ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

大恋愛~僕を忘れる君と 第1話 戸田恵梨香、ムロツヨシ、富澤たけし、杉野遥亮… ドラマのキャスト・主題歌など…

金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第1話【これは、神様がくれた最後の恋】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 結婚
  2. 何か
  3. お願い
  4. アンジェリカ
  5. 医者
  6. 渡部
  7. 彼女
  8. 侑市
  9. 今日
  10. 思って

f:id:dramalog:20181013074727p:plain

金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第1話【これは、神様がくれた最後の恋】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

[新]金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第1話【これは、神様がくれた最後の恋】[字][デ]

戸田恵梨香×ムロツヨシでお送りする、純愛ラブストーリー!!若年性アルツハイマーに冒されてしまう女医と落ちぶれた小説家の10年間の愛の奇蹟を描く感動作!!

詳細情報
番組内容
北澤尚(戸田恵梨香)、34歳。レディースクリニックの女医。エリート医師・侑市(松岡昌宏)との婚約もきまって、順風満帆の人生を歩んでいた。しかし、新居への引越しの日、無愛想な引っ越し屋アルバイト・真司(ムロツヨシ)と出会う。全然タイプではないはずなのに、真司といると心から笑えて、一緒にいて楽しい。侑市のひきとめも聞かず、尚は真司との恋に突き進んでいく。そんな矢先、尚の体にある異変がおき始める…。
出演者
戸田恵梨香ムロツヨシ富澤たけし杉野遥亮黒川智花夏樹陽子草刈民代松岡昌宏
音楽
主題歌:「オールドファッション」 back number 音楽:河野伸
スタッフ
脚本:大石静 演出:金子文紀 プロデューサー:宮﨑真佐子 佐藤敦
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/
◇twitter
https://twitter.com/dairenai_tbs
@dairenai_tbs
◇instagram
https://www.instagram.com/dairenai_tbs/

 


(尚)では 次は お薬が
なくなる頃に いらしてください

お大事に
ありがとうございました

<(真司)彼女は あの頃から
いつも急いでいた>

<まるで何かに追われるように
いつも いつも 走っていた>

(高田)素敵! お似合いですわ

(千賀子)こういうシンプルなデザイン
日本人は似合わないんだけど

尚ちゃんは 背も高いし 余分な
お肉がないから 決まるわね

こんなふうに 着こなして
もらえたら デザイナー冥利に尽きるわ

うれしいです
ほんとは 英国王室の花嫁みたいに

長いベールで
ゴージャスにしたかったのよ

でも大仰なのは 嫌だって言うから
十分ゴージャスです これでも

侑ちゃんに 写真 送りましょ

(バイブレーター着信)

(千賀子)侑ちゃん 何ですって?

ウエディングドレスは
当日まで見たくなかったそうです

えっ?

まっ… キレイだよ とか
愛してるよ とか言えないのかしら

つまんない男に育てちゃって
ごめんなさいね

甘ったるいこと言う人
好きじゃないので

まっ… ごちそうさま

<このウエディングドレスを着て
彼女は 1カ月後>

<6月の花嫁になるはずだった>

井原先生ですか?
(侑市)井原侑市です

北澤尚さんですね?
はじめまして

<彼女と井原侑市は
3カ月前 見合いをした>

この絵 北澤先生に似てませんか?

えっ…
こんなに色っぽいです? 私

ええ 知的な目と

妖艶な口元のミスマッチが

似てます

隠さないでくださいよ
もったいないです

先生は ワシントンに恋人は
いらっしゃらないんですか?

いません

恋愛経験は?

入れ込んだことは…

ないです

最初は 医者になる以上
メスを握りたいと思ってました

けど…
切ったり はったりが苦手で

ああ これは 向いてないんだなあ
と思って それで

精神科を選びました

今のメインテーマは?
若年性アルツハイマー病です

アミロイドβの生成を抑制することは
できるようになるんでしょうか?

