ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ハゲタカ 第6話 綾野剛、高嶋政伸、筒井道隆、竜雷太、渡部篤郎、沢尻エリカ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ハゲタカ #6』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. プラザ
  2. グループ
  3. 鷲津
  4. ファイン
  5. 統合
  6. TOB
  7. 新見会長
  8. サムライファンド
  9. ホテル
  10. 滝本

f:id:dramalog:20180823220816p:plain

『ハゲタカ #6』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報の引用

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像がなければ味わえませんので、以下各社のVOD(ビデオオンデマンド)サービス利用をオススメします。

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

☆無料トライアルあり!NHKオンデマンドも見れるU-NEXT(ユーネクスト)!
U-NEXT

☆無料トライアルあり!海外ドラマに強いHulu(フールー)!
huluで見放題!

☆無料お試しあり!VODも宅配レンタルもTSUTAYA TV(ツタヤTV)!
宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

 

 


〈経営悪化に陥った
名門電機メーカー あけぼの〉

〈その買収を巡り
鷲津率いるホライズンと

滝本が社長を務める
パソコンメーカー ファインは

激しい攻防戦を繰り広げていた〉

 

第2章、ついにファイナル!総合電機メーカー『あけぼの』を巡る、ハゲタカ(綾野剛)vsカリスマ経営者(高嶋政伸)の闘いが、いよいよクライマックスを迎える!

詳細情報
◇番組内容
「ハゲタカ」第2章、ついに決着!総合電機メーカー『あけぼの』を巡る買収合戦が激化!鷲津(綾野剛)は、敵対するPCメーカー『ファインTD』社長・滝本(高嶋政伸)からの執拗な裏工作の数々にも一歩も引かず、出演した報道番組の中で「『あけぼの』を狙う『ファインTD』の背後には、米最大の軍需産業ファンド『プラザ・グループ』が潜んでいる」と激白。そして『プラザ・グループ』は直接『あけぼの』買収に動き出し…?
◇出演者
綾野剛渡部篤郎沢尻エリカ池内博之木南晴夏堀内敬子佐倉絵麻是永瞳杉本哲太光石研小林薫
【ゲスト】高嶋政伸筒井道隆竜雷太
◇原作
真山仁『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』(講談社文庫)
◇脚本
古家和尚
◇監督
近藤一彦
◇音楽
富貴晴美

【主題歌】
Mr.Children『SINGLES』(TOY'S FACTORY)
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/hagetaka/
☆Twitter
 https://twitter.com/hagetaka_ex
☆Instagram
 https://www.instagram.com/hagetaka_ex/

 

(鷲津政彦)
あけぼのは 渡しません。

ファインのバックには
別の企業が潜んでいました。

(芝野健夫)別の企業?
プラザ・グループです。

〈そのさなか 鷲津は 滝本が

米国最大の軍需産業ファンド
プラザ・グループとひそかに通じ

あけぼののレーダー技術を
狙っている事を察知する〉

ホライズンジャパンは あけぼのの
ホワイトナイトになる事を決定しました。

〈だが 鷲津は

プラザの圧力と
アランの裏切りにより

ホライズンを解雇〉

〈そして 一方の滝本は

あけぼのの会長 新見を取り込み

統合話を一気に進めていた〉

(新見哲平)
諸星恒平の社長解任を提案する。

(中尾 武)このままだったら
俺たちの技術が…。

ううっ…!
えっ えっ? ちょっと… 救急車!

(中延五朗)
「SAMURAI Fund」

〈サムライファンドを立ち上げた
鷲津は

統合を阻止するため
ついに あけぼのに対し

TOB 株式公開買い付けを

宣言したのだった〉

このTOB

あけぼのにとって確かな選択とは
何かを問う戦い…。

戦です。

一体 なんのまねですか?
滝本社長。

(滝本誠一郎)この席は あなたに
願いを聞き入れてもらうために

用意しました。

まずは 私の姿勢を
見て頂ければと思いまして。

お願いだ 鷲津さん。

あけぼのを諦めてくれませんか?

あの会見は
見事なカウンターでした。

これから
統合の条件をすり合わせていく

我が社と あけぼのにとって

あのようなネガティブキャンペーン
最も避けたい事態でしたからね。

本来 水面下で行うべき統合を
早々に発表した あなた方が

うかつだっただけだ。
おっしゃるとおりです!

