ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

探偵が早すぎる 第2話 滝藤賢一、広瀬アリス… ドラマの原作・キャスト・主題歌は?(見逃した方はネタバレ注意)

『探偵が早すぎる#2【滝藤賢一&広瀬アリス主演!最速の探偵VS最恐の一族】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド)

  1. 彼女
  2. 加藤
  3. 患者
  4. 大丈夫
  5. リハビリ
  6. 一華
  7. 三田村
  8. ゴホッ
  9. 三田村先生
  10. 自分

f:id:dramalog:20180727201739p:plain

『探偵が早すぎる#2【滝藤賢一&広瀬アリス主演!最速の探偵VS最恐の一族】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)&EPG情報の引用

<突如 父親の遺産5兆円を
相続することになった

女子大生の一華
その莫大な遺産を奪おうと

一華の命を狙うのは
父親の きょうだい達…>

 

やられる前にやり返す!“事件を未然に解決する”史上最速の探偵が、完全犯罪の殺害トリックを次々と防ぎ、美女の命を守り抜く犯罪防御率100%のコメディーミステリー

詳細情報
出演者
千曲川光…滝藤賢一
十川一華…広瀬アリス

城之内翼…佐藤寛太
山崎未夏…南乃彩希
阿部律音…水島麻理奈
大陀羅麻百合…結城モエ
十川純華…新山千春

加藤康子…山田真歩
三田村博…池田鉄洋
マスター…高橋努

大陀羅朱鳥…片平なぎさ(特別出演)

大陀羅壬流古…桐山漣

橋田政子…水野美紀ほか
番組内容
事件を未然に解決し、一華(広瀬アリス)の命を救った千曲川(滝藤賢一)だったが…
一華は探偵のことを“私を殺そうとした奴”と疑い、さらには父親の遺産5兆円の相続までも拒否することに。しかし、千曲川は自身の報酬のために相続させようと説得する。2人が反発し合う中、大陀羅一族は新たな完全犯罪計画に動き出す…!次なる最恐の刺客とは―!?
制作
【原作】
『探偵が早すぎる』井上真偽(講談社タイガ刊)
【脚本】
宇田学
【音楽】
イケガミキヨシ
【主題歌】
「フラワーステップ」edda(ビクターカラフルレコーズ)
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
中山喬詞
白石裕菜
河野美里
【演出】
湯浅弘章
番組ホームページ
http://www.ytv.co.jp/tantei/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@hayasugi_tantei
【番組公式LINE ID】
@tanteigahayasugiru

 

<その強欲な一族から
一華を守るべく

ドS家政婦の橋田が
雇ったのは

事件を未然に解決する…>

<犯罪防御率100%の
探偵が挑む 次なる刺客とは?>

♬~

(千曲川)契約書にサインを
するまでは動かない。

(十川一華)
こんな所まで来ないでよ!
(叩く音)

痛って~ もう~!
(未夏)おじさん 誰?

何に見える?
(律音)ストーカー。
(未夏)ろくでなし。

(律音)キモオタク。
(未夏)変態。
ふっ…。

怒りなさいよ。
ひどい言われようじゃん。

そのような言葉で
人を貶すなどしては ダメだよ。

愚かな 下等生物たち!
あなたも貶してるから。

(未夏)で…なんなのよ この人?

私か。私は…

探…。
ルルルルル…。

ルルルルル…。
何?何 何…何?

ルルルルル…もう!
何?何 何…何?

探偵なんて言ったら
友達に怪しまれるでしょ!

もう十分
怪しんでると思うが。

帰って!
サインさえしてくれれば…。

そもそも 遺産も受け取らないし
あなたを雇う必要もない!

こ…この子 5兆円の遺産を
受け取るチンャスを

棒に振るのか?
側に来ないで。

♬~

フッ…。

だから 来ないでよ!
来ないで…怖い怖い…きゃ~!

ああ~ ごめんなさい!
あ~ ああ 早すぎる。

♬~

(大陀羅 麻百合)
いろいろと お困りなのよね。

♬~

(麻百合)あなたが私の依頼を受け
成功を収めたら

あなたの好きな金額を
書いていいそうよ。

プラス…
無償で全てを変えてあげるわ。

♬~

(大陀羅 朱鳥)
信用できるんでしょうね?

