どらまろぐ

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしております。解析結果を公開しつつ関連商品も紹介します。解析結果の信憑性が確認できるよう解析用ソースも引用掲載しますので、見逃し番組の確認にも役立つ(ネタバレ)かも?

明日の約束 #09 暴かれる教師の罪。疑惑の母との接点…遂に最終局面へ

明日の約束 #09 暴かれる教師の罪。疑惑の母との接点…遂に最終局面へ

(大道寺)吉岡圭吾君が

家庭内で
虐待を受けていた証拠が出たと。

母親による盗聴です。

(英美里)お兄ちゃんの声なら
もう全部ないから。

暴かれる教師の罪…常軌を逸した本性とは?疑惑母との接点…最終局面へ▽歪んだ愛情の母との関係…未来を変える決意

番組内容
バスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。自殺の原因と噂された関係者が立て続けに襲われ、犯人は圭吾の幼馴染の香澄(佐久間由衣)と判明。圭吾を死に追いやった人物への復讐のためだった。香澄が「あと一人…」と言うターゲットは圭吾の担任教師・霧島(及川光博)。香澄は霧島のノートPCを盗み出し、日向(井上真央)に託す。中身を見た日向は、霧島が圭吾の死に大きく関わっていることを知り愕然。生徒を守るべき
番組内容2
立場の霧島がとった行動について、真意を問いただす。

恋人の本庄(工藤阿須加)から暴力を振るわれた日向は、結婚に後ろ向きに。「あの人のようになることが怖い」――長年、母・尚子(手塚理美)に支配されてきた日向は、結婚して母親になる覚悟ができていないと分かったのだ。尚子も娘に暴力を振るった本庄を許そうとはせず、見合い話を持ってくる。しかし日向は、「私はお母さんの所有物じゃない」と気持ちを伝え、本庄との
番組内容3
今後についても、ある結論を出す。

吉岡家では、圭吾の妹の英美里(竹内愛紗)が、母・真紀子(仲間由紀恵)が息子の部屋を盗聴していた証拠をマスコミに流していた。テレビやネットで異様な行動が報じられ、一時は同情的だったマスコミも、一転して真紀子を糾弾。圭吾を死に追いやったのは、精神的虐待を続けてきた“毒親”にほかならないと、非難する。最愛の息子を失い、自らの愛情を否定され、家族にも見放された真紀子は…。
出演者
井上真央 
及川光博 
工藤阿須加 
白洲迅 
新川優愛 
佐久間由衣 
遠藤健慎 
渡邉剣 
山口まゆ 
井頭愛海 
夏子 
堀家一希 
竹内愛紗 
立野沙紀
 ・
青柳翔 
馬渕英里何 
中林大樹 
近江谷太朗
 ・
羽場裕一 
手塚理美 
仲間由紀恵 他
スタッフ
【脚本】
古家和尚
【音楽】
眞鍋昭大
【主題歌】

 

東方神起「Reboot」(avex trax)

【プロデューサー】
河西秀幸 
山崎淳子
【演出】
小林義則
【制作協力】
共同テレビ
【制作著作】
関西テレビ

 

(本庄)暴力を振るったんです
日向さんに。

(尚子)
あんた うちの子に何したの!?

何したのよ!出ていきなさい!

日向に
変なことしたら許さないわよ!

(藍沢日向)香澄さんは
何をしようとしてるの?

(朱里)自分たちのときと
同じだって言ってました。

吉岡君が死んだ 今度の事件も。

それをはっきりさせたいって。

(霧島直樹)
これの中身を見たんですか?