だが 私は どうしても
今回の統合を成立させたい!

ファインを

日本屈指の総合電機メーカーへと
生まれ変わらせる

チャンスなんです!

♬~

10億…。

鷲津さん個人への
純粋なプレゼントです。

足りなければ
まだまだ出しましょう。

望みの額をおっしゃってください。

すぐに用意を…。

さすがは滝本社長。

こういう手は
使い古されていますよ。

私が大金に飛びつく様子を
撮りたかったのでしょうが

残念でした。

(舌打ち)
とことんやりにくいな あんた。

先日も申し上げたはずです。

私は あけぼのから
手を引く気はないと。

あんたにとっては
数ある買収候補の一つだろ?

だが 俺にとっては 夢だ。
憧れなんだ。

今 やっと 巨大なあけぼのを
のみ込むだけの力を

手に入れたんだよ!
それは違います。

のみ込もうとしているのは

あなたの背後にいる
プラザ・グループだ。

あなたは ただ
利用されているだけです。

プラザとは
利害が一致してるだけだ。

俺は外資の犬じゃない!

いや… この際

犬でも構わん。

欲しいんだよ あけぼのが…。

金なら いくらでも払う。

今 ここで 足をなめろと言うなら

なめてやる!

頼むから…
俺の邪魔をしないでくれ…。

(泣き声)

金や泣き落としで

ハゲタカを口説く事はできません。

(ズボンをはたく音)
ああ…!

そうか!

なら あんたを
破滅させるしかないな。

「金で口説く事はできません」か。

だが 覚えとけ。

世の中の人間は
みんな 金が好きなんだ。

金が欲しくて欲しくて
たまらないんだよ!

アハハハ! ハハハハハッ!

ヘヘヘッ!

プライドや信念なんてものは
金の力には勝てやしない。

あけぼのを手に入れて
それを証明してやるから

よーく見とけや!!

滝本社長。

愉快な余興を
ありがとうございます。

では。

♬~

(滝本)
本日 皆様にお集まり頂いたのは

サムライファンド社長 鷲津政彦氏の真実を
知って頂くためです。

老舗メーカー あけぼのを滅ぼす
ハゲタカです。

私は 彼を
断固として許す事はできない!

〈あけぼのとの統合を進めたい
ファイン 滝本は

マスコミを使い

大掛かりな鷲津バッシングを
繰り広げた〉

(佐伯宗徳)いや その件に関しては
ノーコメントで。

失礼します。

(ため息)

朝から何件目ですかねえ?

(佐伯)さあ… もう 30件は
超えてるんじゃないですかね。

いや こんなものが一斉に出たら
仕方ありませんよ。

(中延)「鷲津政彦の周辺には
死がつきまとう」

どぎつい内容です。

ネガティブキャンペーンには
ネガティブキャンペーンをですよ。

滝本が
メディアに金をばらまいて

ある事ない事
書かせてるみたいです。

(ドアの開く音)

あっ ボス。
大丈夫でしたか? 表に出て。

テレビ局の人間が張っていたので
出演依頼を受けました。

(佐伯)受けたんですか?
ええ。

リン あけぼの株の取得状況は?

(リン・ハットフォード)報道の影響で
少しペースダウンしています。

買い付け価格を
990円から1000円に引き上げろ。

3分の1超まで集めるんだ。
(リン)はい。

(諸星恒平)クーデター?
声が大きい。

すまん。

しかし 新見会長を
追い落とすというのは…。

鷲津からの指示だ。

現実的には難しいだろう。
他の役員連中が…。

彼らも 内心は

今のあけぼのと
新見会長の在り方に

危機感を持ってるはずなんだ。

ファインとの統合は
完全に 会長のスタンドプレーだ。

あけぼのは
近く ファインと統合する。

(芝野の声)役員連中も 事前に
聞かされていなかったようだしな。

サムライファンドが あけぼのの株
3分の1超えを取得すれば

統合にストップをかけられる。
当時に お前が

あけぼのの未来を担うという
図式を作るんだ。

〈一方 日光みやびホテルもまた
岐路に立たされていた〉

(アラン・フジタ)日光みやびホテルの
売却は 完了しました。

(松平貴子)どうしてですか?

