どらまろぐ

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしております。解析結果を公開しつつ関連商品も紹介します。解析結果の信憑性が確認できるよう解析用ソースも引用掲載しますので、見逃し番組の確認にも役立つ(ネタバレ)かも?

花のち晴れ 第11話 最終回【最強ラブコメついに完結!自分らしくいられる好きな人】

『火曜ドラマ「花のち晴れ」【最強ラブコメついに完結!自分らしくいられる好きな人】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数BEST10&ワードクラウド

  1. 天馬君
  2. 神楽木
  3. 試合
  4. お前
  5. 愛莉
  6. 司会
  7. 応援
  8. 好き
  9. 自分
  10. ホント

f:id:dramalog:20180627062338p:plain

『火曜ドラマ「花のち晴れ」【最強ラブコメついに完結!自分らしくいられる好きな人】』の解析用ソース(番組内容ネタバレ注意!)&EPG情報の引用

(利恵)あっという間だったわね

応援する暇がないぐらい

(由紀恵)神楽木君 心配ね

さっき
お怪我なさったみたいだし

もう棄権なさったほうが…

 

杉咲花×平野紫耀(King & Prince)×中川大志×飯豊まりえの四角関係ついに決着!音が本当に好きなのは晴か?天馬か?4人の恋の結末は!?

詳細情報
番組内容
初日の柔道で右手首を痛めてしまう晴(平野紫耀)。心配するC5メンバーだが、晴は落ち込んでいる暇はないと血気盛んだ。二日目の試合の朝、試合会場へ向かった音(杉咲花)は、晴と共に近衛が絡まれている現場に遭遇。その人物は自分を襲った犯人だった。さらに天馬(中川大志)も襲撃の黒幕が近衛だった事を知り、衝撃を受ける…。果たして音を巡る晴と天馬の“恋の決闘”の行方は!?それぞれが下した最後の決断とは--。
出演者
杉咲花
平野紫耀(King & Prince)
中川大志
濱田龍臣
飯豊まりえ
今田美桜
鈴木仁
中田圭祐

嘉島陸


反町隆史

松田翔太

木南晴夏
堀内敬子
テット・ワダ
志賀廣太郎
高岡早紀
滝藤賢一
菊池桃子
原作
神尾葉子
「花のち晴れ~花男 Next Season~」
集英社少年ジャンプ+」連載)
脚本
吉田恵里香
(「センセイ君主」「ヒロイン失格」「レオン」ほか)
音楽
【主題歌】
King & Prince
「シンデレラガール」
(Johnnys’ Universe)

【イメージソング】
宇多田ヒカル
(EPICレコードジャパン)

【音楽】
大間々昂平野義久、鈴木真人、羽深由理
スタッフ
【プロデューサー】
瀬戸口克陽
花男シリーズ、99.9ほか)

【協力プロデューサー】
齊藤彩奈

【演出】
石井康晴
花男シリーズ、ウロボロスほか)
公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/hana_hare/
★番宣出演情報、キャストインタビュー、現場レポート「時々(ドキドキ)レポート」、「花のち晴れの世界」など更新中
公式ページ2
【公式twitter】
https://twitter.com/hanahare_tbs
★番宣出演情報、杉咲花さん、中川大志さんほか、現場の裏側写真公開、平野紫耀さん撮影のキャスト写真も!
公式ページ3
【公式instagram】
https://www.instagram.com/oto_edogawa/
主人公・江戸川音を演じる杉咲花さんが「音」として、インスタグラム更新中!

 

(天馬)彼は棄権なんてしませんよ

必ず試合に現れます

(利恵)あっ そうだ これ

(由紀恵)素敵な式場ですね

ここ 仮押さえしといたわ

(音)えっ?
この前 話したでしょ

18歳のお誕生日に
式を挙げられたら素敵ねって

明日 試合の決着がついたあと

結婚式のことを
発表するっていうのはどうかしら

ちょっと照れくさいけど
素敵だね

天馬君は?

僕も いいと思う

ねえ お母さんにも見せて
うん

《お店に連絡して
予約を繰り上げたいって》

《はい 承知いたしました》

《あの!》

《(神楽木)ああ 君は…》
《明日もいらっしゃいますよね》

《見届けてください
だって この試合は…》

《私が二人をけしかけた》

《君をかけてね》

《これで息子も
あなたへの気持ちを断ち切り》

《迷惑をかけることもなくなる》

《神楽木君が負けると思って
この試合を提案したんですか?》

《彼は必死に もがき続けています》

《あなたに
ただ褒めてもらいたくて》

《お話できてよかった》

ふ~ん
こっちはシックな感じなのね

うん
どっちが好き?

