ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

リーガルV 第2話 米倉涼子、向井理、林遣都、菜々緒、荒川良々、安達祐実… ドラマのキャスト・主題歌など…

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #2』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 永島
  2. パワハラ
  3. 証人
  4. 会社
  5. データ
  6. 城野
  7. 録音
  8. ブーン
  9. 証拠
  10. 美鈴

f:id:dramalog:20181018221032p:plain

『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #2』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ #2[字]

米倉涼子・主演の新作リーガルドラマ!弁護士資格をはく奪された小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弁護士を集め法律事務所を結成!エリート事務所に無謀な戦いを挑む!

詳細情報
◇番組内容
翔子が管理人を務める京極法律事務所に、世界的企業の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼。3人の部下からパワーハラスメントで告発され解任、会社を相手に民事訴訟を起こしたという。ところが、会社側を弁護するFelix&Temma法律事務所の白鳥(菜々緒)が青島(林遣都)と京極(高橋英樹)に手渡した音声データには、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていて…
◇出演者
米倉涼子向井理林遣都菜々緒荒川良々安達祐実、三浦翔平 / 内藤理沙、宮本茉由、勝村政信小日向文世高橋英樹
【ゲスト】斉藤由貴平山浩行
◇脚本
橋本裕志
◇演出
田村直己(テレビ朝日
◇音楽
菅野祐悟

【主題歌】
SEKAI NO OWARI『イルミネーション』(TOY'S FACTORY)
◇スタッフ
【企画協力】古賀誠一オスカープロモーション

【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、峰島あゆみ(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、池田禎子(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/
☆Twitter
 https://twitter.com/LegalV2
☆Instagram
 https://www.instagram.com/legalv2018/

 


(汽笛)

(小鳥遊翔子)はあ…
やっぱり SLは格別よね。

戦前から走り続けるC12形の
歴史の重みを思えば

悩みなんて吹き飛んじゃうわ!
ウフフフ…。

しかも 真岡の客車は
国鉄50系客車 レッドトレイン!

窓の外には 蒸気の香り。

はあ…。

鉄道好きなら よだれもんよね~。

あっ… ごめんなさい。

(茅野 明)それは全部
上の管理人室まで。

(馬場雄一)こりゃ また随分
高級そうな家具と家電だなあ。

(青島圭太)小鳥遊さん
よく買うお金ありましたね。

請求は事務所に来ています。

やっぱり あの女とは
手を切ったほうがいいですよ 教授。

しかし 彼女が
優れた弁護士であった事は

事実なわけだし。

(大鷹)法曹界の女神は昔の話。
今じゃ…

法曹界のダニですよ。

おかしな事に巻き込まれたら
たまったもんじゃありませんよ。

生きててよかった~!

いただきます。

あれ? あんたも
『現場百回』のファンなの?

うん。

アハハハ… 昨日だったら
ロケで鎧塚刑事に会えたのにねえ。

昨日?
(女性)うん。

今日じゃなくて?
(女性)昨日よ。 ねえ。

どうして
日付を間違えるんだよ~っ!

ロケの予定 調べたのは
ポチだよね?

ねえ
どうやって責任取ってくれんの!

すみませんでした。

はあああ… ポチは馬鹿なの?

日付の確認もできない奴は
弁護士失格だから!

弁護士資格のない
あんたが言うなよ。

人間失格だね。
そこまで言わなくても。

こういうの
パワハラって言うんじゃないの?

教育的指導。
姐さんの愛のムチっすよ。

あの女のムチなら
そのうち血まみれだよ。

うるさいな ヤメ検
部外者が勝手にお茶飲まないでよ。

1杯100円頂きますよ。
うち お金ないんですから。

ぼったくりバーかよ ここは。

でも お金は
君島化学との和解の成功報酬が…。

入金は半年先です。

(馬場)月末までに100万ないと
ここ 強制退去らしいですよ。

ちょっ… ちょっと待って。
何? それ。

この事務所
まだ できたばっかりじゃん。

行列のできる法律事務所計画は
どうなっちゃうの?

ひとえに 小鳥遊さんの無駄遣いが
響いています!

それは
管理人としての必要経費で…。

そもそも
あんたたちの働きが悪いから…。

ほら ポチ!
なんとかしなさいよ!

なんとかって言われても…。
(電話)

はい。 京極法律事務所ですが。

ええっ!?

弁護のご依頼ですか?

ご指名1本 頂きました!

(京極)永島美鈴さん。
(永島美鈴)はい。

(京極)太陽製紙にお勤めでしたか。

(茅野)いい女っすね 永島さん。

年上の知性派。
完全に俺のタイプだよ。

いや 驚きました。 その若さで
世界的企業の役員とは…。

いえ…。
女性登用が奨励される流れの中で

たまたま そのお役目が
回ってきただけですから。

あっ そうだ。 あの…。

これ よろしかったら 皆さんで。

いやはや…。
どうもありがとうございます。

(理恵)奥ゆかしくて
気配りも細やかですね。

(大鷹)誰かさんとは
えらい違いだなあ。

それで どういったご依頼で?
はい…。

パワーハラスメントです。

(京極)ああ… 今 多いですよね。

さぞ
つらい思いをされたでしょう。

愛のムチには用心しないとな。

どんなパワハラ
受けたんですか?

受けてません。

私がしたんです。

えっ?
えっ 嘘…?

