ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

遺留捜査 第7話 崎本大海、黒田福美、上川隆也、藤真利子、上川隆也… ドラマのキャスト・主題歌など…

『遺留捜査 #7』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 宇多田
  2. 貴史
  3. 社長
  4. 選手
  5. 近江上布
  6. 里美
  7. 横山
  8. 花村友梨
  9. 何か
  10. 糸村

f:id:dramalog:20180830205657p:plain

『遺留捜査 #7』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報の引用(出典)

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像がなければ味わえませんので、以下各社のVOD(ビデオオンデマンド)サービス利用をオススメします。

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

☆無料トライアルあり!NHKオンデマンドも見れるU-NEXT(ユーネクスト)!
U-NEXT

☆無料トライアルあり!海外ドラマに強いHulu(フールー)!
huluで見放題!

☆無料お試しあり!VODも宅配レンタルもTSUTAYA TV(ツタヤTV)!
宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

 

 


(スタートの合図)

♬~

(宇多田貴史)
よっしゃー! ハハッ!

(田嶋 藍)社長!
今季の日本最高記録です!

 

代表候補の水泳選手が殺害された!その影にはドーピング騒動が!?コーチによる裏切り者への制裁なのか!?一方、糸村は遺留品の「麻の袋」から意外な事実を導き…衝撃ラスト!!

詳細情報
◇番組内容
代表候補の水泳選手・宇多田貴史(崎本大海)が殺害された。所持品には戸籍謄本と古い麻の袋が…。所属クラブの社長・花村友梨(黒田福美)によると、宇多田はドーピング検査に引っ掛かり、コーチの横山と対立していたという。しかし、本人はドーピングを真っ向から否定。一方、麻の袋が気になる糸村(上川隆也)は、宇多田の母・里美(藤真利子)を訪ねるも「見覚えがない」と言われる。やがて、麻の布が特殊なモノだと分かり…!?
◇出演者
上川隆也栗山千明永井大、宮﨑香蓮・梶原善甲本雅裕戸田恵子
【ゲスト】藤真利子黒田福美、崎本大海、町田マリー森岡豊、中山義紘、小堀正博、本郷颯、朝井千景、川井耀晴 ほか
◇脚本
長谷川徹山岡潤平
◇演出
長谷川康
◇音楽
吉川清之
◇主題歌
小田和正『やさしい風が吹いたら』『小さな風景』(アリオラジャパン
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子テレビ朝日
【チーフプロデューサー】佐藤凉一(テレビ朝日
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、丸山真哉(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/iryu_2018/
☆Twitter
 https://twitter.com/iryusousa_tva

 

(花村友梨)ええ そうね。

(横山 保)宇多田!
世界大会でも 金 狙えるぞ!

はい! 頑張ります!

はい。

宇多田さん。

ちょっと よろしいですか?

抜き打ちのドーピング検査で

違反成分の利尿剤が
検出されました。

(友梨)利尿剤? ちょっと…。

(横山)お前…。

何かの間違いです!

どういう事だ!?

そんなもの飲んでません!

お前… 俺の顔に泥塗りやがって!

(殴る音)

(藍)コーチ 落ち着いてください!
(横山)ふざけるな!

宇多田くん…!

信じてください。

僕は…。

(パトカーのサイレン)

(岩田信之)
これまた でけえプールだなあ。

(糸村 聡)ご苦労さまです。

塩素のにおい 嫌いなんだよな…
ガキの頃から。

(カメラのシャッター音)
ご苦労さまです。

(神崎莉緒)死亡したのは
宇多田貴史さん 25歳。

大手スポーツクラブ
ボディエリート所属の

水泳選手です。

死亡推定時刻は
昨夜の12時頃。

今朝 清掃員が

プールに浮いている宇多田さんを
発見しました。

溺死か?
(雨宮 宏)いやいやいや…。

この人 泳ぎのプロですよ。

頭部に
鈍器で殴られた痕があります。

殺人です。

深夜に
一人 練習していたところを

何者かに襲われたようです。
凶器は見つかっていません。

深夜? 練習熱心だったんだなあ。

(横山)あの…!

いつまで待てばいいんですか?

えっ?

事情聴取したいからって
選手 拘束して…。

今 うちのクラブの合宿中で
もう 練習の時間なんですよ!