(晴)何で練習に
行っちゃいけねえんだよ

(小林)お医者様も
おっしゃっていられましたよ

安静にしてたら馳に勝てるのか?
違うだろ

(杉丸)安心した
(愛莉)ねっ

もっと
落ち込んでるのかと思ったのに

落ち込んでる暇なんてねえよ

(一茶)そういえばメグリンは?
(愛莉)来れるわけないでしょ

どんな顔で晴と会えばいいのよ

(一茶)けど 晴は怪我してるのに

あいつのことは悪く言うな
悪いのは全部俺だ

(海斗)
とにかく 今日はゆっくり休め

落ち込んでようが何してようが
明日勝てなければ全部終わりだ

終わらせねえよ 絶対に

坊ちゃん!
イテッ!

ハハハッ 失礼
えっ 何すんだよ?

(由紀恵)音ちゃんも色々と
複雑よね

本当は二人とも
応援してあげたいわよね

天馬君を応援するって
決めてるから

じゃあ 二人とも
悔いなく戦えますようにって

お祈りするのは?

<これだけ
神楽木の控え室に置いてこよう>

<この時間なら
誰にも見つからずに…>

スパーッ!

シャーッ!

シャーッ!

シャーッ!

<神楽木 こんな早くから練習を?>

バシュッ! バシュッバシュッ!

決まったーっ!

神楽木晴君 見事 皆中~ッ!

The winner is 神楽木~!

花火 バ~ン!

歓声ド~ン!

せーの 神楽木! 晴!

神楽木!

江戸川!?

いっ いっ いつからそこに?

バシュッ! バシュッバシュッ!
あたりから

マジか…

何してんの?

イメトレだよ
はあ?

イメージトレーニング 医者から試合ギリギリまで
手首休ませろって言われてんだよ

あんな騒がしい
弓道の試合ないでしょ

ていうかイメトレなら
弓道場来なくていいし

いちいち うるせえな

これ

ワシントン?

また俺に返すのかよ
違う

あんたに今 一番必要なものだから
貸してあげる

えっ?

私 天馬君を応援する

でも 神楽木にも全力で
正々堂々と戦ってほしいから

ワシントンの力は
すごいってあんた言ってたし

ありがとな

手 大丈夫なの?

ヒーローは常に
逆境に立ち向かうものなんだ

ホント しょうもない

えっ 何?

いや お前のその口癖

最初の頃はメチャクチャ
ムカついたけど

久々に聞いたら何かいいなって

何それ

しょうもない自分も悪くねえって

今 俺が思えてるからかもな

(近衛)帰ってください 迷惑です!

(青山)デカい声出すなって
お話し合いだよ お話し合い

(近衛)離してください
(青山)ちゃんと歩けよ!

もう十分な金額は
お支払いしたはずです

(青山)まだまだ全然足んねえよ

ちょっと しっかりしてよ

(青山)
痛い目見ないと分かんない?

やめろ!

ちょっと 今の何?

仕方ねえだろ 怪我してんだから

何だよ お前ら!

《キャー!》
《英徳に未来はない》

この人 私を襲った犯人!

何だと?
誰かーっ!

誰か! すいません!

ここに悪者がいます 誰かーっ!

(赤城)おい ヤバいって 行こう
誰か すいませーん!

クソッ

大丈夫か?

お前が馳さんの邪魔をしなければ

僕が手を汚すこともなかったのに

(赤城)うっ イッテ!

近衛 どういうことだ?

答えろ 近衛

だから そいつが金払って
俺達のこと雇って イテテテッ

3人とも 警察に行くぞ

音 ホントにごめん

帰ったら
ちゃんと話をさせてほしい

大丈夫だよ 天馬君

えっ?

私が言ってたこと

嘘じゃないって
天馬君に分かってもらえたから

あなた達も
もう私達に近づかないで! いい?

分かりました なあ?

ああ ああ!

イッテ!

