覚えていなかった。

防犯カメラにも

パーカを着た男の姿は
映っていたが

顔は確認できなかった。

(浅野)まあ 浮気だから つい
うつむき加減になるっていうか。

(机をたたく音)

このままだと殺人犯だぞ。

他に何かないのか?
なんでもいいから思い出せ。

ああ~!
(たたく音)

カニだ! カニを偶然見かけてさ。

かに道楽のカニ
証言してくれない。

かに道楽じゃなくて
美術の蟹江先生。

美術の先生?
奥さんも一緒でさ

お互い あれ? って見合って
会釈したもんね。

浅野被告人の地元
静岡県立浜松高校に

確かに
蟹江先生が在籍しています。

2年の時には 浅野の担任でした。

(机をたたく音)
じゃあ 行くよ!

(大鷹)…えっ?

あんた 弁護士資格がないから
働かないんじゃないの?

(理恵)浜松といえば 天竜二俣駅の
鰻どんこ弁当で有名な

天竜浜名湖鉄道沿線です。

しかも 調査経費は
ヤメ検持ちですから。

うわっ… なんなんだよ?
マジで なんなの?

天浜線 最高~っ!

(蟹江光晴)浅野くんの事は
覚えてますよ。

いろいろあった
生徒でしたから。

まさか あんな事件を
起こしてしまうとは…。

それで 一つお伺いしたい事が…。
(煎餅を探る音)

ちょっ…
ちょっとは遠慮しろよ!

だって 奥さんが遠慮なくって。

…ああっ!

すいません…。

実は 浅野くんが 事件のあった
8月26日 日曜日の午後4時に

新宿の歌舞伎町で

蟹江先生ご夫妻に会ったと
言っておりまして。

新宿で?
(大鷹)ええ。

(蟹江光代)そんな物騒な所
私たちは行きませんよね。

(蟹江)東京だって
10年以上も行ってないしな…。

(蟹江)ああ その日は
学校の裏山で絵を描いてました。

夫は 美術が専門で
展覧会の準備もありましたから。

んっ…。

夕日に伸びた影が
なんか いい感じですね。

でも なぜ 浅野くんは

僕に会ったなんて
言ったんだろう?

ほら 浅野くんが問題起こした時に
かばってあげたじゃないですか。

もしかしたら あなたなら
助けてくれるんじゃないかって

藁にもすがる思いだったんじゃ
ないですか?

(蟹江)浅野くんは そこまで
追い込まれているんですね…。

弁護士さん
なんとか助けてやってください。

(杉田麻美)
蟹江先生 いらっしゃいますか?

(蟹江)ああ 杉田先生 吉沢先生。

職員会議の資料を
お持ち致しました。

(蟹江)ああ… それは。

それと これ
実家で採れた みかんです。

よかったら どうぞ。

すみませんね。
悪いね。

いつも お世話になってますから。

じゃあ 今から
見回り行ってきます!

お願いします。

うま~い!

やっぱり みかんは静岡だね。

食ったよ もう…。
やめろ! 失礼…。

また嘘つきやがって…。
浅野には 本当 イラつくよ。

私は 騙されたあんたに
むかつくんですけど。

(理恵)はい 失礼します。

地裁から連絡がありました。

公判前整理手続きに
付される事になりますが

公判は裁判員裁判として行われ
主任検事は 片山虎雄氏

裁判長は 榎本肇氏が担当します。

ええーっ!?
なんなんだよ?

片山検事は 検察時代の
頭の上がらない先輩で

榎本判事とは同郷にして同窓。

無敵のズブズブ癒着コンビです。
ああ~!

あの痴漢事件の時に
ヤメ検が逃げ出した あの?

アリバイ証言もないし
もう絶望だよ…。

(天馬壮一郎)「弁護士には
弁護士会の自主的な懲戒制度が

裁判官には 国会による
弾劾裁判制度が存在しますが

検察官には 自主的な
チェック機能が存在しません」

「これは 法の正義にとって
ゆゆしき問題です」

「強大な権力と強引な捜査は
今なお 冤罪を生み

いまだに
判事との癒着も問題視される

検察官の監視強化に対し

弁護士会は 強い決意で臨みます」

(拍手)

(片山)検察監視案の提案者が

我々検察の手の内を知り尽くす
天馬先輩ですから

何かと やりにくいですよ。

いったん起訴したら
たとえ白でも黒にする。

私も検察時代は そうでした。

今は 弁護士として 黒でも
白にするのが仕事ですがね…。

検察時代は怖かったですよ。

判事の私にまで
圧力をかけましたから。

(笑い声)

(白鳥美奈子)
勝利者が正義である。

それが天馬代表の信念ですから。

片山検事も
勝ち続ける限りは正義です。

検事総長も 将来の要職にと
期待しているようです。

あ…! アハハ…。

次は 国民注目の裁判ですから
嫌でも期待は高まりますね。

もちろん! 女の敵をたたき潰して
国民の溜飲を下げてみせます。

アハッ… まあ 相手は
あの大鷹くんですしね!

