どらまろぐ

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしております。解析結果を公開しつつ関連商品も紹介します。解析結果の信憑性が確認できるよう解析用ソースも引用掲載しますので、見逃し番組の確認にも役立つ(ネタバレ)かも?

【大どんでん返し】木曜ドラマF「リピート~運命を変える10か月~」第2話

『【大どんでん返し】木曜ドラマF「リピート~運命を変える10か月~」第2話』のキーワード出現数BEST10

  1. リピート 21
  2. 由子 12
  3. 一樹 11
  4. 圭介 10
  5. 結婚 9
  6. 毛利 9
  7. 篠崎 8
  8. 人生 8
  9. ダンス 7
  10. 佐久間 7

『【大どんでん返し】木曜ドラマF「リピート~運命を変える10か月~」第2話』の番組内容&情報(ネタバレ注意!)

(鮎美)
<ある日 風間という謎の男から

かかってきた1本の電話>

(風間)
今から1時間後
午後6時45分に地震が起きます。

え?

 

2度目の人生は、衝撃の大どんでん返し!大ヒット「イニシエーション・ラブ」の乾くるみ原作作品を初のドラマ化!リピートに参加する男女8人の運命の歯車が狂っていく!

詳細情報
出演者
篠崎鮎美…貫地谷しほり
毛利圭介…本郷奏多
天童太郎…ゴリ(ガレッジセール)
町田由子…島崎遥香
郷原俊樹…清水圭
高橋和彦福田転球
坪井要…猪野広樹
久瀬一樹…松田悟志
横沢佐知子…手塚理美
大森知恵…安達祐実(特別出演)
風間…六角精児
番組内容
第2話も、衝撃の大どんでん返し!リピートした仲間の1人が、直後に不慮の事故で亡くなった。それでも篠崎鮎美(貫地谷しほり)はリピートを利用して結婚話を順調に進め、毛利圭介(本郷奏多)も過去のトラブルを回避しようとしていた。そんな折、前の世界では起きていなかった出来事が次々と起こり始め、事態は思わぬ展開に…。「裏切り・壊された夢・束縛」、鮎美や圭介は、2度目の人生でも運命を変えることはできないのか?
制作
【原作】
『リピート』(乾くるみ 著/文春文庫 刊)
【脚本】
泉澤陽子
【演出】
蔵方政俊
【音楽】
松本晃彦
【主題歌】
「If ~また逢えたら~」DAY6(ワーナーミュージック・ジャパン
番組ホームページ
http://www.ytv.co.jp/repeat/
【番組公式Twitter】
@repeat_drama
【番組公式Instaglam】
@repeat_drama
【番組公式LINE ID】
@repeat_drama

 

<彼は 10か月前に
戻ることができる

リピートという時間旅行に

たまたま電話の繋がった私を
招待したいというのだ>

<同じように集められたのは
全部で8人>

<ひとくせ ありそうな
人たちばかり>

<そして 彼が風間>

(風間)
皆さん おそろいのようですね。

<出発日は…>

<カーテンの閉められたワゴン車で
揺られること数時間>

<私たちは 洞窟の奥へと進んだ>

(高橋)なんや あれ!

さあ 参りましょう。

<まばゆい光に包まれ
時空の裂け目をくぐると…>

<本当に
10か月前に戻っていた>

<私は リピート前の人生では
受けられなかった

一樹さんからのプロポーズを
無事に受けることができた>

<他のみんなも
希望に満ちているはずだった>

<なのに…>

我々の仲間になるはずだった
高橋さんが

亡くなりました。

(天童)どういうことなんだ?

高橋さんから
到着後の連絡がなかったので

何度か こちらから
連絡をしてみたんですが

ゆうべ遅くに
ようやく繋がりまして

彼の訃報を知りました。

交通事故だったそうです。

交通…事故?
いつだ?