(近衛)馳さん…

来るな

お前と話すことはない

僕の前から消えてくれ

消えろ

音…

ごめん

音はずっと
正しいこと言ってたのに

信じてあげられなくて

天馬君…
ごめん

一人にしてほしい

(愛莉)
英徳側の応援はゼロかもね

昨日の晴の負けっぷり見たら

その分 俺達が応援してやればいい

(一茶)ねえ 見てよ

(杉丸)昨日より 増えている

(麻美)来られない生徒の分も
メッセージもらってきました

(京子)
神楽木さんの力になりたくて

キャーッ!

そんなこと言うから
ハグしたくなっちゃった

<よかったね 神楽木>

<多くはないかもしれないけど>

<届いてる人には ちゃんと
届いてるよ 神楽木の思い>

ねえ 海斗達が欲しかった品格って

こういうことなんじゃない?

かもな

(司会)ただいまより
神楽木晴君対 馳天馬君の交流試合

第2回戦となる弓道を行います

(拍手)

音さんも緊張しちゃうわね
えっ?

だってこのあと 天馬さんと
お式のことスピーチするんだから

(司会)それでは選手の入場です

頼むぞ ワシントン

(司会)は… 馳君?

(司会)馳君?

申し訳ありません

<何だよ おい>

<天馬君?>

(司会)試合方法は的中制で
4本中 何本が的に当たるのか

その数を競います
先攻は神楽木晴君

(司会)神楽木君?

この試合の延期を提案する

(ざわめく)

今日は色々 フェアじゃねえ

晴 どうしちゃったの?

<神楽木 天馬君を思って?>

いいんだ 神楽木
僕のことは気にするな

お前も 怪我してるだろ?

けど…

(司会)どうされるんですか?

やります

(桃乃園学院の生徒達の歓声)

分かったよ

(司会)
では改めて試合を行います

先攻 神楽木晴君

おお~っ!

今日の晴 すごくない?

けど 馳天馬が真ん中にスパーンと

何!?

うわっ 外した?

大丈夫よ まだ1投目だから

天馬君

<何か今日の俺 すごい>

一体 どうなってんの?

<まさか… ワシントン効果か!?>

右手のお陰か
えっ?

西門さんが言ってただろ

《(西門)
利き手にはどうしても力が入る》

《力が入っているうちは
矢が乱れる》

(海斗)利き手を怪我したお陰で
余計な力が抜けた

それは剣道にも通ずる

右手は力を抜き
竹刀に添えるだけが基本だ

マジか
まさに怪我の功名

(ざわめく)

(一茶)おい あれ

天馬君 どこか悪いのかしら?

≪ああ~ 惜しい もうちょっと
≪切り替え 切り替え

≪頑張って!
≪大丈夫 大丈夫

(桃乃園学院 生徒達)おお~!

<こっ これが決まれば
俺の勝ちだ>

<決めろ 晴>

<このチャンスにしがみつけ!>

よしっ!

あ… あれ?

晴が…
勝った

(めぐみ)やった!

(司会)勝者 神楽木晴君!

神楽木さん 最高!

(英徳学園の生徒達の歓声)

<確かに 神楽木はすごかった>

<けど 天馬君を>

<一人にしなきゃよかった>

(ノック)

天馬君

明日は必ず勝つから

音…

近衛のことだけど…
それは もういい

えっ?

天馬君が これまで
私にしてくれたみたいに

天馬君がピンチのときは

私が必ず助ける

言ったでしょ
電話しても出ないって

家にも戻ってないみたいだし

もう やめよう

待って もう一カ所だけ
えっ?

天馬君が
近衛さんを助けた場所ってどこ?

晴君

何か 久しぶりだね

だ だな…

あれ?

もしかして 何か照れてる?

んなわけあるか バカ!

今日の野菜炒めは自信作

ああ

うわっ レインボーカラーかよ

さあ ボナペティ!

いただきます

何だ これ? 酸っぱいんだけど

運動した体にはクエン酸でしょ?

少しは まともな腕に
なったと思ったのに

今日は音のレシピじゃなく

メグリンスペシャルで
いきたかったから

宣誓! 私 西留めぐみは

明日は全力で
晴君を応援することを誓います

えっ?

そのために

晴君と お別れします

言っておくけど
諦めたわけじゃないよ

多分 ずっと晴君が好き

自分が諦めるまで
好きを諦めない

けど 晴君を解放します

だから 全力で戦って

ごめん

たくさん 傷つけて

嫌な思いさせて

俺…

ダメだよ
最後は笑顔でお別れしなきゃ

めぐみ

頑張れ 晴君

ラブパワーMAXで 突進あるのみ

じゃあね

バイバイ

(愛莉)はい 泣くのストップ

えっ?
ほら 行くよ

どこに?

