ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

不惑のスクラム 第7話 最終回 高橋克典、戸田菜穂、渡辺いっけい、村田雄浩… ドラマの原作・キャストなど…

土曜ドラマ 不惑スクラム(7)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. マル
  2. 由理
  3. 華ちゃん
  4. 自分
  5. お母さん
  6. ボール
  7. 頑張
  8. 晴香
  9. 本当
  10. 一緒

f:id:dramalog:20181013205918p:plain

土曜ドラマ 不惑スクラム(7)』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

土曜ドラマ 不惑スクラム(7)[終][解][字]

丸川(高橋克典)の前に現れた由理(戸田菜穂)は、娘の華(根本真陽)と大阪を離れることを告げる。一方、華は大阪をたつ前にラグビースクールへ行ってみたいと言い出す。

詳細情報
番組内容
ヤンチャーズが練習するグラウンドに現れた由理(戸田菜穂)は、娘の華(根本真陽)と大阪を離れ、東京で再婚することを丸川(高橋克典)に告げる。丸川は戻ってきてほしいと懇願するが、由理はそれを固辞する。引っ越し準備が進む由理のアパートで、華は東京へ行く前に友だちが通うラグビースクールへ行ってみたいと言い出す。由理は大阪に後悔を残さないため、華をラグビースクールへ行かせる。
出演者
【出演】高橋克典戸田菜穂渡辺いっけい,村田雄浩,徳井優,上杉祥三,松尾諭高橋光臣,増田修一朗,やのぱん,中村ゆりか安藤玉恵,根本真陽,萩原健一
原作・脚本
【原作】安藤祐介,【脚本】櫻井剛

 


(丸川)ナイスキック! ナイスキック!

(友子)丸川先輩ですよね?
…はい。

由理。 丸川先輩に会った。

(金田)そうやって
一生 縮こまって生きていくのか?

(由理)久しぶり。

♬~

刑務所 出たなら 人づてでもいいから
連絡くれればいいのに。

あなた
「形だけの離婚」って言ったよね?

私 それ信じてた。

心配したよ。

手紙 何度出しても戻ってくるし
何かあったのかなって…。

しばらくして やっと分かった。

あなたは 本気で
私たちと離婚するつもりなんだって。

あの時は…。

華のために
そうするしかないと思ったんだ。

あの日は 華の3歳の誕生日だった。

[ 回想 ] (由理)えっ 逮捕ですか?

うちの丸川… 丸川良平で
間違いないんですよね?

(由理)警察に勧められて
マスコミを避けて家を出た。

(華)ママ…?
お出かけしよう。

あの時 頭の中が真っ白だった。

でも あなたのこと信じてたから

泣き言 言わずに頑張ろうって。

あなたと華のために頑張ろうって。

親からは
何度も「帰ってこい」って言われたわ。

だけど 大阪は離れなかった。

「待ってる」って あなたと約束したから。

だけど それも もうおしまい。

私 華と東京に引っ越すことにしたの。

再婚するつもりなの。

今日は そのこと 伝えに来ただけ。

じゃあね 元気で。

由理… 由理!

戻ってきてほしい。
戻ってきてくれないか。

自分が言ってること 分かってる?

私だって 戻ってきてほしかったわよ。

戻ってこなかったのは
あなたの方でしょう!

そうだ 俺は卑怯な人間だ。

都合のいいこと言うなって
笑うかもしれないけど

でも 思考力 失ってたんだよ。

本当に… 本当に どうしていいか
分からなかった。

それに… 人 死なせておいて

俺一人 家族と再会して
また幸せになるなんて

絶対に許されることじゃないと思った。

でも…

でも もしかしたら それも

俺が楽になりたかっただけなのかも
しれない。

申し訳なかった。

また… また3人で一緒に暮らしたい。

お願いします… お願いします!

やめて!

やめて!

再婚するって いつだよ?
相手 どんな人だ? なあ? なあ?

あなたには関係のない話です。

この先
私と華が 誰と どこで暮らそうが

あなたに
とやかく言われる筋合いはない!

あなたがしたことは そういうことなの!

そうか。 だったら
父親としてでなくていい。

なあ 何かできることないか?

稼ぎは 今 ほとんどないけどさ
でも どんな形でもいいから 何か。

じゃあ 華の写真…
大きくなった華の写真を

送ってもらうことできないかな?
なっ? なあ!

