どらまろぐ

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~ 第9話 沢村一樹、伊藤淳史、高橋努、横山裕… ドラマのキャスト・主題歌など…

絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~ #09【桜木泉(上戸彩)は生きていた―!?】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 石塚
  2. 田切
  3. 山内
  4. 森岡
  5. 男性
  6. 東堂
  7. 井沢
  8. 桜木
  9. 家族
  10. 幸子

f:id:dramalog:20180903215833p:plain

絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~ #09【桜木泉(上戸彩)は生きていた―!?】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)&EPG情報の引用(出典)

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、以下の各VOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

☆無料トライアルあり!NHKオンデマンドも見れるU-NEXT(ユーネクスト)!
U-NEXT

☆無料トライアルあり!海外ドラマに強いHulu(フールー)!
huluで見放題!

☆無料お試しあり!VODも宅配レンタルもTSUTAYA TV(ツタヤTV)!
TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信

 

 


(井沢)僕の家族の事件と
山内君が追い掛けている

桜木 泉の 事件は

一つに
つながってるかもしれないよ。

(山内)
長嶋さん どうして ここに?

 

最強のSP(エスピー)による大臣殺害が予測された。犯行まで残された時間はわずか!ミハンは阻止できるのか!?一方、防犯カメラには死亡したはずの桜木泉の姿が…

詳細情報
番組内容
井沢(沢村一樹)たち「ミハン」チームは着々と成果を上げ、警視庁上層部は、次のステージとなる法制化に向けて政界に働きかけると東堂(伊藤淳史)に伝える。
 そんな中「ミハン」が驚くべき危険人物をリストアップした。警護課の捜査員・石塚辰也(高橋努)だ。石塚は要人警護のスペシャリストで、逮捕術、格闘術など、すべての面で突出した能力を持つ男で、井沢自身も面識があった。また、プライベートでは、地域住民に
番組内容2
武術を教える活動もしていた。人を守るはずのSPが、人を殺す!?
 東堂は、モニターに直近1週間の石塚の監視記録を映し出した。そこで山内(横山裕)は、2つの監視映像に映り込んでいる桜木泉(上戸彩)らしき女性の姿に気づく。ベトナムで死んだはずの桜木は生きているのではないか…。だとしたら、彼女はなぜ石塚を追っているのか!?井沢は、今回の危険人物を止めることが、桜木やその先の真実にも繋がっていると考えた。
番組内容3
石塚をマークしていた小田切(本田翼)は、早々に尾行を見破られる。小田切は、資料課分室に所属する警察官であることを打ち明け、格闘技を教えてもらおうと思ったとうそをつく。小田切が井沢の部下であることを知った石塚は、彼女の申し出を受け入れる。
 一方、山内とともに石塚のマンションに潜入した井沢は、石塚が国家公安委員長・滝本健三(山田明郷)の情報を集めていることを知るが…。
出演者
沢村一樹 横山裕 本田翼 柄本時生 伊藤淳史 上戸彩(特別出演)/マギー 田中道子 中村育二 
〈ゲスト〉
高橋努 山田明郷
スタッフ
【企画】
稲葉直人 
【プロデューサー】
永井麗子(共同テレビ) 
【脚本】
浜田秀哉 
【監督】
佐藤祐市 
【音楽】
横山克 
【主題歌】
家入レオ「もし君を許せたら」(ビクターエンタテインメント) 
【制作】
フジテレビ 
【制作著作】
共同テレビ

 

(長嶋)今の仕事は どうなんだい?

もう一つの仕事の方だ。

お前の読みは正しかったよ。

資料課は
表向きの部署にすぎない。

それで
これから どうするつもりだ?

カメ。

(男性)うっ…。

(男性)あっ…。

(男性)おら! やめろ…。

おっ…。 うっ…。

おい 何やってんだよ この野郎!

(男性)あっ… うっ…。

うっ あっ…。

(井沢)よ~し。 証拠 押さえたよ。

(山内)
こっちも もう終わります。

田切

(男性)うっ…。

(男性)あ~!
あ~。

2人とも 息ぴったりだね。 えっ?

大丈夫?

(早川)年寄り殺して

保険金を だまし取ろうとした
詐欺集団

一斉 逮捕って

また 例のあれか。

(板倉)はい。 例のあれです。

先月だけで5件。

トップダウンで 犯人から動機まで
確定している案件。

加速度的に
ペースが上がっています。

(早川)
どっかの部署を 隠れみのにして

極秘捜査をしてるやつらがいる
って噂だ。

資料課なのか?