急いで アネゴが待ってる

アネゴ?

近衛さん

僕はここで 馳さんに救われました

生き甲斐をもらったのに

どこから
間違ってしまったんでしょう?

私も いっぱい間違えたから

分かるよ その気持ち

たった一度の失敗で

その人を責め続けたり

許さなかったりするのは嫌

そういう人間にはなりたくない

音…

ごめんなさい 音さん

ごめんなさい!

ごめんなさい!

ごめんなさい!

ごめんなさい

剣道の稽古

つきあってくれるか?

はい

ありがとう

(携帯着信)

うん?

(愛莉)お待たせ~

えっ?

音…
何よ 愛莉が呼んだの 悪い?

悪くないけど
何?

好きな友達誘うのに
理由なんている?

(愛莉)早く~

は~い

アネゴ~! お邪魔するわよ

(ミータン)ちょっと待った!

え? わわわっ 何 何 何?
誰?

ハニー!
(紺野)ミータン!

俺と 俺らのベイビーと

孫と ひ孫の代までずっと一緒に

たこ焼きパーリーしてください!

オフコース ミータン!

(三人)えーっ!
メッメッメッメッメッ メグリン!

メグリーン! 慈悲深え

じゃあ ずっと音信不通だったのは

指輪を買うための
バイトをしてたってことですか?

そういうこと~

俺とのベイビーとタコパしたいなんて
ドリーム語られたら

男! 見せるしかないっしょ

けど連絡はちゃんとしたほうが

ミータン 一個のことしか
考えられないの

そんな不器用な生き方

ドルルルン
ドコドン

マジ ロックっしょ? ジャーン!
ジャーン!

ねえ 大丈夫?
ホントにこんなのと結婚して

いいの
ミータンといるときのウチが

宇宙イチ 好きなんだから~

私も そんなふうに言いたかったな
(紺野)えっ?

私は逆だったから

宇宙イチ 自分が嫌いになる前に

ケリをつけたんです

それって お別れしたってこと?

はい

そういうことだから 音

話してくれてありがとう

正直 驚いた

けど…

私は天馬君と生きるって
決めたから

音は

今の自分が宇宙イチ好き?

もちろん

そっか 頑張ったね メグリン

結局

最後まで
好きになってもらえなかったな

(愛莉)そんなことない

あんた 最初はムカついたし
大っ嫌いだったけど

いい女だよ
晴だって嬉しかったはずだよ

あんたがいて救われたこと
たっくさんあったはずだよ

アイリーン

愛莉もメグリンも
たーくさん恋して

宇宙イチ
自分を好きになるんだから

分かった?

うん

明日は 晴君を全力で応援する

うん

イエイ フフフ

美少女も 女上げたね~
でしょ~

はい! じゃあ俺
立候補していいっすか?

ミータン?

冗談だよ
(紺野)冗談かどうかは私が決める

(ミータン)嘘だよ
(紺野)今の ちょっと

本気入ってたよね
(ミータン)いや 入ってないよ

えっ?

江戸川 ちょっといいか?

話って何?

お前に
言わなきゃいけないことがある

実は この試合は
馳と ある賭けをしていたんだ

えっ その話?

なんだよ 知ってたのか?

なら話は早い…
私には賭けなんて関係ない

私は 神楽木がこの試合に勝っても

天馬君のそばにいるよ

天馬君と一緒に生きていくって
決めたから

神楽木の幸せをずっと祈ってる
別に この試合に勝っても

お前が手に入るなんて
思ってねえよ

えっ?
お前は お前の好きにしていいんだ

そのことだけを言いに来た

じゃあ 何で賭けを?

もう 自分に嘘をつきたくない

それだけだ

江戸川

俺は勝つ

それで明日 試合のあと待ってる

恵比寿ガーデンプレイス
時計広場で

だから…

私は行かないよ
それでもいいんだ

俺がそうしたいだけだ

急に邪魔して悪かったな

じゃあな

<神楽木のまっすぐな気持ちが
苦しかった>

<けど>

<私の気持ちは決まってる>

天馬君 何か欲しいものある?
飲み物とか

そばに音がいてくれれば 十分だよ

ねえ おなか大丈夫?

