ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

探偵が早すぎる 第4話 滝藤賢一、広瀬アリス、佐藤寛太、南乃彩希… ドラマの原作・キャスト・主題歌は?

『探偵が早すぎる#4【滝藤賢一&広瀬アリス・最速の探偵VS天才サイコパス】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド)

  1. 貴人
  2. 変人
  3. 太田
  4. 一華
  5. ハハハ
  6. 思い
  7. 上野坂
  8. 場所
  9. 白馬
  10. 彼女

f:id:dramalog:20180810072733p:plain

『探偵が早すぎる#4【滝藤賢一&広瀬アリス・最速の探偵VS天才サイコパス】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報の引用

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像がなければ味わえませんので、以下各社のVOD(ビデオオンデマンド)サービス利用をオススメします。

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

☆無料トライアルあり!NHKオンデマンドも見れるU-NEXT(ユーネクスト)!
U-NEXT

☆無料トライアルあり!海外ドラマに強いHulu(フールー)!
huluで見放題!

☆無料お試しあり!VODも宅配レンタルもTSUTAYA TV(ツタヤTV)!
宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!

 


♬~

♬~

♬~

(十川一華)スペアリブ…
どこで買ったの?それ。

(律音)ん?学食の特別メニューに
あったの。
(未夏)あれ 城之内君!

 

やられる前にやり返す!“事件を未然に解決する”史上最速の探偵が、完全犯罪の殺害トリックを次々と防ぎ、美女の命を守り抜く犯罪防御率100%のコメディーミステリー

詳細情報
出演者
千曲川光…滝藤賢一
十川一華…広瀬アリス

城之内翼…佐藤寛太
山崎未夏…南乃彩希
阿部律音…水島麻理奈
大陀羅麻百合…結城モエ
十川純華…新山千春
大陀羅瑛…玉置孝匡

大陀羅貴人…前田公輝

大陀羅朱鳥…片平なぎさ(特別出演)

大陀羅壬流古…桐山漣

橋田政子…水野美紀ほか
番組内容
一華(広瀬アリス)の命を狙う次なる刺客は、大陀羅一族の中でも随一の天才・貴人(前田公輝)。遊園地を舞台に、サイコパスが考え出した恐るべき完全犯罪のトリックとは―
さらに、正体不明な家政婦・橋田(水野美紀)の過去が明らかに!?
探偵・千曲川(滝藤賢一)は、今回も事件を未然に防ぐことができるのか…早すぎる史上、最高峰の対決が幕を開ける!!
制作
【原作】
『探偵が早すぎる』井上真偽(講談社タイガ刊)
【脚本】
宇田学
【音楽】
イケガミキヨシ
【主題歌】
「フラワーステップ」edda(ビクターカラフルレコーズ)
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
中山喬詞
白石裕菜
河野美里
【演出】
瑠東東一郎
番組ホームページ
http://www.ytv.co.jp/tantei/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@hayasugi_tantei
【番組公式LINE ID】
@tanteigahayasugiru

 

(律音)やっほ~。

(城之内)おう。

 

じゃあ 帰るわ。
あれ?なんか今日 用事?

バイト。復活したの。

ああ~。
じゃあね。

うん。バイバイ。

(千曲川)君は 5兆円もの遺産を
受け取れる。

働く必要性が見当たらない。

まだ受け取ってないし
受け取ったとしても

生活を変える気はない。

変人だな。
どの口が言ってんのよ
この ど変人が!

ハハ~!
やだ!もう 何?

私のどこが変人だというんだ?

控えめに言って 全部!
ハッ ヘヘヘ…。

やだ 気持ち悪い もうやだ~。

5兆円もらったら
あなた 探偵をやめるの?

事件を未然に防ぐ。
それこそが私の生きがいである。

つまり やめないってことでしょ。
一緒じゃん。

はっ!

なるほどな。

♬~

なんで
こんなところでバイトなんか…。

こんなって 何?

もはや…

お化け屋敷だな…。
マジ デリカシーないわ。

何 下がってんの?行くよ。

ほら 何してんの!

♬~

おはようございま~す。

おはようございますって 誰も…。

あぁ~!あっ!