見ました。 吉岡君が

クラスで
孤立する理由を作ったのは

霧島先生だったんですね。

ええ そのとおりですよ。

僕は 吉岡が
クラスで孤立する理由を作った。

ただし

僕は種をまいただけですよ。

種?
藍沢先生は

この生徒名簿を
ご覧になったんですよね。

新しい生徒を受け持つと
必ず この資料を作ります。

その生徒が どういった性格で
どう対応していくべきか。

どのあたりが気に入らないのかも
全て。

吉岡の場合は6月の初め頃でした。

♬~

(回想)<<あっ 渡辺君 ちょっと。>>

(渡辺)<<何ですか?>>
<<少し言いにくいんだが

最近は どうだ?>>

<<クラスで何か
問題は起きてないか?>>

<<問題?>>

<<べつに何もないですけど。>>
<<ほんとに?>>

<<はい。>>

<<そっか。>>

<<吉岡の勘違いかな。>>

<<圭吾が何か言ってたんですか?>>

<<いや いいんだ。
何もなければ それで。>>

♬~

<<では 今日のホームルームは
終わります。>>

<<あっ それと吉岡君。>>

(圭吾)<<はい。>>
<<後で職員室のほうに来なさい。>>

<<わかりました。>>
<<では

今日も1日 しっかりやるように。>>
(生徒たち)<<はい。>>

♬~

<<圭吾。>>

<<お前 俺に何か文句あんの?>>

<<えっ 何が?>>
<<とぼけんなよ。>>

(圭吾)<<何言ってんの? 純也。>>
<<俺に文句あんなら

面と向かって言えよ。>>

渡辺が吉岡を無視し始めたのは
そのころからでした。

しかし それは あくまで

渡辺が
自分の意思でやったことです。

先ほど言ったとおり

僕は 種をまいただけだ。

霧島先生が
そう しむけたんじゃないですか。

他のクラスメートを巻き込んで
吉岡を孤立させたのは

渡辺の人間性の問題ですよ。

例の動画の一件も

長谷部が暴れたとき

僕は 動画を撮っている渡辺の姿に
気付いていた。

(長谷部)[℡]<< 勝手に
自殺しただけだろうが!>>

[℡]<<おい。>>

♬~

<<霧島先生?>>

<<あっ お疲れさまです。>>

(渡辺)<<動画は撮ったけど
さらしたりなんかしてない。>>

本人は言い訳をしていましたが

彼は 自分が思っている以上に
浅はかで短絡的なタイプです。

僕が先にやらなくても いずれは

ネットに上げて
拡散させていたでしょう。

あの動画も霧島先生が?

あっ そこまでは
気付いていませんでしたか。

どうしてですか?

どうして
自分の生徒に そんなこと。

これは 僕なりの教育です。

ご存じのとおり
今の時代 教師の立場は無力です。

何かあれば
保護者が すぐに騒ぎ立て

問題のある生徒を
適切に指導することもできない。

あっ 僕は べつに
体罰肯定派ではありませんよ。

ただ 学校の教師の存在意義とは
何かを考えているだけです。

勉強を教えるだけなら

学習塾があれば
事足りますからね。

学校の教師の存在意義?

間違った考え方や
行ないに対して

相応のペナルティーを与える
ということです。

彼らが社会に出る前に。

例えば あからさまではない
えこひいきとか

内申書を少しだけ悪く書くとか

その程度のことは
大多数の教師が行なっていますし

それは一般社会でも同様でしょう。

教師として間違った行為ではないと
おっしゃるんですか?

ははっ もちろん 間違ってますよ。

僕は教師失格だ。

しかし
そういう扱いを受ける者には

受けるなりに問題がある
ということです。

罪の意識はないんですか?
生徒たちに。

何より 吉岡君は…。

死んだのは
頭のおかしな母親のせいでしょう。

その件で僕を責めるのは
筋違いです。

藍沢先生も
吉岡から告白されたことを

黙っていたじゃないですか。

<<日向先生のこと
好きになりました。>>

<<僕と つきあってほしいんです。>>

あれは 吉岡が死んだ
前日の出来事でしょう。

自殺の引き金になった可能性は

僕の行為よりも
ずっと高いはずです。

私は

自分に責任がないとは
思っていません。

それは藍沢先生が
真面目で不器用だからです。

僕は あなたを責めるつもりは
ありませんし

自分を責めようとも思わない。

あなたや白井香澄は

僕が真犯人だと
思ったかもしれませんが

残念ながら 僕は ただの小悪党だ。

吉岡の件は
母親が真犯人ということで

もう解決しました。

そうでしょうか?

