どらまろぐ

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしております。解析結果を公開しつつ関連商品も紹介します。解析結果の信憑性が確認できるよう解析用ソースも引用掲載しますので、見逃し番組の確認にも役立つ(ネタバレ)かも?

火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第7話 下劣男に神の制裁!?ついに結ばれる2人

『火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第7話 下劣男に神の制裁!?ついに結ばれる2人』のキーワード出現数BEST10

  1. 吉崎 28
  2. 星名 25
  3. 小川 12
  4. 彼女 10
  5. 意味 8
  6. 映美 8
  7. ホント 7
  8. 順調 7
  9. 飯田 7
  10. ダメ 6

『火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第7話 下劣男に神の制裁!?ついに結ばれる2人』の番組内容&情報(ネタバレ注意!)

<マツコと吉永小百合が初共演>

<お楽しみに>

(映美)幸ちゃんの彼女って
この前会った人?

(星名)吉崎さん お前のやったこと
まだ知らないもんな

(牧村)いいものがあるんだ

 

吉崎の元カノ・映美の存在に悶々とする今日子は吉崎が自分の過去を知ってしまったことを知り…一方、星名は自分に価値のない人間を排除し始める!

詳細情報
番組内容
吉崎(桐谷健太)と付き合い始めた今日子(吉岡里帆)だが、吉崎の前に度々現れる映美(中村アン)に気を揉んでいた。ちゃんと聞こうと思っても言葉に出せないまま悶々と日々が過ぎていく。一方、ラプワールでは堀田(瀬戸朝香)と八木(鈴木紗理奈)の2名体制での新ブランド立ち上げが正式決定。しかしそこに飯田(石橋杏奈)の名前はない。何とか星名(向井理)とつながっていたい飯田はマンションを訪れるが冷たい言葉を投げ
番組内容2
かけられてしまう。ある日、今日子は吉崎があのストリップ動画を見てしまったことを知る。一番知られたくない過去を一番知られたくない人に知られてしまった。それを知った星名は会社でも覇気のない今日子に迫る。
出演者
小川今日子・・・吉岡里帆
吉崎幸次郎・・・桐谷健太

飯田彩香・・・石橋杏奈
成川映美・・・中村アン
白崎達夫・・・長谷川朝晴
為末れいか・・・田中真琴
牧村英二・・・山岸門人
稲垣栞里・・・周本絵梨香
八幡俊輔・・・永岡佑
北園郁美・・・岡江久美子

スズキ次郎・・・ムロツヨシ

八木泉・・・鈴木紗理奈
堀田麻衣子・・・瀬戸朝香

星名漣・・・向井理
原作
天堂きりん「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)
脚本
脚本:吉澤智子
音楽
音楽:出羽良影
主題歌:E-girls「Pain, pain」
挿入歌:MONDO GROSSO 「偽りのシンパシー」
スタッフ
編成:磯山晶 池田尚弘 中島啓介
プロデューサー:佐藤敦
演出:金子文紀
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/kimisumi/
◇twitter
@kimisumi_tbs
https://twitter.com/kimisumi_tbs
◇instagram
https://www.instagram.com/kimisumi_tbs/

 

(為末)何ですか? これ

僕の部屋の鍵
返してもらえませんか

(飯田)絶対 星名さんと
別れないから!

成川映美って
吉崎さんの元カノなんだってね

(今日子)えっ?

ホントだ
確かに ここの描写はいらないかも

(吉崎)うん ここは読者の想像に
任せた方がいいんじゃない?

映美はきっと この子が
この先救われるっていう未来を

書いてあげたく
なっちゃったんだろうけど

やっぱ幸ちゃんに
私のこと全部バレちゃうな

素人の感想だから

何言ってんの
ホントありがとう

今のとこ直してみるね
うん

次は幸ちゃんの新作 読ませてね
だから 俺はもう小説…

じゃあ もし気が変わったら

一番に私に見せてね

あっ 春山先生の新刊読んだ?

読んだ読んだ 震えたね あの…

帰り道!
そう!

会社の後輩に話しても
全然分かってくんなくて

まあ 若いからかな~
(映美)うん?

あっ… 映美も見た目 若いよ
若い

中身はおばさんってこと?
いい意味で いい意味で

いい意味でっていうフォローくらい
意味ない言葉ない

あっ…

(堀田)ということは

堀田さん 八木さん 2名の
デザイナー体制での新ブランド立ち上げを

常務に承認いただきました

やった!
(稲垣)ヨッシャー!