(太田)一華ちゃん?
お久しぶりです。

ほんとに。
あっ ここ予算ないから
いつも電気消してる…。

♬~

(上野坂)一華ちゃん。
はい!?

(上野坂)戻ってきてくれたのね。
いや~嬉しいな~。

はい 私もです。

(上野坂)でもね…。

せっかく復帰してもらったのに
申し訳ないんだけど…

ここを維持していく資金も
底をついたんだ。

私も もう歳だし…

閉園することにした。

え?

♬~

また どこ行ったの あの変人。
もう…。

♬~

(十川 純華)

♬~

はっ!

えっ…。

♬~

見間違い?見間違い 見間違い…。

はっ!はっ!はいや~!

はぁ~!はぁ~!

人の思い出を壊すな!何だ!

はいや~って何だ!
はいや~って!

♬~

(大陀羅 貴人)
瑛兄さんの遺産を総取りねぇ。

(貴人)姉さん そのゲーム
僕も参戦するよ。

(大陀羅 朱鳥)貴人。あなた お金に
興味がないでしょ?

(貴人)
興味はない。でも 人の苦しむ姿を
見るのは好きだから。

ねぇ お金に興味がないなら

私と手を組まない?
ふふっ…。

人と協力するなんて
僕の辞書にはないから。

それに 言ったでしょ

人の苦しむ姿が好きだって。
その対象は なにも

殺そうとしてる相手だけじゃない。

僕に負けて悔しがる
あなたたちも対象だから。

ふぅ…。

じゃ。

♬~

(大陀羅 壬流古)こりゃ参った~。

貴人さんといえば
うちの一族きっての天才だろ?

亡くなった爺さんが
言ってたもんなぁ。

貴人が力を貸してくれていたら
うちのグループに

もっと大きな利益を
もたらしたであろうって。

それがどうして
引きこもっちゃったかね。

(大陀羅 麻百合)
そんな人が
何のために出てきたのよ。

さぁな。

どうする?ママ。

♬~

人の思い出 壊すわ
人を変人扱いするわ!

でも最近 ちょっといいかな
と思ったけど やっぱダメだね。

(橋田)変人扱いですか。
そう!あと あの距離感。

この間の事もあって
もう 急にいなくなると だから

すっごく不安になるんだよね。

襲ってくるってわかったら
ちょっと教えてほしいな。

それは彼のやり方ですので。

まぁ そうなんだけどさ…。
距離感って難しいですね。

あなたは付かず離れず

微妙に見える位置が良い
ということですね。

一応 伝えておきます。

あのさ。

はい。

あっ やっぱ何でもないや。

一度言いかけたことは
最後まで言わないと

相手に対して失礼ですよ。

怒んない?

怒らないから言ってみなさい
と言う人は

絶対に怒ります。
でも 私はそこを冷静に

あなたの発言が
怒るべき発言なのか

怒らなくても良い発言なのか
聞いてから判断しようと思います。

ですので 言ってみてください。

言いづら!

あなたは
今 選択を難しくしました。
えっ…。

言って怒られるか怒られないかは
二分の一だったのに

言わないと選択しようとした。

そこまで言いかけて 言わなければ
ほとんどの人間は怒ります。

よって 今あなたの怒られる確率は
三分の二になったのです。

じゃあ もう言うしかないじゃん!

はい。

今のあなたの態度は
私に対して失礼な態度です。

怒らないよう 心がけていた
私の気分を害するような発言で

あなたの怒られる確率は また…。

もうやだ!ぬ~!

うぅ~!
うぅ~!

♬~

そういうことですか。
そんなことで怒りはしませんよ。

じゃ 遺産が入ったら
遊園地に投資していい?

投資することは構わない
というのを前提に

お話しさせていただきますが
一度錆びた鉄は

いくら塗装しても
隠すことはできません。

必ず 崩れていきます。
再建できないってこと?

立て直すには
全ての経営者と従業員を

一新する必要があるでしょう。

でも 昔からよくしてくれてて…。
それとこれとは 関係ありません。

投資することに文句はありません。

しかしながら 無駄遣いとなれば
話は別だということです。

そこの経営者になるまでの覚悟は
おありですか?

