ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

バカボンのパパよりバカなパパ 第4話 森川葵、藤原季節、玉山鉄二… ドラマの原作・キャストは?(見逃した方はネタバレ注意)

土曜ドラマ バカボンのパパよりバカなパパ(4)「わしは太陽なのだ」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. パパ
  2. 先生
  3. バカ
  4. イギリス
  5. ママ
  6. 痛い
  7. キータン
  8. 結婚
  9. 笑い

f:id:dramalog:20180728212921p:plain

土曜ドラマ バカボンのパパよりバカなパパ(4)「わしは太陽なのだ」』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)&EPG情報の引用

いらっしゃいませ。

1人。
こちら どうぞ。

皆さん こんばんは。
今夜は第4話です。

 

りえ子(森川葵)は、先輩・杉本(藤原季節)から、結婚を前提に付き合いたいと告白され、不二夫(玉山鉄二)に紹介する。しかし、不二夫は杉本を追い返してしまう。

詳細情報
番組内容
りえ子(森川葵)は、イギリス留学への夢はあるものの自信を持てないでいた。そんな中、アルバイト先の先輩・杉本(藤原季節)から、結婚を前提に付き合いたいと告白され家に来る。しかし、不二夫(玉山鉄二)は杉本を追い返してしまう。不二夫たち家族は、りえ子の将来について、それぞれの立場でりえ子を思いやるが、「本当に、お前のやりたいことはなんだ!」と云(い)う不二夫の言葉に、りえ子は、答えることができなくなる。
出演者
【出演】玉山鉄二比嘉愛未長谷川京子森川葵馬場徹駿河太郎,マギー,浅香航大,井藤瞬,千代將太,駒木根隆介,押元奈緒子,草笛光子,藤原季節,【語り】松尾スズキ

原作・脚本
【原作】赤塚りえ子,【脚本】幸修司
音楽
【音楽】大友良英,Sachiko M,江藤直子

 

ビール下さい。
はいよ!

前回は 赤塚ファミリーが
伊豆旅行で大騒ぎ。

そして りえ子ちゃんは…。

(りえ子)
私 イギリスに留学したいの!

(登茂子)行ってもいいわよ。
(一同)これでいいのだ!

不二夫さんと登茂子さんに
イギリスへ行く許しを

もらったようです。

果たして どうなる事やら…。

(不二夫)
横井ちゃんの出世を祝って 乾杯!

(一同)かんぱ~い!

(横井)
この乾杯 何回目なんでしょう…。

そんな事 言うもんじゃないよ
横井ちゃん。

皆さんのおかげです。

副編集長様
おめでとうございます。

僕たちにも
どうか 連載を!

お前たちまで やめてくれよ。

(東野)つがせて下さい。
びっくりした…。

ありがとう。

横井ちゃんも 今までみたいに
不二夫ちゃんに会えなくなるわね。

でも フジオプロには通いますよ。
もう来なくていい!

(ユキ)何言ってるんですか。

冨島さんも 長瀬さんも
連載 抱えちゃって

先生も寂しいくせに。

僕は いつまでも
先生に ついていきます。

バカ! いつまでも 俺なんかと
つるむんじゃないよ!

お前は ちゃんと仕事をしろ!
もう…。 はい。

連載 お願いします。
頑張ろう。

(いびき)
えっ?

(いびき)
寝てる!?

(いびき)

(笑い声)

(眞知子)先生 先生! 帰りますよ。

あれ? みんなは?
もう帰ったわよ。

りえ子は?
家にいるんじゃないの?

そうか…。

♬~

おやすみなさい。

ありがとう ママ。

(杉本)ビール下さい。
杉本君 ペース早いんじゃないの?

じゃあ… 大根と卵 下さい。
はいよ。

ここも すっかり
行きつけになっちゃいましたね。

僕 好きなんだよ。

何か 落ち着いていいですよね。

はい 卵と大根 お待ち。
ありがとうございます。

熱っ…。

どうかしました?