ああ そういえば 彼

最近は 京極法律事務所に
出入りしているらしいですね。

アリバイを証明する
材料もないまま 公判ですね。

(大鷹)俺 帰ろうかな…。

そんな弱気じゃ
裁判員の心証を悪くしますよ。

(片山)お手やわらかに頼むよ…
オラッ! 小鳩くん。

(せき込み)
…大鷹です。

裁判で売名行為か…。

ハッ… まあ 検察時代のような
醜態は さらさない事だ。

オイ!
(せき込み)

痛っ!
行くよ ヤメ検

ああ~ それ持ってきて。
(大鷹)なんだよ…。

「この人で間違いないですよね?」

「そうそう… この人!
犯人なのよねえ」

「この人でした?」

「そう! この人…」

(大鷹)このように
犯行時刻後の目撃証言は

パーカを着ているだけで
被告人であると思い込む

実に いい加減なものでした。

(片山)では
目撃証言の検証のために

殺害現場付近で犯行時刻後に
被告人を目撃した証人に

尋問させて頂きます。

証人が 午後4時半過ぎに

殺害現場付近の
御岳山駅で見かけた男性は

あちらの浅野被告人で
間違いありませんか?

間違いありません。

証人が駅で家族を撮った映像に
被告人の姿が映り込んでいました。

その映像が こちらです。
(キーを打つ音)

「ゆいちゃん 撮るよ」

(キーを打つ音)

(大鷹)異議あり
顔が映っておらず

証人の単なる臆測です。

(片山)こちらの
顔の写ったネット画像と

比較してみてください。

シマクロ社のパーカに
ジーンズに靴 全て同じです。

しかも 同じ体形で
身長は駅舎内の置物の高さと同じ。

ちなみに どちらも175センチです。

(大鷹)島聡美さん
あなたは 事件当日 午後7時に

新宿のホテルで
被告人と待ち合わせましたか?

はい。

「今から新宿に行く」と
2時に電話をもらいました。

4時前には着くから

7時まで映画を見ると
言ってました。

(大鷹)映画館の防犯カメラには

赤いパーカを着た男性が
映っています。

この映像の男性は
浅野被告人でしょうか?

私には浅野さんにしか見えません。

つまり 被告人は

殺害時刻の午後4時には
新宿におり

殺害現場にはいなかった
という事ですね。

(片山)裁判長!

この防犯カメラの映像には
顔が映っていません。

先ほどは 顔が見えなければ
被告人とは決められないと言い

今は 顔が見えないのに
被告人だと言う。

はっ!
弁護人の論理は矛盾しています。

(榎本)弁護人は

審理を混乱させる発言は
控えるように。

(大鷹)…以上です。

(片山)証人は 待ち合わせたホテルに
行きましたか?

7時15分には
ホテルのロビーに着きました。

そこに被告人はいましたか?

いえ。 電話しても
出てくれませんでした。

では こういうふうに考えた事は
ありませんか?

被告人は アリバイ工作のために
あなたを利用したと。

異議あり! いたずらに
被告人をおとしめる発言です。

(片山)これは 被告人の
アリバイについての重大な質問です。

(榎本)異議を却下します。
証人 お答えください。

実は… 少しは
そんなふうに考えました。

(浅野)何 言ってんだよ。

(榎本)被告人
勝手な発言は控えるように。

(片山)証人は

被告人から暴力を振るわれた事は
ありますか?

(聡美)
二度 たたかれた事があります。

つまり 被告人には
暴力的な一面もあったと?

異議あり

犯行とは無関係な質問です。

被告人の人間性を知る上で
重要な質問です。

(榎本)異議を却下します。
証人は質問に答えてください。

確かに
粗暴な一面もあったと思います。

待てよ 聡美!