2月24日の夜11時13分。

つまり リピートした直後です。

(圭介)そういうことか。

あの時
一瞬 目の前が真っ暗になって

落ちていくような感覚がして

俺も外を歩いてて
転んだぐらいだったから…。

あの時 高橋さんは
仕事中だったようです。

トラックを運転していて
スピードも

かなり出ていたうえに
ちょうどカーブで

対向車線を走っていたトラックに
正面衝突したそうです。

即死だったと聞いています。

話が違うじゃないか。

リピートしたら いいことばかり
起こるような言い方しやがって。

申し訳ありません。

私も このような事態は
想定していませんでした。

しかし 他の皆さんは
その危険を乗り越えたんです。

本当に幸運です。

で 実際に リピートしてみて
いかがでした?

坪井君。

(坪井)はい。
二次試験は うまくいきましたか?

もうバッチリです。

試験問題も全部わかってるから
余裕でしたね。

みんな 東大 受かったら
びっくりするんだろうなぁ。

篠崎さんは?

私は 彼と やり直して

プロポーズを
受けることができました。

(横沢 佐知子)
あら そうなの?おめでとう。

どうも。

いいわねぇ 若いって。

うちの亭主も 昔は
かっこよかったんだけどねぇ

今じゃ全然。

一緒に社交ダンスやってるん
だけど どんくさくて。

いっつも私の足踏んでね
痛いのなんのって。

はぁ。

あ そうだ。
良かったら これ見に来て。

他の方は どうでしょう?
毛利さんは?

俺は…競馬で稼ぐつもりだけど。

(郷原)あ 僕もです。すいません。

(知恵)
私 こうして本当にリピートできて
風間さんに感謝してます。

疑って すいませんでした。

いえ 構いませんよ。

俺は別に 何もいいことは
起きてないけどね。

これから きっとありますよ。

どうだろうね。

皆さん くれぐれも目立たぬように
注意してください。

我々の持つ 未来の記憶には
大きな価値があります。

それを狙う輩が現れないとも
限りません。

リピートの秘密が絶対に外部に
漏れないようにしてください。

♬~

(携帯のバイブ音)

もしもし?
(一樹)今 大丈夫?

うん 今ちょうど
休憩 入ったとこ。

よかった。
どうしてるかなと思って。

私も電話しようと思ってたとこ。

この前は 指輪 ありがと。

(一樹)ううん。
大切にするね。

なんか照れるね。

あ そうだ 一樹さん
社交ダンスって興味ある?

社交ダンス?ちょっと…。

だよね。

でも鮎美が やりたいんだったら。
ううん 違うの。

知り合いに誘われて。
でも私も ちょっと…。

そっか。でも定年後に
一緒に習ったら楽しいかもね。

そうだね。
《なんて幸せな未来予想図

もう1人じゃない!》

そうだ 鮎美のこと
親に紹介したいんだけど…。

(一樹)今度の日曜日 空いてる?

うん 大丈夫。

《未来予想図に向け
順調な滑り出し!》

うん わかった。
じゃ 日曜日にね はい。

(浩子)篠崎ちゃん
幸せオーラ出てるわ~。

そうですか?
何度 見ても光り輝いてる。

(まひる)
見たところ 0.5カラット。

少なくとも80万はしますよ。
信じられないです。

篠崎さんクラスに
そこまで出してくれるなんて。

《この ゆとりが》

あ そろそろ
講演会の支度しなくちゃね。

(まひる)あ~ 地元出身の
小説家でしたっけ?

1冊も読んだことないですけど。
(浩子)こら。

《そうか 今日は栗村純一先生の
講演会の日か…》

《確か
結構めんどくさい人だった》

カフェイン 控えてるから
ディカフェ 用意しておいた方が

いいかもしれません。
え?

あと 風雪堂のロールケーキが
大好物なので あったほうが。

なんで そんなこと
知ってるんですか?

会ったことありましたっけ?

本の…あとがきで読んだんです。

そんなこと書いてあった?

さすが本の虫!
無駄に記憶力がいい。

《無駄って》

(店長)そんなに心配しなくて
大丈夫だから。

自分のね
ペースで やってもらえれば。

おはようございます。
お~ 圭介 ちょうど良かった。

紹介しとくな。この子

今日から働いてもらう事に
なったミナミちゃん。
(ミナミ)ミナミです。

(店長)圭介?どうかしたか?

あ…いえ。

(カレン)
店長 ちょっといいですか。

おい 今 行く。

じゃあ あとよろしく。

よろしくお願いします。
私 この仕事は初めてで。

なんで 水商売を?