はあ? 練習?

同じチームの人間が
殺されたんですよ。

練習のほうが大事ですか?

宇多田が同じチームだなんて
認めてませんよ。

それ どういう事です?

とにかく! 早くしてください。

日本代表選考会が近いんです。

なんだ? あいつ。

コーチの横山保です。

ふーん…。

俺たちは
選手のほうに 話 聞いてくる。

神崎は オーナーのほうな。
はい。

♬~

それで 何か気になるものでも
あったんですか?

♬~

戸籍謄本?
どうして こんなもの…。

気になりませんか?

気になりますね。

それと… これ。

何が入っていたんでしょう?

♬~

(友梨)驚きました。
うちの選手が殺されるなんて…。

信じられません。

お気持ちは よく…。

(藍)誰に殺されたとかは?

いえ… それは これからです。

宇多田さんは
いつから こちらのクラブに?

1年ほど前から
うちの専属に。

(ため息)

それは 有望な選手でした。

ええ。
次のドイツの世界大会でも

短距離の自由形では

日本代表入りを
期待されていたほどでした。

そうなんですか。

あの… すみません。

これ 宇多田さんの持ち物の中に
入っていたものなんですが

見覚えありませんか?
糸村さん…。

さあ…。
ないですね。

その話は いいですから。

それより 宇多田さんが
こんな目に遭うのに

何か心当たりはありませんか?

心当たりと言われましても…。

社長…。

2週間前 記録会で 宇多田くん
すごい記録を出したんです。

これで日本代表入り確定だって
喜んだんですけど…。

よっしゃー!

(友梨の声)
抜き打ちのドーピング検査で…。

(友梨)利尿剤?

(友梨の声)
違反成分が検出されたんです。

ドーピング… ですか?

はい。 代表選考会前に
体内の薬物を排出するために

利尿剤を
服用していたんじゃないかって。

じゃあ それまでの記録も
薬物を服用して…?

(友梨)そんな事 あり得ません!

本人も否定していましたし

不服申立てをして 再検査を
お願いしていたところです!

そうなんですか…。

(黒瀬)でも 横山コーチが
宇多田を許そうとはしなくて…。

えっ?
どういう事です?

申し立てもしているんです!
練習させてください!

今度は どんな薬 使って
記録 出す気だ? ああ?

お願いします!

今度の世界大会は
母の夢でもあるんです!

(雨宮の声)だから 深夜に練習を?

(岩田)えぐすぎるな…。
パワハラってやつだな。

ドーピング問題の時

コーチが飲ませたんじゃないか
って疑いもかけられたみたいで。

ありましたもんね。

国ぐるみで
ドーピングやってたって事件。

ふーん…。

(佐倉路花)
このボディエリートの社長も

確か 水泳選手よね?

琵琶湖のトビウオと呼ばれた
花村友梨です。

89年 世界大会 バタフライで
4位入賞。

引退後に結婚。
その後 亡き夫から引き継ぐ形で

スポーツクラブ ボディエリートの
社長に。

10年前に 水泳で
世界を目指していた息子さんを

事故で亡くしてから

水泳選手の育成に
力を入れ出したみたいです。

ふーん… そういう事。
で 事件については?

殺された宇多田貴史は

ボディエリートの
短距離自由形のエースで

世界大会の日本代表が確実とまで
言われていたようです。

へえ~ すごいね。

(雨宮)でも 2週間前
ドーピング検査に引っかかり

謹慎処分を受けていた。

このコーチの横山っていうのが
そのドーピング騒ぎ以降

宇多田くんに
かなりきつく当たってたみたいだ。

メンツ潰されたって。

ふーん…。

で 「遺体の頭部の傷は
かなり深かった」…。

ええ… 何か とがった部分がある
特殊な形状のもので

殴られていたそうよ。

相当な恨みを込めて
ガツン! とね。

まあ とりあえず
その横山ってコーチ 探って。

(雨宮)はい。

あの… それと
ちょっと気になる事が。

何?

宇多田さんの遺留品の中に
戸籍謄本が。

(路花)戸籍謄本…。 あったね。

宇多田さんは なんのために

謄本を
取り寄せていたんでしょうか?

(電話)
わかった。 いいよ 調べておいて。

わかりました。

おい 神崎。
それは まさか 糸村式か?