あれからかな?
ここ来るようになったの。

何でしたっけ?
もう忘れたの?

いや いろいろありすぎて
どれの事かなって…。

すごいアルバイトが
入ってきたと思ったよ。

今日の会議の資料です。
はいよ。

よろしくお願いします。
ありがとう。

お願いします。
赤塚さん!

はい!
これ うちじゃないよ。

こっちもだよ。
どうなってんだよ。

締め切り近いんだから 頼むよ。
配るだけでしょ。

シェー!

うん 分かったから拾って。

次から気を付けて。
出た出た…。

もう 忘れて下さい!
面白い子だなって思ったよ。

ついつい やっちゃうんですよね。
「シェー!」って。

(笑い声)
もう~。

もう1年だね。

そろそろ 将来の事も考えないと。

えっ?
本気だから。

♬「西から昇った おひさまが
東へ沈む」

「あっ・たいへん!」

♬「これでいいのだ
これでいいのだ」

(眞知子)
もう フラフラじゃないの!

ひどい酔っ払いがいるね。
そう… ですね。

あっ! 大丈夫!?

もう しっかりして下さい。
(笑い声)

ちょっと そこのにいちゃん
こっちおいでよ!

ハハハハハ…。

りえちゃん?
えっ?

りえちゃん。

お~っ りえ子!
お前 あの あの…

あの 英語はどうだ? えっ?

うん…。
あっ そうか! アハハハハ…。

あれ? 君は誰なんだい?

あっ 分かった! 英語の先生だ!

ハ~イ!
アイ ネーム イズ パパ!

どうも 杉本です。
あっ アー ユー スギモト?

はい。
オーケー オーケー!

あっ 先生!
もう~ ごめんなさいね。

もう 気にしないで。 はい 行くよ。

あの… 僕 お送りします。

(一同)えっ?
いいんですか?

ありがとう 杉ちゃん。
危ない 危ない 手伝え 手伝え!

(一同)せ~の… お~っ!

よ~し 行け~!

♬「タリラリランの
コニャニャチワ」

(一同)♬「コニャニャチワ」
何で こうなるのよ…。

会社の方? いい人ね。

うん…。

♬「トンボとカエルが結婚 結婚」

パパって いつも ああなの。
すぐ みんな巻き込んで。

ハハハ 楽しいお父さんじゃない。
あ~… うん。

一緒に飲んでみたかったなあ。
えっ?

会った以上は
ちゃんと挨拶したい。

今度 伺ってもいい?

(英語)

(ため息)

ん? 今日は もう終わり?

うん…。

(キータン)お風呂 沸いてるよ~。

登茂子さん用に
バラも浮かべといた。

いいわね~!
キータン ありがとう!

あっ おいしそう これ。
これ おいしそう これこれ。

これ いいね。
すっごい おいしそうじゃない?

キータンとママって
いつも楽しそうだよね。

楽しいわよ。

キータンは分かるんだけど

ママって そもそも 昔
何で パパの事 好きになったの?

フフッ… バカだから?

どうかしたの?

結婚って
どうなのかなって思って…。

フフフ… 何なの?

今度 紹介したい人が
いるんだけど。

うん。 誰?

会社の先輩なんだけど…

彼氏なの。

えっ!?
えっ…。

はい どうぞ。
(杉本)
あっ ありがとうございます。

りえ子の どこが
よかったんですか?

もう ママ…。
りえ子さんを初めて見た時

「シェー!」って やってたんです。
これですか?

はい。 そんなの うちじゃ
当たり前ですよ。

そうそう 僕でも
たまに やりそうになります。

もう いいでしょ。
相当 変ですよね。

僕は楽しいと思います。
あら いい人ね。

先生も
気に入ってくれるといいわね。

(ドアが開く音)
お~い!

ケーキを買ってきたのだ~!
気が利くわね ありがとう。

りえ子。 ところで 話って何だ?