フッ。

んなわけねえか。

とにかく

そいつら どうやって
犯人を確定してんだろうな。

(東堂)未然犯罪捜査。

予定していた
ロードマップどおり

テストケースは
順調に進んでいます。

しかし

ミハンの存在の秘匿性を
維持し続けるのが

難しくなってきてるのも事実。

いよいよ 次のステージ

法制化の段階かと。

(滝本)これだけの
成功事例があれば 十分だ。

われわれ 国家公安委員会
意見をまとめて

法制化に働き掛ける。

(東堂)よろしくお願いいたします。

(町田)これは 政財界を巻き込んだ
大きなエポックになります。

(滝本)超党派議員連盟を結成し
そして 立法化。

最後の大きな壁は

通信傍受法しかり
プライバシーの問題だろう。

(町田)世界情勢からし

もはや 監視社会の流れは
止められません。

(東堂)確かに プライバシーは
なくなるかもしれない。

しかし それで
安全が保障される時代が来ます。

いよいよ 法制化ですか。

いや~ よかった よかった。

だって
もう ミハンの存在 隠すのも

そろそろ
限界 近づいてましたもんね。

(山内)公になれば 国民は
拒否反応を示すでしょうね。

(東堂)それも想定の範囲内です。
(小田切)でも 法制化すれば

うちらも 日陰部署から卒業?

(南)僕は 資料課のまんまが
いいですけどね~。

嘘つけ。
(南)ホントです。

嘘つけよ。
(東堂)とにかく

ようやく ここまで来ました。

毎日 ミハンのモニター上で

どの命を救うべきか
選択を行ってきました。

それも もう終わる。

(東堂)今回の危険人物は
今までに例のないケースです。

石塚 辰也 45歳。
SP 警護課のエースです。

(山内)警察官が危険人物…。

まさか 彼が…。

知ってるんですか?

あっ いや
面識がある程度だけど

彼は トップクラスの能力を
誇るっていわれてる

要人警護のスペシャリストだよ。

(東堂)ええ。
逮捕術 格闘術 射撃技能

全ての面で 突出しています。

それと プライベートでは

開かれた警察を目的とした

武術を地域住民に教える活動も
行っています。

優秀な人なんだろうけど
何か 苦手だな。

こういう
顔まで筋トレしてそうな人?

こういう顔って
モテないんですよね。

お前が言うな。

(東堂)誰を殺そうとしているのか
不明です。

ただ 要人を守る人間が
要人の命を狙っているとしたら

これほど危険なことはない。

(東堂)それも 能力の高いSP。

最強の敵。

よっぽどの事情が
あるのかもしれないよ。

(山内)これ 拡大してください。

それと この映像。

(小田切)何? どうしたの?

(山内)この黒い帽子の女性
もっと おっきくなりますか?

ええ。

桜木さん…。

これ 桜木さんですよ!

(3人)えっ?

(小田切)似てるけど
でも 本人なわけないじゃん。

(南)そうですよ。
現地の警察が

遺体の本人確認したんですよね?
別人ですって。

これは…。

桜木さんは
生きてるかもしれない。

♬~

石塚 辰也を 追った
防犯カメラ映像に

桜木 泉らしき 人物が
二度 映りこんでたのは

偶然じゃない。

きっと 目的を持って
彼を調べてたんだよ。

私たちと おんなじように?

さあ?
どういうことなんだろうね。

そもそも 桜木 泉は
本当に生きてるのかどうか。

(山内)あれは 桜木さんですよ。

(南)でも
DNA鑑定を欺くとなると

担当した警察官も
協力したってことになりますよ。

ああ。
現地の警察に問い合わせている。

桜木さんは
あえて死んだように見せ掛けて

何かを調べてるんじゃないか。

だったら
なぜ 連絡をしてくれないのか。

本当に生きてるんだったら

あんたのこと思ってだと思うよ。

えっ?
(小田切)危険な目に

巻き込みたくないんだよ。

まあ いずれにしても
今回の危険人物は

桜木 泉らしき 人物と
何かしら つながってる。

石塚 辰也を 追えば

おのずと
真実が見えてくるはずだよ。

♬~

(小田切)対象は 仕事を終え

地域住民に格闘技を教えている
道場へ 向かっています。

了解。

井沢さん。

田村さんの見よう見まねでね。

自宅に戻りそうなら
連絡してくれ。

(小田切)えっ? えっ?