〈ホライズンが売却した
日光みやびホテル株は

外資系のクラウンセンチュリーホテルが
買い取っていた〉

〈その傘下へと入るにあたり

様々な条件を
突きつけられていたのである〉

早速ですが

この契約書には いくつか
受け入れ難い点があります。

まず 顧客は外国人に限定し

その上で 売り上げを維持せよ
というのは…。

松平社長。 私は本部から

契約書にサインをもらってこいと
言われただけだ。

交渉しろとは言われていないよ。

では

この条件を拒絶して
サインしない場合は?

君は 日光みやびホテルを捨てる
という事になるね。

(松平珠香)社長…。

この条件をのむという事も

日光みやびホテルを捨てるのと
同じです。

(キャスター)「鷲津さんは
異論を唱えられていると…」

(ジャック・パーカー)ボス!
チェック イット アウト。

(キャスター)「では
あけぼのとファインの統合に

反対される理由は
なんでしょうか?」

「ひと言で言えば

あけぼのにとって
不幸な統合だからです」

私は 企業買収屋です。

M&Aを否定しようとは
思いません。

しかし それは

企業を再生させて 初めて
ビジネスとして成立するものです。

つまり ファインとの統合は

あけぼのの再生に
繋がるものではないと…?

むしろ 崩壊を招くと言っても
過言ではないでしょう。

滝本社長は あけぼのを

自社を拡大させるための
踏み台としか捉えていない。

さらに…。

(キャスター)鷲津さん…?

さらに重大な問題は

あけぼのを狙う
ファインの背後には

別の企業が潜んでいる
という事です。

別の企業?

「プラザ・グループ…

アメリカ最大の
軍需産業ファンドです」

言ったな とうとう。

プラザの狙いは

あけぼのレーダー開発部の技術を
兵器利用する事です。

ファインは
プラザの隠れみのに過ぎません。

予定どおりだ。

今すぐ プラザの
カッツェンバック会長に連絡しろ。

(記者)鷲津さん

先ほど 番組でおっしゃった事は
事実ですか?

(記者)ファインとの統合を決めた
あけぼの側も

プラザ・グループの存在を把握していた
という事でしょうか?

詳細は こちらのリリースで
ご確認ください。

現段階で申し上げたい事は
一つです。

企業を安く買い叩き
再生させる私がハゲタカなら

外資に操られ

日本の技術を
売り渡そうとする輩は

下劣な売国奴だ。

(中延)はい… はい
あけてください あけてください。

(記者)滝本社長
あけぼのとの統合の裏で

プラザ・グループとの密約が
交わされていたという件について

ひと言お願いします。
(滝本)ノーコメントです。

(記者)鷲津氏からの
売国奴との批判については?

(海野玲香)社長…。

売国奴
私のどこが売国奴なんです?

(記者)日本の老舗メーカーである
あけぼのの技術を

外資の それも軍産ファンドに
売り渡すというのは…。

技術は
金に換えなければ意味がない。

高く買うという買い主に売る

それが
市場原理というものでしょう?

(記者)しかし 国益を考えれば…。

なら あけぼのの社員たちに
聞いてみればいいでしょう。

国益のために
リストラを受け入れるのか

外国の兵器のためでも
稼ぎになる仕事を選ぶのか。

きれい事は たくさんだ。

私の事が書きたければ

売国奴でも 金の亡者でも
好きに書くがいい。

(役員)ファインと
プラザ・グループの関係について

マスコミから
問い合わせが来ていますが…。

知らぬ存ぜぬで
通せばいいだろう。

我が社も
だまされた被害者だった…。

それでよろしいですね?
新見会長。

鷲津さん。

こちらです。

報道が過熱して
社内はピリピリしてます。

君は
今や その騒動の中心人物だ。

社員たちの態度や言動に
失礼があるかもしれないが…。

問題ありません。

首切り屋 何しに来た?

(勝田)やめとけ。

(勝田)新見会長が考えた
開発部のスローガンです。

あの… これ

中尾部長が倒れた時に持ってた
資料なんですけど。

中身 見ました。
あと 昨日のテレビも。

新見会長は

プラザ・グループの事を
知った上で

ファインとの統合を決めた
って事でしょうか?

そのとおりです。

♬~

そうですか…。
現場 見てきましたか。

ええ。 社員の人たちは
中尾部長の帰りを待ってますよ。

まあ 俺らの世代は

踏ん切りが
なかなか つけられなくってね。

きっと 新見会長も そうなんだ…。

中尾部長は 今も
新見会長を信じていると…?

