ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

この世界の片隅に 第9話 最終回 尾野真千子、松本穂香、久保田紗友、宮本信子… ドラマの原作・キャストなど…

『日曜劇場「この世界の片隅に」⑨【希望と再生-繋がっていく過去と現在】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 周作
  2. 北條
  3. サン
  4. 頑張
  5. 広島
  6. 苦労
  7. 志野
  8. 節子
  9. 大丈夫
  10. イト

f:id:dramalog:20180916215846p:plain

『日曜劇場「この世界の片隅に」⑨【希望と再生-繋がっていく過去と現在】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※その他、無料お試し期間のあるVODサービス各社との比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

dramalog.hatenablog.com 

 

 

最終回―希望と再生 訪れる新しい時代―繋がる過去と現在…ただ生きていく、この世界の片隅で 松本穂香×松坂桃李×尾野真千子榮倉奈々香川京子伊藤蘭宮本信子

詳細情報
番組内容
昭和20年秋。径子(尾野真千子)ら家族の計らいもあり、すず(松本穂香)は妹・すみ(久保田紗友)のいる草津へと向かう。そこで祖母・イト(宮本信子)と再会するすず。
一方、任務を終えて久しぶりに北條家に帰ってきた周作(松坂桃李)は、すずを追いかけて草津へと向かうことに。
出演者
松本穂香 松坂桃李
村上虹郎 伊藤沙莉 土村 芳 久保田紗友 宮地雅子 竹内都子

榮倉奈々<現代篇>  古舘佑太郎<現代篇>
  香川京子<現代篇>
尾野真千子  木野 花 塩見三省 田口トモロヲ  伊藤 蘭  宮本信子
原作
こうの史代この世界の片隅に
双葉社刊「漫画アクション」連載)
脚本
岡田惠和
音楽
久石 譲
スタッフ
演出:土井裕泰 吉田健
プロデュース:佐野亜裕美
公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/

◇番組公式Twitter
@konoseka_tbs
https://twitter.com/konoseka_tbs/

◇番組公式Instagram
@konoseka_tbs
https://www.instagram.com/konoseka_tbs/

 


♬~

<(すず)要一兄上様>

<戦争は終わりました>

<もう
空襲におびえることもありません>

<でも 何ということでしょう>

<戦争中よりも 物がありません>

<本っ当にありません>

<配給も ほとんどなくなりました>

<お義父さんは 鉄道の車両を
修理する会社に再就職が決まり>

<お義姉さんも 呉で事務の仕事へ
行っていただいております>

(径子)行ってきます

<すずの旦那様は まだ>

<大竹海兵団から戻ってきません>

<せっかく
戦争が終わったあいうのに>

(米兵)ヘイ ガール

ヤー ユー カム ヒア
イッツ オーケー

カモン

カモン

ゴー アヘッド

あっ…
イッツ チョコレート

イッツ グッド イート イート

ギブミー チョコ!
ギブミー チョコレート!

オーケー オーケー

(チョコを配る)

あの… これ 何の行列ですか?

≪分からんのよ

何並んどるん?
お義姉さん

ご苦労さまです

何の行列なん?
分からんです

はあ?
皆さん…

何で並んどるんか
分からんみたいです

何かええ匂いしてこん?

はい
なあ?

進駐軍の残飯雑炊とはね

やじゃ やじゃ

うん?
うん?

何じゃ これ…
タバコの包み紙じゃろ

ありゃ…

ほんま 何が悲しゅうて
残飯雑炊って…

はあっ

何これ?
ええ…

あんたも食べんさい ほれ

うんっ うん!

んん~!?

うんま!
うんま!

何の味なんですかね?
分からん ほれ

でも 思っとったんと
違いましたねえ

そうじゃね うーん

あっ
うーんっ

そういやあ さっき

アメリカさんにもらいました

あんた ギブミーチョコレート
言うたん!?

言いませんよっ

この髪形じゃけえ

子供じゃ思うたんですかね
うちのこと

はっ

もっと短うしんさい あんた

ええ!? 嫌ですよ

おい! おい 待てや!

わりゃ 何しよんのや!

