ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

義母と娘のブルース 第4話 綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健… ドラマの原作・キャスト・主題歌は?(見逃した方はネタバレ注意)

『義母と娘のブルース④私達は契約結婚か!?最愛の娘と夏の奇跡…夫が決めた愛のカタチ』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド)

  1. 亜希子
  2. 良一
  3. ホント
  4. ハハハ
  5. 大丈夫
  6. 今日
  7. パパ
  8. 何か
  9. 普通
  10. 結婚

f:id:dramalog:20180731230943p:plain

『義母と娘のブルース④私達は契約結婚か!?最愛の娘と夏の奇跡…夫が決めた愛のカタチ』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)&EPG情報の引用

(セミの鳴き声)

(小松)宮本さん

改めて 治療を受けてみる気は
ありませんか?

(宮本)いや~

ピンピンコロリで逝くって
決めてますんで

 

娘に偽装結婚を疑われる義母。結婚の本当の理由が遂に明かされる。そして、二人の馴れ初めに散りばめられた奇跡とは!?ドラマ最大の謎が今日明らかに!

詳細情報
番組内容
娘に偽装結婚を疑われる義母と夫の良一。二人は娘の疑惑を晴らすために、馴れ初めを整理することになる。そして遂に、結婚の本当の理由が明かされる。二人の結婚には、思いもよらない理由があった。そして、二人の出会いには、愛おしい奇跡が散りばめられていた。ドラマ最大の謎が、今日明かされる!
出演者
綾瀬はるか、竹野内 豊、佐藤 健、上白石萌歌、横溝菜帆、川村陽介、橋本真実、真凛、村本大輔 (ウーマンラッシュアワー)、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未 

奥貫薫、春日井静奈、山口香緒里、西尾まり、森岡龍、林泰文、小林勝也、志村美空、あうろら、小澤美優、中田華月
スタッフ
脚本:森下佳子 プロデュース:飯田和孝 中井芳彦 大形美佑葵 演出:平川雄一朗、中前勇児
主題歌
「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MISIA MISIA×GReeeeNの初コラボ作品。デビュー20周年を迎えた歌姫が豪華コラボで壮大バラードで物語に感動を呼び込む。
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/
◇twitter
@gibomusu__tbs
https://twitter.com/gibomusu__tbs

 

お嬢さん
奥様のときのことを まだ?

今は元気になりましたけど
目の前の母親が

どんどん弱っていくのを
見るような

あんな思いは もう…

二度とさせたくないと
いいますか

必死で生きようとする
姿を見せることは

いつか きっと
娘さんのためになると

思いませんか?

お心遣い
ありがとうございます

でも… 娘のことは
僕なりに

色々 考えてますから

<私事ながら 僕 宮本良一は>

<この春 再婚しました>

<あれが 僕の妻です>

亜希子さん

ハハ… あっ?

<どうやら 妻は
ママ友の井戸端会議に>

<参加しようとしてるようです>

<僕の妻は バリバリの
キャリアウーマンでしたが>

<良くも悪くも
ずいぶんと母親らしくなりました>

(朋子)
で どうなのよ その後

言ってた ほら
夜の営みのほうは

(亜希子)夜の営み?

(園子)
もう どうにもならないわよ

ホント
どうしたもんかな

誠に僭越ながら
その手のお話なら

私 お役に立てるかと存じます

昔取った杵柄ではございますが
はっきり申し上げて

得意分野かと!

<僕の妻は一体 どんな杵柄を?>

そこ 得意分野なんだ

意外 そうなんだ!
そうですか?

えっ じゃ ちょっと
相談乗ってもらおうかな

はい では まず
お聞きしたいのですが

園子さんは 今まで
どのような夜の営みを

どのようになさって
いらっしゃったのでしょうか?

どのような営みを どのようにって
そこまで言うの?

お話しになりたくない点は
伏せていただいて結構です

夜の営みには それぞれ
事情もございますでしょうから

まあ 普通にやってるって…
普通にやっていては

立ちいかなくなった
ということですね

うん… そういうことかな

<もしかして 僕の妻は夜の営みを
夜間のビジネス>

<ダブルワークのようなものと
捉えているのでしょうか?>

そういうときには
穴を探すことをオススメします

穴 探すの!?
はい

うまくいかないときには

必ず 見落としている
穴があるはずです

見落としはないと思うけど…
限られてるし

しかしながら
見落としてはいないが

攻め方が甘かったという
ケースもあるかと存じます

そこに攻め込むためには
何らかのツール

道具が必要となるかも
しれません

えっ 道具!?
もし ご迷惑でなければ

私が直接 現場にお邪魔し

ヘルプすることも
やぶさかではありませんが

ハハハ… 亜希子さんが来るの!?