この事実を学校側が知れば…。

僕は処分されるかもしれませんね。

そのときは
告白された事実も公にします。

藍沢先生は 生徒たちからの信頼を
失うことになる。

僕の本心を知られたのは
正直 つらいですね。

スクールカウンセラーの先生とは
仲良くしていたほうが

何かと都合が良かったので。

♬~

♬~

 

いってきます。
あら 朝ご飯いらないの?

いい。
そう。 じゃあ 晩ご飯は?

今日ね 久しぶりに 酢豚
作ろうかと思ってるんだけど。

何時に帰るか わからないから。
そう。

じゃあ 作って 置いとくわ。
虐待といえるものでしょう。

これ ひどい話よね~。

強い異常性が
うかがい取れますね。

子供の部屋に盗聴器なんて
何考えてんのかしら。

そんなことされたら
死にたくもなるわよね~。

ほんと 最低な母親だわ。 はぁ~。

本当の気持ちを理解したい
という思いが 強くなり…。

いってきます。

まさに
毒親といえるのではないかと。

昨今は 毒親という言葉が
広く認知されておりまして

異常な過干渉
あるいは ネグレクトなどで

子供の心に深刻な傷を付けるケースが
増加しており

大きな問題となっております。

(奈緒)
日向先生~ 聞いてくださいよ~。

また彼氏の話?

正確には元カレです
昨日 別れちゃったんで。

そうなんだ。 どうして?

何か 性格が合わないっていうか

もう振り回されるの
うんざりしちゃって。

なのに 別れ話 切り出したら…。

お前が悪い。

…みたいな言い方するんですよ。

ひどいと思いません?

ひどいね 確かに。
ですよね。

今度は もっと もっと いい彼氏
見つけて…。

♬~

わっ びっくりした。 何?

大丈夫ですか? 日向先生。

いつもは私の恋ばななんて
5秒も聞いてくれないのに。

あぁ そうでしたっけ?

何か 心配。

もしかして 婚約者さんと
うまくいってないとか。

そういうのは鋭いね~ 大宮先生。

図星?

♬~

♬~

(朱里)これから どうするの?

(朱里)藍沢先生
香澄のこと 心配してた。

これ以上
手を汚してほしくないって。

(朱里)正直
私も そのほうがいいと思う。

香澄 迷ってると思うし。

(香澄)何で?

高校のとき きっかけを作ったのが
霧島先生でも

実際 香澄をいじめて苦しめたのは
私だから。

ホテル暮らしは どう?

いろいろ不便だとは思うけど。

快適です。

お父さんも
私をあの家に置いておくより

ホテル住まいにさせたほうが
安心なんだろうし。

そう。

児童相談所
保護してもらえるかどうかって

いつ決まるんですか?

まず ご両親に聞き取りをして
それからの判断だから。

英美里ちゃんにとって
生活環境が良くなれば

家に戻ることに
なるかもしれないし。

どうかな。

お母さんには嫌われたと思うし

お父さんは
他の女の人と住んでて

私を引き取るとか無理だから。

お母さんにとって

昔から お兄ちゃんが
心の支えだったんです。

お兄ちゃんは優しかったから。

私と違って。

(希美香)そんなことないよ。

英美里ちゃんだって。

前に お兄ちゃんに
聞いたことがあるんです。

(英美里)<<ねえ。>>

<<ん?>>

<<お母さんってさ
私のこと 嫌いなのかな?>>

<<そんなことないよ。>>

<<好きだと思う。>>

<<でも…。>>

<<お母さんは
気持ちを伝えるのが下手だから。>>

(英美里)そんなふうに言われると
余計に寂しかったけど。

お兄ちゃんには
私には わからない

お母さんの気持ちが
わかるんだなって。

♬~

(吉岡)
職場を移ることになりそうだ。

報道のこともあってな。

2年前に渡した離婚届
もう出してくれないか?

お前も圭吾のために
我慢してたんだろ。

(吉岡真紀子)私は

ちゃんとした家族を
作りたかったんです。

子供たちのために
私自身のために。

私は どこで間違えたんですか?