ちゃんと向き合えば
わかってくれるはずです。

あの人は…

あけぼのの社員にとって
家族ですから。

我々は 諸星さんを

再び あけぼののトップに
据えたいと考えています。

そのためには
新見会長を追い落とす事になる。

鷲津さん…!

この買収騒動の当事者は
あなたたちです。

♬~

鷲津さん
先ほどの中尾さんの話ですが…。

(携帯電話の着信音)

あっ 失礼。

諸星です。

えっ!? 本当ですか?

わかりました。
すぐに戻ります。

どうした?

たった今 プラザ・グループが

我が社にTOBを仕掛けると
発表したそうだ。

プラザが直接 あけぼのにか!?

アメリカ最大の
軍需産業ファンド

プラザ・グループは
ファインを隠れみのに

あけぼのとの統合を
進め

レーダー開発技術を
狙っていた〉

〈しかし
鷲津の暴露により

統合が困難となった
プラザ・グループは

ついに 直接
買収へと乗り出したのであった〉

総合電機メーカー あけぼのは

先日 サムライファンドから

TOB
表明されたばかりでしたが…。

「新たに プラザ・グループが
TOBを発表した事で

今後 あけぼの株を巡る争奪戦が
繰り広げられる事になりそうです」

「プラザ・グループが提示した
買い付け価格は

一株あたり1020円」

「これは サムライファンドの
買い付け額より

高値となっており

多くの応募が集まると
予想されています」

うちとの統合を すんなり
進めていればよかったのにな。

(電話)

恨むなら ちょっかいをかけてきた
サムライファンドを恨んでくれ。

社長
あけぼのの役員から お電話です。

(滝本)いないと言え。
(玲香)はい。

(川藤道広)
プラザ・グループの資産は8兆円。

サムライファンドでは 到底
太刀打ちできないでしょうね。

当たり前だ。

勝ち目のない戦いを挑んで
金をドブに捨てるか

白旗をあげるかしか 道はないな。

伝言です。

プラザのTOBは聞いていないと。

ハハハハハ…。

当たり前だ。
言ってないんだからな。

プラザが経営権を握ったあとに
改めて提携する。

あけぼのの業務と社員は
うちが面倒を見てやると

伝えておけ。
(玲香)はい。

さあ 沈むあけぼのの姿を肴に
前祝いといこうじゃないか。

ボス あけぼの株が ぐんぐん
プラザ・グループに流れています。

うちも
買い付け価格を上げますか?

さらに10円上げるとなると
150億の資金が必要になります。

これ以上の値上げは

我々の資金力では
完全にキャパオーバーですな。

たとえ上げても プラザは すぐに
上乗せしてくるでしょうしね。

このTOBで 我々が争うのは
株の価格じゃない。

必要なのは 相手の動きを
封じるためのカードだ。

(書類を叩きつける音)
(佐伯)失礼します。

これは…。

今朝 つかんだばかりの情報です。

事実関係を
徹底的に洗ってください。

♬~

(諸星)ファインとの統合

そして プラザ・グループの
TOBについて

皆 会長との対話を望んでいます。

お前が たきつけたのか?
諸星。

いいえ。

これは あけぼの社員一同の
自発的な行動です。

何が望みだ?

あけぼのの これからについて

会長のお気持ちを
聞かせてください。

ええ…

現在の混乱を収束させるべく
動いている。

皆 決定が下るまでは

今までどおり
仕事に専念してほしい。

(諸星)会長

社員は全員 知っています。

会長が プラザ・グループの計画を
わかっていて

ファインとの統合を決めた事を。

(役員)会長 行きましょう。

(諸星)その上で
彼らは こう言っています。

それが 新見会長の意思なら
黙って従うと。

♬~

従う?

中尾部長が
みんなを説得しました。

中尾くん…。

(中尾)俺たちは
新見会長から 仕事を学んだ。

業務終わりのビールのうまさも
教えてもらった。

会長は 俺たちの事を
一番に考えてくれている。

そうでしょう?

我々も同じです 新見会長。

ただ 金や生活のためだけに
働いているわけではありません。

我々は あなたの下で

あけぼのの社員である事を
誇りに思って 働いてきたんです。

「開発部こそ あけぼのたれ」。

我々は 新見会長を信じています。

ですから あけぼののこれからを

会長の口から
おっしゃってください。

♬~

(新見)芝野くん。

彼らの技術を生かせる売却先は

これからでも
探す事はできるのか?

