ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

刑事7人 第8話 東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史、北大路欣也… ドラマのキャストなど…

『刑事7人 #8/雪夜に交わした3人の約束―児童養護施設に眠る“哀しき秘密”』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 牛島
  2. 鶴岡
  3. 施設
  4. 自殺
  5. 青山
  6. 年前
  7. 火浦
  8. 墨田
  9. 当時
  10. ミサンガ

f:id:dramalog:20180829220012p:plain

『刑事7人 #8/雪夜に交わした3人の約束―児童養護施設に眠る“哀しき秘密”』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報の引用

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像がなければ味わえませんので、以下各社のVOD(ビデオオンデマンド)サービス利用をオススメします。

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

☆無料トライアルあり!NHKオンデマンドも見れるU-NEXT(ユーネクスト)!
U-NEXT

☆無料トライアルあり!海外ドラマに強いHulu(フールー)!
huluで見放題!

☆無料お試しあり!VODも宅配レンタルもTSUTAYA TV(ツタヤTV)!
宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

 

 


♬~

(携帯電話の着信音)

(青山 新)はい。

(水田 環)今 どこ?

ああ… 今日 あいつの
一周忌なんですよね。

 

ある男の殺人事件から、25年前に児童養護施設で起きた転落自殺との関係が浮かび上がる。天樹(東山紀之)らの捜査で、当時施設にいた少年少女3人の存在が再び姿を現し…?

詳細情報
◇番組内容
2018年夏、スペシャルチームが再集結。東山紀之主演ドラマ『刑事7人』待望の第4シリーズ!――仲間の裏切りという衝撃的終末から1年後。「刑事資料係」に飛ばされた天樹(東山紀之)は、膨大な過去の犯罪データを頭に叩き込み“人間データバンク”へと変貌を遂げていた。新メンバーに海老沢(田辺誠一)、野々村(白洲迅)を加え、闇に葬られた真実を明かすべく、7人のスペシャリスト集団が、再び始動―!
◇出演者
天樹悠…東山紀之
海老沢芳樹…田辺誠一
水田環…倉科カナ
野々村拓海…白洲迅
山新塚本高史
堂本俊太郎…北大路欣也
◇脚本
吉原れい
◇監督
兼﨑涼介
◇音楽
奈良悠樹吉川清之
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】三輪祐見子テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_04/
☆Twitter
 https://twitter.com/keiji_7nin

 

もう1年なんて 早いっすよね。

そうね。

そんな中 悪いけど… 事件よ。

(パトカーのサイレン)

(カメラのシャッター音)

(パトカーのサイレン)

珍しい人いるわよ。
珍しい人?

(海老沢芳樹)
遺留品ないか よく捜せ。

ああ 本当だ。

私たちに隠れて
昇進試験 受けてたんだって。

チームのためには
自分が昇進するしかないって。

本当 ピントずれてるわよね。
フフッ…。 で 結果は?

不合格。

お前ら 遅えよ!

おう。
すいません。

試験 残念でしたね。
余計なお世話だよ。

で 身元は?
まだ わかってない。

事件性はなく 酒に酔って
橋から落ちた事故だと

所轄は判断している。

所持品は?
手に握られていたミサンガと

ズボンのポケットに入っていた
メモだけだ。

(青山)「きぼうの里」?

どこかで聞いたような…。
何?

いや… なんだっけ?

今どき ミサンガって…。

ああ 懐かしいっすよね。
俺も子供の頃 つけてましたよ。

糸が切れたら
願い事が叶うってね。

でも 変わった色よね。
いつだっけ? 流行ったの。

う~ん…。

ちょうど これぐらいの時期じゃ
ないっすか?

93年。 Jリーグが始まって
選手が みんな つけてたんすよね。

93年か…。
うん。

環さん
この頃 もう働いてたんすよね。

はあ? それ セクハラだから。
っていうか 私 年下だからね!

アハハ…。 さーせん!

フッ… ハハッ…。

笑いました?

きぼうの里…。

♬~

(堂本俊太郎)死因は
頭部を強打した事による脳挫傷

死亡推定時刻は
昨夜の20時から23時の間。

しかし 頭部以外に
目立った外傷はなかった。

外傷がない?
ああ。

橋の高さは約10メートル。

そこから仰向けに転落すれば

脊椎などにも
損傷が見られるはずだ。

酒に酔ってた可能性は?