すみません 相談なく
私から上にあげてしまって

(白崎)いや~ さすが
私が話してたら即却下でしたよ

ええ

(市ノ瀬)あの… 飯田さんは?

外れてもらいます

材料課からは 稲垣さんと
小川さんで十分でしょう

どうした?
あっ…

新ブランドが決まったのに
テンション低いな

そっ そんなこと…

ただ いっ 飯田さんが…

彼女の力不足だ

もしかして
星名さん 飯田さんとはもう…

さすが プライベートが順調だと

上から人のこと心配する
余裕もお持ちで

そんなんじゃないです

順調なんだろ?

じゅん… 順調ですけど…

嘘がヘタクソだな

じゅ… 順調です
分かるんだよ 俺には

あの男みたいに恵まれた世界で
順調に生きてこられたやつに

お前のことは理解できない

星名さんだって
順調な人生じゃないですか

仕事もできて
昔から女の人にモテて

顔もよくって
顔?

失礼します

順調な人生…

《(星名の父)
その顔で俺を見るな!》

《(郁美)漣 大丈夫?》

《お父さん
僕の顔 嫌いなのかな?》

《漣…》

《ごめんね》

《ごめん》

♬~

(スズキ)ドラマ化!?
「俺に届け 響け!」が?

はい
僕のマンガがドラマ化?

はい

何すか 何?

あっ ドッキリじゃないです

先生の許可が出れば
この秋からにも

やった~ やった やった 痛い
やった~!

よかったですね 先生
芸能人に会える

そこ?
やっぱりあれですよね

出演する女優さんと
対談とかありますよね

髪の毛ストレートにした方がいいですね
その方が見栄えが クルクルすぎま…

ただ一つ… ただ一つ

局側から変更点の話があって

えっ?
実は マルミちゃんのキャラを

女装男子の男の娘から

普通の女の子に
変更したいそうなんです

マルミを普通の女の子にですか?

どうしてもデビューさせたい
新人の女優がいるらしくて

そこさえ 先生がOKしてくれれば…
ちょ ちょ ちょっと待って

確かに 確かに 確かにマルミは…
確かに脇のキャラではありますが

僕にとっては思い入れのある
大事な子なんです

はい もちろんです

ただ ドラマ化されれば

もっと多くの読者に
届けることができます

俺は1人でも多くの人に…
僕は納得できません

これ以上の変更はしないように
先方には約束させます

だから 俺を信じて
許可していただけませんか

スズキさんの気持ちは
よく分かります ただ…

分かってませんよ!

吉崎さんを見損ないました

編集者はマンガ家の
一番の味方とか言って

結局は
売りたいだけじゃないですか

まあ仕方ないか

こっち側の人じゃないですもんね

今日は帰ります

<何て聞いたらいいんだろう>

<あの写真は
吉崎さんの部屋ですよね?>

<じゃ ストレートすぎるよね>

<心の友と書いて
心友」というのは>

<イケてますね とか?>

お~い どんだけ巻くつもり?

あっ! いや ちょっと…

おなかすいてて

あっ あっ あの…

ばっ バレンタインの人形って

もう
捨てられちゃったりしてますよね

それか 家じゃなくて

一人暮らしの部屋風のレストランに
寄付したり

ちゃんと棚に飾ってあるよ

棚!?
えっ まずかった?

えっ いや…

今日 変だね 何かあった?

<そっか
何かあった? でいいのか>

でも さっきから…
あの!

何かありました?

えっ?

ああ… ちょっとヘコんでるかな

えっ?
スズキ先生にね

一番の味方だなんていっても

結局は売りたいだけじゃないか
って言われちゃって

えっ なっ 何でそんなこと…

先生の言うとおり 知らないうちに

こっち側じゃ
なくなってたんだなって

こっち側?

ああ ごめん

こんなわけ分かんない話
聞かされても困るよな

あっ 全然そんなこと

<こんな時に映美さんのことなんか
聞いちゃダメだ>

仕事の話はやめよっか

あっ じゃあ
吉崎さんの出身ってどこですか?

名古屋
うちは90になるばあちゃんと両親

で 兄貴の家族が一緒に住んでて

俺が帰省したら全員集合で
毎回飲みっぱなし

仲いいんですね
うん

<うちとは全然違う>

実家は?
あっ… 日吉です

そっか 日吉だったら
すぐ帰れていいね

あっ あんまり実家には…

《(今日子の父)お前 少し
今日子にだけ冷たいんじゃないか》

《(信子)だって あの子の態度
見てるとイライラするんだもん》

《菜穂子みたいに
純粋にカワイイって思えないのよね》

帰っても居場所がないっていうか

母とうまくいってなくて

あっ お仕事大変な時に
こんな話してすいません

ううん

でも いつか分かり合えるといいね

<そんな簡単じゃない>

えっと 小川さんは本は読む?
好きな小説家っている?