(美鈴)もちろん ぬれぎぬです。

でも それを理由に
不当に解任されたんです。

ああ…
それを聞いて納得しました。

(大鷹)近頃は
ちょっと注意しただけで

パワハラだって
騒ぐ連中がいるから

困ったもんですよ。

被害の報告があったのは
今年の6月でした。

パワーハラスメント

(大垣史郎)
まさか 人望の厚い君が…。

いや もう これ
人事担当としても驚きだよ。

いや あの… それは

時には 厳しい指導をする事も
あったかもしれませんが

でも 私
絶対パワハラなんてしてません。

いや 私だって そう思いたいよ。

だが… 被害報告が
これ 3件もあるんだよ?

何かの間違いです!

女性初の役員として

私 精いっぱい
努力してきたつもりです!

いやいやいや…
こういうご時世だし

役員のパワハラ行為は

会社としても
簡単には見過ごせないからさ…。

(美鈴の声)結局 株主総会
取締役を解任され

納得できない私は

会社に損害賠償を請求する
民事訴訟を起こしました。

ところが…

第一回の口頭弁論の直前に
弁護士が降りてしまって。

(京極)それは災難でしたね。

お任せください。 あなたのような
弱い立場の方のために

我々弁護士は存在するんです。

事務所を挙げて
依頼人を支援します。

(馬場)あんた
事務所と関係ないだろ。

ねえ みんな
もっと慎重になるべきじゃない?

ああいう女に限って
裏じゃ 鬼みたいに豹変するのよ。

(大鷹)パワハラ女が
何言ってんだよ。

大体 弁護士が
途中で降りたって事は

勝ち目がないって事でしょ。

他 当たって頂きましょう。

私の請求額が
高すぎたのかもしれません。

(理恵)ちなみに
損害賠償請求金額は

3億2000万円です。
3億2000…。

(理恵)成功報酬は
20パーセントですから

うちの取り分は… わあっ!

(茅野)64万。 イエーイ。

6400万円です。
馬鹿か。

(京極)
しかし 日本のパワハラ裁判で

とても 億単位のお金は…。

海外では いくらでも例はあるわ。

相手が世界の太陽製紙だからこそ
泣き寝入りをしちゃいけないの!

完全にスイッチが
切り替わったみたいです!

でも 一番大事なのは

会社が非を認めて
謝罪してくれる事なんです。

そうしないと 私…
前へ進めないんです。

謝らせるだけじゃ駄目。

大企業に責任を取らせましょう。

完全に全開だな。

しかし なぜ うちに
弁護を依頼に?

ああ… 青島さんっていう

敏腕弁護士がいらっしゃるって
伺いまして。

えっ?

わかります。

全身から 知性と貫禄が
にじみ出ていらっしゃいますから。

あ… あの…。

青島は 僕なんですが…。
ああっ…。

ええ… はい。 はい。

あなたが?
はい。

国内最大手の弁護士事務所を
向こうに回して

和解金を勝ち取った
弁護士さんが…?

はい。 まあ 一応。

ああ…。

実は 訴訟相手の太陽製紙も

Felix & Temma法律事務所と
顧問契約をしているんです。

(京極)いや やっぱり
すごい事務所ですねえ。

我々は
こんなところと戦うんですね。

(白鳥美奈子)京極先生 青島先生。

お待たせしました。

本件の被告代理人となります
白鳥美奈子です。

お手柔らかにお願いします。

(美奈子)お噂は伺ってますよ。
小鳥遊翔子さんと一緒に

法律事務所を
お立ち上げになったとか。

ああ いやいや 彼女は
ただの管理人ですよ。 ハハハハ…。

ご忠告申し上げますわ。

すぐに追い出したほうが
お二人のためですよ。

被告の太陽製紙は 愚かな訴訟を
取り下げるよう望んでいます。

そもそも
役員報酬8年分の賠償請求って

常軌を逸してますよね。

(京極)しかし 依頼人
不当解任だと言っておりますし。

本気で代理人
引き受けるおつもりですか?

一人の女性の人生が
かかっていますから。

200パーセント負けますよ。

これは…?

部下の松尾係長が

永島美鈴さんから
パワハラを受けた際の

録音データです。

録音…?

では 再生します。

(キーを叩く音)

(美鈴の声)「だったら
今すぐ飛び降りろよ!」

(松尾 潔の声)
「やめてください 永島さん!」

嘘だろ? これ。

(美鈴の声)「死んで
おわびするんでしょ?」

「今すぐ飛び降りなさいよ!」

怖っ…。

(松尾の声)「押さないでください
永島さん!」

「(叩く音)」
(松尾の声)「叩かないで! 痛い!」

暴力まで…。

(美鈴の声)
「何言ってるの あなた!」

「もう 今すぐ私の前から消えて!」

「すぐに
会社から出ていきなさい!」

録音データは以上です。

これは完全にアウトですね。

ここまで
証拠が明白にある以上は…。

依頼人のためにも
訴えの取り下げを説得してきます。

納得いかないなあ…。
え…?

一度引き受けた仕事を
放り出すなんて 最低よ。

最初にやめとけって言ったのは
あんただろ。

弱い立場の人間のために
弁護士がいるんでしょ?

やっぱり
3億円の威力ですかねえ…。

ほら みんな。 調査! 調査!

良い報告 期待してますよ。

(大鷹)あんた 働かないのかよ。

私は 弁護士資格ないんだもん。

♬~

被害を申告した3人の社員には
面談を拒絶されました。

じゃあ
依頼人周辺の情報を探りますか。

何? 山菜狩りって…。
えっ 山菜狩り 知らないの?