情けで人を助けると 助けた相手も
苦しむということが

世の中にはあります。

あそこは…

私とお母さんの
思い出の場所なの。

だとしても
よく考えてくださいね。

♬~

ねぇ どうしたら ここの遊園地
閉園しなくて済むと思う?

それは…。

♬~

それは…。

何?

それは…。

わからない。
それ 3周回って言うことかな!

なぜ停止する?
あなたしか楽しんでないでしょ。

楽しんでるように見えるか?
うん。

私は 君が思うほど…

三半規管は強くない!

弱っ!
しかし…

この感じも嫌いじゃな~い!
ハハハハ。

やだ~。小鹿じゃん。

あれ?電気ついてる…。

(太田)
おぉ 一華ちゃん!一華ちゃん!

この遊園地…なんと もつかも!

どういうことですか?

この人がさ
いろいろ案 出してくれてさ。

どうも。蔵本といいます。
(太田)そう 蔵本 蔵本 蔵本さん。

どうも。
(太田)なんだっけ クラウディア?

クラウドファンディング。
(太田)ああ それそれ…。

ええ。でも あなたは若いから
ご存じですよね?

はい もちろん。
クラウド…ねえ ファンディン。

ねえねえ…わかるわ。
もちろん はい。

ネットで呼びかけたら みんなが
お金を出してくれるんだろ。

そうそうそう みんながね。
わぁ~ なんて…。

あっ ちょっと もう時間なんで
閉めてきますね。

あっ ああ そうか。
ご苦労さま!

はい。
(太田)よろしく~。

(貴人)実は僕 子どもの頃
この遊園地に

よく 通ってたんです。
(太田)あっ そうなんだ。

ここが閉園されるって
聞いて…驚いちゃって。

(太田)そうか…。

(イヤホン:貴人の声)
この「夢が丘ファミリーランド」は
僕にとって思い出の場所なんです。

小さい頃から ここの
メリーゴーランドが大好きで

僕の お気に入りは
あの白い馬でした。

(上野坂)アハハ…。
(太田)ハハハッ…。

あれが目当てで ここに
何度も来ていたんです。
(上野坂)あっ そうなの。

僕みたいに この遊園地の
ファンは多いと思うんです。

そういう人たちに呼びかけて
資金を集めようと思っています。

こちら概要です。

(上野坂)ええ~っ。
(太田)
おおっ。こんなに集まってんだ。

ねえ!もう ひと踏ん張り
してみましょうよ。

やれるだけ…やってみるか。

ありがとうございます。

♬~

あそこは…

私と お母さんの
思い出の場所なの

♬~

寂れた遊園地ね!

いきなり 大きな声を出すな!

あの子は
大丈夫なのかしら?

ちゃんと監視してるよ。
で…何しに来たんだ。

それより…あなた 大丈夫?

大丈夫な訳がない!もはや
ここは大きな お化け屋敷だ!

♬~

おい!そういうの やめろ!

目に見えるものは対処できる。
しかし

見えないものには
対処のしようがない。

調べたんだ。ここは鎌倉時代

処刑場だったらしい。

歴史を遡りすぎじゃない。

い~い?幽霊なんて存在しない。

限られた情報の中から
素早く結論を導き出す。

それは
生物の存続にとって不可欠。

その脳の働きによって 時に…。

ああ~っ!あ~っ!
存在しない者を

誤って検出してしまうことがある。

フン!幽霊は別だ!

トンネルを通ったとしましょう。

前から白い服を着た

髪の長い女が向こうから…。
やめろ。

8人 連なって…。
やめて下さい。

ゆっくりと…。
やめて。

びしょ濡れで。
8人?やめて!やめて下さい。

ぞろぞろ…。
やめて下さ~~い!!

納得してないようだったから。
わかった。

そんな話は信じる。
だから トンネルの話はやめろ!

で 何しに来たんだ?
あの子の わがままを伝えに。

フッ ハハッ…。この間から
わがまま し放題だな~。

育て方を間違えたんじゃないか?

だいたい 君みたいな人間は
母親に向いていな~い!