うーん…

iPSセルと トランスジェニックマウスレベルでは
十分なんですが

いざ クリニカルトライアルだと

フェーズスリーで
ドロップアウトしてしまうんです

やっぱり
ヒトって 特別なんですね

アルツハイマーは すべての人にとって

今 そこにある危機ですから

尊い研究ですね

立派なクリニックですね

今日は ありがとうございました
あっ いえ…

ああ もし…

僕のことをお気に召さなかったら
すぐに断ってください

えっ?
もうすぐ40になるんで

引き延ばされると困るんです

母親としての知性のある人で

健康な子供を産める人と

早めに結婚したいので

私も 先生と同じような気持ちです

おかしいですか?
いやあ…

私達 似てるなと思って

えっ?
フフッ…

私も 恋愛経験は
ないわけじゃないですけど

入れ込んだことはないです

ああ…

(笑う二人)

<春先>

<彼女は ワシントンを訪れ…>

インビボとインビトロで
アミロイドは 抑えられるし

モデルマウスだけでなく
ヒトでも

アミロイドイメージングでは
減少してるんですけど

血液検査のデータです

僕も…

用意してきました

やっぱり…

似てますね

これで…

すべてクリアだね

はい

<肉体的相性も確かめ合って>

<二人は 正式に…>

<婚約した>

(薫)今回も 貼るタイプの
女性ホルモン剤にしておきますね

(黒田)うん でも 先生

ホルモン補充療法って いつやめるか
難しいですよね?

一生続けるわけにもいかないし

(柚香)では また 1カ月後に
お待ちしております

はい

黒田様 こんにちは
あっ 結婚 決まったんですって?

院長先生に聞いたわよ
素敵な人なんですって?

おめでとうございます
ありがとうございます

月曜日 うちのスタッフから
お祝いのケーキ 届けさせます

どうぞ お気遣いなく
じゃあ

(一同)お大事に

(ミル)やったー!
ドルチェ・ド・クロダのケーキ

声が大きいです
尚先生

披露宴には 大学病院のときの同僚
いっぱい来ますよね?

来るわよ
その中に 先生の元カレがいて

ウエディングドレス姿の先生を
略奪していく

とかあったら 最高なんですけど
尚先生は

そういうドラマチックなことは
嫌いなの

何でも 物事は 収まるべき所に

きちんと収まってないといけない
って考え方だから

尚先生の人生に
予想外のことは 起きません

すいません 丸投げで

(木村)こん包は終わりましたので
本日の作業は終了しました

こちらに サインをお願いします

はい
はい

ご苦労さまでした
では 失礼します

ありがとうございました

はあ~ 何だか寂しくなるわねえ

結婚しろ 結婚しろって
言ってたくせに

何 今さら言ってんの?
そうだけど

パパが亡くなってから
ずっと二人で生きてきたんだもん

でも 結婚するって
ホント大変ね

もはや 気持ちより
段取りって感じ

でも 結婚式当日は 楽しいわよ

みんな あなた達を祝福するために
集まってきてくれるんだもん

あっ… そうだ

患者さんに 私のこと 言わないで

お祝い もらったら お返しも
しないとならないし 面倒でしょ?

ケチなこと言うのは
よしなさいよ

だって 侑市さんに 指輪も
いらないって言ったんだから

え~っ!?

今 引っ越し屋さんが帰ったとこ

何もかも…
尚に任せっぱなしで ごめんな

どうしたの? 侑市さんらしくない
そうかなあ

侑市さんは
日本に送る荷物 たくさんある?

ううん 何もない

ほら こっちのアパートは
家具も食器も ついてるし

うーん…
着替えとパソコンくらいかな

トランク一つあれば 十分だよ
5年もいたのに?

つまんない男だろ?
そんなこと思ってないくせに

尚が思ってるより…

僕は…

ずーっと幸せだよ

私達 やっぱり似てる

デスクは寝室で よろしいですか?
あっ…

ここに お願いします
デスクは リビング

(小川)はい

ここですね

それ 重いでしょう?

電動で高さが変わるデスクなの
論文書くとき 立って書くから

(小川・木村)立って書くんですか?
そうなんです

そっちの方が楽なんですよ

あっ 書籍のダンボールは そのままに
しておいてほしいんです

(真司)ああ これ?