おっ! かわいい子 多いね。

(馬場)永島美鈴さんは
どんな上司でしたか?

ねえねえ
永島さんって どんな人だったの?

仕事には厳しいけど
部下思いの優しい人でした。

パワハラをするような人
でしたか?

パワハラとかするような人
だった?

優しくて いい人ですよ。

パワハラで解任なんて
信じらんない。

ねえ。
うん。

あっ… じゃあ
色っぽい話とかもなかった?

これ以上は無理無理。
会社に口止めされてるし。

じゃあ じゃあ…
美味しいお酒おごるから…。

ねえねえ
ホストクラブとか興味ない?

うちの店 招待するよ。
えっ いいの?

もちろん。
(女性)行く行く!

今週末とかは?
(女性)今週末…。

(女性)ちょっと待って…。
(女性)空けます!

(馬場)硬いパンだなあ!

金曜は?
(女性)うん! 大丈夫 私!

(馬場)すいません!

社員の方々に
永島さんと一番親しかったのは

城野部長だという事を
お聞きしまして…。

(城野 優)まあ 生産事業部で
長く一緒にやってきましたから。

パワハラの件は
やはり ショックでしたか?

はい。

社員思いで 立場をわきまえた
聡明な方でしたから。

その事を

法廷で証言して頂くわけには
いかないでしょうか?

証言… ですか?
はい。

永島さんの名誉のためにも
お願いします。

最高の証人がつかまりました!
永島さんの人徳ですかね。

社内でも 彼女の事を悪く言う人は
いませんでしたし。

しかし 現実には

リアルな録音データが
存在するわけで…。

(美鈴の声)「死んで
おわびするんでしょ?」

「今すぐ飛び降りなさいよ!」

直接 本人に
事情を確かめましょう。

♬~(ピアノ)

(美鈴)本日は お招き頂いて
ありがとうございます。

お互いの親交を
深めようと思いまして。

明くん。
(茅野)はい じゃあ…

乾杯!
(京極)乾杯!

だからって
なんで こんな高い店に…。

自分が来たかったんすよ。

(茅野)っつうか なんで
部外者のヤメ検までいるんすか。

うわあ… うまい この料理。

(京極)そして
この素晴らしい内装。

実は 私 インテリアコーディネーターの資格も
取得しておりましてね。

それより あの
6月11日の事について お話を…。

ああ…
あの録音データの日ですね。

ああ… 私も聞かせて頂いて
びっくりしてるんです。

自分があんな事 言ったなんて
信じられなくて…。

覚えてないって事ですか?

はい。 アメリカGL社との
共同事業提携契約を

株主総会までにまとめるように
言われてて

もう その事で 本当に 頭が
いっぱいだったものですから…。

足を踏んだ側は忘れてても
踏まれた側は忘れない。

ハラスメントって
大抵そうじゃない?

えっ…。

はあ… っていうか

踏んでますよ 今。
ん?

(美鈴)あっ…。

ごめんなさい。

まあ せっかくのごちそうですから
頂きましょう。

ん?

はあっ!
虫が入ってんじゃねえかよ!

文句を言って
値下げしてもらいましょう。

いや そんな…
事を荒立てなくても。

虫がいるっていう事は
看板どおり

有機野菜使ってるって
証拠ですから。

どうかなさいましたか?

(馬場)あっ!
な… なんなんだよ この店!

(店員)失礼しました!
申し訳ございません。 お絞りを…。

はっ…。

(茅野)こうすると落ちますよ。

ああ… 博識なんですね。
ありがとうございます。

お客様 大変申し訳ございません。
店長の佐藤です。

ああ ああ… いいんですよ。

店員さんには
謝って頂きましたし…。

実は あの… 私どもの手違いで

こちらのお席を

ひと月前からご予約頂いている
お客様がいらっしゃいまして…。

えっ?

お席を
ご移動願えませんでしょうか?

あちらのテーブル席と
奥のカウンター席に…。

分かれて座れっていうのかよ!

勘弁してくれよ!
料理に虫 ワインはこぼすわ

席まで移れって
舐めてんの? 店長。

ねえ。
(佐藤)いや そういう事では…。

わかりました。

そこまで言うって事は

よっぽど
大切なお客さんなんですよ。

神対応だ…。

じゃあ まあ 移動しましょうか。

(京極)まあ 永島さんが
そうおっしゃるのなら…。

ここまでやっても怒らないのは
本物か…。

えっ?

だとしたら 録音は
巧妙な捏造データ?

あっ…。

ひょっとして
依頼人を試したんですか?

そもそも 「押さないでください
永島さん」とか

「叩かないで」とか

言い方が説明的で
不自然だったのよね。

しかも この店 巻き込んで?

悪い?

(妻)2階まで天井の高い家にして
ホント良かったわね~。

(夫)いや でもさ…。
でも 何?

《言えない。 やっぱり言えない。
1階は仕方ないにしても…≫

(2人)≪せめて2階くらいは
天井を低くして 落ち着きたかったなんて…≫

≪言えない≫
≪言わせない》

<2階も天井が高い。 だから広く感じる>

<その家は 「xevoΣ」>

でも 何?

…いや。

部下の女子
名前は よし子っていうんだけど

う… えー… 誘ったら

パワハラだ…
セクハラだ言われてさ。

悔しいから 追いかけたら…

今度は ストーカー呼ばわりだぞ。

(笛)

お客さーん 終電ですよ!
(馬場)うるせえ。

強いんですね。

フフ…。

酔って記憶がないなんて事は
一度もありません。

ああ… でも

あの録音された時の記憶は
なかったんですよね?