血中アルコール濃度は
0.01パーセント。

死亡直前に飲んだとすれば

飲酒量は
缶ビール半分にも満たない計算だ。

それと ALDH2は活性型。

酒には強い体質と言える。

つまり
酒に酔った転落死ではない?

傷口の形状から見ると

何か硬いものに
頭をぶつけたものと考えられる。

それと
死斑や死後硬直の状態から

別場所から運ばれてきた事が
推察される。

被害者の身元が判明しました。

鶴岡浩介 50歳。

日雇いのアルバイトを
してたそうです。

中学2年まで
東京で暮らしていましたが

その後 両親の仕事の都合で
青森へ移住。

1カ月前に 勤務先の工場が倒産し
職探しのため 東京に戻っていた。

鶴岡さんの自宅には
血痕反応はなく

荒らされた形跡も
ありませんでした。

所轄が
殺害現場の特定を急いでます。

ああ。

で このメモに関連する
事案っていうのは?

(天樹 悠)これです。

うん?

(青山)「きぼうの里」

やっぱ 施設の名前か…。

今から25年前の
1993年12月8日 午後10時頃

東京都八王子市にある
児童養護施設 きぼうの里で

児童指導員 牛島宏さんが
2階の窓から転落死した。

牛島さんの部屋のパソコンには

遺書と思われる文書が
残されていた。

牛島さんの口座には

亡くなる直前までの半年間
給料とは別に

定期的に まとまった額が
入金されていたが

警察は
転落死との関連性はないと判断。

外部から侵入された形跡はなく

対人関係のトラブルも
なかった事から

他殺の可能性は低いとされ

遺書が決め手となり
自殺として処理された。

鶴岡さんは なんで

その施設の名前と
事件の年が書かれたメモを

持っていたんでしょう?

調べたところ
25年前の被害者 牛島さんと

今回の被害者 鶴岡さんは

同じ中学の同級生である事が
わかりました。

同級生?

もしかしたら 鶴岡さんは

牛島さんの自殺の事を
調べていたのかもしれません。

(野々村拓海)
先月まで地方にいたなら

同級生が亡くなった事を

最近まで知らなかった可能性も
ありますね。

遺族に話を聞いてきます。

よし じゃあ 2人は…。
行きますよ 環さん。

えっ はい…。 えっ?
言わせろよ!

主任 着替えるんで
出ていってください。

失礼しまーす。
いや 男同士だろ…。

(セミの鳴き声)

(牛島佐知子)この方なら

1週間くらい前に
家に来ましたけど。

(野々村)こちらに?
(佐知子)はい。

(佐知子の声)弟の自殺の事
最近 知ったみたいで

いきなり 上がり込んできて…。

弟は 本当に自殺だったのか
って聞かれたんです。

それは 自殺を疑って
という事ですか?

(佐知子)はい。

(熊谷二郎)この施設を引き継いで
ちょうど10年になります。

身寄りのない子供たちを預かって
今は15人が暮らしています。

(野々村)ところで

先日 この方が
こちらに来ませんでしたか?

ええ いらっしゃいましたよ。

その時 どのような話を?

同級生だとかで 牛島くんについて
話を聞きたいと。

それは 25年前の自殺について?

はい。 どこで亡くなったのかと
聞かれたんで 部屋に案内を…。

♬~

牛島くんが亡くなってからは
誰も使ってないんです。

(野々村)
施設長も 当時から こちらに?

はい。 私は 当時 経理担当で
牛島くんは後輩でした。

彼は 真面目に働く
良いスタッフで

子供たちからも
慕われてたんですがね…。

牛島さんの自殺の理由に
何か心当たりは?

わかりません。
まさか あんな事になるなんて…。

あの夜 この施設にいたのは?

下には 子供たちが。
この階には 牛島くんと私が。

資料によると
牛島さんは 亡くなる半年前から

誰かから 定期的に
金銭を得ていたようなんです。

当時も聞かれたんですが
私には 全く わからないんですよ。

そうですか…。

他の方からも話を伺いたいので

当時 施設にいた子供たちを
教えて頂けますか?

それなら ここに…。

牛島さんと 特に親しかった人は?

泉ちゃんかな。

泉ちゃん?

(熊谷の声)牛島くんは
天草泉という女の子に

よく
勉強を教えてあげていたんです。

♬~

すいません。 天草泉さんですか?

(天草 泉)はい。

少し お話 よろしいでしょうか?

(野々村)
この方を見た事ありませんか?