親の仕送りに頼らずに
生活費を稼ごうと思って。

ふ~ん 学生?
はい。

専門学校に通ってます 写真の。

え…。

何か?

あ いや…。

[ 回想 ]
(シャッター音)

(師匠)
圭介 レフ もうちょい上げろ。

はい。
(師匠)はい そこ!

(シャッター音)

(山田)佐久間さん すいません。
ちょっと…。

機材が全然なくて…。

(佐久間)え!?どうすんだよ お前。

じゃあ 続きやるよ。

その…すいません。
機材が足りてなくて。

あ そ~う。
じゃあ どうすんの?午後の撮影。

もしかして
盗まれたのかもしれません。

昨日 倉庫に入ったのは…。

俺じゃありません!俺は何も…。

毛利は…確かに金に困ってたけど。

違います…信じてください!

金がないから
機材に手を出すなんて

写真を撮る資格ないよな。

[ 現在 ]

♬~

(チャイム)

(由子)
来ちゃった。お邪魔しま~す。

何だよ 急に。

だって 圭介君
全然 連絡くれないんだもん。

え~ 車買うの?

あ…見てただけだよ。

車なら 由子の使っていいよ。

服だって 家族カードで パパに
好きなの買ってもらえるし…。

やめろよ。
そういうのいらないから。

他人に貸すとかありえないし。

ほら 車ぶつけて 父親に
怒られたとか言ってたろ?

え?何で知ってるの?
言ってないよね?

言ったよ。こないだ言ってた。

そうだっけ…。

圭介君さ この前 頭打ってから
なんか変じゃない?

ちゃんと病院で診てもらった…。
俺たちさ

付き合うのやめない?
え?

合わないと思うんだ。

なんで そんなこと言うの?

ついこの間まで
あんなにラブラブだったのに…。

 

 

(由子のすすり泣き)

ウソ泣きはやめろよ。
え?

ウソ泣きじゃないよぉ。
そんなことで泣く女じゃないだろ。

ひどいよ圭介君
由子のこと全然わかってない。

とにかく そんなすぐ
気持ち切り替えらんないの。

じゃあ 少し時間をおこう。
1週間くらいでいいだろ。

じゃあ 1週間考えて。

それでも気持ち
変わらなかったら…

由子も あきらめつくから。

わかった。

来週の3月14日
ホワイトデーに会お。

3月14日…。

[ 回想 ]

あれ 毛利?ここで働いてたの?

佐久間さん 知ってたんすか?

久しぶりだな 毛利。

ねえねえ これってカメラ?
うん。

え~ 見たい 見たい。
見たい 見たい!
見たいの?

もうやめてよ もう…
この人もう カメラの話 長いから。

長くないよ。しょうがないじゃん
見たいって言うから。

うわ~ スゴイ!
ジャジャジャーン!

わぁ~ スゴイ!本物だ!

え~ 高くない?
すごくない このレンズ。

なあ 本当にいいの?このままで。
もったいないって!

えっ 知り合い?
うん。

言ってくれればいいのに。
教えてよ。

もっと頑張れたんじゃない?

俺はべつに 毛利が犯人だなんて
決めつけてないよ。

でも やってないなら

最後まで毅然としてりゃ
良かったんじゃないの?

やってたから
逃げるように辞めたんだろ。

ふざけんな…。

は?

俺はやってない。はめられたんだ。

俺が はめたとでも言いたいのか。

どうせ 俺のほうが師匠に
買われてたから 嫉妬したんだろ。

失礼いたします。

やっぱり こっちのほうが
お似合いだよな。

ああ でも 皆さん
気をつけてくださいね。

こいつ 盗み癖あるんで。

≪キャーッ!≫

オラッ!おい!!立て!オラ!!

(山田)やめろ!
圭介 お前 何やってんだよ!

申し訳ありません!

あぁ~!!
≪キャーッ!≫

(佐久間)オラッ!!
うぅ~っ!!

おい…。

どうするんだよ?

弁償しろよ!

警察沙汰にしたくなければ
明日までに100万。

耳揃えて払えよ。

クソッ なんで俺が…。

(ため息)

結局 金かよ。俺の人生…。

圭介君。

どうしたの?なんか怒ってる?