そんなんじゃ…。
引っ越しとか?

なら 住民票で済みますよ。

(路花)神崎。

宇多田のご遺族の方が
見えてるそうよ。 お願い。

はい。
ご一緒します。

(宇多田里美)貴史…。

貴史!

貴史! どうして…!

あの…。

息子さん ご結婚のご予定とか
あったんでしょうか?

えっ?

いえ… 戸籍謄本を
取り寄せていたようでしたので。

さあ… わかりません。

水泳に集中したいって
家を出てからは

スポーツクラブの寮暮らしで…。

だから 最近 会ってないんです。

そうですか。

あの…。 すいません。

これに見覚えありませんか?

貴史さんが
持っていたものなんですが。

いえ… 特に見覚えは…。

うーん…。 大きさからすると

におい袋とかですかね?

お香とかを入れる。
僕も 最初は そう思ったんです。

でも この袋…。
(においを嗅ぐ音)

なんのにおいもしないんです。
(においを嗅ぐ音)

確かに。
うーん…。

何も
中には入っていませんでしたし

何に使っていたんだろうなと
思いまして。

難しいです…。
(2人)ねえ。

全然わかんないです…。
(2人)ねえ。

(村木 繁)二重叶結び。

(2人)えっ?

なんですか?
別に。

だから 今言った
二重叶結びって なんですか?

いや 聞こえてんじゃんか。
二重叶結びって なんですか?

聞こえてんじゃんか! もう…。

結び目を見てください。

はい。

結び目の表が 「口」の字

裏が 「十」の字になってるでしょ?
本当だ。

これはね
日本独特の結び方なんです。

縁起が良いのでね
お守りとかに よく使われてます。

じゃあ これ お守りに
使われていたんでしょうか?

お守りに
使われていたんでしょうか?

もう! 乗りかかった船だ。
乗っちゃえ!

貸せ! もう。

いいですか?

袋の内側が
ほとんど 摩耗しておりません。

これは 元々
何も入ってなかったんでしょう。

お守りと言ってもね
形崩れ防止のために

厚紙を入れただけのものも
多いですからね。

ああ~。 さすが村木さん!

で 他には?

うーん… そうだねえ…。

まあ かなり年季が入っている事は
わかりますが。

まあ これ以上はね
詳しく調べてみないと…。

じゃあ 詳しく調べてください。
なる早で。

ちょっと… ちょちょちょ…!

何を言いかけたんですか?

休ませて… くれなきゃ
村木は 死んじゃうよ。

なんだ このタイムは! ええっ!?

もっと気張れ!
はい…。

お前 殺すぞ!

ちょっと 横山さん!
やりすぎですって。

追加50本だよ! 早く行け!

おいおい おいおい…。
これまた物騒だなあ。

大切な選手に
あんな事があったばかりなのに

「殺すぞ」…。

熱くなると出てしまう
口癖なんですよ。

へえ~。
どんな口癖なんですか?

(岩田)横山さん 事件のあった夜

行きつけの店で
飲んでたらしいですね。

ええ。

お店に確認したら
11時過ぎには出られたそうですね。

(ため息)

時間なんて覚えてませんよ。

かなり酔っ払って
いろいろ言ってたみたいですよ。

お店の人によると…。

「俺は選手のためを思って
指導している」

「だから 俺を裏切った選手は
許さない」

…って言ってたって。
覚えてない?

覚えてません。

11時に店を出たら 12時前には
ここに来れるんだよねえ。

覚えてない?

田嶋さん。 昨日は どうも。

少し よろしいですか?

はい。

スイミングマネジャーである
田嶋さんは

宇多田さんとは
一番親しかったと聞きました。

ええ… まあ いろいろと相談は…。

立場上 私には
話しやすかったんだと思います。

では
会社を起こそうとしていたのは

ご存じでしたか?
えっ?

2カ月ほど前です。 宇多田さん
戸籍謄本を取り寄せてて。

役所で
使用目的を確かめてみたんです。

そしたら 会社の登記用だって…。

彼 独立したがっていたんです。

えっ?

こんな事 私の口からは
言いづらいんですが

横山コーチのやり方に
耐えきれなくて

うちを辞めたがっていたんです。

もちろん 止めましたけど。

そうだったんですか。

あの… その事
宇多田くんが殺された事と

何か関係があるんですか?