(泉)いえ ありませんけど。

(野々村)
25年前の牛島さんの自殺を

調べていたようなんです。

当時 牛島さんと
親しくされていたんですよね?

(泉)はい。
私 数学の成績が悪くて

牛島さんに
よく教えてもらっていたんです。

牛島さんの自殺の理由に
何か心当たりは?

さあ… わかりません。

いい方だったんですけど…。

すいません。
私 そろそろ戻らないと…。

失礼します。
ありがとうございました。

鶴岡さんは
先月 入ったばかりで

あまり 話した事ないんですよ。

何かトラブルは?

さあ…
なかったんじゃないですかね。

他に 最近 変わった事は
ありませんでしたか?

そういえば 昨日 会社に

鶴岡さんの親戚って男が
訪ねてきて…。

親戚?

「急用だから
住所を教えてくれって」

「その人の名前や連絡先は?」
「いえ 聞いてません」

「はあ?」

「どんな人でした?
年齢とか 服装とか」

年は40歳くらいかな。

それと 着てたシャツに

ヨツバ輸送って
ロゴが入ってました。

ヨツバ輸送?

調べといたぞ。

25年前の
牛島宏さんの検視資料だ。

司法解剖に回されていないため
詳しい事は わからんが

転落自殺という当時の見立てには
疑問が残るな。

他殺の可能性が?

背中に
複数の打撲痕が見られる。

いや 被害者が
仰向けに転落した事は間違いない。

しかし 胴体に比べて
頭部の損傷に やや違和感が残る。

頭部?

落下した傷とは別に

後頭部と側頭部 2カ所に
出血が見られる。

傷口の拡大写真から察すると

側頭部は 鈍器のようなもので
殴られた可能性が高い。

致命傷になったのは
傷口の大きい後頭部のほうだ。

つまり
転落によって死んだのではない?

(衝撃音)

火浦陸さんですよね?

(火浦 陸)はい?

鶴岡浩介さん ご存じですよね?

♬~

鶴岡さんの会社に設置された
防犯カメラを確認したところ

あなたが中に入っていく姿が
映っていました。

なぜ こちらへ?

別に…。

親戚と名乗って 鶴岡さんの住所を
聞いたんですよね?

あなたが会社を訪ねた夜
鶴岡さんは亡くなったんです。

鶴岡さんとは
どういうご関係なんですか?

任意になりますが
署で詳しくお話を伺えませんか?

昨夜の20時から23時の間
どちらに?

家だよ。

それを証明できる人は?

一人暮らしだから いないね。

では…。

これに見覚えは?

知らないね。

ところで あなた

児童養護施設
いらしたそうですね。

それも きぼうの里の。

亡くなった鶴岡さんは

25年前に その施設で起きた
自殺の件を

調べていたようなんです。

だから なんだよ?

施設にいたってだけで
俺 疑われちゃうわけ?

(青山)いや… 何か心当たりが
あるんじゃないですか?

(火浦のため息)

(火浦)施設のせいで
本当 もう 俺の人生 散々だよ!

(青山)あんた いい年して
まだ そんな事 言ってんのかよ。

(火浦)お前に 何がわかる?
ええっ!?

施設で育ったから

金もない 定職にも就けない。
それで 今度は犯人扱いだ。

(青山)甘えてんじゃねえよ!
施設とそれとは関係ねえだろ!

(火浦)高え金もらってる
おめえら公務員には

わからんだろうよ!

何だよ! ああっ!?
ちょっと 青山くん!

そんなに 俺が気に食わねえなら
逮捕してみろよ おい!

おい 何やってるんだ!

弁護士さんが お見えだ。

弁護士?

墨田賢と申します。

火浦陸の弁護を担当します。

(墨田)これ 任意ですよね?

これ以上
不当な取り調べを行うようなら

それなりの手続きに入りますが…。

行きましょう。

♬~

でも なんで 火浦に弁護士が?

弁護士の名前は?

ああ… 墨田賢。

えっ?

この人も 確か
きぼうの里にいましたよ。

えっ?

墨田賢 墨田賢…
あっ いました。 これです。

火浦陸 墨田賢

この2人は
幼なじみだったって事か?

(野々村)見てください。 この2人
同じ日に施設を退所しています。

えっ?

(野々村)あっ 天草泉も同じ日だ!

天草泉?

当時 施設にいた数人から
話が聞けたんですけど

この3人は
とても仲が良かったそうなんです。

でも なんで 3人 同時に退所を?