はい
ハハハ… いやいや ダメだって

亜希子さん! ハハハ…

亜希子さん!

すいません
(園子・朋子)いやいや…

もう いいじゃないですか

園子さんに 大変な
セクハラ提案をしてしまいました

みんな笑ってたし 大丈夫ですよ

いえ しばし
猛省させてください!

あっ! 亜希子さん
犬がオシッコしたがってますよ

フフフ… じゃ行きますよ

私が持ちます!

みゆきは? 留守番ですか?

林間学校の出し物の相談で

アンナちゃんの
おうちに行っています

すっかり お友達になりましたね
アンナちゃんと

よいリレーションが
築けているようです

良一さんは 今日はもう
上がりなのですか?

はい 今日は もう
半休取ったんで

大丈夫でしたか?

まあ それなりです

(下山)仲いいね~ お二人さん

暇なんだったらさ
いい加減 見にきちゃどうだい?

アンタ 行く行くって

何カ月たってると
思ってんだい

あの~ これ 何ですか?

すでに お察しいただいているかと
存じますが

私には そもそも
購入意欲はございません

言ったね

ついに 言ったね

都度都度 調子のよいことを
申し上げてきたこと

心よりお詫び申し上げます

ごめんで済んだら
警察いらないんだよ!

この案件は民事
警察は民事不介入

そういうこと
言ってるんじゃないんだよ!

詫びはいらないから

何とかしろって
言ってんだよ!

アンタもだよ!
え~っ!?

(子供達)バイバーイ
(晴美)バイバイ 気をつけてね

みゆきちゃん バイバーイ

(みゆき)はあ…

僕も会社で聞いてみますよ

家 探してる人もいると思うんで

何してるんですか?

とりあえず
このあたりの相場観を

インプットしないことには

営業トークの
一つもできません

売るとなれば まずは
この物件のメリットと

デメリットを把握し
アプローチする…

あっ じゃ 今日は
僕がご飯作りましょうか?

ありがとうございます
助かります

はい!

ただいま~
おっ 帰ってきた

お帰り

お帰りなさいませ
みゆきちゃん

林間学校の出し物
決まった?

何か あったのか?

パパ
うん?

パパと亜希子さんは
ギソウケッコンってやつなの?

な…

何… 何言ってんだ みゆき

ハハハ… どこでそんな言葉
聞いてきたんだ

ギソウケッコンなの!?
違うよ 何?

何なの? みゆき

じゃ 何で結婚指輪してないの?
指輪?

あっ… こ… これはだな

私が 「いらない」と
申し上げたのです

指輪が苦手なもので

そうそう 亜希子さんは
指輪が苦手なんだった

じゃ 何で
別々の部屋で寝てるの?

普通 パパとママは
一緒の部屋だよね

それは 私の歯ぎしりが
すごいからです

そう 亜希子さんは
歯ぎしりがすごいんだ

二人とも
いつまでたっても敬語だし

どなたに対しても
敬意を持って話すことが

私のポリシーです
そう パパはそこに合わせてるんだ

じゃ どうして
ママのときみたいに

手つないで
歩いたりしないの?

私が人と
歩調を合わせるのが

大変 苦手なので
お断り申し上げております

じゃ ホントに
ギソウケッコンじゃないの?

違うの?

もう何言ってんだ みゆき
そんなことあるわけないだろう

じゃ 二人が初めて会ったのはどこ
えっ?

どうして
付き合うことになったの?

え~っと…
どうだったかな~?

あれ? どうでしたっけ
亜希子さん

少し お時間を
いただけますか?

どうして そんなこと
すぐに答えらんないの?

おかしいじゃん

みゆきちゃんは
1週間前の朝

何を食べましたか?
えっ?

そんなの
覚えてるわけないじゃん

正確に フィードバック
するために

記憶を整理する時間を
いただきたく

ホントは ギソウケッコン
なんじゃないの?