確かに。
母親には なれないわね。

♬~

ああっ!

お…落ち武者の幽霊が!

ああっ…おい!

いないと説いたくせして
何 言ってんだ!

絶対にいない!…はず。

でぃ~~ん。
アッハハハッ…!

「でぃ~!」って。
ハッハ…!

ひぃ~!ひぃ~!

グッ…ハッハハ!
ア~ ハッハッハッ…!

イヒヒヒ…まさか
幽霊が苦手なんてね~。

グフフッ…。

クラウドファンディングか…。

そう 簡単にね~。

エーッ!
もう こんな集まってんの?

あららら…ら!

♬~

プッシュ プッシュ
プルルルル…プッシュ!

♬~

さてと~!
どこで殺しますか!

[ 貴人の一人芝居 ]
「ここが いんじゃないか!」
「いやいや ここが良いと思う」。

[ 貴人の一人芝居 ]
「いやいや ここにしなよ」。
「ねえ」。「どいて!」。

♬~

(貴人)これが僕の
遊園地再生計画です。

ええ~ すごい。

(貴人)この遊園地には
絶叫マシンもありません。

若者が喜ぶような
乗り物は皆無です。ですので

まずは園内を綺麗にすること。

そして…園内に電飾を施して。

電飾!?

イルミネーションで
人を集めることを考えましょう。

≪イルミネーションって…≫

まあ 頑張ってみるか。
(一同)はい!

私も頑張ります!

みんなで頑張ろう!
おお~っ!

♬~

♬~

フッ!
センスのかけらも無いな。

はっ!?…何?

馬の主な毛色にはな
鹿毛 黒鹿毛 青鹿毛

青毛 栗毛 栃栗毛 芦毛 白毛

佐目毛 河原毛 月毛 粕毛

薄墨毛 駁毛の14種がある。

闇雲に塗ればいいって
もんじゃない!
何の こだわりよ。

代われ!というより
君に馬を塗る資格はない。

なんの資格なの…。
代われ!

やめて つってんの!
やりたいだけじゃん 自分も!

ちょっと…。
あっ…危ない!

ありがとね!
(未夏)ううん。
(律音)全然!

(未夏)でも こんな所に
遊園地あったんだね。

(律音)ねえ~ 私も初めて知った。
マジ?

(律音・未夏)うん。
えぇ?

ねぇ 一華さ~
あのさ 悪いんだけど

あそこにある
刷毛とってくんない?
あいよ。

ちょっ…えっ?

もう~ 何でいないの!

(城之内)2人に聞いちゃってさ。
あっ…。

そうですか。

それに…俺
こういうのは嫌いじゃないし。

ありがとうございます。
あの…

この間は あんなこと言って
本当に申し訳ありませんでした。

いや…。俺が
何か悪いことしたんでしょ?

別に謝んなくて いいし。
いやその…悪いこととか

そういうのじゃなくて。

あのさ…今度
近くで夏祭りがあるらしいんだ。

よかったら 一緒に どう?
2人で!?

みんなで。で…いいよ。

みんなで…あっ。

城之内君が
射的してるとことか…。

気持ち悪いな~。
えっ?

ちょっとね
サボんないでくれる。

君の目は節穴か?
えっ?

♬~

早っ!
私は いつも早いんだよ。

食べる以外はね。

夏祭りか…楽しみだな。

えっ ちょっ…!?

なんで 知ってるの~~!!

近くで 夏祭りがあるんだ。
一緒に どう?

真似するな!

うわ~っ!

あっ 手伝いましょうか?

いえ 大丈夫ですよ。

これ 1人で
全部やったんですか?

(貴人)ええ。
ええ~っ…。

ちょっと向こうに立って
見てもらえます?

まだ 全部できてないんですが。
はい!

(貴人)いきま~す!
はい。

うわ~~。すご~い!
(拍手)

(貴人)おお~。

夏場のイルミネーションは
暑苦しく感じちゃうかな…?

いやいや…
全然 そんなことないです。

めっちゃ綺麗です!

