どらまろぐ

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしております。解析結果を公開しつつ関連商品も紹介します。解析結果の信憑性が確認できるよう解析用ソースも引用掲載しますので、見逃し番組の確認にも役立つ(ネタバレ)かも?

ドクターX~外科医・大門未知子~ #10

ドクターX~外科医・大門未知子~ #10

♬~

未知子…。

♬~

大門さん…。

(神原)博美!
(博美)晶さん!

未知子…。

 未知子(米倉涼子)が倒れた!一方、日本医師倶楽部会長・内神田(草刈正雄)も手術を受けることに…。未知子は内神田を救うことができるのか!?そして、未知子自身の命は!?

詳細情報
◇番組内容
大門未知子(米倉涼子)が倒れた!その矢先、日本医師倶楽部会長・内神田(草刈正雄)が食道がんを患い手術を受けることになるが、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。そこへ、加地秀樹(勝村政信)が出現!執刀医に名乗りを上げるが…。
◇出演者
米倉涼子岸部一徳草刈正雄永山絢斗内田有紀遠藤憲一鈴木浩介田中圭是永瞳久住小春陣内孝則段田安則西田敏行
【ゲスト】勝村政信
◇ナレーター
田口トモロヲ
◇脚本
林誠人
◇演出
田村直己(テレビ朝日
◇音楽
沢田完

【主題歌】
Superfly『Force -Orchestra Ver.-』『ユニゾン』(ワーナーミュージック・ジャパン
◇スタッフ
【企画協力】古賀誠一オスカープロモーション

【ゼネラルプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】大江達樹(テレビ朝日)、都築歩(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、池田禎子(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/
☆Twitter
 https://twitter.com/DoctorX_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/doctorx_official/

 ♬~

(神原)どうして こんな事に…。

大門さん あれだけ検診受けて
自己管理してたのに。

(未知子)ああ~!

よく寝た。

おはよう!
(博美)あっ おはよう。

大丈夫? もっと寝てたら?

平気。

見せて。

えっ?
何?

(ため息)

くるりんぱ。

後腹膜肉腫 ステージⅢ。

腹部大動脈周囲に
腫瘍が巻きついてる。

このままだと…。

もって3カ月ってとこか。

大門さん…。

未知子…。

びっくりだね。

ねえ… 自覚症状なかったの?

全く。

サイレントキラー。

症状が現れないまま進行する癌。

これは日本じゃ無理。

海外に行って医者を探すから
未知子。

私も アメリカの知り合いに
当たってみる。

私なら切れるけど…。

フフ…。

〈これは
一匹狼の女医の話である〉

〈2017年

崩れ落ちたかに見えた白い巨塔
再び その権威を取り戻し

命のやり取りをする医療は

本来あるべき姿を
完全に見失った〉

(鳥井 高)食道癌 ステージⅣa。
かなり深刻な状態ですね。

(海老名 敬)下行大動脈にも
浸潤が疑われます。

(猪又 孝)もはや外科的切除手術は
難しいでしょうね。

(蛭間重勝)出来ますか?
えっ?

あなた方に このオペ。

こんな癌を切れるのは
大門未知子以外には…。

私も そう思うわ。

しかしさ
名医紹介所と取引停止だからね。

しかも その患者さんは

大門未知子の執刀を
拒んでるんでね。

拒んでる?
(蛭間)うん。

この患者さんは 大門の事
知ってるという事ですか?

(蛭間)ああ。

(猪又)
誰なんですか? その患者は…。

私は 日本医師倶楽部の会長だ。

癌になったからといって

フリーターに切らせる事だけは
出来ない。

私の命は
君たち東帝大に救ってほしい。

我々で…。

内神田会長の…。
オペを…。

このオペ 失敗したら

医者としての生命を絶たれるに
等しいからね。

(3人)御意。
ところがだ

このリスキーなオペを

私がやりましょうと
言ってくれた

東帝大学出身の
勇猛果敢なドクターがいました。

東帝大出身の?
(蛭間)はい。 お通しして。

(中谷恵子)はい。

(恵子)どうぞ。

お待たせしました。

お久しぶりです 皆さん。

加地くん!