さっきも 別の刑事さんが
コーチのところに…。

いえ… まだ そこまでは。

宇多田くん殺した犯人を
捕まえてください。

彼 本当に 一生懸命に
水泳に打ち込んでいたんです。

これ お守りに
使っていたみたいなんです。

そうなんですか…。

で これが 何か事件と関係が?

さあ…。

糸村さん…。

独立!?

はい。
横山コーチのパワハラが原因で

ボディエリートを
辞めるつもりだったそうです。

(雨宮)その事
横山は知ってたんですかね?

(岩田)あいつ 裏切り者は許さない
って言ってたんだよな?

ええ。

まあ コーチなら

宇多田が
深夜に一人で練習してる事を

知ってて当然だしね。

事件の夜の足取りは?

居酒屋を出てからの足取りが
まだ つかめてません。

引き続き 追ってみます。

それと この人。

社長の花村友梨ですか?
(路花)そう。

彼女は知ってたのかしら?

えっ?

有望選手として
目をかけていたのに

独立話にドーピング疑惑。

裏切られた… と思っても
不思議はないんじゃない?

なるほどね。 期待をかけていた分
ショックはでかいか。

明日一番に 花村社長からも
話を聞いてきます。

うん。 あっ…
糸村くん つかまらなかったら

神崎一人でいいからね。
はい…。

(村木)はい。

この袋は 近江上布という麻で
できていました。

近江? という事は

滋賀県で作られた麻
という事ですか?

はい。 滋賀県の琵琶湖の東では
古くから

麻の織物業が盛んでした。

その後 近江商人によって

近江上布の名が
全国に知れ渡るようになったと

まあ こういうわけです。

でも 戦後の大麻取締法
取り扱いが厳しく制限されたので

職人の数も 生産量も
大幅に減少しちゃったみたいです。

近江上布は 今となっては
貴重な布なんですね。

そうだったんですか。

それと もう一つ。

もう一つ?

袋から
母乳の成分が検出されました。

母乳?

麻は すくすく健康に育つようにと
願いを込めて

赤ちゃんの肌着に
よく使われるんですねえ。

母乳のシミがあるという事は

元々 おくるみか何かで
使われていたものを

お守りにしたのかも
しれませんねえ。

なるほど。

おお よちよちよち…。
おっぱい欲しいの?

♬~

これ 近江上布という布から
作られたものでした。

元々は

おくるみに使われていたもの
だったようなんですが。

思い出しました。

これ 昔 私が作ったものです。

おくるみから?

はい。 病院が用意してくれた
おくるみだったんですけど

貴史は これがないと
眠れなかったんです。

だから お守り代わりにと。

そうですか。
お守り代わりに…。

あの… 貴史は これを
ずっと持ってたんですか?

はい。 恐らく そうだと思います。

そうですか。

捨てたものだとばかり…。

ちょっと失礼します。

あの…
これ 息子さんの思い出の品々

しまってしまうんですか?

思い出すと つらいんで。

それに…。

それに…?

いえ…。
すいません もういいですか?

あっ… はい。
ありがとうございました。

あっ… そうだ。
すみません もう一つだけ。

貴史さんを産んだ病院は
どちらですか?

はあ?

宇多田くんの独立話は

あんたへの反発心から
来てるっていうじゃない。

裏切った選手が
よそで活躍されたら

それこそ
たまらないですもんねえ。

(ため息)

それで 俺があいつを殺したって
言いたいんですか?

いくらなんでも
そんな事しませんよ!

冗談じゃない!

じゃあ ドーピング騒ぎは?

あれも 本当は あんたが
仕込んだんじゃないのか?

宇多田くんを潰すために。
はあ?

そして 宇多田くんに
その事を気づかれて 殺害した。

いい加減にしてくれ! なあ!

俺が選手に厳しく当たるのは

あいつらに 少しでも いい記録を
出してほしいからだよ!

反発されたからって
潰そうなんて思わないって!

宇多田くんが
独立したがっていたのは

知ってました。

それで 承諾されたんですか?

出ていきたいという選手を
無理やり引き留められませんよ。

でも 期待していた選手
だったんですよね?

そりゃあ ショックでした。

でも
選手の気持ちが一番ですから。

裏切られた… とは
思わなかったんですか?