もちろん。あの人なら…

怪しまれることなく
確実に殺せる。

♬~

(三田村)うん。あと1週間で
ギブスを外せるよ。

良かったね。

あの~ プールには
いつから入れますか?

プール?
フィンスイミングの大会が
2か月後にありまして。

フィンスイミングか。
はい。

いや 2か月後には間に合うけど
その前にリハビリもあるしね~。

プールに入れるのは…
1か月後ぐらいかな。

はぁ…やっぱり
1か月も かかるんですね。
そうだねぇ。

ん?

痒いんじゃない?

ああ…。めっちゃ痒いです。

(三田村)荒れ方が気になるな~。

なんか アレルギーある?

いや 花粉症ぐらいですかね。

アレルギーの
血液検査もしとこうか。

じゃ 血液検査。
(エリ)はい。

お大事に。

ありがとうございます。
(三田村)はい。

(エリ)
待合室で お待ちいただけますか?
あっ はい。

先生 ありがとうございます。
は~い。

あっそうだ エリちゃん。
来週にはリハビリにも

行ってもらうから
連絡しといてもらえる?
(エリ)はい。

今日も 走ってきたんですね?

そう。ランニングしないと
こう スッキリしないんだよね~。

≪あっ そんな感じですね≫

(エリ)加藤さん。
来週からの患者さん

月曜の午後で
予約 取っといてもらえる?
(加藤)わかりました。

お大事に。

ああ~。
何でいるのかな~ もう…。

♬~

♬~

本当 どうにかしてほしい。

(橋田)何がです?
あの人。

千曲川さん。
そう。

あなたを
お守りするためですから。

私は 遺産は受け取らない!

そうすれば
命を狙われることもないでしょ。

そうかもしれませんね。
それなら話が早い。

断る。異議ないよね?

瑛様が お母様との間に生まれた

大切な あなたのために
残された遺産です。

どうするかは…
あなたが決めることです。

(十川純華)

 

別に大切に思ってないでしょ。

相続は放棄する。

(LINEの通知音)

えっ!?

待って 待って…待って!
怖い 怖い 怖い…怖い!

何で 何で 何で…何で?
ちょっと

何で 私のIDを承認してんの?
えっ なんで!?

何をするにも 早い男なんで。

そんな暇 なかったじゃん!
気が つかなかっただけでしょう。

はっ。ブロック!

(LINEの通知音)

えっ!
シャーロック・ホームズ。

なんで!

(LINEの通知音)
金田一。

なんで この短時間で
ログインできんの~!

もう~!ブロック!
何するにも早いんです。

(LINEの通知音)
ああ~~っ!!

それは
なかなかの完成度ですよ。

ああ~~っ!!

なんじゃ こりゃ~~!!

それはGパンの方ですね。

はぁ…どうしたものか。

(三田村)そうか…これなら。

アレルギー検査の結果は
問題なかったけれど

結構 荒れてるな~。

塗り薬を出しておくね。

朝 昼 晩 1日3回
必ず塗るように。
ありがとうございます。

今日から リハビリだから。

2か月後のことを考えたら
早めの方が いいでしょ。

はい。
案内させるから

薬を受け取ったら
診察室の前で待ってもらえる?

わかりました。
ありがとうございます。
うん。

♬~

こちらの お薬を朝 昼 晩
1日3回 しっかり塗って下さい。
はい。

お大事に。
はい。ありがとうございます。

(加藤)こんにちは。
リハビリ担当する加藤です。

よろしく お願いします。
よろしく お願いします。

(加藤)じゃあ どうぞ。
あっ はい。

♬~

後ろから
ついてくる方は お知り合い?

あっ…いえ 全然。

大丈夫?警察呼ぼうか?
ああ 大丈夫です。

あの!私 これから
リハビリに行くんで

ちょっとロビーで
待っててもらえます?

ハハハ…。

OKです。
すいません なんか…。

やっぱ 警察呼ぼうか?

いや 大丈夫です。
大丈夫です すいません。

(加藤)ここがリハビリ室。

いいわね。
えっ?

あなた 美人さんだから。

エッヘヘ…そんなことないです。
ヘヘヘッ…。

あの…貴重品って
どこ置いたら いいですか?

あっ。どうしよっかな…

今ロッカーが いっぱいで。
参ったな。
ああ…。

やった 俺。やった?