もう少し 俺をかばう事とか
言えないのかよ!

(聡美)だって
嘘ついたら偽証罪なんでしょ?

人 殺しといて
私まで巻き込まないでよ!

だから 殺してないって!

(榎本)これ以上
勝手な発言を続けると

退廷させますよ。
(大鷹)落ち着け。 まず 座れって。

(浅野)気安く触んなよ!
やめなさい。

(浅野)あんたが駄目だから
こんな事になってんだろ。

蟹江先生を証人に呼ぶ話は
どうなったんだよ? え?

それでアリバイが証明されたら

嫌疑が晴れるんじゃ
なかったのかよ!

いい加減にしなさいよ 嘘つき!

蟹江先生はね あんたには
会ってないって言ってんの。

(榎本)
傍聴人は静かにしてください!

嘘じゃないって!
俺は会ったんだよ!

きれいな若い奥さんも
会釈してくれたんだよ!

えっ? 今 なんて言った?
(浅野)えっ?

(榎本)被告人と傍聴人に
退廷を命じます!

連れていきなさい。
(浅野)だから 嘘じゃないって!

いや そっちじゃないって。
そのあとよ! ねえ!

(浅野)おい! だから…。

裁判員の印象は最悪ですね。

(京極)ああ…。

(高畑)なんかごめんね。
まず 大人になろう。 それから考えよう。

<そう感じてる彼女に>

<オトナのセンス ブラックインテリア
ダイハツ 「キャンバス」>

(高橋)111周年
リミテッド登場。

(まる子)おや?
(丸尾君)さくらさん ご心配なく!

ほんと~?
ズバリ! このお助け感!

富士山級でしょう!
お見事!

<アイスじゃない。 車の話である>
<いつもの私で ラクしトコット>

ダイハツ 「トコット」誕生。
買うなら今である>

シュッシュッ…。
(大鷹)ポッポー!

シュッシュッ…。
(大鷹)ポッポー!

シュッシュッ…。
(大鷹)危ない…。

(光代)こんにちは。 アハハハ…。
(大鷹)度々すいません。

あの… 蟹江先生
いらっしゃいますか?

ああ ごめんなさいね。
職員会議が遅くなるみたいで。

せっかく
カレー作ったんですけど…。

あっ 本当だ。 いい香りだ~。

あっ よろしかったら
召し上がりますか?

本当ですか?
(光代)ええ ええ。

じゃあ 遠慮なく。
いやいやいや…。

遠慮しろ… 遠慮しろよ!
ああ~ ああ~…!

う~ん!

美味しい~!

(大鷹)
カレーを飲むなっつってんだよ。

すいません。
(光代)どうぞ。

(大鷹)手入れの行き届いた
お庭ですね。

(光代)主人が花の絵を描くのが
好きなものでして。

あの… 蟹江先生は 他に
どんなご趣味をお持ちですか?

コーヒーと読書くらいですかねえ。

冗談の一つも言えないし

お酒も賭け事も一切やらない
ちょっと面白みに欠ける

聖人君子みたいな人
なんですけど…。

(光代)生徒のためには
本当に一生懸命なんです。

(大鷹)今こそ
そういう教育者が必要なんですよ。

(光代)子供には
恵まれませんでしたけど

このまま あの人と
平穏無事に添い遂げられたら

私は幸せかなって。

(携帯電話の着信音)

ん… 奥さん ごめんなさい。

急用が入りましたので
私たち これで。

(大鷹)えっ? いや 俺は…。

(大鷹)なんだよ? 急用って。
いいから。

(大鷹)なんだよ!

(大鷹)どこ行くんだよ?

♬~

蟹江先生…。

嘘つきは こっちか。

本当は あの日も
2人で新宿にいたんでしょう?

(麻美)あの…

勘違いしてらっしゃる
ようですけど

私たち
新宿になんて行ってませんし

今も 生徒の非行を監視する

生活指導活動をしている
だけでして…。

(大鷹)すいません
この失礼な女が。

ほら 行くぞ。
なんで? ちょっと…。

(大鷹)いいから 来いよ。
ちょっと…。

なんなのよ あんた!
大事なアリバイ証言 潰す気?

いや… こんな小さな町で
不倫がバレたら大問題だよ。

懲戒免職もあり得るし

そうなったら
退職金ももらえない事になる。

何より 夫を聖人君子だと信じてる
奥さんが どれだけ傷つくか…。

それを考えると忍びない。

あんた 本当に弁護士なの?