必ず 見つけてみせます。

♬~

緊急取締役会を開く。

あけぼのの会長職を… 辞任する。

♬~

すまなかったね。

信じてくれていたのに…。

♬~

失礼します。
(中延)ああ 芝野さん。

鷲津さんは?

少し出ています。
そうですか。

どうぞ。
いや…。

新見会長が
辞任を表明致しました。

改めて 諸星が社長に就任します。

それはよかった。
ええ。

これで 社内を立て直せます。

そちらの状況は いかがですか?

正直申し上げて
状況は 何一つ 好転してません。

このままだと
この勝負 負けます。

敵の資金力は圧倒的です。
うちが勝つためには

プラザ・グループを止める
カードが必要です。

カード?

(中延)すでに
手掛かりは つかんでるんです。

アメリカ連邦捜査局
プラザの不正を調査してるんです。

でも ガードが固くて
詳細が なかなか つかめません。

いつ動くのか
どの程度の規模なのかすら

全く わからない状態です。

つまり
そのカードが 手に入らなければ

負けは確定だと?

サムライファンドは消滅。

これまで動かしてきた
資金の事を考えると

もう二度と
この世界では生きていけません。

ソーリー。
イッツ ファイン。

サンキュー。
サンキュー。

♬~

(珠香)クラウンセンチュリーの
契約内容

見れば見るほど きつい内容だわ。

全従業員に
半年で 英語 マスターさせて

できない人は解雇とかさ。

大丈夫。
交渉は続けていくつもりだから。

できるの? 交渉。

みやびホテルを守るためだもの。

もう いいんじゃないかな?

いいって 何が?

みやびホテル 守らなくても。

何 言ってるの?

せっかく
ここまで頑張ってきたのに。

契約書にサインしても
しなくても

お姉ちゃんが決めた答えなら
間違いはないと思うから。

だから
全部 一人で背負い込まないで。

♬~

鷲津さん。

♬~

(鳥のさえずり)

鷲津さん。

ご無沙汰しています。

どうして こちらに?

イヌワシが見たくなって。

でも まさか あなたに会えると
思っていませんでした。

私は… 少し思っていました。

報道で いろいろと
目にしていましたから。

大変ですか?

ええ。 あなたのほうは?

会えるとは思っていなかったが
会いたいとは思っていました。

やはり 直接会って
謝罪がしたかった。

みやびホテルの件
私は あなたに…。

聞きません。

この間の電話で
おっしゃってましたよね。

自分に
何か できる事はないかって。

それを 今… 思いつきました。

なんでしょう?

何年後でもいいので

私が みやびホテルを
守れているかどうか

見届けに来てください。

たとえ 持ち主が変わっても

必ず守り抜いてみせます。

私たちがイヌワシと会えた
この場所も…。

約束です。

だから
鷲津さんも負けないでください。

♬~

(携帯電話の着信音)

どうした?

(中延)「ボス 例の件で
有力な情報をつかみました」

プラザへの捜査は
複数の弁護士グループが

連邦捜査局に協力していました。

弁護士メンバーの一覧です。

「John Fujita」…。

隣 失礼します。

ああ。

人を呼ぶなら
もう少し いい店選んでください。

ホライズンを
解雇されたそうだな。

ええ。

ですが あなたと同じように
違約金は受け取りませんでした。

まだ この業界で
やっていくつもりですから。

そうか。

用件は ジョン・フジタ…。

俺の父親の事ですよね?

(アラン)迷惑をかけたお詫びに
用意しました。

プラザの不正に関するデータです。

何年 あなたのナンバー2を
やってきたと思ってるんですか。

連絡が来る前から
交渉を始めてたんですよ。

アラン…
サムライファンドに来ないか?

お断りです。
だろうな。

♬~

で 用件は なんですやろ?

先日お願いした
あけぼのレーダー開発部の

売却の件ですが…。

悪いけど あれは

うちはノータッチでいくいう
結論が出とるんですわ。

では マスコミに
こう伝えるしかありませんね。

あけぼのの技術を守ろうと

日本ルネッサンス機構に
話を持ちかけたのに

アメリカが怖いから嫌だと
言われたと。

そら 来た!
やっぱり脅迫や。

あんたと関わると
ろくな事ないな。

本題は ここからです。

飯島さんに
ある方を紹介して頂きたい。

あかん あかん。
それ以上 言わんといて。

聞きとうない。
相手は

内閣総理大臣 望月康夫。

は…?
そら なんちゅう冗談やねん。

三葉銀行時代

飯島さんが管理していた
隠し口座の顧客には

与党議員が名を連ねていた。

簡単な話でしょう。

見返りは 1億でどうです?