絶対 中身 見ないでよ。

私が見ないようにしても
すでに見えている。汚い!

うるさいな~!
中身 触ったら警察呼ぶからね!

早く行きなさいよ。
わかってるよ!

ねえ。

ねえ!

見てるよ~!!

♬~

♬~ はぁ…。

♬~

えっ!?
えっ 何 何 何…何!?

≪うわ~っ!≫
ああっ!

≪大丈夫ですか?≫
≪大丈夫ですか?≫

はぁ…。

ああ 脱臼しました。

整形外科へ連れて行って
いただけますか?

(看護師)大丈夫ですか?
こちらです。

脱臼…脱臼しちゃった。
はっ…?

ちょっと痛みますよ。よいしょ!

入った 入った。
あ~ よかったですね。

だけど どんな事して
そうなっちゃったんですか。

バランスボール。
バランスボール…。

見かけによらず
健康志向なんですね。

え~と じゃあ
湿布 お渡ししときますね。

結構だ。
え?

それよりも…。

これを こういうふうに。

なんで?ね なんで!

「なんで!」と言われましてもね。
脱臼したんで。

ねえ それ どこに きいてるの?

相続を放棄されるのであれば

この相続放棄の書類に
サインをしてください。

♬~

安心してください。
今日は ここには おりません。

前はいたの?家の中に?
というより

私たちが見える場所にでしょ。

え…。

どうぞ。

これにサインするイコール

これまでの生活が
続くってことだよね。

そういうことになりますね。

♬~

どうしました?

私 いま…

人生の中で一番
引きつった顔してる気がする。

ええ そうですね。

よし!

はい これでいいでしょ?

ん…!どうか されましたか?

わかんない。
でも なんか手が離れない。

あなたは瑛様を認めないと
おっしゃいましたよね?

でも これまでの生活が続くのは
ちょっと嫌かなっていうか…。

困りましたね。

♬~

もう寝る。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

≪おはようございます≫
おはようございます。

♬~

(婦長)加藤さん。
そろそろタバコ やめたら?

あ…。

患者さんたちが
あなたはタバコ臭いから

担当してもらいたく
ないんだって。

患者さんだけじゃない。

ほかの看護師からも
苦情 出てんのよ。

すみません。

♬~

(三田村)若干 小麦アレルギーの
反応があった。

現状 生活にも
支障がない程度だが…。

日常的に 小麦に接する環境を
つくることで

激しい小麦アレルギーは
誘発できるんだ。

そこで私が思いついたのが

塗り薬を利用して皮膚などを
通じて発症する経皮感作。

過去に石鹸の使用者が
相次いで

小麦アレルギーを
引き起こしたことがあるだろう。

その石鹸を使った人が
アレルギー症状と

重篤な副作用を
引き起こしたってわけさ。

実は今 海外のある国で
似たような副作用を持つ

保湿ローションがあるらしいの。

それを手に入れてほしいって。

(大陀羅 壬流古)
それを俺に 手に入れろ
っていうのか?

兄さんの取引先に言えば
簡単に手に入るでしょ。

大丈夫なのか。そんな
発症するまで

数か月は かかるような手が。
得策とは思えんが。

処方した塗り薬と一緒に
使用すれば

その期間は数週間にまで
短縮できるそうよ。

壬流古。すぐに手配なさい。
イエス マム。

麻百合。アレルギーを
発症したとして

どのくらいの確率で殺せるの?

確率が かなり上がる方法は
ちゃんと考えてあるわ。

彼女は 泳ぐのが好きみたいでね。

ここがリハビリ室です。
(患者)結構 広いんですね。

(加藤)そうですね。

う~ん 全然 治んないなぁ。

(患者)すっごく掻いて
赤くなってたのに

処方された この薬と
この保湿ローション 使ってたら

痒みも赤みも
ピッタリと治まったの。

(加藤)へぇ~。あ もう来てたの?

あ はい。
もう少し待ってもらえる?

明日からリハビリする
患者さん 案内してて。

(携帯のバイブ音)

あ ごめん。
ちょっと ここに いてくれる?
うん。

なんか大変ですね。
そうなんですよ もう。
派手にやっちゃって。

へえ 私も治らないんですよね
赤いの。

うわ…ああ~ 結構 荒れてますね。
そうなんですよ。

これ 使います?
え?