なら よかったです。
うん。

これで 来てくれる人が
増えたら嬉しいな~。

ですね~。

私が小さい頃…母と毎月
ここに来てたんです。

ここに来ると 私が喜ぶから。

じゃあ次 一華…
何 乗りたい?

 


(一華の声)
うち 母子家庭だったんで

毎月 連れてくるの
大変だったと思うんです。

なんか今 思うと…凄い頑張って
くれてたんだな~って。

でも 母が亡くなって…全然
来なくなっちゃったんですよ。

で 高校の時
アルバイト募集の紙をみつけて

ここで働き始めたんです。

僕も こういう場所には
兄と よく来てたんです。

お兄さんと?
うん。
へぇ~。

でも…最近 事故に遭いまして

帰らぬ人となった。

大事な人を亡くすというのは
本当に悲しい。

それ以外は 何もいらないのに。

本当にいいの?

あの小娘でなければ
手段は選ばなくていいわ。

面白くなりそうだな。
さすが ママ。

壬流古 手配しなさい。

イエス マム。

♬~

君が一番じゃ 嫌なんだよ。

♬~

♬~

(太田)君が来てくれたおかげで
大盛況だよ!

アハハ 届きましたか。
これ なんですか?

ジャーン!
うわぁ~!

これも クラウドファンディングで
応援してくれた皆さんから

もらったお金で作りました。
いいじゃない!

気分を一新して
頑張りましょう!
うん 頑張ろうな。

うわぁ~!
かわいい!
何着ても似合うね!

アハハハ!

♬~

イヤッホー!ハッ!
イヤーッ ハッハ!

あの白い馬に乗りたい!

しっ!
あのお兄さんのがいい。

変な人かもしれないから
大きな声で言っちゃダメ。

大丈夫だよ。
あの変な人 お姉ちゃんが

引きずりおろしてくるから
ちょっと待ってて!

アイヤー!
ウィ~ッ!

おりろ!おりなさい!
イヤだ!もう1回乗るんだ!

はい 行くよって!
ごめんなさいね どうぞ。

世の中 ねだれば
なんでも手に入ると思うなよ。

何してる!ちょっと…。

すいませ~ん どうぞ~。

ねえ なんで譲んないの?

何かを手に入れるためには
それ相応の思いをせねばならない。

私が どれだけ苦労しているか。

もういいや。はい。

私はそんな
趣味の悪いシャツは着ない。

着てほしくて
持ってきたんじゃないんです。

たまたま 余ったから
持ってきたんです ほら早く。

え~ 着ちゃおうかな。

着ちゃうよ。
え ちょっと待って!

変人が ここの従業員だと
思われたら 困るから。

私は今 着たいんだ!
やめてよ!ちょっと…。

離せ!離せ コノヤロウ!

あ~ ムカつく!いいよ!!

フン!

♬~

これなら 出資しないで
済むと思う。

その素晴らしい青年の
おかげなんですね。

そう!本当に本当に本当に
いい人なの!

どっかの変人とは大違い。

そうですか。

♬~

♬~

なるほどね。

関東ではあす 大気の不安定な
状態が続く影響で

落雷や強い雨に 注意が必要です。
ハハハハハ!

ハハハハハ…!!

ねえ今日は
体育の授業 何やったの?

 


もう逆上がり
できるようになった?

うん。ミカちゃんに
教えてもらった

(大陀羅 瑛)


私に母親の代わりなんて
無理です

♬~

♬~

いってきま~す!
待ちなさいっ!

えっ!?

あなたは 急に出かける。
そんなことないでしょう?

今日は夕方から雨が降るそうです。

えっ どうしたの?これ。

その傘はもう
ボロボロでしたから。

ありがとう!

(ドアが閉まる音)

(雷鳴)

(上野坂)あ~。
雷すごくないですか?

うんうんうん。
ねえ。

今日は 閉園にしようか。

一華ちゃん
門 閉めてきてくれる?

あ はい わかりました。
悪いね。

いえいえ…いってきま~す。
いってらっしゃい。

♬~

どんな花火になるんだろうな~っ。
クッ…。

趣味が悪すぎるなぁ。

あなたは?

君の~ やることは~ すべて~
お見通しだよ~。ハッハッハ!

お見通し?
何を言ってるんですか?