≪子供がおるんじゃ 許してくれ!

(男が殴られる)

お母ちゃん ええん?

それ お気に入りじゃったじゃろ

(サン)ええわ

着ることもないし

またそんな…
すいません

あれま すずさん
そがいに?

ええんですよ
背に腹は代えられんです はい

これ 祝言のときの晴れ着じゃろ?

ええんです うちはもう
祝言しませんから

いや… それはまあ…

ほうか

お義姉さん それ…

ええんよ 娘時代の服じゃけえ

もう似合わんし
ああ

「そんなことない」 言え

そがいなこと…
遅いわ

ええわ

こっからまた頑張って
いつか新しいの買うわ

はい
はい

物々交換 どこまで?

安浦ゆうとこらしいです

そがいなとこまで…

(成瀬)よし

(タキ)はいはいはいはい
行ってらっしゃい

(ハル)気いつけてな
(美津)がっぽり食べ物 頼むね

(幸子)任しといて なっ
(成瀬)おう

よろしゅうお願いします
(志野)よろしゅうね

あの… 北條はまだ戻らんですか?

連絡 ないですか?

ええ…
(成瀬)あれですか?

何で 北條は
危険な任務に就いとるのに

お前は呼ばれんのう
というふうに 思うてます?

そんな とんでもない

そう見えますか?
はい

ありゃ…
もう こん人 まあ…

(皆で笑う)

じゃっ 行ってくるけえね
うん

頑張りんさい!
はいっ

幸子 ええか?
はい!

待っとるけえね

気いつけてね
行ってらっしゃい

何か 楽しそうじゃね
ねえ

あっ 帰ってきましたよ

お帰り
お帰り

お帰り
ご苦労さん

(志野)どしたん?

思ったほどにゃあ ならんかって…
敵もなかなか やりよるわ

あらららら…
こんだけ?

すいませんでした

いやいや
あんたらのせいじゃないよ

ほうよね
おう

頑張ったよね
幸子が頑張ったんじゃ

よっちゃんが頑張ったんじゃ
さっちゃんが頑張ったんじゃ

よっちゃんじゃ

ほんまに?
ほんまにこんだけ?

何か… すみません

すずさんが謝らんでも…

これは?
海の水です

よし 今夜一晩は贅沢しよう なっ

はい

えっ そがいに?

入れすぎじゃろ

塩のはっきりしたのが
食べたいんよ 塩の

はい
楽しみですねえ

(北條)終わったんじゃのう… 戦争

いただきます
(女性達)いただきます

やっぱり塩じゃねえ~

<兄上様>

<戦争は>

<終わりました>

今日 種まいたら明日食べられる
いう野菜とかないもんかね

ほんまに
それは いくらなんでも…

ねえ

どうしたん?

かったいなあ もう おりゃっ

(幸子)志野ちゃん!

えっ? 何どしたん?

(春夫)ただいま

志野さん

お帰りなさい お帰りなさい…

えかった…

えかった…

おう

(美津)春夫!
(ハル)美津さん

春夫ー!

母ちゃーん じいちゃーん
ただいま!

えかった えかった

(堂本)お帰り

(春夫)サチじゃなあか

(幸子)
お帰りなさい

お帰りなさい

(志野)
北條すずさん

≪北條さん
はい

北條すずさんに
郵便です

ご苦労さまでした

≪失礼します

ばあちゃんっ

あの…
どしたん?

草津のばあちゃんから これ…

ありがとうございます

すずさん?

大丈夫?

はい…

泣いてええよ

我慢せんでええ

ここは
あんたのうちなんじゃけえ

我慢しとったら

おかしゅうなるよ

(号泣)

(サン)8月の6日の…
あの日からね

お母さん 行方知れずらしいわ

ほうか…

妹さんは
ずっと寝たきりなんじゃと

原因は よう分からんそうじゃ

ようけおるそうじゃのう
そがいな人が

うん…

で? すずは?
何も言うとらんよ

でも… 帰りたいじゃろうね

ほんまは

うん…

周作も まだ
かかるんかもしれんしな

長いねえ
戦争終わったいうのに

あの
えっ?