田切 どうした?

姿が見えなくなりました。

(小田切)うっ…。

(石塚)昼間 きこ会館で
車の中から こっちを探ってたろ?

まさか お前が?

♬~

何者だ?

警察官です。

(小田切)
一緒にいた人は上司です。

石塚さんが優秀なSPで

道場で格闘技を教えてるって
聞いて

私も教えてもらおうって。

所属は?

(小田切)総務部 資料課分室
田切 唯です。

♬~

資料課の責任者は
確か… 井沢 範人。

(小田切)ご存じですか?

顔見知り程度だ。

(小田切)あの…。

我流で 格闘技 学んだんだろ。

むちゃくちゃだ。

でも 筋は悪くない。

来い。

は~い。

(井沢・山内の ため息)

誰かと
勘違いしたのかもしれないね。

(山内)監視される心当たりが
あるってことですかね?

桜木 泉らしき 人物。

あるいは… 別の誰か。

≪(男性)2。
≪(子供たちの掛け声)

≪(男性)3。
≪(子供たちの掛け声)

≪(男性)4。
≪(子供たちの掛け声)

≪(男性)6。
≪(子供たちの掛け声)

(男性)7。
(子供たちの掛け声)

(男性)みんな 石塚さん来たよ。

はい。 こんばんは。

(子供たち)こんばんは。
(石塚)こんばんは。

(男の子)先生 大外刈りできたよ!
(男の子)俺が投げられちゃった。

(一同)ハハハ…。

よいしょ。

山内君。

(山内)はい。
ちょっと これ。

国家公安委員長の情報。

スケジュールまで。

(山内)どうして こんな物を…。

まさか?

その まさかかもしれないね。

あれ?

石塚 辰也は
自分から名乗り出てたよ。

あさっての
国家公安委員長の警護を。

しかも 突然。

(山内)その警護中に 殺人を犯す。
(南)えっ?

ターゲットは おそらく
国家公安委員長の 滝本 健三だよ。

えっ?

えっ? えっ?

(南)え~ えっ?
えっ? ホントですか?

えっ? マジっすか?

えっ? ヤバいじゃないですか!
え~? え~? えっ?

いやいや 大ごとですよ これ!
うん。 うん。 そうだね 南君。

大ごとだよね 大ごと。
(南)えっ テッ テロ?

いや テロじゃない。
テロじゃないよ。 だって

職務に忠実なSPが
テロを起こそうってことは

考えにくいから。 うん。
あっ あっ…。

しかし
彼の動機が まったく見えない。

ただ 一つだけ気になることが
あるんだよね。

これ。

(南)あれ?

石塚 辰也に
家族っていましたっけ?

いや いないんだよ。
でも 家族に見えるよね。

どういった関係なのか。

親密なことは間違いない。
うん。

(小田切)
ねえ もしかして それって

森岡 幸子さんって 人じゃない?

森岡 幸子さん?
(小田切)うん。

小学生ぐらいの女の子と
一緒に写ってない?

うん。 写ってるよ。
(小田切)やっぱり。

時々 娘さんと 道場に
差し入れしに来る人が

いるんだって。

石塚さんとは
まるで家族みたいだって。

殺人を犯す動機は プライベートに
あるのかもしれないね。

突っ込んで調べてみます。

よろしく~。

釣り手を こう 上げた方が
うまく…。

よ~し。 休憩しよう。
(一同)はい。

(小田切)これ。

よかったら どうぞ。

(小田切)いや~ 暑いですね。

石塚さんって
ご結婚されるんですか?

あっ いや…。
(小田切の せき)

子供たちが言ってたんですよ。

森岡さんっていう女性と
結婚するんじゃないかって。

しない。

そうですか。

(小田切)あの写真が 何か?

彼が
森岡 幸子さんの 旦那だった。

だった?

離婚されたんですか?

殉職した。

えっ?