バイト先でトラブルがあってさ。

そうなんだ。

やってらんね~よ。金払えとか。

なんだ お金?いくら必要なの?

えっ…。
10万?
20万?ちょうど

お金 下ろしたところだったから
100万までなら払ってあげる。

ねえ 使って。
困ってるんでしょ?

ありがとう。
必ず 返すから。

ううん 返さなくていい。

えっ?
だって…

由子は…圭介の彼女だから。

いや でも…。
その代わり

圭介は
ず~っと 由子のものだよ。

呼んだら すぐに来てくれて
言う事な~んでも叶えてくれる。

他の女に目移りしたら…
絶対に許さないからね。

飼い犬みたいだな。

やだ…犬より
ずっと大事にするよ。

♬~

[ 現在 ]
圭介君?

わかった。
3月14日に返事する。

《ここからは もう
リピート前の記憶は使えない》

♬~

(一樹)こちらが篠崎鮎美さん。

し…篠崎です。

こっちが うちの父と母。

(一樹の父)いらっしゃい。
(一樹の母)お待ちしてたのよ。

あっ。

あの これ…
つまらないものですが。

あら。つまらない物なら
いらないわ。

えっ?
やだ~ 冗談よ。

あっ…。

《目が笑ってなかったような…》

そう。図書館で
司書をなさってるのね。

はい。子どもの頃から
本が好きで。

それで
そんなに地味なのねぇ。
えっ?

もっとファッションの
お勉強も なさったら?

《地味で 悪かったね》

母さん。
(一樹)ごめんね

うちの母 昔
ファッション関係の仕事してたから

洋服には うるさくて。
そうなんだ。

おしゃれですもんね。

でしょう?

《受け入れた?》

ところで…結婚したら
お仕事は どうなさるの?

《うっ…突然 核心をついてきた》

続けたいと思ってます。

子どもは?
子どもができたら 辞めるわよね?

いや…。

一樹も いずれ海外赴任って
こともあるだろうし

辞めるんなら
早い方がいいわよ。

あら…。これ
本当につまらない お味ね~。

《人の味覚を笑うな!
人のセンスを笑うな!

人の仕事を軽く見るな!》

すみません。

あら いいのよ。

《疲れる》

こんにちは。
少々 お待ち下さい。

篠崎さん?

あら~
この図書館だったの?

近所だったのに
知らなかったわ。

横沢さん?

(佐知子)どう?

結婚の準備 進んでる?

彼の ご両親に
会ったんですけど…

ちょっと疲れちゃって。

やっぱり 結婚って大変ですね。

そうねぇ…面倒なことの方が
多いかもね~。

親戚づきあいに
家事 育児…住宅ローンとか。

結局…結婚って
我慢の連続なのよ。

そう…なんですか。

何度も 離婚しようと思った。

そのたびに
もがいて あがいて…

まあ…今 思うと

あの人だったから
やってこれたのかな~。

なんか…羨ましいです。

実はね…もうすぐ
健康診断の結果が出て

夫のガンが…判明するの。

えっ…。
(佐知子)それで…

長期入院して…そのまま。

だからね 今回の人生では
夫の夢だった

社交ダンスの発表会に
一緒に出るつもり。

リピート前の人生では

来年があると思って
参加しなかったから。

そうだったんですか…。

お互い 頑張りましょう。

♬~

(携帯のバイブ音)

はい。

へぇ~ 知らない女?

リピート前の人生では
いなかったはずの子が

バイト先に入ってきて…。

 

どういうことなんだろう。

俺たちがリピートしたことで
小さな変化は

いくつかあったはずだ。
それが影響しあって

以前とは違うことが
起こってるのかもしれないな。

気にしなくて いいのかな。

それを相談したくて
俺の店に来たのか?

それもあるんだけど…
用事を入れておきたくて。

 

 


今日 バイトに行かなければ
トラブルを避けられるから。

ほう…。
その話 詳しく聞きたいねぇ。

天童さん。
おう。

急に呼び出して悪かったな。

来たんだ。

まあまあ…はい!座ってよ。

自慢のパンケーキでも
食べてって。

どう?…結婚話は順調?