蟹江先生の証言一つで
無罪か殺人犯かが決まるんだよ!

それが もし 無実の罪なら
あんたは加害者になるんだよ!

そんな事は わかってるよ!

だけど 嫌疑を晴らす証拠は
他にもあるはずだろう。

それがないから
ここに来てるんでしょうが!

俺は 他の方法を選びたい。

主任弁護人は俺だ。

(京極)そうですか…。
大鷹くんが そんな事を…。

まあ 裁判で大きな失敗をして
検察を辞めた時

娘さんが いじめられて
離婚する事になったらしく…。

妻子と別れた寂しさが
身に染みてるんでしょう。

知らないわよ
あいつの家庭の事情なんて。

(京極)今は 奥さんに渡した家の
ローンと養育費を払うために

アルバイトもしているそうです。

♬~

(大鷹)小春…。

(ドアの閉まる音)

(大鷹)あれ?
みんな 何 見てんの?

ネットに 浅野さんの 新しい
目撃写真が投稿されましてね。

殺害時刻後の4時30分に
キャンプ場で撮った写真です。

(馬場)顔も はっきり
写っちゃってるもんなあ…。

嘘だろ? これじゃあ 殺害時刻に
犯行現場にいた事になる。

だから 女の敵は
最初から嘘しか言ってないんすよ。

でも… なんか
この写真 おかしくないか?

ん?
えっ? ん? 何が?

(大鷹)
なんか違和感あるんだよなあ。

なんだろう?

色みや絞り 構図から見て

最初の投稿者と同じ撮影者じゃ
ないでしょうか?

えっ… 教授は
写真にお詳しいんですか?

こう見えて 私

フォトマスター検定1級の資格を
取得しておりましてね。

ここに 私の自慢のカメラが…。

投稿者を突き止める事は
できないんですか?

そうだよ。 その人に聞けば
なんか わかるかもしれないしさ。

投稿者の正体が判明しました!

(茅野)嘘!?

青梅在住の真壁修一さん。

浅野被告人の嘘がバレる
きっかけになった

最初のネット写真投稿者も
この人でした。

(馬場)すげえ…。
(理恵)銀行員時代に

オンライン横領を計画した時に
勉強したハッキング技術が

役に立ちました!

この真壁さんの事も
調べたほうがよさそうですかね。

(理恵)はい。

みんな… よろしく頼みます。

♬~

♬~

♬~

お客様 こちらの赤いパーカは

こちらのパンツやスニーカーと
合わせるのが流行っております。

今 流行ってるの。
知らないの?

♬~

あの… 教授 機材とか
こだわらなくて大丈夫ですから。

フォトマスター検定1級の
プライドが許しません!

(携帯電話の着信音)

ちょっと すいません。
(京極)ああ。

はい 大鷹です。

(大鷹)天馬…?
天馬先生ですか!?

先生 さようなら。
(麻美)さようなら。

杉田先生 こんにちは。

また いらしたんですか?

蟹江先生なら まだ中に…。

あっ 今日は
あなたに会いに来たの。

言いましたよね?
お役に立てる証言は何もないです。

でも 証言するのは

新宿に一緒にいた あなたでも
構わないわけじゃない。

だから 新宿の話は誤解なんです。

そっか 誤解か。

じゃあ 一緒にいたのは
吉沢先生だったのかな?

えっ?

ああ…。

あっ…。

(麻美)はあ?

「♬~(音楽)」

「(刺す音)」
(鎧塚平八)「うっ…!」

「刑事生活35年…」

お邪魔します。
あら また いらしたんですか?

あ~! いい時に来た。

私 『現場百回』
大ファンなんですよ。

私もです。

無駄足覚悟で
あらゆる証言を潰していく。

あっ 鎧塚刑事を見習って

奥さんにも
一応 確認してもいいですか?

あら 何かしら?

みかん お嫌いですか?

いえ そんな事ありませんけど。
ほう…。

あっ… じゃあ どうして

これ 捨てちゃったかな。
これ ほら…。

(大鷹)すっげえ…。
なんだ? この時計。

ダイヤだらけだよ これ。
かっこいい…。

全然違うもんね。 おい…。

お待たせして申し訳ありません。
はい。

よろしければ こちらに。
はい。

あっ…。

失礼します。 よいしょ。

(天馬)お呼び立てして
申し訳ありません。

(大鷹)いえいえ いえいえ…。
(天馬)どうぞ。

失礼します。

まずは…。
ありがとうございます…。

うわあ! これ 違うの。 違うの。
アハハハハハ…!