(蛭間)まあ 紹介するにも
及ばないと思うけど

腹腔鏡の魔術師
加地タカシくんです。

秀樹です。 加地秀樹。
(蛭間)あっ そうね…。

驚くなよ。

日本医師倶楽部の内神田会長が
癌になった。

〈そんな中

どこの大学医局にも属さない
フリーランス

すなわち
一匹狼のドクターが現れた〉

食道癌 ステージⅣa。

(加地)オペが成功したら

俺は 一気に
東帝大病院 総合外科部長だ。

つまり
あの3人の上に立つって事だよ。

加地先生 まさか それを条件に
そのオペを引き受けたんですか?

ビビって
誰もやりたがらないような

オペを受ける。

上に行くためには
ギャンブルも必要ですからねえ。

ほれ ベンケーシーの番だよ。
(鳴き声)

ベンケーシー これでいい?
(鳴き声)

(神原)はい。

でも そのオペは
あんたにも無理。

んな事は わかってるよ。
だから ここにいるんじゃないか。

どういう事かしら?

どうだ? 力 貸さないか?
えっ?

お前と一緒なら
完璧なオペが出来る。

ギャンブルが
ギャンブルじゃなくなる。

次は これね。 はい。

(加地)もちろん
俺が外科部長になった暁には

この名医紹介所の取引停止も
解いてやる。

致しませ~ん。

なんでだよ? お前 まさか

相手が内神田会長だからって
ビビってんのか? おい。

私ね ボストンに行くので!

向こうの病院が
未知子を待ってるのよね。

あしからず。

(加地)マジか?
お前 ボストンで仕事するの?

そんなに金がいいんですか?

ロ~ン!
タンピン三色ドライチ 満貫!

オー イエ~イ!

もうさ 満貫なんか
いくらでも振り込むからさ

助けてくれよ オペ。
俺とお前の仲じゃないか。

致しませ~ん。
(加地)頼むよ デーモン。

致してくれよ。 仲間じゃないか!
仲間の出世だぞ!

うるさいよ 黙れ この…。
(加地)お前…。

申し訳ありません。

熟慮に熟慮を重ねた末
内神田会長のオペは

お引き受けすべきではないという
結論に達しました。

どういう事だ?

大門未知子に断られた?

はい… あっ いえ…。
誰ですか? 大門未知子って。

知りませんよ
そんなフリーターの女医…。

こりゃ 頼みに行きましたね。
間違いないでしょうね。

俺としてもさ 加地くんだったら

大門未知子を 影武者として

説得出来るんじゃないかなと
思って

ちょっと期待してたんだけど。
ハハハハハ…。

もう 次の手を
考えなきゃいけないわな。

次の手というのは?

(ドアの開く音)
西山くん 来てるか?

(西山直之)はい。 失礼します。
(蛭間)はい。

(加地)誰? この子。

ハハッ…。

西山くん

あなたが
内神田会長のオペなさい。

いや…。

なぜ 西山が?
(加地)だから 誰ですか? この子。

西山くんはね
内神田会長の…

ご子息です。

お坊ちゃま!?
マジか!

若き外科医が父親の命を救おうと
困難なオペに挑戦する。

どうよ?

なるほど。
誠に素晴らしい美談です。

お断りします。
はあ? 断る?

ええ そのオペは
僕には出来ません。

あなたしか いないんだよ

このオペ 出来るのは。

(ドアの開く音)

患者を殺すな。

大門!
(猪又)お前 出禁だろ!

このオペは 私じゃなきゃ無理。

「私にしか」って…
お前 致しませんって言ったろ!

後腹膜肉腫 ステージⅢ。

なんだよ? それ。

内神田会長は
食道癌 ステージⅣaだ。

後腹膜肉腫は

私。
えっ?

私って…。
ちょっ… ちょっと待て お前。

お前が 後腹膜肉腫
ステージⅢだっていうのか?

