ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

この世界の片隅に 第8話 最終回直前 松本穂香、尾野真千子、松坂桃李、榮倉奈々… ドラマの原作・キャストなど…

『日曜劇場「この世界の片隅に」⑧【戦争が終わる―始まっていく日々、新たな決意】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. ウチ
  2. 広島
  3. 晴美
  4. タキ
  5. ハル
  6. 幸子
  7. 大丈夫
  8. 志野
  9. ハハハハ
  10. 成瀬

f:id:dramalog:20180909215655p:plain

『日曜劇場「この世界の片隅に」⑧【戦争が終わる―始まっていく日々、新たな決意】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報(出典)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

☆無料トライアルあり!NHKオンデマンドも見れるU-NEXT(ユーネクスト)!
U-NEXT

☆無料トライアルあり!海外ドラマに強いHulu(フールー)!
huluで見放題!

☆無料お試しあり!VODも宅配レンタルもTSUTAYA TV(ツタヤTV)!
TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信

※サービス比較について詳しくは以下の記事をご覧ください

dramalog.hatenablog.com 

 

 

戦争がついに終わりを告げる―果てのない喪失、こみ上げる怒り…それでも始まっていく日々と、新たなる決意。松本穂香×松坂桃李×尾野真千子榮倉奈々香川京子伊藤蘭

詳細情報
番組内容
家族の安否を知るために、広島へ行きたい一心で髪を切ったすず(松本穂香)。いつもとは違うすずの姿に驚く径子(尾野真千子)たち。髪を切ったすずの姿に、周作(松坂桃李)も驚きを隠せない。
そんな中、昭和20年8月15日、すず、径子、サン(伊藤蘭)、そして隣組の皆も集まる中、「正午より重大放送あり」と告知されていた、ラジオの放送が始まる。
出演者
松本穂香 松坂桃李
伊藤沙莉 土村 芳 宮地雅子 竹内都子 篠原篤

榮倉奈々<現代篇>  古舘佑太郎<現代篇>
香川京子<現代篇>

尾野真千子  木野 花 塩見三省 田口トモロヲ  伊藤 蘭
原作
こうの史代この世界の片隅に
双葉社刊「漫画アクション」連載)
脚本
岡田惠和
音楽
久石 譲
スタッフ
演出:土井裕泰 吉田健
プロデュース:佐野亜裕美
公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/

◇番組公式Twitter
@konoseka_tbs
https://twitter.com/konoseka_tbs/

◇番組公式Instagram
@konoseka_tbs
https://www.instagram.com/konoseka_tbs/

 


(すず)何ですか? あの雲
(北條)どうやら広島に

新型爆弾が落ちた いうのが
正しいようじゃの

新型爆弾…

(幸子)ところで これどうするん?
(ハル)広島へ持っていくんよ

前 勤めとった病院から
救助のトラック出すけえね

ウチも乗してってもらえませんか?
(径子)気持ちは分かるけどね

あんた 自分のことも
一人で ようせんじゃろ?

ケガ人は足手まといじゃろ

これで 結う手間も省ける
迷惑はかけんようにします

連れてってください!

お願いします

ごめんね

乗れる人数は限られとるけえ

医療経験者だけ

(タキ)そう

そうそう そう

(美津)安否を確かめたい人の
名前と住所をあとで書いて

ハルさんに渡して お願いしたら?

ほうじゃね
出来るだけのことはやってみるけ

ほう そうしてもらいんさい

はい

よろしゅうお願いいたします

はいはいはいはい
手動かす 手動かす

うん はい
フフッ

どうするんね あんた その頭

あ… どうするって

まるで猿じゃね
(幸子)猿じゃね

ほいでもって あほじゃね すず

あほじゃね すず

すみません
ハハ…

しかも ほれ

ガタガタじゃ
ハハハハ

ほんまじゃ ガタガタじゃ
ええ~っ

(志野)あっ あとで切り揃えようね

ありがとう

はあ~

はいはいはい

はい 手動かす

ハハハ はいはい

明日までに ようけ作らんとね
うん

(周作)あっ

あっ
いや…

はっ!

ほうじゃったか
すみません

あ いや 謝ることはないけど

前の長さの方がお好きでしたか?