あんな証拠があるのに
裁判を続けるって事は

何か勝算でもあるんですか?

だって 人って

どこで誰に恨まれるか
わからないじゃないですか。

社長の… 夜の相手したから
昇進したんだろとか

あんな女が役員じゃ
将来 不安だとか

散々 陰口叩かれました。

でも 味方もいますよ。

城野部長も
証人を引き受けてくれましたし。

城野さんが証人を?

うん。 だって
一番親しい社員だったんでしょ?

お断りしてください。
えっ?

私の証人なんかなって

出世の道が閉ざされてしまうかも
しれませんから。

ねえ… あなた 勝つ気あるの?

えっ?

億単位の訴訟が どれだけ厳しいか
わかってるの?

そんな甘い事 言ってられる
状況じゃないの。

いや でも…。
あそこで寝てる連中は

あんたを勝たせるために
やってんの。

あいつらが泥仕合する相手は
巨大ローファームなの。

冷やかしなら
他の事務所あたってくださいよ。

(天馬壮一郎)そうですか。

パワハラ訴訟の原告は
訴えを取り下げませんでしたか。

太陽製紙さんも大変ですね。

いやあ… 困ったもんです。

企業のコンプライアンス
取り沙汰されてる この時代に

こんな理不尽な裁判で

いわれのない風評が
流れでもしたら

我が社の国際戦略にも
影響します。

それも含めて
御社をお守りするのが

我々の仕事です。
あっ…。

ひとつ よろしくお願いします。

淳美くん 大垣専務をお送りして。

領収書も
忘れずにお渡しするように。

かしこまりました。
では あちらへ。

(大垣)くれぐれも よろしく。

(海崎勇人)しかし 原告の弁護士は
降りたはずだったのでは?

それを京極法律事務所の

青島弁護士が
引き継ぎまして。

(天馬)そうですか。

今度は小鳥遊さんのお友達と
直接対決ですか。

しっかり頼みますよ。

パワハラ被害を受けた証人が
3人おりますし

決定的な録音データもありますので
ご安心ください。

専門家の鑑定によると

録音データは
改ざんされたものではなく

証拠として成立するとの事でした。

でも なんか
引っかかるんだよな…。

大丈夫ですよ。

こっちには城野部長という
頼もしい証人がいますから。

ん?

どっかで会ったかな?

また君たちに会うとはな。

青島先生… でしたよね?

先日の裁判は お見事でした。

ありがとうございます。
行くよ ポチ。

海崎先生

ヤクザ絡みで
弁護士資格を失った女に

まだ未練がおありですか?

(海崎)まさか。

僕史上間違いなく
最低最悪な女だ。

(美奈子)角野さんは4カ月前

生産事業課長として
原告の部下でしたね?

(角野浩紀)はい。

(美奈子)その時
パワーハラスメントを受けましたか?

永島さんからは 日常的に

無能 役立たず 消えろなどの
言葉の暴力を受けて

鬱状態が慢性化していました。

してません 私!
角野くん なんで そんな…。

(判事)静粛に。
勝手な発言は控えてください。

今でも
毎日が憂鬱で仕方ありません。

その時の医師の診断書には
深刻なPTSDとあります。

(美奈子)これを新たな証拠として
提出予定です。

我々の調査では

永島さんは
理知的で穏やかな女性で

パワハラなど
とても考えられないとの証言を

多数得ています。

そこで 証人として

かつての直属の部下で
永島さんの事を最もよく知る

城野生産事業部長を
呼んでおります。

お入りください。

あれ?

証人? こちらへどうぞ。

早く来いよ。

証人が
出廷しておりません。

申請された証人は
出廷されてないようですが。

なんだって!? マジ…。

えっ!?

嘘の証言をするのが
怖くなったんじゃないですか?

(判事)
尋問中止でよろしいですか?

いや… えっ!?

えっ?
(舌打ち)

(ため息)

わかってんの? ポチ
証人も呼べない弁護士なんて

クズ以下だよ。
すみません。

これからはポチの事
クズって呼ぶから。

これ もうパワハラじゃないのか?

優しさっすよ。 クズ以下から
クズに格上げされてるし。

城野さんに
何かあったのかもしれません。

あんたらもさ 証拠の一つぐらい
見つけてこないと

ただのお荷物の前科者だよ。

今度は差別発言です。
愛のムチっすね。

言っとくけど こんな事務所じゃ
すぐ潰れるわよ。

それは困ります。
だったら働きなさいよ。

靴が全然減ってないじゃない。

現場百回!

鎧塚刑事なら
靴が すり減るまで足を使うの。

(受付)申し訳ございません。

城野は
お会いしないとの事でして…。

お会いしない?
(受付)申し訳ございません。

(城野の声)「はい 城野です」

「ただ今
電話に出る事ができません」

「発信…」

よかったですね 角野さん。
ご出世 おめでとうございます。

じゃあ みんなで
パーッと飲みに行くか!

(社員)あっ いいですね。
(角野)ハハハハ…!

出世?