私のどこが
いけなかったんですか?

そういうところが
息が詰まるんだよ。

日向先生。

私 この間
お母さんに電話したんです。

今度
1度 会ってみようって思って。

そっか。

あれから1度も会ってないし。

(希美香)<<もう お母さんとは
一緒に住めない。>>

<<今までありがとうございました。>>

(希美香)距離を置いた分

前よりも冷静に
向き合えるんじゃないかなって。

それに 長谷部君のことも。

<<俺とつきあってほしい。>>

<<俺じゃだめかな?>>

お母さんに会って

それから返事しようって思います。

そう 応援してる。

ありがとうございます。

増田さんは強いね ほんとに。

私も見習わないと。

見習うって 私を?

うん。 ふふっ。

私も 一つ一つ

ちゃんと向き合っていかないと。


(ナレーション)
<12歳になったとき

私は1年生のときから書いていた
日記の返事を

書くのをやめた。>

<母は そのことを責めたけれど

私は かたくなに無視し続けた。>

< これ以上

できない約束を
増やしたくなかったから。>

<私は 母のことを…。>

[℡](マナーモード)

[℡]

[℡]

[℡]

もしもし。
遅くに ごめん。

今 大丈夫かな?

うん。

今日は もう 仕事 終わったの?

今 帰ってるところ。 日向は?

うん もう家だよ。

そっか。

外だったら

久しぶりにご飯でもって
思ったけど…。

もう1度 ちゃんと会って 話を…。

[℡] カズ。

私たち もう

会わないほうがいいと思う。

それって…。

暴力を振るったことは謝るよ。

でも あんな たった1回のことで
別れ話って

正直 納得できない。

[℡] もう二度と あんなことしない。
約束する。

今更 結婚やめるなんて

うちの親も悲しむし。

カズのせいじゃない。

私の問題なの。

どういう意味?

私…。

カズと2人でいた時間は
楽しかった。

カズは優しいし

いつも私を支えてくれたから。

でも

今になって わかったの。

3年もつきあってたのに

私は 多分

カズと結婚したり

家族になることを

イメージしてなかったんだって。

[℡] 私は今まで

目をそらし続けてきたんだと思う。

母親とも
ちゃんと向き合ってこなかったから。

日向 僕…。

私は

カズも
そうなんじゃないかなって思うの。

カズが一番 望んでることは

ご両親に自分のことを

認めてほしい
ってことなんじゃないかなって。

はぁ… ごめん。

余計なお世話だったかも。

とにかく…。

今の私には

カズの気持ちに応える約束が
できないから。

本当に ごめんなさい。

♬~

♬~

はぁ~。

小嶋先輩

もう 小嶋先輩
何 のんびりしてんすか。

ついさっき
特ネタ入ってきましたよ。

(小嶋)何だよ また芸能ネタか。
半分は社会派ネタです。

去年 不倫でたたかれてた今迫由香
逮捕されたって。

逮捕? 薬か?

それがね

殺人なんすよ。

(奈緒)いや~ 大事件ですね

現役のタレントが
人 殺しちゃうなんて。

(北見)ネットも大騒ぎだよ。

ニュースサイトも
こればっかだし。

(柏木)俺 ファンだったんだよな~。
えっ?

(柏木)去年の不倫報道でも
へこんだのに

今度は殺人って。 はぁ~。

(麻子)でも
こういう 新しい事件が起きると

吉岡君の自殺の報道なんて
全然やらなくなるわよね。

喜んでいいんだか何だか
わかんないけど。

霧島先生。
はい。

最近 1年B組の生徒たち
いかがですか?

特に問題はありませんね
落ち着いてきたと思いますよ。

では。

落ち着くか…。

それも喜んでいいのかしらね。

≫連絡事項は以上。

他に何もなければ
ホームルーム…。

(沢井)先生。

沢井君。

(沢井)前にも1回
提案したと思うんですけど

圭吾の家に
お線香あげにいくのって

やっぱり無理なんですか?