何かしら?

警察は それで
私が宇多田くんを殺したとでも

疑ってるのかしらね?

申し上げにくいんですが

その可能性もある… とは
考えています。

息子は… 翔一は

世界大会に出て
金メダルをとるのが夢でした。

私が 現役時代
メダルをとれなかったんで

母さんの代わりに 金メダルをとる
って言ってくれて。

ですが その夢を果たせないまま

10年前 事故で…。

その事は 存じています。

社長。 そろそろ…。

私はね

翔一のその夢を
選手たちに託してきたんです。

自分の子供だと思って
サポートしてきました。

それでも そんな子たちを
手にかけると思うのかしらね?

(女性)社長…。

ありがとう。

失礼します。

♬~

何か とがった部分がある
特殊な形状のもので

殴られていたそうよ。

とがった部分…。

♬~

失礼します!

(村木)ん? ん? あれ?

えっ 神崎さん 今日は お一人様?

これを 至急 調べてください。

(村木)トロフィー?

警察官ボウリング大会で優勝して
もらった?

無駄口はいい! 早く調べる!

はい…。

凶器 特定できました!

(路花)えっ どこにあったの?

ボディエリートの社長室に
飾ってあったトロフィーです。

宇多田さんの頭部の傷痕と
トロフィーの形が一致しました。

凶器に指紋は?
指紋は拭き取られていました。

村木さんに
他に犯人の痕跡が残っていないか

調べてもらっています。

じゃあ
殺害現場は社長室って事か?

という事は 犯人は 花村友梨。

鑑識で調べてもらいましたが

部屋で殺害した痕跡は
見つかりませんでした。

じゃあ 凶器を
わざわざ そこに戻したって事?

ただ今 戻りました。

糸村くん どこ行ってたのよ!

近江上布でした。

近江上布?
はい。

このお守りに使われていた布が
近江上布だったんです。

それが どうしたって言うのよ…。

これは被害者が

子供の頃に使っていた
おくるみから

母親である里美さんが
作ったもので

そのおくるみは
病院が用意してくれたものだと

里美さんは言っていました。

でも こんなに貴重で高価な布を
病院が用意してくれるとは

思えなかったものですから…。

(携帯電話の着信音)
あっ すいません。

(携帯電話の着信音)

はい 神崎です。

あっ 神崎様
村木でございます。

先ほど お預かりした
トロフィーですが

被害者の血液と身元不詳の血液が
出ましたです。 はい。

じゃあ そっちの血液が
犯人のものという

可能性ありますね。

はい わかりました。

(ため息)

じゃあ すぐに横山コーチと
花村友梨のDNA採取。

(雨宮)はい。
(岩田)横山のとこ 行くぞ。

私も行きます。
うん。

ほら 糸村くんも!
あっ… はい。

(ため息)

♬~

これでいいですか?

ありがとうございます。

あっ! 花村さん すいません。

そのハンカチ ちょっと拝見しても
よろしいでしょうか?

は… はあ。
ありがとうございます。

ああ~… やっぱり。

これ 近江上布ですね?

えっ?
ええ。 それが何か?

いえ 貴重な布だと
伺ったものですから。

私 地元が滋賀で
知り合いに職人がいて

ずっと昔から
そこで買ってるんです。

素敵でしょ?
はい。

ありがとうございました。
どうも。

では 僕は これで失礼します。

えっ あっ… ちょっと 糸村さん。

どこ行くんですか?

僕は ちょっと調べる事が
ありますので

DNAは
よろしくお願いします。

いや だから…!

いつまでも慣れないわ この感じ。

ここが
犯行現場でないとしても…。

♬~

25年前の火事…。

♬~

この汚れ…。

シミじゃなくて 煤…?

♬~

すみません。

京都府警の糸村と申します。

以前 古門産婦人科
働いていらっしゃった

小林さんですよね?
(小林弥生)ええ。

(弥生)
火事の事は よく覚えてます。

あの時は とにかく

皆さんを無事に避難させる事に
必死でしたから。

そうですか…。

この生地
おわかりになりますか?

これは…

近江上布ですか?

ああ…。 あっ もしかして
古門産婦人科では

おくるみに近江上布を
使っていたんですか?