(官房長官)《処理施設の建設に
関してですね

その 必要性というか
政府の考え方を説明して

知事の率直な…》

(石塚)5年前

官房長官を狙ったテロで…。

(銃声)
(女性の悲鳴)

森岡~!》

殉職した。

(石塚)ここの道場も
もともとは 森岡がやっていた。

それを引き継いだ。

だから ご家族と。

あいつの家族に 少しでも
役に立てたらと思って…

交流があるだけだ。

殉職した仲間の家族か。

自分の代わりに死んだ人の
家族って…

複雑だろうな。

(山内)家族みたいになれても

亡くなった人間のことを
考えれば

ホントの家族にはなれない。

まあ いずれにしても
守りたいものがある彼が

なぜ 殺人を
犯そうとしてるんだろうね?

森岡 幸子 40歳。

その娘の 森岡 翠 12歳。

森岡 幸子さんは
旦那さんを亡くしてから

小さなカフェをやって
生活してる。

何か 近所の人の話だと

この辺りは
地上げが ひどかったらしいよ。

でも 悪徳業者を追っ払って
森岡さん親子を守ってきたのが

石塚さんだったみたいだね。

それで 絆が深まっていったのか。

(小田切)
いや~ 何か 変なんですよ。

どうしたの?
いや それがね…。 あっ。

水とお茶 どっちがいいですか?
あっ お水で。

お水で~。
ありがとう。

森岡さんちの郵便受けに

新聞が あふれるほど
たまってたんですよ。

えっ?
あっ。

えっとね サンドイッチ 焼きそば
おにぎり あんパン。

あんパン。

いや じゃあ おにぎりでいいよ。
じゃあ あんパンでいいです。

何 それ。
私 焼きそばパン食べたいんで。

で その量がね…。
うん。

1週間は家に帰ってないぐらいの
量だったんですよ。

えっ?

まさか…。

いや まさか…。

(南)その まさかかもしれない
情報 ゲットしちゃいましたよ。

(南)森岡さんの生活圏内の
防犯カメラを 調べてみたところ

1週間前
自宅近くにいるのを見つけました。

(南)ただし これは…。

何?
早く言えよ もう。

何者かに拉致されてる。

ハァ~。

どうも。

資料課の井沢といいます。

あした

あなたが やろうとしてること…。

(石塚)何の話です?

あなたにとって
何より 大切な存在

森岡 幸子さん
そして そのお嬢さんの翠ちゃん。

あなたの代わりに亡くなった
同僚の 家族。

でも おそらく
今では それ以上の感情がある。

事件が起きたのは 1週間前。

何者かが 森岡さん親子を誘拐して
あなたに ある要求を突き付けた。

誘拐の要求は…

殺人。

あなたは 国家公安委員長
殺害するよう 強要されてる。

下手に動けば
森岡さん親子の命はない。

そう言われてるんでしょ?

俺を探っていた…。

ええ。

探ってましたよ。

なるほど。 やはり そうか。

資料課は隠れみの。

(石塚)警視庁内で

裏で犯罪捜査を行ってるやつらが
いると 聞いたことがある。

それが あなたたちなんですね。

こちらの動きを
あなたにお伝えしたのは…

思いとどまってほしいからです。

あなたが
犯行を起こそうとしたところを

押さえてしまえば あなたは
もう 警察官でいられなくなる。

(石塚)井沢警部補。

(石塚)あなたは ある日 突然
奥さんと娘さんを殺された。

そのとき あなたは どうでした?

(石塚)大切な存在が
いわれのない暴力に さらされる。

あなたなら分かるでしょ?

今の私の気持ちが。

分かりますよ。

もちろん。

でも あなたは まだ知らない。

その先を。

私は…

人を殺したんだ。

《うわ~!》

(男性)《井沢!》
《あ~!》

(銃声)

私の中には

人を殺したという感覚が
今も残ってる。

怖くなる。

自分が。

正義を履行するために
警察官になった。

でも 今は
自分の中に化け物がいる。

警察官でありながら

最も憎むべき人殺しが
自分の中に… いる。

一線を越えた先の苦しみを…

あなたは分かってない。

(石塚)井沢さん

あなたは優しい人ですね。

(石塚)
私を止めようとしてくれている。

でも
私は どうすればいいですか?

必死に調べましたよ。

犯人は誰なのか。

怪しまれないよう
探れるだけ探った。

でも
犯人が誰だか 分からなかった。

そもそも
警察官に 殺人を要求する。

犯人は
そんなリスクを冒してるんだ。

それでも 向こうは

黒幕に たどりつかせない 自信が
あるんですよ。

あした

言われたとおり行動しないと
森岡さんたちが殺される。

やったところで
救われるかどうかは分からない。

でも 他に選択肢がない。

私は警察官だ。

でも その正義を捨ててでも
守りたいものがある。

他に 彼女たちを救える選択肢が
あるなら

お願いです。 教えてください。

井沢警部補

私を止めようとするなら

私は…

あなたを殺す。

そのとき あなたは

私を殺しますか?