今でも
毎日が憂鬱で仕方ありません。

角野部長…。
部長は早いよ。

(角野)行っちゃおうか。
なあ カニ行っちゃおう。

♪~ ブーン・ブブブ・ブーン

♪~ ブブブ・ブーン ブブ・ブーン ブブ・ブーン

♪~ ブブブブ・ブーン

(篠原)ヤバイ クラッときた。

<新 ダイハツ「ブーン」>
(高橋)
<今ならプレゼント>

♪~ ブーン・ブブブ・ブーン

♪~ ブブブ・ブーン ブブ・ブーン ブブ・ブーン
ブブブブ・ブーン

(記者)
守られてる!

(篠原)ヤバイ 安心。

<新 ダイハツ「ブーン」>
(高橋)
<今ならプレゼント>

「♬~(音楽)」

(鎧塚平八)「刑事生活35年」

「この鎧塚平八が なぜ この現場に
100回も足を運んだのか」

「私は この捜査資料に
動かされたのだ」

「穴が開くほど読み込んだ
この捜査資料は

被害者の証言には嘘があると
そう私に語りかけていた」

やっぱり 深いな 鎧塚刑事は。

なぜ 私たちまで
これを見ないと?

見習えって言ってんの。

資料を熟読する鎧塚刑事を。

我々としても
読み込んだつもりですけど。

だったら なんで気づかないの?

3件のパワハラ被害報告が
同じ週に集中してるって事を。

えっ?
同じ週だっけ?

(理恵)あっ…。
(茅野)あっ…。

(馬場)あっ 本当だ。

確かに
作為的なものを感じるな。

ただ今 戻りました!

おお クズ
証人の城野部長は つかまった?

それは まだ…。

ですが
重要な情報を入手しました。

どうせ クズ情報でしょ。
いえ…。

被害を申告した3人は
全員 昇進していました。

3人全員が?

はい。
人事担当は大垣専務で

3人共 専務派と目されています。

(茅野)専務派?

社内では
社長派と専務派が対立していて

永島さんは 社長の推薦で
女性初の役員となったんです。

専務派にとって
そもそも彼女が邪魔だった?

つまり
派閥争いの主導権を握るために

彼女を追い出す罠を
仕掛けた可能性もあると?

はい!

少しは役に立ったじゃない。
クズからポチに戻してあげる。

ありがとうございます!
そこ喜ぶとこか?

♬~

(茅野)あっち向いて ホイ!

♬~

(大松正蔵)永島さんには
本当によくして頂きました。

それが あんな事になって

うちと太陽製紙の縁も
切れちまいましてね。

それは
契約を解除されたって事ですか?

ええ。 彼女が解任された途端
一方的にですよ。

これから 下請けのうちとして
どう生きていいのか…。

永島さんに アメリカGL社との
契約を急がせたのは

大垣専務でした。

そのために
多忙を極めていたようで。

おまけに パワハラ被害者は
3人共 発注や納品の時

普段ではあり得ないような
ミスをして

彼女を困らせてたみたいですよ。

罠に
はめられたんじゃないのか?

でも 証拠がねえ…。

ところで 教授は何を?

(理恵)靴底の減り具合を
確かめているようです。

うん 少しは減ってきたぞ。

足を使うのは
教授の健康のためにも

とてもいい事です。

あのさ 靴を減らすだけじゃ
駄目なの。 証拠をつかまないと。

証人なら確保しましたよ。

本当?

太陽製紙に切られた
下請け会社の社長が

永島さんに有利な証言を
してくれるそうです。

教授 初めて役に立ちましたね。

ポチ
逃げた証人は どうなったの?

それが 電話に出てくれなくて…。

(ため息)

サラリーマンめ
守りに入りやがって。

♬~

生産事業部の城野部長ですよね?

誰ですか? あなたは。

京極法律事務所… の管理人の
小鳥遊翔子と申します。

約束破るのは よくないよなあ。

電話一つくれないなんて

うちの弁護士が どれだけ困ったか
わかりますよね? 普通。

急に怖くなったんです。

会社を敵に回してしまったら

これから私はどうなるのかと
考えてしまって…。

ひょっとして 城野さん
永島さんと何かありました?

失礼します。

(里崎 茂)永島さんは
とても厳しい上司でした。

スーツやネクタイの趣味を
注意され

やがて 体形や容姿まで
非難してきました。

そして ある日 会議室で2時間

叱られ続けました。

密室で という事ですね?

どういう内容でしたか?

無能 馬鹿
会社から消えろなどです。

そんな事
私は絶対に言ってません!

(判事)静粛に。
今は証人尋問中です。

とても許せません。

以上です。

我々としては 先ほどの証言は
とても信じられません。

えー…。
(せき払い)

ここで
永島さんと15年来の付き合いの

大松加工の大松社長を
証人として呼んであります。

お入りください。

証人 どうぞ こちらへ。

どうなっちゃってんのよ?

おかしいな…。

えーっと…。

あっ!

日付を間違えて
お伝えしてしまいました…。

はい?
(ため息)

ここにもいたよ 弁護士失格が…。

痛恨の極み!

ど… どうするんですか?

(判事)原告側証人が
出廷されていないようなので

尋問は中止でよろしいですか?

裁判官
二度にわたる証人の不出廷は

あまりに不誠実です。

原告側は やみくもに
パワハラを否定するだけで

証拠もなければ 証拠を提出する
意思も見受けられません。

被告の名誉のために
早々の結審を望みます。

意思はあります。
証拠もあります。

被告が主張するパワハラ

永島さんを陥れるための

罠だったのではないかという
強い疑念です。

それらは なんら根拠なく

被告を
陥れるものでしかありません。

根拠もあります!