お気に召したなら
お持ちになっても構いませんよ。

いえいえ…! めっそうもない。
これ ありがとうございました。

ハハッ…。 すいません…。

お噂は伺っています。

世論の批判に
さらされながらも

無罪を主張する被告人のために
奮闘する姿は 実に ご立派です。

大先輩の天馬先生に
そうおっしゃって頂けると

心強いです。

♬~

弁護士会としても
冤罪撲滅が最大の目標です。

どうでしょう。

我々のお仲間になるわけには
いきませんか?

(大鷹)あっ… いえ…
身に余る光栄です。

実は 今すぐ取りかかって頂きたい
大きな刑事訴訟案件があります。

(大鷹)いや しかし

ご承知のとおり
抱えている案件がありますので。

そちらは うちの若手にでも
引き継がせますよ。

はあ…。

何か不都合でも?

例えば 小鳥遊さんとか?

(美奈子)気をつけたほうが
よろしいですよ。

裏で何をするか
わからない方です。

うちも 随分と
ひどい仕打ちを受けました。

弁護士資格を失った今も

非弁活動に手を染めているとの
噂もあります。

場合によっては あなたにも
被害が及ぶかもしれませんよ。

あなたの部屋は空けてあります。

キャリアに見合った報酬も
保証します。

娘さんの将来を考えると
悪い話ではないのかと。

そこまで私の事を…。

ありがとうございます。

どうしちゃったんですかね?
大鷹さん。

(理恵)昨日から
連絡が途絶えたままです。

(馬場)おとといは
ご機嫌だったのになあ。

ヘッドハンティングされたとか
浮かれちゃってさ~。

ヘッドハンティング

そういえば 天馬先生から

お電話頂いてましたね。
天馬?

あの巨大事務所に
スカウトされたんですか?

じゃあ こんな裁判
やってる場合じゃないっすね。

どうせ負けそうだしなあ。

ポチ
代わりに法廷に出る準備しな。

いや 無理ですよ
突然 そんな…。

それでは私が。
(理恵)もっと無理です。

なんで また逃げんだよ あいつ。

大事な証拠も潰してくれちゃうし。
なんなんだよ あいつ!

ああ~ 見てください あれ!
おっ!

(茅野)ヤメ検 来た~!
(ため息)

証拠集めに手間取っちゃってさ。
信じてましたよ 僕は。

超ギリギリ。 超やべえよ。

ギリギリセーフか。

(夫)今日 誰か来るの?
(妻)言ったじゃない。

(営業担当)
本日は見学会 よろしくお願いいたします。

あれ? ナオキ?
(ナオキ)タカちゃん!

(ナオキの妻)わぁ~ 天井 高~い。

《なぜ お前がここに…。
お前は ここに来てはいけないはずだ…》

稼ぐようになると
みんな 広い家 住むじゃない?

あれ 嫌だなぁ。
いいじゃん 家の広さなんか どうだって。

天井が高いと 広く感じるなぁ。

<その家は 「xevoΣ」>

<見学会は 10 11>

いい家だな…。

(大鷹)これは 被告人が
犯行後の夕方4時30分に

現場付近にいた証拠として
ネットに投稿された画像です。

この甲第15号証の写真が

正しく撮影された事を
確認するために

投稿者の真壁修一さんを
証人として呼んであります。

(大鷹)証人に お尋ねします。

この写真を
何時に撮影しましたか?

写ってる時計にあるとおり

午後4時30分です。

(大鷹)では こちら。

本日 提出した弁第3号証の写真を
ご覧ください。

これは
こちらの写真と同じように

夕方4時30分に 同じ場所で

私を撮影した写真です。

何か 違いに気がつきませんか?

(大鷹)そう 違いは影。

影の長さです。

日が傾く夕方には
影が長くなるはずで

私の写真でも

影が長く伸びています。

しかし 証人が
被告人を撮影した この写真では

影が昼間のように短い。

これは なぜですか?

(大鷹)本当は 真昼に撮った
写真だからではありませんか?

だとすると なぜ 時計の針が

夕方の4時30分を
指しているのか?