井沢さん?

♬~

♬~

井沢さんの あんな顔 初めて見た。

井沢さんも
答えが出せないんだろう。

(小田切)えっ?

まだ解決していないんだ
井沢さん自身のことも。

どういうこと?

(山内)奥さんと娘さんは
単なる組織の報復で

殺されたんじゃない。

桜木さんの事件と
つながっている。

おそらく 井沢さんの
娘さんと奥さんを 殺した

宇佐美 洋介は

単なる実行犯にすぎない。

つまり 真犯人がいる。

(山内)
その真犯人を前にしたとき

井沢さんは
一線を越えるかもしれない。

ハァ~。

フッ フフ。

あ~。

《下がって~!》

(銃声)
(女性の悲鳴)

(石塚)《森岡~!》

♬~

♬~

警察は まだ起きていない犯罪には
動けない。

でも ミハンなら動ける。

ええ。
森岡さん親子を 救い出せれば

犯行を止められる。

手掛かりは
この防犯カメラ映像。

でも 唯一 顔の分かる こいつも

何者か
まったく分かんないんですよね。

うん。
≪(足音)

東堂さん?

顔認証システムで
ミハンが何者か探り当てました。

顔が判明してる男と

見比べてください。
(南)はい。

同一人物だね。
すげえ。 さすが ミハン。

(東堂)三城は 会社に
長期の休暇届を出しており

自宅にもいない。

居場所が
まだ 特定できていません。

犯人の一人が
旅行代理店の人間か。

(山内)「帝都ツーリスト」って…。

(南)んっ?

(山内)桜木さんの手帳を
あらためて見直していて

一つ
気になることがあったんです。

これ ここに

大企業の幹部たち

政治家や官僚の家族の名前が
書いてあります。

そして 幾つかの国の名前。

それが どうかしたの?

何か
共通点がないか探っていたら

全員 帝都ツーリストを利用して
海外に行っている。

同じ旅行代理店?

桜木 泉らしき 人物が
追ってるのは

石塚 辰也に 犯行を強要してる
組織なのかもしれないね。

とにかく
事件の背景を 私が調べてみます。

人質の安全を考え
このまま 水面下で動きます。

何としてでも
森岡さん親子を救い出し

石塚 辰也の 犯行を
止めてください。

(山内・南)はい。

井沢さん 少し よろしいですか?

(東堂)明日 銃を携帯して
任務に就いてください。

(東堂)国家公安委員長の身に
万が一のことがあってはいけない。

最悪の場合 射殺してください。

間違っていますか?

間違ってると思ってるんですか?

今 石塚 辰也は

選べない正義の選択に
迫られています。

目の前の2つの道

どちらを選んでも 後悔する。

でも
どちらかを選ばざるを得ない。

それは 私たちも同じです。

分かってますよ。

東堂さん。

あなたと私は

まあ 事件こそ違いますけど

身内を失った
同じ被害者遺族です。

ただ 私は 憎しみにとらわれ
復讐という選択をした。

でも あなたは

ミハンシステムを立ち上げ
未来の選択をした。

正直 すげえって思ってますよ。

買いかぶり過ぎです。

東堂さんの正義 信じてますから。

♬~

(石塚)出発は予定どおり。

再度 周囲…。
(男性)了解。

この後 石塚 辰也は

国家公安委員長に同行して
霞が関へ向かう。

犯行に及ぶのは
おそらく そのときだ。

ちなみに こっちが
マークしてることに 気付いてる。

それでも 彼は実行するはずだ。

(小田切)帝都ツーリストの
三城 康介の 交友関係を

片っ端から当たりましたが

今 どこにいるか分からない。

南 やつの携帯のGPSは?