林間学校明けには
まとめてお答えします

<僕の妻は こういうところは
実に頼もしい>

<元キャリアウーマンでした>

♬~

それ 何してるんですか?

明日のお弁当の用意です
みゆきちゃんから

「お弁当に絵を描いてほしい」と
言われておりまして

ああ~
キャラ弁ってやつですね

何 描くんですか?

ヨンリオ社のギザギザズと
言われておりますので

それを
ヨンリオのギザギザズ?

はい 今の子は
あんなものが好きなんですね

ギザギザズ…

ああ~! ああ

大変ですね あれ 結構
ギザギザですよ

ハハ…

良一さん
はい

私達の結婚に関し
答弁する件ですが

みゆきちゃんに
嘘のなれそめを

伝えてしまってよいもの
なのでしょうか?

でも… ホントのことは

言うわけには…

ねっ
しかしながら

このままでは
良一さんと私が普通に出会って

恋愛をへて
結婚したという

話をすることに
なるわけです

はい そうですよ
それは つまり

良一さんが奥様から
心を移したという

話をすることになって
しまうわけですが

よろしいのでしょうか?
あっ…

そうか そうですよ

そうなっちゃいますよね~

今日のみゆきちゃんは
私達が偽装結婚なのは

気に入らないというように
見えましたが

偽装結婚ではないと
聞いたら聞いたで

複雑な気持ちになったり
しないのでしょうか?

そこまで考えてないんじゃ
ないかなと思いますけど

僕も言われるまで
気づかなかったし

本当に いいんでしょうか?
それで

みゆき… 知らないうちに
亜希子さんを

ママだと認め始めてるんじゃ
ないですかね?

だから 親同士
ちゃんと普通に

愛情を持っていてほしいと
思い始めた とか?

そう… なんですかね?

はい 亜希子さん

ありがとうございます

(麦田)確認済みと
(友井)今度は リサイクル会社か

お前はさ 一体 この短い間に何回
仕事変わってんのよ

(麦田)ああ~ タクシー
聞き間違い多すぎるって

クレープ 入れられちゃってさ

お前 それ わざとだろ?
あっ?

(友井)はあ… あのさ

お前 そろそろ 家 戻れば?

ヤダね

もうさ こんだけ
クビになるってことは

家 帰れってこと…
うるせえな!

おめえこそ 仕事しろよ!

うん…

ふう…

(山口)自分の席は?

≪ありま~す
(山口)よ~し

おっ 宮本 おはよう

おはようございます

みんな 自分の席 分かるね?
≪はい

(大樹)おお ブス
今日も安定なブスっぷりだな

今日も 1グラムも
減ってなさそうだね

大樹君
あのさ

お前んち 何で
父ちゃんまで来てんの?

みゆき! みゆき!

(大樹)仲いいな~ お前んち

ホントは そうじゃないから
そう見せてんじゃない?

(大樹)オイ
あのブス 何かあったのか?

これで 少しは
仲よしアピールできましたかね?

そう祈るばかりです

じゃ 僕も 行ってきます

いってらっしゃいませ

(晴美)亜希子さん

ねえねえ 昨日
みゆきちゃん 大丈夫だった?

「偽装結婚か」とか
聞かれなかった?

やはり お邪魔しているときに
何か?

うん… まあ

《はいはいはい 片付けて》

《元どおりにしないと
おやつしないからね》

《は~い》

《でも アンナちゃんち
ベッド おっきいね》

《(アンナ)そう? 普通じゃない?
二人用だし》

《二人!?》
《パパとママのベッドだから》

《パパとママ
一緒に寝るの!?》

《えっ!? 寝ないの!?》

《(エレナ)普通 一緒の部屋だよね》
《≪だよね》

《そういえば 前は…》

《(ジュリア)ねえ》

《みゆきちゃんちのパパとママ
本当は》

《夫婦じゃないんじゃないの?》
《えっ!?》

《偽装結婚って
やつなんじゃないの?》

《ギソウケッコンって… 何!?》

そのような
てんまつだったのですか

まさか ホントに
偽装結婚だったりしないわよね?

ねえ
ハハハ…

《ホントは ギソウケッコン
なんじゃないの?》

なぜ そのように
考えられたのですか?

(律子)いや… 言って

いつも 言ってるじゃない
えっ…

律子さん
えっ また~?