あっ…
どしたん?

皆様に お願いがございます

分かった! なあ?

えっ?
うん

そうじゃね うん

大丈夫? あんた一人で

ああ… 一緒に行ってやりたいけど
仕事休めんしねえ

休んだらクビになってしまうけえ

ただでさえ 帰ってきた男達が
余っとるんよね

戦争いうんは 男がおらんでも

女だけで 大抵のことは
何とかなるいうことを

証明したようなもんじゃ ねえ?
確かにねえ

はっはっ
あのっ

何の話でしょうか?

じゃけえ… あんたが
広島へ行くいう話じゃろ?

えっ?
違うん?

えっ? 行ってええんですか?

違うん? あんたが話がある言うて

いや うちのは いよいよ醤油が
のうなってしまいそうじゃけえ

どっかで
手に入るいう話があったら

よろしゅうお願いします
いうことで…

はあ!? 何じゃそれ

何で こうなった?

えっ?

あの… 広島…

じゃけえ ええよ

行ってきんさい

ありゃ…
大丈夫? すずさん

一人で
はいっ

できんと 一人で何でも

そうならんと

ありがとうございますっ

(汽笛)

あっ

(イト)ご苦労さん

ご苦労さんでした
(イト)あとでね

ばあちゃん!

す… すっ…

すずちゃん!

よう来たねえ…

よう来てくれた

うん

痛うないんか?

うん 大丈夫

よう… 生きた

ばあちゃんも

うん

すみちゃんが
奥で寝とるけえ

はよう行ってあげんさい

分かった
はよう はよう

喜ぶよ

すみちゃん?

(すみ)お姉ちゃん…
来たよ

遅うなって ごめんねえ

ううん

起きんでええよ
ううん

起きたい

ほう?

髪… 切ったんじゃね

うん

具合 どうなん?

悪い?

大丈夫

やっぱり 横になりんさい はい

うん…

ちいと めまいがね

するんよ

ほう…

このほうが話しやすいじゃろ

何か あれじゃねえ

子供んときみたいじゃね

ほうじゃねえ

(すみ)懐かしいねえ

うん 懐かしいねえ

(すずとすみが笑う)

お兄ちゃん
うん?

生きとったりせんかねえ?

江波に帰ってきたり
しとらんじゃろうか?

ほうじゃねえ

分からんよねえ

石じゃったしねえ

ほうよね

あの日ね

お祭りじゃったじゃろ?

お母ちゃん

朝から お祭りの準備で

街へ買い物に行ってねえ

それっきりなんよ

お父ちゃんと うちで

幾日も捜し回ったんじゃけど

見つからんで

お父ちゃんも そのあと倒れて

すぐに死んでしもうた

学校で まとめて
焼いてもろうたんよ

ほう…

知らせるの遅うなって

ごめんね…

ううん

苦労かけたね すみちゃん

ごめんね

はよう来れんで

ごめんね…

はよう来んで えかったんよ

えっ…

お姉ちゃん

見て

うち…

こんなシミができてしもうて…

嫌んなるわ

治るかねえ

お姉ちゃん…

うち…

治るかねえ…

治るよ

治らんと おかしいよ

ほうね

ほうじゃね

おかしいよね

おかしい

やっぱり

お姉ちゃんは ええね

うん?

ときどき
うらやましゅうなるわ

ほう?
ときどきよ

代わりたいとは思わんよ

ありゃ

(周作)ただいま!

あっ

おお~
お帰りい

ただいま おお

飯に間におうたか

えっ?
あっ?

すずさんは?

どうしたん すずさんは?

なあ?

えっ? 何?

そがいに はぶてんでも ねえ?

別に はぶてとらん
はぶてとるじゃないね

しょうがないじゃろ? あんたは

いつ帰ってくるのか
分からんのじゃし

じゃけえ 何も言うとらんじゃろ

一人で行かせたこと…
怒っとるん?

別に

しょうがないじゃんねえ

いつ帰ってくるんか
分からんのじゃし ねえ?

じゃけえ 何も言うとらんじゃろ!
顔が文句言うとるじゃろうが!

会いたいんじゃ!