すみません
早く言えばよかったのに

いえ

(木村)本が入ってるダンボールは
あさっての夜7時に

取りに来ますんで
分かりました

ほんとにお世話になりました
こちらこそ ありがとうございます

あと これ アンケートになりますんで
ご記入いただいて

ポストしていただければ
分かりました

よろしくお願いします 失礼します
ありがとうございました

えっ…

何ですか?

それ…

これ?

これ… 俺の黒酢はちみつですけど

盗んだと思いました?

思ってません

どうも

だから 飲み食いは外でしろって
言ってんだろ

すいません

何で飲んじゃったかなあ あそこで

お前 明日の現場 決まってんの?
それが…

明日
階段 5階なんすよね

もう 恋は始まっている…

女の客だと 必ず それ言うの
やめてもらえませんか?

運命的出会いというものは
意外と さりげないもんだからよ

それ 何十回も聞いてますけど

「空に向かって突っ立っている
煙突みたいに」

「図太く まっすぐに」

「この男が好きだと
アンジェリカは思った」

<彼女の急ぎ足の人生に>

<こうして>

<俺は 出会ってしまった>

(チャイム)

(チャイム)

はい

(宅配業者)はい お願いします
あれ?

こちら サインをお願いします
はい

はい

また よろしく
どうもー

いつ 頼んだっけな…

ただいま~
(薫)あっ お帰り

(薫)疲れたでしょ?

うん ちょっとね

ねえ
それ 冷蔵庫に いっぱいあるけど

買いだめしすぎじゃないの?
そうよね

(ミル)来ましたよ
黒田あや様からのお祝いケーキ

黒田あや様って 誰?

えっ?

黒田あや様ですよ 患者さんの
金曜日も みえたじゃないですか

お祝いにケーキを送るわねって
おっしゃってましたよ

ああ…

じゃあ
みんなで いただきましょう

(水滴の音)

ウソ…

あっ…

あっ!

いや…

もうっ…

(チャイム)

はい
アート引越センターです

ダンボール回収に うかがいました
はい お願いします

大変なことになってるんです
お願いします

寝室です 寝室
えっ!? はっ?

(チャイム)

元栓 閉めたんで
もう これ以上 漏れないですけど

すぐ 水道屋 手配した方が
いいっすよ

(神谷)あの…
ほんとに うちが原因でしょうか?

主人が戻ってから
相談いたしまして…

とっととやらねえと 真下だけじゃ
済まねえっつってんだよ

補償で破産しても知らねえからな

なーんちゃって

知り合いの水道屋さんに
電話してみましょうかね

あっ… お願いします
はい

これ… 私の大好きな小説なんです

こんなんなっちゃった…

また 買えばいいじゃないですか

初版本なんです

初版本には価値があるんです

ああ…

「空に向かって突っ立っている
煙突みたいに」

「図太く まっすぐに」

「この男が好きだと
アンジェリカは思った」

いいと思いません?
私 ここ 暗記してるんです

「突っ立っている煙突みたいに」
って すごくないですか?

脳みそ 腐りますよ
そんなもん 暗記してたら

腐りそうになる感じが
いいんじゃないですか

私みたいな普通の人間には

こういうピカレスク
エロティックな刺激が 必要なんです

ピカレスクで エロティック…

エロチックですかね?
エロチックじゃない

「煙突みたいに
図太くまっすぐに」って ねっ?

ダンボール 回収して帰ります

ホントに助かりました

これで 何か召し上がってください

はっ!?

あっ… じゃ その辺で
何か ごちそうさせてください

これ 営業所
持ってかなきゃなんないんで

営業所に置けば 終わりですよね?

こうやって よく
男を誘うんですか?

まさか
婚約してるんですけど 私

らしいですね

来月 結婚して
あのマンションで暮らすんです

人は 何で 結婚するんですかね?

リスクの少ない出産 考えると

年齢的に そろそろかなあと思って

ああ…

そうですか
だけど よく考えたら

結婚しなくても
子供は産めるんですよね

何で
結婚しなきゃと思ったのかしら?

とりあえず 決めたことは 守った
方がいいんじゃないですか?