腹部大動脈周囲に
13センチ大の腫瘍。

お前…
だから オペを断ったのか?

そんな状態で
オペ室に立てるわけないじゃん。

でも オピオイドを投与して
一時的に痛みを抑えれば

オペは可能。

やってくれるのか? 大門。
内神田会長のオペ。

やるよ。

そんな体で出来るわけないだろ!

よく言った 大門! よく言った。

東帝大学病院 出入り禁止
一時解除する。

存分に どうぞ。

〈例えば この女〉

〈群れを嫌い 権威を嫌い
束縛を嫌い

専門医のライセンスと
叩き上げのスキルだけが

彼女の武器だ〉

〈外科医 大門未知子〉

〈またの名を ドクターX〉

♬~

大門先生が
後腹膜肉腫って本当ですか?

治療しなくていいんですか?

言っても聞くような奴じゃ
ないだろ。

(海老名)では これより

日本医師倶楽部 内神田会長の
極秘カンファレンスを始める。

診断は 食道癌 ステージⅣa。

胸部中部食道に
7センチ大の腫瘍。

下行大動脈に浸潤の疑い。

術式は
食道亜全摘 後縦隔再建。

開胸して腫瘍切除に2時間半。

消化管再建に1時間半。

合わせて オペは
4時間での終了を目指します。

4時間って… むちゃだろ!

4時間を1分でも超えたら
どうするんですか?

ごめんなさい。

それから ハイブリッド人工血管が
必要なんだけど。

ハイブリッド人工血管?

アメリカで開発された
最新の人工血管じゃないか。

日本には
まだ入ってきてないはずだが。

(猪又)いいだろう。

金に糸目はつけるなと
蛭間院長からも言われている。

必要なものならば
なんでも買ったらいい。

御意。

お昼なので ご飯行ってきます。

♬~

大門先生
本当に病気なんですよね?

♬~

(鳥井)これが大門の検査結果です。

(猪又)腹部大動脈に 腫瘍が
巻きついてしまってるじゃないか。

上腸間膜動脈 腹腔動脈にまで
広がっている。

はあ… 大門…。

(鳥井)蛭間院長 これを見る限り

大門の執刀は
考え直されたほうがよろしいかと。

考え直す?

こんな状態の大門にオペをさせて
もしもの事があったら…。

もしも…?
はあ…。

鳥井先生 あなたさ
以前 大門未知子に

命 救ってもらった事が
あるんだって?

…はい。

(蛭間)ハハッ… 実はね

私も大門未知子に
命 助けてもらった事あるんだよ。

それは 大門未知子が外科医として
完璧な仕事をしたからだよ。

今度の内神田会長のオペもね

完璧な結果を得なきゃ
駄目なんだよ。

オピオイドを使えばさ

内神田会長のオペは可能だって
大門 言ってたよな。

いや しかし あの…

いくら 一時的に
痛みが抑えられたとしても

大門自身の体にリスクが…。
大丈夫だよ。

大門だったら やるよ。

失敗しないんだから。

しかし…
大門に もし何かあったら

内神田会長の命が…。

じゃあ 鳥井さん

あなた 執刀しますか?

♬~

内神田会長のオペは
大門未知子が執刀します。

よろしいか?

御意は どうした?

御意は どうしました?

(3人)御意。

我が東帝大学病院一丸となって
会長のオペに当たらせて頂きます。

なっ。
(3人)御意!

誰が 私の執刀を?

はい。
この西山先生が執刀致します。

(蛭間)親を思う心
それに勝るものなしでございます。

西山先生の気持ち
お酌み取りくださいますように。

彼と2人にさせてくれませんか?

はい。

♬~

(ドアの閉まる音)

君が執刀医になった事を
嬉しく思う。

誇らしい。

嘘だ…。

嘘だ。

本当は 大門先生のような

失敗しない医者に
切ってもらいたい。

そう 患者になったあなたは

強く思ってるんじゃ
ありませんか?