お教え願えれば

怒んないでよ

実は 何か事情があって

お子さんが
できなくなったとかで

それでも
子供は育ててみたいから

連れ子のいる人と とか いや…

みゆきちゃんのパパ
カッコイイけどさ

ほら 亜希子さん
超エリートだったっていうし

まだ若いし
そこを 結構 年上の

お子さんもいる人と
あえてっていうのはさ

ねえ
≪ねえ

えっ 当たっちゃった!?
えっ

嘘!? マジで ごめん!
いえ

私達の結婚が 外側からは
そうも見えるのかと

考えていただけです

それは
違うってことよね?

ご期待に添えず
申し訳ございませんが

ヤダ そんなこと
誰も期待してないわよ

ねえ
≪ないない ないない

それより 皆様
そろそろ ご自宅が

手狭になってきたりなどされて
おりませんでしょうか?

駅 徒歩3分 10階建ての10階

最上階 ワンフロア住戸です

(笠原)買えるわけないだろ
こんな高いマンション

え~ でも 広いし
よくないですか

駅から3分 最上階です

みやもっちゃん うちは
何を売ってる会社だ?

えっ?

金属だと思いますけど
そうだよね

はい!
だったら 家 売ってないで

さっさと
鉄 売ってこいって話だよ!

ですよね~

資産価値を考えたら

コストパフォーマンスは高いと
思うのですが

(前原)じゃ 部長が
買えばいいじゃないですか

やはり 高すぎますか?

(前原)今の消費者は
自分で比較検討しますし

価格を再考しないことには
難しいんじゃないんですか

(田口)あの…
分かりました

ありがとうございます

社長 お久しぶりです
(社長)おお

少々 お時間
よろしいでしょうか?

確かに
いい物件なのですが

いかんせん
相場より高いと

もう一段
価格を下げないことには

ご検討いただけないというのが
現状の…

そんなことは 分かってるよ!

いくら言っても
聞きゃしないのを

こないだ
ようやく下げさしてさ

これ以上
値引きするってなったら

「売るのやめる」って
言い出しかねないよ

売り主さんとの
ミーティングをセットして…

安くていいものなんて
誰だって売れるんだよ!

そうじゃないから
アンタに頼んでんじゃないか

お言葉ですが 昨今の消費…
とにかく頼んだよ 戦国部長

(電話が切れる)

(猪本)戦国部長も
一緒に売ってるんですか?

知り合いに片っ端から当たる
って言ってたよ

(猪本)はあ~

亜希子さん
ちゃんとできたかな~

亜希子さん
娘に頼まれて

このキャラ弁 作ったんだよ

(猪本)え~っ! 戦国部長が!?

ギザズーのキャラ弁ですか!

みゆきちゃん
もう お弁当 見ましたかね?

(エレナ)それじゃ みんな開けるよ

うん
せ~の!

(子供達)うわ~! すご~い!

みゆきちゃん それ… 何?

分かんない
(ジュリア)ギザギザズではないよね

意味 分かんない!

じゃ 俺にくれよ!
あっ…

食いたくなさそうな顔
してたじゃん

返してあげなよ!
コラッ!

何やってんだ 大樹
ヤッベー!

自分のを食え! 自分のを

災難だったな 宮本

ほら… あれ?

先生 これ 何ですか?

(山口)株価チャートじゃないかな?

かぶかチャート?

会社のな この場合だと
ヨンリオになるのか

株の価格をグラフにしたものだ
しかも 相当 凝ってるぞ

ほら ここに
株の番号まで入ってるし

≪へえ~ すごい!
≪すごいね!

お母さんが なぜ
これを作ろうと思ったのかは

先生 まったく分からんが

大変だったと思うぞ
お母さん

それは 分かるんですけど…
(アンナ)じゃ 食べよう

うん 体 動かすからね

(子供達)いただきます!

≪おいしそう

(子供達の笑い声)

僕が客をつければ
部長も…

《田口君は こんなに
頼りになる方だったのですね》

《もっと早く 気づいていれば》

(不気味な機械音)

えっ? えっ えっ!?

え~っ!?

ただ今 戻りました
うわっ! ヤダ

ヤダ 嘘 ホントに
戦国部長いる

良一さん こちらの方は?