嫌いじゃなかったけど

ええ~っ そんなあ

えっ? いやいや

どうすりゃええんじゃ もう

心配じゃのう 江波

はい

大丈夫か?

はい

ハルさんもタキさんも

息子さん 広島で連絡取れんのに

泣き言 言わんと
頑張ってらっしゃいますけえ

ほうか

はい

(ハル)広島から
歩いて来んさったんじゃろうか

どこの誰か 顔も服もベロベロで
分かりゃせんねえ

ほんまにねえ

段差じゃ
足元 気いつけ

(タキ)あっ おはよう
おはようございます

それ何?
ハルさん ユーカリの葉 摘んできました

あの… 蚊取りに使うてください

ありがと

ありがと

あの… これ

分かった 出来ることはやってみる

でも行ってみんと
どうなっとるか分からんけえ

役に立てんかったら ごめんね
いいえ

お気をつけて

ねっ うんうん

頑張ろう 大丈夫 大丈夫

ねっ うん
はい

あんた
広島から飛んできたんかね?

ウチもじゃ

(空襲警報)

ウチは強うなりたいよ

優しゅうなりたいよ

この町の人みたいに

なりたい

(飛行機の音)

ああ うるさいねえ

ウチは負けんよ

何?

「戦争が継続すれば その結果は
故国日本の破壊である」

「これは明白な事実である」
伝単?

「国家の為
命を捨てるは容易である」

「然し 戦争に結末をつけ」

「国家の再建に努力するのが
真の忠である」

どういうこと?
降参しろ いうこと?

そうみたいじゃねえ

でんと もっとひどいことになるぞ
いうて脅しとる

冗談じゃない!
何が降参じゃ バカにしくさって

ああ 拾うたら憲兵さんに届けんと

あ…

すんません

あ…

(北條)広島からは連絡なしか?
(サン)はい

(北條)ほうか

色んな噂が飛び交っちょるが

えらいことになっとることには
違いないようじゃのう

ほうですか

珍しいですね

明日 海兵団剣道大会を
やるらしゅうて

やれんわい

わしゃ弱いけ またいびられる

ほうなんですか?

おう

何じゃ?
別に

そういや すずさん

はい

ゴタゴタして忘れちょったけど

「ここを出る」言うちょったよのう

ああ…

ずっと おることにしたんか?

ええけど

そこを今 持ち出しますか?

どうなんじゃ

はい

おらしてください

お願いします

ほう ほうか

はい

あほ

んっ?

心配かけおってから

すんません

フフッ

すんませんでしたっ

ほんまに すみませんでした

すんません!

ほんまに すみません

ほんまに ほんまに すみませんっ

すんません!
何やっとるん? あんたら

下手くそじゃねえ 周作は

野球選手には なれんね

うるさいわ 分かっちょるわ

フフッ

すずさん これ
伝単じゃないんか?

はい
見つけたら憲兵に渡…

届けても燃やしんさるだけです
もったいない

ええ紙ですよ

えっ? ああ

こうして もんで
落とし紙にする方が

無駄がのうて ええ

ごもっともじゃのう

ほいでも

しばらく便所は人に貸せんのう

ああ はい

う… うっ

はあ はあ…

うっ はあ はあ…

負けんよ

じいちゃん はい
(堂本)うん

径子 ラジオ ラジオ
うん 分かっとる

悪いね 何やら「みんなで一緒に
聞こう」いう話になって

何か 恐ろしいもんね
「必ず聞くように」言うてね

(志野)はい

あれっ すずは?

もう 手が大変じゃ思うて
甘やかしたら

最近 好き勝手やっとるわ もう

ハハハ
はあ

うんっ?

ただいま

「ただいま」じゃないわ

あっ?

すずさん あんた何それ?

あっ ラジオ
「あっ ラジオ」じゃないわ

はよ入れ

あっ

はあ

世界の大勢と
帝国の現状とに鑑み

非常の措置を以って

時局を収拾せんと…

(雑音)

朕は帝国政府をして

米英支蘇 四国に対し

其の共同宣言を受諾する旨
通告せし…

(雑音)

然れども朕は 時運の趨く所

堪え難きを堪え
忍び難きを忍び

以って萬世の為に
太平を開かんと欲す

朕はここに国体を護持し得て

忠良なる爾…

(雑音)

(サン)ああ…

ああ~っ

ダメ 痛い

大丈夫?
ああ

で?
えっ?