報道で知ってると思うが

吉岡の家庭は
もともと 問題があったんだ。

クラスのみんなが
責任を感じることはないよ。

(由依)
じゃあ 家に問題があったから

うちらには 何も問題がなかった
って思えばいいんですか?

(渡辺)俺がしたこと できれば
ちゃんと謝りたいんですけど。

(那美)私も

ちゃんと お別れしたいです。

君たちの気持ちはわかるが

それは自己満足というものだ。

学校としては これ以上 この件を
こじらせたくないと考えている。

時間が解決すると思って
今は自重しなさい。

以上。

♬~

そう

霧島先生
そんなふうに言ってたんだ。

(由依)先生の
言うとおりかもしれないけど

私たち やっぱり 納得できなくて。

そうだよね。

(沢井)でも 正直
俺らもよくわかってないんです。

謝りにいけば すっきりするとか

終わりにできるって
思ってるわけでもないし。

終わりか…。

難しいよね。

大事なのは

吉岡君の気持ちを
知ることだと思う。

前にも1度
日向先生に聞きましたけど…。

どうして吉岡君が死んだのか

私には まだ わからないから。

(沢井)俺もです。

ニュース見てても そりゃ

親に部屋を盗聴されたりしてたら
ムカつくけど

だから 死ぬかって言われたら
違う気もするし。

♬~

(北見)日向先生 お疲れさまです。

あっ お疲れさまです。

今日って時間ありますか?
良かったら食事でも。

あっ 今日は まだ仕事があって。

あっ じゃあ 明日でも…。
ちょっと 北見先生。

何 何?
あからさますぎますって

私が話したの
バレちゃうじゃないですか。

霧島先生。

お疲れさまです。 何か?

生徒たちから
ホームルームのときのことを聞いたので。

あぁ…。
彼らも随分と こだわりますね。

もう 終わったことなのに。

生徒たちの中では
まだ 終わっていません。

もっと 気持ちを
くむべきじゃないでしょうか。

僕の本心を知ったうえで
それを求めるのは

無理があると思いますが。

それに
生徒たちの心のケアをするのは

藍沢先生の仕事です。

はぁ~。

霧島先生は

どうして 吉岡君のことを?

ペナルティーを与えた理由なら
はっきりしています。

吉岡が入学した時期に

あの母親が声をかけてきたからだ。

<<霧島先生ですね。>>

<<はい そうですが。>>

<<1年B組でお世話になる
吉岡圭吾の母です。>>

<<1度 ご挨拶にと思って。>>

<<あぁ それは ご丁寧に。>>

<<圭吾のこと
よろしくお願いします。>>

<<あの子は繊細なので
何かと心配で。>>

<<はい 精いっぱい
努めさせていただきます。>>

<<先生 以前

仙台の青葉中央高校に
お勤めでしたよね。>>

<<それが 何か。>>

<<また 同じような問題を
起こさないよう

くれぐれも お願いします。>>

問題?
ええ。

昔 勤めていた学校で
女子生徒から

性的暴行を
でっちあげられましてね。

退職するはめになったんです。

あの母親は そのときのうわさを
知っていたんでしょう。

わざわざ
そんなことを言ってこなければ

吉岡に目をつけることも
なかったのに。

ばかな保護者だ。

いや 程度の差こそあれ

保護者の多くは ばかなんです。

我が子かわいさに
特別扱いを求め

問題を起こしたら

子供のしたことだからといって
擁護する。

愛情の示し方も しつけのしかたも
わからない親に育てられて

子供は ゆがんでいくんです。

その状況で
教師に何ができるというんですか。

それが きっかけだったんですか?

霧島先生の生徒への姿勢は

その 前の学校での出来事が…。

さあ どうでしょうね。

生徒たちを吉岡の家に行かせても
ろくなことにはならないでしょう。

あの母親に暴言を吐かれて
傷つくだけだ。

僕だって
その程度の分別は持っていますよ。

♬~

あっ お先に失礼します。

お疲れさまです。

≫コンコン!(ノックの音)

(北見)日向先生。

大丈夫ですか?
北見先生。

(北見)もしかしたら
霧島先生と何かあったのかなって。

さっき 職員室で
そういう感じの雰囲気だったんで。

あぁ いや… 大丈夫ですから。

ご心配 ありがとうございます。

俺で良かったら
いつでも何でも言ってください。

俺 日向先生の味方ですから。

あっ…。

北見先生は いい人ですね。

気持ちが まっすぐで。

えっ?