1億では足らんのと違うか?

では 2億。

紹介するだけやで。

向こうが あんたの頼みを
聞くかどうかまでは

保証はできまへんで。

それで結構です。

(望月康夫)
それで 私に頼みというのは?

あけぼのが

アメリカの軍産ファンド
プラザ・グループから

TOBを仕掛けられています。

総理のお力で 政府から

その行為を非難する声明を
発表して頂きたい。

非難する根拠は?

国益のためです。

国益ねえ…。

しかし 君の会社も

あけぼのに
TOBを仕掛けているんだろう?

自分の利益のために

敵対するプラザを排除しよう
という魂胆ではないのかね?

大体 私が批判したところで

買収をやめさせられるかどうかは
わからんよ。

おっしゃるとおりです。
しかし 声明を出して頂ければ

我々は プラザ・グループと
対等に戦えます。

どういう意味だね?

プラザの動きは
いずれ 必ず止まります。

問題は その前に
TOBで勝利される事だ。

つまり 総理のひと言で

あけぼのの未来が決まる
という事です。

プラザの動きが止まるて…
なんか つかんどんのかい?

ええ。 ですが
この場では申し上げられません。

根拠を示してもらえないのでは
話にならないね。

悪いが お断りさせてもらうよ。

政治献金
言い値でお支払いしますよ。

おいおい! 総理に面と向こうて
なんちゅう失礼な事を…。

私は 清廉潔白を
信条としている政治家だ。

ふざけた事を言うんじゃない!

そうですか。
では こちらをどうぞ。

♬~

(机を叩く音)

マスコミに渡すかどうかは
ご返答次第です。

できるだけ早く
私の依頼を実行して頂けますか?

望月康夫内閣総理大臣

さっき見せとった あれ なんや?

総理が過去に闇献金を受けた
企業のリストです。

おい…
総理大臣まで脅迫しとんのかい!

お前 そのうち
誰ぞに消されるで。

問題ないでしょう。

飯島さんが
今も ご健在なんですから。

ハハッ どういう冗談や。
こんな善良な男 つかまえて。

まあ ええわ。

ところで
さっきのリスト なんぼや?

欲しいんですか?

2億でどうや?

3億でお売りします。

紹介料の2億から
上がっとるやないかい!

ビジネスですから。

「ビジネスですから」…。
(舌打ち)

〈翌日 望月内閣から

プラザ・グループの
あけぼのへのTOB

非難する声明が発表された〉

〈その声明を受け
あけぼの取締役会は

サムライファンドによるTOB

友好的買収として
支持すると発表〉

〈結果 サムライファンドは

再び 資金調達が可能となり

あけぼの株の買い付け価格も
引き上げられた〉

1021円…。

プラザ・グループの買い付け価格に
1円 上乗せしてください。

〈そして その日が訪れた〉

(滝本)
政府に泣きついた揚げ句に

たった1円ぽっちの上乗せとはな。

どうあがいても無駄だよ 鷲津。

また すぐ プラザが値上げして
そのまま決着だ。

(川藤)社長
面会したいといって 例の…。

お楽しみ中 失礼します。

お前 何を勝手に…!
(滝本)いいよ。

構わん。

♬~

で なんの用です?

あけぼのから手を引いて頂きたい。

手を引く?

ファインが保有する
6パーセントのあけぼの株を

買い取りたいという意味です。

は?

たとえ うちの6パーセントを
手に入れても

プラザには 遠く及ばない。

もう 勝負はついてますよ。

確かに 勝負はつきました。

(川藤)はい。

どうした?

…ニュース?

(キャスター)「繰り返し お伝えします」

アメリ軍需産業ファンド
プラザ・グループに

国防総省高官との
収賄疑惑が発覚しました」

アメリカ連邦捜査局
よりますと

プラザ・グループの
カッツェンバック会長

他2名の役員が
贈賄容疑で逮捕され

国防総省へも捜査のメスが入る
見通しとの事です」

なんだ これは…。

どうなってる?