この日付…。

彼らが施設を退所したのは
1993年12月19日。

牛島さんが自殺した直後です。

もしかしたら 鶴岡さんは
その事を不審に思って

彼らの事を
嗅ぎ回っていたのかもしれない。

(墨田)陸 お前 何したんだ?

お前こそ なんで来たんだ?

俺らは もう会わないって
約束しただろ?

だけど…。
もう違うんだよ!

俺とお前は もう 道が違う。

会っちゃいけない。

あの日の事
忘れるわけないよな?

これ以上 俺に構うな!

♬~

あんた 駄目じゃん
手なんか出したら。

すいません…。

でも 許せないんすよね
いい年して甘えてる奴。

似てるから余計に。
うん? 似てる?

俺 施設の出なんですよ。

去年 死んじまったあいつも
同じ施設で育って。

そりゃあ その事で
いろいろ苦労してきましたよ。

でも… でもね

みんな それぞれ
そういう過去を乗り越えて

必死に生きてるんですよ。

だから 俺

火浦が 自分の不遇を
施設のせいにしてるのが

なんか許せなくて。

俺らって 親がいない分

なんていうか 兄弟っていうか

兄弟以上の関係なんですよね。

それ わかります!

僕も 同じ団地の友達とは
兄弟以上の仲なんですよ!

なんで
お前が のっかってくるんだよ!

(携帯電話の着信音)
いい話 してたでしょ。

(野々村)だから そこに
のっかったんじゃないですか。

はい 水田。

騒がしいな。
お前ら また 油売ってるのか?

「なんのご用で?」

鶴岡さんの殺害現場が特定された。

遺棄された橋から
30キロ以上も離れた

鶴岡さんの自宅近くの公園だ。

現場の鑑識作業が終わり次第
朝一で向かってくれ。

了解。

♬~

血痕は 鶴岡さんのもので
間違いないみたい。

ゲソ痕は?

鑑識が作業したけど
特定できなかった。

でも 血痕のそばに

小さな金具みたいなものが
落ちてたみたい。

金具?

今 鑑識が調べてる。

私たちは 目撃証言をあたるわよ。
(青山)はい。

(野々村)あっ!

天樹さん これ見てください。

天樹さんに言われる前に

鶴岡さんが
3人と接触していないか

調べていたんですけど…。

事件前日の
図書館の防犯カメラ映像です。

鶴岡さんが 天草泉さんと
接触しているのが映っています。

♬~

昨日も
手を洗ってらっしゃいましたね。

(流水音)

鶴岡さんと面識があったのに
なぜ 嘘を?

覚えていなかっただけです。

しかし その時 あなたは

鶴岡さんが持っていた紙を見て
明らかに おびえています。

あなたが 鶴岡さんに
突きつけられていた紙は

これだったんじゃありませんか?

違います。

牛島さんの自殺の事で
何か聞かれてたんですね?

聞かれてません。

泉さん…。
私は…

私は何も知りません。

♬~

事件前日
天草泉さんは 鶴岡さんに

25年前の自殺の件で
脅されていたようなんです。

鶴岡さんが
あなたに会いに行った直後に。

鶴岡さんに何を話されましたか?

あの事だけは
言いたくなかったんですが…。

あの事?

25年前の あの日

見てしまったんです。

(牛島 宏)来ないと どうなるか
わかるよね?

(熊谷)
勉強を教えてあげていたのも

そういう事が
目的だったのかもしれません。

その矢先 牛島くんは…。

その時 泉さんは
牛島さんの部屋に?

実は あの夜

牛島くんの部屋から
女の子の悲鳴が聞こえたんです。

もしかして 泉さんの悲鳴?

間違いないと思います。

えっ 見た事ある?

(女性)ええ。

最初は
酔っ払いを介抱してるんだと

思ったんだけどさ…。
なんで通報しなかったんですか?

だって まさか 死んでるだなんて
思わないじゃん。

私 急いでたんだもん。

ちなみに 男を担いでた人って
この方ですか?

(女性の声)ああ そうそう この人。

私 タイプだから よく覚えてるの。

(セミの鳴き声)

火浦陸の目撃証言 取れました。

今から 引っ張っていきます。

了解。

♬~

(携帯電話の振動音)

はい。

もしもし 海老沢さん

施設の事で 大至急
調べてほしい事があります。

了解。

話したくない気持ちは
わかりますが

あなたは 25年前

牛島さんから 何度も 性的虐待
受けていたんですよね?