パワハラを訴えた3人は

大垣専務派の社員であり

永島さんは
専務派と対立する社長派でした。

その3名から 同じ週に
立て続けに被害報告があり

そのわずか2週間後の株主総会
解任動議が出された。

あまりに拙速です。

そして
永島さんが解任されたあと

被害を訴えた その3人は

昇進を果たしています。

(美奈子)それは本件訴訟の争点と
全く関係がありません!

そもそも 大垣専務が
原告を陥れる目的が不明です。

目的は下請け業者の選定です。

大垣専務は 親族が経営する業者の
採用を打診して

それを拒否されたため
永島さんを解任へと追い込んだ。

臆測で大垣専務の名誉を毀損して
何を主張されたいのですか?

次回 我々の主張の正しさを
証明します。

とうとう追い詰めましたね。
次で息の根を止めますよ。

ポチは… 本物の馬鹿なの?

えっ?
あれは追い詰めたんじゃないの。

うまい事 しゃべらされただけ。

あそこまで手の内明かして
どうすんのよ?

しかし まあ
こちらの立証のためには

何か突き付けませんと…。
だからって

あそこまで言っちゃったら
相手に証拠隠蔽されちゃうでしょ。

隠蔽!?
はあ~…。

すぐに証人を押さえないと。
まずは大松加工の社長。

次こそ 日付を間違えず。

それから
城野部長も必ずつかまえてよ!

はい。
(ため息)

あっ 思い出した。

ねえ! ねえ 覚えてる?

真岡鐵道のSL列車で
会いましたよね?

この間も傍聴に来てたでしょ。
関係者なの?

なんでもいいから
話聞かせてもらえないかな。

えっ… 大丈夫?

♬~

(美奈子)永島美鈴と
最も近かった社員として

城野さんの証言は大変重要です。

(ため息)

(大垣)我が社の信用を守るためだ。
やってくれるよな?

わかってるな?

君は会社側の人間だ。

(大垣)ん?

はい…。

(大垣)よし。

では 証言内容について
打ち合わせをさせて頂きます。

城野部長が
会社側の証人を引き受けただ!?

申し訳ありません。
敵に先手を打たれてしまいました。

大松加工 一本で

戦わなきゃならなくなった
ってわけか…。

それが 残念な事に
大松社長にも断られました。

はあ!?
私が日付を間違えた事に

ご立腹なんでしょうか?

んなわけないでしょ。

専務側が
本気で抑え込みにきたって事です。

新しい仕事を紹介するとか
言われてさ…。

なるほど!

懲役経験のあおりになる方々は
洞察が深いですね。

いやあ それほどでも。

悪意だよ 悪意。

だから言わんこっちゃない。
全部 ポチのせいだからね。

(ため息)

(理恵)それにしても
素早い対応でしたね。

完全に手詰まりです。

まだ方法はあるわよ。
えっ?

やられたら やり返す。

こっちも証人を奪い返しましょ。

奪い返すって 誰を?

証拠とされる
録音データを録った… 松尾係長。

どんな事をしてでも
味方に引き込んで。

しかし どうやって?

馬場くん。

はい…。

尾行をして
弱みを握るのは得意だよね?

おいおい またストーカーに
前科つけさせる気かよ?

いや でも
弱みが見つからなかったら?

弱みが見つからなかったら
どうしよう…。

明く~ん!

はい 作りまーす!
お任せください。

ちょ…
ちょっと待ってくださいよ。

まさか 弱みを握って
脅すつもりじゃ…。

しない しない そんな怖い事。

そんな事したら
弁護士資格を失いかねません。

大丈夫。

私… もう すでにないから。

(茅野)へえ~ 城野部長って
そんなモテるんだ。

永島さんも
お気に入りだったもんね。

ふ~ん 私 城野くんと同期だけど
全然知らなかった。

ねえ 永島さんと
何かあったのかな?

えっ それはまずいでしょ。
(2人)ねえ。

社内に婚約者いたんだから。

あっ 中山茜さん。
うん。

城野さんと
いい感じだったもんね。

中山茜? えっ どこの部署の子?

1年前に辞めたでしょ?
えっ 知らないんですか?

っていうか 先輩
会社で見た事ないんですけど…。

えっ 本当? いやいや…。

あっ そうそうそう
長らく他社に出向してたもので。

ウフッ ウフフフ…。

あ~… あのさ あのさ
話変わるんだけど

松尾係長って
恐妻家なのに遊び人でしょ?

タイプな子は
どれかな~?

え~ 松尾?
ロリだから この子じゃない?

(松尾)雨…。
ウフッ 優しいね まっちゃん。

♬~

(シャッター音)

♬~

裁判の話っていうから
来てみたら

なんで
相手側の弁護士さんなんですか。

まあ そうおっしゃらずに
松尾係長 ご協力願えませんか?

何が ご協力ですか。
僕はパワハラされたんですよ。

証拠の録音データも
聞いたでしょう?

失礼します。

ごめんなさい。

失礼しました。

京極代表 裁判資料です。

ああ ご苦労。

では 松尾係長
我々はこれで。

いや ちょっと待てよ!
今の写真なんなんだ?

気になさらず。
内々のデータですので。

♬~

どちらへ お出かけですか?

あなたに教える筋合いは
ありません。

会社側の証人やるなんて
ひどいんじゃない?

初めから
永島さんの証人をする気なんて

なかったんでしょ?

むしろ すっぽかして

彼女を困らせるのが
狙いだった。

あなたは永島さんに恨みがある。

そうでしょう?