ご覧になったとおりです。

我々にとっても
厳しい戦いでした。

プラザ・グループのTOB
完了する前に

不正を告発できるかどうかが
勝負の鍵だった。

お前…。

お前が 何かしたのか?

情報収集と迅速な行動が
ビジネスの要ですよ 滝本社長。

必要なのは 相手の動きを
封じるためのカードだ。

これは…。

プラザの不正に関するデータです。

あらゆるコネクションを利用し

不正の証拠集めと 証人の確保。

結果 制限時間終了間際で
この日を迎える事ができました。

じゃあ 買い付け価格の上乗せが
1円だったのは…。

ご推察のとおりです。

プラザは崩壊し

これ以上 買い付け価格の上乗せは
できない。

だから…

1円で十分だった。

これで TOBは我々の勝利です。

そして あなたも後ろ盾を失った。

あとは あけぼの再生のために
禍根を残さぬよう

御社の あけぼの株を回収すれば

全て終了です。

ふざけるな…。 ふざけるなよ!

何から何まで
お前の思うとおりに

なるとでも…!
滝本誠一郎!

我々の要求がのめないのなら

弊社 サムライファンドは
御社に対して

TOBを仕掛けます!

鷲津…!

猶予は 24時間。

一秒一秒
じっくりお考えください。

♬~

滝本社長。

あなたは貪欲で 優秀な経営者だ。

その姿勢を貫けば
100年後もファインは生きている。

その頃には

ファインも 老舗と呼ばれる企業に
なっているでしょう。

(滝本)100年後か…。

ええ。

では!

ハハハハハ…。

ハハハハハハ…。

ハハハハハ…!

〈7日後 サムライファンドによる
あけぼの買収が正式に決定〉

〈そして 鷲津は

あけぼのの新社長に
諸星を指名した〉

私の判断ミスにより

あけぼのの歴史に
大きな傷をつける事となった。

まずは 株主 社員の皆様に

心から謝罪したいと思います。

そして

再任された諸星恒平社長による
新体制のもと

あけぼのは 再生への道を
歩みだす事となります。

(記者)世間では 諸星社長による
クーデターとの噂もありますが?

その認識は誤りです。

私は
新見会長の意志を受け継いで

あけぼのを守っていく事しか
考えておりません。

どうだ? 新しい職場のほうは。

(芝野あずさ)いい会社だよ。
覚える事多くて 大変だけど。

そっか…。

いや 同業で 父さんが紹介できる
会社もあったんだがな。

首切り屋から紹介された
会社なんて 縁起悪いよ。 フフ…。

確かにな。

でも まあ 働いてる社員が
いい会社だと思えるなら

俺の出番はなさそうだ。

何? それ。 どういう意味?

本当に いい会社っていうのは

経営者や上層部にだけ
都合がいい会社じゃないって事さ。

そして 強いカリスマ性のある
経営者の存在に頼らない会社だ。

〈貴子は クラウンセンチュリーとの契約書に
サイン〉

〈日光みやびホテルは 正式に

クラウン傘下のホテルとして
歩み始めた〉

(加瀬)正直 ホッとしました。

ここで契約が成立しなければ

強硬手段を取る必要が
ありましたからね。

あなたや従業員の生活を
脅かさずに済んだ。

契約はさせて頂きました。

ですが 傘下に入ったのは

生活やお金のために
屈服する事だとは

考えておりません。

…というと?

たとえ
持ち主や経営方針が変わっても

従業員は
私を信じてくれてますから。

私たちにとっての戦いは
ここからです。

クラウングループ
傘下ホテルとして

ホテルを より良くするための
提案 意見は

絶えず続けさせて頂きます。

現場のホテルを守るのは
私たちの仕事ですから。

(従業員たち)
よろしくお願いします。

♬~

♬~

はじめまして。

サムライファンドの鷲津と
申します。

顔を合わせるのは 初めてだね。

はい。

あけぼのを守ってくれた事

礼を言う。

私が守ったわけではありません。

それに 処理が終われば また
新しいビジネスに移るだけです。

そうか…。

だが 私は 大きな荷物を下ろせた。

新見さん…。

お疲れさまでした!

♬~

(飯島)日本企業の中の
門中の名門…。

帝都重工を買うてほしいんですわ。

組織として腐りきっている…。

(真壁達臣)ハゲタカの分際で。

好き勝手にはさせんぞ… 鷲津。