保湿コラーゲンとかも
入ってるから

美肌効果も
すごいらしいですよ。

へえ~。
ほら この肘…。

前 カサカサだったんですけど
毎日 自分で塗ってたら

こんなツルツルになったんですよ。

確かにキレイ。いいですね~。

それ あげますよ。
え?

私 これ まとめて買ったんで。
どうぞ。

いいんですか?
ありがとうございます。

うわ~!女子力 上がる~!

またロッカーが
いっぱいだったの。

ばんばさん。
(ばんば)ばんばです。

可愛いんすけどね 顔は。
キレイなんすよ。

(ばんば)そうなんですか。
ええ。

(ばんば)そこが また
可愛いんじゃないですか?

あ ばんばさん タイプですか?
(ばんば)タイプですね~。

♬~

ごめんね。

いつか 幸せになれる日が
くるからね

お母さんと一緒なら
いつも幸せだよ

それでね 先生が
もうすぐ退院できるって

 

 

 

♬~

♬~

あの~。
何だ?

もう いらないから。あなた。

相続放棄したの。
サインもしたから。

え?ねえ 聞いてるの?

なら 君に用はない。

♬~

♬~

ああ~っ!!

どうかされましたか?
ううん。

ああ。千曲川さんなら
断ったよ。

相続放棄の書類にも
サインしたの。

そしたら
君には もう用はないって。

そうですか。どうでしたか?
リハビリのほうは。

うん。なんとなく いい感じ。

家でもリハビリしましょうね。

病院のリハビリより
きついよ もう。

ご近所の方から借りてきました。
待って待って 待って待って

待って 待って!
リハビリだと言ったら
快く貸し出してくださいました。

やりすぎは
良くないと思うんだけど。

リハビリしながら
ボランティアもできる。

こんな素晴らしいことが
ありますか。

ねぇ 待って!ねぇ
私がたたんだ意味ないじゃん!

たたんでたんですか?これ。
たたんだよ ほら!

2.7ミリ違います。
ぶ~!

もう…だって2.7ミリでしょ?

さっさとたたんでください。
だって左手だもん!

夕食抜きにしますよ。
もうやりたくない!

早くたたんでください!
やりたくない!

あぁ~疲れた~…。

よいしょ。

何だ 2.7ミリって。

どっからメジャー出してんのよ。

もう~。

はぁ~今日もいい匂い。はぁ~。

(マスター)
あんたさ 皿洗って一杯飲むのも
そろそろ…

ちょいちょい ちょいちょい…
ん?ん?ん…ん?ん?

いつもの。

早いね。

♬~

ふぅ…。

♬~

えっ?
オイル オイル。

オイル?
オイル系ってどういうこと?

(城之内)ここ いい?

りっ…律音 向こう行こうか。

え?なんで?
まだ食べ終わってないよ。

(未夏)早く!
(律音)なんでよ~。

早く。
ん~。

♬~

調子 どう?

すこぶる元気です。

ギブス 外れてよかったね。
あっ ええ。

(城之内)いただきます。

ゴホッ ゴホッ…。

えっ?大丈夫?

あっ はい。
んっ。

落ち着いて。ゆっくり飲めよ。

はぁ…。すいません。

ごめんなさい。ハハッ。
何やってんだよ。

あ~…。
あ~あ~あ~。

あっ…俺

1回帰って シャワー浴びるね。

ごめんなさい。
(城之内)ううん お大事に。

ごめんなさい…ごめんなさい!
ごめんなさい!ごめんなさい!

ごめんなさい!ごめんなさい…。

これは 食べていいのか。

ダメに決まってるでしょ。
いただきます。

ねぇ もう 話 聞きなさいよ!

うわ~!何?その木屑。
はぁ…。

君が相続放棄にサインしたことで
私は仕事を失った。

だから 建築現場で
アルバイトをすることにしたんだ。

その格好で?
この格好で。

どんな格好でも
仕事ができれば問題ないだろう。

容姿にとらわれるな。
そうじゃなくて…

もう…なんでここに来たの!

現場が近くだったから
ここで昼食をとね。

いただきます。

♬~

てか おっそ!
ねぇ 木屑払ったら?