言うなよ
思い出すと痛くなるんだよ

ここまで来ても ヘタレは健在か
フフッ

うるせえな
晴 お前に言いたいことがある

今まで英徳のためと言って
晴にひどいことを言ってきた

悪かった

はっ? 何言ってんだよ

それはお前が英徳を思って…

そうだ それが正しいと思ってた

けど 結局
お前が誰かの心を動かしたのは

ありのままのお前のときだった

《俺を信じてくれ》

《神楽木 神楽木》

そんなお前が みんな好きだから

俺達も みんなも

あの西門さんも応援してるんだ

海斗…

俺達は そんなお前を
友達として

誇りに思う

(海斗)今日は 晴らしく

全力を尽くせ

バカ

急に優しくされると
泣きそうになるだろ

晴れた空の価値は

曇り空を知ってこそ分かる

うんっ どういう意味だ?

ていうか 今のって誰の名言?

BY 栄美杉丸だ

え~っ まさか自分の?

しかも それっぽいことを
言ってるだけで 浅い

そだね~
だからそれは名言じゃないだろ

(愛莉)杉丸って
いつから名言覚えてるの?

(杉丸)生後2カ月
(一茶)まだしゃべれないでしょ

皆さん 全身全霊で
馳さんを応援しましょう!

イエーイ!

みんなも負けずに応援するよ!

オー!

晴君 頑張れ~

<みんな 自分らしく笑ってる>

<私も 自分らしく生きるんだ>

音ちゃん 大丈夫?

天馬さんが負けるわけないでしょ

昨日は ちょっと
調子が悪かっただけよ

ですね

(司会)まもなく
神楽木晴君 対 馳天馬君の

最終試合となる剣道を行います

<これで すべてが決まる>

(司会)試合は4分間
一本勝負で行います

<とうとう最後の勝負>

《馳天馬は 面が得意らしいな》

《はい 海斗が言ってました》

《よし ちょっと面打ってこい》

《えっ でも》
《いいから》

《面!》

《晴が勝つには 抜き胴しかない》
《抜き… 胴?》

《お前は 抜き胴だけを練習して》

《あいつが面を繰り出す
一瞬を狙え》

(司会)それでは選手の入場です

ただいまより 神楽木晴君 対
馳天馬君の交流試合

勝戦を行います!

(拍手)

晴 頑張って~!
晴~!

(審判)はじめ!

<一瞬を>

<絶対 見逃さない>

<ちゃんと見届ける 最後まで>

<俺は江戸川が好きだ>

<好きを諦めない>

<絶対 好きを諦めない>

<好きを…>

<どんな結果であろうと
私はもう決まってる>

<好きを諦めない 好きを>

<もう この気持ちは曲げない
曲げちゃいけない>

<ヤバい 外した>

<俺は江戸川が>

<俺は江戸川が>

<あっ>

スキッ!

つ… 突き 一本!

えっ?

晴君 すごい!

(拍手と歓声)

(愛莉)ねえ まさか今のって…
完全なラッキーパンチだな

何と
(海斗)実に晴らしい

よかった ホントによかった

もしかして 一茶 泣いてるの!?

悪い?

ぶっちゃいけど悪くないよ フフッ

晴君 おめでとう!

かっこよかったよ!

うおっ

(司会)勝者 神楽木晴君!

(歓声)

(愛莉)晴~!

(歓声が大きくなる)

わっ
あっ


お疲れさま 大変だったね

さあ 早く片づけて帰ろう
何か おなかすいたね

フッ

ねえ

一つ お願いがあるんだけど
いい?

何?

音の野菜炒めが食べたい

うん 分かった

(利恵)バカバカしい

こんな試合で 子供達の人生
台なしにするわけには いかないわ

けど 子供達が真剣に考えて
出した答えなら

本気で言ってるの?
すべて白紙に戻ってしまうのよ

けど…

(誠)それもまた 人生だよ

誠さん!?

(誠)船が早く着いたから
急いで来てみたんだ

誠さん!
ただいま

お帰りなさい

あんな バカみたいに一生懸命な
試合見てたら

応援するしかないですよね

子供達は どうしても
親の都合に巻き込まれてしまう

だからこそ

子供達が一生懸命 考えたことなら

どんな答えでも
受け止めてあげたいんです

私からも お願いいたします

ありがとな ワシントン

(足音)

見に来てくれてたんですね

ああ

約束は約束だ 好きにしろ

何だ?