どういうこと?

いや…

ウチに聞かれても

変わった抑揚じゃが

まるで人間の声のような
そんな お母ちゃん

じゃって そう思うたじゃろうが
なあ

えっ いや… そうじゃね

で?

こりゃあ つまりは…

負けた いうことかね?

じゃろうかね
ああ やっぱり

えっ?

じいちゃん そういうこと?
負けたん?

ああ 負けた

戦争は終わりじゃ

えっ どういうこと? ほんまに?

終わり?

そういうことじゃねえ

ほうか

はいはい

終わった

終わった 終わった

うん 終わったか

うん ほうか

負けたらどうなるん?

分からん

負けたことが
ないけえのう

ああ ほうか

何で?
えっ?

何で?

広島に新型爆弾も落とされたしね

ソ連も参戦したし
まあ かなわんわ

そう かなわん かなわん

そんなん…

すずさん?

そんなん

覚悟の上じゃないんかね?

すず

そうじゃろ? 最後の一人まで
戦うんじゃなかったんかね?

そうじゃろ?
そう言うとったじゃろ

そうじゃろ 違うんか?

戦えるじゃろ まだ 今じゃって

ここに こんだけおるのに

こんなに生きとるのに

まだ 左手も両足も残っとるのに

戦えるじゃろう まだ

そうじゃろ?

じゃって

じゃって…

ウチは ウチは納得できん!

ウチは こんなん納得できん
絶対できん!

晴美

晴美

晴美

晴美

晴美

晴美 晴美

晴美

晴美…

もっと 早う

もっと 早う終わっとりゃ

晴美

晴美

<要一兄上さま>

<戦争が終わったそうです>

<負けましたよ 兄上さま>

<もうここに>

<敵の飛行機は飛んできません>

<でも…>

<兄上さま>

<ウチは納得できません>

<じゃって>

<じゃって…>

《(要一)わしゃ死なん 絶対》

《(晴美)ウチのこと描いてね》

納得できません

(すずの泣き声)

<私達は負けました>

(足音)

すずさん

すずさん

はい

腹へったわ

(医師)うん 悪うはないのう
とにかく大事に なっ

はい ありがとうございました
ありがとうございました

激しい運動は禁物じゃ
骨髄炎を発症する恐れがあるけ

はい

本人は口にはしませんが

広島まで行く いうんは
無理でしょうか?

家族がおって 連絡がつかんもんで

汽車も ぎゅうぎゅう詰めじゃし

あの腕で何遍も乗るのは 無理じゃ

先生 行かれたんですよね? 広島

そがいに ひどいですか?

(医師)広島生まれなんじゃろ?
嫁さんは

はい
(医師)広島の人は 見ん方がええ

その方がええ

すずの前では言えんが

黒村は

久夫は 下関へ行っとって
えかったわ

そうじゃの

腹立つ ばあさんじゃけどね

そういうことは間違わん人じゃし

感謝せんとね

うん
うん

姉ちゃん
うんっ?

すずさんに優しゅうしてくれて

ほんま ありがとう

ありがとう

はっ

ウチは元から優しいじゃろ?

そうじゃね
はあっ?

あ いや ありがと

フッ

ほい
(幸子)真っすぐ埋めんさい

すみません
(志野)はい

(3人の笑い声)

ハルさん

大丈夫ですか?
ハハハハハ

何か まぶしゅうてね ハハハハ…

はあ…

すずちゃん
はい

悪かったね 何の役にも立てんで
あん時は

いえ そんな

うちの息子も行方知れず

すずちゃんとこ 何か連絡あった?

いえ
ほう

ほいじゃね

ハハハハ

(幸子)何か
広島から帰ってきてから

あんななんよ ハルさん

ほうですか

よいしょ

ゴタゴタして忘れとったけど

幸子ちゃんの嫁入りは
どうなったん?