専門家に鑑定を依頼したところ

時計部分が修正されている
との結果を得ました。

つまり 証人は
証拠を捏造したのです。

(片山)異議あり

その鑑定書は
事前に証拠申請されていません。

異議を認めます。

悔しいですね。
もう少し時間があれば…。

痛恨の極み。

(大鷹)では 質問を変えます。

証人は 犯行時刻の4時過ぎに
どこで何をしていましたか?

(真壁)現場で写真を撮っていたに
決まってるでしょう。

(大鷹)本当は ここで買い物を
していたのではありませんか?

現場から
車で10分ほどの場所にある

シマクロ青梅店。

この店の店員に聞いたところ

証人が4時過ぎに

被告人と同じ赤いパーカ
ジーンズ 靴を買っていたと

証言してくれました。

その時 証人が買った靴のサイズは
26センチ。

そして
犯行後に 御岳山駅で撮影された

赤いパーカを着た服の男の
靴のサイズも

画像の床板の幅から解析すると
26センチ。

しかし 被告人の靴のサイズは

28センチ。

つまり
駅の画像に映っていたのは

被告人の足ではありません。

証人。

あなたの足なのでは
ありませんか?

つまり あなたは殺害時刻後に

自ら 被告人と同じ服装に着替えて
現場を歩き

誤った目撃証言を誘発させた。

異議あり
一方的な決めつけです。

なぜ 証人に そんな事をする
必要があるんですか!

そうなんです。 だから私も それが
なぜなのか聞いているんです。

私に考えられる理由は
一つしかありません。

本当は あなたが
被告人の妻を殺害して

それを被告人の犯行だという事に
したかったからでは

ありませんか?

(机をたたく音)
異議あり

弁護人は あり得ない作り話で
証人を困惑させています!

異議を認めます。

以上です。

(ため息)

あれだけ
材料を並べたのに…。

力ずくで
潰してきましたね。

(片山)前回の公判で 弁護人は

殺害時 被告人は犯行現場ではなく
新宿にいたと主張し

被告人自身も 蟹江先生さえ呼べば
嫌疑が晴れると叫びました。

そこで 被告人の高校時代の
恩師である蟹江先生を

証人として お呼びしました。

先生…。

頼みの綱だったはずの先生が

なんで
あちら側の証人なんですか?

またまた痛恨の極み。

(片山)証人は 事件当日
新宿で被告人に会いましたか?

いえ。 その日は 天竜の山で
風景画を描いていました。

えっ?

(片山)被告人側から 裁判での
証言を頼まれた事はありますか?

はい。

新宿で浅野くんに会ったと
証言してくれと頼まれました。

(片山)つまり 弁護人から
偽証を頼まれたわけですね?

(蟹江)そう理解しています。

私としても
教え子は守りたい。

ですが 正しい教育者で
あり続けるためには

偽証はできません。

(蟹江)浅野くん 君は まだ若い。

罪を償ってから
また やり直してほしい。

私も必ず応援するから。

だから 正直に…。
ハクション!

失礼。

だから 正直に…。
ハ~クション!!

あっ…。

♬~

あっ…。 先生 続きをどうぞ。

あっ…。

だから 浅野くん
正直に非を認めて

反省の情を示して…。

反省するのは あなたでしょ?

光代…。

(光代)私が
なんにも知らないとでも思った?

(榎本)
傍聴人は発言をお控えください。

(光代)杉田先生と
特別な関係だったのよね?

(榎本)発言をお控えください!

(光代)その日も 私に内緒で
2人で新宿に行ったのよね?

何を言ってんだ 光代!
弁護士に何を吹き込まれた?

いいかげんにしてよ!

お前だけって言ってたくせに

吉沢先生とも
付き合ってたのよね!?

(蟹江)杉田先生…。

(麻美)一緒に行ったじゃない!
私と 新宿に!

これは その時の
新宿のホテルのレシートよ!

(榎本)傍聴人は
2人とも出ていきなさい!

(光代)あなた。 教育者なら
真実を述べて 教え子を救って!

それができないんだったら
私との関係も おしまいよ!

ねえ あなた!

(舌を鳴らす音)

あっ…。 では 弁護人より

反対尋問をさせて頂きます。

先ほど 証人は

事件当日 新宿にはいなかったと
発言しましたが

それは真実ですか?

いえ 真実ではありません。

(蟹江)私は
私自身の不貞を隠すために

嘘を言いました。

(蟹江)あの日
私は新宿におりました。

(大鷹)そこで
被告人と会いましたか?