いや まあ 単純なんで 俺は。
ははっ。

今 コーヒーいれますね。

ありがとうございます。

[℡]

[℡]

どうも
わざわざ ご足労いただいて。

妹さんに
これ 返すって連絡したら

あなたに渡すようにと
言われまして。

例の盗聴のデータです。

英美里ちゃんから
聴いてほしいと頼まれました。

ほら 例のタレントの殺人事件で
ちまたは大騒ぎですから。

もう飽きられたネタなんで
持ってても しかたないですし。

そういう考え方
徹底してるんですね。

仕事ですから。

まあ それでも
多少 思うところはありますよ。

何か事件が起きて
世間が大騒ぎして

また新しい事件が起きると
そちらに関心が移るってことに。

前に おっしゃってましたね。

世間は事件を楽しむって。

真面目ぶった連中がね

この事件を教訓にしてとか
言いますけど

大うそですよ。

もし 本当に教訓になるなら

この世は 今頃 もっと平和です。

吉岡君の事件の報道もね

どっかのテレビの
コメンテーターが言うわけですよ。

彼の自殺は

母親のゆがんだ束縛から
逃れるための

命を懸けた告発だったんだって。

聞いてて つくづく
ばかだなって思いましたね。

どうしてですか?

結果的に
自殺を肯定しているってことに

気が付いてないからですよ。

(小嶋)
一時期 いじめっ子の名前を

遺書に書いて自殺する子
増えたでしょ。

マスコミが大騒ぎして

それ見た子供たちが
学習するんです。

自分のときも そうしよう。

きっと みんなが
僕の敵を取ってくれるって。

あなただって
そういうマスコミの1人ですよ。

そうなんですよ
自己嫌悪で胸が張り裂けそうです。

まあ そういう意味では

この事件は尻切れとんぼですね。

遺書はないし
何で部屋を黒く染めたのかとか

誰が真犯人なのかとか
謎が残ったままですから。

真犯人って…

母親が悪いと思ってるんですよね。

それは盗聴ネタが盛り上がった
結果論です。

盗聴やら バスケ部の先輩への
脅迫やらは別にして

母親の愛情まで
否定する気はないんでね 俺は。

まあ 聴いてみてください。

♬~

コンコン!

<<圭ちゃん お茶いれたわよ。>>

<<ありがとう。>>

<<頑張ってるわね。
あまり 無理しちゃだめよ。>>

<<うん。>>

<<母さん。>>
<<ん? 何?>>

♬~

<<いろいろ心配かけて ごめん。>>

<<何言ってんの。>>

<<私が圭ちゃんの心配するのは
当たり前でしょ。>>

<<ははっ。>>
<<もう~ ふふっ。>>

<<ん? どれどれ 何やってるの?>>

<<あぁ~ ここか~。>>

<<こないだの… う~ん。>>

♬~

圭ちゃん。

♬~

はい 椿が丘高校 相談室です。

藍沢先生ですか? 望月です。

望月さん? どうしたの?

香澄がいなくなったんです。

電話もつながらなくて。

もしかしたら 霧島先生のとこに
行ったんじゃないかって。

はぁ はぁ…。

(北見)どうしたんですか?
そんなに慌てて。

あの 霧島先生は?