ハハ… 会社の後輩で
いのもっちゃんです

いのもっちゃんさん
猪本と申します

今日はマンション!
見にきました

(猪本)いや~ でも

ホントに みやもっさんと
結婚されたんですね

その さっきから
「ホントに ホントに」ってさ

何なの? それ
いのもっちゃん

だって みやもっさん
結婚式もしないし

家族の写真も飾らないし

どっか ホントかなって
思っちゃうじゃないですか~

そりゃ… 再婚だからさ

なっ 亜希子

(下山)じゃ
みんなで 実物 見にいくかね

は~い!
≪いってらっしゃいませ

行ってきま~す
よし 行こう いのもっちゃん

はい!
こっち こっち! 行くよ

ひっろ~い! ひっろ~い!

だろ~?

ひっろ~い!
だろ~?

ひろ~い!
だろ~!

気に入ってんな~
いのもっちゃん

アハハ…
良一さん

失礼ですが
いのもっちゃんさんは

価格などは分かっておいで
なのでしょうか?

大丈夫です 旦那さんに相当
お金入ったらしいんですよ

旦那様に?
確か ベンチャー勤めで 会社上場して

ねえ いのもっちゃん
えっ はい 何でしょう?

旦那さん ベンチャーの人だよね?
はい 中学の同級生で

あれ? 中学から
付き合ってんだっけ?

違いますよ お互い

「いたな~」くらいにしか
覚えてなかったんですけど

旅行で行った 香港の湾仔駅で

ホントに
偶然 再会したんです

へえ~
それで付き合って?

違いますよ~
そこでも お互い

「会ったな~」くらいにしか
思わなかったんですけど

帰りの新宿行きの
リムジンバスで

また 一緒になって
へえ~ それで?

違いますよ~

まあ 「また会ったな~」くらいに
思ってたんですけど

次の週末 たまたま行った
奥多摩のスーパー銭湯で

また 一緒になって
へえ~

すごいね それ
何か これだけ続くって

「もう 付き合えって
言われてんじゃない」ってことで

何か そんな
ノリだったんですけど

意外と うまくいってます

ウフフ…
いや~ それ 奇跡だよ

それ 奇跡だったんだよ
なあ 亜希子

はい…

で お二人は
いつからお付き合いを?

どの時点で
付き合ってたのか

私 結構 謎で
えっと…

(下山)トランクルーム
見にいかないかい?

あっ は~い

ありがとうございました
じゃ!

じゃ 気をつけて

いのもっちゃんとこみたいなのが
いいですね

僕達のなれそめ

あんな ほっこりした
感じだったら

みゆきも 嫌な気
しないんじゃないかな

そうかもしれませんね

あっ 亜希子さん

どうせなら
外で一杯やりながら

相談しません?

考えてみたら 僕達

デートの一つも
したことないですし

デー…
空いてるかな~?

デート… ですか?

すいません
持ってくの これすか?

あっ そうです そうです

あの… どっかで
会ったことありませんか?

会ったら
絶対 覚えてるっしょ

こんなイケメン へへへ…

それも どっかで聞いたような
気がするんだよな

すいません
あの ちょっと これ

手伝ってもらって いいすか?
あっ はい

すいませんね

よし じゃ いきますよ せ~の

よっ!
あっ 持たないんだ

ここに お~い

みゆきちゃんは 夕ご飯
終わった頃ですかね

亜希子さんも
すっかり お母さんですね

愛も二人で食事に来ても 結局

みゆきのことばかり
気にしてました

そうですか… 奥様も

はい
≪失礼します

何にしましょうか? お客様
え~と

初めは これで
かしこまりました

ボトル
大丈夫なのですか?

そんな高いもんじゃ
ないですから

値段ではなくです
ああ… 僕

食事制限は ないんですよ

そうなのですか

え~っと
出会いなんですけど

どうやって
出会ったことにします?

本当は
2年前の東鉄重機の

入札プレゼンになるかと
思いますけど

あの入札プレゼンですか

《今日は ありがとうございました》

《お疲れさまでした》
《お疲れさまでした》

《よろしければ どうぞ》
《あっ… どうも》

《今日の案件 内容的には》

《桜金属さんの
得意分野でしたね》

《まあ… そうですかね
いただきます》

《価格的には この前の
のぞみ鉄工所あたりくらいですか》

《いや それよりは
もう少し》

《高くなっちゃうかな~》

いや~ あのとき
見事にカマかけられたんですよね

しかしながら 良一さん

私の記憶が確かならば

その前に一度
お会いしているんですよ

えっ? どこでですか?