だけど
あなたの立場が それを許さない。

あなたが フリーランスの医者の
オペを受ければ

大学医局の権威は地に落ちる。

あなたは あなたが築いてきた
組織に殺されるんです。

くだらない話をしてる
暇があったら オペの準備をしろ。

出て行け。

出て行きなさい。

♬~

♬~

内神田会長のデータと
ずーっと にらめっこだよ。

もう かれこれ
1時間は立ちっぱなしですよ。

♬~

大門…
内神田会長の事も大切だけど

もう少し 自分の体の事 考えろ。

(ドアの開く音)

なんだよ?

大門!

5時なので帰ります。

そっちか…。

パートナー 大門の事 よろしくな。

♬~

大門先生。

あの人は
フリーランスの医者を

大学病院から排除しようとしてる
張本人ですよ。

なのに
なんで そんな無理をしてまで

そんな奴
救おうとするんですか?

そんな事より 一日でも早く
大門先生の治療をしないと。

あんたのお父さんでしょ。
助けたいでしょ。

敵だろうと味方だろうと

いい人だろうと悪い人だろうと

そんな事は関係ないの。

患者がいれば オペをして助ける。

それが誰であってもね。

大門未知子は…

そういう医者なのよ。

♬~

なあ 大門の人生って
一体 なんだったんだろうな?

あいつ 幸せだったのかな?

特技 手術。 趣味 手術。

ずっと 手術ばっかり
やってこられたんだから

それなりに
幸せだったんじゃないんですかね。

(原)そうかな…。

僕は これほど悲しい人生は
ないと思いますよ。

なんでですか?

どんな患者の どんな病気も
治してきたのに

いざ 自分が病気になったら

誰も治してくれる人が
いないなんて。

これ以上 悲しい事がありますか?
悲しすぎます…。

よし! じゃあ
俺が切ってやろうじゃないか!

デーモンのオペは俺がやる!

よく言った。
よく言った 加地秀樹くん!

私 海老名敬もね
付き合わせてもらうよ!

(加地)はい!
原守も寄り添います!

森本光にも切らせてください!

よしっ!
じゃあ 全員で ちょっとずつ

切ってやろうじゃないか!
(海老名)よしっ!

あかん あかん。 お相撲さんの
断髪式じゃないんですから。

いや どすこい どすこいですよ!

そうだ。
(原)どすこい! どすこい!

そうだ! どすこい! どすこい!
大門 頑張れよ!

もう… どすこいだよ!

大門の癌でも
寄り切っちまえばいいんだよ!

そうだよ! がぶり寄りだ!
デーモン!

(4人)どすこい! どすこい!
どすこい! どすこい!

どすこい! どすこい!
どすこい! どすこい!

はい まいど。
ほい。

お待たせ~。
(博美)ありがとう。

は~い どっち?
(博美)こっち。

本当?
(博美)うん こっち。

(博美)体調は?
大丈夫。

あっつい…! アツアツだぜ。

(息を吹く音)

何やってんの?
えっ?

私 猫舌なの。
マジで!? 知らなかった。

あれ? 初めて言ったか。
うん。 ダッサ。

うるさい。
う~ん! おいしい。

大門さん。
ん?

なんで そんなに強いのよ。

私なんか
もっとジタバタしてたな。

今までさ
考えてみた事もなかったけど…。

何よ?

どんな医者も
一度は患者になってみるべきだね。

えっ?

患者になるって…

意外と怖い。

知らなかった。

はあ…。
大門さん…。

私が病気になった時さ
大門さん 聞いたよね。

しておきたい事ないの? って。

うん 覚えてる。
ねえ ないの? しておきたい事。

えっ? そうだな…。

一緒に出来る事ならさ
今すぐやろうよ 付き合うから。

えっとね 銭湯でしょ 卓球でしょ
麻雀でしょ…。

そこ?
フフッ… だね。

はあ… そうだな…。

ないな なんにも。

えっ ないの?