ちょっと今は…

刈谷家は
それどころじゃないけえね

嫌な話じゃけど

広島に行っとった兄ちゃん
生きとらんなら

ウチが後継ぎ いうか
そういうことになるけえね

ありゃあ
ほうか

(遠雷)

(幸子)何か 嫌な天気じゃね

来るね こりゃ
早めにやっとこ

うん
はい

雨戸を もういっぺん
補強しちょった方が

ええかもしれんのう
ほうですねえ

えらい よう降るねえ 雨

何で こがいな時に
うちの人はおらんのじゃろうね

必ずおらん 必ずじゃ
ハハハ

(戸を叩く音)

あっ 帰ってきたんと違うん?

(戸を叩く音)

はいはいはいはい

おお おお えっ?

大丈夫ですか?
(サン)ああ ああ

早う中へ
ほれほれ

ありがとうございます
郵便事情が えらい悪うて

えっと 北條さん 北條すずさん

はい ありがとうございます

すみません 濡れてしもうて
いえ そんな

じゃあ

あっ 刈谷さんは
この隣で えかったですか?

ああ はい

大丈夫かね 預かろうかね?

大丈夫です ありがとうございます

お気をつけて
ありがとうございました

ありがとうございました
あっ あっ…

(サン)大変じゃねえ

女の郵便配達さんも もうそろそろ
おらんようになるじゃろう いうて

誰か言うとったわ

戦地から 男らが戻ってくるけえの

あっ すずさん 誰から?

え… ああ

うんっ?

うんっ?

読めんし

あ… すみちゃん?

ああ 無事じゃったんじゃの
ほうじゃろうか

他は全然読めんねえ

ほうじゃねえ

皆さん ご無事ならええが

これ 草津からじゃのう
えっ 草…

あっ ほんまじゃ

ばあちゃんのとこに
おるんじゃろうか すみちゃん

草津に避難されたんかもしれんの

あっ 停電じゃ
カンテラ カンテラ

お母ちゃん
うんうん

(戸を叩く音)

さっきの人じゃろか?
おお ほうか ほうか ほい

ああっ
ああっ

ああ
ああ

どうしたん?

どうじゃ これ 新品の鍬じゃ

ええ出来じゃ

あ… 何で?

工場は閉鎖 解雇じゃ言うけのう
いきなり

腹立つけえ

勝手に原料使うて 鍬作って

みんなに配っちゃったわ

退職金の代わりじゃ ハハハハ

はあ?
お父ちゃん それって…

おう 立派な横領じゃ ハハハハ

ハハハハ…

あっ ああ

<要一兄上さま
すみちゃんは生きとります>

(雨漏りがする)

(一同)わあ~っ

<ウチは あんまり広島のことは
考えんようにしよう思います>

<無事を信じて>

<じゃって ウチは
呉の北條すずじゃけえ>

(足音)

(女性)ちいと待って
(男性)おう

(女性)もう 足早いんじゃけえ
悪いのう

よいしょ おお 志野ちゃん!
志野ちゃん 志野ちゃん

行こう 行こう 行こう 行こう
ええけ ええけ ええけ

どうしたんですか?
行こう行こう こっちこっち

さあさあ さあさあ

上がって上がって ほれほれ
おお

お邪魔します
こんにちは

ああ ええけ ええけ
ウチがやるけ 座っとき

(成瀬)お邪魔します
ああ

おお 来たんか
(タキ)成瀬さん

はい ここに座りんさい
(成瀬)お邪魔します

お邪魔します
(志野)こんにちは

食べて食べて みんな ねっ
食べて食べて

いやあ悪いね 忙しいのに
みんなに集まってもろうてね

悪いね ほんまに
ええけど

どしたん? タキさん

ハルさんは?
あっ

ハルさん 寝とる 寝とる

広島から帰ってきてから ずっと

具合悪うてね
ほうね

(タキ)一回で済まそう 思うてね

何遍も話したら
頭おかしゅうになるけん

みんな 知らんかね

広島に新型爆弾が落ちてすぐ

隣保のところで
男の人が行き倒れとったんじゃ

体も服も 何もかも
溶けたようになっとってねえ

誰が誰やら さっぱり
分からんようになっとってね

ああ

どうやら

ウチの息子じゃったらしいんじゃ

手紙で分かった

ウチの子のことを心配して

友達が手紙くれたんよ

「広島から呉に向けて帰ったが
無事じゃろうか」って

息子じゃったんじゃ あの人

あの… あの…

ウチの… 息子じゃったんじゃ

ウチ 分からんかった

ウチ…

気付いてやれんかったんよ

母親なのに ウチ

(タキ)あの子は
どんな思いで呉まで…

ウチ ウチ…

ウチ ウチ…

タキさん

(成瀬)あの…

えっ?