ええ…順調です。

おめでたいな。
結婚なんかで浮かれて。

は?

愛は永遠だとか思ってんだろ。

お金目当てで リピートした人に
言われたくないんですけど。

こらこらこらこら~
お前たち いい加減にしろって。

(携帯のバイブ音)

もしもし。

圭介?良かった繋がって。

どうかしたんですか?

う~ん 実は…ミナミちゃんが
急に ひどい腹痛でさ。

今から 病院に
連れて行くんだけど

人手が足りなくなるからさ。
すぐ 来てくれないか?

すぐ向かいます。

♬~

お前 行くのか?

新人の子が急病みたいで。

やっぱり そう簡単に

運命からは
逃れられないみたいだな。

行ったうえで 回避してみせる。

♬~

♬~

あれ 毛利?ここで働いてたの?

佐久間さん 知ってたんすか?

久しぶりだな 毛利。

お久しぶりです。
楽しんでいってくださいね。

どうぞ こちらへ。

じゃじゃじゃ じゃ~ん。
お~!本物だ!

えっ 高そう!
なぁ 本当にいいの?このままで。

もったいないって。
知り合い?

うん。
へ~。

もっと頑張れたんじゃない?

いや 俺はべつに
毛利が犯人だなんて

決めつけてないよ。

でも やってないなら

最後まで毅然としてりゃ
よかったんじゃないの?

やってたから
逃げるように辞めたんだろ。

ごゆっくり。

ねぇ 2人ともカメラマンなの?

お~ そうだよ。
へ~!すご~い!

撮ってあげよっか。
ほんと?

あ~ じゃあさ
俺と一晩付き合ってくれたら

モデル事務所に売り込んでやるよ。
(カレン)ハハハ!

そういうの 禁止なの。
店長に怒られちゃう。

(佐久間)いいじゃんか。

お高くとまんなよ!
キャバ嬢のくせに。

お客様。

そういう遊び方を
したいのでしたら

よそへ行ってください。

なんだ。客に文句つけんのか?

あの やっぱりやめません?

私 キャバクラとか ちょっと…。

毛利の様子が
気になるって言ったの お前だろ?

私はそんな…

何があったのか気になっただけで。

じゃあ 見れば一発でわかるだろ。
ほら 行くぞ。

はい 行こう。
いや…いやいや。

(佐久間)何とか言えよ。

俺たち 客だぞ。

お代は結構です。

ですから
もう お客様ではありません。

はぁ?

そもそも キャバクラを下に見るの
やめてもらえますか。

誰かをおとしめて
のし上がろうとする人に

言われたくないんで。

お前さ

俺のせいだと思ってんだろ。

俺が
お前 はめたと思ってんだろ…

でもな

そんなもん
きっかけにすぎないんだよ。

どういう意味ですか。

師匠が言ってた。

お前の写真には
足りないものがあるって。

嘘だ。

嘘だと思うなら

師匠に確認してみろよ。

結局 お前

カメラマンとしては
ダメなんだよ。

もう二度と

カメラ 手に取るな!

言われなくとも。

あっ…。

あ!いって~な…。

おい…

ハッ…どうしてくれんだよ!

弁償しろよ!

♬~

これで文句ないだろ。

♬~

圭介君。

♬~

どうしたの?なんか怒ってる?

バイト先でトラブルがあって。

そうなんだ。

♬~

あ これ!由子からのプレゼント。

ホワイトデーだから。
いらない。

受け取って。

いいって。

ねぇ これ 由子の気持ち。
受け取ってよぉ。

何でだよ。
だって由子 圭介の彼女だから。

それ受け取ったら
俺は由子のものになって

由子の
飼い犬みたくなるんだよな。

え?何?それ。

あ~ でも それもいいかも~。

犬より ず~っと大事にするよ。

はぁ…。

この間の話だけどさ やっぱり…。

やっぱり?

別れよう。

やだ…

別れたくない!

約束しただろ。

1週間 考えた答えだから。

どうしても?

どうしてもダメなの?

もう決めたんだ。

♬~

篠崎ちゃん 夕刊お願い。
はい。

《こんな事件
リピート前にはなかった…》

篠崎さん お客さんですよ

なんか訳ありみたい。

どうかしたんですか?
大会 明日でしたよね?