だって
私 死ぬなんて思ってないもん。

私は 今まで

どんな難しいオペでも
患者を見捨てた事はない。

うん。

今回も そう。

たとえ 患者が私自身でも。

♬~

もう いいんじゃない?
えっ?

それ!

冷めてるよ。

猫舌にピッタリ。 ほら。

そう?
ほら 全然。

ああー ちょうどいい!
えっ!?

(2人)ハハハハ…。

ただいま~。 寒っ。

未知子。

どうしたの? 晶さん。

えーっ! こんなに飲んで。

今すぐボストンに行きましょう。

向こうで 優秀な医者たちが
スタンバイして

あなたを待ってるの。

何言ってるの?
明日はオペの日でしょ。

あなたのオペは あさって。

無理に スケジュール
空けてもらったんだから

その日しかないの。

明日 オペなんかしてたら
間に合わないわよ!

明日のオペは 私しか出来ないの。

晶さんだって
わかってるでしょ?

患者のためなら
なんだってするのに

自分の事は
どうして後回しにするの?

あんただって 患者なのよ。
未知子!

どうしても行かないっていうなら
私が あなたのオペをする。

フフッ… 晶さん!

わかってるわよ。
もう 私は出来ない事ぐらい。

もう 何年も
メス握ってないからね。

悔しい… 悔しい!

一番大事な時に

一番大事な愛弟子のオペが
出来ないなんて。

なんのために…

なんのために医者になったのか
わかりゃあしない…。

あなたには もっともっと
生きていてもらいたい。

もっと生きなきゃ駄目。

だから 未知子
お願いだから 私の願いを聞いて。

未知子 ボストンに行って。

お願いだから… お願い。

未知子 お願い!

(すすり泣き)

はあ…。

わかったから 晶さん…。

(すすり泣き)

だから 泣かないで。
わかったから。

未知子…。

馬鹿!

馬鹿…!

♬~

♬~

行ってくるね。

(鳴き声)

シーッ!

(戸の開閉音)

(長森陽菜)安定してますね。

手術 頑張ってください。
ありがとう。

失礼します。

おはようございます。
おはよう。

全力を尽くします。

よろしくお願いします。

頼んだぞ…。

直之。

♬~

うっ…。

イタッ…。

うぅ…。

うっ…。

(妻)天井が高い家にして
ホント良かったわね~。

(夫)そうだな。

《私は知っている》

《あなたは本当は

天井が低くて 狭~い所が

大好きなんだってことを》

《私は ぜ~んぶ 知っている》

(娘)パパ~! パパもやって!

<天井が高い。 だから広く感じる。
その家は 「xevoΣ」>

天井が高いって
最高だな。

《ウソつき》

うっ…。

♬~

(森本)大門先生 遅いですよね?
(加地)連絡は?

何度も携帯にかけてるんですけど
出ないんですよ。

何やってんだよ デーモンは!

♬~

(海老名)大門が まだのようです。

土壇場で逃げたんじゃないのか?

何かあったのかもしれませんね。

(黒川慎司)お願いします。
はい。

大門さん…。

♬~

まだ始まらないんですか? オペ。

「忖度 忖度 忖度」

「本当に忖度」

忖度…。

♬~

準備 整ったようだね。

オペ 始めようかね。

はい わかりました。

(森本)蛭間院長が
オペ始めろって。

(原)えっ?
(加地)始めろって言われてもな…。

執刀医抜きで
どうしろっていうんだよ。

僕が執刀します。

(原)西山くん…。

父親ですから。

フォローしよう。

ただ今より 食道亜全摘および
後縦隔再建を始めます。

よろしくお願いします。
(一同)よろしくお願いします。

バイタル 血圧124の82
心拍数85でサイナス。

メス。
(戸田結衣)はい。

♬~

モノポーラ。
(結衣)はい。

(鳥井)大門抜きで
本当に大丈夫なんでしょうかね?