あっ 最近はちょっと…

そっか 忙しいもんね

あっ でも 成川映美さんの小説
今度読んでみようかなって

面白そうだなって

うん
彼女はハッキリした性格だから

書くものも繊細だけど
カラッとしてて

まあ そこがいいとこなんだけどね

私とは正反対ですね
うん いい意味でね

て ダメだ 意味ないな

意味ないなって…
いや そういうわけじゃなくて

<ダメだ
これ以上一緒にいると疑って>

<映美さんのことばっかり
聞いちゃいそう>

待ってください

小川さんですか?

やっぱり小川さんと
何かあったんですか?

言ってくれたじゃないですか
つきあってると思っていいって

忘れたんですか?
忘れました

カワイイって

私の方言 カワイイって

必死だな

別に僕じゃなくても
あなたなら田舎のご両親

同級生に自慢できる
東京の彼をつかまえられますよ

そんな…

私は 星名さんが好きなんです

私なら 星名さんを支えられます

支える?

たとえ…

お母様が 殺人犯でも

おっ… お母様がお父様をなんて

つらすぎますよね

誰から聞いたんですか?

それは…

《それに あいつは
人殺しの息子なんです!》

誰から 聞いたんですか?

まさか興信所でも雇ったのか?

ええ 驚きましたよ

あなたの弱みでも握ろうと
少し調べたら

予想外の過去が分かって

とぼけたい気持ちは分かりますよ
それは君の方だろ

かわいそうに

飯田さんのことが
好きだったんだろ?

だからってセクハラはいけないな

はっ?

そんなことはしていない!
それは被害者の証言次第だ

彼女 俺の言うことなら
何でも聞いてくれるからね

安心しろ

会社には
俺からフォローしてやるから

お忙しいところすみません

突然ですが
市ノ瀬君がラプワールを去り

本社に戻ることになりました

えっ!
えっ?

随分急な話ね

ええ 新ブランドもこれからという時に
本当に残念です

吉崎さん
ああ?

どうしても見てほしいものが
あるんですけど

「昨日はすみませんでした
吉崎さん お仕事大変なのに」

「私いっつも
自分のことばっかりで」

「もしよかったら
会社近くまで行くので」

「少しだけでいいので
会えませんか?」

やっぱり忙しいよな

吉崎さんなら来ませんよ

あっ どうも
お忙しいみたいですね

あなたみたいな女
私 一番嫌いです

えっ?

本当はしたたかで大胆なくせに

吉崎さんの前では
おとなしい女のフリして

あっ 私はそんな…
動画見ました

あなたが男の人達の前で脱いでた

だから展示会でも
下着になるくらい

平気だったんですね

えっ いや…

吉崎さん
すごくショック受けてました

(バイブレーター着信)

「ごめん 忙しくて」

「また連絡する
話したいことがあるから」

あっ…

<終わった>

<全部おしまい>

見せた?
為末って吉崎さんの会社の子に

データ渡しといた
あとは時間の問題でしょ

キョドコ大ピンチ

勝手なことしてんじゃねえよ

えっ?

まずかった?

あっ… そうだそうだ
あの子とはどうなの?

飯田さん?
最近連れてこないけど

ほしいならやるよ
もう使いみちないから

やっぱ持つべきものは友だな

友達だと思ったことねえよ

またまた 幼なじみだろ

大学で会った時は 驚いたよ
すっかり変わっちゃ…

変わったんじゃない

変えられたんだよ

《うわっ こいつ
5000円も持ってるぞ 生意気》

《星名のくせに》

《うっ…》

《星名のくせによ》
《学校来んな》

《牧村 お前もやれよ》
《えっ…》

《あっ 人が来た!》

《ヤベえ 逃げろ!》

《母さん》

《待って母さん その人誰?》

《母さん!》

<逃げられない>

<逃げられるわけなかった>

<あの 悪魔から>

お疲れ

牧村が悪かったな

で 吉崎さんは何て?

こういう時 いい人って
どんなこと言うんだろうな

教えてくれよ

こんなことに構うほど
吉崎さん暇じゃありません

会ってくれないのか

結局 いい人の吉崎さんも
そんなもんか

悪魔みたいか?

弱いやつはそうやって
すぐ人のせいにする

自分がやったことが
バレただけだろ

それは 星名さんが…
そう 俺が言ったからだ

普通はそれでもやらない
お前は何でやった?