パスタん中 入るよ。
いいアクセントだ。

うわ~!うっ…ゴホッ ゴホッ。

もう…あなたと会ったら
体調が悪くなってきた。

♬~

ねぇ 早く食べなよ。

これが私のスタイルだ。

♬~

ゴホッ ゴホッ…。

何 食べたの?

お昼にパン食べて。
それを喉に詰まらせちゃいました。

そっか。
ちょっと気管に入っちゃったかな。

あっ 今のところ 問題ないよ。

こっちの赤みも
まあ 一時的なもんだろう。

薬は塗ってるよね?
毎日塗ってます。

明日からプールも入れるよ。

運動不足になってただろうから
しっかり泳いでね。

ありがとうございます!
(三田村)お大事に。

はい!

ありがとうございました。
はい。

反応が
少し早いような気がするが…。

作戦は完璧だ。

約束は守ってくれよ。

反応が出たみたい。

これで完璧に
作戦は遂行されるってわけね。

よくやったわ 麻百合~。

ぷは~!はぁ…。

(未夏)一華 どう?
最高!

じゃあ 勝負しちゃう?
いいよ。

じゃあ 50メートルを無呼吸。
アプニアで。

OK~。
(未夏)よっしゃ。

火を借りていいですか?
あっ どうぞ。

どうもありがとう。

ゴホッゴホッ…ゴホッ。

葉巻は 私の体に合わないようだ。
ハハハハ。

はい?
ゴホッゴホッ…ゴホッ。

彼女 今日 病院には来ませんよ。

≪よ~い…スタート!≫

♬~

今日は彼女に用はない。

三田村先生を待ってるんです。

三田村先生を?
ええ。

彼女は 今頃プールで
溺死しているかもしれません。

ハハッ…。

ハハ…え?
ハハハ!

♬~

実はですね 彼女は
三田村先生に処方された薬と

誰かに渡された保湿ローションを
塗り続けました。

それら2つの相乗効果で
彼女は潜在的な

小麦アレルギーの体質に
されたんです。

え?
彼女が水泳を再開すれば

水の中で 運動誘発アナフィ…
ア…アフィラ…

ア…アナ…。
アナフィラキシー?

え?
アナフィラキシー?

アフィラナキシーを発症し
プールで溺死する可能性が高い。

♬~

小麦アレルギーの人間が
運動すると危険なのに

三田村先生は 彼女に
水泳を始めるように勧めた。

そんな…その話 本当ですか?

ええ。
そんな…三田村先生は

なぜ彼女を危険に晒す
必要があったんですか?

誰かに脅されていたとか
ですかね。

まさか…。

♬~

♬~

♬~

♬~

どこのプールですか?
私 行ってきます!

その必要はありません!ハハハ!

私が あらかじめ

塗り薬も保湿ローションも

別のものと入れ替えました。

全くの無害のものにね。

この2週間
彼女が塗っていたのは別の薬です。

(未夏)大丈夫?ねぇ 一華!

ねぇ 一華!一華!ねぇ 一華!

ねぇ 大丈夫?一華!
あっ…あぁ~。

ごめん。息 止めすぎちゃった。

≪はぁ~≫
≪大丈夫?≫

≪焦った~≫
≪良かった~≫

♬~

あっ!

三田村先生には
きつ~く お仕置きをしました。

あっ…あ…。

彼の塗り薬に 彼女に渡したものと
同じ成分を注入した。

シーッ…フフッ。

彼は 知らぬ間に塗っていた
薬のせいで

自身が…小麦アレルギーに
なっていたんです…。

ああっ…ハハハ…。

悪いことをした人間には
報いが必要だ。

ねっ 加藤さん。
え?

私は さっき言った。

三田村先生は
誰かに脅されていたって。

すなわち
主犯がいたってわけですよ。

三田村先生を脅し
彼女を殺そうとしたのは…

君だ。

ハッ…何 言ってんのよ?

言い逃れはできないよ。

君は大きなミスを犯した。

君がリハビリ室に連れてきた
患者だよ。

あの患者の言葉で…あっ!

気がついたんだ。

(ボイスレコーダー:患者の声)
前 カサカサだったんですけど
毎日 自分で塗ってたら

こんなツルツルに
なったんですよ。

車椅子に乗ってきた彼女は
はっきり言っている。

毎日 自分で塗った と。

指先までギブスで固めた腕で

どうやって反対側の肘に
自分で…薬を…塗るんだ?