上野のお花見です
確か その一年前の

覚えてないですね
当然です

場所取りをしてた
良一さんを

私が見かけたというだけの
話ですから

新入社員が 嫌々
お花見の場所取りをしている中で

一人で のんびり
場所取りをしていらして

フフフ… そんなこと
よく覚えてますね

とても 印象的な
お姿でしたので

えっ?
ど… どこがですか?

これ以上は ご容赦願えれば
ハハハ…

いいじゃないですか

教えてくださいよ

この人は いい年して

一体 何をやらされて
いるのだろうかと

そのときの印象をもとに

これは ちょろそうだと

僕にカマをかけた
わけですか?

申し訳ござ…
≪申し訳ございません!

土下座をして済む問題じゃ
ないんだぞ!

このとおりです
お許しください!

申し訳ございません
何か やらかしたんですかね

そのようですね

しかし 甘いですね

土下座をするなら
きちんと頭は床につけないと

(むせる)

大丈夫ですか!?
ゴホッ ゴホッ…

大丈夫です これは
病気とは関係ないんで

う~ん…

亜希子さん ひょっとして

お花見で 変な芸
やってませんでした?

《フンッ!》

《できました!》

《(課長コール)》

《課長 課長 課長 課長 課長…》

《田口君》

《よく見ておいてください》

《これが 本当の土下座です》

《(歓声)》

その説は 大変 お目汚しを

そうか
そうだったんですか

良一さん
うん?

ピッチ 速くないですか?
だって

お互い 知らないうちに
知り合いだったとか

ちょっと
感動もんじゃないですか

ご縁は感じますね
あっ…

この辺は そのまま使っても
いいかもしれませんね

花見で お互いの存在を知りつつ
入札プレゼンで再会

あっ 出会いは
これでオッケーな気がします

はい では その先は
どうしましょうか

カマをかけた亜希子さんが
お礼というかお詫びというか

とにかく そんな感じで
食事に誘ってくれたりして

はい
そこから 何とな~く…

お付き合いが
始まったということで

どうでしょう?

何となく お付き合いの

何となくの部分のイメージを
お聞かせ願えれば

う~ん…

たまに食事に行ったり
映画に行ったり

まあ そんな感じで
どうでしょう?

そこから
何をきっかけに その…

恋愛関係に変化すれば
よいのでしょうか?

私 その手の分野は
あまり得意ではなく

そう言われると
僕もそうなんですけど

ご参考までに 奥様とは

どのようなきっかけで
恋愛関係に

ジュリアちゃん
レノン君 好きなんだ

秘密だからね
言ったら のすから

の… のす!?
(アンナ)みゆきちゃんは?

私は… いないな

大樹君は? 仲いいじゃん

あんなの からかわれてるだけだよ
じゃあさ

私 大樹君のこと
好きになってもいい?

えっ!?
マジで!? デブのどこがいいの?

今日ね 朝 みゆきちゃん
ちょっと元気なかったでしょ?

だから お弁当のやつ

みゆきちゃんを
元気づけるために

わざとやったんだと
思うんだよね

もう 超かっこよくない?

でもさ それってデブ
みゆきちゃんのことが

好きってことなんじゃ
ないの?

それは… そうなんだよね

それ 絶対 ないから
挨拶 「よ~ ブス」だし

それに 私
全然 好きとかじゃないし!

(先生)誰か起きてるの?

愛と知り合ったのは 合コンで

お互い
人数合わせで呼ばれて

隅の方にいる感じ
だったんですけどね

箸をのばすのも 頼むお酒も
ホント ことごとく一緒で

良一さんは こんな人とは

もう二度と出会えないと
思われたのですよね

奥様も そう言うと
嬉しそうに笑ってくださって

あれ? 言いましたっけ?

三度目です
ハハハ…

似た者夫婦で
いらっしゃったんですよね

私から尋ねておいて
何ですが

私と良一さんは
似ているところも

あまりありませんし

同じような話は
つくりづらいですね

じゃ… 逆にしませんか?

逆?