何でだ?

あいつがいるなら

もうこれは必要ねえよな

あっ やめてください!

そういうことだろ?

違います ただ安心するから

だって 10年

星名さんがどうとかじゃなくって
私 これのおかげで…

お前は俺から逃げられない

(八木)小川

アホンダラ
まだ見積もりデータ届いてないで

えっ… 送ったはずなんですけど
すいません

星名さん 広報の戸田さんが
探してましたよ

分かりました

すっ すぐ見積もり取ってきます

大丈夫 届いてるから

えっ?

あっ…

ねえ

オガちゃんが前に言ってた
大学の先輩って

星名さんだよね

もうバレとる

今でも あの男が好きなんか?

でも
離れようとしても無理なんです

何で?

ずっと

子供のころから
どこにも居場所がなくって

1人で

でも…

《キョドコは そのまま
ありのままの自分でいいんだよ》

あの時 初めて星名さんが

星名さんだけが
私を受け入れてくれたんです

だけど その星名さんに
ひどいことされたんでしょ?

首まで絞められとったやんか

今だって 何か…

怖い…

怖かった

でも…

でも 1人でいる方が…

怖かった…

だけど

今は離れたいんだよね

よく考えてみなよ

過去にとらわれて
吉崎さん手放したらバカだよ

そうなんですけど…

でも…
奴隷みたいじゃん

もっと理性的になりなよ
大体さ…

あ~!

何で堀田が結婚できひんか
分かるわ

はっ 何で私?
そうヤイヤイ正論ばっかり言いなや

恋愛は 理性ぶっ飛んで
アホになるから厄介なんやろ

あんたも座り

何 急に… 恋愛上級者みたいに

少なくとも

アホな恋愛経験は
あんたよりはある

相手がクズでもな

そのクズに
救われることもあんねん

でも こないだ言ったやろ

過去の自分が 邪魔をする

で 今のあんたは

ただ指くわえて見てるだけか?

吉崎さん たぶんもう
私と別れるつもりです

オガちゃん

吉崎さんと
何があったか知らないけど

今の気持ちだけは

ちゃんと伝えなよ

もう… とりあえずあんた
顔洗っといで

仕事はしっかりしいや

はい

ありがとうございます

「今日の夜 会えませんか?」

「会社近くまで行きます」

「遅くなってもかまいません」

「俺も今日会いたいと思ってた」

「ゆっくり話したい」

ドラマ化か
悪い話じゃなさそうだけどね

もし映美だったら
どう伝えられたら納得できる?

う~ん…

自分が大事に書いてきた
登場人物が

同じ名前で別人になっちゃうのが
許せないのは

分かる気がするな~

やっぱりそうだよね

いっそのこと
全くの別人を登場させてみるとか

それなら
ドラマとして割り切れる気がする

なるほど

それで提案してみる

やっぱ

そっち側だな 映美は

大丈夫?
えっ?

人に弱みを見せるのが嫌いな
幸ちゃんが

私に相談なんてさ

話せる人いないの?

いないわけじゃないけど…

彼女は?

正直 分かんなくなっちゃって

向こうも俺のこと
分かんないのかもしれないけど

異次元って感じで

何それ

何だか試されることの連続でさ

1個だけ言っていい?

好き 昔よりも もっと

私が 幸ちゃんのことを
一番分かってると思う

私のことも 幸ちゃんが一番…

<きっと別れ話になる>

<だとしても 最後にちゃんと>

<私の今の気持ちを伝えなきゃ>

けっ 軽蔑… してますよね?

俺は まず何があったのか…
すいません

吉崎さんに嫌な思いさせて

謝ってほしいわけじゃないから

どうしてあんなことになったのか
聞きたいんだ

星名さんのことが
関係あるんだよね?

前に言ってた 電話がかかってくる
大学の先輩って

星名さんでしょ

はい
あの展示会の時も

下着姿で歩いたのは 彼のせい?

あの時 罰を受けなきゃって
言ってたよね

あれは何のこと?

君が彼にストーカーしてたって話は
ホントなの?

ストーカーなんかしてません
だったら何で?

もしかして

今も星名さんのこと…

逃げたいんです

逃げたい

逃げ出したい

何があったの?