あの お義母さん

ゆうべの祝言の話は
いったん なしにしてください

幸子さんに
吉浦に来てもらう話です

えっ?
ええっ?

おい

わしには兄がおりますけえ

(成瀬)じゃけえ
わしがこちらに来ます

息子になりますけえ

幸子さんも
出て行かんですみますけえ

(成瀬)じゃけえ…

幸子さんと一緒におれりゃ
わしは どこでもええんです

じゃけえ

寂しゅうないですけえ

えかったねえ タキさん

ほうか
じゃ 成瀬君 お隣さんになるんか

はい

えっ ほいじゃ 一緒に通勤か?

一緒に行って
一緒に帰ってくるんか

おう 何 嫌そうな顔しとるんじゃ

仲良しですねえ

えっ 嫌じゃ

はあ…

反乱? 誰がですか?

負けを認めん いう連中じゃ

占領軍に
徹底抗戦するつもりかもしれん

ああ… で 周作さんは?

それを詔勅
制圧に行くいうことじゃ

制圧…

じゃけえ
しばらく 大竹海兵団の世話になる

分かりました

嫌じゃ

同じ日本人同士で

反乱じゃ 制圧じゃ いうて

ほんまに嫌じゃ

嫌でたまらん

そがいなことで
ケガやら しとうないしの

せっかく生き残ったのに

はい

こがいなとこまで来てしもうたの
話しながら歩いたら

はい

静かですねえ

占領軍が いつやって来るか
分からんけえの

ああ… そういう

すずさんも うちに帰ったら
あんまり外には出んように

なっ 絶対じゃ
はい

うん

帰ってきてくださいね 周作さん

当たり前じゃろ
はい

どうしました?

すまんかった ここで…

はい

元気での

はい

行ってらっしゃいませ
お気をつけて

うん

すずさん
は はい

いつか 言うちょったよな

「様子を見に行ってくれ」て

あ…

知っとろう

そこの2つ目の角を左じゃ

自分で行ってみ

占領軍が上陸せんうちにな

早う
は はい!

気いつけよ
はい!

リンさん

ごめん リンさん

リンさんのこと

秘密じゃあなくしてしもうた

でもリンさん

それはそれで 贅沢な気がするよ

《(リン)人が死んだら
記憶も消えて のうなるじゃろう》

《秘密も なかったことになるね》

《それはそれで
贅沢なことかもしれんよ》

よう えぐっちゃん
今日もか?

(江口)はい ハハ…
ハハハ 偉いのう

ヘヘヘヘ
(佳代)えっ?

(節子)ありゃ 片付いとるねえ

どういうこと? えぐっちゃん

週末に ちょっとね 来てみた

えっ?

佳代ちゃんが暮らそうとしてる
家だから 何か心配で

えぐっちゃん
ハハハ

ありがとう
あっ いえ

そん時に ちょっと片付けてたら

近所の人 みんな手伝ってくれて

みんな それどころじゃないのに

(節子)ええ人らでしょ?
(江口)はい

あっ ただ
僕ずっと東京なんですけど

何だろう 「東京は人の住む所じゃ
ない」みたいな考えで

地方に行くのって どっちにも
失礼なんじゃないかって思ってて

東京にも その地方にも

うん

いいんですよね でも

そんなに意地張ったり
難しく考えないでも

好きな人の好きな場所は好き

それでいいんですよね
うん

佳代ちゃん

何? その「こいつ そんなこと
考えてたか 意外」みたいな顔

えっ 分かっちゃった?

認めるとこじゃないよ 普通
違うよ

仲のええケンカじゃね

父と母も
よう そうやってケンカしとった

ほんでも 何か楽しそうでね

へえ~

さあ ちいと 中 片付けてから
会いにいきましょう

えっ 誰に?

フフッ