すずさんに

はよう会いたいんじゃ

何じゃ それ

勝手にしんさい


ない

はあ?

ばあちゃんのご飯は おいしいねえ

ほうね?
うん

残念じゃわ

大好きなのに
のり仕事できんで

残念じゃわあ

うん?
うちも

大好きなのに
この手じゃなかなか…

無念じゃわあ

うん? うーん?

また来るね すみちゃん

うん
うん

あっ ほうじゃ
うん?

さっき描いてみたんじゃけど

左手じゃけえ
へったくそじゃけど

何?

はい

(イト)ばあちゃんねえ

悔しゅうてね

戦争終わって

負けたんも悔しいし

自分ばっかり無事じゃったことも
悔しい

キセノのことも

何にも考えんでおった
自分のことも

何もかんも

悔しい

悔しゅうて たまらん

でも

できることは

生きることだけじゃ

じゃけえねえ 一生懸命

のり作る

ええのり作る

そう決めた

ばあちゃん…

負けんさんな

すずちゃん

うん

うん

お母ちゃん!?

すいません すいません

すいません

すいません すいません…

すいません すいません…

あれ…

どうも ごぶさたしとって
すみません

周作です

あの…
あっ

周作さん

どうも

すずなら さっきもう…

そがいな気は しとりました

どうも間が悪いいうか

肝心なときにおらんのんが
北條の男の家系らしゅうて

ははは…
ほいでも

草津に来たかったし
すみちゃんにも会いたかったけえ

来てみました

(イト)ほうですか ありがとう

昨日まで 海軍の
解体業務をしておりました

ほいで 色々ため込まれとったんを

持って帰ってきました

栄養つくけえ 食べてください

ありがとう

頑張ろう すみちゃん

うん

すずは… どうですか?

すずさんと一緒に
生きていけるんは

えらい幸せじゃあ思うとります

(イト)ありがとう
よろしゅうお願いいたします

ほれ はよう周作さん
お姉ちゃん 追いかけて

えっ?
ほうじゃった

ほら はよう はよう

はい 失礼します

また来ます

ほいじゃあ
はい

ようこちゃん!? あっ…

ごめんなさい
いいえ…

キヨコさんか?

いいえ
ああ すまんの

家に戻ったら

周作さん 帰っとったりせんかね

会いたいね

もしかして
すずさんじゃねえかね?

いえ 違いま… えっ?

あっ 周作さん!

今 「違います」いうて
言おうとしとらんかったか?

じゃって… えっ?

どうしたんですか?

うちに帰ったら
すずさん おらんけ

捜しに来た

えっ…

ええじゃろ

皆 誰か捜しとるのう
この町は

はい

わしも何べんも

誰かと勘違いされた

違うて何か

申し訳ない気持ちになるのう

ほうですね…

じゃけえって
ついていくなよ

いくらなんでも それは…

ここで

ここで わしらは会うたんで

こまい頃に

はい 覚えとります

いきなり転がり込んできた

ほうでしたね

この町も わしらも

もう あの頃にゃあ戻らん

変わり続けていくんじゃろうけど

ほいでも

わしは どこにおったって

すずさんを見つけられる
自信がある

周作さん…

ありがとう

うちを

この世界の片隅に

うちを見つけてくれて

ありがとう

ほいで…

もう離れんで

ずーっと そばにおってください

うん

(節子)いただきます

(母)ようけ食べんさい

(大爆発)

(汽笛)

あっち行けっ

寒うなってきたのう

ほうですねえ
うん…

あっ ありがとう

これ食べんさい

ええよ おなかすいとるんじゃろ

うん

ええ子じゃねえ
うん

はい
ありがとう

新しい仕事は広島じゃ

遠いけえ 大変ですね

うん…

のう すずさん

こっちで所帯 持つか?

すみちゃんのこともあるし

お義母さんのことも

ありがとうございます

でも 大丈夫です

広島も心配じゃけど

呉は

うちが選んだ場所ですけえ

うちは 呉の北條すずですけえ

ほうか
はい

うん? どしたん?

お母ちゃん…

えっ?