うん そうですよね

相手の方も お医者さんですか?
そうです

医者は 医者と くっついて
その子はまた 医者になる

医者って商売は
よっぽど おいしいんだな

それは やっぱり ピカレスク
エロティックな刺激が必要ですね

そうなんです

さっき話した 「砂にまみれた
アンジェリカ」の作家ってね

孤児なんです

神社の鳥居の所に
捨てられたんですって

ずいぶん詳しいんですね

何かのインタビューで読みました

でも 最近 書いてないんですよね

生きてないんじゃないですか?

えっ?
生きてても

息してるだけ みたいな

うん…

私の勘なんですけど

あの人は たぶん
すっごく素敵な人だと思うんです

それは 見た目ですか?
見た目も 中身も

そうじゃないと 暗記するほど
好きになるはずないと思うんです

でも 男の人なのに
何で あんなふうに

女の気持ちが分かるのかしら?

いつか もし会えたら

聞いてみたい

分かってるんじゃなくて

想像してるんですよ

人を殺したことなくても
小説家は

殺人犯とか 人殺しの気持ちを
想像して 書くわけでしょ?

人殺しの気持ち?

殺したい人 います?
いない

いるんですか?
いないです

子供の頃 いたけど
いたの?

はりつけにしたり
逆さにして埋めたり

サメが うようよいる海に
船から突き落としたり

色んなこと 考えましたけどね
そっちの脳みその方が

腐ってません?
いや 子供の頃こそ

そういうことを
考えたりしませんか?

まあ だんだん大人になって
人を憎む情熱とか そんなもんは

なくなったけど

愛する情熱は?

愛する情熱は 成長すると
育つものじゃないの?

うーん 愛されたことないから
分かんないな

これ もう1本 頼んでいいですか?

もう1本 お願いしまーす

お願いしまーす

あの二人
何 話してるんですかね?

「店長
私 妊娠したみたいです」

えっ!?
「もう ずっと こないの」

「ヤバいじゃん」

「めでたいともいいます」

「それは… それは
俺のせいなの?」

「店長と 私のせいです」

「そ… そ… それはさ それは…」

「あの日? でもさ」

「その… あの日は ちゃんと
あれしたし」

「あれ… したわけだし
できたし」

「それはないと思うなあ」

「でも できたんです」
アハハッ…

「えっ アハハって
俺 子供 もう 3人いるんだよ」

アハハッ…

「4人目です」
ハハッ!

「いらっしゃいませー」
(店長)いらっしゃいませー

「外人タレントの名前で
しりとりしようぜ」

マルシア

「ア… ア…」

厚切りジェイソン

「あっ…」
あっ…

アッハッハッハ…

(笑う二人)

来月 結婚するんですよね?

しますけど

あっ きた!

シンジっていうんだ?

ふーん…

家 どこですか?
送ります

千葉の銚子です

医者って 金持ちだな

そんな遠くに住んでる感じ
しないけど ウソでしょ? 今の

営業所で寝るから大丈夫です
ごちそうさまでした

ねえ!

おおっ…

ハッハッハ…

好きでしょ? それ

LDLが下がっているので女性ホルモンの
お薬が効いてるんだと思います

夜も 前より
眠れるようになった気がします

ああ それはよかったですね

(千賀子)リフォームしてもらって
得したわね

あとは 侑市さんのお帰りを
待つだけですね

何だかウキウキします
まっ…

自分が結婚するみたい

あら やだ…

私は開業医に嫁いだので

甘い新婚時代なんて
一日も なかったものですから

娘が うらやましいです

私 尚ちゃんが来てくれることも
うれしいんだけど

薫さんっていう妹が
できたような気がして

それも うれしいんですのよ
まあ 光栄です

(携帯着信)

(携帯着信)

(新規メッセージ)

(携帯着信)

(新規メッセージ)

(新規メッセージ)

(店員)いらっしゃいませ

(店長)終電 大丈夫? 終電

大丈夫?

お前 バイクだろ?
バイクだろ 気をつけろよ

あっ お会計で

メニュー 全制覇したんすか?

ずっと そこにいたの?

何で 入ってこなかったのよ?