まさか 蛭間院長

失敗してもいいと
思ってるんじゃ…。

息子が父親を救おうと
困難なオペに挑戦したが

願いかなわず 失敗した。

それこそが 正真正銘の美談。

つくづく
あそこにいなくてよかった。

♬~

速いな。
(原)西山くん 腕上げたな。

♬~

これは…。

大動脈壁への癒着が激しいです。

(原)下行大動脈への浸潤が
予想以上ですね。

癒着部位を詳細に確認します。

加地先生
もう少し術野を広げてください。

これ以上は無理だ。

(猪又)「西山
それ以上 踏み込むのは 危険だ」

「インオペしろ」

「西山くん
親父さんを殺すな…!」

「殺すな! 自分の親だろ!」

♬~

インオペ…。

≫(ドアの開く音)

閉じるな!
(博美)大門さん…。

(加地)遅刻してんじゃねえよ
デーモン!

(海老名)来ました!
大門 来ました! 大門!

(鳥井)ああ 来ましたね。 ああ…。

大門…。

頑張ったじゃん。
大門先生…。

大動脈合併切除する。

チェンジ。
はい。

メッツェン。
(結衣)はい。

♬~

未知子 死なないで…。
未知子…。

未知子っ!

未知子?

これって…!

♬~

下行大動脈のパッチ閉鎖 完了。

ルーペ 上げて。
(陽菜)はい。 失礼します。

バイタルは?

血圧117の75 心拍数78でサイナス。

オッケー。 止血したら腹部切開。

バイポーラ。

(加地)惚れるよなあ デーモン
お前のオペは いつ見ても。

無駄口 叩いてる暇があったら
手を動かす。

うわあ 久しぶり。
それ 聞きたかっ…。

(舌打ち)
…はい。

♬~

ひと山 越えましたね。

ここから こうして
何度 口にした事か…

「さすが 大門」って。

(ドアの開く音)

(神原)失礼します。

(猪又)今日のオペ 部外者は…。

大門未知子の最後のオペに
なるかもしれませんので

お許しください。

♬~

胃管吻合するよ。 メッツェン。

♬~

(心電図モニターの音)

はあ…。

未知子…。

大門に何か?

薬の効果が
切れてきたのかもしれません。

「未知子」

私… 失敗しないので。

(荒い呼吸)

(荒い呼吸)

デーモン…。

あっ… 代わります。

3-0吸収糸。
(結衣)はい。

(荒い呼吸)

外科医の手術力は
最初のトレーニングで決まる。

どれほどの熱意を持って
手術を学ぶか。

どれほど
うまい外科医の手術を見るか。

(加地)なんだよ デーモン。
お前 何 言ってんだよ…。

川の水が流れるように
基本手技を反復し

美しい最終術野を作る。

それが… 理想の手術。

そして 一番大事なのは…

どんなに厳しいオペでも
決して患者を見捨てない事。

大門先生…。

♬~

私の… 大事な師匠が
教えてくれた。

♬~

あんたって子は…。

♬~

♬~

終了。

(博美)血圧118の75
心拍数82でサイナス。

(原)お疲れさまでした。
(森本)お疲れさまでした!

(加地)お疲れ。
お疲れさまでした。

(博美)お疲れさま。
(神原)お疲れさま 未知子。

(鳥井)素晴らしいオペだ。
お疲れさま。

大門 お疲れ!
ブラボー!

♬~

大門先生!
大門!

(神原)未知子!

(博美)大門さん! 聞こえる!?

塩酸モルヒネ じ… 持続投与…
私に…。

そんな事 わかってる!

(神原)未知子!

(鳥井)第5オペ室が空いてる。
運べ。

(猪又)ストレッチャー!
(陽菜)はい!

(加地)俺が執刀する!
(海老名)私が助手をしよう。

僕も参加します!
僕も!

執刀医は…。

そうだよな。 任せろ 大門。

お前の命 俺が預かった!

…あんた。
僕ですか?

マジかよ…。

でも…。

大丈夫…。

私 患者でも 失敗しないので。

(森本)大門先生 しっかり!
(博美)大門さん!

おい ストレッチャー まだか!?
(猪又)急げ!