霧島先生なら
ついさっき 帰ったけど。

♬~

♬~

はぁ… 香澄さん。

朱里から連絡 来たんでしょ。

私が 霧島のこと
襲うんじゃないかって。

そうだよ だから…。

さっき 帰ってくとこ 見かけたよ。

襲ってやろうかと思ったけど…。

やめた。

私が許せなかったのは

最後に圭吾の背中を押した
誰かだった。

だから ニュースとネットで
たたかれてた2人を襲ったの。

霧島を疑ったのは

私が いじめられたきっかけ
作ったの

あいつだって
うすうす感じてたから。

いい先生ぶってたけど

結局 見て見ぬふり されてたし。

♬~

宮崎先生に話 聞いたとき

やっぱり
私のときと同じだって思った。

吉岡君のお母さんのことは?

あの人が圭吾に過保護なの
昔から知ってたから。

それに…。

盗聴が圭吾を苦しめたんなら

そのきっかけ作ったの
多分 私だし。

えっ?

1年前からってことは

圭吾が家出したあとでしょ。

私の代わりに 朱里のこと
階段から突き落とした日の。

それに

圭吾の手を汚させたのも私だから。

あんな優しいやつに…。

♬~

<<どうして
逃がしたの?>>

<<飼われてたうさぎじゃ
野生で生きていけないよ。>>

<<そんなことしたって
死ぬだけなのに。>>

<<それは
飼ってる側の理屈だよ。>>

<<餌を与えて
快適な環境を与えて

愛情を注げば 相手が
幸せだって決めつけるのは

エゴだと思う。>>

<<おりとか水槽に
逃げ場所はないんだから。>>

♬~

<<圭吾?>>

<<正しいことをしてるとは
思ってないよ。>>

<<僕は 僕のエゴで
逃がしたいと思っただけだから。>>

うさぎ 逃がしてたんだ。

今もわかんない。

何で 圭吾が

自分から
あんなこと言いだしたのか。

<<香澄ねえちゃんが
汚れることないよ。>>

<<僕がやるから。>>

<<僕が そうしたいから。>>

(圭吾)<<そのほうがいいんだ。>>

(香澄)
あんなこと させなかったら

止めてたら…。

もしかしたら 圭吾は
死ななかったんじゃないかって。

わかんないよね
死んじゃったから。

何も聞くこと できないし。

私も同じだよ。

彼の気持ちがわからない。

えっ?

亡くなる前の日

告白されたの
つきあってほしいって。

今まで 黙っててごめん。

あれは

彼なりの
SOSだったのかもしれないけど。

断ったの?
うん。

はぁ~。

もし 失恋で死んだんなら
ダサすぎだよ 圭吾。

♬~

私も そろそろ
けじめをつけないと。

けじめって?

う~ん うまく言えないけど…。

誰のせいで吉岡君が死んだのか
っていう考え方は

間違ってた気がするの。

私のやるべきことは

犯人探しじゃないから。

日向先生。

警察 ついてきてくれる?

いいよ。

行こう。

♬~

これ 渡しとく。

♬~

≪コンコン コン!

校長先生 ご用件は?

(轟木)藍沢先生から 吉岡君の件で
追加報告を受けたところです。

正直 信じられない内容なので
確認をと思いまして。

話したんですか?

霧島先生のパソコンのデータも

白井香澄さんが
コピーして持っていました。

霧島先生

あなたは…。

ご覧のとおりです。

どのような処分でも。

非常に残念です。

生徒や他の先生方の耳には
入れたくないので

依願退職という形を
取っていただきたい。

わかりました。

ですが その前に

私のほうからも
藍沢先生のことで1つ ご報告を。

吉岡君から告白されたことなら

それも報告しました。

霧島先生がおっしゃるように
私も 事実を隠してきた人間です。

その責任は 取るつもりですから。

♬~

用意がいいですね。

♬~

♬~

ただいま。
おかえんなさい。

ご飯 今から作るから。

シチューだけど 食べるでしょ?

うん。

あっ 後で手伝うよ。

了解。

♬~

♬~

♬~

これもお願い。
うん。

(尚子)ヒナちゃん 昔から

シチュー 好きだったわよね。

そうだね。
(尚子)ふふふっ。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬「Reboot

♬~

♬~

この学校では

とても悲しい出来事が
起こりました。

私が この出来事の中で

今 一番許せないと
思ってる人がいます。 それは…。


最後に 皆さんに
お話したいと思います。