小川さんの口から
ホントのこと教えてほしいんだ

本当のことなんか言っても
分かるわけない 吉崎さんには

家族みんな仲良くって
明るくて いい人で

分かるわけないって
聞いてみなきゃ分かんないだろ

聞いてどうするんですか?
別れる気なら

そんなこと聞いたって
意味ないでしょ

俺は…
知られたくないんです

吉崎さんには

吉崎さんにだけは
知られたくないんです

どうして

きっと好きが減るだけだから

そんなの つらすぎて

私は今日

ホントは
ただ言いたかっただけなんです

まっすぐ笑って

吉崎さんがこっち側とか
どっち側とか分かんないけど

分かんないけど

私は

吉崎さんの
一番の味方になりたいって

ごめんなさい

そろそろかな~と思ってました

キョドコ… あっ すいません

小川さん 大学時代のサークルじゃ
伝説のストリッパーなんです

まあ 星名に
言われたからなんですけどね

小川さん 星名に夢中で
あいつの言うことなら

平気で裸にでも
何でもなるやつなんですよ

すごいでしょ

何で今 あれを俺に?

だから…

吉崎さんがいい人すぎるから
心配で…

嘘つくなよ!

俺も星名も あんたが嫌いなんだよ

正義漢ぶって
きれいな生き方見せつけやがって

いい人でいられんのは

あんたがぬる~く
幸せ~に生きてこれたからだよ

目の前に悪意があったら

どこまでいい人
やってられんのかな

言っとくけど
あんたの彼女は キョドコは

今も星名の言いなりだよ

あの首に巻いてるネジネジ

あれ 星名が巻いてやったんだよ

それを今でも
ず~っとつけてるのが

何よりの証拠だ

(牧村が笑う)

(ドアが開く)

申し訳ありません

牧村から
為末さんに小川さんの動画を

見せてしまったと聞きました

バカな友人が不快な思いをさせて
ご迷惑をおかけしました

あなたが彼女に
やらせたそうですね

学生の 軽いノリだったんですよ
若気の至りで

こいつがフラれて
ひどく落ち込んでいたんで

裸にでもなったら
喜ぶんじゃないかって冗談で

まさか彼女
ホントにやってしまうとは思わなくて

驚きました

何で動画を撮影したんですか?

それは私も つい最近知ったんです

しかも 彼氏に見せるなんて
とんでもない

吉崎さんがかわいそうだって
叱ったんです

誰だって 自分の彼女の暗い過去は
知りたくないですよね

ホントに すみません

ほら お前も

もっと深く

心から

小川さんに謝ってください

僕じゃなくて

あなた方がした品性下劣な行為を

誓約書を用意しました

今すぐ彼女の動画データすべてを
消去すると約束してください

違反した場合は訴えます

署名していただけますか

もちろんです

(チャイム)

ごめんなさい 散らかってて

あっ どうぞ

お茶でいいですか?
そんなのいいから

さっきは…
大学1年の時なんです あれは

話します

話さなきゃダメですよね

えっと…

星名さんとは
つきあってたわけじゃなくて

いっ いろ… 色々あって

あって…
そりゃあ何かあったんだろうな

ああいうことになるってことは

いいよ

話したい時に
話せるようになったらで

ビックリしたよ あれ見た時は

でも 軽蔑したとかじゃなくて

何があったのかを聞いて
助けたいって思ったんだ

小川さん ずっと後悔して

怖くて 誰にも言えない思いを
抱えてきたんだなって

吉崎さん…

でも 聞くことで

無理に話すことで
余計傷つけることもあるよな

誓約書 書いてもらった

もうあんなものに

過去におびえる必要はない

みんな何かあるって

生きてたら

俺だって 一応つらいことも

うまく話せないことだってあるし

でも 色んなことがあって
ここにいる

今の小川さんが好きだから

吉崎さん…

分かんないとこだらけで
ビックリさせられっぱなしだけど

俺も

一番の味方でいたいと思ってる

私 幸せです

今 一生分幸せ

これから嫌なことあるくらいなら

今 死んでもいいくらい

今は困る

あっ…

あっ…

ダメ?

だっ ダメじゃ…

ないです

おはようございます
(堀田)おはよう

(稲垣・八木)えっ?

中尾彬のファン やめたんか?

あっ そういうわけじゃ…

どんなに言っても
絶対外さなかったのに

ねえ

終わりにしました

終わり?
何かあったんか?

はい

いや… いやいや あっ…

すみません あの…
あっ レースのサンプル忘れてきました

取ってきます

何か 首元にあれがないだけで…

えらい女っぽく見えるな

あったね~ 何か

よろしくお願いします
お願いします

マジかよ

(ノック)

はい

どちら様ですか?

突然すみません
星名さんのお宅ですよね

私 漣さんの同僚で
飯田と申します