牛島さんが自殺した夜

あなたの悲鳴を聞いたという
証言もあります。

施設長の熊谷さんから
その事を聞いた鶴岡さんは

あなたが牛島さんの死に
関わっていると思った。

それで あのメモを見せられて

脅されてたんじゃないですか?

♬~

なんですか?
こんな所に呼び出して。

火浦陸を 再度 取り調べています。
一応 そのご報告を。

「鶴岡さんの遺体を
橋の下に遺棄したのは

あなたですね?」

「ああ…」

「橋の上 歩いてたら ぶつかって

むかついたから 突き飛ばした」

鶴岡さんが殺された公園に

これが落ちていました。

調べたところ

これは ネジ式バッジに使われる
留め具だとわかりました。

それも 弁護士バッジの。

なんで そんな嘘をつくんですか?

鶴岡さんが殺されたのは
橋ではなく

そこから遠く離れた
自宅近くの公園なんですよ。

恐らく 犯人は

鶴岡さんと揉めた際に
バッジを落とし

本体だけ拾って 立ち去った。

墨田さん
バッジを つけてないようですが。

つけ忘れただけですよ。

♬~

事件当日の夜

火浦陸が 鶴岡さんを担いで
公園から出てくるところが

目撃されています。

このままでは
彼は逮捕されてしまいます。

俺がやったんだ!
俺が あいつを殺したんだ!

ミサンガ…。

鶴岡が持ってたミサンガが証拠だ。
あれは 俺のだ!

それでいいんですか?

弁護士である あなたが

冤罪を生んでしまって
いいんですか?

頼む!
刑事さん 俺を逮捕してくれ!

なあ 頼む! 俺を逮捕してくれ!

(火浦の声)
なあ… 頼む! なあ…!

お願いします。

刑事さん 俺を逮捕してくれ!

お願いします…。

(墨田の声)殺したのは…

陸じゃない。

私です。

なぜ あなたが 鶴岡さんを?

数日前 25年ぶりに
泉から連絡があったんです。

牛島の事で疑われてる…?

♬~

(泉)誰から聞いたか
わからないけど

お金 渡さないと
勤務先にバラすって言われて。

こんな事 賢にしか頼めなくて…。

ごめん。
会わないって約束だったのに…。

でも なんで 今さら…。

(墨田の声)翌日

泉が鶴岡に金を渡す約束をした
公園に向かった。

この件は
これで終わりにしてください。

(鶴岡浩介)
こんなんじゃ足りねえよ。

俺さ 金に困ってるんだよね。

とりあえず 500万でいいや 500万。
ん? ハハハハ…。

なんなら あの女に

体で稼いでもらっても
いいんだけどよ。

(墨田)ちょっと待ってくれよ!

(鶴岡)何すんだ てめえ コラ!

(墨田)あっ… ああっ!

(バッジが落ちる音)

(鶴岡)貴様…!

ああっ…!

(鶴岡)うわっ…!
(ぶつかる音)

おい…。

ちょっと… おい…。

♬~

ああ… ああ…。

♬~

(青山)わかりました。

♬~

(青山)墨田賢が犯行を認めました。

違う! 俺なんだ!

わかってくれよ…。

昔 俺 万引きで
捕まった事あるんですよ。

でもね やったのは俺じゃない。
俺のツレでね。

お互いグレてて
どうしようもない不良でした。

そいつ 次 捕まったら
退学だったんですよ。

だから 俺 かばったんですよね
そいつのためだと思って。

でも… それは間違ってました。

そいつ 俺がかばったのが
逆に許せなかったみたいで

もっと
道 踏み外していっちゃって…。

その時 思ったんです。

自分の罪は 罪として

自分で乗り越えなきゃ
意味ないって。

そいつも…

今じゃ 立派に
世界一のケバブ屋やってます。

必死に
過去を乗り越えてきたんです。

♬~

俺も 施設の出なんですよ。

♬~

(ため息)

♬~

あの日 泉から連絡が来たんです。

昔の事を嗅ぎ回ってる奴がいる。
そっちにも来ていないかって…。

で 泉さんを守るために
鶴岡に会いに行った?

職場で 自宅の住所を聞いて
向かったら…。

♬~

賢…?