あんた…

この広島で

よう

生きとってくれんさったね

ありがとう

(汽笛)

(アナウンス)次はー呉ー 呉ー

さっ 降りるよ

ほれ 見い

九つの嶺に守られとる

ほいで 九の嶺

「九嶺」言うんで

右のんが 休山

左のんが 鉢巻山

その向こうが広島じゃ

ほいで
真ん中のんが灰ヶ峰

あの裾が わしらのうちじゃ

うん?
うん?

ありゃ 寝んさったかね

何じゃ もう…

楽しかったです 呉のお話聞けて

ほうか

ええっ!

まっ そういうことじゃ

(サン)そういうことじゃて
あんた…

うん?
あっ

わっ! ものすごいシラミじゃ!

大変じゃ これ!

(サン)とりあえず お風呂かね?

服は全部ダメじゃ
大鍋で みんな煮るで

ああ…
はい

節子ちゃん いうんじゃね

これ どうじゃろう?

大きいかねえ?

はい

よう似合う

えかった 売らんで

えかった

嬉しいわ

あっ とにかくほら 風呂じゃ

ああ もういっぺん火つけて

そうじゃね はいはい

はよう

(江口)えっ その子が 節子さん?

(節子)うん そう

で私は すずさんと周作さんの
子供になったんよ

(江口)そうか… そうなんだ

ああ…

家が生き返っとる

喜んじょる
えっ?

(佳代)分かるんですか?
そう感じるの?

うん 家はね

やっぱり 人が暮らして

出たり入ったり
ご飯食べたり

そうせんとね

ごめんねえ

じゃけえ 嬉しい

うちの主人の仕事の都合でね

東京に暮らすことに
なってしもうたんじゃけど

新聞社だったよね
うん

旦那さんに
北條を継いでもろうたんよ

うちは…
ほんまの子じゃないけど

ようしてもろうた

(佳代)これ

ありがとうございました
大切なお守り

力が出るよって貸してくれたの
節子さん

持っとったらええ
佳代ちゃん

こん家で
えっ?

力をくれるよ きっと

ねっ
はい

さあて そろそろ行こうか

すずさんのとこへ

お父ちゃん お母ちゃん はよう

はいはい

(すず・周作)いち にの さーん

うい~

また読んどる

ええじゃん

久夫 元気なん?
うん

写真も送ってきたんよ
ほう

成長していく姿を見て

安心してほしいんじゃと

大した男じゃのう
しかも ええ男

ほう
ほれ

うん?

おお~

うん なあ
はい

お義姉さんは写真
送らんのですか?

うちは成長せんもん 嫌じゃ

ほいでも

今度 撮って送ろうかね

ほうか これからは
車の時代じゃけえのう

はい ええ車つくって

世界中の人に乗ってもらいます

春夫君は優秀じゃけえのう

どうじゃ そっちの職場は?

ぶちええで
ほうか えかったのう

職員食堂のコロッケが
うまいんじゃ

そこか
(タキ)まあ うちの婿は

ほんま 気がきかんいうか
もうイライライライライライラするんよ

(サン)ほう~
(美津)うちの嫁もね

かわいい顔して
あれで結構 計算高いんよ

分かる
サンちゃんとこは? 不満あるじゃろ

いやあ ええ嫁よお

いやいやいやいやいや
ええ?

ああ~ いや 実はね…

ああ~
分かる

(サン)じゃろ?
(美津)同じじゃあ

(水原)ただいま

ただいまっ

生きるで!

♬~野に咲く 花たちよ

(志野)
主人が会社で もろうてきたんよ

おお~
おお~!

はい せっちゃん

(一同)いただきまーす

うーん

(江口)マジで? ここに?

(節子)そうなんよ
野球の季節じゃ ずーっと

追いかけとるんよ
カープ

何ていうんかいね
あの~

カープ女子?
それそれ

ええ?
おう せっちゃん

あっ もう来とりますか?

おりんさるじゃろ
いつもんとこに

ありがとう
ほいじゃの

あっ 聞こえる

さっ 行こう

えっ?

負けんさんなよ!

負けんさんな 広島ー!

負けんさんなー!