あの 実は…。

どうしたんだよ?
そんな堅っ苦しい顔して…。

ど… どうも。

りえ子さんと
おつきあいさせて頂いてる

杉本健一と申します。

今… 何と言った?

あの…
りえちゃんと同じ会社の人で

すご~く 優しくして
もらってるらしいのよ。

りえ子さんとは 将来の事を
前向きに考えてます。

結婚も視野に入れてます。

けっ…。

はっ… そうだったのか!
いや~ それは めでたい!

ママ ママ。
あの お酒を持ってきなさい。

あっ… えっ? もう~。

ところでさ ところでさ
イギリスは いつ行くんだい?

(杉本)イギリスですか?
うん。

2人で イギリスに住むんだろ?

えっ?
いや…。

そうじゃないの。

えっ?

イギリスは どうなったんだよ?

りえ子。

その事は りえ子さんと また…。
君には聞いてない!

りえ子 どうなんだ?

もう やめなさいよ…。

あっ そうだ せっかくだから

先生に持ってきて頂いたケーキ
食べません?

そうね 頂きましょう。 ねっ…。

あっ 痛い! あっ 痛い痛い!

どうしよう 腹が痛い。
腹が痛い 駄目だ どうしよう…。

どうしよう どうしよう…
申し訳ない 杉ちゃん。

今日は ちょっと
帰ってもらえないかな? えっ?

大丈夫。 あの ケーキは
ちゃんと僕が食べておくから。

ねっ ねっ ねっ ねっ ねっ…。

ごめんね 杉ちゃん。
じゃあ またね。

あぁ~ 腹痛い 痛い 痛い!
痛い 痛い 痛い…。

今日は ごめんなさい。

パパ! 何なの?

お前こそ 何だ!

イギリスに
行くんじゃなかったのか?

私にも 事情があるの。
事情って何だよ!?

何だっていいじゃない。
よくない!

パパには 分からないよ。

はっは~ん!
おじけづいたんだな お前は!

お前がやりたい事は 何なんだよ?

本気なら ぜ~んぶ
やっていいんだよ。

結婚して… 結婚して
イギリスに行ったっていい!

できないよ。

何で できないんだよ!?
そんなんじゃ 生きていけない。

お前ね かっこつけんじゃないよ!

バカになれば
怖いもんなんかないだろ!

私… パパみたいに
バカにはなれない。

お前はな…。

お前は覚悟がないだけだ。

先生 落ち着いて…。
うるさい!

覚悟がないやつは
何をやっても失敗する。

ちょっと待ってよ。
考える時間くらい あげてよ!

りえ子…
本当に やりたい事をやってくれ。

バカの人生は短いんだぞ!

りえ子!
りえちゃん…。

待ちなさい! パパ!
ちょっと 先生…。

何だよ!?
落ち着いて!

もう…

やんなっちゃうよ!
やんなっちゃうよ!

りえ子。

何で パパは
あそこまでバカになれるの?

パパだって 悩んだりもするのよ。

だけど いつも
自分の気持ちに素直なの。

あきれるくらいにね。

私… パパのようにはなれない。

りえ子は りえ子。 パパはパパよ。

自分に正直になるの。

あなたなりのバカを見つけなさい。

ママ…。

おはようございます。
おはようございます。

おはようございます。
(2人)おはようございます。

おはようございます。
(3人)おはようございます。

昨日は本当… ごめんなさい。

いや 僕も悪かったんだと思う。

ごめん…
君の気持ち 分かってなくて。

いえ…。
お父さんも お母さんも

僕は好きだよ。
焦らずに じっくりやってこう。

♬~

(ドアが開く音)

(長瀬)あれ? りえちゃんだけ?

長瀬さん…。
先生は?

誰もいないみたいです。

もう飲みに行ったのか。
しょうがないな。

久しぶりに
先生に会いに来たんだけど。

りえちゃんは?