なあ 頼む!

会わなくていいんだよ 写真だけ。
なっ?

さよなら。

(丸川の泣き声)

(泣き声)

お願いします。

<情けない形の再会だったけど

由理と会えてよかった。

ここは 私が愛する人
私が名付けた娘が生きている世界>

(陣野)ワン フォー オール!
(一同)オール フォー ワン!

<家賃3万円の安アパート。

緒方さんが知り合いの不動産屋に
頼み込んで

私でも借りられる物件を見繕ってくれた>

(緒方)ちゃぶ台が金田キャプテン。
カラーボックスは麦田君。

柴尾君がくれた冷蔵庫は
あんまり冷えへん言うてたけど

まあ ないより マシか。
(二階堂)この炊飯器は舞岡さんからで

お米はチームからの引っ越し祝です。

これだけあれば
しばらくは食いつなげるかと。

本当に ありがとうございます。

(陣野)マルさんの新生活に
かんぱ~い!

(一同)かんぱ~い!

本当に 皆さん ありがとうございました。
本当に ありがとうございました。

何はともあれ 新たな日々の始まりやね。

頑張ります。
あの すみません。

(緒方)どないした?

僕… 会社辞めました。 乾杯!

謙信 アホか~。 それ 今する話か?

あ… 苦手な管理職やめて
一人のエンジニアに戻ります。

やっぱり それが僕なんで。

じゃあ 二階堂さんも新生活ですね。
頑張りましょう。

はい!
しゃあないな… もっぺん かんぱ~い!

(緒方)こいつ 自分で「乾杯」て言うてた!
さっき 「乾杯」て言うて…。

(川端)毎度! バタヤン…
遅いな どないしたんよ?

ウタさんの奥さんが これ マルさんに。

昨日な ウタさんの月命日やったやろ。

線香あげに行って
マルさんのこと話したら

これを持っていってくれって。

(一同)おお~。

[ 回想 ]
(宇多津)ラグビーは 強い選手ばかり
集めたからといって

勝てるわけじゃない。

誰一人として
不要な人は いないんですよ。

ありがとうございます。

あんじょう飾っとってや!
(笑い声)

(緒方)飾る飾る そら飾るわ!
(陣野)あんたちゃうよ。

♬~

(柴尾)お~ 堂に入ったもんやな。

柴尾さん。
社長 毎度。

ベテランの職人さんかと思たわ。
いえ…。

木工は
服役中に少し勉強したもんですから。

本当に いろいろ紹介して頂いて
ありがとうございます。

それはよかった。 なあ マルさん。
はい?

もしやで もし また結婚したいなあ思たら
いつでも言うて。

は?
いや… 心当たりがないわけでもないから。

あっ ありがとうございます。

大でん筋。

<ヤンチャーズと出会い
ヤンチャーズのおかげで

私は 白黒のグラウンドに
色を取り戻した。

生きていこう。 罪も後悔も背負ったまま>

みんな 何やりたい?

(麦田)カウンターの練習しましょうよ。
フォワードの寄り 悪い…。

(那須野)
それやったら ラインアウトやりません?
最近 不安定な…。

お前ら 走ってないからやんけ。
いや 走ってますって。

休んでんねん。
休んでない…。

僕 あの… キック やりたいです。

だったら 全員で
スクラムの練習しませんか?

<惑いばかりの日常を離れ
つかの間 無心になれる。

ヤンチャーズにとって
グラウンドこそが不惑の境地だ>

クラウチ

バインド。

(金田)セット!

フォワード!
バックスに押し負けてんぞ!

<私たちは
だ円のボールでつながっている。

それは まるで 緩やかで軽やかで

がっちりと固い 見えないスクラム>

<不惑スクラムだ>

(友子)東京に戻って うまくやれる?

大丈夫。 けじめついたし。

そう… 先輩も 何か吹っ切れたのかなあ。
え?

この前ね スクールのコーチに
戻ってきたんだよね。

そう…。

あっ ごめん。 余計なこと言った?
ううん いいよ。

(華)お母さん
これ全部 要らないプリント。

要らないものは
そこの箱の中入れて。 は~い。

華。 引っ越しの日ね 友子と晴香ちゃんが
お見送りに来てくれるんだって。

嫌やなあ…。
どうして?