午後4時
偶然 浅野くんに出くわして

会釈を交わしました。

つまり 被告人は

犯行時刻に 殺害現場には
いなかったという事ですね?

はい。

浅野くん すまなかった。

以上です。

♬~

(記者)無罪判決
おめでとうございます。

(大鷹)「ありがとうございます」

(記者)まず ひと言 お願いします。

「(せき払い)」

「えー 検察組織の中には

有罪ありきで
事件に立ち向かう人間もいます」

「その強引な手法で

冤罪を着せられかけた浅野くんを
救う事ができた事に

安堵しております」

改ざん写真の投稿者である
真壁修一容疑者が

殺害を認めたようですが

それも
大鷹弁護士のお手柄ですね。

「あっ… いえ…」

「ある法律事務所の

絶大なる協力があって
できた事です」

いよいよですね。
京極事務所 宣伝タ~イム。

派手に
ぶち上げちゃってちょうだいよ。

「そ その… じ 事務所の名前は…」

♬~

おい
何ためてんだ あいつ。

早く言いなさいよ。

(小春)お父さーん!

小春…。

♬~

お父さん かっこいいよ。

(カメラのシャッター音)

小春…。

(カメラのシャッター音)

何 感動してんだよ。

なんで ポチまで… はあ~?

なんなんだよ お前ら…。

アッハハハ… サンキュー!

(美奈子)大鷹先生。

本日は
どのようなご用件でしょうか?

(大鷹)無罪判決を手土産に
改めて お話を伺いに参りました。

すでに こちらでお世話になる
気持ちは 固まっております。

おっしゃってる意味が
よくわからないのですが。

えっ? いや…
あなた 一緒にいましたよね?

ほら 天馬先生が 私の部屋も
用意してくださるって…。

「今すぐ」と言ったのを
お忘れですか?

天馬代表は
お会いする必要はないとの事です。

お引き取りください。

オーマイガー。

(天馬)弁護士会としては
問題にせざるを得ない記事ですね。

(天馬)良きパートナーとして

末永いお付き合いを
期待していたのですが

大変 残念です。

(天馬)検事総長にも
君への失望は お伝えしました。

どうぞ お引き取りください。

全部 自分の手柄に
しちゃってますね。

(京極)うちの宣伝は
ひと文字もありませんね。

(茅野)そして 今日
天馬の事務所へ向かったと。

(馬場)それは もう ウキウキで。

残念な男です。

おはようございまーす!

(大鷹)ヘヘヘ…。

あれ?
みんな どうしたの?

ああ… いや それは…。

ほら どうしてもって
しつこく誘われちゃったから

もう 断るのが大変でさ。

あれ? そんなに俺を
引き留めたかった?

早く言えよ~ もう~。

まあ どうしてもって
言うのなら

ここに入ってやっても
いいんだぞ?

「入ってやってもいい」だ?

嘘です すいません。
本当 ごめんなさい。

あの… お願いします
ここに入れてください。

お願いします なんでもします!
お願いします!

いいよ。

えっ… いいの!?

よっしゃ! とりあえず お祝いだ。
(大鷹)えっ? お祝い?

(茅野)うん。
まずは

北陸新幹線はくたか
グランクラス

九州新幹線 鹿児島ルートを
ヤメ検持ちで予約する事。

あっ… あの…
なぜ 私が そのような…。

なんでもするんだろ!?
まあ… そういう…。

はい。 今回の調査費用の清算
お願いしますね。

まあ そういう約束では
ありましたからね。

ええ~!? これ 高すぎるでしょ!

大体 なんで 調査費用に…
これ ほら

ホストクラブとか
すしとか 鰻とか…。

えっ? トラベル… なんで?

(茅野)ハイハイ ハイハイ!
(一同)ハイハイ ハイハイ!

ハイハイ ハイハイ!
(一同)ハイハイ ハイハイ!

ハイハイ ハ~イ!

じゃあ ヤメ検の入所を祝って
乾杯!

(一同)乾杯!

ハイハイ ハイハイ!
(一同)ハイハイ…!

(峰島玲奈)私は妻です。
4時間の結婚で億万長者?

(大鷹)遺族としては
訴えたくもなるわな。

(峰島正太郎)父が あんな女に
遺産を渡すはずないんだよ!

(玲奈)
私が殺したとか言いたいわけ?

(峰島恭介)今から大事な事を言う。
やっぱり 嘘ついてたのね。