いやあ~

何が 「いやあ~」なのよ?

いやあ~

何が 「いやあ~」なの?

何で 入ってこなかったの?

何で 入ってこなかったんですか?

「あいつは いつも約束を破る」

「そして 私を
平気で 何時間も待たせる」

「それは あいつが
自意識の塊である証拠だと」

「アンジェリカは思った」

「自分を待っている女を
想像することで」

「自分の存在価値を確認している」

「貧しい男めと
アンジェリカは 心の中で叫んだ」

「腹の中」

「心の中で叫んだ」ではなく

「腹の中で叫んだ」

です

何で 知ってんの?

俺が書いたから

シンジって 間宮真司?

えーっ!?

危ねえ…
間宮真司なの?

間宮真司なのね?

何で黙ってたのよ~

だって… あんまりほめるから

背が高くて 脚が長くて
首も長くて

指も長い感じ?
想像してるみたいだったし

そんなことない
こんな感じだと思ってた?

うーん… そうでもないけど
だよね?

シンジで 分かんなかったもんね

俺は 1972年の

11月29日に

松代神社の鳥居の下に
捨てられてるのを

宮司さんが
見つけてくれたんだって

だから 間宮の「宮」は 宮司の「宮」

間宮の「間」は
施設の園長先生が 間山だったから

その「間」
へえ~

真司の「司」も 宮司の「司」

真司の「真」は?

ああ 知らない 何でかな
聞いたことがない

まっすぐ育つように
って意味じゃないの?

うーん… どうかなあ

でね その施設の園長先生が
こんなに大柄で

もう 胸も こんなに…
おっぱい こんなに大きくて

抱きしめてくれるんだけど
グーッて それが窒息しそうで

怖くて 怖くて

だから 俺 胸のない女性が
好きなんだよね

あっ だから ほら
アンジェリカも 細くて 長くて

ポパイのオリーブみたいな感じでしょ?
ポパイのオリーブって 何?

知らないの!?
知らない

えーっ…
オリーブって 細くて長くて

私みたいなの?

うん… いや あの…

ポパイっていうアニメっていうか
漫画が 昔 あって…

私 タイプなんだ?

違うの?

すっごいハッキリ…

聞くんですね

あっ… もう朝だ

4時30分
マジで!?

マジです
俺 ずっと しゃべってたんだ

すっごい面白かった
ああ 喉 痛い

私も 喉 痛い

北澤さんも すっごい面白かったよ

ああ… キレイ…

ああ… 俺 もう行かなきゃ

6時スタートで 引っ越しだ

寝ないで 引っ越し?

仕方ないじゃん

生きるためだよ

(薫)婚約者がいるというのに

朝帰りとは どういうこと?

もう30も半ばなんだから

分別は あると思うけど

ある

あるから 2時間くらい寝かせて

ねえ 二人でランチ行けないかな?

いいですよ
じゃ いつものお店にいる

何が起きてんの?
うん?

だって
最近 様子が おかしいもん

ワシントンの彼氏に 女がいたとか
そういう話?


えっ?

尚に 男ができたの?

「砂にまみれたアンジェリカ」の
作家に会っちゃったの

何か気になって仕方なかったのは
そのせいだったんだよね

それ…
お気に入りの小説じゃない!

そう だから 運命だと思うの
へえ~

運命の出会い?
たぶん

尚が そんな甘ったるいこと
信じるなんて

うん…

そうだったんだけど

何か… その価値観が

勝手に どんどん崩壊しちゃって

自分でも どうしていいか
分かんないの

そんなに素敵なんだ?
その小説家が

うん… ちょっと説明しにくい感じ

どこまで いってんの?
キスもしてないし 手もつないでない

好きなら 時間の問題だけどね
そう?

早く 色々してほしいんだ?

うん

脳みそ 腐ってるよね?

それなら 早く試して

どっちを選ぶか
結論 出した方がいい

これから先のこと考えると
怖いけど

立ち止まれないんだよね

まあ 時々 深呼吸して

落ち着いて 進んでよね

暴走して ケガしないように
はあ~っ

どうぞ

どうぞ~


表?