今の話を 全部 逆にして

亜希子さんと僕は
何一つ似てるところがなくて

だからこそ いいな~って
思ったっていう

しっかりしてて
頼りになって

この人なら いい母親にも
なってくれると

思ったからって

それ…

あのとき 言ったまんまですね

《あっ! あの… 岩木さん
岩木さん 岩木さん》

《ちょっといいですか?
ちょっと》

《何か ご用でしょうか?》

《あの… 岩木さん》

《僕と…》

《結婚してくれませんか?》

《ああっ!》

《申し訳ございません!》
《いや 大丈夫です》

《大丈夫 大丈夫です》

《オファーの意味を
図りかねるのですが…》

《僕には 妻がいません》

《死別して
もうすぐ三年になります》

《で… みゆきという
一人娘がいます》

《まだ 小学生です》

《そして 僕は今》

《スキルス性の
胃がんを患っていて》

《「余命は そう長くない」と
言われています》

《あっ…》

《も… 申し訳ございません!》

《あの そういうこと
なんですけど》

《僕には 頼りにできるような
親戚がいません》

《僕が死んだあとに
娘を守って》

《育ててくれる人が
ほしいんです!》

《しかしながら…
なぜ 私に?》

《僕が知ってる女性の中で》

《一番頼りになりそうな
人だからです》

《ダ… ダメですよね》

《もう そんな勝手な
ムチャクチャですもんね》

《いえ…》

《もう少し詳しく
お話を聞かせてくださいますか?》

あの~ 亜希子さん
教えてほしいんですけど

亜希子さんは
何で あんな

メチャクチャなお願いを
聞いてくれたんですか?

私は…

人恋しかったんだと思います

人恋しい?

あの前日
ある漫画を読んでいたのです

とても 面白く
没頭していたのですが…

《ヒッ!》

そのとき思ったんです

今すぐ誰かに この話をしたいと

でも 仕事でも何でもない

さして する必要もない
話をする相手は

私には誰一人 いなかったんです

くだらない話です
ご放念を

何言ってんですか
亜希子さん

くだんない話ほど
面白いもんはないんですよ!

そう… なのですか?
そうですよ!

だから これからは
そういうくだんない話を

いっぱい してください!

もう 僕 そういうの
大好きですから!

でも これは話としては
使えませんね

寂しかったから
結婚したなんて

今のみゆきちゃんには
大人っぽすぎます

そうですか?
僕はいいと思いますけどね

何か 人間味あって

強さで どうでしょうか?
何がですか?

私がプロポーズを
お受けした理由です

ええ~っ!?

良一さんは強いです

つらいシチュエーションも
おくびにも出さず

愚痴一つこぼさず

本当は 今になって
知ったわけですが

あらかじめ 私が
そういうものを

感じていたという話で
いかがでしょう?

まあ 強いわけじゃ…
ないと思うんですけど

まあ でも 何か
ほめられちゃってるし

亜希子さんが
そう思ってくれたんなら

そういうことに
しときましょうか

はい

結局のところ

していないお付き合いを
していたとするほかは

ほとんど ホントのことで

なれそめが
できてしまいましたね

逆にいえば
僕達は意外と普通に

結婚したってことに
なるんですかね

ハハハ…

それは 違うのでは
ないでしょうか

普通の結婚というのは

共に人生を歩くためにするもの
ではないかと考えます

いわば
二人三脚のようなものかと

しかしながら
私達のそれは…

リレーです

フフフ…

さすが

うまいこと言いますね
でも…

それでいいんだと
思うんです

今は 告げるわけには
いかないにせよ

みゆきちゃんが
巣立つときが来たら

私は 本当のことを
告げようと思っています

「お父さんが女性として
愛していたのは」

「お母さんだけで
私は人恋しくて」

「お父さんのとんでもない提案に
乗った人間なんだ」と

「でも 乗ってよかった」と

そう言おうと
思ってます

心から そう言えるように
みゆきちゃんには

この人が乗ってくれてよかったと
思ってもらえるように

それが 私の目標です

亜希子さん

手つなぎませんか?

嫌なら いいですよ

いえ… いえ

私は かまいませんが

もう いらっしゃらない
とはいえ 奥様

よい気はなさらないかと
思いますが

みゆきに 普通の
夫婦っぽく見せるための

練習です
練習… とは?

言ってたじゃないですか

「手もつながないのは
おかしい」って

そこは
人と歩調を合わせるのが

苦手とのご説明を
みゆきちゃんにしたもので

そこの矛盾を
どうクリアしたものかと

ハハハ…
「歩調を合わす努力した」

で いいんじゃないですか?