パパに聞きたい事があって。
何を?

何で あそこまで
バカになれるのかなって…。

フフッ 先生はバカか。
ハハハハハ…。

う~ん…。

どうだ? 何か思いついたか?

先生… これ 意味あるんですか?

頭に血が上って…。

げ… 限界です。

バカ!
新しいギャグというのはね

日々の努力から生まれるんだよ。

何も考えられません。

は… 早く 誰か
イデア出して下さい!

もう駄目だ~!

何だよ 情けないなあ!

あれ? 俺も駄目だ…。

何か 気持ち悪くなってきた!
あれ… 戻れない!

戻れ… あっ あ~っ!

いてっ… あ~。

(松本)何にも浮かばない。
(東野)思いつきそうだったのに。

(潤子ママ)はい ウイスキー

こんばんは~。

いらっしゃい。
お~っ!

久しぶり!
読んだよ 最新刊。

ああ ありがとう。
パパは?

えっ? 今日は まだよ。

はい。
ビール下さい。

はい。
じゃあ グラス もう一つ。

先生 相変わらず
飲んでるんですか?

まあ いつも酔いつぶれちゃあ
あの隅で寝てるわよ。

2人が恋しいんじゃないのかしら。

先生 酔っ払うと
どこでも寝ちゃうから。

変わらないな。
どうしようもないですよね。

(笑い声)

不二夫ちゃんは 不二夫ちゃんで

毎日 精いっぱい バカやって
大変なのよ。

あの絵…。

いつだったかな?
不二夫ちゃん あの絵を見てね

夕日が昇っているって
言った事があったわ。

(冨島)夕日が昇る?

そう思う事で 前を向けるのかな。

悲しさも
温かさに変えてしまうのね。

さすが 赤塚不二夫だな。

だから あんなマンガが
描けるんだよ。

いつも 自分の目で
世の中を見ている。

いつも笑っていたいのよね。

(長瀬)先生にかかれば
夕日も昇る。

何か 俺にも夕日が昇ってるように
見えてきたな。

俺も バカになるか。
(笑い声)

さすが
バカの不二夫ファミリーだ。

(笑い声)

本当 バカ。

木下ちゃん 後は頼むよ。
はい。

(あくび)

お~ りえ子。 どうした?

あ~っ! パパと一緒に
飲みに行きたいんだろ!

いや まだ
お店開いてないんじゃないかな?

もう あと1時間ぐらい…。
私…

イギリス行って
アート 学んでくる。

うん。

♬~

(ドアが開く音)
(キータン)ただいま~。

お帰り。
ただいま。

あら? やけに熱心じゃない。

うん… 私 イギリス行くから。

杉本さんは?

いつまでも待ってるって
言ってくれたけど

甘えちゃ駄目だと思う。
そう…。

私… バカになる。

フフッ… どうしたの?

パパ ママ キータン
そして 眞知子さん。

みんなに近づきたいから。

頑張りなさい。

♬~

お願いします。
お願いします。

パパ 来てくれなかったね。

パパは 昔っから
こういうの苦手なのよ。

本当 しょうがない人よね。

これ 私たちからのプレゼント。
イギリスで使って。

マフラーよ。
あっちは寒いんでしょ?

ありがとう。

頑張ってきなさい。

いつでも帰ってきていいからね。
電話するから。

行ってきます。

「りえ子のバ~カ!」。

バカ…。

♬~

パパ…。

行ってきます。

珍しいわね。

りえ子がさ… りえ子が
イギリスに行っちゃったんだよ。

そう… よく行かせたわね。

やっぱり 俺は…
賛成の反対なのだ!

♬「ぎんぎん ぎらぎら
夕日は昇る」

♬「ぎんぎん ぎらぎら 日は昇る」

♬「まっかっかっか パパの顔」

♬「りえ子の…」

♬「りえ子の笑顔も まっかっか」

♬「ぎんぎん ぎらぎら 日は昇る」

♬~