ハッ!…彼女が自分で肘に

薬を塗ることなど…
あっ…不可能なんだ!

ワッ!

となれば あの患者は
雇われた人間だろうと考えた。

案の定 病院内 病室を
くまなく調べたが

あの患者はいなかった。

となれば
誰が連れてきたって話になる。

あの患者が偽者だと知っていて
彼女に引き合わせた人物。

そしたら
君にたどり着いたってわけさ。

私は…
彼女を殺す動機なんてない!

フフフ…。

君は 整形を考えていたんだろう。

君は 自分の容姿を
変えたかったんだろう。

そして 君が通っていた
美容クリニックは

大陀羅グループが経営する
クリニックだった。

君がこの病院で働いていると知り
依頼されたんだろ?

(麻百合)あなたの好きな金額を
書いていいそうよ

そして 自分で手を下すことが
難しいと思った君は

担当医である
三田村に話を持ちかけた。

三田村は 若い看護師と
不倫でもしていたんだろう。

それに気がついていた君は

既婚者である三田村に このことを
奥さんにばらすと脅した。

そして 密に連絡を取り合い
状況を確認していた。

作戦は完璧だ。
約束は守ってくれよ

 

たいしたもんだよ。
だが 詰めが甘すぎる。

神のものは 神に

カエサルのものは カエサルに!

トリック返し。

え?
え?

あれ?聞こえなかった?

もっかいだけだぞ。へへっ。

神のものは 神に!
カエサルのものは カエサルに!

トリック返し…。
え?

はあ?おい

もう君へのトリック返しは
終わってるということだ。

はあ…うっ!

ハッ…首の後ろを触ってみろ。

それは 海外製の禁煙パッチでね。

副作用が強くて
販売禁止になった代物だ。

さっき…声をかけた時に…。

パッチ使用中に喫煙すれば

重篤なアナフィ…

アフィラ…ア ア ア…
アブラヒモ…。

アナフィラキシー
アナフィラキシー…。

アブラヒモビッチを引き起こす。

生まれ変わりたかったの。

この容姿のせいで
どれだけ苦労したか…

何がいけないのよ!

その心 全てだよ。

ひとつだけ 聞かせて…。

彼女には…小麦アレルギーの
反応が出ていた…。

なぜ あの症状が…。

彼女は気づいていないが

木屑にも
軽度のアレルギーがあったんだ。

彼女がアレルギーにかかったように
見せかけるため

君たちの病院に行く前に
いろいろ細工をしてね。

思い込ませないと 最後の一手に
出なかっただろうしな。

このままいけば
君は心臓に異変をきたすだろう。

残念だよ。

心が汚ければ
全てが汚れて見える。

心が清ければ
全ては美しく見えるのにな。

♬~

加藤さん!どうしたんですか?

ごめんなさい。

本当にごめんなさい。

何言ってるんですか?

私…

あなたを…ごめんなさい。

♬~

もしかして…
加藤さんが私を狙ったの?

なんで?

♬~

もしかしたら…お母さんも…。

相続放棄の書類 もう出した?

いいえ。
なんで出さなかったの?

あなたに迷いが見えたからです。

その書類 貸して。

♬~

あんたさ…。

よく その勇気あるよな。

家で食え~!あんた 家ないの?

そんでさ そんでさ そんでさ
あんた 食べるの遅い~!

遅い…。
私には 私の時間がある!

自分のものさしで
世の中を測るな!

(ドアベルの音)
いらっしゃい。

こんなところで
うどん食べてるなんてね。

私を守る気ある?

ちょっと話しかけないでくれ。
うどんに集中したい。

加藤さんに何かしたの?

聞いてたのか?
私はうどんに集中したいんだ!

何をしたかだけ教えてよ!

未然に防いだだけだ!

♬~

相続放棄の書類は破棄した。

あなたを雇ってあげてもいいよ。

マスター ボトルをキープする。

端から端まで。
は?

マスター 私も一杯もらえる?
うどん?

うどんな訳あるか!
そこのバーボン…ロックで。

これ スコッチだけど。
ハッ!

(マスター)どうぞ。

乾杯する?

汚れた世界へ…ようこそ。

♬~

うん おいしい おいしい。