いいえ。 こんな高価なもの
そうそうありませんから。

火事があった25年前
当時 出産なさった方の中で

おくるみに
近江上布を持ってこられた方

お心当たり ありませんか?

火事の時分にですか…。

♬~

凶器に残った血痕と

花村社長と横山コーチの
DNAの照合結果が出たわよ。

どっちです?

どちらも一致せず。

えっ?

花村友梨も 横山保も
犯人じゃないと。

ただ今 戻りました。
はーい…。

あれ? それは…。

凶器に残ってた血痕
花村友梨さんのものでも

横山コーチのものでも
ありませんでした。

んー… なるほど。

でも これで
謎が解けるかもしれません。

えっ? もう… それ どういう事?

映ってました。

ボディエリート本社の
防犯カメラに

犯人らしき人物の姿が。

2カ月前
横山コーチのやり方に

我慢できなくなった
宇多田さんは

クラブを移籍 独立しようとした。

社長の花村友梨さんは
引き留めたけど

宇多田さんの意志は固かった。

そして
2週間前のドーピング疑惑。

宇多田さんの検体から
違反成分が検出された。

これって
あなたが仕組んだ事よね?

何 言ってるんですか?

これ 事件の夜の
おたくのボディエリート本社

搬入エレベーターの防犯カメラ。

時間は 深夜12時20分。

あなた そんな時間に
何 運んだんですか?

その1時間ほど前

やはり エレベーターに乗る
宇多田さんが確認されてる。

でも 出たところは
確認できないのよね。

あんたが殺して
プールまで運んだ。

なんの話?
でたらめ言わないでよ。

失礼。

でたらめかどうか
この傷が証明してくれる。

このトロフィーの角で
引っかいた傷がな。

このトロフィーに

犯人のものと思われる
血痕が残っていた。

きれいに
拭き取ったつもりだろうがな。

もう全部 話してちょうだい。

…社長のためなんです。

はあ?

社長が どれだけ
選手の事を思っていたか。

その恩を裏切ってまで
宇多田は 独立すると言い出した。

いくら コーチのやり方と
合わないからと言っても

身勝手すぎる。

そう… 裏切られるくらいなら

いっそ 水泳界を
追放してやろうと思った。

でも その事に気づいた宇多田に
呼び出されて…。

どう考えても 誰かが
俺の飲み物か食べ物に

利尿剤を入れたんです。

そうね…。 そうかもしれない。

でもね 今は不服申立て
してるところだから

少し待たないと…。
嘘だ!

協会に
問い合わせてみたんですよ。

そしたら
そんな申し立てされてないって!

これ どういう事なんですか?

そんな… 何かの手違いよ。

あんたが申し立てを
潰したんですよね?

俺が独立するのを
阻止したいから。

俺を水泳界から
追放するために!

明日 協会に訴えてきます。

利尿剤を入れたのは
あんたに間違いないって

全部 ぶちまけてきます!

待ちなさい!
離せよ!

♬~

待って!
待ちなさいって!

あんたが独立するなんて
言い出すから…。

(殴る音)

(藍)ああ… はあ…。

♬~

(藍の声)社長のためです。

全ては社長のために…!

どんな理由があろうとも
奪っていい命はないんだよ。

それにね あなたは
社長のためって言ってるけど

あなたのした事は
社長を苦しめる事なの!

そんな… 藍さんが!?

無理を言って
DNA鑑定までお願いして

すみませんでした。

一つ お伝えしたい事があります。

これが
あなたのDNA鑑定書です。

そして これが

宇多田さんの鑑定書です。

2つの鑑定書から

ある事実がわかりました。

ある事実?

それ どうなさるんですか?

刑事さん。

どうするって…。

息子さんの事で
わかった事があるんです。

それ 捨てないでください。
もういいですから。

3分でいいんです。
僕に時間を頂けませんか?

25年前の6月22日

あなたは古門産婦人科病院で
男の子を出産しましたね。

ええ。

その日 病院では

もう一人
男の子が生まれていました。

そして その翌日…。

火事があった。

そうです。

パニックの中 奇跡的に
一人の犠牲者も出る事はなかった。

でも 赤ちゃんとお母さんが
それぞれ搬送されている時に

悲劇が起きたんです。

まさか…!