延期になったの。

へ?

会場が不審火で燃えちゃって

別の場所で
2週間後にやることになったの。

あの 連続不審火…。

間に合わないのよ。

3日後には 夫の検査結果が出て

すぐに
入院しなくちゃならなくなる。

もう一緒に 踊れない。

そんな…。

せめて いつもの教室で
踊れないかと思ったけど

レッスンで埋まってて…。

せっかくリピートしたのに…

どうしてこんなことに。

場所があればいいんですよね?

ここ 明日 休館日なんです。

イベントスペースなら
踊れるんじゃないでしょうか。

ほんと?

せっかくだから リピート仲間にも
声かけてみます。

なんで俺まで。

ギャラリーは多いほうが

横沢のおばちゃんも嬉しいだろ?

お待たせしました。アハハ。

ほぉ~
こう見ると まだまだいけるねぇ。

あら ほんとに?
うん。

(横沢正明)
すみませんね 妻のわがままで。

2週間後の大会に
出れればいいものを

どうしても 今日踊りたいと言って
きかなくて。

いえいえ 大丈夫です。

《旦那さんは
病気のこと まだ知らないんだ》

♬~

♬~

《2人のラストダンスが 永遠に
終わらなければいいのに》

♬~

♬~

♬~

どうしたんだよ…。

嬉しいの
あなたと最高のダンスが踊れて。

何言ってんだよ。

2週間後は
もっといいダンス 踊るぞ。

そうね。

でも…楽しかったな。

そうね…。

飲み物 取ってくるわ。

どうぞ。

良かった…ですね。

ありがとう。

篠崎さんも頑張ってね…。

結婚は ダンスと似てるから。

足を踏んでも 踏まれたとしても

それでも 最後まで
相手と繋がって 生きて行く…。

結婚って そんな感じかな。

はい…。

ついてこないでください。

えっ いや べつに。

私 これから
結婚式の打ち合わせがあって

駅前で待ち合わせなんです。

俺だって駅に行くんだから
しょうがないだろ。

あれ?一樹さんの車?

じゃあ またね。

何?…今の何?

もしかして 今の婚約者?

嘘?嘘だよね?見間違い?

そうか 妄想 きっと妄想。

俺も見たけど。

えっ 俺?

どうしよう…私…私 行かなきゃ。

いてっ…。

何やってんだよ。

痛い…痛いよ…。

めんどくせぇ女。

あなたの言う通りだったね。

え?

結婚に浮かれて…バカみたい。

私だって おかしいと思ったんだ。

あんな理想的な人が 私と
結婚したいなんて おかしいって。

でも…つい 夢 見ちゃったんだ。

夢ぐらい見たっていいだろ。

誰にも止める権利なんてない。

あなたにも…
夢があったんだもんね。

何だよ 急に。

見ちゃったの この前
キャバクラで。

ああ。

何で あんな大金 持ってたの?

競馬で稼いだんだよ。

何か欲しい物が
あったんじゃないの?

欲しい物 色々 考えたんだけど

どれもピンと来なくて。

金さえあれば 人生もっと
楽しいかと思ったんだけどな。

あなたの欲しいものは
きっと お金じゃ買えないんだね。

かもな。

でも…それはもう 手に入らない。

リピートすれば
幸せになれると思ってたけど
♬~

そうでもないね。

♬~

♬~ (携帯のバイブ音)

♬~

一緒にすんなよ。
え?

あんたは まだ終わってないだろ。

ちゃんと確かめろよ 彼に。

でも…。

ま どうでもいいけど。

いつまでも うじうじ悩んでろよ。

♬~

《一瞬いい奴かと思ったけど…

やっぱ微妙》

《横沢さんだけでも

リピートした甲斐があって
良かった…》

♬~

(キャスター)
今国会での成立を目指す方針を
明らかにしました。

次のニュースです。

台東区浅草で起こっていた
連続放火事件

ついに昨夜 死亡者が出ました。

亡くなったのは
横沢佐知子さん 55歳。

また 現場からは 同居していた

夫の横沢正明さんと見られる
男性の…。

♬~