明日で決着させますね。

(海崎)油断はしないほうがいい。
あの女は手ごわいぞ。

♬~

小鳥遊翔子は
もう終わった女よ。

(美奈子)
証人は 太陽製紙社内では

原告を最もよく知る人物と
いわれています。 事実ですか?

(城野)はい。 間違いありません。

(美奈子)原告は
どのような上司でしたか?

完璧主義者で 厳しい指導も
いとわない上司でした。

あなたから見て 原告は
パワハラをしていましたか?

(美奈子)一部の社員に対し

陰湿かつ暴力的な言葉を
浴びせていた。

それは事実ですね?

♬~

どうしました? 証人。
お答えください。

♬~

事実ではありません。

えっ…?

(城野)少なくとも

被害を訴え出た
男性社員3人に対して

パワハラ行為を行っていたとは
考えられません。

(大垣)話が違うぞ 城野くん…!

私は 宣誓に従って
真実を述べてるだけです。

…以上です。

♬~

あなたは 当初

原告の永島さん側の証人として
出廷する予定でした。

しかし 今
被告側証人として ここにいます。

なぜですか?

(城野)専務から

会社のために証言してくれと
頼まれたからです。

偽証をしてでも会社のために…。
そういう意味ですか?

異議あり! 本件の争点とは
関係ない質問です。

異議を認めます。

では 質問を変えます。

偽証と引き換えに 金銭を渡された
事実はありましたか?

それはありませんが…。

「出世するか 飛ばされるか
どっちを選ぶんだ?」と

脅すように言われました。

つまり 大垣専務からの
パワーハラスメントがあったと?

(美奈子)異議あり
(机を叩く音)

本件は 原告のパワハラの有無を争う
裁判であって

大垣専務の件は
争点から逸脱しています。

(判事)異議を認めます。

でしたら 永島さんのパワハラ
有無を検証するために

新たな証人を呼んでおります。

♬~

お入りください。

♬~

どういうつもりだ?
松尾くん。

証人は 永島さんから
パワハラ被害を受けていたと

会社に申告し

録音データを
証拠として提出しましたか?

はい。

その録音データは 確かに
パワハラを想起させる内容でした。

しかし
前後の文脈が欠如しており

どういった経緯で
そのような発言に至ったのかが

わかりませんでした。

そこで 前後のやり取りがわかる
データの公開を求めたのですが

被告代理人

「証人は とっさに録音したため
あれが全てである」と答えました。

それは事実ですか?

確かに
弁護士さんには そう伝えました。

しかし 事実ではありません。

私が 前後の録音データを
削除したんです。

何言ってるの…?

(どよめき)

裁判官。

今 前段のデータを公開しても
よろしいでしょうか?

許可します。

(松尾の声)
「平成銀行の融資部長が

あんまり うちの不祥事の事を
ぐちゃぐちゃ言うもんだから

うるせえって言ったら

急に怒鳴りだして
俺の事をクズ呼ばわり」

「腹立ったんで
酒かけてやりましたよ」

(美鈴の声)「あなた 自分が
何言ってるか わかってる?」

「銀行融資が止まったら

アメリカGL社との事業
一体どうなるの?」

(美鈴)ねえ。 そしたら
あなた 責任取れるの?

責任って なんすか?

お金とか絶対無理っすよ。

先輩と同じ クズですから 俺。

ちょっ… ちょっと待って。
クズって何?

社長に尻尾振って

大した仕事もしてないのに

役員にまで
のし上がりやがってよ。

どうしても責任取れって言うなら
このビルから飛び降りて

死んで
おわびするしかないっすかね。

ハハハハ…。

だったら
今すぐ飛び降りなさいよ。

はあ? なんですか? 先輩。
なんですかあ?

♬~

だったら
今すぐ飛び降りろよ!

やめてください 永島さん!

死んで おわびするんでしょ?
今すぐ飛び降りなさいよ!

押さないでください!
永島さん。

(叩く音)
叩かないで! 痛い!

何言ってるの あなた!

(美鈴の声)
「もう 私の前から消えて!」

「今すぐ 会社から出ていって!」

♬~

このやり取りを聞く限り

あなたは 永島さんを怒らせて
暴言を誘導しているように

聞こえるのですが。

はい。 叩かれてもいないのに

暴力を想起させる言葉も
使いました。

大垣専務の命令には
逆らえなかったんです…!

♬~

以上です。

♬~

何言ってるんだ 松尾…!

お前まで
パワハラとか言いたいのか?

(大垣)上司が部下に命令して
何が悪い!

みんな
やってきた事だろうが!!

(判事)静粛に!

俺だって…
俺だって ずっと我慢して…!

我慢して従ってきたんだよ!

すみません…。
今度は 俺が

言う事を聞いてもらう番なんだよ。
すみません…。

(判事)静かにしなさい!
退廷を命じます。

(大垣)触るな! 来るな…!

(どよめき)

(ドアの閉まる音)

♬~

君が どんな汚い手口で
証人を取り込んだか

想像はつく。

先に 汚い手で きたのは
そっちじゃない?