外だよ 外
外?

う~っ!

あれは お前を待ってんだよな?

さあ…
もうすぐ結婚するんで

新居に引っ越した客だよな?

そうでしたっけ?
お前がキッチンで ドリンク飲んで

問題になったろ?

あっ そうでした
何か もめてんじゃないだろうな?

いえ! 全然 全…
じゃ 接近してんの?

ううん 全然…

追い返してきますよ

何すかね? 全然もう…

どうしたんですか? 木村さん
どうもしてねえよ! 俺は

何か用ですか?

また ご飯 行かないかなと思って
またですか?

またです

ねえ また やって

「店長 私 妊娠しちゃったの」って

もう ネタ切れだよ

小説 書く人だから いくらでも
イメージ 膨らみそうなのに

もう 小説 書いてないし

じゃあ 私がやる
えっ?

(店長)いらっしゃいませー
(店員)いらっしゃいませ

「うち 何で ご飯食べよやなんて
言うたんやろか?」

「あんた うちが 行きたかったんは
ここやあらへん」

「ほな どこやねん?」

「あんたの家や」

「そやかて お前
他の男と一緒になるんやろ?」

「花嫁衣装も できてるし」

「披露宴の司会もスピーチも
頼んでしもたし」

「うち 快速特急に乗って」

「高速で走ってる」

「けど うち 快速特急 降りたい」

「このまま
あんたの家に行きたい」

「連れてって」

「分かった ほな出よう」

やりますね

私達も出ない?

「どうぞ」とか言わないの?

どうぞ

何もしないの?

快速特急 ほんとに降りられんの?

降りたとしても 道じゃないよ

砂漠だよ

砂漠 歩けんの?

歩く

あっち 行こう

(歯を磨く音)

おはよう

今日は 何人も
患者さんの予約 入ってるから

一度 クリニックに行くけど
終わったら 帰ってくるね

私 結婚やめる

べつに やめたからって あなたに
結婚してくれってことじゃなくて

これは 私の心の問題なの

いや… あの…

もうちょっと よく…

考えた方がいいような…
考えてる時間 ないの

相手に話して 親に話して

あらゆることを
キャンセルしないといけないから

いや そんな… いや そんな…

そんなことは しないでよ

あの 例えば…

結婚式の 前の日まで つきあう
っていうのは どうかな?

快速特急から降りて
砂漠を歩くって決めたの

たとえ あなたと
明日 終わったとしても

後戻りは しない

鍵 貸して
鍵?

えっ 鍵!?

はい
はや~い

うちは 「スピードキー」だから

よし

行ってきます

(ミル)おはようございます…
ねえ 今から…

今から ワシントンに電話するから
入ってこないで

ちょっと!

ゆうべも 男と泊まったのね?

聞くのも不愉快だけど

どういう人なの?
小説家

有名な人?
間宮真司

知らないわ

玲瓏文藝賞作家よ

だから このまま 侑市さんと
結婚することは…

待ちなさい
決めたのよ もう

ママだって 人生には
思わぬ出会いが あることぐらい

知ってますよ だけど
人の出会いには順番があるわ

その順番は守るのが
人の礼節なんです

犬や猫じゃないんだから
そうかもしれないけど

この段になって 侑市さんや
あちらのご両親を裏切るなんて

あってはなりません
もう裏切ってる

でも まだ誰も知らないでしょ
今のうちに引き返しなさい!

返して

頭 冷やして よく考えなさい

ママ

(ノック)

(柚香)尚先生
10時の森様が おみえです

どうぞ

お待たせしました
おはようございます どうぞ

こんな時間に ごめんなさい

☎うん

☎どうしたの?

お願いがあるんです

婚約を解消してください

好きな人が できてしまったんです

☎こんなこと言わない方が
いいと思うんですけど

☎言わないのも どうかと思って

☎自分でも…

☎なぜ こんなことに
なってしまったのか 分かりません

尚らしくないね

☎そういう感情とか 修羅場とは

☎無縁な人だと思ってた

私も…
経験のないことで 戸惑ってます

僕らは

もろもろの条件を納得し合って
婚約したんだ

今 尚が かかってる熱病も きっと

時がたてば…

おさまってくるんじゃ
ないのかな?