見送りなんて 泣きそうや。

それより 晴香ちゃんと
もっと遊びたかった。

引っ越しまでに いっぱい一緒に遊んで
笑ってバイバイする方がいい。

晴香ちゃんのラグビースクールにも
行ってみたかったな。

でも いいや。 東京 楽しみだし
新幹線も初めて乗れるし。

うん。

じゃあ 私 そろそろ帰るね。

待って 友子。

お願いがあるんだけど。

(子どもたち)4 5 6 7 8 9 10。

足開いて。 左からよ~。
左からね。

はい いくよ。 せ~の。

(子どもたち)1 2 3 4 5 6 7 8…。

今日は 一日体験入部の子がいる。
あのピンクの子や。

晴香の友達や。 気にかけたってくれ。

はい。

お~ ナイスキック! いいよ いいよ。

ナイスキック。

大丈夫?

私だけ 何回蹴っても まっすぐ飛ばへん。

いいですか 左足は ここ。
右足の甲でボールを蹴ります。

さあ やってみましょう。

ハハハハッ いいよ。

(晴香)ドンマイ 華ちゃん!

華ちゃんていうんだ?

はい 坂巻 華です。

じゃあ もう一度 蹴ってみようか。

大丈夫。 絶対にできます。

自分を信じることです。

自分を信じる?
うん。

さあ やってみよう。

はい!

ほら うまくいった!

♬~

華ちゃん!

(ホイッスル)

今日の練習は これで終わります。

(子どもたち)ありがとうございました!

楽しかった?
うん。 もうちょっと やりたかった。

一日体験入部の坂巻 華ちゃんと
西山晴香は残れ。

(2人)え?
華ちゃんは コーチとパス練習。

晴香は 俺とタックル練習や。
よっしゃ~!

はい お願いします!

おっ ナイスパス。

華ちゃんは ラグビー 好きなんですか?

はい 好きです。
そうですか。

また ラグビーしたい。

けど もうすぐ東京に引っ越しするから。

それは寂しいですね…。

はい。

でも いいんです。
お母さんが うれしいんやったら。

そうですか。

華ちゃんは
お母さんのこと好きなんですね。

大好き!

よかった…。

華ちゃん さっきのお話 覚えてますか?

はい。

自分を…。

信じる!
そう 自分を信じること。

はい じゃあ 今日は
この辺にしときましょう。

ありがとうございました。
ありがとうございました。

さようなら。
さようなら。

♬~

(華)ただいま!
お帰り!

どうだった?
お母さん! 私 うまくなったよ!

へえ~。
こうやってキックしたら

ボールが びゅ~んって!
すごい!

センスあるって。
へえ~。 よかったね。

キックのコーチは マルさん!

マルさんが教えてくれたんだ。

大事なのは 自分を信じることだって。

そう…。
あ~ 本当楽しかった。

お母さん ありがとう。
うん。

手 洗ってくる。

さようなら。

(小石川)キャプテン。 相手しよか?

うん…。

丸川の あんなうれしそうな顔
初めて見たわ。

けど… してやれることは
もうねえな…。

荷物 トラックに載せればよかったのに。

大事なものやから。
うん。

じゃあ 行こっか。
うん。

何が入ってるの?
えっ? あ~…。

引っ越しの段ボールに入ってたから
持っていくことにした。

大事なボールだから。

♬~

ねえ お母さん どうしたん?

新幹線 間に合わないよ。

あっ マルさんだ!

ほら お母さん
あの人がマルさん!

キック教えてくれたコーチの!

どうしたの?

もしかして お母さん…

マルさん知ってるん?

お母さん…?

♬~

(由理)あのね 華…。

お父さん!

♬~

どうして…。

再婚するんだろ?

いつか いい人が見つかった時ね。

♬~

華…。

お帰りなさい。

ただいま。

♬~

押せ! 行け 行け!

(3人)ヤンチャーズ 頑張れ~!

(2人)頑張れ~!

丸川! ハンズアップ!

(由理)<随分遠回りをしたけど
答えは 華と2人で決めた。

籍は まだ戻していない>

<時々 一緒に食事をして

一緒に遊んで 一緒に話して

少しずつ 家族に戻ろうとしている>

♬~

マルさん頼む!

そのまま トライや!

<人生は 何が起こるか分からない。

どこに転がるか分からない。
このだ円のボールと同じく>

♬~

<だから…>

(ホイッスル)

<老いてなお ヤンチャであれ!>