ピッ!
グッ…。

フッフッフ。君は動けない。

なぜなら君はすでに
感電しているからだ。

クッ…。ウッ…。

心配するな。
流している電気は微量だ。

体が…危ない!動かない…
あ~ぶない!程度に抑えてある。

危ない!アッハッハ…。

貴様 何者だ!

君こそ何者だ!

いつもは
犯人の背後が見えるのに

君には背後が見えなかった。

まあ 私の興味はそこに
あるわけでもないんだが。ハハハ!

なぜ 私が犯人だと。

簡単だよ。
君は 3つもミスを犯した。

ミスだと?

なぜ 私が犯人だと。

簡単だよ。
君は 3つもミスを犯した。

ミスだと?

1つ目は 君がついた嘘だ。

君は メリーゴーランドの
白馬が目当てで

毎日 ここに来ていたんだよな?

僕のお気に入りは
あの白い馬でした

あれが目当てで
ここに何度も来ていたんです

それがどうした?

どうしたも何も
あの白馬は白馬に見えて

白馬のようだが
白馬じゃな~い。ハッハッハ…。

え?

白馬に塗装がはげた場所があった。

その中の色は 茶色だったんだよ。

調べたら 茶色から白に
塗りなおしたのは3年前。

あ?あん?おかしいなぁ。
あっ あっ あっ あん?

確か君は 子どもの頃に

あの白馬が目当てで
ここに来ていたんだよな?

3年前の君はいくつだ?

ハッハッハ…。

2つ目は
みんなに渡したシャツだ。

この素材に違和感を感じた。

実験してみよう。

あ~っつい!!あっつい!
あつい!あつい!

火事だぞ みんな 危ない!

このように 君が配ったシャツは
燃えやすい素材で できていた。

そこでピン…
あつっ!あつっ!あつっ!

そこで ピンときたんだよ。

犯人は 彼女を燃やそうと
しているんじゃないかって。

そんなバカなマネするわけ…。

事故に見せかけるために
君は何を仕掛けてくるのか。

私は 園内の発火しそうな
あらゆる箇所を探した。

だが 彼女が近づく場所に
そういったものは見られなかった。

だとすれば 考えられるのは
オカルト的な話だが

人体の自然発火だ。

君は 雷による
自然発火を計画していた。

雷を彼女に落とすってのか?
バカなこと言うなよ。

ハッ!確かに 自然に発生する雷を
彼女に当てるのは ほぼ不可能だ。

だが 雷は
人工的に作ることができる。

3つ目のミスは その証拠を
残してしまっていたこと。

門の端に 少し焦げている場所を
見つけたってわけさ。

そして 1つの説にたどり着いた。

この状況で 事故に見せかけ
殺せるトリック。

それは 高周波・高電圧を
発生させ放電し

雷を作り出す…テスラコイル。

つまり君は
テスラコイルで雷を発生させ

彼女が雷に打たれたと
見せかけようとした。

しかし テスラコイルから
発生する雷では

あ~ 感電死とまではならない。

だが 君が従業員に配った
シャツなら

テスラコイルから発生する雷で
ボッ!

発火させることはできる。

つまり 君は彼女を
焼死させようとしたんだ。

うるさい!黙れ!
お前なんか…。

押しちゃうぞ!
お~ いくぞ いくぞ いくぞ!

ピー!ピー!
あ~!
ハハハ!

アハハハ!

まだ私が話してるんだ お静かに。

そして 実行日は雨の日で
雷警報が出ている日。

つまり 今日だ。どうだ?

私は 全てを
未然に見抜いてみせたぞ。

アハハハ!アハハハ…。

神のものは 神に
カエサルのものは カエサルに。

トリック返し。

な…何言ってんだ?
ピー!

ああっ!
理解できない者に

理解してもらいたいとは思わない。
ピー!
ああっ!

しかしながら君には 厳しく
お仕置きをしないとね。

ピー!
ああっ!

♬~

♬~

(貴人)
あはっ…うっ…ああっ あっ!

え?なに?何かの新しいショー?
(貴人)あっ あっ…ああっ!

あっ…ああっ!