☎尚だって
そのことは分かってるんだろ?

私の この行動が 正解かどうか
その答えは いつ出るのか

誰が いつ決めるのか
分かりません

でも…

理性を超えた本能が
私に命じるんです

今の気持ちは 分かった

けど 結婚まで あと1カ月ある

それまでに別れてくれれば 僕は

目をつむるよ

☎もしもし?

☎尚?

はい…

とにかく…

この件は 会って話そう

来週末には帰れるように
すぐに手配するから

井原先生? あっ

尚の母です

☎この子 今ちょっと
どうかしてるんです すいません

今 この子が言ったことは
どうか お忘れください

ご両親様にも
このことは どうぞ ご内密に…

必ず目を覚まさせますので 必ず…

尚ちゃん!

何してんの?
待ってたの

合鍵は?

合鍵?

財布の中… に…

わっ…

大丈夫?

アップルパイ 買ってきたの

ケーキ屋さんの前 通ったら
どうしても食べたくなっちゃって

アップルパイ… なんて
食ったことないな

えっ どうして?
どうしてって…

施設のおやつは せんべいとか
あめ玉ばっかりだったから

大人になってからも
食べたことないの?

ないな
ふ~ん

初体験アップルパイ どうぞ

いただきます
いただきます

もう 小説は書かないの?

読みたいなあ 間宮真司の新作

書きたいことが見つかったら
また書いて

うん…

うまかったけど

食いにくかった

そうね

今日は 帰った方がいいよ

泊まる

今日は 帰って

一人がいいの?

一緒にいたら
他のこと 考えられないもん

お互い これじゃ ダメだと思うよ

分かった

一人で考える時間は
私も必要だと思う

でも 明日 また来ていいでしょ?

泊まらなくていいから

外来 終わったら 連絡する

お疲れさま

(携帯着信)

(衝突音)

(近づく救急車のサイレン)

(渡部)脳外科 呼んで
はい

(酒井)MRIは OKです
ああ

もしもし? 分かりますか?

(渡部)気がつきましたね
よかった

あなたは 事故に遭ったんですけど
覚えてますか?

どこか痛いとこはありますか?

(渡部)お名前 言えますか?

北澤尚

尚ちゃん 尚ちゃん!

大丈夫?

(渡部)
あちこちに打撲はありますけど

脳内に出血もありませんし

けい椎 背骨にも 問題はなく

頭蓋骨に骨折もありませんので
今日のところは

お帰りになって 大丈夫でしょう
(薫)ありがとうございます

(看護師)あの すいません

これ
救急隊から預かったんですけど

事故のとき 持っていらした
バッグです 間違いありませんか?

はい ありがとうございます
お大事に

ありがとうございました

こんな目に遭ったのは
罰が当たったのよ

尚ちゃん!

待ちなさい!

誰か その子 止めてください!

渡部

井原! 今日だったのか

ちょっと予定 早めたんだ

教授んとこ行く前に
渡部に挨拶しとこうと思って

いよいよ 同期初の准教授誕生だな

うん? 何見てた?
ああ

急患のMRI
ふーん…

キレイな脳だろ?
何の問題もない

この患者

もしかして MCIじゃないのかな?
MCI?

軽度認知障害のこと

えっ!?

この画像の どこで分かるんだよ?
教えてくれよ

渡部に説明できるような
所見はない あくまで…

僕の直感だ
直感って お前…

いい加減なこと言うなよ

間違いだといいんだけど…

<彼女は あの頃から
いつも急いでいた>

<まるで何かに追われるように>

<いつも いつも 走っていた>

<人は 誰しも
残りの持ち時間に追われている>

<そして>

<死に向かって走っている>

コーヒーでも入れようか
いいよ もう すぐ行くから

いいから 飲んでけ
ありがとう

ウソだろ…

<だからといって そのことを
ふだんは意識しないものだ>

<でも 彼女は違った>

<生まれたときから>

<残り少ない持ち時間を
知っているかのごとく>

<全力で走っていた>