おそらく 飛ばしの携帯を
使ってるんでしょう。

相変わらず
まったく探知できません。

(南)ただし
森岡さん親子を拉致した車を

Nシステムで捉えましたよ。

ここ数日で 三度
大森 周辺で 探知。

区民会館の半径3km圏内に

いるはずです。
周囲の防犯カメラで

探っているんですが
まだ 見つかってません。

そこから見つけだすしかない。
(山内)とにかく

現場に向かいます。

(小田切)OK。

滝本 健三 出てきた。

追尾するよ。

(東堂)ミハンが 三城 康介の
動向を キャッチしました。

(東堂)5分前
駅前にあるスーパーで

クレジットカードを利用。

その周辺にいるはずです。

(山内)了解。
(東堂)それと

犯罪を取り仕切っている人間の
正体が 分かりました。

桜木 泉の 手帳に 記されていた

大企業の幹部や
政治家 官僚の家族。

公にはされていませんが

彼らは 海外で
誘拐に巻き込まれていました。

(東堂)帝都ツーリストの三城は
VIPの旅行情報を流していた。

(山内)組織的に
お金を引き出せる相手を

ピンポイントで
誘拐してたということか。

彼らが行ってる犯罪は
誘拐ビジネス。

(小田切)でも
何で 国家公安委員長の命を?

滝本さんは 誘拐ビジネスを
一掃させるために

対策を進めている 急先鋒です。

だから SPを使い
暗殺しようとしているのか。

石塚 辰也は そのテロの片棒を
担がされようとしてるんだ。

ねえ 山内君 まだ見つからない?

(山内)
まだ 居場所を特定できてません。

どうか 間に合いますように。

(東堂)井沢さん
もしもの場合 お願いします。

あなたが 彼を止めてください。

はい。 はい。 了解。

あそこの駐車場に入ってください。
(男性)えっ?

この車両に 爆弾が仕掛けられてる
情報が 入りました。

爆弾?
(石塚)早く入って。

あっ はい。

石塚が動きだしたよ。

(石塚)降りてください!
早く! 早く!

そこの車に乗ってください!

(男性)うっ ぐっ…。

(滝本)
君 いったい どういうことだ?

んっ…。 がっ… うっ…。

んっ…。

森岡さん親子を拉致した犯人を
捜し出してるとこです。

あなたが人を殺せば

被害者
そして 被害者遺族が生まれ

悲劇の連鎖が始まる。

あなたを 人殺しにはさせない。

下手なことをすれば

今 この瞬間に 森岡さんたちが
殺されるかもしれない。

邪魔をするな。

♬~

♬~

あっ! あっ…。

(せき)

あっ…。 ったな…。

あっ…。 あっ ちょっ…。

♬~

♬~

頼む。

邪魔すんな。

あなたを殺したくない。

あなたに人は殺せない。

(叫び声)

あっ…。

あ~…。

(バイブレーターの音)

分かった。

間に合いましたよ。

あなたが
一線を越えなくてよかった。

えっ…。

(幸子)石塚さん。 石塚さん!

(翠)
石塚さん! 石塚のおじちゃん。

(男性)あっ…。

(幸子)
聞こえてますか? 石塚さん!

ケガは?

(幸子)私も翠も 大丈夫です。

私たちを
助けてくれた人がいるんです。

俺の目の前にも

命を懸けて守ってくれた人がいる。

あ~ よかった~。

これ。

(石塚)
ごめんな 巻き込んでしまって。

(山内)こいつらは しょせん
誘拐ビジネスの手下にすぎない。

本丸の証拠をつかむ。

早く
森岡さんたちを 石塚さんの元に。

分かった。

もうね 大丈夫だから。

じゃあ 行きましょう。
(幸子)はい。

♬~

(小田切)助手席いいですか?
(男性)はい。 どうぞ。

(電子音)

よし。

うっ…。

熱っ。

(翠)おじちゃん!
(石塚)翠ちゃん!

よかった…。

ごめんな。

(石塚)井沢さん!

(翠)お姉ちゃん

ありがとう。

お兄ちゃんにも言っといてね。

うん。

(石塚)行こう。

ハァ…。

何? どうしたの?
いや

さっきから 山内さんと
全然 連絡 取れないんですよね。

えっ?

まさか…。

(山内)うっ…。
(男性)吐けよ こら。

(男性)あ~? こら。

お前 何者だ? あっ? 警察か?

こら!

おい!

(男性)お前 どこまで知ってる?

(男性)フッ…。 おい! おら!

話す気がないようだな? んっ?

≪(物音)

(物音)

♬~

桜木さん…。

あなたが

桜木 泉さんですね。

(東堂)『絶対零度』の…。

(東堂)奮って ご応募ください。