♬~

(火浦の声)
俺が なんとかしないと…

そう思った。

(火浦の声)
賢は 昔から頭が良くて

優しくて…

俺たちの希望の星だった。

俺みたいな奴とは違う。

捕まっちゃいけない…。

♬~

(青山の声)あなたは
自分に捜査の目が向くように

鶴岡さんに
ミサンガを握らせたんですね?

あいつらを守りたかった…。

(墨田)
私のせいです。 すいません…。

25年前の事も
泉と陸は悪くない。

全部 私がやった事です。

いいえ それは違います。

あなたたちは
大きな勘違いをしているようです。

♬~

牛島さんの側頭部には

鈍器で殴られた痕が
ありました。

あなたは 牛島さんに襲われて

抵抗しようとして
殴ったんじゃないですか?

♬~

(すすり泣き)

つらい事を思い出させてしまって
すみません。

でも あなたを
苦しめたいわけじゃないんです。

25年前の あの夜

何があったか
教えて頂けませんか?

♬~

怖くて… 断れなかった…。

♬~

(泉の声)勉強を教えるから
おいでと言われて…。

♬~

ああっ…。 なんだよ!

(泉)やだ!

(泉)やめて!
(殴る音)

(牛島)うっ…!

♬~

♬~

(墨田)泉?

どうした?

♬~

泉を守らないと…。

♬~

(墨田)せーの…。

(衝撃音)

♬~

♬~

♬~

(すすり泣き)

どうぞ。

でも あの時

牛島さんは
まだ亡くなっていなかったんです。

えっ?

(秒針の音)

♬~

シーツ持ってきた。

よし…。

♬~

あの夜
この部屋を訪れた人物がいた。

(ノック)

♬~

(熊谷)2人とも どうしたの?
こんな所で。

牛島さんに借りてたものを
返しに来ただけです。

そう。 もう寝る時間だ。
部屋に戻りなさい。

あっ そうだ。
これ 君のだよね? 陸くん。

落ちてたよ。

♬~

この施設で
1つ 気になる事がありました。

あなたの車の事です。

(天樹の声)随分 高い車に
乗ってらっしゃいますね。

(熊谷)それが なんですか?

この施設の帳簿を
調べさせてもらいました。

その結果 25年以上前から
現在に至るまで

膨大な数の架空の発注書が
作られている事がわかりました。

発注先に話を聞いてみたところ

このような事実は
確認できませんでした。

当時から
この業務を担当していたのは

あなたですよね?

あなたは 長い年月にわたり
架空の発注をし続け

この施設の補助金
横領していた。

恐らく 当時

あなたは 牛島さんに
横領を気づかれたのでしょう。

牛島さんが
定期的に得ていた金銭は

横領の件で あなたを脅して
得ていたものだった。

あなたは 牛島さんが邪魔だった。

ちょうど その時 事件が起きた。

それは あの子が…。

いいえ。
泉さんは犯人ではありません。

牛島さんの頭部には
複数の傷が見られました。

致命傷となったのは
後頭部の傷です。

それは 泉さんに殴られたものでも
転落によるものでもない。

転落したあと
何者かに殴られたんです。

事件当日の夜
この施設にいた職員は

牛島さんと あなただけ。

犯行が可能だったのは
あなたしかいない。

何を言うかと思えば…!
そんなもの 証拠でもあるのか!?

あの夜 あなたは
ミサンガを火浦陸に渡した。

それが 何よりの証拠です。

うっ… ああ… ああっ…。

ううっ… うっ… あっ…。

♬~

(牛島)うわっ!
(後頭部を打ちつける音)

♬~

♬~

(熊谷)クソッ…!

(すすり泣き)

♬~

この色の意味がわかりました。

火浦の「火」は 赤

墨田の「墨」は 黒

天草の「草」は 緑。

(青山)だから 赤 黒 緑…。

このミサンガは

あなたたち3人を
表していたんですね。

♬~

(泉の声)陸 誕生日おめでとう。

おお! えっ?

フフッ…。
賢と2人で作ったんだよ。

えっ マジで?

ありがとう。

俺たち ずっと一緒にいような。

♬~

せっかく また 会えたのに…。

また会える…。

会えるだけ いいじゃないですか。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(銃声)
(宮川)警官殺し…。

模倣犯だって事はないでしょうか。
(堂本)50年前の連続射殺事件か?

(片桐正敏)
あと一人 死ぬ事になる。

(青山)どうして 今頃?
その理由を知る事こそが

犯人に近づく
唯一の方法なんじゃないかと…。