君は…

変わらないな。

♬~

あっ そうですか。
大垣専務は飛ばされましたか。

(海崎)訴訟の長期化を避けたい
太陽製紙の麻生社長は

役員報酬3年分相当の
1億2000万円を示談金として

和解交渉を進めてほしいと
おっしゃっています。

(天馬)まあ 落としどころとしては
立派な金額でしょう。

では 京極法律事務所と
和解交渉を進めます。

それにしても

二度も続けて 同じ法律事務所に
和解金を払わなければならない

事態になるとはね。

パワハラ捏造の事実を隠さず
相談頂けていたならと思うと

残念でなりません。

確かに
そういう事情ですから

白鳥さんの失態では
ありませんが…。

小鳥遊翔子がいなければ
こういう展開にはならなかった。

(美奈子)もし
弁護士資格のない小鳥遊が

弁護活動を
行っていたのだとしたら

それは
違法とされる非弁行為です。

問題ですよね?
(海崎)調べても何も出ない。

あの女の事ですから 抜け目なく
計算してやっているはずです。

そうでしょうねえ。

♬~

(汽笛)

和解成立おめでとうございます。

うーん! あ~…!

会社からも
正式に謝罪頂きましたし

これで ようやく 新しい一歩
踏み出せそうな気がしてます。

ああ…。 鉄道っていいですね。

線路の先に
次の駅があるように

私も 新しい道が開けるような
そんな気がします。

じゃあ 未来に行く前に
過去は清算しなきゃですね。

フフッ…! 成功報酬なら
ちゃんとお支払いしますよ。

本当は覚えてたんでしょ?

でも 忘れたふりをしてた。

何が言いたいの?

この録音データには
続きがあったんですよ。

(美鈴の声)
「何言ってるの あなた!」

「もう 今すぐ私の前から消えて!」

「すぐに
会社から出ていきなさい!」

(松尾の声)「永島さん
城野部長の彼女の事も

こんなふうに
追い込んだんですか?」

(美鈴の声)「なんの話…?」

(松尾の声)「知ってましたよ 僕は」

しつこく
嫌がらせメールを送ったり

会議室で 彼女を罵倒したり…。

そして 彼女は会社を辞めて
実家に引きこもった。

茜さんの事は…
今 関係ないでしょ?

(松尾の声)「やっぱり 怖いですね
女のジェラシーは」

これが
本当のパワハラだったんですね。

あなたは これが
法廷で公になる事を恐れてた。

私が依頼したのは
裁判の弁護です。

そして
ぬれぎぬは証明されました。

でも…

あなたは 一人の女性を
傷つけていたんですよ。

中山茜さんは

あなたのパワハラに耐えきれずに

この線路の先のご実家で
引きこもっています。

知らないうちに
足を踏んだんじゃなくて

痛みをわかっていながら
歩けなくなるまで踏み続けた。

踏まれた側は
一生忘れないって事ですよ。

♬~

(足音)

言いたい事があるなら
吐き出したほうがいいですよ。

黙ってても
何も変わりませんから。

♬~

(中山 茜)永島さんには
許せなかったのかもしれません。

一番かわいがってきた私が

城野さんを奪ってしまった事が。

(茜)でも 私は

永島さんが怖くなって
会社を辞めて…

それからも ずっと

夢に永島さんが出てきて
うなされました。

ずっと苦しかった…!

♬~

私に どうしてほしいの?

謝ってください。

(茜)ただ 謝ってもらえたら
それでいいんです。

そうしたら
私も 前に進める気がするんです。

感謝しなきゃね。

過去を償うチャンスを
もらえたんだから。

♬~

私…

謝らない。

♬~

(ため息)

お金で解決させてもらうわ。

訴訟じゃなくて
示談でお願いします。

あなたの事務所にお願いするから。

言っとくけど 高くつくわよ。

(ため息)

ごめんって謝れば
タダで済むのに。

馬鹿な女だよね。

でも 安心して。

笑えるぐらい
ふんだくってやるから。 フフ…。

♬~

淳美くん
報告書は これで全部ですか?

はい。
暴力団との接触などの動きもなく

天馬先生の小鳥遊翔子への懸念は
杞憂にすぎ…。

(天馬)
杞憂かどうかを判断するのは

君ではなく 私ですよ。

調査は もっと丁寧に
やってもらわないと困りますね。

♬~

♬~

んっ! サービスいいね ポチ。

やっぱり 小鳥遊さんは
弱い立場の人間の味方でしたから。

それは どうかな…。

中山茜さんに対しての示談も
含めて

1人の依頼人から しっかり
2件分の報酬を取ってますし。

(茅野)
いやあ おいしい仕事でしたね。

城野さんが証言したのも

永島さんが会社から勝ち取った
和解金を

中山茜さんに
示談金として支払わせるという

約束のもとだった。
そういう事ですよね?

いや 私 知らない。
弁護士資格ないし。

なんにせよさ
儲かっちゃったんだから…。

あっ このソファも
事務所の経費で買っちゃおうかな。

ご自分のお金でお願いします。

だから こんなパワハラ女を
信用しちゃ駄目なんだって。

言っとくけど 私
パワハラなんてしてないわよ。

無自覚な女だね。
いつもしてんだろうが!

そもそも パワハラって何?

一般的には 「職場での地位などの
優位性を背景に

精神的 肉体的苦痛を与える事」。

なるほど。

でも 私は この事務所で
一番弱い立場の人間よ。

ただの管理人だもん!
ねっ?

(大鷹)女の死体が発見された。
条件次第で調査に協力するよ。

(浅野洋平)
俺がやったと思ってんだろ?

(杉田麻美)私たち
新宿になんて行ってませんし…。

(馬場)顔も
はっきり映っちゃってるもんなあ。

(大鷹)
被告人は 無罪を主張してる。

証言なんて 先入観で
簡単に左右されるもんよ。