(原)大門先生!
(博美)大門さん!

♬~

(海老名)院長 大門が…!

一刻を争うんです。
通してください!

わかってるよ そんな事!
私だって医者だ。

内神田会長の術後管理を怠って

寄ってたかって
大門未知子のオペか?

♬~

それでも東帝大病院の医者かっ!?

♬~

大門未知子を殺したいの?

あんたこそ それでも医者か!
クソジジイ!

♬~

院長 内神田会長の術後管理は…。

我々で きちんとやります。

行きなさい。

(西山・加地)御意。
(森本・原)御意。

♬~

内神田会長を頼むな。

♬~

(森本)
タフなオペになりそうですね。

(加地)まずは
胃から腫瘍を剥離しよう。

はい。 そのあと 肝臓 膵臓
大動脈の露出にかかります。

(原)血管周りは
僕と森本くんでフォローします。

(加地)始めよう。
はい。

ただ今より
後腹膜腫瘍切除を始めます。

よろしくお願いします。
(一同)よろしくお願いします。

(博美)血圧104の73
心拍数88でサイナス。

メス。
(与野華子)はい。

♬~

モノポーラ。
(与野)はい。

♬~

(ドアの開く音)

♬~

(心電図モニターの音)

うわ… 加地先生 これ…。
(加地)なんだ? これ。

(原)腹腔動脈
上腸間膜動脈の浸潤に加え

大動脈にも
浸潤性の癒着が見られますね。

こんな腫瘍
どうやって切るんですか?

(博美)どうするの? 執刀医!

(心電図モニターの音)

術式を変更します。

(加地)術式変更?

大動脈合併切除による
腫瘍全摘出。

そして 人工血管置換します。

PCPS 準備お願いします。
(黒川)はい。

メッツェン。
はい。

(原)むちゃだよ 西山くん!

♬~

なるほど。

大門が なんで
お前を執刀医にしたのか

わかったような気がするよ。

それでいこう。

お願いします。

(加地)上腸間膜動脈マーク。
ベッセルテープ。

しかし あれだよね 神原さん。

さすがの大門未知子も

自身の腫瘍が
あれほど大きくなってるとは

気がつかなかったんだな。

それは どうでしょう?

え…?

(蛭間)えっ?

♬~

なっ…!?

大動脈裂孔の上まで
大動脈が解離しています。

(原)これじゃあ
人工血管での置換が困難です。

クソ… これまでかよ!

(原)もう無理です。

(黒川・有馬 亘)そんな…。

(森本)大門先生…。

(心電図モニターの音)

(神原)「もし
大動脈解離の範囲が広い場合は

ハイブリッド人工血管を使って
置換する」

「未知子が書いてるわよ」

♬~

(未知子の声)それから

ハイブリッド人工血管が
必要なんだけど。

デーモン お前

自分のオペのために
買わせたのか?

あり得ますね それ。

さすが大門さん。
転んでも ただじゃ起きないわね。

(森本)持ってきます!
お願いします。

(加地)
それまでに 露出終わらせよう。

はい。

(神原)ステントグラフトと
人工血管を組み合わせた

ハイブリッド人工血管は

解離した血管でも
ステントの圧着によって

縫合せずに固定出来る。

未知子は
自分のオペの術式と手順を

このノートに。

どうぞ。
ああ…。

♬~

(神原)起こり得る
全てのケースを予測して

完璧な準備をする。

それが 大門未知子が
失敗しない理由です。

あの… 大門は…

いや 大門先生は
いつも こんな事を?

はい。 どんな患者にも 必ず。

♬~

(森本)持ってきました!

お願いします。

ありがとうございます。

大動脈をハイブリッド人工血管で
置換します。

まず 横隔膜を切開。 11番メス。
(与野)はい。

(加地)腹腔内の動脈露出は任せろ。

メイヨー。
(与野)はい。

(原)支えます。

そんなんじゃ死んじゃうよ。

誰もやらないの?
じゃあ 私に切らせて。

そこの助手。

あんたしかいないから
あんたが第1助手。

開胸します。 メス。
(与野)はい。

(未知子の声)術式を変更します。

至急 液体窒素 持ってきて。
早く!