分かりました
では つなぎましょう

ハハハ…

これ 歩けませんよ
亜希子さん

私といたしましたことが
失礼いたしました

こちらで
お願いいたします

はい

何ですか?
ええ?

ハハハ…
亜希子さんって

結構 信じられないような
勘違いしますよね

こないだの
井戸端会議のときも

そうでしたけど

良一さんは
意外と人が悪いですよね

先ほども そうでしたが

そのようなときに
基本的に

止めて
くださいませんよね?

見てたく
なっちゃうんですよね

この人 このあと
どうするのかなって

それを
人が悪いというのです

行きましょう

みゆきちゃん
ぐっすり眠れてますかね?

きっと 一日 友達と遊んで
ぐったりですよ

そうですね
あっ そういえば

キャラ弁って
うまくできたんですか?

自分で言うのも
何ですが…

我ながら
会心の出来だったかと

良一さん!?
あっ ちょっと…

すいません…

大丈夫ですか!?

ちょっと… 飲みすぎちゃって

おやすみなさい

ハアハア…

ハアハア…

(バイブレーター着信)

良一さん

話が途中になって
しまったので

お弁当の写真
送っておきました

ハアハア…

感想を
お伺いしたいので

入ってもいいですか?

ギザギザズ?

ハアハア…

ハハハ…

起きてらっしゃいませんか?

<僕の妻は
元キャリアウーマンでした>

<誰よりも努力家で>

<誰よりもズレている>

お水も
お持ちしましたが

どうです? なかなか
よくできておりませんか?

ハア… 最高です!
亜希子さん!

今度…

ぜひ うちの会社のも
作ってください

か… かしこまりました

やっぱり
具合よくないのですか?

ハア… はい

ちょ… ちょっと

なんで しばらくちょっと
すいません

<僕の妻は…>

免疫療法や
遺伝子治療をしながら…

<どんなときにも 提案を怠らない>

よろしければ…

<そんな
元キャリアウーマンでした>

あ~あ ああ ああ

ああ~

チッ もう…

は~い 気をつけて帰ってね
さよなら~

は~い さよなら~

お帰りなさいませ
みゆきちゃん

ただいま

みゆきちゃん

先生

お話があるのですが

みゆきと偽装結婚の話は
もう したんですか?

それが もう
興味をなくしてしまったようで

ハハハ…

まあ 他に
何か気になることでも

できたのかもしれませんね
あっ…

下山さんから
電話ありましたか?

今日は 特に
ありませんでしたが

いのもっちゃん
実は マンションの件

旦那さんに
「ダメだ」って言われたらしくて

そうなのですか

なかなか
スムーズにいきませんね

亜希子さん

今日 病院に行ってきました

はい

夏休みが終わったら

入院することにしました

はい

キツい治療はせず
ピンピンコロリと

逝くつもり
だったんですけど…

やっぱり…

頑張ってみようと思って

はい

亜希子さんには
ずいぶん

迷惑をかけてしまうことに
なると思うんですが…

いいですか?

私は 良一さんと結婚して

一つ 学んだことがあります

奇跡は わりとよく起きます

はい

それじゃ 亜希子さん

先 行ってますよ
はい

でき次第 追いかけます
はい

行ってきます
行ってきま~す

(携帯で話しながら歩いている)

そこの方! 車!

(クラクション)

(走り去る車)

ああ… あっ

あっ あっ…
大丈夫ですか!?

おケガは!?
ああ… 大丈夫です

滑ってしまって…

あっ… これだ

こいつのおかげで

奇跡…

はあ…

もう 売りやめしか
ないのかね~

下山さん!

この方が このマンション
ご検討くださると!

しっかりこいで
目線 ほら 目線 前 前 前

もっと しっかりこいでごらん
あっ…

(バイブレーター着信)
あっ あっ…

「今しがた 奇跡が起こりました」

「着いたら お話しします」

(バイブレーター着信)

「お待ちしてます!」

よし よし 頑張れ 頑張れ ほら

目線が落ちてきた 落ちてきた
もっと上げて

離すぞ しっかりこいでけ!
よし 行け!

おお できるじゃん みゆき!

おお~ すごい すごい!

ハハハ… できた~!

乗れた~!

やった~ 乗れた~ 乗れた~!

パパ!

今 ちょっと乗れてたよね!?

パパ!?

♬~