いや やめろ!
お 俺をコケにするな!

コケにしてはいない。

トリック返しは
君への感謝だと思ってほしいね。

本当であれば
発火させるべきだが

そんなことをしてしまえば
君は死んでしまう。

それは私のポリシーに
反するんだよ。

ゆえに
感電で勘弁してやっているんだ。

ん?感電で勘弁?

感電 勘弁?
ハッ ハハッ…ピッ!

うわ~っ!

ワッハハ!
痛い!ああ…。

アハハ アハハ ハハハ…。
うっ!

うっ!

怖っ 怖っ 怖っ…!
ゾンビかよ?

あ~っ 怖っ!

しばらく
そのままでいてもらおう。

お 覚えてろよ!うっ…ああっ!

あっ…。
(銃声)

(銃声)

♬~

助けてくれ~!

♬~

あ~っ!

♬~

ハハハ!

アハハハ!

僕の勝ちだ!ハハハ…!

燃えちまえ!

お前なんて 燃えちまえ~!!
ハハハ…。

ハハハ…!

よく見たまえ。

おおお!あ~!

キャーッ!わ~っ!

♬~

あ~!おおお あ~っ!


その傘はもう
ボロボロでしたから

おおお!あ~!

くそ~っ!

あ~!うわ~っ!!

♬~

ちゃんと彼女の体に
雷が当たらないように

手は打っていたんだ。

つまり どんなことが起ころうと
事件は未然に防いでいたんだよ。

ハッ。

ああああ!お~!

綺麗だ。ハハッ。
ちょっと!

なんとかして~!

はっ!ねえ…。

なんで眺めてるだけなの?

彼は完璧な仕事をしていた。

こんな雷は
めったに見れるもんではない。

テスラ。孤高の天才よ。

このバカが!
ピッ!

♬~
あ~!ごめんなさい!
ごめんなさい ごめんなさい…!

はぁ はぁ はぁ…。

あっ!あ~!

肩に…落ち武者がいる!

俺は振り返らない!
幽霊などいない!

あ~!止めて~!
♬~ あ~!

止めて~!
♬~ あ~!

止めて~!あ~!
♬~ あ~!

遺体は見つかったの?

(麻百合)見つからない。
(壬流古)
だが 重傷には間違いない。

都内の病院は全て調べたけど

貴人さんが
病院に運ばれた形跡はない。

確実に仕留めたんだ。

どこかで
のたれ死んでるんじゃないか。

この1か月間は…
病院の情報は随時確認するように。

はい。

しかし ママもひどいねえ。

実の弟を殺すなんて。

邪魔者は
私の前から消えてもらいます。

それは たとえ…

私の息子と娘でもね。

いい経験をしましたね。
死にかけたんだよ?

何度も何度も
私に雷を落としてきて。

あ~ もう!
あり得ない あの変人!

変人…
彼にしたら褒め言葉ですね。

全然違いますけど。

私のように 頭のてっぺんから
足のつま先まで

平凡で何の特徴も個性もない
人間からすれば

変人と呼ばれるのは
むしろ褒め言葉です。

いや あなたも十分 変人ですけど。

フッ…私が変人ですか。
はい。

この平々凡々な私が!

変人?

一体どこを どう捉えれば
私が変人に見えるんですか?

述べなさい。
論理的 かつ簡潔に述べなさい!

私のどこが変人なのか!さあ!

そういうとこ…。

ねえ 変人さん。

ちょっと一緒についてきてほしい
所があるんだけど。

(太田)自分たちの歳を考えれば

厳しい状況だったことは
間違いない。

一生懸命
頑張ってくれたけどね。

申し訳ないねぇ。

いろいろありがとうね。
ありがとうね 一華ちゃん。

じゃ ゆっくりしてってね。

♬~

♬~

♬~

は~っ…またひとつ
思い出が消えていくんだ。

♬~

あと メリーゴーランドを
見るたびに

あの男を思い出すのが
ホントに許せない。

千曲川さんね。
うん。

ねぇ 頼みがあるんだけど。

何ですか?

お願いする態度でもないか…。

♬~

お願いします。

いいですよ。

♬~

♬~

♬~