FFP10単位 準備。
(黒川・有馬)はい!

循環動態 安定してます。

胃と膵臓 脾臓と肝臓 小腸 大腸
腫瘍と一緒に取り出します。

胸腔内の大動脈露出。 ケリー。
(与野)はい。

失敗された患者に
次はないんだよ!

だから 医者は
絶対に失敗しちゃいけないの!

さあ 始めるよ。 腹膜全切除術。

私にやらせて。

私 麻酔も出来るので。

♬~

外科医としての命も
絶対に死なせない。

ああ~ 大きくなってる!

全員 ホールドアップ!

♬~

落ち着け 落ち着け…。

♬~

リニアステープラー

♬~

(未知子の声)私 失敗しないので。

♬~

(神原)失礼します。
(蛭間)おお…。

内神田会長のオペの
請求書を

お持ちしました。
ああ…。

メロンです。
(蛭間)うん。

請求書です。

うん。 ありがとう。

あっ…
ご覧にならないんですか?

ヘヘヘ…。

いや… 末期癌の父親を

若き外科医の息子が根治させた。

もう 世間じゃね 素晴らしい
美談になってるんですよ。

おかげでね 我が東帝大の名声も
ますます上がって

内神田会長も もう大喜びで。
ハハハハ…!

それは それは…。

だからね 最後ぐらいはさ

あなたの言い値で
お支払いしようかなと思ってます。

ありがとうございます。

でも まあ 一応ね
ちょっと チェックという意味で

見させて頂きますね。

35億円!?

冗談です。

だよね。 びっくりした…。

まあ それにつけても

大門未知子は残念だったね。

もっと もっと いっぱい
オペしたかっただろうにな。

これも あの子の運命なら
仕方ありません。

うん…。

いや 本当に ありがとう。

お世話になりました。
ありがとうございます。

メロン 頂くね。

正式な請求書です。
はい。

では 失礼します。

(蛭間)ああ… ヘヘヘ…。

(蛭間)本当 ありがとう。

うーん…。

やっぱ 2000万… 2000万だろうな
せいぜい 突っ張って。

5000万! 5000万!

高い! 神原!

(館内アナウンス)「ただ今より
猪又 鳥井 海老名副部長による

総回診を行います」

とどのつまり 大門先生が
いなくなったっていうだけで

何一つ 変わってないって事だね。

なんだかなあって
感じですよね…。 ん?

なんだ? あれ。

♬~

(内神田)バラが似合うね。
(雉沢)はい お似合いで。

(内神田)
こっちもいいんじゃない?

はい そちらもお似合いで。
これをね

表紙にしてほしいと
思ったんだけど…。

はあ 白衣がね…。
(ドアの開く音)

♬~

東京地検特捜部です。

私は知らなーい!

肉を食いすぎた…。

「忖度 無理。 忖度 無理…」

蛭間院長ですね?
はい。

人工知能診断システム
収賄容疑の件で

お話を伺いたいのですが。
えっ?

(ソンタくん)「さようなら…」
(蛭間)えっ!?

♬~

〈これは
一匹狼の女医の話である〉

♬~

♬~

あらら… 2人とも
逮捕されちゃったじゃない。

自業自得ね。 フッ…。

ベンケーシー
未知子とは ここで会ったのよ。

全ては ここから始まったの。
(鳴き声)

さあ また始めるわよ!

よっ! あーっ!

(鳴き声)

♬~「おっととっと
ととととっとと」

♬~「おっとっとと とっとっと
とっととっと~」

♬~

♬~

♬~

(どよめき)

〈例えば この女〉

〈群れを嫌い 権威を嫌い
束縛を嫌い

専門医のライセンスと
叩き上げのスキルだけが

彼女の武器だ〉

ミチコ!

♬~

〈外科医 大門未知子〉

〈またの名を ドクターX〉

♬~