パニックの中で

赤ちゃんの取り違いが
起きてしまった。

そんな…。

(里美)貴史が小学生になった時

あの子の血液型を知り

自分の子じゃないと
気づきました。

あの子が産まれてすぐに

病院で
火事があった事を思い出して

当時の看護師さんに
話を聞きに行ったんです。

その時
貴史さんの本当のお母さんが

花村友梨さんだという事が
わかったんですね。

もちろん 自分の子供にも
会いたかったけれど

それより 貴史を手放す事なんか
できませんでした。

あの子 私の息子だったから。

でもね 大きくなるにつれて

だんだんと水泳の才能がある事が
わかってきて…。

やっぱり 親子なんですかね。

あの子が
大会で いい成績を収めるたびに

嬉しい反面 どこかで悲しさと

申し訳なさも
こみ上げてきて…。

うちは
決して裕福ではなかったから

あっちの家で育ってれば

もっと楽に暮らせただろうにと
思う事もあって…。

貴史さんは 里美さんと
血が繋がっていない事を

知っていたんでしょうか?

別れた夫の血液型
嘘ついてきたんです。

ところが 去年
あの子が父親と会った時に

本当の血液型を知ってしまって。

僕は 誰の子供なんだって…。

貴史!? 貴史!
貴史 違うの!

違うの 貴史! ごめんね!
貴史!

そのあと 貴史が

ボディエリートに入ったって
聞きました。

もう胸が張り裂けそうでした。

やっぱり 貴史は
本当のお母さんのところに

行きたかったんだなって。

あの子
世界大会は母の夢ですって

雑誌のインタビューで
答えてました。

今 思えば
取り違えがわかった時に

花村さんに話をして

貴史をお返しすれば
よかったんです。

もっと早く
そのお母さんのところに

返してあげるべきだった。

うーん… それ 違うと思います。

えっ?

これ 貴史さんが
大切にしていたものだと

お話ししましたね。

それ 本当は

あの子の母親が用意した
おくるみだったんです。

そうとも知らずに 私は…。

でも これ 花村友梨さんが
持たせたおくるみだったから

大切だったわけでは
決してないと思うんです。

これは 里美さんが作ってくれた
お守りだから

大切だったんです。
そんな事…。

先日 お邪魔した際
僕 見たんです。

先ほど 捨てようとなさっていた
箱の中に トロフィーと一緒に

ブレーメンの音楽隊』の絵本が
入っていましたね。

あれ 私が好きな本で

貴史にも
よく読み聞かせてました。

やっぱり。

貴史さんのデスクから
こんなものが見つかったんです。

パスポート!?
私の?

はい。

貴史さんは
戸籍謄本を取り寄せていました。

理由は2つ。

一つは
独立して会社を設立するため。

そして もう一つは

里美さんのパスポートを
申請するためだったんです。

1年前

里美さんは 本当の母親ではないと
知った貴史さんは

決心したんです。

なんとしても
代表選手になろうと。

血が繋がっていないにも
かかわらず

懸命に育ててくれた
里美さんに報いるために。

だから 家を出たんです。

次の世界大会は
ドイツで開かれます。

貴史さんは 里美さんを

ブレーメンの音楽隊』の
舞台であるドイツに

代表となって
一緒に連れて行きたいと

思ったんです。

えっ!?

読み聞かせの思い出も
このお守りも

里美さんから
もらったものだからこそ

大切だったんです。

貴史さんは
「母の夢」と言っていましたね。

その母というのは

他の誰でもなく
里美さんの事だったんだと

僕は思います。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

貴史が子供の頃の写真
ご覧になりますか?

はい。

♬~

(岩田)大切なのは
共に過ごした時間ってわけだ。

家族って
そういうもんなんじゃないの?

えっ?
だって 元々 他人同士が出会って

家族になるんだから。

なるほど 深いですねえ。

そういえば 糸村さんのご両親って
どんな方なんでしょうね?

あっ 私も ちょっと
それ 知りたい。

おっ 興味あるね。
同じく。

♬~

犯人が
今になって 遺体で見つかった。

だいぶ さびてますし
デザインも相当古そうです。

(大西 章)父は
僕が殺したのかもしれません。

なぜ 嘘をついたんですか?
(大西)殺人事件?

(松野雄司)まさか 大西先生が…?
これだ…!