言いたいことがあるなら
はっきり言え

俺は完璧じゃない

けど

いつか認めてもらえるように
頑張ります

はあ ハッハッ

完璧な息子しか

いらない

(遠ざかっていく足音)

今日のお前は 10点中…

6点だ

すごいね音は 1年前は 包丁だって
握ったことなかったのに

すごくないよ
簡単なものしか作れないし

はい 完成

いただきます

フフッ

うん おいしいよ

よかった

ホントにありがとう

えっ?

今まで 音がいてくれて
本当に救われた

音との思い出は 全部宝物だ

何言ってるの?

改めて きちんと向き合ってから

さらに音が好きになった

ホントに ホントに

大好きだった

けど…

音を変えたのは

僕じゃなくて

神楽木だった

今日の試合も そう

いっつもミラクルを起こすのは
神楽木なんだ

ずっと分かってたんだ

けど… 認めたくなくて

つなぎとめたくて

僕の大好きな音を
僕が つぶしかけてた

そんなことない

全部 私がいけないの

天馬君のこと傷つけたくないのに

大切なのに

天馬君 天馬君が…

天馬君のことが…

うん

分かってる

もう終わりにしよう 音

僕が音にできるのは

音が 音らしくいるために
背中を押すことだ

天馬君

もう周りを気にしなくていい

自分の気持ちに従って

ありがとう 音

最後まで

僕を選ぼうとしてくれて

それだけで 僕は十分幸せだよ

ほら もう泣かない

僕のためにも 笑って

さあ早く行って 僕は大丈夫だから

でも…
僕を誰だと思ってるの?

天を馳せる馬と書いて 馳天馬だよ

天馬君

ほらっ

行ってこい

あれっ 馳天馬

真矢さん?

音をタコパに誘いに来たんだけど

音なら 行っちゃったよ

ごめんね
せっかく来てもらったのに

もし暇なら一緒にどう?

ありがとう けど 遠慮しておくよ

えっ?
あんた かっこいいよ

ちょっと耳貸して

失恋の先輩として言っておく

これから 楽しいこと
たっくさんあるよ

そうかな?
そうだよ

愛莉 行くぞ

は~い じゃあね

(留守番電話につながり)天馬さん
由紀恵さんと話をしました

あなた達の決断に従います

それから
最後にこれだけは言わせてね

負けを知ったあなたは
もっと強くなる

じゃ 家で待ってるから
早く帰ってらっしゃいね

<あの日>

<あいつと出会って>

<(音・晴)世界が動き出した>

《あんたって ホントしょうもない》

<たくさんの人から力をもらった>

<(音・晴)たくさん
回り道をした けど>

《(道明寺)…ったく
しょうもない野郎だな お前》

《頼んだぜ 英徳を》

《大切なものを守るためには
強くなるんだ》

<完璧を目指して頑張る俺がいい
と言ってくれたから>

《それが
神楽木の良さだと思うから》

<メチャクチャだけど>

<真っすぐ突き進む強さを
教えてくれたから>

《俺はヘタレで 弱っちくて》

《ホントにしょうもない》

<(音・晴)大嫌いだった自分を
ほんの少し 好きになれた>

<自分らしく いられた>

<あいつに会ったら 何から話そう>

<ささいだけど特別な毎日の中で>

<あいつとしたいことが
たくさんある>

<あいつの弁当が食べたい>
<くだらない言い合いをしたい>

《うまぁ~い!》

《今日の野菜炒めは極上だな》

《そう?
神楽木を思って作ったからかな》

《バカ やめろよ キュンとするだろうが》
《はあ?》

《うまぁ~い!》

《(音・晴)うまぁ~い!》

《♬~私が お前の》

《♬~白馬の王子様》

《♬~永遠に》

<あいつに触れたい>

<おなかを抱えて笑いたい>

《おい》
《だって》

《ホントしょうもない》

《でも 悪くねえだろ?》

《だね》

<(音・晴)こんなこと言ったら
笑うかな?>

<あいつに会ったら言おう>

<神楽木が>
<江戸川が>

<(音・晴)大好きだって>

<それから>
<それから>

<それから>
<それから>

<それから>
<それから>

<それから>
<それから>

<それから…>